時の宿すみれ2013年9月 その2 朝食編

2013年9月 時の宿すみれに泊まってきました。FC2ブログ

米沢・湯の沢温泉『時の宿 すみれ』
〒992-1205 山形県米沢市関根12703-4
Tel: 0238-35-2234

『時の宿すみれ』のホームページは→【http://www.tokinoyado.com/

JR東日本「びゅう」『くつろぎの時間』パンフレットのツアーを申し込みました。
<JR+宿泊コース>東京駅発 @35,300円 事前クレジットカード払い。
(びゅうの宿泊のみコースは@22,900円)
チェックイン14:30(通常15:00)チェックアウト11:00
<部屋>風呂なし・トイレ付和室(定員2名8畳)
 ※お部屋にテレビはございません。

その2 朝食編。

朝食は半個室でした。カウンターと違って緊張しなくてすみます(^_^)
re641.jpg

次々と運ばれるいつもの朝食。変わらないけれど、何回食べても楽しみな朝食。
re644.jpg

巨大梅干し。
re648.jpg

牛肉の煮こごり。この煮こごりが食べられる幸せ・・・。ちょっぴりなのですけど。
re649.jpg

明太子。辛くて美味しいです。
re650.jpg

小松菜のおひたし。シャキシャキです。
re651.jpg

牛肉のソーセージと大根。ソーセージはプリプリでウマウマ。
re652.jpg

きんぴらゴボウ。
re653.jpg

なめこおろし。
re654.jpg

冷や奴。キュウリ、しそ、茗荷。ほのかに緑色をしていたので、枝豆豆腐でしょうか?
re655.jpg

牛の煮物。玉ねぎ、エノキ。味は濃いです。牛丼の具のようです。トロトロで美味。
re656.jpg

サラダ。セロリの葉っぱが独特の風味を出していました。
re657.jpg

とろろ。長いも、昆布。
re660.jpg

温泉卵。
re661.jpg
これも私の定番、ご飯にかけて、卵ごはんにして食べました(遠霞さん方式)。
sre676.jpg  sre677.jpg

漬け物。ナス、白菜。
re662.jpg

一番最後に運ばれてくるご飯、芋煮、ひじきの煮物。ご飯はもちろんつや姫
ご飯はお替わり自由です。芋煮も希望すればお替わりを持ってきてくれるようでした。
re666.jpg
これだけのおかずを食べると、ご飯は一杯で十分で、ご飯のお替わりはトテモ出来ません。
お昼すら食べなくてすみました。

にじきの煮物には、糸こんにゃく、しめじ、シイタケ入り。薄味で美味しかったです。
re669.jpg

山形名物・芋煮には牛肉、こんにゃく、里芋、大根、マイタケ、ゴボウと具だくさんです。
re671.jpg
芋煮は熱々で美味しいです。芋をハフハフ言って食べました。ちょっと甘めの味付け。
具だくさんで、これだけでもお腹が一杯になるほどでした。

デザートのヨーグルト。
sre679.jpg

パイン、キウイ、オレンジ、バナナ入り。ヨーグルト好きには嬉しいデザートです。
re681.jpg

個室食事処でゆったりと食べられました。朝食はほとんど変化しないです。
でもウマウマなので全く飽きないですね。大満足の朝食です。
しかし何と言っても、連泊の時に出てくる(らしい)洋食が食べてみたいですね~。

食事処のガラスの窓枠にカエルが二匹、日向ぼっこをしていました。
re683.jpg

食後はラウンジでコーヒーがいただけます。コーヒー好きには嬉しいサービスです。
re685.jpg

残念ながらチェックアウトの時間が来てしまいます。ワゴンで米沢駅まで送ってもらいました。
re700.jpg

道路から入ってすぐの正面にある看板。名残惜しいですね。
re693.jpg

米沢駅前の新杵屋さん本店で夕食の弁当を調達。ここだと出来たてを渡してくれます。
re706.jpg

今回ゲットしたのは牛肉どまん中「しお」。
re721.jpg

と、牛肉どまん中「みそ」。コレは初めて見ました。
re722.jpg

米沢駅から新幹線で東京駅まで。
re711.jpg

米沢駅から2時間ちょっとで東京駅。乗り換えが無いのでラクチンで帰ってこられます。
re714.jpg

時の宿すみれ 感想。
良いところ。
◎料理が抜群に美味しい。温泉宿というよりオーベルジュ。
◎従業員さんのホスピタリティが素晴らしい。
◎女将・黄木綾子さんの努力とおもてなし。
◎鍵が2つ、作務衣有り。
◎お二人様専用なので静か。
◎アルコール類は沢山あって選ぶのが楽しい。

