箱根 湯宿 然 2017年4月 その2 風呂編

2017年4月 箱根湯宿然さんに再訪。FC2ブログ

然さんのホームページは→【http://www.hakone-zen.com/

その2 風呂編。

3階「すみ」の部屋。
洗面所は部屋入って右側。
マウスオンで扉開きます。


洗面所にバスタオル×2、フェイスタオル×2。
クローゼットにも各2枚ずつあるので、
気兼ねなく使えます♪
yuz6773.jpg
洗面所右にトイレ。やっぱりトイレは別がいいですね。

トイレはTOTOのネオレスト。自動洗浄機能付き。
yuz-6774.jpg yuz-6775.jpg

洗面台。椅子があるのが嬉しい。脱衣カゴは1つ。
ドライヤーはパナソニック1200W。
yuz6777.jpg
洗面ボールはオサレだけど、少々小さめ(^^;)

化粧品はクラシエ・ALFIEのメイクウォッシュ、
ミルキーローション、スキンローション。
yuz6781.jpg
男性用はクラシエ・ZIOTのスキンローション、
ヘアトニック。ハンドソープもあり。

アメニティは必要かつ充分。
yuz6785.jpg
歯ブラシセット×2、カミソリ×1、
ヘアブラシ×2、ヘアクリップ×1、
ヘアキャップ×1、ヘアゴム×1、
コットンセット×1、ボディタオル×2。

温泉分析表あり。
強羅温泉。ナトリウムー塩化物泉。
源泉は90.3℃!
yuz6788-1.jpg

タオル干しは幅広タイプ。
yuz6792.jpg
でもバスタオルを広げるには少し寸足らずでした。

洗面所の左にシャワールーム。
yuz6795.jpg

シャワーの高さが変えられるタイプ。
yuz6798.jpg

それほど広くないですが、屋内なので、
身体を洗う時も寒くなくて良かったです~。
yuz6801.jpg

Na Gode Shea(ナゴーデシア)
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。
yuz6803.jpg
このシャンプー、コンディショナーはとても良くて、
髪の毛サラサラになります。

風呂から見たシャワールーム。
yuz6823.jpg

湯宿然さんには大浴場はありません。
部屋の風呂のみです。

部屋付き風呂。
マウスオンで蓋取れます。

風呂のサイズは縦130cm×横70cm。深さ55cm。
二人で入れないこともないですが、
やっぱり一人用ですね。
一人なら足も伸ばせて、快適に入れます♪

少し濁っていて、物凄く温まる温泉。
肌もすべすべになります\(^O^)/
翌朝入った時は、身体に泡が付きました。

部屋に風呂がついていると、
気軽に入ることが出来ます♪
二人で代わる代わる入っていました。

到着時、湯口59.3℃、湯温41.9℃でした。
yuz6820.jpg

あらかじめ温度調節はやっておいてくれましたが、
私達にはちょっと熱かったので、
加水して湯温下げました。
yuz6812.jpg

ただ、源泉温度が高いので、
風呂の湯温調節は難しいです。
yuz6811.jpg
コツをつかむのに時間が必要。
気温が低かったので、夜中の調節が難しかった。

風呂場に快適そうなベッドがありますが、寒くて使用せず。
yuz6806.jpg
気温の高い時なら、気持ち良さそうですね。

風呂場からガラス越しに部屋が見えます。
yuz6824.jpg
木製のブラインドを閉じれば見えなくなります。

風呂場からの景色は、
上の方まで目隠しがあるので、ほとんど見えず。
yuz6808.jpg
屋内に置いてある風呂ですけど、
風呂があるデッキの窓は開口部が広く、
ガラスが入っていないので、感覚的には「露天」。
雨は全く入ってきませんが、寒かった(^^;)

でも、気持ち良かった\(^O^)/

その3 夕食編につづく・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

箱根 湯宿 然 2017年4月 その1

2017年4月 箱根 湯宿 然さんに再訪してきました。FC2ブログ

箱根湯宿 然
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1245-96
TEL / 0460-84-2400《午前10:00~午後8:00》 
FAX / 0460-84-2411

湯宿然さんのホームページは→【http://www.hakone-zen.com/

<プラン>平日限定お得なプラン♪ 
<部屋>3F森側 洋室ツイン(禁煙)すみ・やまぶき
@24,840円(税込) ※このプランは現金支払いのみ。

その1 部屋編。

湯宿然さん正規料金だと3万円超えなので、
中々予約出来ませんでした。
今回平日限定のお得プランが出ていたので
速攻で予約してしまいました(^^;)

