あせび野 2010年 その4

2010年9月 あせび野@湯ヶ島温泉 宿泊 その4 FC2ブログ

【あせび野】
住所: 〒410-3206 静岡県伊豆市湯ヶ島1931-1
電話番号: 0558-85-1926 FAX: 0558-85-0393
客室数 18室 収要人員 50名

インターネットで6月に予約。
プラン名:露天風呂付和洋室(花の蔵・木の蔵) 
一人27,300円+入湯税150円


あせび野のホームページは → 【http://www.asebino.com/】 

朝、貸し切り露天風呂を予約しておいたのですが
、起きたら大雨!ばしゃばしゃ降っています。
風呂に行くのに、表に出ないと行けないので
傘を差して行く気もせず、キャンセルしてしまいました。

代わりに、まだ行っていなかった大浴場に行きました。男女別。
s-P1000056.jpg

s-P1000055.jpg

s-P1000053.jpg

s-P1000054.jpg

脱衣場
s-P1000049.jpg

s-P1000048.jpg

脱衣籠沢山。
s-P1000047_20130623133830.jpg

体重計あり。
s-P1000046_20130623133938.jpg

カランも沢山ありました。
s-P1000045.jpg

誰もいないので独り占めです。
ものすごく広いので、とても幸せです。
s-P1000043.jpg
熱いところと、ぬるいところとあるので、自分の好きな場所で入れます。
s-P1000044.jpg
うー、携帯の写真では、この広い大浴場の感じが
全然伝わりませんよね・・。残念。

朝食は八時から。夕食と同じ食事処です。
あせび野の朝食は和食と洋食が選べます。
せっかくなので、一人ずつ和食、洋食と頼んでみました。

携帯のカメラは画角が狭く、全景が撮れなかったです(泣)

サラダは和食、洋食共通です。
s-P1000039.jpg

和食のほうから。
s-P1000035.jpg

豆腐           
s-P1000030.jpg

かまぼこ、焼きしいたけ
s-P1000027.jpg

何かの甘味噌漬け、山菜の煮物
s-P1000026.jpg

小皿はまぐろ(中トロ?)ととろろ
s-P1000028.jpg

甘めのだし巻き玉子、大根おろし
s-P1000029.jpg

煮物。
s-P1000032.jpg
うっかり写真を取り忘れましたが、
豆あじの干物が後から運ばれてきました。

ごはんはおひつで出てきました。
s-P1000025.jpg


洋食
 
飲み物はいろいろ選べます。
私は飲むヨーグルトをもらいました。             
s-P1000024.jpg

ベーコン、ウインナー、チキンに魚、玉子、野菜、
しいたけが乗っているもの
s-P1000023.jpg
 
バターとジャム。                      
s-P1000022.jpg

パンは暖かい物が運ばれてきました。
s-P1000020.jpg
 
スープ                           
s-P1000017.jpg

デザート
s-P1000015.jpg

食後は和食、洋食共に飲み物が付きます。
コーヒーをもらいました。
s-P1000014.jpg

量は少なめですが、どれもこれもおいしかったです。
私は洋食を食べたのですが、また食べたいと思いました。
夕食といい、朝食といい、評判通りのうまい飯です。
人気の宿なのも納得です。
ぜひ、季節を変えてまた来たい宿です。

朝食の後はまた部屋の風呂に入りました。
部屋付き露天風呂の醍醐味ですね。
チェックアウトは10:30なのでちょっとゆっくりできます。

チェックアウト時にフロントが混むと聞いていましたが、
それほどでもなく、
それより車が玄関前で渋滞しているほうが時間がかかりました。
気になるほどではなかったですがね。

あせび野感想。

あせび野の良いところ。
◎食事がおいしい。
◎食事の量も適量。(大食いの人にはもの足らないかも)
◎風呂が良い。肌がすべすべになる。
◎大浴場は広大でうれしい。
◎無料貸し切り風呂が四つある。
◎設備が充実、きれい。
◎アメニティは充実。
◎従業員さんは親切、丁寧、感じよい。
◎静か。落ち着きがある。
◎お茶がおいしい。
◎鍵が二つある。
◎ベッドは快適。枕も快適。

いまいちなところ。
△部屋の金庫が小さい。
△テラスのスリッパはサンダルの方がよい。
△飯の配膳は遅い。
△部屋の水道に温泉が入っていて、直接飲めない。
△食事どころに膝掛けがほしい。
△食事どころに飲み水(もしくはお茶)が欲しかった。

