花の風@今井浜 2012年 その6 3日目朝食

2012年5月上旬 今井浜温泉・花の風に連泊。FC2ブログ

伊豆今井浜温泉 花の風
〒413-0503 静岡県賀茂郡河津町見高97-73
TEL/0558-34-1188 FAX/0558-34-1783

花の風ホームページは→http://www.hananokaze.com/

部屋タイプ:花菖蒲(はなしょうぶ)
プラン名:花の風スタンダードプラン
料金:@27,500円+入湯税@150円

宿のホームページから直接予約。現地で現金払い。

電車で行きました。駅ネットで予約。
行き:乗車券 東京山手線内→河津@¥3,040 :踊り子号 特急券(稲取駅まで)@¥2,510
帰り:乗車券 河津→東京都区内@¥3,040 :スーパービュ踊り子号(河津駅から)@¥2,880

その6 3日目朝食編。

8時15分に食事会場に。
h1k500.jpg
2日目とは大分違っています。
h1k502.jpg

小皿
h1k505.jpg

鯵(アジ)の薩摩揚げとたらこ
h1k506.jpg

小女子(コウナゴ)とくるみ
h1k507.jpg

納豆
h1k508.jpg

ひじき、人参、椎茸
h1k509.jpg

漬け物
h1k511.jpg

海苔。いつもの高級海苔。
h1k513.jpg

サラダ。自分でドレッシングをかけます。
h1k514.jpg

鮪(まぐろ)のづけ。味が染みていて美味しい。
h1k515.jpg

デザートのフルーツ
h1k517.jpg

ここまではテーブルに並んでいますが、ここからは席に着くと持ってきてくれます。

自家製オレンジジュース
h1k523.jpg

揚げ出し豆腐。濃い味で美味しい。
h1k519.jpg
h1k521.jpg

エボタイ
h1k525.jpg
連泊特典なのか、前日にこの朝の干物を選べる、と女将さんが申し出てくれました。
せっかくなので、二人で別々の干物を注文しました。
干物の定番、「エボタイ」。さすがのおいしさ。

かます
h1k527.jpg
とても美味しい「かます」でした。エボタイよりも美味しかったです。あまりのおいしさに、
「かま康」さんでお土産に買ってしまいました。

味噌汁
h1k529.jpg
h1k531.jpg
具は「かめのて」。伊豆でとれるそうです。とても美味しかったです。
しかしあまりとれないので、貴重品だそうです。連泊客のみに出すそうです。
前回泊まったときは、フジツボが味噌汁に入っていましたが、今回は「かめのて」。毎回珍品が出てきて感動。

御飯とお茶
h2k522.jpg h2k524.jpg

食後のコーヒー。無線呼び鈴で持ってきてくれます。
h1k537.jpg

これぞ、「ザ・日本旅館」とでも言うような朝食でした(笑)。
どれもこれも美味しくて、堪能しました。特にかますの干物が絶品でした。満腹です。

チェックアウトは10時なので、部屋に帰り温泉に入りました。
チェックアウト時に美味しかった地海苔を買おうとしたら、リピーター特典で一つ地海苔がもらえる、
というので有り難く頂きました。しかし、もう一袋別に買って買えれば良かったと、
家に帰ってから後悔しました。本当にこの地海苔はおいしいです。

今井浜駅まで車で送ってくれたので、下りの電車に乗り、河津駅まで行きました。
h1k540.jpg
河津駅降りてすぐ所にある、「かま康」さんでお土産の干物を買って帰りました。
「かま康」さんは、「花の風」にも魚を卸している魚屋さんです。

h1k541.jpg
河津駅の自動販売機で見つけた変わった飲料。思わず買ってしまいました。

花の風感想。
◎料理は最高においしい。オリジナリティにあふれる至高の料理。
◎女将さん、若主人を筆頭に親切、丁寧な接客で満足度高い。
◎最低限の接客で、ほっておかれ系。私達にはぴったり。
◎建物、部屋は綺麗で高級感あふれている。
◎ベッドの寝心地が良い。快適です。
◎設備、アメニティはほぼ全て揃っている感じで、全く不満なし。
◎パジャマが用意されているので楽ちん。
◎「花菖蒲」の部屋付き風呂は広くて眺めも良く、非常に快適。
◎景色が良い。静かな立地。
◎無線LAN装備。フリースポットでした。

