笛吹川温泉 坐忘2018年 その5 朝食編

2018年1月 笛吹川温泉 坐忘さんに宿泊。FC2ブログ

笛吹川温泉 坐忘
〒404-0047
山梨県甲州市塩山三日市場2512  
[TEL] 0553-32-0015 
[FAX] 0553-32-0012 
[チェックイン] 14:00 
[チェックアウト] 11:00


プラン:公式限定割【懐石料理×本館客室】
≪最大1500円OFF≫ 季節の料理と美肌の湯


客室:本館 和室【和室10畳+広縁(帯那)】
大人@ 22,220 円 x 2 名
合計 44,440 円 (サービス料込・消費税込)


坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/

その5 朝食編

朝食もチェックイン時に時間を決めます。
8時と9時が選べたので、
私たちは8時にしました。

本館フロントで従業員さんが待っていてくれて、
食事処の懐石まる喜まで案内してくれました。

大浴場棟を抜けて、表に出ます。
18zab0734.jpg

別邸離れ方面に歩いて行きます。
18zab0732.jpg

おおっ、砂利道に石が敷かれていて、
歩きやすくなっている!
18zab0730.jpg
前回泊った時は、この道が全部砂利敷きで
すごく歩きにくかったんです。
ちゃんと改善しているんですね。
素晴らしい\(^O^)/

食事処「懐石まる喜」は一番奥。
18zab0725.jpg

古民家を移築した建物。
18zab0721.jpg

廊下を案内されて、
18zab0719.jpg

席に案内。掘りごたつ形式で楽チン。
しかも、床暖房で暖かい♪。膝掛けもありました。
18zab0648.jpg

朝もお品書きあり。
18zab0695.jpg

達筆な手書きのメニューの他に、
活字印刷の紙まで用意される周到さ。
18zab0718.jpg
およそ40品目の地元野菜を中心とした食材に、
古民家に合わせて100年以上前の
古伊万里の器で提供されます。

あらかじめ用意されている品。
18zab0649.jpg

最初の器。
18zab0660.jpg

海苔を退けると豆が登場。
やっぱりお正月っぽい料理。
18zab0696.jpg
卵焼きは薄味。出汁が効いています。
黒いのはタラコの昆布巻き。
豆はどれも甘かった。

漬け物の盛り合わせ。
18zab0663.jpg
梅干し、野沢菜、葉とうがらし。

蓋のついた器を開けると、
山梨県産の飲むヨーグルト
18zab0666.jpg
ほんのり甘くて、とても美味しい。

朴葉焼きは後から火を付けてくれます。
18zab0652.jpg
地鶏のたたき、野菜は一度火を通してあります。
2,3分ほどで味噌が温まったら食べて、
と言われました。

しかし、固形燃料と朴歯の間が遠くて、
ほとんど温まらないうちに、
固形燃料が消えてしまいました・・・(゜Д゜)
味噌も溶けないし、湯気も上がらない(泣)

アップ。地鶏はハムみたいで美味しかった。
18zab0656.jpg
まあ、暖かかったので問題なく食べられました。
でも、熱々が食べたかった・・・。

お茶は美味しいほうじ茶
18zab0654.jpg

後から他の料理が運ばれてきます。
まずは、山梨県産の野菜を使ったサラダ
が運ばれてきます。
18zab0676.jpg

サラダアップ。2人分なので、取り皿に分けます。
18zab0679.jpg

ドレッシングは2種類。
ごま醤油ドレッシングと、完熟柿のドレッシング。柿の方は甘め。
18zab0681.jpg
真ん中上は醤油、下のお皿はポン酢。

次に出てくるのは、
本日の温物。甲州ワイン鱒の酒蒸し、水菜、シメジ、ネギ
18zab0683.jpg
ポン酢でいただきます。
柔らかい水菜、ワイン鱒がウマウマ。

次に、
手作りの寄せ豆腐が運ばれてきます。
18zab0689.jpg
醤油をかけて食べます。美味しい。

次から次に運ばれてきます。
味噌汁。地元の甲州こうじ味噌、なめこの味噌汁
18zab0669.jpg
味噌汁はお代わり出来ます。
とっても美味しいのでお代わりしてしまいました。
最初の味噌汁はぬるかったですでど、
お代わりの味噌汁は熱々でした。

