オーベルジュ漣-Ren- 2018年 その5 朝食編

2018年2月 仙石原のオーベルジュ漣さんに再訪。FC2ブログ

箱根オーベルジュ漣 -Ren-
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285-17
TEL 0460-84-9000 
FAX 0460-84-7338 

チェックイン: 15:00~18:00
チェックアウト: 11:00

<プラン>森のオーベルジュプラン
フォレストツインタイプ
@22,680円(サービス料別・消費税込)

オーベルジュ漣さんのホームページは→【http://www.hakone-ren.jp/

その5 朝食編

朝食は8時から9時の間の好きな時間に。
私たちは8時に行きました。
一番乗りでした。
OR18-0902.jpg
皆さん、朝は遅くて、
8時半から9時近くに来る方がほとんどでした。

朝の明るいレストランも素敵,゜.:。+゜
OR18-0912.jpg

朝もメニューあり。
OR18-0904.jpg

スプーン類は引き出しの中にあります。
OR18-0910.jpg

玄米のグラノーラとコンフィチュール、
調味料が置いてあります。
OR18-0905.jpg

玄米のグラノーラ
OR18-0906.jpg
グラノーラは最初に食べてしまうと、
意外とお腹が膨れるので、
最後に回します。
前回の訪問で学習しました(^^;)

ドライフルーツ。これは2人分。
OR18-0914.jpg

グラノーラにかける牛乳
OR18-0913.jpg
グラノーラもドライフルーツも、
牛乳も全~部美味しい♪

コンフィチュールキウイ
静岡ふるさと牛乳のミルクキャラメル
OR18-0907.jpg
キウイのコンフィチュールが
甘酸っぱくて、猛烈に美味しい。
キャラメルの方は甘甘~。

朝食メニュー。
s-img087.jpg
朝もプリフィクスの嵐で
悩みまくり~。

選べるドリンクは、
相方がトマトジュース
私は静岡県ふるさと牛乳
OR18-0917.jpg
トマトジュースは塩気あり。
牛乳はもちろん美味しい。

自家製スモークハムとソーセージ
OR18-0919.jpg
自家製ハムはガーリック風味。
ソーセージはあしたば入りでした。
どちらもウマウマ♪

本日のスープは、さつまいものポタージュ。
OR18-0924.jpg
優しい味です。すんごく美味しいです。

自家製パンの盛り合わせ
OR18-0928.jpg
物凄く美味しいパンですが、
コレを食べてしまうと、
朝食が入らなくなるので、
パンも慎重に食べる必要があります(^^;)

選べるベジタブル・ディッシュは、
私は契約農家直送、
超鮮度ベビーリーフサラダ。

OR18-0936.jpg
ピラミッドのように盛り上がったサラダ。
凄い迫力です。
トマトが人参のように堅くて、
ポリポリとしていました。面白い~。

相方は箱根の温野菜盛り合わせ
OR18-0941.jpg

メインディッシュ
相方が選んだのは、
地卵のオムレツ、
きのこと赤ワインのソース

OR18-0954.jpg

私は、
そば粉のパンケーキにのせた
目玉焼き、トリュフ風味

OR18-0965.jpg
パンケーキというより薄いクレープですね。
薄いんですけど、ちゃんと蕎麦の味がします。
面白い食べ物です。
卵もベーコンも美味しいので、
これ、気に入ってしまいました。

飲み物はコーヒー
OR18-0967.jpg

食後に持って来てくれる、
季節のデザート
OR18-0972.jpg

ヨーグルト、木イチゴソース。
OR18-0978.jpg
朝のヨーグルトは大歓迎。

フルーツのスープ仕立て
OR18-0979.jpg
沢山の種類のフルーツがあって楽しい。

ほとんど食べられなかったパンを
包んでいただききました。
OR18-0985.jpg

選べる朝食も、楽しくて、美味しくて、
大満足。もちろんお腹いっぱいです。

昨日お願いしておいたコンフィチュールを
受け取り、チェックアウト。
例の飴も頂きました。

ところで・・・・、

到着日の夕方に、散歩をしていたレン君を
チラっと見かけたのですが、
宿の中にも表にも居ない・・・。

チェックアウトをした後、思い切って
レン君は何処にいるのですか?
って聞いたら、
フロント奥のストーブの前に
ほとんど一日中いる、との事。
どうりで見かけないわけだ(笑)

