大松閣 その5

2011年8月 大松閣(たいしょうかく)宿泊 1泊2日 その5 朝食編 FC2ブログ

埼玉県 名栗温泉 大松閣
〒357-0112 埼玉県飯能市大字下名栗917
TEL: 042-979-0505

プラン
【おためし!スタンダード(基本)プラン】
お部屋で会席コース
客室:翠明館 和室
大人@22,050円(入湯税別)


大松閣のホームページは→【http://www.taishoukaku.com/

大松閣の朝食は大広間で食べます。朝食は8時からです。
TK174.jpg

こんな感じの大広間で。
TK169.jpg
8時丁度に行ったのに、既に沢山の人がいました。
8時開始のはずなのですが、一体何時から居るのでしょうか???

一番端の場所でした。
TK146-1.jpg

ある程度準備されています。朝から結構手が込んでいます。
TK147.jpg

煮物。
sTK150.jpg
TK151.jpg

おかゆです。別に白ごはんももらえます。納豆もあります。
TK153.jpg

鮎の一夜干し。卵焼き。かまぼこ。ベーコン。
TK155.jpg

鮎の一夜干しは、この網で焼いて食べます。厚く切ったベーコンも焼いて食べました。
とても美味しいです。卵は薄味のだし巻き卵。美味。
TK164.jpg

漬け物。セロリです。珍しい。
TK156.jpg

サラダ。和風ドレッシングがかかっていました。
TK157.jpg

豆。
TK158.jpg

ゆばこんにゃく。
TK159.jpg

わさびのり。当然辛いです。しかし美味しい。ご飯やお粥が進みます。
TK160.jpg

切り干し大根。味濃い目。美味しい。
TK161.jpg

ヨーグルト。果物がたくさん入っているフルーツヨーグルトでした。大満足。
TK162.jpg

モロヘイヤ。
TK163.jpg

味噌汁は暖かいものを持ってきてくれます。すごく具だくさんで、食べ応えがあります。
sTK166.jpg
TK167.jpg

お茶もお代わりに来てくれて、気配り一杯です。
TK168.jpg

朝食は、やはりどれもこれも美味しいです。すごいです。
量も十分でお腹いっぱいになります。本当に大松閣は料理が美味しくて、うれしくなってきます。

大浴場は朝9時までなので、食後に入れないのが残念でした。

飯能駅に送ってくれるバスは、10:00と11:15の2回あります。
10:00でも良かったのですが、ゆっくりしたかったので11:15をお願いしました。
チェックアウトは10:00なので、10:00ちょっと前にフロントに行くと
チェックアウト渋滞です。お土産屋も大混雑でした。
まあ急がないのでのんびりとチェックアウトしました。

1時間以上暇があるので、ラウンジでコーヒーを飲むことにしました。
TK007.jpg

夢たっぷりんセット・840円。
TK177.jpg

前日このラウンジでウエルカムドリンクをもらった時から気になっていた、
「夢たっぷりん」を食べました。甘いですがウマウマのプリンでした。
TK176.jpg

11:15にバスで飯能駅まで送ってもらいました。
こんな遅いバスに乗るのは私たちともう1人だけでした。

大松閣感想。

良いところ。
◎食事が抜群においしい。
◎従業員さんは親切丁寧。気配り一流。
◎部屋はきれいで、静か。落ち着けます。
◎源泉があるので、冷鉱泉好きにはたまらないものがある。
◎細かい変更が効くみたいで、融通の利く宿。
◎系列のハミングもおしゃれで、美味しい。
◎鍵が2つある。
◎バスタオルは浴場にふんだんに用意されている。
◎スリッパはさみがあって、便利でかわいい。
◎朝はふとんを敷きっぱなし。
◎夕食後のコーヒーサービスはうれしい。
◎部屋のお茶が美味しい。

いまいちなところ。
△貸し切りは有料。
△大浴場が時間制限がある。
△露天風呂は小さい。
△朝食後のコーヒーサービスは無し。

私の家から比較的近いので、行きやすいです。また行きたいです。
今度は満室でない時に行きたいですね。

追加情報。

系列のハミングは
2011年9月25日(日)で閉店してしまいました。
美味しくてお気に入りだったのに残念です。

スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大松閣 その4

2011年8月 大松閣(たいしょうかく)宿泊 その4 夕食編 FC2ブログ

大松閣の楽しみはなんと言っても食事!