ご飯は土鍋ごと運ばれてきます。
18zab0690.jpg
ご飯は1杯目は従業員さんがよそってくれます。
ここまでドンドン運ばれてくるので、
食べている暇無しです。
ようやくお箸を持つことが出来ました。

ご飯はもちろん武川四八米
18zab0672.jpg
おこげもあって、滅茶苦茶美味しい\(^O^)/
昨日の夜はあまり食べられなかったので、
朝は思いっきり食べてしまいました。

食事が終了したら、
ほうじ茶のお代わりを持って来てくれました。
18zab0699.jpg
熱々でとっても美味しい。

食後のデザート。
18zab0705.jpg

葛きり。シコシコしていて美味。
18zab0711.jpg
黒蜜ですねえ。
きなこがあればよかったのに(^^;)

塩プリン、ブルーベリーソース
18zab0715.jpg
湯葉のように、層になっていて、
不思議な食感。
「ソースを絡めて食べてください」
と言われましたが、
弾力があって絡められない・・・。
それほどしょっぱくなくて、美味しいプリンでした。

名物だった鯛飯こそ無くなりましたが、
おかずは前よりも充実している感じで、
物凄く満足度の高い朝食でした。
おなかがいっぱいで幸せ。

鴨のカップルは池にいました。
18zab0736.jpg

食後は本館のロビーラウンジで
コーヒーがいただけます。
18zab0737.jpg
チェックアウト前に、もう一度大浴場に行き、
温泉を満喫しました。

チェックアウトは11時なんですが、
相方が午後から仕事なので、
少し早めにチェックアウト。

精算をしている間に、
従業員さんが車を駐車場から玄関まで
動かしてくれました。

今回も大、大満足の宿泊でした。

せっかく早めに宿を出たのですけど、
中央高速の上りが工事のため
2箇所で渋滞発生。

平日なら勝沼インターから、
約1時間で国立・府中インターに
到着できるのに、
この日は、1時間40分位かかってしまい、
かなり焦りました(゜Д゜)
まあ、相方の仕事には間に合いましたが・・・。
高速道路は、予想外の事があるので、
怖いですね。

坐忘 感想。

良いところ
◎どの従業員さんも接客が素晴らしい。
◎食事がとても美味しい。
◎大浴場が、内湯、露天とも広い。
◎ぬる湯のアルカリ温泉は私たち好み。
◎ライブラリーはとっても快適。
◎ライブラリーのワイン試飲が楽しい。
◎鍵2つ。
◎大浴場のタオル完備は楽チン快適。
◎Wi-Fiがサクサク通じる。
◎どんどん改善されていて、進化している。