ル・ヴィルギュル】さんから10分程度で然さんに到着。
前日に一日中雪が降っていたとのことで、
かなり雪が残っていました。
yuz6828.jpg

入り口は裏側。駐車場はやや狭いです。
yuz6656.jpg

駐車場に入ると、従業員さんが待機していて、
バックの駐車を誘導してくれました。
駐車後、荷物を持ってくれて館内に案内。
yuz6658.jpg

入り口。
yuz6661.jpg

入り口入って正面は受付。ここは素通り。
yuz6665.jpg

受付左がラウンジ。まずはラウンジに案内されます。
yuz6667.jpg

落ち着いたラウンジ。お土産も売っています。
yuz6867.jpg
ラウンジでチェックイン作業。

ウエルカムドリンクはメニューから選びます。
選べるのって楽しいです~。
yuz6648.jpg
スパークリングワインがあるのが嬉しいですね。
今回は部屋のビールを飲むつもりでワインは選びませんでした。

私達はコーヒー。
yuz6651.jpg

ウェルカムお菓子は塩ラスク。美味しいです~。
yuz6652.jpg

食事のブースは「くじ引き」。
扇形に広げられたカードから適当に選びます。
yuz6655.jpg
食事処のブースは、窓側と、景色の見えない側があり、
公平を期すためくじ引きするそうです。

一息ついたら部屋に案内してくれます。
今回も3階に案内されました。
yuz6669.jpg
然さんはエレベーターなし。全て階段移動です。

3階に上がって、左に曲がりました。
照明を落とした廊下を進みます。
yuz6673.jpg

一番手前が今回の部屋でした。
yuz6674.jpg

「すみ」という名前の部屋でした。
yuz6676.jpg
前回は「やまぶき」でした。
前回とは違う部屋だったのでワクワクです♪

ドアを開けると正面に飲料の棚。
yuz6678.jpg

ドア脇にクローゼット。
yuz6681.jpg

一番上に部屋着、羽織、
バスタオル×2、フェイスタオル×2、
バスローブ、ポンチョがかかっていました。
yuz6682.jpg
バスローブはプランによって有ったり無かったりのよう。
前回は無かったですが、今回は付いていました。
バスローブとポンチョがかかっているおかげで、
ハンガーが不足気味でした。

金庫、その上に部屋着と足袋ソックス。
yuz6690.jpg
部屋用のスリッパ、青竹踏み、
(写真に写っていませんが)消臭スプレーもありました。

部屋着は男女で色違い(これは男性用)。
yuz6894.jpg
部屋着は作務衣のようなもので、
食事処にも着ていけるので物凄く便利。

左はリビング&ベッドルーム。二人なら充分の広さ。
yuz6696.jpg

奥にソファ。
yuz6698.jpg

机。大きくて使い易いです。Wi-Fiはバッチリ繋がります。
yuz6705.jpg

宿のしおり、箱根のごちそうマップ。電話機はオサレなもの。
yuz6715.jpg

CDプレーヤーとヒーリングCDがありました。
yuz6718.jpg
お籠もり宿なので、CDは重宝しました。

LED内臓の鏡。マウスオンでランプ点灯します。

鏡の下にボールペン内臓のライトあり。
残念ながらライトは点灯しなかった・・・(^^;)

ダイニチの加湿機あり。
yuz6722.jpg

ベッドは広くて快適なもの。ぐっすりと眠れました。
yuz6731.jpg
枕は2種類。

東芝32インチテレビが窓横に設置されています。
yuz6742.jpg
テレビは可動式なので、好きな角度に出来ます。
・・・が、固くて、ほとんど動かなかった(^^;)

テレビはベッドからも見られますし、
机に座っていても見える。
もちろんソファからも見えるという
使い勝手のよいレイアウトでした。
yuz6711.jpg

森側の部屋なので、景色は森。
yuz6733.jpg
富士山は見えないですけど、
何の不満もありません。

入り口正面に冷蔵庫と飲料。
yuz6724.jpg

冷蔵庫の棚
yuz6748.jpg

煎茶、時計。時計があるのは嬉しいですね。
yuz6750.jpg
煎茶は味ざんまい、3g×4。
ティーバッグですけど、まあまあ美味しい。

イリーのエスプレッソマシン。
yuz6756.jpg
エスプレッソは無料。

とは言え、
エスプレッソは2つしかありません。
追加は有料でもらえるようです。
yuz6844.jpg

棚。マウスオンで扉開きます。

湯沸かしポットはニトリの1.2リットル。

冷蔵庫内は無料。
yuz6766.jpg
烏龍茶×2、プレミアムモルツ×2、
野菜ミックスジュース×2、富士山美水2ℓ×1
風呂上がりにプレミアムモルツを頂きました。
風呂上がりのビールはやっぱり最高♪