従業員さんがレン君を連れてきてくれました。
OR18-0997.jpg
レン君は、出てきたら
私達に駆け寄ってくれて、
撫でさせてくれました。
OR18-0996-1.jpg
温和しくてカワイイ~。
ちょっと太り気味だったけど(^^;)

レン君を撫でられて、
ご機嫌で帰りました。

従業員さん全員で見送ってくれて、
一人は道路まで出てくれて、
車が見えなくなるまで
見送ってくれました。

オーベルジュ漣 感想。
良いところ
◎食事がすごく美味しい。
◎選べる食事は楽しい。
◎極上温泉が楽しめる。
◎従業員さんは親切丁寧、好感度大。
◎部屋、寝具は快適。
◎洗面所が暖かくて幸せ。
◎館内も暖かい。
◎鍵が2つ。
◎大浴場のアイスは嬉しい。
◎Wi-Fiがサクサク通じる。
◎看板犬のレン君がカワイイ。
◎コンフィチュールが絶品。

いまいちなところ。
△夕食は待ち時間が多い。
△食事に行くのに着替えが少々面倒くさい。
△部屋着は薄い。
△エレベーターがない。

再訪して、やっぱり私たち好みの宿と再認識。
また是非行きたいです。

オーベルジュ漣 終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

オーベルジュ漣-Ren- 2018年 その4 夕食編

2018年2月 オーベルジュ連-Ren-さんに再訪。FC2ブログ

オーベルジュ漣さんのホームページは→【http://www.hakone-ren.jp/

その4 夕食編

夕食は本館2階のレストランで。
6時半と7時が選べたので、
6時半を選択。

漣さんのレストランは正装です。
といっても、ドレスコードは厳しくなくて、
Tシャツ、短パンでなければOK。
皆さん普段着でした。

私はジャケットを着て行きましたが、
男性でジャケット着用は一人もおらず、
浮いていました(゜Д゜)・・・

まだ来ていなかった隣の席を激写。
どのテーブルもこのようになってます。
OR18-0733.jpg

メニューとナプキン。ワクワク。
OR18-0717.jpg

プリフィクスの連続で悩みまくり。
OR18-0725.jpg

見にくいので、スキャンしたものを載せます。
s-img089.jpg
メインディッシュは滅茶苦茶悩みます。

まずはドリンク。
私は白ワインをグラスで頼みました。
ロックフォルティッシム ブラン120ml(1,000円)
OR18-0729.jpg
ボルドーのソヴィニョン・ブランです。
すっきりとしたワインで、すごく美味しい。

相方はブラッドオレンジジュース(700円)
OR18-0731.jpg

ナイフ、フォークなどはテーブルの引き出しに。
OR18-0735.jpg
右側から使っていきます。
テーブルが広く使えてイイです。

季節のアミューズ
OR18-0736.jpg

ブリスケット
OR18-0744.jpg
フランスパンの上に
チーズ、桜海老、枝豆がのったもの。
耳がカリカリのフランスパンごと食べると、
口の中に桜海老味が広がります。
すんごく美味しい。

豚のテリーヌ
OR18-0754.jpg
豚の色々な部分が入っていて、
コリコリするところと、柔らかいところと
食感が様々でウマウマ\(^O^)/

下には、野菜のマリネ。
OR18-0755.jpg
茗荷、ごぼう、人参、大根。
マリネは酸っぱくて美味しい。

甘鯛。パセリ。ライムをかけて食べます。
OR18-0749.jpg
中はフワフワ~。
こんなに柔らかく仕上げられるのは驚異。
パセリは揚げてあってカリカリ。

トマトのジュレ、カリフラワームース。ズワイガニ入り
OR18-0753.jpg
下の透明なのがトマトジュレ、
上の白いのがカリフラワームース。
上に乗っているのは生カリフラワー。

トマトジュレは甘酸っぱい。
ムースはクリームの香りが強くて、
すっごく美味しかった。

その後運ばれてくるのは、パン。
パンと一緒に
カルピスバター、ハムのムース、
イタリア産のオリーブオイル。
OR18-0757.jpg
ハムのムースはスモークの香りがして、
とっても美味しい。