いまいちなところ。
△大浴場の床は濡れていると滑る。
△本館と大浴場棟の間は寒い。
△コーヒーサービス以外に、紅茶もあればいいのに。

坐忘さんは、人気宿のため、
予約が取りにくいのが難点。
何とかして、また行きたいものです。
やっぱりコスパに優れる本館2階がいいな・・・。

笛吹川温泉 坐忘 終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

笛吹川温泉 坐忘2018年 その4 夕食編

2018年1月 笛吹川温泉 坐忘さんに宿泊。FC2ブログ

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/

その4 夕食編

本館2階の和室、帯那(おびな)の
夕食は、部屋食でした。

チェックイン時に時間を決めます。
6時、6時半、7時と選べたので、
6時にしてもらいました。

お品書きあり。横に長い~。
18zab0418.jpg

前半部分。所々読めない文字あり(^^;)
18zab0419.jpg

後半部分。
18zab0420.jpg

お釜はご飯です。武川四八米。
米から炊くので、すぐに火をつけてくれます。
18zab0421.jpg

ふしぎなわいん
18zab0416.jpg
巨峰のにごりワイン
ライブラリーにあった甘いワインです。

は蓋付き。
18zabs0412.jpg 18zabs0413.jpg

大徳寺縁高、祝小鉢盛り
18zab0414.jpg

小皿の蓋を開けた写真。
18zab0456.jpg
紅白の小さい団子は花餅
一月半ばだったのですけど、
お正月料理っぽい感じ。

市松模様の器の中には
数の子と菜の花、りゅうひ昆布を細かくしたもの。
18zab0448.jpg
味は染み染み。菜の花が酸っぱめで、
りゅうひ昆布がウマウマ。

鶴の入れ物の中は、
鮟肝のポン酢がけ。これだけメニューと違う品。
18zab0452.jpg
鮟肝は濃厚で美味しい。

黒豆と田作り。大きな黒豆~。標準サイズの3倍位あります。
18zab0453.jpg

汲み湯葉といくら。しっかりした湯葉も、いくらも美味。
18zab0438.jpg

するめ松前漬け
大根はポリポリ。細いするめが美味しい。
18zab0443.jpg

まるきさんのグラスワインを
おまかせで頼めるメニューが
あったので、喜んで注文。

グラス3種で1,500円、4種で2,000円と
リーズナブル。

今回は3種にしました。白、白、赤の3種類。
最初の白ワイン。いろグラン甲州
ステンレス樽で発酵させたワインだそうです。
18zab0458.jpg
超すっきりワイン。飲みやすくて、美味しい~。

相方が頼んだ桃ジュース
桃の味が濃いジュース。桃の香りが漂います。
18zab0476.jpg
桃ジュースはドリンクメニューで
品切れの表示だったので、
あきらめていたら、
後ほど、担当の女性従業員さんが、
「1杯だけ残っていました」、
と伝えてくれたので、注文しました。

魚味放香。季節のお造り
18zab0461.jpg
醤油は何故か同じ加減醤油。右は鱒の子です。

甘エビ。普通に美味しい。
18zab0466.jpg

マグロとブリ。ブ厚い♪
18zab0469.jpg
マグロの赤身は筋が少なく美味しい。
ブリは脂が乗っていてウマウマ。

ワイン鱒
18zab0474.jpg
鱒に赤ワインの絞りかすを食べさせて育てたもの。
すっごく美味しい鱒でした♪

テンポ良く運ばれてきます。

綺麗なお椀,゜.:。+゜。
18zab0478.jpg

想。鴨雑煮
丁子麩、人参、大根、身延湯葉、手綱、柚子。
18zab0481.jpg
冬鴨と、お餅の代わりにモチモチとした丁子麩、
手綱は魚のすり身で作ってあります。
丸い鏡大根、京人参、柚子を添えて。

出汁のすっごく良い香り。薄味の出汁の味が最高。
大根はシャキシャキ、
人参も柔らかめで味が染み染み。
手綱は3色。かまぼこみたいでした。
鴨肉は弾力があって、噛み応え充分。
噛むと味がどんどん出てきます。

籠に入って運ばれてきたのは、
乾徳山、天子炭焼き。熱々~。
18zab0491.jpg
天子(あまご)は通称ヤマメ。
天子は笛吹川上流の乾徳山の麓で育ったもの。

炭でじっくりと火を通してあるので、
骨まで食べられます。
18zab0496.jpg
運ばれたときに香ばしい香りが漂います♪
内臓がとってあり、丸ごと食べられます。
頭からかぶりついて、全部食べてしまいました。
塩加減が絶妙で、滅茶苦茶美味しい。

2杯目の白ワインも天子と一緒に運ばれてきました。
樽甲州。果汁を冷凍させて、低温発酵させたもの。
18zab0489.jpg
1杯目のいろグランよりしっかりした味。
複雑な味がするワイン。美味しい\(^O^)/
天子と相性ピッタリ。

