おとぎの宿米屋 その4

2011年10月おとぎの宿米屋 泊まってきました。FC2ブログ

<おとぎの宿米屋>
〒962-0043 福島県須賀川市岩渕字笠木168-2
TEL:0248-62-7200
FAX:0248-62-7131

エースJTB 【優雅】 おとぎの丘プラン
和室・内風呂なし
9.5畳+洋間7.4平方m・露天風呂+シャワールーム付
チェックイン14:00(通常15:00) チェックアウト11:00
@40,100円 (東京駅発・交通費込)
ちなみに宿泊だけだとJTB価格29,700円です。

米屋ホームページは→【http://www.e-yoneya.com/

その4 朝食編

ふかふかのふとんで、ぐっすり寝たらあっという間に朝です。
朝食前は当然風呂!部屋付き露天風呂を満喫しました。

朝食は7時半から。以前の朝食は広間でしたが、
今回は昨日の夜と同じ食事処です。朝日が燦々と差し込んで、すがすがしいです。
Y496.jpg

とりあえずこれだけ用意してあります。熱いのは後から持ってきてくれます。
Y502.jpg

元々お米の流通を扱う店だっただけに、米はうまうまです。
Y497.jpg

リンゴジュース。前回もそうでしたが、美味しいリンゴジュースです。
Y498.jpg

お茶も出ます。
Y499.jpg

ドレッシングと温泉卵。
Y500.jpg

温泉卵は絶妙な出来栄えです。
Y516.jpg

三角形のは納豆。
s-2501-1.jpg

大粒でとても美味しい納豆です。普段食べているの(安い奴)とは全く違うもの。
Y517.jpg

おひたし。小松菜、しらす。
sY503.jpg
s-2503-1.jpg

煮物。
sY504.jpg sY505.jpg

s-2505-1.jpg

サラダ。
Y506.jpg

白身魚の刺身。鯛か何かかな?
sY507.jpg sY508.jpg

s-2508-1.jpg
 
梅干と白菜の漬け物。
Y509.jpg

銀だらと、きゃらぶき。銀だらがむちゃうま。
sY510.jpg
s-2510-1.jpg

味噌汁。具だくさん。
sY512.jpg
Y513_2013081606421329a.jpg

温泉入り豆乳豆腐。なめこあん。美味。
sY514.jpg
Y515.jpg

デザートはヨーグルト、ブルーベリーソース。
sY518.jpg

さっぱりして美味しい。
s-2518-1.jpg

食後はまたラウンジに行って、無料のコーヒーを頂きました。
朝食も大変美味しく、量も大満足。
チェックアウトは11時なので、部屋に帰って風呂に入ってのんびり。
Y531.jpg

11時の無料送迎バスで須賀川まで送ってもらいました。
sY534.jpg sY533.jpg

お土産に米屋のシフォンケーキ(あんず)を買って帰りました。
前日に予約をしておくと、チェックアウトまでに焼いてくれます。

今回も大満足の米屋さんでした。ぜひ再訪したい宿です。

米屋感想
良いところ
◎温泉がとろとろで化粧水のような泉質。
◎食事がどれもこれもおいしい。しかも楽しい。
◎接客はどの従業員さんも完璧。
◎アメニティ、部屋、設備充実。鍵二つあり。
◎ラウンジでのコーヒー、ジュース飲み放題。
◎大浴場(内湯、露天)ともに文句のつけようなし。

いまいちなところ。
△テレビはアナログで映りが悪い。

こんなにすばらしい宿なのに、福島にあるというだけで、宿泊客が減っているそうです。
残念なことです。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

おとぎの宿 米屋 その3

2011年10月 おとぎの宿米屋宿泊 FC2ブログ

米屋宿泊 その3夕食編

夕食は6時からお願いしました。

一階のロビーを抜けて、大浴場とは反対側にズンズン進みます。
Y419.jpg

奥に入っていくと、改装された食事処があります。
Y421.jpg

前より明るくなった感じです。
Y486.jpg

奥の方の「きらきら」という個室に案内されました。
Y484.jpg

こぢんまりとした部屋です。ドアはないので、隣の声は聞こえますが、個室なので落ち着きます。
Y422.jpg
ピンぼけスミマセン^^;