鍵は1つですが、部屋から出ないので問題なし。
yuz6745.jpg

前回泊まった「やまぶき」の部屋と比べて、
レイアウトが良くて、とても使い易い部屋でした。
その2で書きますが、トイレが別、というのも良かったです。

その2 風呂編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

箱根 ル・ヴィルギュル 2017年4月

2017年4月 ル・ヴィルギュルさんでランチを食べてきました。FC2ブログ

箱根フレンチ ネオ・ビストロ  
ル・ヴィルギュル -le.virgule-

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原242中六ビル1F
TEL:0460-83-8844
営業時間:ランチ11:30~14:00(ラストオーダー)
営業時間:ディナー17:00~21:30(ラストオーダー)

ル・ヴィルギュルさんのホームページは→【http://le-virgule.com/

今回で2回目の訪問です。
車は仙石原交差点にある、
ヴィルギュルさんの駐車場に停めて歩いてきました。
lv6590.jpg
ヴィルギュルさんは【オーベルジュ漣】さんの姉妹店。

こぢんまりとしたお店なので、席数は少ないです。
今回も予約して行きました。
lv6594.jpg
1時に予約しました。もちろん満席でした。

ランチコースは1,500円。ドリンクは別料金。
lv6603.jpg
追加料金を払うと、美味しそうな料理が選べるのは、
オーベルジュ漣さんと同じですね。

最初に運ばれてくるのは、
自家製パン。焼きたてで熱々♪
lv6606.jpg
左、くるみ入り胚芽パン。
右、柔らかいフランスパンみたいなもの。
パンが美味しくて美味しくて涙ものです。
買って帰りたかったです~。

本日のオードブル
サラダ、ピクルス、スモークチキン、キビナゴ。
lv6611.jpg
トマトは甘く、キビナゴは酸っぱくて美味しい~。
少しずつですけど、どれもこれも美味しくて幸せです。

私のピクルスはゴボウ大根
相方のオードブルはカリフラワー人参と、
付け合わせが違っていました。
不思議です。何故なのかは不明です。
lv6617.jpg

本日のスープ
三島野菜のブイヨンスープ。
lv6621.jpg

具だくさん。スープはもちろんウマウマ。
lv6625.jpg

メイン料理はパスタ2種類。
追加料金でスペシャルメインも選べます。
滅多に来ないお店なので、
今回もスペシャルメインを選びました。

相方が選んだ、
静岡美味鶏肉のにんにくロースト(+750円)。
lv6628.jpg
皮はパリパリ、中はジューシー。
骨付き鶏肉のボリュームがすんごく多くて、
相方は全部食べきれず。
こちらに回ってきました。

裏側には野菜が沢山。野菜の量も多い~。
lv6631.jpg

私が選んだメイン、
国産ポークバラ肉の煮込み、バターライス添え(+850円)。
lv6637.jpg
バラ肉はトロトロ。口の中でとろけます。美味し~♪

バターライス。バターの香りが物凄く漂います。
lv6638.jpg
バタータップリで、口の中がバターだらけになる感じ。
量が少なく見えましたが、意外と多かった(^^;)
食べたらお腹パンパンになって苦しい・・・。

黒板にはドリンクとデザートが書いてあります。
lv6618.jpg

美味しそうなデザート。食べたい・・・。
lv6619.jpg
いつもランチコースでお腹いっぱいになってしまうので、
デザートが食べられません(泣)
一度、デザートだけ食べに来たいですね。

完全に満腹になって、
この日の宿・箱根湯宿然さんに向かいました。
と言っても、ここから10分くらいで着いてしまうのですけど。

この満腹が然さんの夕食に響くことに・・・(^^;)

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

箱根オーベルジュ漣 その6 朝食編

2017年2月 仙石原のオーベルジュ漣さんに宿泊。FC2ブログ

箱根オーベルジュ漣 -Ren-
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285-17
TEL 0460-84-9000 
FAX 0460-84-7338 

<プラン>くつろぎステイプラン ラージツイン
<客室>ラージツインタイプ(ベッドルーム&リビングスペース)
大人@23,760円(サービス料別、消費税込)

オーベルジュ漣さんのホームページは→【http://www.hakone-ren.jp/

その6 朝食編。

6時から大浴場に入れるので、
早起きして入ってきました。
誰もいない大浴場を独占♪
or6460.jpg

朝の箱根・仙石原は気温5度。
or6480.jpg

朝食は8時から9時の間の
好きな時間に行けばよいです。
or6483.jpg
カツカツ歩くマダム・・・。靴音が響くマダムですが、
物腰が柔らかく、接客は丁寧で、素敵なご婦人です。

昨日とは違う席に案内されました。
窓際の明るい席です。
or6486.jpg

お箸があるのが嬉しい。
or6507.jpg

コンフィチュールとバター。
or6492.jpg
左はキウイのコンフィチュール
これ、とても美味しいのですが・・・、

何と言ってもさくらんぼとチョコのコンフィチュール
or6496.jpg
も~、メチャクチャ美味しい~。
甘くて、酸っぱくて、その割合が絶妙。
購入決定\(^O^)/