鍋の具材と一緒に運ばれてきた、3杯目の赤ワイン。
樽甲斐ノアール。スパイシーな香り。
18zab0523.jpg
渋いワインでした。肉に合います。

甲州ワインビーフ
すき焼き鍋、季節の野菜、割玉子
18zab0506.jpg
関東風のすき鍋。色も濃いですが、味も濃い~。
野菜がてんこ盛り。

出来上がり。
野菜を食べただけで、お腹パンパン。
18zab0532.jpg

牛肉と割り下、水。
18zabs0497.jpg 18zabs0520.jpg

甲州ワインビーフ。1枚1枚がデカい。
18zab0498.jpg
脂身タップリで、とっても美味しい肉。
しかし・・・・肉、すごい量・・・。
相方はお腹いっぱいで、あまり食べられず、
ほとんど私が食べる羽目に(泣)

段々、無言になって行く私たち・・・。

割玉子。野菜も肉も多いので、
1個だとすぐに無くなってしまいました。
18zab0500.jpg
卵のお代わりは出来るようです。
が、食べ終わってから提案されました(゜Д゜)

関東風ということで、〆のうどん
18zab0511.jpg
うどんの量も多いんです・・・。
何故、お釜ご飯があるのに、
うどんが出てくるのかなあ・・・(゜Д゜)
とても食べきれません。

鍋の配膳が終わる頃に、
武川四八米が炊きあがりました。
18zab0528.jpg
柔らかめに出来上がりました。

ご飯だけでも食べられるほど。滅茶苦茶美味しい。
が、ほとんど食べられなかった(泣)。
18zab0534.jpg

苦しくて胃薬を久しぶりに飲んでしまいました。
しばし、残った肉とにらめっこ。
鍋に残ったうどんは
汁を吸って真っ黒になっていました(^^;)

ご飯のお供に、と言って
香のもの、いろいろが鍋と一緒に運ばれてきました。
18zab0513.jpg
蕪の甘酢漬けが美味しかった。

この後、
お茶と新しいおしぼりを持って来てくれます。
ほうじ茶がとても美味しい。

籠に入って運ばれたデザート。
18zab0537.jpg

季節のくだもの、信玄あいす、パウンドケーキ
18zab0539.jpg

梨と柿。どちらも季節外れでビックリ。
18zab0544.jpg

パウンドケーキ。オレンジショコラ。
18zab0552.jpg
少しパサついていましたが、美味しいケーキ。

信玄あいす。左は黒蜜。
18zab0550.jpg
バニラアイスだけで食べてもウマウマ。

蜜をかけたところ。おお~、信玄アイスだ~♪
18zab0556.jpg
甘さ倍増。この組み合わせは最強ですね。
不思議な事に、お腹いっぱいでもデザートは別腹(^^;)

1時間50分ほどで終了。
やっぱり坐忘さんの食事は美味しい\(^O^)/

料理の配膳が絶妙で、早すぎず、遅すぎず。
見事でした。

久しぶりに胃薬を飲んだ夕食・・・(^^;)
苦しかったけど、大満足の夕食でした。

夜食もデザートと一緒に持ってきてくれます。
18zab0555.jpg

お稲荷さん~
18zab0560.jpg

夕食後に時間指定で布団を敷いてもらいます。
男性従業員さん2人で布団を敷いてくれました。
18zab0564.jpg

夕食後は大浴場でぬる湯を満喫。
18zab0569.jpg

その5 朝食編につづく・・・。

坐忘さんのドリンクメニューを載せておきます。
下の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

笛吹川温泉 坐忘2018年 その3 大浴場編

2018年1月 笛吹川温泉 坐忘さんに泊ってきました。FC2ブログ

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/

その3 大浴場編

大浴場に行くには、
本館から一回表に出ます。
18zab0172.jpg
この本館と大浴場棟の間の通路、
すっごく寒いんです・・・(゜Д゜)
壁で覆って欲しいです。