いまいちなところはどれも些細なことで
、ほとんど気になりません。
また、お気に入りの宿が増えてしまいました。

あせび野宿泊 おまけ

あせび野に行ったときに天城神社にお参りしました。
遊歩道があり、川を渡る「出会い橋」という
「女橋」「男橋」というのがあるらしいのですが、
工事中で渡れませんでした。
p0994.jpg
しかたなく、大回りして天城神社に行きました。
ps0995.jpg ps0003.jpg
まあ、それはどうでも良いのですが、
天城神社にとてもおもしろい狛犬が居ました。
s-997-2.jpg

s-998-2.jpg
うははは・・・・。これ、狛犬ですか??
かなり個性的ですねえ・・・(笑)

温泉に行くと、大概地元の神社にお参りしますが
、こんな個性的な狛犬は初めてです!
なんだか楽しくなる神社でした。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

あせび野 2010年 その3

2010年9月 あせび野宿泊 その3 夕食編FC2ブログ

貸し切り風呂に行って、宿の本館に帰って来ました。
貸し切りグッズ籠をフロントに返しに行こうと思い、
デジタルカメラを連れ合いに渡しました。

と、思ったら、受け渡しがうまくいかず、カメラは地面に・・・
あせび野の外廊下はコンクリートです。
地面に落ちたカメラは、SDカードとバッテリーが飛び出し、
無残な姿に!
SDカードとバッテリーを戻しましたが、
ザーっという音がするだけで、全く動かず・・・

愛用していたデジカメ・パナソニックFX33は
たった2年で成仏してしまいました

夕食を前に、デジタルカメラが使えなくなってしまい、
せっかくの夕食ですが、これ以降すべて携帯のカメラで写す羽目に・・・

あせび野の夕食は食事処に食べに行きます。
隣の音がうるさい、と言う口コミがありましたが、
あまり気になりませんでした。

携帯電話の写真は、画角は狭いし、ピントもぼけています 
 見づらいですね。すみません。
s-P1000091.jpg

お品書き付き。しかし、達筆で、読めない字がたくさん・・・・
s-P1000064.jpg

先付秋茄子豆富 焼海胆(やきうに?) パブリカ 
白髪うど 穂花 生姜 鼈甲あん

s-P1000093.jpg

膳菜とお酒(お酒は磯自慢・水響花一合1575円を頼みました)
s-P1000090.jpg

膳菜を一品ずつ

穴子遠山真丈 とてもおいしい。
s-P1000087.jpg

明日葉冷しゃぶ くるみだれ
s-P1000086.jpg

いちじくの上に菊花玉子と鮑茸(あわびたけ)、
秋刀魚肝醤油、鱚(きす)酒盗干し

s-P1000085.jpg

柿菊花白和合 菊花玉子
s-P1000082.jpg

萩小袖 じゃがいもと枝豆とえび
s-P1000083.jpg

御椀盛 鼈豆富(すっぽんとうふ) 扇人参 丹月大根
(後読めない品物が三つ)
s-P1000081.jpg
満月をイメージしているそうです。すっぽんが濃厚で絶品です!
初めて食べましたが、美味でびっくり!

お造り。奥は出汁醤油。
s-P1000079.jpg
静岡なので本わさびをすり下ろして食べます。
わさびがおいしいです。
s-P1000074.jpg

鯛(たい)
s-P1000078.jpg

本鮪(ほんまぐろ)、奥は太刀魚のあぶり
s-P1000077.jpg

あおりいか
s-P1000076.jpg

ほっき貝
s-P1000075.jpg

焼物
鮎のムニエル、焼き野菜、岩塩とゆずソースはお好みで
野菜はズッキーニ、オクラ、スナックエンドウ、アスパラ、白ネギ
s-P1000070.jpg
上に載っているのは蓼(たで)の葉。やはりまずい・・・・
焼き野菜がおいしかったです。お代わりしたかった位です。

煮物蕪風呂吹の上に辛子と黒米おこげ。蟹 菊花あん
s-P1000071.jpg
この段階ですでにお腹がいっぱいになりつつあります。

温物
黒毛和牛肉 味しゃぶ 豆腐 葛切り ごぼう 芹 
これに粉山椒が付いてきました

s-P1000069.jpg

s-P1000072.jpg
お肉はやわらかくて、うまうまです。絶品。

蒸し物 尼鯛(あまだい)丹波蒸し
s-P1000067.jpg
栗 銀杏 松茸 三つ葉 わさびが乗っています。
ふわふわです。やさしい味です。
しかし量が多く、腹が苦しいです。

留椀 赤出し 豆腐 絹さや 小町麩
s-P1000062.jpg
うまいですが、味が濃いです。

香物 旬野菜浅漬
s-P1000061.jpg

お食事 山の木の子雑炊 刻みわさび
s-P1000063.jpg
かなり濃い味です。お代わり自由らしいですが、
お腹がいっぱいで、とてもお代わりなんぞできません。