グラノーラに入れるドライフルーツ、ミルク。
or6497.jpg

ドライフルーツアップ。種類が多くて宝石のよう・・・。
or6499.jpg

玄米が入ったグラノーラは
最初から用意されています。
or6490.jpg
とても美味しそうなので、
すぐに手をつけてしまいましたが、
これが大失敗(泣)。意外と量があって、
お腹がいっぱいになってしまい、後が苦しい・・・・。
常連さんらしき人は、最後にグラノーラを
食べていました。それが正解なのか・・・(^^;)

朝食もメニュー付き。朝食もプリフィクスの嵐♪
or6487.jpg

スキャンしたメニュー。朝から悩みまくり・・・。
or069.jpg

ジュースが選べます。悩む~。
オレンジジュース、グレープフルーツジュース、
アサイージュース、静岡県ふるさと牛乳、
若葉ジュース(青汁)、トマトジュース、
本日のおまかせグラスワイン

車を運転しなければ、ワインが飲みたいところです(^^;)

相方が選んだアサイージュース
or6503.jpg

私が選んだトマトジュース
or6506.jpg

自家製スモークハムとソーセージ
マスタードをお好みでつけて。
or6512.jpg
わさびのソーセージ。これ、わさびの味がしっかり。
おお~、なんて美味しいんだ~。
スモークハムもウマウマ♪

自家製パンの盛り合わせ
or6513.jpg
パンがどれもこれも絶品。感動・・・。

しかし、スコーンを最初に食べてしまったら、
また失敗・・・。キッチリ詰まったスコーンは、
たった一個で益々お腹いっぱいになってしまいました。
スコーンは後回しにしないとダメですね。

本日のスープ。野菜の温かいスープ
or6519.jpg
すんごく美味しいです。具だくさん。
ミネストローネっぽかった。

野菜も選べます。
契約農家直送 超鮮度ベビーリーフサラダ、
三島のスティック野菜盛り合わせ、
箱根の温野菜盛り合わせ


私が選んだ、
三島のスティック野菜盛り合わせ
or6524.jpg
味噌とアンチョビのマヨネーズ。これが絶品。
大きなお皿に派手な盛りつけ。ゴージャスです。
運ばれてきたら、思わず歓声をあげてしまいました。

相方の選んだ、
箱根の温野菜盛り合わせ
or6534.jpg

チンゲンサイをどけると、沢山の野菜が登場。
or6541.jpg
野菜はスープで煮てあって、物凄く美味しかったようです。

メインディッシュも選べます。
地卵のオムレツ
・きのこと赤ワインのソース、
・函南トマトのソース、
・ソース無し。
キッシュ・ロネーヌ(アルザス地方チーズ入りタルト)
そば粉のパンケーキにのせた目玉焼き、トリュフ風味、
箱根、笹とうふのステーキ 味噌のソース

全部食べてみたい・・・(^^;)

私が選んだ
地卵のオムレツ・きのこと赤ワインのソース
or6547.jpg

アップ。ソースがすんごく美味しい。
or6556.jpg
フワフワのオムレツに美味しいソース。
幸せです~。

相方が選んだ
地卵のオムレツ・函南トマトのソース
or6553.jpg
トマトソースはサラっとしたもの。
卵の味つけはしっかり。

フルーツのスープ仕立てと季節のデザート
ヨーグルトに木イチゴのソース。
木イチゴのツブツブが美味しい。
or6560.jpg

フルーツアップ。沢山のフルーツが入っていて楽しい。
or6566.jpg
フルーツのスープは甘い香りがします。

食後はコーヒーオーガニックティ(ダージリン)が選べます。
私達はコーヒーをお願いしました。
or6569.jpg

お腹いっぱいです\(^O^)/
相方はパンが食べきれませんでした。
残ったパンは包んでくれます。
or6573.jpg
女性の方は皆さんパンを持って帰っていました。

夕食と違い、朝食はテンポ良く運ばれてきます。
食べるのに忙しいほど。

料理を選ぶ楽しさ、内容の充実度、
質、量ともに最高級の朝食でした。
洋朝食としては、私のベストワン朝食\(^O^)/

オーベルジュ漣さんのチェックアウトは11時。
11時前はラウンジでチェックアウト渋滞発生。
ラウンジに人が溢れていて、
座る場所がありませんでした。

そして、コンフィチュールの前は人だかり。
どんどん無くなっていくコンフィチュール・・・。
慌てて、さくらんぼとチョコレートのコンフィチュールの
最後の1個をゲットしました。@756円。
or6582.jpg