いまいちなところ。
△絶対金額が高め(私達には)。
△山の上にあるので、駅から歩いて行くには少し辛い。
△防音工事を行ったらしいが、隣の音は聞こえる。
△部屋付き風呂の湯温は自由に調節できない。
△世話を焼いてほしい人には不向きの宿。
△枕はいまいちだった。

いまいちなところ、といろいろ並べましたが、不満の度合いは少なく、気にならない程度のものばかりです。
絶対金額が高いですが、あれだけの料理を出されると値段相応どころか安いかも、と思ってしまいます。
部屋付き風呂が広くて快適だったので、次回泊まるとすれば同じ部屋にしますね。
ラムネ風呂も気になりますが、風呂桶が小さめなので多分宿泊しないでしょう。
またぜひ再訪したい宿です。

おまけ情報:花の風はテレビ東京系列の温泉番組「厳選いい宿」で紹介されました。

ホームページは→http://iiyado.tv-tokyo.co.jp/yado/?yid=1267

「厳選いい宿」プランもあります。ちょっとお得なのかな?
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

花の風@今井浜 2012年 その5 夕食編

2012年5月上旬 今井浜温泉・花の風に連泊。FC2ブログ

その5 2日目夕食編。

6時過ぎに電話がかかってきました。
食事会場に行くと、今度は反対側の端の席。やはりBGMはジャズ。外ではウグイスも鳴いていました。
h1k364.jpg
もちろんお品書き付き。連泊2日目なのでメニューの変化が楽しみです。
h1k391.jpg
最初はこんな感じで並んでいます。
h1k395.jpg

この日は特別純米・開運(かいうん)辛口(掛川、土井酒造)を一合(\500)頼みました。
相方はウーロン茶(\250)を頼みました。
h2k401.jpg h2k403.jpg
さらりとした透明感あふれる日本酒でした。美味。

食前酒 自家製やまぼうし酒
h1k369.jpg
変わった味です。飲むとカラメルのような香りがします。ちょっとアルコール度が高め?

前菜盛
h1k366.jpg

わさび茎醤油漬け
h1k371.jpg
ちょっと辛めの漬け物のような味。さすが伊豆という感じです。

もずくレモン酢
h1k372.jpg
シコシコしていました。

筍とこんにゃくの白和え
h1k373.jpg

金柑玉子の巣ごもり
h1k374.jpg
h1k375.jpg
うずらの卵と青のりと、とろろ。出汁が美味で、何とも言えないおいしさ。至高の味です。

鴨ローストのマスタードポン酢
h1k376.jpg
鴨ローストアップ!
h1k378.jpg
鴨もむちゃくちゃに美味しいです。

胡麻豆腐
h1k377.jpg
ごまの味たっぷりの美味しい豆腐。前菜だけで、もう大満足してしまう感じです。

お造り 本日入荷地魚盛り合わせ 天城わさび添え 舟盛り二人前です。h1k367.jpg
刺身アップ! イサキ、ぶり、まぐろ、メダイ
h1k368.jpg
イサキはプリプリでうまうま。ぶりはシコシコ。

天城わさび 何故かこのわさびはとても辛かったです。美味しいですが。
h1k384.jpg

焼き物 さざえ香草焼き メイン料理第一弾。
h1k396.jpg
さざえアップ!
h1k397.jpg
これは絶品です!「花の風」の名物の一つらしいですが、確かに看板料理と思えるものです。
さざえの中身を取り出して、細かく切り刻んで、ハーブと一緒に料理しているもの。パン粉との組み合わせも最高。
さざえの生臭さが全くなく、サザエが二つ分くらいは入っている量で、食べても食べてもサザエが出てきます(笑)。
これはもう一度食べたい料理ナンバーワンかもしれません。

椀物 海老進上沢煮椀
h1k403.jpg h1k404.jpg
海老しんじょうアップ!
h1k405.jpg
ふたを開けたらものすごく良い出汁の香りが立ちこめます。出汁が強烈で絶品。うまうまの一品です。
この段階で既にお腹がいっぱいになってきました。先行き不安です(笑)

