新木鉱泉 正月連泊 その6

2012年12月 新木鉱泉 正月連泊 その6 FC2ブログ

<新木鉱泉>
〒368-0004埼玉県秩父市山田1538番地 電話:0494-23-2641(代)
新木鉱泉のホームページは→【http://www.onsen-yado.net/

宿泊プラン
【のんびり過ごそう年末年始】気楽に気ままに温泉を満喫!◆露天風呂付き客室◆
【ひのきの間】※ひのき風呂※(露天風呂付客室・和室12畳間バストイレ掘りごたつ付
1人1泊2食付き @25,900円


3日目の朝食編(朝食は2回目)

8時から大広間で。
_a3162.jpg

テーブルも前日と同じでした。
_a3163-1.jpg

2回目の朝食は通常のものに戻っていました。
_a3164.jpg
昨日から宿泊した部屋の客にはお節が用意されていました。3分の2位の客は入れ替わっていたようですね。

前回はすいとんでしたが、今回は沢煮。固形燃料で暖めます。
s_a3166.jpg
大根、人参、牛蒡、牛肉、にら、もやし、椎茸、生麩と盛りだくさん。相変わらず出汁が美味しい。
_a3167.jpg

籠の中の料理は前回宿泊した時と余り変わっていない感じです。
_a3165.jpg

野菜ジュース。人参ジュースらしいですが、りんごの味もする美味しいもの。
_a3168.jpg

切り干し大根。ピリ辛。美味しい。
_a3169.jpg

サラダ。レタス、タマネギ、キュウリ。
_a3170.jpg

納豆。大粒で美味しい。
_a3171.jpg

もろみ味噌(?)。しょっぱい。
_a3172.jpg

漬け物。しゃくしな漬(?)。美味しい。
_a3173.jpg

鮭とふき味噌。ふき味噌は苦いです。
_a3174.jpg

ご飯はおかわり自由です。
_a3175.jpg

茶碗蒸しは熱々を持ってきてくれます。
_a3178.jpg

お味噌汁も熱々が運ばれてきます。
_a3181.jpg

食後はコーヒーを頂いて部屋で飲みました。

チェックアウトは11時。大浴場は10時で終わりですが、部屋の風呂は11時まで入れます。
ゆっくりと風呂に入ってのんびりとしました。

11時にはチェックアウトでフロントはちょい混雑。何処にも寄らずにとっとと帰りました。

新木鉱泉感想。

良いところ。
◎食事が大変おいしい。
◎温泉泉質が良い。源泉も良い。
◎ひのきの間露天風呂は二人で入れる。
◎建物は古いが、部屋はきれい。
◎掘りごたつは良い。
◎無線LAN(Free Spot)が部屋で使える。
◎女将さん、従業員さんは親切丁寧。
◎朝の無料コーヒーはうれしい。
◎正月の露天風呂付き部屋にしては比較的安い。

いまいちなところ。
△鍵が一つ。
△部屋のコンセントが少ない。
△廊下からの音はよく聞こえる。
△デザートがふとんを敷いた後に来るのはいかがなものか?
△ひのきの間の洋服かけは狭くて使いづらい。
△ひのきの間の露天風呂への階段最上部は滑る。
△ひのきの間の入り口の踏み込みと部屋の段差が気になる。
△急須が小さい。お茶3パックしかない。
△宿泊アンケートが無いのはいかがなものか?