自家製パン。ごまと米粉パン、ライ麦パン。
OR18-0761.jpg
熱々です。フワフワです。
ちぎろうとすると潰れてしまう・・・。

物凄く美味しいパン。美味しすぎて、
あっという間に食べてしまいました。

そして、それに気付いた従業員さんが、
「おかわりは如何ですか?」
と言ってくれたので、思わず「お願いします」
と言ってしまったのが失敗の元。
お腹が一杯になって、後で苦しい思いをすることに。

さて、オードブルです。
今回オードブルは悩まず。

何故なら、
前に漣さんから葉書が届いていて、
通常なら追加料金1,800円発生する
「海の幸カクテル」が
無料になるという太っ腹な内容♪
しかも2人共ですっ。
有り難く利用させて頂きました。

シェフのスペシャリテ。
あしたか牛のコンソメジュレをのせた
海の幸の贅沢なカクテル。
朝霧高原温泉卵にオセトラキャビアをたっぷりのせて。

OR18-0765.jpg
ヘタクソな写真で、全然分からないと思いますが、
大きな器で、きらびやか。
運ばれたときに思わず歓声をあげてしまいました。

アップ。
駿河湾アワビ、オマール海老、
北海ダコ、生ホタテ etc~
OR18-0769.jpg
綺麗,~゜.:。+゜

ジュレが猛烈に美味しい上に、
掘っていくと、
海老やタコが次々出てきます。
半生のホタテやアワビもウマウマ。

一番下に朝霧高原温泉卵が隠れています。
OR18-0775.jpg
この卵がまたウマい。
なんて美味しいオードブルなんだぁ!

マダムに美味しかったと伝えると、
マダムはにっこりと微笑んで、
「オードブルは再訪客のほとんどが
Renの定番かカクテルを選ばれます。」
と教えてくれました。

でしょうねえ・・・。
コレを一度食べたら、
大ファンになってしまいます~。
1,800円払っても惜しくない。
また食べたいですっ!


沼津港よりシェフのおまかせ本日の鮮魚料理は、
金目鯛のポアレ
OR18-0780.jpg
魚料理は本日の鮮魚料理か、
活アワビの柔らかムニエル(+2,800円)が
選べますが、ここは本日の鮮魚料理に。

金目鯛の下に、
ジャガイモ、ひじき、イカスミソース。
OR18-0781.jpg
皮がパリパリで、身はフワフワ。
ジャガイモとひじきが何とも言えない美味しさ。
一緒に食べると濃厚で、複雑な味が広がります。
滅茶苦茶美味しい~。感動。

段々お腹が一杯になってきたぞ・・・(゜Д゜)

ここで赤ワインを注文。
シャトー・ベルナドット オーメドック
120ml 1,200円。
OR18-0802.jpg
ボルドーのワインです。
タンニンタップリで美味しゅうございました。

グラニテは2種類あったので、
ひとつずつ頼みました。

お口直しの一皿
私が食べたパスティスのグラニテ
(フランス産・香草系リキュール)。
OR18-0808.jpg
ハーブの香りがします。サッパリします。

相方が食べた、みかんのグラニテ
OR18-0814.jpg
みかん、だったそうです(^^;)

メインディッシュ
私は、フランス・シャラン産 鴨の低温ロースト、
タプナードソース(鴨のジュと黒オリーブ)

OR18-0817.jpg
スティックセニョール、オニオンヌーヴォー、
白インゲン豆の煮込み。

アップ。
OR18-0826.jpg
鴨肉は柔らかく、脂身少なく、
物凄く美味しい。
写真だと分かりませんが、
ボリュームたっぷり。
完全に満腹状態・・・。

赤ワインがよく合いました。

相方が頼んだ、軽くスモークした
厚切り骨付き仔羊のゆっくりロースト、
ジェリーソース
。骨から剥がして食べます。
OR18-0827.jpg
里芋のグラタンドフィノワ、
ニンニクのコンフィ、満願寺とうがらし。

反対側からアップ。
OR18-0834.jpg
ニンニクはとろんとろんに柔らかい。
肉もとろんとろんに軟らかいです。
バラ肉の部分は脂たっぷり。
しかも量が多い、多い。