いまいちなところ。
△貸し切り風呂が目の前まで行かないと、空き、使用中が分からない。
△部屋のお菓子が無いのは淋しい。
△部屋に化粧水が欲しかった(相方談)

この至高の肉料理を食べに、絶対に再訪したいです。

時の宿すみれ 終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

時の宿すみれ 2013年9月 その1

2013年9月 時の宿すみれ@米沢に行ってきました。FC2ブログ

今年1月に行っているのに、また行ってしまいました。4回目になります。すみれ中毒・・・。

米沢・湯の沢温泉『時の宿 すみれ』
〒992-1205 山形県米沢市関根12703-4
Tel: 0238-35-2234

『時の宿すみれ』のホームページは→【http://www.tokinoyado.com/

JR東日本「びゅう」『くつろぎの時間』パンフレットのツアーを申し込みました。
<JR+宿泊コース>東京駅発 @35,300円 事前クレジットカード払い。
(びゅうの宿泊のみコースは@22,900円)
チェックイン14:30(通常15:00)チェックアウト11:00
<部屋>風呂なし・トイレ付和室(定員2名8畳)
 ※お部屋にテレビはございません。

東京駅から山形新幹線に乗車。
sre474.jpg  sre473.jpg

大丸の地下でちょっと奮発して、なだ万のお手軽ちらし寿司弁当(秋)を昼食用に購入。
re477.jpg
値段が高い(1,386円)だけあって、美味しい美味しい。

2時間ちょとで米沢駅に。駅のホームには大きい(実物大?)米沢牛の置物が。
sre483.jpg  sre713.jpg

駅からはお迎えの車ですみれまで。これは道路脇に立っている入り口の看板。
re692.jpg

すみれは変わらず。従業員さんのお出迎えで、中にずずっと案内されるのも変わらず。
re696.jpg

いつものラウンジでチェックイン。再訪なのでチェックインリストの確認で終わり。
re630.jpg

毎度お馴染み、抹茶とメレンゲのお菓子・ロッシェをいただきました。
re485.jpg

びゅうのツアーなので部屋も2階の一番奥『げんじ』で、過去3回と同じ。
sre490.jpg  sre489.jpg

げんじの部屋は全く変化なし。
4回目となると、あまりにも馴染んでしまって、自分の部屋のようです(^_^)
re492.jpg
再訪なので、部屋やアメニティの細かいレポは無しです。第一回目のレポに詳しく載せてあります。
テレビが無いのは全く気にならないのですが、部屋のお菓子が無いのが淋しい・・・・。
Wi-Fiがバッチリ通っているので、天気予報などはスマホかPC・タブレットで、って感じですかね。

過去のすみれレポは、
1回目・2011年7月→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-34.html

2回目・2012年9月→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-47.html

3回目・2013年1月→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-51.html

鍵が2つあって便利。
re488.jpg

タオルセットに足袋ソックスと浴衣と作務衣。バスタオル2枚と、作務衣があるのが嬉しい。
re499.jpg

早速作務衣に着替えて貸し切り風呂、貸し切り風呂♪
re516.jpg

貸し切り風呂も変わらず。湯口42.8℃、湯船41.3℃と丁度良く調節されていました。
re504.jpg

おや、風呂桶が変わっていました。
re511.jpg

椅子も同じシリーズになっていました。ちょっとお洒落? プラスチックだけど。
re507.jpg

単純温泉と莫迦にしていまいたが、風呂上がりは肌がスベスベになりました。
re508.jpg
PHこそ7.5ですが、フッ素が入っていたり、硫酸イオン、炭酸水素イオン、メタケイ酸も入っている。
案外良いお湯なのかもしれません。