静かという点では「せせらぎの間」のほうが良いです。「せせらぎの間」にはマッサージチェアもありますしね。
今度は「いちいの間」に泊まってみたいです。

スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新木鉱泉 正月連泊 その5

2011年12月 新木鉱泉 正月連泊 その5 夕食2回目 FC2ブログ

連泊2日目の夕食。もちろん部屋食です。5時50分に運ばれてきました。
2日目メインはビーフシチューです。最初にこれだけ並びます。
_a3121.jpg

この日もドリンク一本サービス。
_a3123.jpg

前菜。
_a3124.jpg

↓左からまぐろ、小蟹の唐揚げ。まぐろは煮てあります。蟹はパリパリで美味しい。
_a3125.jpg

↓左から明太子、わかさぎ昆布巻。明太子は最後までとっておいて、ご飯と一緒に食べました。
_a3126.jpg

岩魚の卵、大根おろし。岩魚の卵は珍しいですね。イクラと違い、硬いです。ブチブチした感触。
_a3127.jpg

煮物。帆立、大根、菜の花。出汁が美味しくて、特に大根が美味。帆立はプリプリ。
s_a3129.jpg
_a3130.jpg

お造り。炙りさわら、海老、まぐろ赤身。この日の鮪は筋が無くて美味しい。
s_a3131.jpg
_a3132.jpg

焼物。むつ
s_a3133.jpg
西京漬け。脂がのっていて、やわらかくて、味が染みていてうまうま。今まで食べた西京漬けの中でも最強かも。
これだけでご飯が何杯でも食べられる感じです(要するに塩っぱい)。
_a3134.jpg

メインディッシュのビーフシチュー
固形燃料の火を自分で点けさせてもらえたので、自分のペースで食べられました。
s_a3135.jpg  s_a3136.jpg

ビーフの他にじゃがいも、しめじ、ブロッコリー入り。肉は分厚いのに軟らかくてとろとろ、うまうま。
_a3137.jpg

ここからは熱々が運ばれてきます。
蒸し物。芋(海老芋?)、ズワイガニ、生麩
s_a3138.jpg  s_a3139.jpg

蟹も美味しいですが、上に乗っている生姜がおいしい。
かかっているあんが美味しい。茜庵に匹敵する味。
_a3140.jpg

天ぷら。椎茸、蓮根のはさみ揚げ、大葉
_a3142.jpg
蓮根の穴とか、紫蘇の葉の裏側、椎茸の裏側に魚、海老のすり身が一杯詰まっています。

この天ぷらはうまうまです。しかし、ボリュームたっぷりというか、何というか、
これだけでお腹がいっぱいになる感じです。
_a3147-2.jpg

二日目に食前酒がなかったので、忘れたのかと思い従業員さんに聞いてみたところ、
この日の料理には食前酒がつかない、との事。
昨日の食前酒が美味しかったので、別注で梅酒をロックで頂きました。630円。
_a3143.jpg
甘いですが大変美味しい梅酒です。女将さんに聞いたところ、3年物の自家製梅酒だそうです。
梅も取り寄せの特注品らしいです。梅酒好きならお薦めします。

焼き筍、肉味噌、ゆで卵
_a3146.jpg
手で剝いて真ん中を食べます。肉味噌はご飯にも合う、と従業員さんが言っていました。
柔らかくてトウモロコシのような味がします。しかし、この時期に筍とは?・・・・

お食事。フロントに電話をするまでは持ってきません。
_a3149.jpg
お吸い物は毎回同じですが、絶品物なので何度でもOK。中に入っている焼きカレイがうまうまなのです。

うどん。ご飯と一緒に運ばれてきます。
s_a3151.jpg

真ん中にわさびが乗っているので、かき混ぜて食べてください、
と従業員さんに言われましたが、わさびがどこにあるのかわからずじまい・・・・。
_a3152.jpg

香の物大根、ピリ辛しば漬けほうじ茶
s_a3153.jpg  s_a3154.jpg


2日目の夕食、量が多すぎて、お腹が苦しいです。ハーハーため息をつきながら食べました。
というか後半は会話も途切れて、ひたすら口に入れる作業(笑)。前日より量が多い気がします。
しかし、どの料理も美味しくて大満足です。
特に変わった料理ではないですが、ひとつひとつが丁寧に作ってあってすばらしいです。