相方は肉が半分程度しか食べられず、
こちらに回ってきました。
く、くるしい・・・。

仔羊は骨付き肉。
手でとって食べるので
フィンガーボールも来ました。
OR18-0835.jpg
ミント入り。暖かいです。

満腹も満腹、苦しいです。
もう1gも入らない感じなのに、
ここから2つもデザートが出てきます・・・(゜Д゜)

まずはデザートメニューが配られます。
OR18-0843.jpg
デザートメニューは、メニューを決めたら
回収されてしまいます。

二皿目のデザートメニュー。
OR18-0844.jpg
悩みに悩みます・・・。
食べたいものばかり(^^;)

相方が選んだ一皿目。
ピンクグレープフルーツのほろ苦プリン
OR18-0851.jpg

蓋を開けた写真。
OR18-0857.jpg
グレープフルーツは甘くて、
香り高いもの。
カラメルが甘甘だったようですが
とっても美味しかったそうです。

私が選んだ一皿目。
パンナコッタ、パッションフルーツ
OR18-0846.jpg
私はパッションフルーツが
余り好きではないのですが、
これはとても美味しかった。
パンナコッタはやっぱり甘くてウマウマ。

相方が選んだ二皿目。
ラム酒香る 和栗のモンブラン
小田原のキウイのソルベ
軽いサクサクのメレンゲにのせて

OR18-0862.jpg
赤いのは木イチゴのパウダー。
パウダーは少量ですけど、
すごく酸っぱくて美味しい。
キウイソルベは、ほぼキウイ。
キウイの酵素がタップリで、
相方は喉が痛くなっていました。
さっぱりして美味しかったようです。

横から撮った写真。
OR18-0867.jpg
一番下に甘い和栗があり、
その上にサクサクの甘いメレンゲ、
その周りに栗のクリームがモンブラン状態。
栗とメレンゲと木イチゴの三位一体が
バランス良く、とても美味しい、
と言っていました。

私が選んだ二皿目。
カルヴァドス(リンゴ酒)のアイスクリーム添え
OR18-0876.jpg
カラメルが無茶苦茶に甘い。
リンゴのすっぱみはカラメルで帳消し。
でも、とっても美味しいです♪
アイスもウマウマ~。

飲み物は、コーヒー、エスプレッソ、
紅茶(オーガニックアール・グレイ)、
オーガニックミントティー、
ルイボス・レモンの中から選びます。
種類が多いですよね♪

私達はコーヒー
OR18-0880.jpg

コーヒー用のミルクと砂糖は
先に運ばれてきます。砂糖がお洒落。
OR18-0868.jpg

プチフールも配られます。甘いもの攻め(^^;)
OR18-0882.jpg
生姜とハチミツのマドレーヌ、
寿太郎みかんのカヌレ、
きなこショコラ、ムラングココ、
抹茶と小倉のマカロン、
ベルガモットと洋なしのゼリー。

デザートは別腹に入りましたが、
さすがにこれ以上は無理(゜Д゜)
プチフールは
部屋にそのまま持って帰りました。

2時間半以上かかって終了。
どれもこれも美味しくて大満足の
夕食でした。

ただ、
料理と料理の間隔が空くので、
手持ち無沙汰な時間が多いです。

30分遅れの7時組と
終了時間がほとんど同じだったので、
次回は7時開始にしようかな、
と考えています(再訪する気満々)。

その5 朝食編につづく・・・。

続きのページにドリンクメニューを
載せておきます。
下の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

オーベルジュ漣-Ren- 2018年 その3 館内編

2018年2月 箱根のオーベルジュ漣さんに再訪。FC2ブログ

オーベルジュ漣さんのホームページは→【http://www.hakone-ren.jp/

その3 館内編

入り口入ってすぐにレンタルサイクル。
電動アシスト自転車で、
2時間無料と書いてありました。
OR18-0991.jpg

館内に入って右にディスプレイ棚。
OR18-0625.jpg

水が流れる装置。水の流れる音に癒されます。
OR18-0994.jpg

フロント前に販売棚。
OR18-0628.jpg

冷蔵庫の中。
オーガニックハーブティ。
OR18-0630.jpg

ストロベリーネクター、アプリコットネクター、
サマーペアネクター。
OR18-0632.jpg

ドレッシング
OR18-0634.jpg

魅惑のコンフィチュール,゜.:。+゜
OR18-0635.jpg

完熟王バナナ、三島・完熟トマト
OR18-0636.jpg

静岡ふるさと牛乳のミルクキャラメル、
ゴールデンキウイとグリーンキウイ。
OR18-0637.jpg

さくらんぼとチョコレート、
フランス産木いちご。
OR18-0638.jpg
漣さんに来たら、コンフィチュールは
何が何でも買って帰らねばっ。
翌日の朝だと売り切れの可能性があるので、
チェックイン当日の夕方に
予約して確保しておきました。