変わり皿 地場野菜と熱川ポークの炭火焼き メイン料理第二弾。
h1k406.jpg
熱川ポークアップ!塩味で味付けしてあります。
h1k407.jpg
ポークの他は、トマト、ピーマン、かぼちゃ、たまねぎにレモン。バジルソース。岩塩付き。
岩塩にわさびを混ぜてポークに付けると美味しい、と若主人に教えていただきました。

ものすごく柔らかくてうまうまのポーク。バジルソースをつけると味が激変。臭みが消えて至高の味に。
4枚のポークは食べ応え十分でした。

洋皿 海鮮カルパッチョ
h1k410.jpg
海鮮カルパッチョアップ!ド迫力です。
h1k411.jpg
イタリアンテイストですね。コショウがかかっていて辛めです。
バラの花のようなものはスモークサーモン。さすがに塩っぱいですが美味。
右下のトマトは甘くて美味しい。ベビーリーフ。イカは柔らかくてうまうま。

煮魚 金目鯛姿煮、針生姜 メイン料理第三弾。
h1k420.jpg
出ましたー!花の風、というより伊豆名物のキンメダイ煮付け。二人で一匹ですが、デカイです。
h1k413.jpg
甘いです。柔らかくてうまうま。さすがです。もう完全にお腹いっぱいです。

煮物 筍の揚げ浸し
h1k421.jpg
h1k422.jpg
本当はこちらの料理がキンメダイ煮付けより前に出てくるはずなのですが、
料理が遅れているとのことでキンメを先に持ってきてもらいました。
筍の中に鶏肉が入っていて、非常に美味しいのですが、量も多くてヘビーです。苦しいです。

お食事 ご飯、地海苔、香の物、味噌汁
h1k415.jpg
漬け物はきゅうり、ごぼう、大根。
h2k418.jpg h2k419.jpg
h2k420.jpg h2k421.jpg

味噌汁
h1k424.jpg
金目鯛のあら汁。おお!ここでも金目鯛が登場しました。
むちゃくちゃに美味しいですが、地海苔を入れるといっそうおいしさアップ。

デザート アイスクリーム
h1k426.jpg
黒ごまアイスとウエハース。きなこがかかっています。
h1k427.jpg
黒ごまの薫り高い美味しいアイス。お腹がいっぱいなのに入ってしまう不思議さ。

お茶と夜食用のお菓子。アンケート用紙付き。
h2k430.jpg h2k431.jpg

連泊なので、魚づくしが不安でしたが、初日と違って洋風な皿が多く、飽きずに食べられました。
キンメの煮付けも他とダブっていないので大変美味しく食べられました。
サザエの香草焼き、熱川ポークはまた食べたいですね。

どれもこれも美味しいのは初日と同じで、女将さんの腕が冴えまくりでした。
配膳のペースも早すぎず遅すぎず、丁度良かったです。
宿泊料金は高いですが、払った以上に満足できる食事でした。

その6 3日目 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

花の風@今井浜 2012年 その4 朝食編

2012年5月上旬
今井浜温泉・花の風に宿泊。FC2ブログ

その4 2日目朝食編。

「花の風」の朝食は8時15分からです。連絡は無いので勝手に行きます。
朝食も夕食と同じ食事会場です。8時15分に行ったら既に二組来ていました。早っ!
h1k301.jpg
若主人に端の席に案内されました。朝日がさんさんと差し込んで気持ちが良いです。BGMはクラッシック
h1k302.jpg
おおっ!なんか見覚えのある感じです。ワクワクさせてくれますね。
h1k303.jpg
デザートも用意されています。
h2k304.jpg h2k305.jpg