待ちに待った夕食です。夕食は18:00~19:00の間の好きな時間に行きます。
今回は初カウンター席でした。目の前で料理が出来上がるのが見られて楽しい。
re639.jpg

料理をしてくれる方が説明をしてくれます。しかし目の前にシェフがいるので、写真を撮ったり、
料理のメモをとるのに気が引けました・・・。
re556.jpg

一生懸命料理をするシェフ。目の前の食材がどんどん無くなっていきます。
re580.jpg

すみれの米沢牛懐石・秋メニュー。
re557.jpg

お酒は【遠霞さん】に薦めてもらった雪慢々(ゆきまんまん)をグラス(840円)で。re558.jpg
クセが無く、物凄く飲みやすくて美味しかったです♪ 遠霞さんありがとうございました。
この日本酒なら300mlくらいは飲めそうでしたが、酔っ払うと料理が勿体ないので止めておきました。

相方は黒いざくろのジュース(630円)。
re559.jpg

ネックのリエットと秋なすのサンド二色ソースで
sre560.jpg
白いのが秋なすのソース。赤いのはトマトみたいです。ジュレはコンソメ味で美味。
re561.jpg
もう、のっけからウマウマ!ネックはコーンビーフみたいな味がします。
ちょっとしかないので、あっという間に食べてしまいます。もっと欲しい~。

テールと松茸のラビオリスープ。クローブの香り。人参、玉ねぎ入り。
sre567.jpg
煮込んだテール肉をほぐして、松茸と一緒にワンタンの皮で包んでラビオリに。
re568.jpg
無茶苦茶に美味しいスープ。松茸がコリコリしています。
美味しくて夢中で食べたら、すぐに無くなってしまいました。

しきんぼ生ハムと木の実のサラダ。
sre573.jpg
「しきんぼ」は外モモの内側です。コリンギ、サラダかぼちゃが入っていました。
re575.jpg
お皿まで冷え冷えで来ました。ピリリと辛いです。しきんぼの生ハムはもちろんウマウマ。

ぶりすけのブレゼ、シャリアピン仕立て、クリームドシャピニオン、栗のリゾット添。
sre577.jpg
「シャリアピン」というのを詳しく説明してくれました。長いので覚えられませんでした。
re579.jpg
ぶりすけは物凄く柔らかくてウマウマ。お箸で触ると崩れるような感じ。
きのこの風味が強烈です。リゾットが絶品で、食べると幸せな気分に。一滴も残さずに食べたい感じです。

お口なおしのグラニデ。あんずと和梨。
sre582.jpg
いつも本当に一口しか無いグラニデですが、今回は量が多く食べ応えあり。大満足。
re583.jpg

ここからは定番のメニューになります。

大とろポワレのにぎりと外モモローストのあけび味噌あぶり。
sre586.jpg
肩三角の大トロ。口の中でとろけます。もっと食べたい~。
re588.jpg
外モモローストはかみ応えがあってウマウマ。ガリも美味しい。

とも三角のすみれ漬け焼き。地元の枝豆添え。
sre590.jpg
最も脂の乗った部位だそうです。酒粕と味噌につけてあって何とも言えず美味しい。
re596.jpg
何度食べても、すみれで食べるすみれ漬けは絶品です。3切れっていうのが良いのですよね。

まくらのほうじ茶煮、山形菊とそうめんかぼちゃ、山ぶどうジュレの酢のもの。
sre597.jpg
「まくら」は前足のすね肉らしいです。
re599.jpg
とにかく美味しいの一言しか出てきません。山ぶどうジュレはすごく酸っぱくて美味しい。

すみれの冷汁。山形置賜地方の郷土料理。これもすみれの名物の1つですね。
sre605.jpg
干し椎茸の戻し汁に、凍み豆腐、凍みこんにゃく、季節の野菜が入っています。
re606.jpg
丸い玉がついた山菜が入っていたので聞いてみたら、「みずこぶ」というミズの実だそうです。
コリコリしていますが、ちょっとトロミがあって美味しかったです。