買ったのは、さくらんぼとチョコレート、
キウイです。

下の段にはThANNの製品。
OR18-0645.jpg

静かで快適なラウンジ。
OR18-0617.jpg

全て漣さんが載っている雑誌。
OR18-0614.jpg
漣さんには温泉雑誌が
山のようにあるので楽しい~。
夕方ラウンジで次から次に
見てしまいました。至福・・・。

ディスプレイ。
OR18-0611.jpg

ディスプレイの下にはDVD多数。
OR18-0708.jpg

ピアノの横には、
OR18-0602.jpg

コーヒーマシン。
OR18-0604.jpg

お菓子もあるので、
OR18-0610.jpg

コーヒーと一緒にもらいました。
OR18-0700.jpg

美味しいクッキー。
OR18-0702.jpg

ロビーラウンジと宿泊棟の間の廊下。
OR18-0598.jpg

快適そうな椅子。
OR18-0593.jpg

自由に使えるPCと箱根本。
OR18-0594.jpg

レストランは2階。
OR18-0705.jpg

壁に食材の紹介。
OR18-0986.jpg

チーズの紹介もありました。
OR18-0988.jpg

さあ、夕食の時間です。
着替えて戦闘開始です(^^;)

その4 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

オーベルジュ漣-Ren- 2018年 その2 大浴場編

2018年2月 仙石原のオーベルジュ漣さんに再訪。FC2ブログ

オーベルジュ漣さんのホームページは→【http://www.hakone-ren.jp/

その2 大浴場編

階段を降りたら、
宿泊棟の1階を曲がらずにまっすぐ行き、
突き当たりを右に。
OR18S-0503.jpg OR18S-0506.jpg

階段を降りて、大浴場棟へ。
OR18S-0508.jpg OR18S-0510.jpg

BOSEのオーディオから音楽が流れています。
OR18S-0511.jpg OR18S-0513.jpg
ただの廊下なんですけど、
リゾート気分が味わえる不思議な空間。

通路途中にソファとベンチ。
OR18-0515.jpg

外には椅子と灰皿。
OR18-0514.jpg

窓ガラスに温度計がついています。
OR18-0586.jpg

さらに奥に行くと大浴場。
手前にファンヒーターがあって暖かい。
OR18S-0520.jpg OR18S-0521.jpg
館内の廊下にはあちこちに
ファンヒーターがあって、
廊下は暖かく、快適でした。

浴場は男女別。交代無し。
OR18-0523-1.jpg
105ヴェルベーヌは
スーペリアツイン(52.8㎡)。
大浴場が目の前という
最高の立地で、憧れの部屋です。
高くて泊まれませんけど・・・。

男性風呂。入るとスリッパ入れ。
OR18-0528.jpg

脱衣所右はトイレと貴重品入れ。
OR18-0579.jpg
空気清浄機あり。

左は洗面台と脱衣カゴなど。
OR18-0529.jpg

脱衣カゴ、冷蔵庫、給水器。
OR18-0557.jpg

冷蔵庫にはアイスクリーム♪
OR18-0565.jpg
お風呂上がりにもちろん頂きました\(^O^)/

洗面台。
OR18-0568.jpg

化粧品、ひげそりジェル。
OR18-0574.jpg

歯ブラシセット、綿棒、カミソリ。
OR18-0572.jpg

リステリン。
OR18-0573.jpg

ドライヤーは洗面台の下にあるので、
ちょっと分かりにくい。
OR18-0577.jpg

男性用浴室のカラン・シャワー。
OR18-0534.jpg

シャンプー類はトリプルCのみ。
OR18-0535.jpg
洗顔はなかったです。

男性用大浴場・内湯。大涌谷温泉、PH2。
OR18-0537.jpg
加水、加温、循環なし。
いいお湯です~♪
底に白い温泉成分が沈んでいます。
風呂に入ると、温泉成分が舞い上がって、
すっごく幸せ。