お土産の飴をもらいました。
or6584.jpg

チェックアウト後、
マダムが車まで荷物を持ってきてくれました。
道路まで出てきてくれた従業員さんは、
車が見えなくなるまで見送りしてくれました。
さすが。

オーベルジュ漣 感想。
良いところ
◎食事が抜群に美味しい。
◎朝食も色々選べて楽しい。
◎大涌谷温泉が楽しめる。
◎露天は違う温泉が楽しめる。
◎従業員さんは親切丁寧。
◎ラージツインは広くて、綺麗で、使い勝手良し。
◎コンフィチュールは美味しくて、買って帰る価値あり。
◎鍵2つ。
◎風呂場のアイス最高。
◎Wi-Fiが繋がる。

いまいちなところ。
△レストランは着替えて正装。ちょっとメンドクサイ。
△夕食は時間がかかる。待ち時間が多い。
△エレベータなし。
△作務衣がほしかった。
△サービス料がかかるので、値段高め。

いまいちなところは
有り余る他の長所で霞んでしまいます。

絶品料理と、濁り湯温泉、
素敵な館内&部屋と三拍子揃った
物凄くレベルの高い宿でした。
従業員さんの質の高さも特筆もの。
皆さんの評価が高いのも頷けます。
ぜひとも再訪したい宿ですね。

オーベルジュ漣 終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

箱根オーベルジュ漣 その5 夕食編

2017年2月 箱根オーベルジュ漣さんに宿泊。FC2ブログ

オーベルジュ漣さんのホームページは→【http://www.hakone-ren.jp/

その5 夕食編。

チェックイン時に夕食時間を選びます。
6時半か7時の2択だったので、
私達は6時半にしました。
時間になれば勝手に行きます。

レストランはドレスコードあり。
と言ってもそれほど厳しいものではなく、
Tシャツに短パンのような格好でなければOK、
のようです。
皆さん、町のレストランに行くような格好でした。

オーベルジュ漣さんのレストランは
ロビーラウンジの奥の階段を上った2階。
or6401.jpg

天井しか写っていないレストランの写真(^^;)
or6447.jpg
レストランはそれほど広くないですけど、
周りの席の会話はあまり聞こえません。
皆さん大人で、静かに会話される方ばかり。
マダムのカツカツという靴音だけが響きます(^^;)

すぐに席に案内してくれます。真ん中の列でした。
or6253.jpg
6時半に行きましたが、半分以上の客が既に座っていました。
6時組というのが居たのでしょうかね?

お皿の上に載っている巻物もののようなものはナプキン。
二つ折りのメニューが置いてありました。
or6255.jpg
お皿はこれのためだけのもの。すぐに回収されます。

メニュー。何せ最初から最後までプリフィクスの嵐です。
or6258.jpg

写真だと見づらいので、スキャンしたものを載せます。
上半分のメニュー。

or068-2.jpg

最初の注文で、このグラニテまでのプリフィクスを決めます。
悩んで、迷って大変(^^;)

下半分はメインディッシュ。

or068-3.jpg

追加料金を払うと、益々美味しそうな料理が選べて、
迷いまくりです・・・。

まずは飲み物を、ということで、
相方が頼んだデュク・ドゥ・モンターニュ
or6263.jpg
ノンアルコールのスパークリングワイン。
900円(消費税、サービス料別)

グラスに注いでくれました。
or6266.jpg
美味しいノンアルコールだったようです。

私は、このグラスワイン4種類5,000円というのが、
非常に魅力的でしたが・・・・、
or6348.jpg

悩んだ末に、頼んだのは
白ワインのセップ・ムスター
80ml 800円(消費税、サービス料別)。
とっても美味しいワインでした。
or6269.jpg
グラスワインは120mlと80mlが選べます。

ナイフ・フォーク類はテーブル下の引き出しに入っています。
おかげでテーブル上がスッキリ。
これ、ナイスアイディアですね。
or6259.jpg
右から順番に使います。

季節のアミューズ
or6271.jpg

スモークハムとチーズのブルースケッター。
or6274.jpg
ハムは豚肉の香りの強い、とっても濃厚なもの。
ブルーチーズのような香りのするチーズ。
このハーモニーが抜群。

上はパテ・ド・カンパーニュ
下が野菜の自家製のマリネ
or6276.jpg
パテ・ド・カンパーニュは濃厚でウマウマ。
マリネはバジル味の効いたもの。

隣が魚介類のムースのフリット。ライムをかけて。
or6278.jpg
サクサクで非常に美味しい~。

一番下の層がトマトのジュレ。中にズワイガニを添えて、
上の白い層がカリフラワーのムース
一番上にみじん切りにしたカリフラワー
「軽く混ぜてから食べてください」と言われました。
or6282.jpg
カリフラワー臭さは全く無く、
クリームとカニの味が口の中で広がります。
旨い~。

自家製パンとバター
or6289.jpg

左の四角いのが無塩カルピスバター
右の丸い器が自家製ハムで作ったハムのムース
右上、イタリア産のオリーブオイル
or6293.jpg
カルピスバターは無塩なので、ほとんど味がしない感じ。
不思議な感覚のバター。でも美味しい。
ハムのムースはロースハムみたいな味で絶品っ♪
こんなムースは食べたことありません。