御飯は夕飯と同じでおひつで用意されています。
h1k306.jpg

素敵な器ですが、何が入っているのでしょう?
h1k307.jpg
蟹が乗っているし、あんかけのようなので茶碗蒸しに見えますよね。
h1k308.jpg
食べてみたら豆腐でした!(笑) 面白い料理です。もちろん美味しいです。

h1k311.jpg
海苔は前回と同じものでした。美味しい海苔です。高級っぽいです。4枚入っていました。
サラダ。
h1k313.jpg
h1k314.jpg サラダには自分でドレッシングをかけます。

h1k317.jpg
籠の中には・・・
h1k318.jpg
小鉢がいっぱい。

h1k320.jpg
かまぼことわさび漬け。わさび漬けはさすがに地元、美味しいです。

h1k321.jpg
昆布としじみの佃煮。塩っぱくて美味しい。御飯が進みます。

h1k322.jpg
豆。甘かったです。

h1k323.jpg
鯵(あじ)のたたき。これはウマウマ!幸せです。

h1k324.jpg
漬け物。余り塩っぽく無いです。

h1k325.jpg
なめこおろし。そばの実。

h1k328.jpg
ふきの煮物。油揚げ。ふきは柔らかくて、甘めの味付け。

h1k327.jpg
温泉卵。出汁がまた美味しい。

h1k333.jpg
席に着いた後オレンジジュースを持ってきてくれます。自家製ジュースでとても美味しいです。

h2k334.jpg お茶も出ます。

鯵(あじ)の干物は、焼きたてで出てきます。
h1k335.jpg
前回も美味しかったですが、今回もウマウマです!塩加減が少なめです。

アサリの味噌汁も熱々を持ってきてくれます。
h1k337.jpg
h1k339.jpg
前回は大きなアサリで感激しましたが、今回は標準的。でも味は最高です。

デザートはフルーツとヨーグルト。
h1k315.jpg
パイナップル、オレンジとバナナ入り、ブルーベリーソースのヨーグルト。

食後はコーヒーを持ってきてくれます。
h1k345.jpg
h1k346.jpg ミルクと砂糖。

お腹いっぱいになりました。45分位食べていました。

それほど変わった内容ではないですが、一品一品が美味しくて大変楽しめます。
量も普通だと思いますが、御飯が沢山出てくるので、ほとんどの方はお腹がいっぱいになるのでは。
食後のコーヒーはうれしいですね。

部屋に帰って風呂に入った後、腹ごなしをかねて河津の来宮神社(きのみやじんじゃ)に行きました。
若主人が車で来宮神社のそばまで送ってくれました。
h1k349.jpg
来宮神社は樹齢1,000年と言われる大楠(国指定天然記念物)が有名だそうです。

桜が散って緑の川沿いを、ぶらぶらと歩いて河津駅まで行きました。
女将さんお薦めの城山にある、河津城跡公園(山の上にあります)に行きました。
ちょっと登りがきつかったですが、
登ってみれば河津が一望の大パノラマで、大変気持ちが良かったです。
h1k353.jpg
山を下りて、今井浜まで行き、そこから歩いて花の風に戻りました。今井浜からぶらぶらと登って18分位でした。

その5 二日目夕食編につづく・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

花の風@今井浜 2012年 その3  夕食編

2012年5月上旬
今井浜温泉・花の風に宿泊。FC2ブログ

その3 1日目夕食編。

「花の風」の最大の楽しみは何と言っても食事。前回宿泊した時、非常に美味しかったので今回も期待大です。

「花の風」の夕食は6時頃です。準備が出来ると部屋に電話がかかってきます。
一階の食事会場・はなみずきでいただきます。
h1k263.jpg
端の席に案内されました。食事会場で食べるのは4組。BGMはジャズ
h1k192.jpg
食事処はワンフロアですが、絶妙に仕切りが配置されているので、隣は全く気になりません。
声は聞こえますが、お客さんの質が良くて、大声を上げる人は誰も居ませんでした。
h1k209.jpg
夕食はお品書き付き。お酒も色々あります。ビール、日本酒、焼酎、カクテル、梅酒、ワインなど。
h2k194.jpgh2k195.jpg