予約時に、ステーキとしゃぶしゃぶとすき焼きを選べます。
今回はサーロインのステーキをチョイス。
sre609.jpg  sre608.jpg
わさびとたれと塩で食べますが、最初は何も付けずに食べてください、と言われました。

私はレア、相方はミディアムにしてもらいました。この写真はレア。
re612.jpg
黄木さんのサーロイン、美味しくないわけが無い!
レアの柔らかい噛み応えもウマウマでしたが、ミディアムのちょっとカリカリの表面も美味しかったです。

肩三角と晩菊、ごぼうフライの牛骨スープ茶漬け。頼めば、別に白いご飯ももらえます。
sre617.jpg
牛骨からとった和風出汁を目の前でご飯にかけてくれます。
re620.jpg
なんて美味しいお茶漬けなのでしょう!このスープをもっと飲みたいです。
お腹が一杯なので、この少ない量のご飯が丁度良いです。

相当がっついて食べたみたいで、夕食を終了したのが一番早かったです。
ラウンジでデザートと飲み物がいただけます。ピアノの生演奏があります。
sre621.jpg  sre622.jpg

甘酒のアイスクリームとパンケーキ。米沢館山りんごのピューレを添えて。
re624.jpg
アイスクリームが甘酒というのは、ほとんど分かりませんでした。後味にかすかに甘酒の味が残る程度。
リンゴの下にあるパンケーキは一口サイズだったので、満腹でも食べられました。
もちろんどれもウマウマ♪

コーヒーをいただきました。
re626.jpg
コーヒーを持ってきてくれた女性の従業員さんの笑顔が素敵でした。
前回の訪問を覚えていてくれたのに感動。

すみれの秋メニュー堪能しました~。イマイチな料理が一つも無いのが凄いです。
いつもながら大満足で、満腹の夕食でした。

夕食後は宿の仕事で忙しそうで話が出来なかったのですが、
夜風呂上がりに女将・黄木綾子さんと少し話が出来ました。
メニューには地元のものを取り入れて、色々工夫があったようです。
あけびの話も聞けました。山形ではよく食べられるようですね。

その2 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

時の宿すみれ2013年1月 その3 朝食編

2013年1月 時の宿すみれ@米沢に泊まってきました。FC2ブログ

今回も「びゅう くつろぎの時間(とき)」パンフレットで予約。

【部屋】風呂なし・トイレ付和室(定員2名・8畳) ※お部屋にテレビはございません。
【チェックイン】14:30(通常15:00)
JR+宿泊コース(東京駅発着)@35,300円
(参考:宿泊のみコースは@20,700円)
一泊二日、宿泊費・交通費込みです。

時の宿すみれ】 
所在地 山形県米沢市関根12703-4
TEL 0238-35-2234
FAX 0238-35-2236
E-mail info@tokinoyado.com 

全10室のお二人様専用宿です。

時の宿すみれのホームページは→【http://www.tokinoyado.com/

その3 朝食編

翌日は起きたら、雪が静かに絶え間なく降っていました。
8132.jpg
朝食は小上がりに案内されました。前回と同じ窓際の景色の良いところです。大皿も健在。
間隔をおいて客を案内していますが、布の仕切りがあるだけなので、声はよく聞こえます。
8129.jpg
さすがに窓から冷気がしんしんと伝わってきます。BGMはクラッシック。

最初に並んでいるのは、湯豆腐と温泉卵と漬け物。
8136.jpg
温泉卵は後のお楽しみに。漬け物は白菜、たくあん(ピリ辛)。
s8134.jpg s8135.jpg
湯豆腐に加えるのはおかかと小ネギともみじおろし。
s8137.jpg s8138.jpg
固形燃料で暖めるので、熱々がいただけます。豆腐は食べてみると、意外とデカかった。

