東屋 その4

2010年7月 東屋@白布温泉 宿泊 FC2ブログ

〒992-1472 山形県米沢市大字関1537
TEL 0238-55-2011
FAX 0238-55-2014

東屋のホームページは→【http://www.shirabu-higashiya.com/

<びゅう地温泉>
往復JR+宿泊コース(東京駅発着)1泊2日
@29300円(宿泊のみコースは@16800円です)


その4 朝食編。

朝食は8時にお願いしました。朝食は、時間になれば勝手に大広間に行きます。
s-P1020850.jpg

ずらりと並んでいます。
s-P1020841.jpg
鍋の左側にある緑の三角は納豆です。

おお!こんなところにさくらんぼが!・・・と、思ったら、甘く煮てありました(泣)
s-P1020844.jpg
鮎(?)の甘露煮でしょうか?右の黄色いのは菊の花。売店に売っていましたね。

湯豆腐。
s-P1020845.jpg

数の子の糟漬け。辛い!
s-846-1.jpg

煮物。しょっぱい。山形なら普通なのでしょうかね?
s-847-1.jpg

茶碗蒸し。熱々を持って来てくれます。おいしい。
s-848-1.jpg

ごはんはやはりおひつで出てきます。昨日と同じで軽くておいしい。
s-P1020843.jpg

朝も定番ものですが、おいしかった。ごはんを珍しくお代わりしてしまいました。
ただ、お茶が例の美味しくないお茶でした。ほうじ茶を用意しておいて欲しかったです。

東屋旅館の欠点が朝の風呂。9時に清掃に入ってしまうので、食後は入れません。
まあ、知っていたので、食後は部屋に帰り、くつろぎました。
ふとんはもう上げていて、敷いてありませんでした。

通常チェックアウトは10:00ですが、<びゅう 地・温泉>プランは11:00です。
とはいえ、米沢駅行きの無料送迎バスが10:30なので、結局10時過ぎにチェックアウトしました。

帰りのバスは満員。皆さん連泊していたのかな?

駅の手前に上杉神社があるので、そこで下ろしてもらいました。
s-P1020856.jpg

上杉神社にお参りをして、米沢牛コロッケを食べ、お土産を買って帰りました。
s-P1020857.jpg

帰りの昼飯は、牛肉どまん中。なんでも駅弁大会で日本一とか。
s-P1020858.jpg s-P1020859.jpg
確かにおいしいお弁当でした。ごはんもたっぷりと入っていて満腹。
今回は(普段食べない)牛肉づくしの旅になりました。

東屋旅館@白布温泉まとめ

良いところ
◎食事がおいしい。特に肉はうまい。
◎貸し切り風呂が2つある。予約も要らない。
◎ふとんと枕が良い。快眠。
◎接客は丁寧で親切。全員感じ良い。
◎館内、部屋共にきれい。
◎部屋は広くて静か。
◎無料送迎バスがあり、交通便利。

いまいちなところ
△熱い風呂しかない。
△朝、9時から風呂の清掃はやめてほしい。せめて10時からに。
△お茶がまずい。
△左右の部屋の音は聞こえないが、上の音が響く。
△部屋のポットはなんとかしてほしい。
△貸し切り風呂の入浴中かそうでないかを、わかりやすくしてほしい。
△大浴場のシャワー1個はやはり問題ありか?

米沢牛のバリエーションが3つあるので、後2回行きたいかも。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

東屋 その3

2010年7月 東屋@白布温泉 宿泊 FC2ブログ

<びゅう地温泉>白布温泉・東屋
往復JR+宿泊コース(東京駅発着)
@29300円


その3 夕食編

私たちの食事は大広間でした。
5時半頃から食事の時間を選べます。私たちは6時にお願いしました。

5時50分頃に担当の仲居さんが部屋に迎えに来ました。仲居さんに先導されて大広間に。

仕切りなしでテーブルが並んでいます。
s-P1020849.jpg
この写真は次の日の朝食後の写真ですが、こんな感じです。

連休なのでたぶん満室でしょう。
テーブルもすべてふさがっているように見えました。ので、騒がしいことおびただしいです。

すでにテーブルの上には食事が並んでいます。お品書きはありません。よって料理はうろ覚えです。
s-P1020818.jpg

右の青の器は豆腐にキュウリが載っている物
s-820-2.jpg

真ん中は酢の物。もずくと海藻。何の海藻かわかりませんが、こりこりして、
梅酢みたいな味がして、とてもおいしいです。
s-P1020821.jpg

右の黄色い器は烏賊、おくら、いくら。うまいです。真ん中はいちじく。美味。
写真に写っていませんが、器の向こうに海老が一匹。その向こうはタケノコ。
左は茄子を揚げて、味噌をかけたもの。味が濃いけどおいしいです。
s-P1020819.jpg