デザート。ゆずシャーベット
_a3158.jpg

お腹がいっぱいなのにこれは入ってしまいます。何故でしょうか(笑)
_a3159.jpg

その6につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新木鉱泉 正月連泊 その4

2011年12月 新木鉱泉 正月連泊 その4 FC2ブログ

1月1日朝食編

新木鉱泉の朝食は大広間で食べます。朝食は8時から好きな時に行きます。

腹の減っていた私達は8時きっかりに行きました。ほぼ一番乗り\(^O^)/
_a3072.jpg

席は前回と同じ端の席でした。大広間ですが、隣の席との間隔が
結構あるので、隣は意外と気になりません。もちろん声は聞こえますけどね。
_a3073-1.jpg

お正月なのでお節料理でした。すごいボリュームです!あちこちで歓声が上がっていました。
しかし、お屠蘇がないのが残念でした。日本酒を頼んでいるテーブルが多かったですね。
_a3074.jpg

下敷きの紙も、箸カバーも正月らしい。BGMはオルゴールのスタジオジブリ映画音楽。
_a3090.jpg

お節料理が大皿に二人分盛られています。食べきれるかどうか、心配でした。
_a3076.jpg

ちょっと汚くなってしまいますが、写真に文字を入れて紹介します。
_a3076-1.jpg
鶏肉にかかっている梅肉ソースが美味。鮎は丸ごと食べられます。

反対側に隠れている料理。
_a3075-1.jpg

旅館でこんなに典型的お節料理がいただけるとは思いませんでした。全体的に塩っぱかったけど、
どれも美味しかったです。これだけのものを作るのは大変でしょうね。

伊勢海老。美味しい。
s-_a3077.jpg
_a3077-1.jpg

豪華な籠のような二段のお重。
_a3080.jpg

上の段。
s-_a3081.jpg
左側は厚切りの酢ダコ、酢漬け大根。右は人参、青菜、白身魚の昆布巻き
_a3082.jpg

下の段。
s-_a3083.jpg
かまぼこ、数の子、黒豆。数の子は大きくて食べ応え有り。
_a3084.jpg

お雑煮は暖かいのを持ってきてくれます。
s-_a3086.jpg

お餅2個、鴨肉、大根、人参、牛蒡、三つ葉、里芋。大変美味しい。
_a3088.jpg

ご飯は従業員さんが席まで持ってきてくれます。
_a3091.jpg
おかわり自由です。お茶もご飯も従業員さんがこまめに回ってくれるので、気軽に声をかけることが出来ます。

もう大満足、大満腹で大広間を後にしました。
フロント横にコーヒーが置いてあります。無料サービスなので、ありがたくいただいて部屋に持って行きました。
_a3092.jpg

豆も水もおいしため、コーヒーはとても美味です。しかし少々カップが小さいので、お代わりしてしまいました。
_a3094.jpg

連泊の醍醐味は、一日中宿に滞在できることです。風呂も部屋付き露天風呂で入り放題。
しかし一日中部屋にいても仕方がないので、初詣に行きました。秩父神社に行ってきました。

西武秩父駅に行く送迎バスが9時50分に出るので便乗させてもらいました。送迎バスは満員。
最初に西武秩父駅に寄りましたが、だれも降りません。なんと全員秩父神社行きでした(笑)
_a3098.jpg

結構有名な神社なので、ものすごい人出を予想していましたが、
それほどでもなく、拍子抜けしました。
_a3101-1.jpg
参拝もすぐに出来て、帰りは歩いて帰りました。ぶらぶら歩いて50分くらいでしょうか。
帰りに道の駅・秩父で買ってきた干し柿とお菓子で昼食代わりにしてしまいました。
あとは風呂三昧で一日を過ごしました。極楽極楽。

その5につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新木鉱泉 正月連泊 その3

2011年12月 新木鉱泉 正月連泊 その3 夕食編 FC2ブログ

新木鉱泉(あらきこうせん)の大浴場は昨年5月に泊まった時と多分変わらないので、割愛します。

大浴場の2011年5月プログ記事→【新木鉱泉 その2

1日目の夕食

新木鉱泉夕食は部屋食です。6時にお願いしましたが、15分位前に運ばれてきました。早っ!