大松閣の夕食は部屋食です。夕食は6時、6時半、7時から選べます。
私たちは6時からお願いしました。

日本酒の熱燗を注文。
TK113.jpg

相方はウーロン茶を頼みました。
TK114.jpg

食前酒の梅酒。甘くなく、美味しかったですが、ちょっと薄めでした。
TK110.jpg

一応お品書きがついていますが、先附だの、煮物だのしか書いていないので、無いも同然です(笑)
TK129.jpg

従って、ここに書くメニューは私たちの記憶と想像です。

先附、小鉢、季節前菜とお品書きに書いてあります。
TK103.jpg
見た目も美しく、いかにも美味しそうです。器も素敵です。

まずは先附から。
TK106.jpg
真ん中の生姜の廻りに、
左からわかさぎのフライ?。とても美味しい。
上の小鉢はくらげと蕗(ふき)?
右真ん中は、葉っぱに隠れてよく見えないですが、鶏ひき肉、松風焼き?
右下は。蛸の下には大根おろしに梅酢がかかったもの。
下はトマトのゼリー寄せ
どれも手が込んでいて美味。

季節前菜
s-2107.jpg
蓮根のきんぴら、白滝入り。上にゴーヤが乗っています。
きんぴらがピリ辛で美味しい。

小鉢
sTK108.jpg

小鉢アップ。もろこし豆腐山芋、海老、オクラが乗っています。
TK109.jpg

合肴 季節鍋
sTK105.jpg  sTK104.jpg
朴葉鍋
s-2104.jpg
牛肉、もやし、タマネギ、かぼちゃ、茄子、ピーマンの味噌焼きです。
固形燃料で加熱します。朴葉の良い香りがします。肉が柔らかくてウマウマ。

旬刺身
sTK111.jpg

刺身アップ
TK112.jpg
(こい)の刺身でした。酢醤油でいただきます。余り臭みが無く、美味しい方なのでは?
相方は鯉が苦手なので、ほとんど私が食べました。

季節椀
sTK115.jpg  sTK116.jpg
すずき、ひすいなす、エリンギなどが入っていました。
s-2116.jpg
出汁がすごく効いていて非常に美味しい。すずきも味がしみこんでいて美味。
まずはここまでが最初に運ばれてきます。

先附、前菜を食べている暇もなく、焼き魚が運ばれてきます。忙しい。
TK123.jpg
鮎の塩焼き。たで酢がついていました。頭からバリバリと食べられます。とても美味しい。

煮物がしばらくして運ばれてきます。
sTK124.jpg  sTK125.jpg

飯能すいとんだそうです。
TK126.jpg
上新粉とうるち米で作ったものの中に肉が入っています。饅頭みたいです。
なんでも埼玉B級グルメで準優勝だとか・・・
ごぼう、人参、エリンギ、ベビーコーン入り。下に大根が敷いてあります。
出汁が強烈に効いていて美味。

酢物
sTK127.jpg

酢物アップ
TK128.jpg
ぶたしゃぶレタス巻き
トマト、カイワレ、レモンに黒ごまだれがついていました。
レタスがしゃきしゃきしていて、冷たくて美味しい。

食事、赤出汁、香の物
TK131.jpg

うなぎご飯に長芋のとろろをお好みでかけて食べます。
TK133.jpg

鰻ご飯アップ!
s-2132.jpg
うなぎが柔らかくてウマウマ。贅沢なご飯です。米そのものも美味しい。

大松閣の赤出汁は本当に美味しいです。とても楽しみにしていました。期待通りのうまさ。
TK134.jpg

季節のデザートデザートは豪華版!うれしくなってきます。
TK136.jpg

カスタードプリンと生クリーム
TK137.jpg

メロンとぶどう
TK138.jpg

黄色のスイカ
TK139.jpg

食後はほうじ茶が出ました。
TK140.jpg
出てくる料理がどれもこれも美味しいです。出汁が猛烈に美味。大満足の夕食でした。

夕食後は一階のラウンジに行くと、コーヒーサービスがあります。
TK145.jpg
照明を落として静かな雰囲気。

コーヒーを抽出している間に一口アイスのサービス有り!一口ですが大変美味しい。
TK143.jpg

本格コーヒーで大変美味しいです。満腹に美味しいコーヒー、とても幸せな時間です。
TK144.jpg

その5につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大松閣 その3

2011年8月 大松閣(たいしょうかく)宿泊 その3 FC2ブログ

1階の売店には色々な商品が売っていました。見ているだけでも楽しいです。
TK080.jpg
お菓子や漬け物、シャンプーなど。
TK078.jpg

気になったのはこの冷蔵庫に入っている物。
TK079.jpg
「鮎一夜干し」\2,000
「自家製鮎甘露煮」\1,300
「朴葉みそ漬けロース」\2,000
「加藤牧場のカップアイス」\300(笑)
どれもうまそうですね。気温が高く、持って帰るのに不安があったので買いませんでしたが、
もう少し気温の低い時に買って帰りたいです。