一日目は特別純米「喜久酔(きくよい)」藤枝、青島酒造を一合頂きました。
h1k201.jpg
すてきな容器です。辛口の美味しいお酒でした。

食前酒 自家製梅酒
h1k198.jpg
甘味の少ない美味しい梅酒です。隣の女性二人組はあまりのおいしさに、梅酒を注文していました(笑)。

前菜盛 これは最初から並んでいます。 
雌株オクラの山芋わさび和え、小あじ南蛮着け、ほたるいかの酢味噌和え、
ゆでそら豆、タコマリネ、筍木の芽和え
h1k196.jpg

筍、木の芽和え のっけから美味しいです。
h1k203.jpg

タコマリネ タコが柔らかく、何かのハーブの味がします。美味。
h1k204.jpg

雌株オクラの山芋わさび和え
h1k205.jpg

ほたるいかの酢味噌和え 組あわせが絶妙。酢味噌が美味しい。
h1k206.jpg

小あじ南蛮漬け、ゆでそら豆 あじは骨も無く、味が染みていて美味。
h1k207.jpg

お造り 本日入荷地魚盛り合わせ 天城わさび添え これも最初から並べられています。二人分です。
h1k199.jpg
お造りアップ!キンメダイ、メバル、ブリでした。
h1k200.jpg
さすが伊豆、刺身は絶品でした。どれもこれも美味しいです。ブリはあっさり目、メバルはコリコリでした。

天然わさび。伊豆の宿では定番の自分で擦る天然わさび。チューブのわさびとは全く違います。当たり前か。
h1k197.jpg

ここから順次運ばれてきます。
蒸し物 鮑酒蒸し 固形燃料で加熱します。
h1k212.jpgh1k214.jpg
h1k213.jpg
蒸したてなので、こりこりしているけど柔らかくてウマウマ!もう堪りません~。

椀物 湯葉饅頭五色揚げ
h1k215.jpg
h1k216.jpg
湯葉饅頭五色揚げアップ!こりゃまた変わった料理が出てきました。
h1k220.jpg
五色あられが表に付いていて、中はもちもちのマッシュポテトの中に挽肉が入っているもの。
出汁の味と混ざってウマウマ!
なんだかこの辺で既にお腹がいっぱいになってきました(笑)。まだ半分位なのですが。

変わり皿 伊勢海老鬼穀焼き 絶妙のタイミングで運ばれてきました。
h1k225.jpg
パリパリに焼いてあって、しっぽも食べられました。身の方は絶品!今まで食べた中で一番美味しいかも。
これがメイン料理であってもおかしくありません。幸せ~、という感じです。

焜炉 金目鯛のしゃぶしゃぶ メイン料理第二弾。
h1k228.jpg
金目鯛アップ!見ただけでも美味しそうなキンメダイです!
h1k229.jpg
大根、もみじおろし、ネギがついてきます。
h1k231.jpgh1k232.jpg
しゃぶしゃぶは軽くささっと湯に通す、と前回教えてもらったので、その通りに。
実は前回はあまり美味しいと思わなかったしゃぶしゃぶ。今回は絶品です。幸せの極みですね。

煮物 筍とふきの焚き合わせ
h1k233.jpg
h1k234.jpg
筍はすごく柔らかく煮てあって、甘い味付けで美味しいです。
かなりお腹いっぱいになってきて苦しいです。

焼き魚 レンコ鯛塩釜 メイン料理第三弾。出た~!という感じです(笑)巨大です。熱いです。
h1k237.jpg
塩に彫刻(?)がしてあって、顔や鱗が描かれています。芸細!
鯛の上にかける布と木槌を持ってきてくれます。
h2k240.jpgh2k251.jpg
布をかぶせて、木槌でひたすら叩く、叩く、叩く・・・。静かな食事処に木槌のけたたましい音が響きます。
・・・と、塩が粉々になるので、塩を取り除きます。
h1k252.jpg
レンコ鯛登場!
h1k253.jpg
当たり前ですが塩っぱい。しかし水分が抜けていておいしさが凝縮しています。美味し~!
二人で一匹ですが、食べ応えがあります。もう完全にお腹がいっぱいです。

お食事 ご飯、地海苔、香の物、味噌汁 
h1k242.jpg
御飯はおひつで持ってきてくれます。香の物は自家製なのか、ものすごく美味しい。
味噌汁 ワタリガニの味噌汁です。
h1k245.jpg
蟹の風味が絶品です。堪りません。蟹そのものはあまり味が残っていませんでした。