左の丸いのは米粉を使った胡麻入りパン
右はライ麦パン。パンは熱々です。
or6292.jpg
フワッフワの米粉のパンは、コメの味がします。
お米を食べているよう。
ライ麦パンもどちらも激ウマです。
パンの美味しい宿は、料理も美味しいのですよね~。

食べたら後半苦しくなるのが分かっていましたが、
目の前の美味しそうなパンを見たら、
つい手が出てしまいました。

オードブルは4品からチョイス。
私が選んだオードブル。
ほの温かい厚切り富士山サーモンのスモーク、
ホワイトアスパラガスのサラダを添えて。

or6298.jpg
サワークリームが添えてあります。

アップ。スモークサーモンは口の中でとろけます。
or6302.jpg
もう超ウマウマです。半熟卵も美味しい~。

相方が選んだオードブル。
Renの定番・春キャベツで巻いた旬の海の幸と
11種類の箱根西麓野菜のテリーヌ。

or6308.jpg
緑のバジルのソースと、黄色いのはサフランでとったもの。

テリーヌ、アップ。キレイ~,゜.:。+゜
or6312.jpg
魚は北海道産の鮭のたたき。

三島野菜のテリーヌは、
姉妹店の【ル・ヴィルギュル】さんでも食べられますが、
こちらのほうが大迫力。

魚料理は2品よりの選択。
これは私も相方も同じもの。
といってもこれは追加料金を払うか、払わないかの
選択しかないので、選択の余地無しでした(^^;)

沼津港より シェフおまかせ本日の鮮魚料理
本日は甘鯛のポアレ
or6316.jpg

甘鯛のポアレ、アップ。うろこ焼き。イカスミのソース。
or6317.jpg
皮がパリンパリンで、身はフワフワで美味しい。
とっても美味しいアマダイでしたが、
付け合わせが何も無かったのは淋しかったです(^^;)

お口直しの一皿も二択です。

私が選んだパスティスのグラニテ
or6351.jpg
パスティスというのはフランス産・香草系のリキュール。
何とも不思議な味でしたが、サッパリした感じでした。

相方はみかんのグラニテ
or6354.jpg
温州ミカンの味そのままだったそうです。

ここで赤ワインを注文。相方も赤ワイン。
山梨の四恩酒造の窓辺・クレーレ
80ml・500円(消費税込・サービス税別)
or6361.jpg
ロゼのように淡い赤です。
味もスッキリさわやか。

私が頼んだ赤ワイン。
カイル・ダンのフィスト・オブ・ファンシー・ピノ・ノアール
80ml・800円(消費税込・サービス税別)
or6363.jpg
こちらはタンニンタップリ。

メインディッシュは6品からの選択。
私が選んだのは、
北海道・白糠産 蝦夷鹿と鴨、フォアグラのパイ包み焼き、
トリュフのソース

or6367.jpg
赤キャベツのシュークルート、
根セロリのピューレ、セリのサラダ。

パイ包み焼きアップ。
or6372.jpg

輪切り。肉はトロトロ。パイが無茶苦茶美味しい。
or6383.jpg
色々な味がします。レバーっぽい味もします。
胡桃が美味しい。

相方が選んだメインは、
カスレ(フランス・ラングドック地方の伝統煮込み)
or6376.jpg
シャラン鴨のコンフィ、豚足、トゥールーズソーセージ、
白いんげん豆の煮込み。
熱々です。猫舌の相方はしばらく食べられず。

カスレ、アップ。物凄く美味しかったようです。
かなりしょっぱかったようですが・・・。
or6381.jpg
中に色々な具材が入っていて、
かなりボリュームの料理です。豆がいっぱいあって、
肉まで辿り着くまでに時間がかかっていました。

この後、
デザートのメニューを持って来てくれました。
or6388.jpg
このメニューは回収されてしまいます。
デザートは2つ選ぶ、という嬉しいシステム。

一つ目。
or6389.jpg

1・ピンクグレープフルーツのほろにがプリン。
2・アールグレイのババロア 伊予柑のマリネ。
3・香ばしく煎ったゴマのブラマンジェ 小豆のシャーベット。
4・リンゴのコンフィチュールとカルヴァドス(リンゴ酒)のアイスクリーム。

ぜ、ぜんぶ食べたい・・・・。

二つ目。
or6390.jpg

1・焼きたて温かいチョコレートケーキ(フォンダンショコラ)、
  デコポンのアイスクリーム。
2・静岡県伊豆産いちご”紅ほっぺ”の裏ごしスープと
  練乳のアイスクリーム。
3・ラム酒香る和栗のモンブラン フランボワーズ風味
  軽いサクサクのメレンゲにのせて。