御水菓子 南瓜ムース ヴァニラアイス 季の実 盛り合わせ
s-P1000060.jpg
果物はメロンと梨とマスカット。どれもおいしかったです。

かなり一品一品が来るのが遅く、長時間の夕食になりました。
その上、給仕の女性の物忘れが激しく、
頼んだウーロン茶が来ないのを皮切りに、
山椒を忘れたり、スプーンを忘れたり、なかなか食事が進みません。
ちょっと間延びした感があります。

しかし食事の内容はどれもこれもおいしく(味の濃い料理が多いですが)
量もべらぼうに多いと言うこともなく、大変満足するものでした。
評判通りのうまい飯を堪能しました。
全部凝った料理で、毎月変わるというのでまた来たいと思わせます。

その4につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

あせび野 2010年 その2

2010年9月あせび野 宿泊 風呂編 FC2ブログ

ベッドルームから見た部屋付き露天風呂。下は川です。
p0933.jpg
スリッパはまたもや使い捨てのもの。
p0946.jpg
風呂の横には、座り心地の良さそうな椅子が。
p0944.jpg
貸し切り風呂に入るのに忙しくて、
あまり部屋の風呂でくつろぐ時間が無く、
この椅子にはお世話になりませんでした・・・残念。

部屋付き露天風呂。
p0947.jpg
大きいです。写真では小さく見えますが、
大人が二人で楽に入れる大きさです。
p0945.jpg
風呂の中に一段ステップがあるので半身浴も出来ます。
真ん中に平たい石が置いてあるのですが、今一用途不明・・・
p0949.jpg
お湯は熱めです。ぬる湯好きの私たちは薄めて入りました。
お湯はアルカリですが、ぬるぬる感はあまりなかったです。

あせび野は全室風呂が部屋に付いていますが、
それ以外に大浴場と、貸し切り風呂が4つもあります。

せっかく来たので予約しました。
チェックインしてから、貸し切り風呂を予約します。
p0966.jpg
予約表をにらめっこして、時間を決めました。

まずは一番人気だという、「山の湯 かざはや」を15:10に予約。
他は一時間ですが、ここは40分しか入れません。

時間になるとフロントに行き、
フェイスタオル、バスタオル、足ふきマットをもらい風呂に行きます。

エレベーターの中には椅子が置いてあります。
p0973.jpg
エレベーターで三階まで上がると、
ドアのすぐ横が「山の湯 かざはや」です。
p0974.jpg

p0975.jpg
ドアを開けて入るとこの椅子が目に飛び込んできます。
p0976.jpg

洗面台。
p0977.jpg

格子ドア越しに見える風呂。わくわくしますね。
p0979.jpg

格子ドアを開けると風呂が・・・
p0980.jpg

反対側から入り口をみたもの。
p0985.jpg

露天風呂・かざはや。思っていたよりも広いです。
p0983.jpg
大人が四人位並んで入れそうな位大きな風呂です。
温度は適温。

ちっちゃいけどシャワールーム付き。
p0987.jpg

寝転がって入ったときの景色。
水面から出っ張っているのは私の足。
p0988.jpg
風呂の半分位は底が浅くなっていて、
風呂の縁に枕が付いているので寝転がって入れます。

風呂から見える景色が、写真のような、
絵のような素敵な風景が広がります。
これほど素晴らしい露天風呂は入ったことがありません!
お湯も温めなので、ずっと入っていられます。
・・・が、40分の制限があります。

さすがに人気がある貸し切り風呂。
今度来たときも絶対に入りたいです。

近所の天城神社にお参りした後、
大浴場の入り口まで行ってみました。

湯上がりどころ
p0008.jpg

タオルも置いてあるので、手ぶら出来ても大丈夫。さすがです。
ピンぼけスミマセン。
p0010.jpg
タオルはたっぷり。
p0013.jpg
アメニティもたっぷり。
p0011.jpg

お茶とお水も完備。いたれりつくせり。
p0016.jpg

夕方17:30から今度は「猫越川の寝湯」を予約。
山の湯かざはや以外の貸し切りは、宿を出て駐車場に歩いて行き
そこから川に降りていきます。雨が降ると余り行きたくないです。
p0026.jpg
結構勾配が急で滑りそうです。小屋があります。
p0027.jpg
中に入ると・・・。
p0028.jpg
もう川の真横です。
p0029.jpg