サラダが運ばれてきます。ベーコンが美味しい。
8139.jpg

メインプレートの登場。朝はあまり変化が無いですが、何度食べても飽きないですね~。
うーん、これこれ!!って感じです。
8147.jpg

なめこおろし。えのき入り。
8150.jpg
なめこピリ辛、大根おろしは辛くないです。思ったよりなめこの量が多いです。

玉子焼き
8151.jpg
出汁が効いていて、ほんのり甘い、とても美味しい玉子焼き。

とろろ芋。昆布入り。
8152.jpg

小松菜のおひたし
8153.jpg
香りの高いおかかをかけて食べたら美味しかったです。

牛肉ソーセージ、大根の煮物
8154.jpg
大根の煮物はコンソメ味(?)でとろとろ。牛肉のソーセージは相変わらずウマウマ。

きんぴらごぼう
8155.jpg
もちろんピリ辛で味が濃いです。ご飯が進みます。

梅干。巨大です。
8156.jpg
梅干を拡大アップで載せることもないのですが、バランス上ということで・・・・。

牛の煮こごり
8157.jpg
これがむちゃくちゃに美味。ちっちゃいですが、美味しさが凝縮している感じ。

明太子
8158.jpg
明太子は猛烈に辛い。辛いが美味しいのでご飯に良く合います。

ご飯と煮物と牛汁。
s8159.jpg s8160.jpg

煮物。細切り昆布、人参、ちくわ、糸こんにゃく、油揚げ、シメジ。味が濃いです。
8162.jpg

牛汁。牛肉の他に人参、ネギ、こんにゃく、ごぼう、大根、里芋、えのきと具だくさんです。
8163.jpg
薄味なのに濃く感じるという、妙な感覚の牛汁。猛烈に美味しい。

ご飯は少し硬めに炊いてありました。ご飯はお代わり自由です。
8164.jpg
温泉卵は遠霞さんを真似て、卵掛けごはんにして。もう完全に定番化。
s8166.jpg s8167.jpg

朝食が終わる頃を見計らってデザートを持ってきてくれます。
ヨーグルト。バナナ、キウイ、りんご、みかん入り。イチゴソースがかかっていました。
8170.jpg

ご飯をお代わりしなくても、完食するとおなか一杯です。
朝食の美味しさは今のところナンバーワンですね。

食後はまたロビーに移動してコーヒーを頂きました。あちこちに可愛い置物がありましたよ。
s8172.jpg s8175.jpg
二人ともコーヒーを頂きました。これまたロビーは満員で、新聞の取り合いになっていました(笑)。
s8177.jpg s8178.jpg

チェックアウト前に貸し切り風呂に行きました。雪の中、お風呂は湯気でもうもうとしています。
8181.jpg
雪の舞う中、貸し切り露天風呂で温まりました。幸せ。

名残惜しいけれど、チェックアウトの時間は容赦なくやって来ます。
8183.jpg
帰りのハイエースは雪の中でもすごいスピードで米沢駅に直行。
8190.jpg
雪がガンガン降っているので、どんどん積もっていきます。
8192.jpg
駅前の新杵屋さんに行き、夕食用の弁当を調達しました。
8191.jpg

雪でも定時に来る新幹線。
8194.jpg

昼食は新杵屋さんで見つけた牛肉どまん中サンド。最後の一個をゲットしました。
8198.jpg
三種類中身が微妙に違っていて美味しかったです。
余りお腹が減っていないので、二人でこれ一つで充分でした。
8200.jpg
またぜひ買いたいですが、余り沢山作っていないみたいなので、買えるかどうか不安です。

夕食用に牛肉どまん中を塩と普通と一個ずつ買いました。
s8204.jpg s8206.jpg

お土産に黄木さんの米沢牛ビーフシチュー(@1,260円)を買いました。
8203.jpg
マッシュルームや肉が塊でゴロゴロ。
s-DSC08223.jpg
レトルトですがウマウマ。

すみれ旅行のお楽しみお土産、すみれ漬け3枚(@3,150円)も購入。
s-DSC08214.jpg
おしゃれな保冷バッグに入れてくれます(有料・@367円)。
s-DSC08216.jpg
家で食べるすみれ漬けはまた格別。焼いた後、すみれ漬けの匂いが部屋に残っていて、これも幸せ。
黄木さんは通販もやっています→【http://www.o-ki.co.jp/