4・ヨーロッパ産のナチュラルチーズの盛り合わせ。
or6392.jpg
食後酒とチーズも魅力的ですね。

そして+1,000円で2品選べる、という
悪魔のささやきのような文句がメニューに載っていました。
物凄く魅力的ですけど、
お腹もいっぱいなので、ここは我慢我慢・・・。

私が頼んだ一皿目。
リンゴのコンフィチュールと
カルヴァドス(リンゴ酒)のアイスクリーム

or6406.jpg
キラめく美しい器。
お酒が効いています。コンフィチュールがウマウマ。

相方が頼んだ一皿目。
アールグレイのババロア 伊予柑のマリネ
or6413.jpg
ババロアというよりプリンのような感じだったようです。

相方の選んだデザート二皿目。
静岡県伊豆産いちご”紅ほっぺ”の裏ごしスープと
練乳のアイスクリーム。
。ド派手~,゜.:。+゜
or6421.jpg

上にかかっている綿飴をめくった写真。
or6425.jpg
下のイチゴのスープが、絶品だったようで、相方大感激。
イチゴも練乳も無茶苦茶に美味しかったようです。
1,000円払ってこれを2つ食べたい、と言っていました。

私の二皿目は、
焼きたて温かいチョコレートケーキ
(フォンダンショコラ)、デコポンのアイスクリーム

or6426.jpg
ショコラの香りが物凄く漂います。香りだけで幸せ~。

中から熱々のチョコがトローリ。ウマウマ。
or6430.jpg
デコポンのアイスも美味しい。

飲み物は、コーヒー、エスプレッソ、
紅茶(オーガニック アール・グレイ)、
オーガニックミントティ、
ルイボスレモン
の中から選びます。

私達はコーヒー。
or6433.jpg
コーヒーを飲み終わったら、
「お代わりはいかがですか?」
と言ってくれました。
お代わりが出来るのですね。スゴ~イ。
お代わりはしませんでしたけど。

ミルクと砂糖。
or6417.jpg

デザートと一緒に
プチフールが貰えます。
or6437.jpg
お腹パンパンなので、とてもプチフールは入りません。
部屋に持ち帰りました。

2時間半ほどかけて夕食終了。
料理はどれも美味しくて、デザートも絶品、
大満足の夕食でした。

ただ、料理を運ばれてくる間隔が長く、
手持ち無沙汰の時間が多かったのは事実(^^;)

でも、料理を待っている間、メニューを何度も眺め、
他のテーブルに運ばれる料理を盗み見て、
次に来た時は何を食べよう?
ってあれこれ考えているのは楽しかったです。
(再訪する気満々)

料理が季節で変わる、ということはなさそうなので、
毎回違う料理を選ぶことで、変化を楽しむ宿
という感じでしょうか。

何にせよ、最高に楽しい夕食であったのは間違いないです。

その6 朝食編につづく・・・。

続きのページにドリンクメニューを載せておきます。
下の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

箱根オーベルジュ漣 その4 風呂編

2017年2月 仙石原のオーベルジュ漣さんに行ってきました。FC2ブログ

オーベルジュ漣さんのホームページは→【http://www.hakone-ren.jp/

その4 風呂編。

大浴場は宿泊棟の1階から。
or5984.jpg
服装は自由。スリッパでOKです。
大浴場にタオルはないので、部屋から持って行きます。

階段を降りていきます。これまたエレベーター無しです。
or5904.jpg
2階の部屋から大浴場に通うと、
階段をかなり上り下りすることになります。

浴場棟への渡り廊下。
or5905.jpg
庭が見えて景色の良い位置にソファがあり、
風呂上がりにアイスを食べている方がいました。

手前にBOSEのオーディオと石油ファンヒーター。
or5906.jpg
低く音楽が流れていて、物凄い心地良さ。

渡り廊下の窓には、外気温がわかる温度計。
or5911.jpg
これ便利ですね~。家にも欲しいです(^^;)

渡り廊下の先に浴場棟。
or5914.jpg

突き当たりが浴場入り口。右側は離れ105。
or5916.jpg

男女別の大浴場入り口。男女入れ替え無し。
利用時間は、15時~23時、朝は6時~10時。
or5917.jpg
おしゃれですが、男性用と女性用のマークが分かりにくかった。
利用時間も、夜、閉まるのは早め、
朝、始まるのは遅めですね・・・。
もう1時間ずつくらい延ばして貰えると嬉しいのですが・・・。

男性用浴場入ったところ。靴置きがありました。
or5919.jpg

のれんをくぐると、正面は壁、
右手に鍵付き貴重品入れ。貴重品入れは4つ。
or5923.jpg

脱衣所から見た写真。右が入り口。
ロッカー右の扉はトイレ。
or6448.jpg

左を向くと浴場入り口と洗面台、脱衣カゴ。
or5925.jpg

手前にベンチと、奥に洗面台。
or5926.jpg

ベンチの上には温泉成分表。
or5937.jpg
オーナーは温泉ソムリエなんですね。

温泉成分表。大涌谷温泉は造成泉です。
or5940.jpg
酸性ーカルシウムー硫酸塩塩化物温泉。
源泉64.1℃。PHはなんと2!