地海苔 これも花の風の楽しみの一つ。味噌汁に入れても、御飯にかけてもおいしい。
h1k246.jpg

デザート 自家製桜アイス
h1k257.jpg
特に塩っぱいということもなく、濃厚なアイスで美味しいです。口の中もさっぱり。自家製ときいてびっくりです。

デザートと一緒にお茶と新しいおしぼりも持ってきてくれます。
h1k258.jpg

帰りがけにお菓子をくれます。夜食用とのことですが、お腹いっぱいでとても食べられません。持ち帰りました。
h1k261.jpg
ビスケットとチョコレート。
h1k262.jpg

鯛の塩釜焼きは連泊者用メニューです。連泊しないと食べられない貴重なメニューです(笑)。
鮑、伊勢海老、金目鯛のしゃぶしゃぶ、鯛の塩釜焼きと、
メインが4つもあるような豪華な夕食で大満足です。海の宿に来た~!という気がします。
量も多く、ほとんどの人は満足するのではないでしょうか。
私達には完全に量がオーバーで、相方は胃薬を飲んでいました(笑)。

その4 2日目朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

花の風@今井浜 2012年 その2

2012年5月上旬
今井浜温泉・花の風に泊まってきました。FC2ブログ
その2 部屋編。

h1k055.jpg
「花菖蒲」の部屋の居間。非常に綺麗で清潔感にあふれています。

h1k064.jpg
反対側から入口方面。右端は衣装入れ。6畳プラスαですが、それほど狭くは感じません。

h1k065.jpg
テレビはパナソニック26インチ液晶。伊豆はデジタル放送難視聴区域だそうで、
デジタル放送が綺麗に入らない、と案内に書いてありました。
その分BSが見られるので不自由なしです(のはずです・・・)。
ポットは東芝製2.5リットルの電動給湯タイプ。
テレビ台の下にはお茶セットやテレビガイドがありました。
h2k068.jpgh2k069.jpg
上の段にはテレビガイド、パズル、裁縫セット。下の段にはボックスティッシュ。

h2k070.jpgh2k071.jpg
お茶セット、ドリップコーヒーがありました。ウエシマと書いてありましたUCCなのでしょうか?
h2k072.jpgh2k073.jpg
ポーションがクリープの液体タイプ。珍しいです。ドリップし終わったコーヒーを置く皿もあって感心してしまいました。
お茶はパックに入っているもの。さすがに伊豆の宿、美味しいお茶でした。ぐり茶っぽい味。

h2k074.jpgh2k076.jpg
衣装入れには団扇が二つ置いてありました。ワッフルパジャマと袖無し羽織、帯、たびソックス。

h2k078.jpgh2k079.jpg
一番下には金庫。

h1k094.jpg
ワッフルパジャマは上からかぶるプルオーバータイプ。肌触りが良く、着心地抜群です。
一階のフロントで売っています。お土産人気ナンバーワンだとか。
快適で部屋にいる時はずっとこれを着ていました。寝る時も浴衣のように、はだけずに楽ちんです。

h1k113.jpg
居間から寝室を見た写真。寝室の上に見事な欄間がありました。ちょっと取って付けた感がありますが、
高級感の演出に一役買っています。

h1k059.jpg
寝室。足下にも電気が付きます。高級感あふれています。
マットレスが硬めでとても寝やすいです。210cm×100cmと大きさも十分。
ただ枕が「花の風 こだわりの枕 アレンジ自在の折り重ね枕。ふわっとしたフェザーとサクッとしたポリエチレンパイプ。」
なのですが、私達の頭の高さに合わず、いまいちでした。

h1k118.jpg
左がテラス、右が部屋付き風呂です。
h1k080.jpg
部屋付き風呂の横に洗面所。
h1k85.jpg
綺麗でおしゃれな洗面所です。広くて使いやすいです。
鏡が面白くて、近くで見ると普通ですが、遠くから見ると歪んで見える不思議な鏡でした。
h2k082.jpgh2k083.jpg
タオル掛けは2カ所にあり、干すのに困りません。

h2k086.jpgh2k087.jpg
歯磨きコップは使い捨て紙コップ。手元に寄せられる拡大鏡もあって至れり尽くせり。
歯ブラシ置き、指輪置き(?)、ハンドタオルと無い物は無い、という感じです。

h2k090.jpgh2k091.jpg
アメニティは手荷物を少しでも少なく、という宿の考えでいろいろ装備されています。
歯ブラシセット、カミソリ、ヘアーバンド、シャワーキャップ、コットン、綿棒、ブラシ、櫛、ボディタオル。