部屋食は他人に気兼ねなく食事できますが、部屋もなんとなく片付けておかなければいけないし、
食事を配膳している間の、ちょっと気まずい雰囲気が苦手です。

まずはこれだけ運ばれてきます。お品書き無しです。従って食材は私達の想像になります。
_a3034.jpg

プランのサービスで夕食時ドリンク1本サービスでした。
私は秩父の地ビール、相方はウーロン茶をお願いしました。飲んじゃって空の瓶ですが(笑)
s_a3052.jpg  s_a3053.jpg

前菜。綺麗な硝子の器。
s_a3036.jpg

長芋の上に青のりこんにゃく、酢味噌。長芋はしゃきしゃきで美味しい。
_a3037.jpg

ふくさ玉子、花豆。豆は甘くて柔らかいです。美味。
_a3038.jpg

エビチリ
_a3039.jpg

つぶ貝。つぶ貝も美味しい。
_a3040.jpg

食前酒 自家製梅酒。とても美味しいです。
_a3041.jpg

お造り 海老、まぐろ、いか
s_a3042.jpg

まぐろは筋っぽかったですが、どれも普通に美味しいです。
_a3043.jpg

岩魚の塩焼き、昆布
_a3045.jpg
焼きたてを持ってきてくれました。しかし他の料理を食べているうちに冷めてしまいました。
でも冷めていても、美味しかったです。塩加減が良いですね。

ごま豆腐、百合根.。ごま豆腐も美味しいですが、乗っているわさびが美味しい。
_a3046-1.jpg

煮物 里芋、人参、こんにゃく、車麩、おくら
s_a3047.jpg
人参の細工が細かい。薄味で私達好みです。
_a3048.jpg

焼物・陶板焼き 牛肉、しめじ、サツマイモ、ブロッコリー
s_a3049.jpg  s_a3050.jpg

固形燃料に火をつけるのを自分でやらせてくれたので、後から熱々を食べることが出来ました。
_a3051.jpg
肉がジューシーでうまうま。相当良い肉だと思われます。

ここから、熱々が運ばれてきます。と言っても、
食事開始からすぐに運ばれてくるので、食べるのに忙しい。

タマネギのクリーム煮
s_a3054.jpg  s_a3055.jpg

_a3056.jpg
出ました!新木鉱泉名物です。これは何度食べても美味しいです。
タマネギが丸ごと一個入っています。トロトロでうまうま。絶品。お替わりしたいです(笑)。

天ぷらも熱々が運ばれてきます。天つゆと塩の両方が用意されています。
s_a3058.jpg  s_a3057.jpg

さくさくで美味。海老はプリプリです。
_a3059.jpg

ご飯はフロントに電話をするまで運ばれてきません。ゆっくりと食べられて良いシステムですね。
_a3061.jpg

相変わらず絶品のすまし汁。出汁が濃厚で強烈です。
_a3062.jpg
ほうじ茶も一緒に持ってきてくれます。漬け物は自家製? とても美味しいです。

どの料理も美味しいです。満腹で苦しいです。質も量も大満足の夕食でした。

食事が終わってフロントに電話をすれば、片付けに来て、その後ふとんを敷いてくれます。
テーブルの上にお知らせを置いていってくれます。翌日の大浴場の案内と、朝食の案内です。
_a3067.jpg

_a3068.jpg

ふとんを敷き終わった後、デザートが運ばれてきます。相も変わらず不思議なシステムですね。
バニラアイスクリームと苺でした。
s_a3069.jpg

_a3070.jpg

最後に年越し蕎麦が運ばれてきました。一口ですが、美味しかったです。
_a3071.jpg

疲れと酒の酔いで、私は早々に寝てしまいました。私は朝まで起きなかったのですが、この日は大晦日。
夜中の12時になると、隣の河原で花火を打ち上げたらしいです。
ものすごい音と、花火の明るさで相方は目が覚めた、と言います。