洗面台。
or5930.jpg

化粧品はクラシエ・ジオットの化粧水と乳液。
サクセスのシャービングジェルは2種類。
or5932.jpg or5933.jpg

アメニティは歯ブラシ、綿棒、カミソリ。
そしてリステリン。
or5934.jpg or5935.jpg

脱衣カゴは4つ。給水器もあり万全。
or5942.jpg
脱衣カゴは少ないですけど、
何時行っても誰もいないか、
居ても2人くらいだったので、この数で充分でした。

この手前の冷蔵庫には・・・、
or5948.jpg

アイスのサービス♪
or6163.jpg
バニラアイス。もちろん風呂上がりに頂きました♪
美味しかった~。風呂上がりのアイス、最高\(^O^)/

男性用内湯。大涌谷温泉100%の源泉掛け流し♪
or5954.jpg
濁り湯です。湯船の下に湯の花が溜っているので、
風呂に入るともっと濁ります。しあわせ~。
夕方4時で40.9℃(湯口付近)~40.7℃とぬる湯。
もう、いくらでも入っていられます\(^O^)/

物凄く温まる温泉。
暇を見つけては大浴場に通っていました。

大浴場では硫黄臭は全くしませんでした。
でも家に帰ってきたら、
服にほのかに硫黄臭がついていました(^^;)

カランは3つ。
or5950.jpg

シャンプーリンスは豆乳シリーズ。
トリプルCのバス&シャワージェル。
or5951.jpg

そして、トリプルCのシャンプー、
コンディショナーもあり。
or5952.jpg
洗顔フォームが無いのは残念。

露天風呂への橋。
or5955.jpg
石井建築事務所】さん(熱海)が改装を手かげただけあって、
素敵な露天風呂です。

男性用露天風呂。無色透明の仙石原温泉。
こちらは循環。16時で41.1℃と少し高めの湯温。
or5956.jpg
それほど広くない露天風呂ですけど、
半身浴も出来るし、屋根はついているし、
とっても気持ちの良い風呂でした。

横にオサレなベンチ。
or5961.jpg

露天風呂から見たベンチ。
or6176.jpg
寒い日でしたけど、露天に浸かってぼっ~と景色を見ていて
身体はポカポカでした~。



女性用大浴場は相方に撮って貰いました。
女性用大浴場は常に人が入っていて、
中々写真を撮れず、夜になってようやく撮れました。
or8803.jpg

向こうに貴重品入れが見えます。
or8806.jpg

鍵付き貴重品入れは6個。女性用は多いですね。
or8804.jpg

脱衣カゴ棚も6個と、男性用より多い。
or8807.jpg
脱衣カゴが1個見当たりませんが、
ベンチに置いてあったり、床に置いてあったりと、
あちこちにあったそうです。

冷蔵庫には・・・、
or8808.jpg

もちろんアイス♪
or8809.jpg

洗面台は2つで同じですね。
or8811.jpg

クラシエ・アルフィーのメイクウォッシュ、
化粧水、乳液。
or8850.jpg

資生堂アピカル・乳液とクレンジングウォッシュ。
or8833.jpg

綿棒、コットンもあり。
or8834.jpg

そしてリステリン。
or8835.jpg

アメニティ。
or8838.jpg

洗面台の後ろにパウダースペース。
or8841.jpg

一人分だけのようです。
or8839.jpg

女性用大浴場内湯。湯温40.8℃
or8814.jpg
夜はもう少し湯温が高かったそうです。
風呂場は泉質のせいか、滑るそうで、
少々危ないのだとか・・・。

カランは左右にあるそうです。
or8815.jpg

シャワーブース。
or8816.jpg

反対側のカラン。
or8817.jpg

なんとNa Gode Shea(ナゴーデシア)シリーズがある!
or8829.jpg
男性用大浴場には無かったゾ・・・(^^;)
女性優遇の宿ですね。

と、トリプルCシリーズもあるようです。
or8827.jpg

露天への橋。写真、ブレてしまっています(^^;)
or8818-1.jpg

女性用露天風呂。こちらは41.2℃と湯温が少し高め。
or8820.jpg
男性用より大分広いですね。
お風呂は、徹底して女性優遇の宿ですね!

オーベルジュとは言え、大涌谷温泉が引かれていて
温泉宿としてもかなり魅力的です。
仙石原温泉の露天もあって、
2種類の温泉が楽しめるのもポイント高いです。
アイスのサービスもポイント高し(^^;)

その5 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