夕方、41.2℃と快適温度。
今回は、何時行っても誰もいませんでした。
それほど広くない湯船ですが、
独泉出来て、至福の時が過ごせました。

表に出て、橋を渡ると、
OR18-0538.jpg

露天風呂。仙石原温泉、PH7.3。
OR18-0544.jpg
こちらは循環。夕方で41.2℃。
段があるので半身浴出来ます。
やわらかいお湯です。

大浴場は暇さえあれば通っていました。



女性風呂は相方に撮ってもらいました。
OR18-0667.jpg

貴重品入れ。
OR18-0669.jpg

給水器。
OR18-0670.jpg

脱衣カゴ。
OR18-0673.jpg

冷蔵庫。
OR18-0671.jpg

冷蔵庫にはアイスクリーム。
OR18-0672.jpg

洗面台。
OR18-0675.jpg

ALFIEのメイクウォッシュ、
乳液、化粧水。
OR18-0676.jpg

APICALの
クレンジングウォッシュ、乳液。
OR18-0677.jpg

ドライヤー。
OR18-0678.jpg

シャワーキャップ、ヘアゴム、
歯ブラシセット、ブラシ。
OR18-0679.jpg

リステリン。
OR18-0680.jpg

パウダーブース。
OR18-0681.jpg

シャワー・カラン。
OR18-0684.jpg

シャワー・カランは2箇所。
OR18-0686.jpg

シャワーブースあり。
OR18-0685.jpg

トリプルCのシャンプー類。
OR18-0693.jpg

ナゴーテシアもあるようです。女性優遇。
OR18-0694.jpg

女性用内湯。夕方、41.6℃。
OR18-0682.jpg

橋を渡って、
OR18-0687.jpg

露天風呂。夕方、42.2℃と少し高め。
OR18-0689.jpg
男性風呂よりも広め。女性優遇の宿です。

男性風呂と違い、
女性風呂は常に人が居た感じでした。

その3 館内編へつづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

オーベルジュ漣-Ren- 2018年 その1 部屋編

2018年2月 仙石原のオーベルジュ漣さんに再訪。FC2ブログ

箱根オーベルジュ漣 -Ren-
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285-17
〒250-0631
TEL 0460-84-900
FAX 0460-84-7338 

<プラン>森のオーベルジュプラン
フォレストツインタイプ

チェックイン: 15:00~18:00
チェックアウト: 11:00

@22,680円(サービス料別・消費税込)

オーベルジュ漣さんのホームページは→【http://www.hakone-ren.jp/

旅館みたけさんの角を曲がった先の写真。
ここを右に曲がり、上に登って行きます。
OR18-0364-.jpg
この坂道、細い道なので、
対向車が来ないか、ドキドキします(^^;)

オーベルジュ漣さんに到着。
OR18-0366.jpg
こちらは宿泊棟。駐車場に、
何台か車が停まっていました。
連泊の方なんでしょうか。

石垣に看板。ピカピカです。
OR18-0367.jpg

地味なファサード。入り口は左側。
OR18-0368.jpg

到着は14時45分。
漣さんは15時迄玄関が開かないので、
しばし車の中で待ちました。
他に、ご婦人二人も
駐車場で立って待っていました。

15時少し前に、
マダムが車まで迎えに来てくれました。
もう一人の男性従業員さんが、
荷物を持って中に案内してくれました。

ロビーラウンジ。
また来られた~。嬉しい\(^O^)/
OR18-0621.jpg

左のフロントでチェックイン。
OR18-0627.jpg
2回目なので、
住所が変わらないことだけ確認して終わりです。
あと、夕食の時間を決めます。

すぐに部屋に案内してくれました。
OR18-0646.jpg

ロビーラウンジ棟から宿泊棟に。
OR18-0597.jpg

階段を上がって2階に。
OR18-0651.jpg
漣さんにはエレベーターはありません。

左に曲がって突き当たりが今回の部屋。
OR18-0385.jpg
左の部屋は前回泊った
203ジャスミン(ラージツイン)。

今回予約の段階で空いていたのは
ラージツインとフォレストツイン。
(あと高い部屋が空いていたたけど論外)