まあ、大晦日なので12時過ぎまで起きている人がほとんどだったでしょうが、
花火を打ち上げるなら、打ち上げると一言知らせて欲しかった、と相方は文句を言っていました。
一度寝てから花火で起こされたので、非常に機嫌が悪かったです(笑)。

天井の電灯が天窓になっているので、花火でものすごく明るくなったらしいです。
私は知らずに寝ていましたけどね。

その4につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新木鉱泉正月連泊 その2

2011年12月 新木鉱泉@秩父 正月連泊 その2 FC2ブログ
部屋編 「ひのきの間」

12畳和室。床の間とか広縁がないのでほぼ正味12畳です。
_a2979.jpg
奥の左が露天風呂の出口です。面白いのは天井の照明。
蛍光灯なのですが、真ん中は天窓になっているみたいで、夜も月明かりで仄かに明るいです。

入り口の横、バス・トイレの裏にある衣装入れ。
_a2987.jpg

↓開けると奥行きが20cmくらいしかありません!(驚)
_a2988.jpg

↓横から撮影するとこんな感じ。
_a2989.jpg
こんなに奥行きのない衣装入れは初めて見ました・・・(^_^)
もちろんコートなんかは横に入りません。斜めに入れて、急いで扉を閉める感じ(笑)
どうやらユニットバスを無理矢理入れたしわ寄せがここに来ているようです。

掘りごたつの上にお菓子とテレビガイドと宿泊カード。
_a2985.jpg

鍵は1つ。残念ですね。
_a2990.jpg

お菓子は秩父のお菓子屋「玉木家」の秩父焼、種なし梅ととうがらし梅茶。
_a2991.jpg
秩父焼はくるみあん入りパイの焼き菓子で美味しかった。お土産に買って帰りました。

浴衣、半纏、バスタオル。バスタオルは露天風呂出口にもあったので合計2枚。
_a2992.jpg

くし、綿棒。男性用と女性用の内容が違うのは前回と同じです。
_a2993.jpg

フェイスタオル、たびソックス。
_a3032.jpg

冷蔵庫は部屋の隅に。
_a2996.jpg

一番下は空いていて、自分の持ち込み品が入れられます。
_a2998.jpg

保温ポットと冷水。下には金庫。
_a3000.jpg
せせらぎの間には電動ポットがありましたが、ひのきの間は手で給湯するタイプ。微妙に違いがあります。

お茶セット。
_a3003.jpg

1回分ずつパックになっているのは良いですが、3パックしかないのは変わらず。
しかも微妙に美味しくない。茶匙があるのも謎です(笑)
_a3116.jpg

行灯。コンセントが合計3つしかなく、古さを感じます。
_a3006.jpg

テレビはシャープ・アクオス32インチ。とてもきれいな液晶。さすがシャープだと感心しました。
_a3007.jpg

加湿器が置いてありました。ドウシシャのおしゃれなもの。
_a3008.jpg
しかし使い方の説明が全く無く、電源を入れても作動しなかった。
給水のバルブがちょっと壊れ気味でした。何とか使えるようになりましたが。

露天風呂への出口にバスタオルとタオル掛け。
_a3013.jpg

露天風呂への出口。
_a3011.jpg

露天風呂は階段を4段上がったところにあります。3段は木の階段ですが、一番上がコンクリート。
_a3012.jpg
これが風呂上がりに帰る時に滑る滑る。初めて帰ってきた時に、滑って落ちそうになりました。

上がる時には注意と書いてあるのですが、降りる時は見えないし・・・。危ないので滑り止めが欲しいです。
_a3014.jpg

階段を上りきって、数歩歩いて露天風呂。この数歩が寒い(笑)
_a3015.jpg

一階の部屋の中では一番高い位置にあるそうです。位置的には「せせらぎの間」の上になります。
_a3021.jpg

風呂桶は広いです。二人で入れます。もちろん檜(ひのき)です。
_a3017.jpg

川向こうには民家が数軒。木があるので昼間はほとんど見えないでしょうが、
夜は結構見えちゃうかも。すだれは必需品です。
_a3016.jpg

部屋の露天風呂は相変わらずぬるめで、ずっと入っていられます。
何回入ったか数えられません。泉質も肌がすべすべになるトロトロ温泉。最高です。
_a3018.jpg
ただ、源泉掛け流しではないようです。恐らく循環。湯温が低くなるとボイラーが作動します。