化粧品はフェイス&ハンドウォッシュ(花王)、ヘアリキッド、アフターシェーブローション(ルシード)
洗顔、クレンジング、化粧水、乳液、(ポーラ・アイエスアロマエッセ)
化粧水はすべすべになる、良いものだったらしいです。
h2k120.jpgh2k095.jpg
うれしかったのはボディタオルがあったことです。ナイロンのボディタオルで良く泡立ちました。

h2k092.jpgh2k093.jpg
備え付けのサンヨーのドライヤー。いまいち風量不足でした。あと棚の上に二枚目のバスタオル。

h1k096.jpg
洗面台の下に脱衣籠二つ。籠の下の板が引き出し式になっていて使いやすいです。

h1k035.jpg
部屋に案内された後、女将さんがお茶を持ってきてくれました。
h2k036.jpgh2k123.jpg
部屋菓子は踊り子物語。サクサクの美味しいお菓子。フロントで売っています。
買って帰るのを忘れてちょっと後悔しました。

h2k037.jpgh2k038.jpg
夕食、朝食の案内の紙。宿のしおりは色々書いてあって、読み応えがあります。

h1k110.jpg
テラス。景色が良いのでここでぼーっとするのも良いかも。こちらからも風呂に行くことが出来ます。

h1k159.jpg
風呂の窓から見た風景。目の前の道路沿いは桜の木らしいですが、当然花は散っていました。

h1k101.jpg
「花菖蒲」の部屋付き風呂です。明るいです。広々としていて気持ち良いです。
h1k102.jpg
風呂は広いです。二人で入ってもまだ余裕があります。写真では狭く見てしまうかもしれませんが。
直線部分で内径で130cm位有ります。半円の端から端まで180cm位でしょうか。
前回泊まった「石楠花」の風呂は一人用でしたから、こちらの方が断然良いですね。

お湯は約42度と、私達にはちょい熱めでした。自分で調節できると良かったのですけどね。
h1k103.jpg
洗い場。シャワー付き。床は滑らないですが、椅子はプラスチック製なので滑ります。
h1k104.jpg
↑バルコニー側から見た風呂。ちょっと高くなっている為、段を上って入るようになっています。
その代わり風呂からの景色が良いです。数え切れないほど入りました(笑)。
h1k107.jpg
窓の下側がスモークが貼ってあって、外から見えにくくなっています。
h1k105.jpg
シャンプー類はポーラ。質の良いものでした。髪がすべすべになります。

h1k180.jpg
風呂の横に温泉成分表が貼ってありました。PHは7.93の弱アルカリ性。特に特徴の有るお湯ではありません。
花の風の温泉は源泉掛け流しではありませんし、加温、加水、ろ過、消毒と何でもありです。
でも塩素臭くないし、まあすべすべになるので、私達は全く気になりませんでした。

部屋の風呂を堪能した後、一階のエステルームに行ってみました。
h1k136.jpg
フロント横の食事処の脇を下に降りていきます。
h1k137.jpg
奥がエステコーナー。手前は大きなプロジェクターを見られるようになっています。
前に来た時は家庭用ゲーム機がつながっていましたが、今回は無くなっていたような・・・。
h1k129.jpg
窓側には本がずらりと並んでいました。もちろん自由に読めます。
h1k134.jpg
メジャーな作品が多く、なかなかバランス良く整っていました。
漫画も少しありましたが、漫画はちょっとマイナーな作品が多かったです。
h1k176.jpg

