箱根オーベルジュ漣 その5 夕食編

2017年2月 箱根オーベルジュ漣さんに宿泊。FC2ブログ

オーベルジュ漣さんのホームページは→【http://www.hakone-ren.jp/

その5 夕食編。

チェックイン時に夕食時間を選びます。
6時半か7時の2択だったので、
私達は6時半にしました。
時間になれば勝手に行きます。

レストランはドレスコードあり。
と言ってもそれほど厳しいものではなく、
Tシャツに短パンのような格好でなければOK、
のようです。
皆さん、町のレストランに行くような格好でした。

オーベルジュ漣さんのレストランは
ロビーラウンジの奥の階段を上った2階。
or6401.jpg

天井しか写っていないレストランの写真(^^;)
or6447.jpg
レストランはそれほど広くないですけど、
周りの席の会話はあまり聞こえません。
皆さん大人で、静かに会話される方ばかり。
マダムのカツカツという靴音だけが響きます(^^;)

すぐに席に案内してくれます。真ん中の列でした。
or6253.jpg
6時半に行きましたが、半分以上の客が既に座っていました。
6時組というのが居たのでしょうかね?

お皿の上に載っている巻物もののようなものはナプキン。
二つ折りのメニューが置いてありました。
or6255.jpg
お皿はこれのためだけのもの。すぐに回収されます。

メニュー。何せ最初から最後までプリフィクスの嵐です。
or6258.jpg

写真だと見づらいので、スキャンしたものを載せます。
上半分のメニュー。

or068-2.jpg

最初の注文で、このグラニテまでのプリフィクスを決めます。
悩んで、迷って大変(^^;)

下半分はメインディッシュ。

or068-3.jpg

追加料金を払うと、益々美味しそうな料理が選べて、
迷いまくりです・・・。

まずは飲み物を、ということで、
相方が頼んだデュク・ドゥ・モンターニュ
or6263.jpg
ノンアルコールのスパークリングワイン。
900円(消費税、サービス料別)

グラスに注いでくれました。
or6266.jpg
美味しいノンアルコールだったようです。

私は、このグラスワイン4種類5,000円というのが、
非常に魅力的でしたが・・・・、
or6348.jpg

悩んだ末に、頼んだのは
白ワインのセップ・ムスター
80ml 800円(消費税、サービス料別)。
とっても美味しいワインでした。
or6269.jpg
グラスワインは120mlと80mlが選べます。

ナイフ・フォーク類はテーブル下の引き出しに入っています。
おかげでテーブル上がスッキリ。
これ、ナイスアイディアですね。
or6259.jpg
右から順番に使います。

季節のアミューズ
or6271.jpg

スモークハムとチーズのブルースケッター。
or6274.jpg
ハムは豚肉の香りの強い、とっても濃厚なもの。
ブルーチーズのような香りのするチーズ。
このハーモニーが抜群。

上はパテ・ド・カンパーニュ
下が野菜の自家製のマリネ
or6276.jpg
パテ・ド・カンパーニュは濃厚でウマウマ。
マリネはバジル味の効いたもの。

隣が魚介類のムースのフリット。ライムをかけて。
or6278.jpg
サクサクで非常に美味しい~。

一番下の層がトマトのジュレ。中にズワイガニを添えて、
上の白い層がカリフラワーのムース
一番上にみじん切りにしたカリフラワー
「軽く混ぜてから食べてください」と言われました。
or6282.jpg
カリフラワー臭さは全く無く、
クリームとカニの味が口の中で広がります。
旨い~。

自家製パンとバター
or6289.jpg

左の四角いのが無塩カルピスバター
右の丸い器が自家製ハムで作ったハムのムース
右上、イタリア産のオリーブオイル
or6293.jpg
カルピスバターは無塩なので、ほとんど味がしない感じ。
不思議な感覚のバター。でも美味しい。
ハムのムースはロースハムみたいな味で絶品っ♪
こんなムースは食べたことありません。

左の丸いのは米粉を使った胡麻入りパン
右はライ麦パン。パンは熱々です。
or6292.jpg
フワッフワの米粉のパンは、コメの味がします。
お米を食べているよう。
ライ麦パンもどちらも激ウマです。
パンの美味しい宿は、料理も美味しいのですよね~。