鯉の洗い。酢味噌がついていました。
s-P1020822.jpg
下の白い容器に入っているのはリンゴワイン。
s-P1020826.jpg

びゅー・地温泉のプランだと日本酒が一本付くのです。
s-P1020824.jpg
飲みやすくておいしいお酒でした。

川魚の塩焼き。ニジマスかヤマメか?普通に美味しいです。
s-P1020823.jpg

うどんです。氷が載っていて、冷たくて美味しい。
s-P1020825.jpg

東屋の目玉、米沢牛はすき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキの中から選ぶのですが、
私達は今回すき焼きにしました。
s-P1020827.jpg

さすがに米沢牛はおいしいです!
ちょっと厚めに切ってあって、さすがのうまさ。なんか幸せな気分になってしまいました。
s-P1020829.jpg
次回来ることがあれば、しゃぶしゃぶかステーキを食べてみたいですね。

ごはんがおいしかった。
s-P1020830.jpg
山形なので、どまんなかなのでしょうか?はえぬきでしょうか?軽くていくらでも食べられる感じです。
s-P1020833.jpg

お吸い物。上品でおしいです。
s-P1020831.jpg

デザートはメロンとグレープフルーツ。出来ればさくらんぼが食べたかったですがね。
s-P1020832.jpg

東屋旅館の夕食は多い、という評判でしたが、それほどでもなかったです。
ちゃんと最後のごはんまで食べられたし。私たちにはちょうど良かったです。
(びゅう地温泉プランは食事が少ないのかも?)

全体的に食事はおいしく、また食べたいと思いました。

1時間位食べていました。部屋に帰るとふとんが敷いてありました。

夕食後は家族風呂に入って、寝てしまいました。
ふとんは硬すぎず、柔らかすぎず、快適な物で朝までぐっすり。枕も高さがちょうど良くて快眠でした。

その4につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

東屋 その2

2010年7月 東屋@白布温泉に行ってきました。FC2ブログ

白布温泉・東屋
<びゅう地温泉>
往復JR+宿泊コース(東京駅発着)
@29300円


東屋は無料で、空いていれば自由に入れる貸し切り風呂が二つあります。
半露天の石風呂と内風呂の家族風呂

滝の散策から帰って、石風呂に行ってみたら、
幸運にも空いていたので、遠慮無く入らせていただきました。
s-P1020795.jpg

お風呂棟の左の階段を上っていきます。
s-P1020809.jpg s-P1020810.jpg

石風呂入り口。
s-P1020808.jpg
ドアを開けてみて、チェーンがかかっていなければOK!
ということは、ドアを開けてみないと、中に居るか居ないかがわからない、システム。
何とかならないのですかね?
s-P1020807.jpg

脱衣場の向こうに石風呂が。
s-P1020802.jpg

こじんまりとした洗面台あり。
s-P1020806.jpg

石風呂です。
s-P1020796.jpg

カルシウムの結晶らしい、白い固まりが底に溜まっています。
湯もみすると湯ノ花が散って、とても良い雰囲気に。
s-P1020804.jpg
源泉は約60度らしくかなり熱いです。初め入ったときは熱くてしゃがめない状態。

下の写真は湯口のアップ
s-P1020798-1.jpg
水と源泉が別々に流れてくるので、下のタオルで
水を止めたり、流したりで調節するという、ワイルド混合栓です。
この状態ではほとんど源泉が湯船に流れています。水は左の溜り場の方に流れてしまっています。

そしてタオルをこのようにして、水を流し込むとお湯がぬるくなると言うシロモノです。
s-P1020803.jpg

壁には2mを越えると思われる、湯もみ板が立てかけてあります。
s-P1020801.jpg

ワイルド混合栓には苦労しましたが、やはり貸し切り風呂はのんびり出来て良いです。
一応、石鹸やシャンプーは置いてありますが、シャワーもなく、脱衣場にドライヤーもないので
ほとんど風呂に入るだけの場所、という感じです。
s-P1020799.jpg

石風呂から見える景色はこんな感じです。
s-P1020797.jpg

たっぷりと暖まり、体を洗いに大浴場に。
日帰りもやっている、東屋旅館の大浴場は、たくさん人がいました。
とても写真を撮れる状態ではなかったので、大浴場の写真は無しです。

大浴場のお湯ははやり熱く、露天風呂は少し低かったですが、
ぬる好きの私にはそれでもまだ熱く感じて、早々に出てきてしまいました。

大浴場には滝風呂という打たせ湯があり、すごい水量なので、
打たせ湯好きには評判がよいのかも。

大浴場にはカランが4つあるのですが、シャワーは一個しかありません。
口コミを見るとこれが一番評判悪いですね。

でも大浴場のすぐそばにカランがあるので、距離上シャワーが設置できないのかも。
私が行ったときは、シャワーが空いていたので使えましたが、
確かに混んでいるときは疑問ですね。