ここには鯉のえさやり場もあります。
18zab0176.jpg

大浴場棟に入り、廊下を奥に行きます。
18zab0103.jpg

一番奥に大浴場と、手前に休憩所。
18zab0105.jpg
写真には写っていませんが、
右の白いソファの横はエステルーム。

男女別大浴場。時間で男女交代。
14時~24時。朝は5時半~11時。
18zab0113.jpg

到着時は右側が男性用。
18zab0111.jpg

入ると右にスリッパ入れ。
18zab0117.jpg

脱衣所は脱衣カゴ沢山。
18zab0119.jpg
フェイスタオル、バスタオル完備。
手ぶらで大浴場に来られます。
タオルは何時行っても山積みで、
管理状態は抜群。

ダイソンの扇風機。
18zab0154.jpg

体重計はタニタのデジタル。
18zab0162.jpg

洗面台脇に飲み物機。
18zab0122.jpg

私はゆず茶が好きで、行く度に飲んでいました。
18zab0124.jpg

洗面台。
18zab0121.jpg

化粧品はマーガレット・ジョセフィン。
18zab0125.jpg

ドライヤー2つ。
18zab0127.jpg

大浴場内湯。
広くて開放感抜群の内湯。
昨年大浴場を改装。
浴槽の縁が全て木に変わっていました。
18zab0136.jpg
手前のベンチも、
背もたれが無くなっていました。

サウナあり。サウナは14時~23時です。
18zab0137.jpg

入り口脇にシャワーマシーン。
18zab0150.jpg
これが以前からあったのかどうか覚えていない
のですが、これ、全身が一瞬で洗い流せます(笑)

源泉がジャブジャブ注がれています。
左の四角い湯船は冷水風呂。
18zab0138.jpg
肌がスベスベになるアルカリ温泉。
今回は硫黄臭がほとんど無かったです。

15時半頃、湯温42.8℃と高め。
私には湯温が高すぎて、長く入れませんでした。
いつもぬる湯なんですけど、
寒かったので湯温を上げたのでしょうか?
18zab0139.jpg
窓の向こうには露天風呂。

露天風呂。広大です。
18zab0144.jpg
この写真だと、全然広さが伝わらないと
思うのですが・・・・、

反対側から撮ると、少しは広さが伝わるでしょうか?
18zab--0078.jpg
15時半頃、湯温39.3℃のぬる湯。
奥の湯口付近でこの温度ですから、
建物側はもっと低かったです。
ぬる湯好きには最高の風呂。
露天にずっと浸っていました。

シャワー、カラン。仕切り板付き。
18zab0131.jpg

マーガレット・ジョセフィンのシャンプー、
トリートメント、ボディソープ。
18zab0134.jpg

マーガレット・ジョセフィンの洗顔フォーム、
シェービングフォーム。
18zab0133.jpg
どちらも置いてあると、
とても助かります~。



翌朝は男女交代。
18zab0579.jpg

左側が男性風呂。
入ると左にスリッパ入れ。
18zab0583.jpg

飲料機と脱衣カゴ多数。奥にタオル。
18zab0740.jpg

右の扉はトイレ、その右に洗面台があります。
18zab0741.jpg

洗面台。
18zab0592.jpg

洗面台の裏にタオル山積み。
18zab0591.jpg
フェイスタオル、バスタオル両方あります。

改装して、床が滑るようになってしまいました。
部屋に案内された時にも、説明してくれましたが、
知っていても、濡れているところは滑りました。
18zab0612.jpg
温泉がかかっていない床は滑らないんですが・・・。
う~ん、これって危ないから、
早急に改善した方がいいような気がするなあ・・・。

カラン。
18zab0745.jpg

大浴場内湯。朝6時半で湯口付近は40.7℃
湯口から一番遠い所で39.3℃
18zab0748.jpg

半径が5mくらいあるので、
数人位なら全く問題なく入れます。
18zab0750.jpg
もっとも、ほとんどの部屋に
風呂がついているので、
何時行っても誰もいないか、
いても他に1人位だったんで、
ほとんど独泉状態でした。