食べたら後半苦しくなるのが分かっていましたが、
目の前の美味しそうなパンを見たら、
つい手が出てしまいました。

オードブルは4品からチョイス。
私が選んだオードブル。
ほの温かい厚切り富士山サーモンのスモーク、
ホワイトアスパラガスのサラダを添えて。

or6298.jpg
サワークリームが添えてあります。

アップ。スモークサーモンは口の中でとろけます。
or6302.jpg
もう超ウマウマです。半熟卵も美味しい~。

相方が選んだオードブル。
Renの定番・春キャベツで巻いた旬の海の幸と
11種類の箱根西麓野菜のテリーヌ。

or6308.jpg
緑のバジルのソースと、黄色いのはサフランでとったもの。

テリーヌ、アップ。キレイ~,゜.:。+゜
or6312.jpg
魚は北海道産の鮭のたたき。

三島野菜のテリーヌは、
姉妹店の【ル・ヴィルギュル】さんでも食べられますが、
こちらのほうが大迫力。

魚料理は2品よりの選択。
これは私も相方も同じもの。
といってもこれは追加料金を払うか、払わないかの
選択しかないので、選択の余地無しでした(^^;)

沼津港より シェフおまかせ本日の鮮魚料理
本日は甘鯛のポアレ
or6316.jpg

甘鯛のポアレ、アップ。うろこ焼き。イカスミのソース。
or6317.jpg
皮がパリンパリンで、身はフワフワで美味しい。
とっても美味しいアマダイでしたが、
付け合わせが何も無かったのは淋しかったです(^^;)

お口直しの一皿も二択です。

私が選んだパスティスのグラニテ
or6351.jpg
パスティスというのはフランス産・香草系のリキュール。
何とも不思議な味でしたが、サッパリした感じでした。

相方はみかんのグラニテ
or6354.jpg
温州ミカンの味そのままだったそうです。

ここで赤ワインを注文。相方も赤ワイン。
山梨の四恩酒造の窓辺・クレーレ
80ml・500円(消費税込・サービス税別)
or6361.jpg
ロゼのように淡い赤です。
味もスッキリさわやか。

私が頼んだ赤ワイン。
カイル・ダンのフィスト・オブ・ファンシー・ピノ・ノアール
80ml・800円(消費税込・サービス税別)
or6363.jpg
こちらはタンニンタップリ。

メインディッシュは6品からの選択。
私が選んだのは、
北海道・白糠産 蝦夷鹿と鴨、フォアグラのパイ包み焼き、
トリュフのソース

or6367.jpg
赤キャベツのシュークルート、
根セロリのピューレ、セリのサラダ。

パイ包み焼きアップ。
or6372.jpg

輪切り。肉はトロトロ。パイが無茶苦茶美味しい。
or6383.jpg
色々な味がします。レバーっぽい味もします。
胡桃が美味しい。

相方が選んだメインは、
カスレ(フランス・ラングドック地方の伝統煮込み)
or6376.jpg
シャラン鴨のコンフィ、豚足、トゥールーズソーセージ、
白いんげん豆の煮込み。
熱々です。猫舌の相方はしばらく食べられず。

カスレ、アップ。物凄く美味しかったようです。
かなりしょっぱかったようですが・・・。
or6381.jpg
中に色々な具材が入っていて、
かなりボリュームの料理です。豆がいっぱいあって、
肉まで辿り着くまでに時間がかかっていました。

この後、
デザートのメニューを持って来てくれました。
or6388.jpg
このメニューは回収されてしまいます。
デザートは2つ選ぶ、という嬉しいシステム。

一つ目。
or6389.jpg

1・ピンクグレープフルーツのほろにがプリン。
2・アールグレイのババロア 伊予柑のマリネ。
3・香ばしく煎ったゴマのブラマンジェ 小豆のシャーベット。
4・リンゴのコンフィチュールとカルヴァドス(リンゴ酒)のアイスクリーム。

ぜ、ぜんぶ食べたい・・・・。

二つ目。
or6390.jpg

1・焼きたて温かいチョコレートケーキ(フォンダンショコラ)、
  デコポンのアイスクリーム。
2・静岡県伊豆産いちご”紅ほっぺ”の裏ごしスープと
  練乳のアイスクリーム。
3・ラム酒香る和栗のモンブラン フランボワーズ風味
  軽いサクサクのメレンゲにのせて。

4・ヨーロッパ産のナチュラルチーズの盛り合わせ。
or6392.jpg
食後酒とチーズも魅力的ですね。

そして+1,000円で2品選べる、という
悪魔のささやきのような文句がメニューに載っていました。
物凄く魅力的ですけど、
お腹もいっぱいなので、ここは我慢我慢・・・。