左側は大浴場、正面は家族風呂の入り口です。
s-P1020811.jpg
夕食後に行ってみたら、空いていたので入ってみました。
s-P1020812.jpg

脱衣場。
s-P1020834.jpg

ピンぼけすみません。
s-P1020835.jpg

家族風呂。
s-P1020836.jpg
石風呂よりももっと熱いです。激熱。

ホースで水が入れられるようになっているので
どばどば水を入れて、ようやく入れるようになりました。

こちらはシャワーが付いているので頭、体が洗えますね。
s-P1020837.jpg
風呂も広いです。無料貸し切りは本当によいです。


硫酸塩泉でカルシウム入りのお湯なので、肌はきちきちします。
風呂上がりはすべすべになります。
臭いはほとんど無いと思っていましたが、
家に帰ったら、下着に硫黄臭がしっかりと着いていました。

その3につづく・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

東屋 その1

2010年7月 白布温泉・東屋宿泊

山形県白布(しらぶ)温泉・東屋に行ってきました。

白布温泉 東屋
〒992-1472 山形県米沢市大字関1537 TEL:0238-55-2011(代表) FAX:0238-55-2014

東屋のホームページは→【http://www.shirabu-higashiya.com/

今回はびゅうのツアーを申し込みました。
<びゅう地温泉>
往復JR+宿泊コース(東京駅発着)
@29300円


山形新幹線・つばさに乗って米沢に。
s-P1020732.jpg s-P1020733.jpg

昼食は東京駅で買った、マイセンのサンドイッチ。
s-P1020738.jpg

米沢は初めて行きましたが、福島からは在来線(それも単線っぽかったような)
で行くので、とたんに速度が落ちるのですね。
s-P1020741.jpg

米沢駅に無料直行バス「湯あみ号」が迎えに来てくれます。(要予約)
s-P1020744.jpg

バスは米沢駅を13:50に出発。私たちを含め四組でした。
途中、上杉神社で3名を拾って東屋@白布温泉に向かいました。
s-P1020790.jpg

玄関の目の前にバスが着き、旅館に入ると玄関の板の間に、従業員さんたちが土下座してお出迎えです。
そこまでせんでも、と思いましたが、まあおもてなしの心なのでしょう・・・・。
s-P1020779.jpg

フロントには日本秘湯を守る会の提灯が飾ってあります。
s-P1020851.jpg

ロビー。ちょっとゴチャコチャとしていますね。
s-P1020791.jpg

フロントで記帳してすぐに部屋に案内されました。1階の登仙という部屋でした。
s-P1020775.jpg
引き戸を開けて中にもう一つドア。
s-P1020777.jpg s-P1020776.jpg

踏み込みは広いです。踏み込みの左側は洗面スペース。
s-P1020747.jpg

その脇にトイレ。
s-P1020748.jpg

トイレはウォシュレット無しのウォームレット。
s-P1020753.jpg

アメニティは歯ブラシ、ヘアーブラシ、シャワーキャップのみ。
綿棒とかシェービングクリームとかは無いです。
s-P1020749.jpg

s-P1020750.jpg

洗面所にタオルはなく、使い捨てペーパータオルがありました。珍しい。
s-P1020751.jpg

ドライヤーは備え付けタイプ。
s-P1020752.jpg

踏み込みの右側に冷蔵庫。
s-P1020754.jpg
中にビール、酒、ジュースが入っていました。紙に書いて自己申告をするタイプです。
s-P1020755.jpg

部屋は床の間を入れて十畳。広々としていて気持ちがよいです。
s-P1020756.jpg
畳も壁もきれいです。静かですが、換気扇がうるさい。切ってしまいました。

反対側から見たところ。
s-P1020759.jpg

縁側にイスセットが。
s-P1020761.jpg

飲み物はお茶のみ。お茶はお世辞にもおいしい、とは言えない代物。
しかも一回入れるとそれで終わり、というもので、本当にお茶?と言う感じでした。
ポットも電気ポットですが、持ち上げて注ぐタイプ。
持ち上げるたびにコードがとれて、うっとうしいことおびただしい。
s-P1020758.jpg

テレビは20インチ液晶。デジタル対応でした。メーカーはユニデン。
初めて見ました、ユニデンのテレビ。別に普通でしたが。
s-P1020763.jpg

金庫はありましたが、小さいタイプ。あまりたくさんは入りません。
s-P1020764.jpg

浴衣とタオルとバスタオル。それぞれ一枚ずつです。
s-P1020766.jpg
浴衣は小さいのが置いてあったらしく、仲居さんが私たちを見て、大きいのに変えてくれました。
(私たちはそんなに巨大な人間ではないです・・・。)
館内は冷房が効いていて、寒い位です。半纏が欲しかったですね。

お菓子はゆべし。椎茸茶の粉末。
s-P1020769.jpg

案内してくれた仲居さんがお茶を入れてくれたので、お菓子を食べてお茶を飲みました。
s-P1020774.jpg

鍵は一つです。
s-P1020768.jpg

すこしチェックインが早かったので、まだ3時頃。
東屋の上にある、薬師如来尊堂と白布西国三十三観音に
お参りに行き、ついでに白布大滝を見てきました。
s-P1020786.jpg

雨上がりのせいか、すごい水の量。迫力に圧倒されました。
s-P1020785.jpg

山道なので汗びっしょりです。東屋に帰って風呂に入りました。

その2につづく・・・


テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