こちらにも、もちろんサウナあり。
18zab0607.jpg

シャワーマシンもあります。
18zab0609.jpg

蛇行する川のような露天風呂。
18zab0758.jpg
奥の湯口付近は41.7℃
湯口から一番遠い所では39.1℃

奥に洞窟風呂があるのですが、
湯気で中の写真は撮れず(泣)
18zab0761.jpg

朝の露天風呂を独泉。
18zab0765.jpg
頭上に広がる広い空の下、
ぬる湯を満喫\(^O^)/
は~~~~、幸せ~♪

その4 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

笛吹川温泉 坐忘2018年 その2 ライブラリー編

2018年1月 笛吹川温泉 坐忘さんに宿泊。FC2ブログ

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/

その2 ライブラリー編

本館2階のエレベーター前の廊下を
まっすぐに進むと・・・、
18zab0324.jpg

つきあたり、左にライブラリー。
今回の部屋から、あっという間です。
18zab0325.jpg

ライブラリーの前には1階に降りる階段。
降りるとフロント手前に出られます。
18zab0328.jpg
大浴場に行くときは、毎回この階段を上り下り。

ライブラリーは元々、宴会場だったのを改装。
18zab0329.jpg

ライブラリーが開いているのは、
14:00~24:00、7:00~11:00
18zab0330.jpg

中は広大な空間。
18zab0333.jpg

広くて、明るくて滅茶苦茶居心地の良い空間。
18zab0334.jpg

入り口側のテーブルには・・・、
18zab0332-1.jpg

赤ワインの試飲コーナー。
18zab0335.jpg
ワインの試飲は14時から24時です。

まるきルージュの一升瓶がドーン!
18zab0338.jpg
一升瓶ワインは山梨ならではですね(^^;)
ベーリーAのライトボディ。
飲みやすい赤ワインでした。

雑誌もあり、
18zab0346.jpg

本もあります。
18zab0347.jpg
ライブラリーで読んだり、購入したり出来ます。

本は【春光堂】さんセレクト。
18zab0361.jpg
私の興味を惹くような本はなかったですが、
お茶文化や歴史に興味ある方なら、
楽しいのではないでしょうか?

奥のテーブルには、コーヒー。
18zab0348.jpg
夕方行ったらコーヒーはぬるかった(^^;)

プレスキル・ショコラトリー】さんのカカオティー。
18zab0368.jpg
焙煎したカカオの皮を使ったお茶。
ホットとアイスの2種類置いてありました。
味は・・・、
味は・・・、
・・・・不思議なお茶でした(^^;)

まるき葡萄酒さんのワインの試飲コーナー。
18zab0354.jpg
冷やしたワインは3種類。
白ワインはまるきブラン
他に、巨峰にごり、ゆず

これはディスプレー。
18zab0359.jpg
まるきブランは甲州種を主体に、
デラウェア種をブレンド。
すっきり白ワインでした。
あとのワインは甘かったです。

快適なソファ。
18zab0369.jpg

窓側にはペッタンコ座りのテーブル。
18zab0365.jpg

重厚なソファ。
18zab0375.jpg

ジャズが流れています。
18zab0372.jpg
夕方のライブラリーは大盛況。
ワインの試飲を楽しむ男性、
お子さんに絵本を読んであげているご婦人、
ひたすらスマホをいじっている若い女性二人、
など、皆さんそれぞれに寛いでいました。

私はおつまみを持ち込んで、
ワインの試飲を楽しみました。
(と言っても大して飲めないのでチビチビ)

夕食後に覗いたら誰もいませんでした。
夕食後はライブラリーが独占できそうです。

ライブラリー、本当に素敵です。



フロント前の売店はワインやお菓子など
色々なものを売っています。

まるき葡萄酒も各種売っています。
18zab0393.jpg
試飲で美味しかった赤ワインまるきルージュ
をお土産に買いました。

武川米 農林48号は2kgで1,750円(税込)。
18zab0387.jpg
猛烈に美味しいお米ですが、高いですね(^^;)

ケーキは【プレスキル・ショコラトリー】さんのもの。
18zab0388.jpg
プレスキル・ショコラトリーさんはまるき葡萄酒さんの
関連会社で、吉祥寺に店があるようです。
今回はこのお菓子は買いませんでしたが、
次回は是非購入しようと思っています。