米屋といえば「おとぎ会席」
秋のおとぎ会席は「さるかに合戦」!お品書き付きです。
Y424.jpg

一話・前菜 柿の種とおにぎり
柿白和え、石川小芋柚味噌、カニつめ、十六穀米おにぎり、
サーモン絹田巻、春菊、もって菊。

さるかに合戦をイメージして、おにぎりやカニが並んでいます。
細かく、手の込んだ料理が並んでいます。
Y431.jpg

サラダはメニューにない特別料理。特別と言っても全員に出るもので、
「こんな時に福島に来てくれて」という感謝の気持ちだそうです。有り難く戴きました。
Y426.jpg

相方はさるなしジュースを注文。「さるなし」とはこくわのみとも呼ばれる、
キウイフルーツのようなものらしいです。525円。
Y433.jpg

私はお酒、熱燗を注文しました。
Y435.jpg

食前酒 巨峰のお酒、ソーダ割り。おいしい。
Y429.jpg

二話 吸物 芽が出ますように
sY436.jpg sY437.jpg

茶碗蒸し
Y438.jpg

鱧(はも)、海老、蕪卸し。
sY439.jpg

土瓶蒸し 松茸、三つ葉、すだち添え。松茸の土瓶蒸しが飲めるとは!
Y440.jpg

この土瓶蒸しの汁を茶碗蒸しにかけると、蕪卸しの中からカイワレの芽が姿を現します。
蕪(かぶら)が崩れて、カイワレが登場しました。おもしろい演出の上に、非常に美味しい。
Y441.jpg

三話 お造り すくすく育つ芽
季節のお造り三点盛り。三段のお重で来ました。大きい容器でド迫力!
sY442.jpg sY443.jpg

一段目。まぐろ、紅白つま、海藻、マーシュ
まぐろアップ!美味しい赤身でした。
Y444.jpg

二段目。鯛(たい)、紅芯大根、長芋、防風、エーデフル
sY445.jpg

鯛アップ!
Y446.jpg


三段目。かんぱち(かな?)、白きくらげ、花穂、ウニゼリー、レモン
sY447.jpg

柿をイメージして雲丹を丸く固めてあります。
Y448.jpg
ここまで一時間かかっています ^^;

四話 焼物 赤い実、青い実
sY455.jpg

赤むつ西京漬け、柚子こしょう、焼大根、牛蒡、人参、蓮根、かぶ。
左下の点々は柚子こしょう、右下の点々は海藻を固めたもの。
赤むつの西京漬けが、むちゃくちゃに美味しいです。
Y456.jpg

五話 煮物 仲間達が勢揃い
伊勢海老、南瓜、大根、昆布、栗、菊花あん、春菊。
sY457.jpg sY458.jpg

大根が臼の形になっています(笑)栗が美味しい。
Y459.jpg

六話 主菜 合戦だ!
鍋とすき焼きが選べるそうなので、鍋を選びました。炭火です。熱いです。
しょうゆと白味噌の二種類。
Y462.jpg

イベリコ豚、会津地鶏、白菜、春菊、笹がき人参と牛蒡、
長ネギ、三つ葉、ニラ、椎茸、白黒舞茸、なめこ、たもぎ茸、ひら茸。
Y463.jpg
味噌がとても美味しいです。豚も鶏もうまうま。