ラージツインは物凄く快適だったので、
今回も泊っても良かったのですが、
一度フォレストツインも泊ってみたかったんで、
今回はこちらにしました。

206 Patchouli(バーチュリー)
フォレストツイン(31.8㎡)。2階の一番端。
ドアを開けると正面が洗面所。
OR18-0391.jpg

踏み込み左にTHANNの
エッセンシャルオイルを
含ませたルームフレグランス。
OR18-0392.jpg

香りは弱いですが、雰囲気抜群です。
OR18-0396.jpg

左側はクローゼット。
↓クローゼットはマウスオンで開きます。

クローゼットのライトは自動点灯。
扉は、ガバっと開いて使い易いですけど、
閉じるときに指を挟みそうになります(^^;)

上にハンガー、ブラシ、靴べら。
OR18s-0406.jpg OR18s-0407.jpg

下に部屋着、スリッパなど。
OR18-0409.jpg
加湿器、蚊取り器、ナイトスタンド、
金庫、消臭剤、ロープあり。

足袋ソックスはありません。
オーベルジュですからね(^^;)

部屋着は薄いものなので今回も使わず。
私は自前の作務衣を持って行きました。
お風呂に何度も通うので、作務衣は必須(^^;)
レストラン以外は服装自由です。

入り口正面に洗面所。綺麗で使い易い。
OR18-0483.jpg

洗面台。
クラシエの泡のフェイス&ハンドソープ。
OR18-0487.jpg

ドライヤー、アメニティ。
OR18-0488.jpg
アメニティは、
シャワーキャップ×2、ヘアブラシ×2、
ボディタオル×2、歯ブラシセット×2、
コットンセット×2、カミソリ×2。

THANNのソープバー、
THANNオリジナルミニボトルセット。
OR18-0492.jpg
ミニボトルセットは、
シャワーギア、シャンプー、
コンディショナー、ボディミルク。

ヘアゴムは大浴場にしかありません。

下の段にタオル。
OR18-0497.jpg
大浴場にタオルは無いので、
こちらから持って行きます。

一番下には温風の出口。
OR18-0501.jpg
これのスイッチをオンにしておくと、
洗面所全体が暖かくて、
物凄く快適です。
夜にトイレに来ても寒くない\(^O^)/

タオルウォーマー。
OR18-0485.jpg
タオルがガンガン乾きます。
到着j時、電源は入っていないので、
自分でコンセントにつないでオンにします。

トイレ併設。奥はシャワーブース。
OR18-0496.jpg
シャワーブースは使わず。

トイレのリモコンは
左後方にあるので、
使うときはかなり身体をひねる必要があります。
OR18-0716.jpg

部屋の入り口側にベッド。
OR18-0424.jpg
柔らかめのマット。快適に眠れました。

ベッド脇にナノスチーマー。
OR18-0655.jpg

フォレストツインはワンルームですが、
広くて快適。2人なら充分過ぎる広さ。
OR18-0433.jpg
日中は明るいですけど、
夜は照明が弱く、暗めです。

ソファとマッサージチェア。
OR18-0443.jpg
ソファはとても座り心地が良かった。
真っ赤なマッサージチェアはパナソニック製。
使い心地の良いマッサージチェアで、
二人で何度も使ってしまいました。

窓からの景色。
OR18-0440.jpg

鍵は2つ。大浴場に行くのに大活躍。
OR18-0449.jpg

部屋菓子は3種類。
OR18-0451.jpg
メレンゲ、パウンドケーキ、オレンジピール。

野鳥図鑑と双眼鏡。
OR18-0453.jpg

シャープの空気清浄機。
OR18-0458.jpg

テレビとオーディオ。
OR18-0460.jpg
テレビはシャープ32インチ。

オーディオ。
癒やし系のCDもあって至れり尽くせり。
OR18-0461.jpg
DVDプレーヤーもあります。
ソフトはラウンジに沢山あります。

デロンギの湯沸かしポット。
OR18-0464.jpg

下には冷蔵庫とコップ類。
OR18-0468.jpg

ワインクーラー。
OR18-0476.jpg

ティーバッグ、ドリップコーヒー。
OR18-0482.jpg

冷蔵庫は有料。
OR18-0469.jpg
ミネラルウォーター350円、
エビスビール550円と高め。

ドリンク&ワインの値段表。
↓写真はクリックで大きくなります。
OR18L-0661.jpg
農民ロッソがあるのですね。
お酒をそれほど飲めない私は、
手を付けませんでしたが、
可能なら飲みたかった。