私が頼んだ一皿目。
リンゴのコンフィチュールと
カルヴァドス(リンゴ酒)のアイスクリーム

or6406.jpg
キラめく美しい器。
お酒が効いています。コンフィチュールがウマウマ。

相方が頼んだ一皿目。
アールグレイのババロア 伊予柑のマリネ
or6413.jpg
ババロアというよりプリンのような感じだったようです。

相方の選んだデザート二皿目。
静岡県伊豆産いちご”紅ほっぺ”の裏ごしスープと
練乳のアイスクリーム。
。ド派手~,゜.:。+゜
or6421.jpg

上にかかっている綿飴をめくった写真。
or6425.jpg
下のイチゴのスープが、絶品だったようで、相方大感激。
イチゴも練乳も無茶苦茶に美味しかったようです。
1,000円払ってこれを2つ食べたい、と言っていました。

私の二皿目は、
焼きたて温かいチョコレートケーキ
(フォンダンショコラ)、デコポンのアイスクリーム

or6426.jpg
ショコラの香りが物凄く漂います。香りだけで幸せ~。

中から熱々のチョコがトローリ。ウマウマ。
or6430.jpg
デコポンのアイスも美味しい。

飲み物は、コーヒー、エスプレッソ、
紅茶(オーガニック アール・グレイ)、
オーガニックミントティ、
ルイボスレモン
の中から選びます。

私達はコーヒー。
or6433.jpg
コーヒーを飲み終わったら、
「お代わりはいかがですか?」
と言ってくれました。
お代わりが出来るのですね。スゴ~イ。
お代わりはしませんでしたけど。

ミルクと砂糖。
or6417.jpg

デザートと一緒に
プチフールが貰えます。
or6437.jpg
お腹パンパンなので、とてもプチフールは入りません。
部屋に持ち帰りました。

2時間半ほどかけて夕食終了。
料理はどれも美味しくて、デザートも絶品、
大満足の夕食でした。

ただ、料理を運ばれてくる間隔が長く、
手持ち無沙汰の時間が多かったのは事実(^^;)

でも、料理を待っている間、メニューを何度も眺め、
他のテーブルに運ばれる料理を盗み見て、
次に来た時は何を食べよう?
ってあれこれ考えているのは楽しかったです。
(再訪する気満々)

料理が季節で変わる、ということはなさそうなので、
毎回違う料理を選ぶことで、変化を楽しむ宿
という感じでしょうか。

何にせよ、最高に楽しい夕食であったのは間違いないです。

その6 朝食編につづく・・・。

続きのページにドリンクメニューを載せておきます。
下の「続きを読む」をクリックしてください。


ドリンクメニューは全てクリックで大きくなります。

アペリティフ、カクテル、ビール。
or-6256.jpg

焼酎、ソフトドリンク、ミネラルウォーター。
or-6328.jpg

日本酒。
or-6331.jpg

グラスワイン。120mlと80mlがあるので嬉しい。
or-6333.jpg

スパークリングワイン。
or-6335.jpg

ここから先は何ページもワインリストが並びます。
余りにもページ数が多いので割愛します。

詳しくはホームページにワインリストが
載っているので、そちらをご覧ください。

オーベルジュ漣さんのホームページは→【http://www.hakone-ren.jp/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

迷うんですよね~

鴨ミールさん、こんばんは~( ・´ω`・ )
最初から選択に次ぐ選択で迷ってしまいますよね~
ワタシもハゲそうになるぐらい悩みました。
相変わらずオイシソウなんですが
奥様の選んだカスレというのがアツアツで実に美味しそう♪
ワインのアテにぴったりという感じですね~( ̄m ̄〃)
蓮さんのディナーは品数が多い上に時間もかけるので
相当お腹いっぱいになったのでは?
デザートはワタシもフォンダンショコラにしたんですが
最後は苦しくて苦しくて・・・(;^ω^)
+1000円で2つにしなくて本当に良かったと思いました~
ああでも至福すぎる夕食です。。また食べたい~(*≧ω≦)

うひひのひさんへ

うひひのひさん、おはようございます~。

> 最初から選択に次ぐ選択で迷ってしまいますよね~

うひひのひさんのレポをじっくり拝見して行きましたから、
対策もバッチリしていったのです。
漣さんのホームページにメニューが載っていたので、
プリントアウトして、部屋で検討しておきました。

でも、実際のメニューがそれと異なっていて、
結局レストランで悩む結果に・・・(^^;)

> ワタシもハゲそうになるぐらい悩みました。

あっはっはっは・・・。
こんなに悩む事ってあんまりないですよね(笑)

> 相変わらずオイシソウなんですが
> 奥様の選んだカスレというのがアツアツで実に美味しそう♪
> ワインのアテにぴったりという感じですね~( ̄m ̄〃)

それほど大きくないお皿ですけど、
具だくさんで食べ応えがありそうでしたよ。
しょっぱいので、ワインをチビチビ飲むのに
ピッタリかもしれません。

> 蓮さんのディナーは品数が多い上に時間もかけるので
> 相当お腹いっぱいになったのでは?