その3につづく・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新木鉱泉 正月連泊

2011年12月 新木鉱泉(あらきこうせん)に正月連泊してきました。FC2ブログ

正月は前回泊まった竹取物語も考えたのですが、
やはり露天風呂付き部屋が良いだろうと(強く)思い、新木鉱泉にしました。

新木鉱泉の正月予約は10月1日0:00からでした。
夜中の十二時丁度に準備万端にして予約ページに行くと、
狙っていたせせらぎの間は既に空いていません。
次に狙っていたいちいの間ももう予約が取れない状態。
どうやったら、せせらぎの間は予約できるのでしょうか???

空いているのはもみじの間ひのきの間だけです。
もみじの間は部屋の風呂が陶器なので、ひのきの間を予約しました。

宿泊プラン
【のんびり過ごそう年末年始】気楽に気ままに温泉を満喫!◆露天風呂付き客室◆
【ひのきの間】※ひのき風呂※(露天風呂付客室・和室12畳間バストイレ掘りごたつ付

1人1泊2食付き @25,900円
楽天トラベルで事前クレジットカード払い

新木鉱泉は2011年5月に連泊しているので、二回目です。
今回は車で行きました。

新木鉱泉のある秩父は私の家から比較的近く、高速道路を使わずに一般道で2時間ほどで行けます。
途中の蕎麦屋で昼食。「茂むら」。 茂むらの案内はこちら
_a2956.jpg

私は肉汁十割そば。1,260円。特選もち豚ロース入り。
_a2947.jpg

相方は里汁十割そば。1,260円。なすときのこを鴨汁で炒めたもの。
_a2948.jpg
そばは十割そばでとても美味しい。

時間がたっぷりあったので、デザートにそばドーナッツとコーヒー。
_a2952.jpg
あまり蕎麦の味はしませんでしたが、でも美味しいドーナッツとコーヒー。
ドーナッツは余り甘くなくて私好み。

コーヒーのみで120円、そばドーナッツ付きコーヒーで240円という激安価格!
「茂むら」に行くのであればお薦めします。
_a2953.jpg

道路は空いていて、のんびり行ったつもりでも2時半前に宿に着いてしまいました。
さすがに早いので、近くの垣持神社にお参りに行きました。
チェックインは3時なのですが、2時50分に戻って新木鉱泉に入りました。
_a2957.jpg

前回5月と変わらぬ佇まい。
_a2958.jpg

玄関の前に門松がでんと構えていて、お正月を迎える気分満点です。
_a2963.jpg

玄関を入ると女将さんと従業員さんがお出迎えです。黒光りする床も変わらずの佇まい。
_a3105.jpg

従業員さんにすぐに部屋に案内されました。
_a2966.jpg

一階の突き当たりを曲がり、置くから二番目の部屋ひのきの間
_a2967.jpg

引き戸を開けると踏み込み。少し段があって部屋に入る感じ。踏み込みの右は押し入れ。
_a2969.jpg

踏み込みの左はバス・トイレです。
_a2970.jpg

ユニットバスですが、完全なピンぼけ。すみません。
_a2971.jpg

シャンプー、リンスなど一通りそろっています。消臭スプレー完備。シェービング用の泡石鹸もあります。
_a2972.jpg

もともと内風呂があったところに、後からユニットバスを押し込んだだろうと予想されるものでした。
それ自体はきれいで使いやすく、良いのですが、そのために部屋の方に犠牲が・・・・・
それは後ほど。

引き戸を開けると12畳の部屋がありました。
_a2974.jpg

その2につづく・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