フロント脇にひっそりと置かれていた雑誌と盾。
18zab0394.jpg
何だろう?、と思い見てみたら、
昨年5月から11月、坐忘さんが、
JR東日本の「TRAIN SUITE四季島」の
山梨のおもてなしを担当した話でした。
2018年も5月から11月の間、
「懐石まる喜」で昼食を提供するそうです。

おお~、超豪華列車の旅に選ばれているのですね。
さすが。

その3 大浴場編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

笛吹川温泉 坐忘2018年 その1 部屋編

2018年1月 笛吹川温泉 坐忘さんに宿泊。FC2ブログ

その1 部屋編

笛吹川温泉 坐忘
〒404-0047
山梨県甲州市塩山三日市場2512  
[TEL] 0553-32-0015 
[FAX] 0553-32-0012 
[チェックイン] 14:00 
[チェックアウト] 11:00


プラン:公式限定割【懐石料理×本館客室】
≪最大1500円OFF≫ 季節の料理と美肌の湯


客室:本館 和室【和室10畳+広縁(帯那)】
大人@ 22,220 円 x 2 名
合計 44,440 円 (サービス料込・消費税込)


坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/

私たちが前回坐忘さんに泊ったのは
2016年2月なので、ほぼ2年ぶりの訪問。
坐忘さんは人気の宿なので、
予約が取りづらく、中々予定が合いませんでした。
今回は念願の本館2階が取れました!

チェックインは14時。
少し早めの13時50分に到着。

車を勝手に駐車場に停めると、
中から従業員さんが
駐車場まで飛んできました。
18zab0088.jpg
車は、玄関前につけて降りれば、
従業員さんが駐車場に車を
移動してくれるみたいです。

荷物を持って、館内に案内してくれました。

入ると正面にワインディスプレー。
18zab0637.jpg

左に、まるき葡萄酒さんのワイン。
18zab0635.jpg

入り口入って左は売店コーナー。
奥にフロント(この写真の右側)。
18zab0643.jpg

ロビーラウンジ。
奥の一段下がったところにも
椅子とテーブルがあります。
18zab0642.jpg

こちらでチェックイン。
18zab0182.jpg

建物隣の池には鯉がうじゃうじゃ泳いでいます。
18zab0180.jpg
鯉は水温が下がると動きが遅くなりますが、
坐忘さんでは温泉を加えて水温を上げて
いるため、冬でも元気だそうです。

ウェルカムお菓子&お茶がもらえます。
18zab0091.jpg

お菓子は栗まんじゅう。大きい~。
18zab0097.jpg
栗度が高く、胡麻がウマウマ。
早川製菓さんのお菓子は
いつも抜群に美味しいです。

夕食と翌日の朝食時間を決めます。
お菓子を食べ終わると部屋に案内してくれます。

フロント脇の扉を抜けて、奥の廊下に。
18zabs0193.jpg 18zabs0196.jpg

廊下をまっすぐ行き、突き当たりにエレベーター。
18zabs0198.jpg 18zabs0200.jpg

2階に上がって、エレベーターを降りて左に。
本館2階の今回の部屋「帯那」(おびな)。
18zab0203.jpg

引き戸を開けると踏み込み。
お茶の良い香りが漂うと思ったら・・・、
18zab0206.jpg

靴入れの上に茶香炉。
18zab0210.jpg

踏み込み正面は洗面所。左は主室。
18zab0213.jpg

洗面所奥はトイレ。マウスオンで奥の扉開きます。


洗面所は使い易いですが、椅子が無いのが残念。
18zab0219.jpg

鏡は大きくて使い易い。
18zab0221.jpg

洗面台の上に暖房の吹き出し口。
18zab0232.jpg
この暖房が強力で、洗面所がとっても暖かい♪
いや、暖かいというより暑いくらいで、
トイレの扉を開けっ放しにしていました。
おかげでトイレも暖かく、ストレスフリー\(^O^)/