七話 酢物 ごめんなさい
八話 お食事 歓喜
粕汁。大根、人参、牛蒡、三つ葉、ずいき。
香の物。きゅうり、なす、大根。
Y473.jpg

酢の物。柿、大根、クリスタルゼリー、柚、タラバガニ、茗荷、菊花。
柿の酢の物って珍しいですよね。
Y475.jpg

舞茸ごはん
舞茸、銀杏、三つ葉、人参のカニ、油揚げ。
写真では葉っぱに隠れてしまっていますが、人参をカニの形に切ってあります。芸細。
Y477.jpg
どれもこれも美味しく、見た目も楽しく、お腹もいっぱいです。
さすがに米屋さん、食事は最高級ですね。
給仕をしてくれたお姉さんも親切丁寧で気配り十分、好感度大です。

九話 デザート めでたし、めでたし
豆乳チーズケーキ、柿。杏ジャム、くこの実。
sY479.jpg
杏ジャムが下に敷いてあるので、たっぷりとつけて食べました。
杏ジャムがめちゃくちゃ美味しいです。大満足です。
Y480.jpg

食後に翌日の朝食の時間を聞かれました。
その後フォトサービスといって写真を撮ってくれました。サービス度が増しています。

帰りに米屋名物・夜食のおにぎりをもらいました。
Y483.jpg
お腹がいっぱいなのに、部屋に帰ると食べてしまいます(笑)
Y482.jpg

部屋に帰るとふとんが敷いてありました。
Y493.jpg

部屋の風呂に入って寝てしまいました。

その4につづく・・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

おとぎの宿 米屋 その2

2011年10月におとぎの宿 米屋(よねや)に宿泊してきました。 FC2ブログ

米屋宿泊 その2

テレビは液晶ですが、なんだか画面が粗い。と思ったら、なんと!アナログ放送でした。
Y345.jpg
そういえば福島はまだデジタル移行が猶予されていたのですね。
DVDプレーヤーがあるので、ソフトがあれば楽しめます。

棚の中に浴衣、パジャマと籠が入っているのは変わらず。
Y348.jpg

カゴは大浴場に行く時に大変便利です。
Y349.jpg

たびソックスあり。このパジャマが厚手でとても着心地がよいのです。
滞在中はずっとこれを着ていました。
Y350.jpg

米屋は鍵が二つ。さすがです。
Y360.jpg

お菓子も2種類用意されています。
Y361.jpg

どちらも美味しい。お皿も素敵ですよね。
Y362.jpg

空気清浄機も完備。設備に関してはまったく不満無しです。
Y370.jpg

素敵な洗面台と、その横に洗い場完備。
Y351.jpg

大浴場に行かなくても、この部屋で完結します。住みたいです。
Y352.jpg

化粧品などのアメニティも十分です。
Y353.jpg
ドライヤーあり。
Y357.jpg

バスタオル2枚、タオルはなんと高級・ガーゼタオルです。
至れり尽くせりにため息が出ます。このガーゼタオルは売店でも売っています。
Y354.jpg

相変わらずとろとろの温泉。湯温が高いのも変わらず。
湯温を下げるのにコツが要りますが、前回で学習済み。
Y359.jpg

二人並んで入れる、広い露天風呂。お肌すべすべです。ここに浸かっていると、この世の極楽です。
Y358.jpg

部屋付き露天風呂の横の窓から見た風景。
Y369.jpg

大浴場は改装したというので行ってみました。
男女別に分かれていて、時間で交代です。3時頃行ったら、左が女性、右が男性でした。
左の大浴場の前に蛇のようなものが床に置かれています。何なのかよく分かりません・・・
Y398.jpg