猫越川の寝湯
p0030.jpg
その名の通り、寝湯です。熱いです。
激熱です。かなり薄めて入りました。

入浴目線。
p0032.jpg
たっぷりと暖まって帰りました。

その3につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

あせび野宿泊 2010年

2010年9月にあせび野@湯ヶ島温泉に泊まってきました。FC2ブログ

【あせび野】
住所: 〒410-3206 静岡県伊豆市湯ヶ島1931-1
電話番号: 0558-85-1926 FAX: 0558-85-0393

客室数 18室 収要人員 50名

インターネットで6月に予約。
プラン名:露天風呂付和洋室(花の蔵・木の蔵)
一人27,300円+入湯税150円


あせび野のホームページは → 【http://www.asebino.com/

数年前から良い評判を聞いていて、一度泊まってみたかったのですが、
なかなか機会が無く、ようやく実現。
泊まってみて、評判通りのすばらしい宿に感激しました。

平日出発なので車で行きました。思っていたより環状八号線が混んでいて、
家からあせび野まで、4時間半かかりました。

あせび野は14:30チェックインです。
二時頃に着く予定が、二時二十分になってしまいました。
ps0005.jpg ps0007.jpg
表に男性の従業員さんが待機していて、玄関前で荷物と同乗者をおろします。
車を建物横の駐車場に置くように指示されます。すでに車が3台止まっていました。

玄関
p0907.jpg
いました、うさぎ。
p0908.jpg

荷物を運んでくれるカートがかわいいです(笑)
p0903.jpg

広いロビーに案内されて、お茶とお菓子が出ました。
p0022.jpg
さすが石井建築事務所。あまりにも素晴らしい空間です。
p0897.jpg

竹炭かりんとうと黒豆塩ようかん。
p0896.jpg
どちらもおいしい上に、お茶もおいしい。静岡の宿はお茶がおいしいですね。

二時半になるころ部屋に案内されました。
予約時にダメ元で花の蔵を希望してみたら、無事に花の蔵に泊まれました。

一回表に出る形で、廊下を通り
ps0910.jpg ps0912.jpg
右側のドア、花の蔵・215号室でした。
ps0914.jpg ps0913.jpg

入ったところの踏み込み。広くてきれいです。
p0916.jpg

下駄箱の上に、鍵置きとスリッパ、
p0917.jpg
使い捨てスリッパ。贅沢です。
p0918.jpg

スリッパに目印を書くマジックが置いてあります。
p0920.jpg

鍵は二つ。竹の中に鈴が入っています。二つあると何かと便利です。
p0919.jpg

踏み込みの左側に洗面台。シャワールームの横にも別に洗面台があります。
p0922.jpg

右側はトイレです。ウォシュレット。快適。
p0923.jpg

花の蔵は和洋室なので、手前の畳、奥が板の間のベッド室です。
p0956.jpg
畳の部屋は天井が低く、ちょっと圧迫感があります。
ベッドの洋室は一段下がっていて、ちょうど良い感じ。
私は余り気になりませんでしたが、この圧迫感は、人によっては評価が下がるかも。

部屋はきれいだし、静かで落ち着く空間です。入った瞬間に好きになりました。

隅っこにはテレビがあります。パナソニック22インチ。
p0957.jpg

入り口と反対側に、ベッドルームに降りる段があります。
p0958.jpg
突き当たりに冷蔵庫とお茶セット。
p0926.jpg

冷蔵庫には申告式の飲み物と、無料の水2リットルがあります。
あせび野の蛇口から出る水は飲めないので、飲むときはこのペットボトルから。
p0927.jpg

電動ポットとお茶。電動ポットはコードレスでも注げる優れもの。
お茶はとてもおいしいです。お茶が美味しいだけで嬉しくなってしまいます。
p0928.jpg
ここにも無料のかりんとうがありました。なんとまあすごいサービスです。
p0969.jpg

和洋室なのでベッドです。それほど広くはないですが、快適なベッドでした。
p0951.jpg

枕元には電話とオーディオがあります。このオーディオ、i-podが繋げられる優れもの。
CDはフロントでジャズとクラッシックが借りられるそうです。
p0932.jpg

ベッドから見たテレビ。写真ではものすごく小さく見えますが、パナソニック32インチ液晶。
左側は和室からの入り口、左のドアは洗面所。
p0934.jpg

洗面所。左の四角い板はタオルウォーマー。至れり尽くせり。
p0935.jpg

アメニティは全く不自由なしです。
p0936.jpg

シャワールーム。
p0940.jpg

シャンプー類はパックスナチュロンで統一。
p0942.jpg

衣装掛け。その下側に浴衣などが。
p0924.jpg

浴衣の他に、作務衣も用意されています。
滞在中はほとんど作務衣を着ていました。快適です。
p0960.jpg

p0961.jpg

金庫がありましたが、やけに小さい。使いにくい~。
p0962.jpg

その2につづく・・・


大きな地図で見る

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