化粧品はマーガレット・ジョセフィン。
18zab0224.jpg
クレンジングジェル、フェイスソープ、
スキンローション、ミルクローション。
あと、ハンドソープもマーガレット・ジョセフィン。
綿棒もあります。

ナショナルの1200wドライヤー。
18zab0226.jpg

主室10畳。広~い。明る~い。
18zab0234.jpg
広縁もあるので、2人なら充分な広さ。
部屋でWi-Fiが快適に繋がります。

右は押し入れ、左に床の間。
18zab0240.jpg

押し入れの下に電話、、
アクセサリー置き、宿のしおり。
18zab0266.jpg

床の間にナイトスタンド。
18zab0272.jpg

茶香炉がここにもありました。
18zab0273.jpg

見事な生け花。
18zab0274.jpg

テレビはシャープ26インチ。
18zab0276.jpg

テレビの下にDVDプレーヤーあり。
ソフトは部屋にはありません。
18zab0411.jpg

鍵は2つ。大浴場に気軽に行けます。
18zab0267.jpg
部屋菓子は金精軒さんのあけの金時
イモっぽいお菓子です。
このお菓子は売店で売っていました。

奥に広めの広縁。
18zab0236.jpg

椅子は座り心地よいですが、ちと寒かった。
18zab0258.jpg
冷気が来るので、主室の障子は閉めてしまいました。

広縁に鏡、加湿空気清浄機、タオル干し。
18zab0259.jpg
茶香炉の良い香りがずっと残っていたので、
加湿空気清浄機は使いませんでした。
タオル干しは小さいもの。

反対側には洋服掛け。
18zab0263.jpg

窓からの景色。離れが見下ろせます。
18zab0279.jpg
左手前が「朝日」、その奥が「金峯」、
右手前が「乾徳」、その奥が「国師」。

洋服掛け、飲料関係。マウスオンで扉開きます。


洋服掛けの扉を開けると、
上に羽織、下に浴衣、作務衣など。
18zab0286-2.jpg

下の段には、小さめの金庫。
18zab0288.jpg

浴衣、帯、足袋ソックス、ガウン。
18zab0289.jpg
浴衣は、相方用に「中」サイズが用意されていました。
相方は身長が高いので、「大」サイズに
交換してもらいました。

もこもこのガウンがとっても暖かかったです。

部屋着、フェイスタオル、アメニティなど。
18zab0291.jpg
フェイスタオルは2枚ですけど、
大浴場にはタオルがあるので、
不足することは無かったです。

何と、ボディタオルまである!
18zab0314.jpg
至れり尽くせりです\(^O^)/
部屋着もあるので、ほぼ手ぶらで来られます。

男女別のアメニティ。こちらは女性用。
18zab0322.jpg
歯ブラシセット、コットン、ヘアゴム、クリップ。
ヘアブラシ、ヘアキャップ。
立派な巾着袋は持って帰れます。

男性用は歯ブラシセット、ヘアブラシ、カミソリ。
18zab0320.jpg
カミソリは切れ味抜群の高級品。

洋服掛けの横はお茶セット。
18zab0294.jpg

ミネラルウォーターは無料。
18zab0296.jpg
ティファールの湯沸かしポット0.8ℓ。

お茶セット。パックに入った緑茶でした。
18zab0300.jpg

一番下に冷蔵庫。
18zabs0304.jpg 18zabs0305.jpg

冷蔵庫内は有料。
18zab0307.jpg

値段は瓶ビール540円、ウーロン茶、コーラ324円
と高めです。
18zab0311.jpg
でも、ライブラリーにはコーヒーやワインがあり、
大浴場には無料の飲料機があるので、
飲み物に不足することはありませんでした。
部屋のお茶すら飲まなかった位です(^^;)

本館2階の部屋、とっても良かったです。

部屋に風呂はついていませんが、
広くて、ライブラリーが近くて、
何よりも値段が安い。
これは予約が取れない訳だわ~。

かなりコスパの良い部屋で、
大満足の宿泊になりました\(^O^)/

その2 ライブラリー編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