フォレストツインの部屋は、
Wi-Fiが快適に繋がります。

隣の部屋の音はほとんど聞こえませんでした。
夜に水の流れる音(上の階?)が数回
聞こえましたが、ほとんど気にならず。

ドアの防音が弱いのか、他の部屋の
ドアの開閉音が時折聞こえました。

あと、廊下のファンヒーターの灯油切れの
メロディが次々聞こえてきて
ちょっと笑ってしまいました。

建物の端という位置もあって、
音は全然気になりませんでした。

その2 大浴場編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

腸詰屋 芦ノ湖店

2018年2月 腸詰屋 芦ノ湖店でランチ。FC2ブログ

日曜日、外環から小田原厚木道路を
通って箱根に。そこで道の選択を間違えて
(ナビの指示に素直に従ったのがマズかった)、
箱根湯本駅手前で
ひどい渋滞に巻き込まれてしまいました。

途中で何とか曲がって、
渋滞を脱出しましたけど、
予定よりかなり遅れて芦ノ湖に到着。
午後1時をとっくに過ぎていました。

日曜日の箱根は凄い人出(゜Д゜)
案の定、無料駐車場も満車。
空くのをしばらく待って、ようやく駐車できました。

昼食は、
美味しい唐揚げが忘れられなくて、
「カラット」さんに行ってみるも、当然売り切れ。
OR18-0320.jpg
興味本位で、目の前にある
「Bakery&Table箱根」さんを覗いたら、
1階のパン売り場は人で埋め尽くされていて、
入りきれない状態になっていました(゜Д゜)
恐ろしくなって退散。

そこで、前から気になっていた
腸詰屋さんに行ってみました。
OR18-0359.jpg
腸詰屋 芦ノ湖店
住所:〒250-0522 
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根19
電話番号:0460-83-1771
営業時間:4月~10月◆10:00~18:00 
11月~3月◆10:00~17:00
駐車場:6台完備

腸詰屋さんのホームページは→【http://choudumeya-ashinoko.net/

駐車場の奥にレストラン。
OR18-0356.jpg

メニュー。テイクアウト商品もありました。
↓メニューはクリックで少し大きくなります。
OR18L-0321.jpg

レストランメニュー。
↓これもクリックで少し大きくなります。
OR18L-0322.jpg
美味しそうなものばかりで
悩んでしまいました。

ハムやソーセージの販売もしています。
OR18-0327.jpg
ひっきりなしにお客さんが立ち寄って
色々買い込んでいました。
凄い人気店なんですね。

レストランのほうは(と言っても
椅子とテーブルがあるだけですが)、
全部で10人位しか座れない感じ。
ラッキーにも席が1つだけ
空いていたのですぐに座れました。

窓からの景色。芦ノ湖が目の前。
OR18-0326.jpg

私が注文したソーセージセット1,200円。
パン又はライスがつきます。
OR18-0335.jpg

ソーセージもハムもウマウマ♪
OR18-0339.jpg

パンかライスか選べますが、私はパンを選択。
パンも美味しかった。
OR18-0340.jpg

マスタードがテーブルの上に置いてあるので、
タップリと付けて食べました。
OR18-0325.jpg

相方のオープンサンド1,050円。
OR18-0343.jpg

生ハムとチェダーチーズとロースハム。
OR18-0347.jpg
ハムの塩気が少なく、
どのハムも美味しかったようです。

フランスパンは柔らかめで
食べやすかったそうです。
OR18-0348.jpg

コーヒーは350円。大きいカップでお得感ありました。
OR18-0351.jpg

食事の量は多くは無いですけど、
美味しかったので大満足。
宿に泊る日の昼食は少なめが鉄則(^^;)

食事後、この日の宿、
オーベルジュ漣さんに向かいました。

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