そうなんです、
メインの前に既にお腹いっぱいになっていました・・・。
パンは食べてはいけないですね(汗)

> デザートはワタシもフォンダンショコラにしたんですが
> 最後は苦しくて苦しくて・・・(;^ω^)

物凄く美味しいデザートなので、
満腹でない時に食べたいですよね。
アイスは比較的スルスル入りますけど、
甘~いチョコは苦しかった(笑)

> +1000円で2つにしなくて本当に良かったと思いました~

あ、私もそう思いました。
メニューを見ていると、どれもこれも美味しそうなので
思い切って頼んでしまおうかな?と思っていましたが、
頼んでいた悲惨なことになったと思います(^^;)

プチフールなんて、一つも食べられませんでしたから。

> ああでも至福すぎる夕食です。。また食べたい~(*≧ω≦)

食べたいですよね\(^O^)/
私達は、家に帰ってきても、しばらく漣さんの
食事の話をしていました。
他の人の頼んだ料理が目に焼き付いていて、
何日間か漣さんショックが続いていました(笑)

選択肢が多すぎますよー

こんにちは。
食事編を楽しみにしてました。着替えるのが面倒なので、こういうお宿には縁がないなぁと思いつつみていましたが、うーーん、そんな観念をひっくり返すくらい美味しそうです。
追加料金を払うお料理はどれもこれも魅力的ですねぇ、、、とくに、オードブルは、つい追加料金を払ってしまいそうでコワイです・・・
自分ならどうするか、メニューをみつつ悩んで、妄想体験させていだきました・・・結果は、、、
オードブルは勢いで追加料金メニュー(でも実際に行ったら、きっとそういう勇気がないから奥さんと同じ選択)
魚料理はもちろん同じ。
肉料理は鶏のポアレかな。
デザート1つめはグレープフルーツのプリン、2つめは奥さんと同じ、といったところです。意外と鴨ミールさんとは一致しないような(笑)
はぁ・・・妄想に過ぎませんねぇ・・・やっぱり食べないと・・・

私も、妄想してしまいました〜

鴨ミールさん、こんにちは。

夕食が洋服なので、うちもなかなか行けませんが、本当に美味しそうで楽しそう。
事前の予習が、たくさん必要ですね。
予習しないと、食事前に悩んで悩んで、始まらないことになりそう・・

それに、お酒のメニュー、ありがとうございます!見てみたかったわぁ。
レストランなので、撮るのも大変だったと思います。
照明も暗そうだし(雰囲気の良さそうなレストランだものね)。
日本酒まであるのですね。でも、この食事なら、ワインですよね。
朝食も素晴らしいのでしょうね。
朝食編も楽しみにしてます!

少し前に、また坐忘に行ってきました。
ワインが飲めるライブラリーに「カカオティー」が増えてました。
初めて飲みましたが、チョコの香りがする美味しいお茶でしたよ。
6月に、大浴場を改装するそうです。
古くなった部分を綺麗にするくらいで、大きな改装ではないらしいです。
その間は、お風呂付きの部屋のみで営業して、特別価格になってますよ。

遠霞さんへ

遠霞さん、こんばんは~。

> 食事編を楽しみにしてました。着替えるのが面倒なので、こういうお宿には縁がないなぁと思いつつみていましたが、うーーん、そんな観念をひっくり返すくらい美味しそうです。

確かに、着替えてレストランに行くのは
面倒くさい・・・。
作務衣のまま、すっと行ける宿の方が気楽です。
そこんところはオーベルジュの敷居が高い
ところですよねえ。
でも、漣さんは従業員さんがビシッと
正装しているので、客が浴衣だと、
かえって違和感があるかもしれません(笑)

料理は美味しいのはもちろんなんですけど、
選ぶ楽しさ、運ばれてくる料理の期待、
とウキウキしながらの時間でしたよ\(^O^)/

> 追加料金を払うお料理はどれもこれも魅力的ですねぇ、、、とくに、オードブルは、つい追加料金を払ってしまいそうでコワイです・・・

この海の幸のカクテル、他のテーブルで
沢山の人が頼んでいました。
運ばれたものを盗み見ると、スゴイんですっ!
デカイし、豪華だし、思わずよだれが・・・(笑)
次回はコレを頼もうかと思っています。