大浴場は5階にあります。エレベーター脇に椅子あり。
TK100.jpg

エレベーターの中にも椅子が置いてあります。
TK077.jpg

エレベーターを降りると大浴場。
TK066.jpg

男女別です。入れ替わりはありません。
TK068.jpg

脱衣場には鍵付きの棚もあります。
TK069.jpg

バスタオルはふんだんに置いてあるので、手ぶらで行っても大丈夫です。大したもんです。
TK072.jpg

泊まった日は全室満室。大浴場はいつ行っても人がいて、写真なんぞ撮れません。
大浴場の写真はホームページからお借りしました。

onsen_01.jpg

onsen_02.jpg
露天風呂は狭いです。内風呂よりも温度が高め。

onsen_03.jpg

onsen_04.jpg
大松閣は冷鉱泉でして、↑の写真の右に見えるのが源泉です。
大浴場もそれほど熱くないのですが、源泉は冷たくて気持ちがよいです。
源泉と大浴場を交互に往復すると、あっという間に時間がたちます。

大浴場は広いです。温度も低くてずっと入っていられます。

困ったのはお子様。完全にプールと勘違いして、大浴場も源泉も
走って飛び込んできます。何度も何度も。入ってくると泳ぐし・・・(泣)

落ち着いて風呂に入れなくて、入った気がしませんでした・・・
とほほほ・・・

夕食後に「木の風呂」という男女交代で入る風呂に行ったのですが、
ここでもお子様に悩まされる羽目に。
初めは誰もいなかったので、ゆったりと入っていたのですが、
お子様二人連れのお父さんが来てからは、またもやプール状態。
源泉と風呂の間をどぼんどぼん・・・・・

しばらく我慢しましたが、水しぶきはかかるは、目の前を泳がれるは、で退散しました・・・・(泣)

相方の女性風呂は比較的人数も少なく、お子様も居なかったようで、
かなりゆっくりと入れたようです。運が悪かったとあきらめるしかないですね。

貸し切り風呂は前回の0泊2食の時の写真があります→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-23.html

ロビーの左端に読書室に通じるところがあります。
TK086.jpg

木の床でいい雰囲気です。
TK087.jpg

一段下のフロアにも机と椅子。
TK088.jpg

本が置いてあります。
TK089.jpg

その4につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大松閣 その2

2011年8月 大松閣(たいしょうかく) 宿泊 その2 FC2ブログ

大松閣は部屋が2種類あり、2階の木造・清風館
3階4階にある鉄筋・翠明館(すいめいかん)です。私たちが泊まったのは翠明館3階でした。

広い踏み込み。
TK015.jpg

廊下がまっすぐに伸びています。
TK016.jpg

下駄箱の上に靴べらと、鍵置き、スリッパを留めるクリップがあります。
TK018.jpg

大浴場に行った時に自分のスリッパの目印となる、かわいい物です。すばらしいシステムです!
TK076.jpg

鍵は2つ。ポイント高いです。
TK063.jpg

部屋の手前の廊下。右手前は洗面所です。
TK019.jpg

ドアを開けると、洗面所とトイレと浴室。
TK020.jpg

洗面所は広くて使いやすいです。
TK021.jpg

アメニティは最低限ですが、必要且つ十分。
TK022.jpg

浴室。使いませんでした。
TK025.jpg

シャンプー類は高級・馬油。
TK026.jpg

トイレはウォシュレット。トイレットペーパーホルダーが縦に2つ。
TK027.jpg

冷蔵庫と電気ポッドと冷水。下の壁には蛇口。
TK029.jpg

壁に「生えている」蛇口。面白いですよね。別に普通の蛇口ですが。
TK030.jpg
「名栗のおいしい水です」と書いてありました。

冷蔵庫には飲み物が入っています。自己申告制。
TK034.jpg

sTK035.jpg  sTK036.jpg

冷蔵庫飲料
ビール730円、地ビール840円、冷酒1,800円、ワイン(赤)(白)2,100円
チューハイ450円、ウーロン茶315円、コーラ315円、ジンジャーエール315円
まあ、旅館としては普通な感じですかね。