その3 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

花の風@今井浜 2012年

2012年5月初旬 花の風@今井浜温泉に泊まってきました。FC2ブログ

伊豆今井浜温泉 花の風
〒413-0503 静岡県賀茂郡河津町見高97-73
TEL/0558-34-1188 FAX/0558-34-1783

花の風ホームページは→http://www.hananokaze.com/

部屋タイプ:花菖蒲(はなしょうぶ)
プラン名:花の風スタンダードプラン
料金:@27,500円+入湯税@150円

宿のホームページから直接予約。現地で現金払い。

2009年に初宿泊したので、2回目になります。
前回の訪問記は→http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-4.html

電車で行きました。駅ネットで予約。
行き:乗車券 東京山手線内→河津@¥3,040 :踊り子号 特急券 @¥2,510(稲取駅まで)
帰り:乗車券 河津→東京都区内@¥3,040 :スーパービュ踊り子号@¥2,880(河津駅から)
h2k001.jpgh2k002.jpg
12時発の特急踊り子号に乗って行きました。
h2k005.jpgh2k006.jpg
まい泉の紅白カツサンドを買って食べました。久しぶりに食べる、まい泉はうまい!

前日の大雨の影響で、伊東線で徐行運転。2時30分に稲取駅に到着予定が、約50分遅れました・・・。
稲取駅で踊り子号を降りて乗り換え。一駅で今井浜海岸駅です。
h2k010.jpg
駅に到着して、宿に電話をするとすぐに車で迎えに来てくれます。駅からは車で5分ほど。
h1k030.jpg
山の高台に建つ花の風に到着です。

コンクリートの階段を上がって左に曲がり、綺麗な小道を進むと、
h2k015.jpgh2k016.jpg

又階段。階段を上ると、花の風入り口です。
h2k017.jpgh2k018.jpg
ドアが変わっていました。なんか立派になっています!横に引くタイプになっていました。
h1k022.jpg
↓これが3年前の入り口のドア。普通の家のドアみたいでした。
s-花の風3日068

迎えに来てくれた若主人が中から開けてくれました。
h1k126.jpg
中はそれほど変わった印象はありませんが、洗練された感じがあります。
細かいところに手が入っていて、宿の姿勢の良さがうかがえます。
h1k147.jpg
反対側から入口方面。荷物置きの台や、足の不自由な方用の腰掛けなど細かい配慮有り。

h1k141.jpg
廊下には選べる浴衣が置いてあります。女性用は沢山有りますが、男性用は二種類のみ。

h1k148.jpg
廊下には茶香炉が置いてあり、お茶の良い匂いが廊下を満たしています。

二階に上がる手前に左に折れる廊下が有り、その先に一階の部屋「河津桜」が有ります。
h2k144.jpgh2k145.jpg
「河津桜」の手前には飲料の自動販売機がありました。
ビール(一番搾り)350ml\280、500ml\380、淡麗(生)350ml\180
ジュース\120、生茶555ml\150円と旅館料金としては比較的安めでした。

宿泊二回目と言うことで、宿帳の記入も無し。早速部屋に案内されました。
二階の一番奥の部屋「花菖蒲」です。
h2k039.jpgh2k041.jpg
ドアを開けると、やけに広い踏み込み。
h1k043.jpg
正面の黒いドアがトイレ、右のドアは多分物置(鍵がかかっていて開けられません)。

h1k050.jpg
トイレはウォシュレット。快適でした。トイレは常に良い匂いがしていました。匂いの発生源は不明。

h1k044.jpg
ドアのすぐ左手に鍵置き場あり。鍵は一つ。あまり部屋から出ないので一つで十分でした。

h1k047.jpg
左が居間、右が寝室です。非常に綺麗です。清潔感あふれて、上質感があります。
もともと10部屋あったものを、2部屋ずつくっつけて5部屋にリフォームしています。
h1k048.jpg
踏み込みと部屋の間に冷蔵庫。冷蔵庫の上に棚とコンセント有り。
h1k051.jpg
冷蔵庫は空なので、好きに飲料などを持ち込めます。
h2k052.jpgh2k053.jpg
ドアポケットに河津の水、二本。無料だと思います(説明無かったけど、勝手に飲みました)
h1k054.jpg


大きな地図で見る

その2 部屋編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