右の大浴場。この時は男性用。入り口が何かお洒落。
Y399.jpg

改装したばかりできれいな男湯の脱衣場です。
Y401.jpg

洗面台も、
Y402.jpg

脱衣カゴもお洒落~。
Y403.jpg

お水、体重計あり。
Y404.jpg

タオルはたっぷりと置いてあります。手ぶらで来られます。
Y405.jpg

カランにはそれぞれ仕切りがついていました。
Y407.jpg

湯温を調節して快適な温度の大浴場。相変わらず広々としていて、何度も来たくなります。
Y408.jpg

一番変わったのは露天風呂。しかし入浴中のお客さんが居たので写真は撮れませんでした。

前に朝食を食べていた広間の前がカフェスペースに変身しました。
Y409.jpg

その名も「おとぎの森カフェ」
Y410.jpg

風呂上がりの待ち合わせにちょうど良いです。
Y411.jpg

木に囲まれて非常に落ち着く空間に仕上がっていました。
Y413.jpg

部屋も魅力的ですが、このカフェもものすごく魅力的です。
Y416.jpg

ソフトドリンクは無料なので、好きなだけ飲めます。コーヒー、紅茶、ジュースとよりどりみどり。
Y414.jpg

オレンジジュースを頂きました。風呂上がりにはぴったり。
Y415.jpg

その3につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

おとぎの宿米屋宿泊 2011年

2011年10月 福島県須賀川の米屋(よねや)に泊まってきました。FC2ブログ

2回目の宿泊になります。実は3月に予約をしていたのですが、東日本大震災の影響で
泣く泣くキャンセルしてしまった米屋。リベンジになりましたが、10月になってしまいました。

今回もJTBのプランで行きました。
エースJTB 【優雅】 おとぎの丘プラン
和室・内風呂なし
9.5畳+洋間7.4平方m・露天風呂+シャワールーム付
チェックイン14:00(通常15:00) チェックアウト11:00
@40,100円×2=80,200円 (東京駅発・交通費込)

ちなみに宿泊だけだとJTB価格29,700円です。

東京駅から新幹線で行きました。「知床鮨」というのを買って昼食に。
sY312.jpg sY317.jpg

郡山で在来線に乗り換えて、今回は鏡石駅から行きました。橋上にスイカの装置がぽつんとありました。
sY319.jpg sY320.jpg

鏡石駅は何もない淋しい駅でした。駅前に1台だけ停まっていたタクシーで米屋に。
sY321.jpg sY322.jpg

すぐに到着。須賀川より近いです。以前と変わらない佇まいです。
Y371.jpg
地震の被害は少なかったようですが、平日の客数が激減と聞きました。
Y373.jpg

ロピーも変わらない感じです。高級感あふれて、落ち着ける佇まい。
Y325.jpg

タクシーを降りたら従業員さんが飛んできて、案内してくれました。
Y324.jpg

アーリーチェックインなので2時前です。ロビーでウエルカムドリンク&お菓子をいただきました。
米屋の抹茶シフォンケーキとハーブティ。器がウサギでかわいい。
Y327.jpg

ケーキはもちろん、生クリームが美味しい。
s-328-1.jpg

程なく部屋に案内されました。
Y331.jpg

前回とは違う部屋でした。おとぎの丘、花びらひらり
Y330.jpg

踏み込みと下駄箱。
sY332.jpg sY333.jpg

下駄箱の上には可愛いお人形さんが。
Y334.jpg

踏み込みの左にお茶スペース。隣のドアがトイレです。
Y335.jpg

前回泊まった時にあったコーヒーメーカーはなくなっていました。
Y337.jpg

お茶が二種類。棒茶と緑茶。そしてティファールの湯沸しポッド。
Y336.jpg

お茶セットの下には冷蔵庫。
Y338.jpg

冷蔵庫の中にはミネラルウォーターときゅうりの漬物。どちらもサービス品で無料です。
Y339.jpg

きゅうりの漬物を後で食べようと思ってすっかり忘れてしまいました。大失敗~!
Y340.jpg

トイレはウォシュレット。斜めっていますがきれいで使いやすいです。快適。
Y341.jpg

花びらひらりの部屋は9.5畳プラス板の間7.4平方m。
Y342.jpg
前回と同じ広さです。意外と広く感じます。綺麗で快適な部屋です。

反対側からの写真。
Y346.jpg

北欧のデザイナーズチェアが置いてあります。おしゃれです。
Y347.jpg


その2につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