> 自分ならどうするか、メニューをみつつ悩んで、妄想体験させていだきました・・・結果は、、、

選択肢が多すぎですよね(^^;)

> オードブルは勢いで追加料金メニュー(でも実際に行ったら、きっとそういう勇気がないから奥さんと同じ選択)

いや、これは(食べていませんが)お勧めですよ。
恐らく大感動します。

> 魚料理はもちろん同じ。

魚はこれでいいですよね。

> 肉料理は鶏のポアレかな。

ポアレは無茶苦茶美味しそうですよね。
確かに食べてみたいです。

> デザート1つめはグレープフルーツのプリン、2つめは奥さんと同じ、といったところです。意外と鴨ミールさんとは一致しないような(笑)

ははは、私のは甘さが強いものばかりですかね(笑)
プリンはとっても美味しそうでした。

> はぁ・・・妄想に過ぎませんねぇ・・・やっぱり食べないと・・・

着替えるのがちょいと難点ですが、
それさえ我慢できるなら、
絶対にお勧めします。

皆さん高評価なのが納得の宿でした。

りょんさんへ

りょんさん、こんばんは~。

> 夕食が洋服なので、うちもなかなか行けませんが、本当に美味しそうで楽しそう。

オーベルジュは洋服に着替えるのが面倒ですよね。
でも、漣さんは選ぶ楽しみ(苦しみもありますが(笑))
がすんごく大きい宿です。
料理はどれもこれも美味しくて、
特にデザートがスペサルです~。

> 事前の予習が、たくさん必要ですね。
> 予習しないと、食事前に悩んで悩んで、始まらないことになりそう・・

そうですね。事前学習がないと、かなり悩みそうです。
学習していても、やっぱり悩みそうなんですが(笑)

> それに、お酒のメニュー、ありがとうございます!見てみたかったわぁ。

そう言っていただけると、載せた甲斐があります\(^O^)/

> レストランなので、撮るのも大変だったと思います。

そう、何が大変、て、
席について、ドリンクメニューが配られて、
最初のドリンクを選んだら、メニューを
持って帰られちゃったんですっ(泣)
「えっ~、まだ写真撮っていないのに・・・」
と焦りました。
次に赤ワインを頼んだ時は、メニューを置いていって
くれたので、ようやく写真を撮ることが出来たのです。
あ~、良かった・・・(^^;)

> 照明も暗そうだし(雰囲気の良さそうなレストランだものね)。

照明は暗めですね。だからキレイに取れていないです(汗)
読みにくくてスミマセン。

部屋にある宿のしおりに、
「レストランではフラッシュ禁止!」
って書いてあるので、こっそり撮りました(^^;)

> 日本酒まであるのですね。でも、この食事なら、ワインですよね。

私の見た範囲では、皆さんワインでしたね。
ボトルで頼んでいる席が多かったです。

> 朝食も素晴らしいのでしょうね。
> 朝食編も楽しみにしてます!

これがですね、またまたスンゴイんですよ!!!
プレフィックスだらけで、悩む悩む(笑)
そしてウマウマで、私にとってナンバーワン朝食でした。
そのうちアップするので、また見てみてください。

> 少し前に、また坐忘に行ってきました。

あ、いいないいな♪

> ワインが飲めるライブラリーに「カカオティー」が増えてました。
> 初めて飲みましたが、チョコの香りがする美味しいお茶でしたよ。

何ですと~。坐忘さんは着実に進化していますね。
カカオティー、是非飲んでみたいです。

> 6月に、大浴場を改装するそうです。
> 古くなった部分を綺麗にするくらいで、大きな改装ではないらしいです。

改装の話はどこかから聞こえてきました。
大改造ではないのですね。
坐忘さんは大浴場が魅力の一つなので、
早いところ改装を終わらせて欲しいです。

> その間は、お風呂付きの部屋のみで営業して、特別価格になってますよ。

坐忘さんて、最近特に人気が出てきたみたいで、
全然予約が取れないですよね。
お高い別邸はいつも空いていますが(笑)

特別価格は魅力的ですね。
予定が合えばすぐにでも行きたい宿なんですが・・・。

あと、
拍手コメで頂いた内容について。

その情報、物凄いインパクトですね。
実現すると、坐忘さん大変革になるかも。

すぐにでも訪問したいですが、
当分無理そうです(泣)
行きたいなあ・・・。
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