廊下を行った先に本日泊まる部屋が。
12畳くらいでしょうか。広々とした綺麗な部屋です。気持ち良いです。
TK038.jpg

窓側から入り口方面を見た写真。
TK043.jpg

窓際のテーブルと椅子。ここで食事が出来そうなくらい大きいテーブルです。
TK054.jpg
椅子も座り心地が良くて、ずっと本を読んでいました。

窓からの風景。緑がきれいですね。
TK053.jpg

テレビと金庫。テレビは26インチ。東芝レグザ26A1でした。
TK045.jpg

テレビの横の箪笥に浴衣とタオルセット。中に歯ブラシ。
TK049.jpg
足袋ソックスは無し。残念ながら作務衣もありませんでした。

広いテーブルにお菓子の箱が。
TK044.jpg

中は漬け物と「山の呼び声」。「山の呼び声」は宿の売店にも売っています。
s-060.jpg

美味しいウエハースです。
TK075.jpg

宿のしおり。これが色々書いてあって、読むところがたくさんあります。
TK062.jpg

お茶セット。さすが狭山茶の産地、お茶が美味しいです。
TK061.jpg

その3につづく・・・・
 

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大松閣 その1

2011年8月 大松閣@名栗に泊まってきました。1泊2日です。 FC2ブログ

大松閣(たいしょうかく)は昨年0泊2食で行ってきました。
料理がとても美味しかったので、今回は宿泊してみました。

前回の0泊2食のレポは→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-23.html

楽天や、じゃらんなどからも予約出来るみたいですが、今回は宿のホームページから予約しました。

埼玉県 名栗温泉 大松閣
〒357-0112 埼玉県飯能市大字下名栗917
TEL: 042-979-0505
大松閣のホームページは→【http://www.taishoukaku.com/

プラン
【おためし!スタンダード(基本)プラン】お部屋で会席コース
客室:翠明館 和室
大人@22,050円(入湯税別)


大松閣は埼玉県飯能市にあります。今回も電車で行きました。
予約をしておくと、西武池袋線の飯能駅に迎えの車が来てくれます。

飯能駅南口発 午前 10:30 ・ 11:45 / 午後15:20 ・ 16:30
今回は11:45を予約。
sTK976.jpg  sTK978.jpg

飯能駅からは約30分です。客は私たちしか居ません。まあ、11:45から行く人は少ないでしょうね。
宿には12:15頃到着。
TK001.jpg
ラウンジでチェックインまで待つ事も出来ますが、昼食を食べに、系列の「ハミング」に行きました。

「ハミング」は大松閣から歩いて5分位でしょうか。行きは下りなので楽です。
知らないと、ちょっと入れない雰囲気です。というか、店かどうかも分からない・・・
TK980.jpg

入り口は植木の間をぬっていきます。
TK982.jpg

中は外観からは想像もつかない(失礼)、おしゃれな店内です。
TK991.jpg

営業日が去年と変わっていて、金、土、日の3日間しか開いていません。ちょっと寂しいですね。

私は玄米いためご飯、スープ付き
TK989.jpg

スープは具だくさんのミネストローネ。
TK990.jpg

相方は玄米のリゾット
TK987.jpg
量は少なめなので、がっつり食べる人には物足らないかも。
でも、味は抜群においしいです。玄米好きにはたまらないものがあります。

なにせ3時のチェックインまでは、たっぷり時間があります。デザートとコーヒーも頼んでしまいました。
TK992.jpg

キャラメルとバナナのケーキ。甘くて美味しい。アイスが馬鹿うま。
TK995.jpg

名栗緑茶のシフォンケーキ。ふわふわで生クリームが美味しい。
TK994.jpg

ケーキもコーヒーも美味しくて、大満足。お腹も大満足です。ぶらぶらと歩いて大松閣に戻りました。
TK003.jpg

戻ったのは1:40頃。すぐにラウンジに案内されました。
TK010.jpg

ウエルカムドリンクはアイスティー。冷たくてとても美味しかったです。
TK009.jpg

ここで宿泊カードに記入しました。ラウンジでまったりしていたら、
2時10分頃に、部屋の準備が出来ました、と従業員さんが呼びに来てくれました。
3時チェックインだと思っていたら、1時間も前に入れてくれました。これは嬉しかったですね。

3階の部屋でした。
TK013.jpg

305号室・萩の部屋でした。
TK014.jpg


大きな地図で見る

その2につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