すみれ感想。

良いところ
◎食事がべらぼうに美味しい。肉料理の宿では私達の中で現在一番です。
◎おもてなし度抜群。黄木綾子さんの働きぶりすごいです。スタッフもみんな親切丁寧です。
◎コンパクトで使いやすい館内。綺麗、静か。居心地抜群です。
◎鍵二つ、作務衣の用意、バスタオル2枚など嬉しい配慮。加湿器も有り難いです。
◎日本酒、ワインなど種類が豊富。事前に選べるシステムも便利。
◎無線LAN(Wi-Fi)が全館で使える。

いまいちなところ
△貸し切り風呂が二つしか無いので、混雑すると入れない。
△貸し切り風呂が直接見に行かないと空いているかどうか分からない。
△夜の冷水の用意が無い。
△フロントの脇にスタッフが常に居いて、風呂に行くときにちょっと煩わしい。

ところで、びゅうの「列車で行く日帰り旅行」というパンフレットを見ていたら、
すみれの日帰り旅行プランを見つけてしまいました。

img002-1_20130220115547.jpg
さすがに2万円越えと高いですが、すみれ季節のミニ会席も気になりますね~!!
温泉に一泊出来ないときは、検討してしまうかも・・・。今のところ3月31日までのプランですけどね。
びゅうのプランは→【http://travel.eki-net.biz/jrnetsbyu/servlet/CommodityDetailServlet?cid=02629031


すみれ宿泊、終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

時の宿すみれ2013年1月 その2 夕食編

2013年1月 時の宿すみれ@米沢に宿泊。FC2ブログ

その2 夕食編

夕食は6時から。すみれの夕食はカウンターか個室食事処で。今回は個室の一番端っこでした。
カウンターでの食事は一度も無いので、一度カウンターでも食べてみたいですね。
8008.jpg
個室と言っても上はスキマがあるので、隣の声は聞こえます。BGMはジャズ・ボーカル。

期待が高まるお品書き付き。見ているだけでワクワクしてきますよね。
8012.jpg

ちょっと前に「すみれの便り」というのが来ていて、そこにパンフレットが入っていました。
7周年&サイトリニューアル記念として、時の宿すみれオリジナル記念ワインプレゼント!!
というのをやっていたのです。100名限定ですが、地元高畠ワインさんの
ハーフボトルの赤ワインか白ワインを一本プレゼントしてくれるという、太っ腹企画。
チェックインの時に、持ち帰りか、食事で飲むかを聞かれました。
持って帰るのも重いので、食事の時にいただくことにしました。
赤は苦手なので、シャルドネの白ワインを。
8018.jpg
ワインを持ってきてくれた従業員さんがグラスに注いでくれます。
8021.jpg
すっきりとした飲みやすい白ワインでした。普段は全くワインは飲まないのですが、
美味しくてグイグイ飲んでしまいました。さすがシャルドネ!(って実は全く分かっていない)
買って帰りたかったですが、限定品で販売はしていなかった。残念。

すみれの米沢牛懐石2013冬、始まり始まり。

ほほ肉のリエットブリニと共に遠山かぶのクレーマコンソメジュレ添
8023.jpg
遠山かぶのクレーマコンソメジュレ添
8029.jpg
遠山かぶは普通より堅くて濃い味のかぶだそうです。裏ごしをして、生クリームを加えてあります。
かぶはコンソメ味が強くて、かぶの味はほとんど感じませんでした。シチューのようでした。
すね肉のコンソメジュレがウマウマ。ジュレだけお代わりしたいほど。

ほほ肉のリエットブリニ。上にピクルス、タマネギ、マスタードが乗っています。
8027.jpg
リエットはほほ肉(ミンチ)をタマネギや香草と一緒に固めてあります。
ブリニというのは米沢産のそば粉のパンケーキです。
肉とピクルスなどのハーモニーが抜群で、口に入れた瞬間美味しさが広がります。
のっけから絶品料理です。

外ばらベーコン、鉄分たっぷりボルシチスープ
8035.jpg
うーん、ピンぼけ(恥)。ビーツたっぷりのスープ。ベーコン、タマネギ、人参、パセリ。
8038.jpg
熱々で運ばれてきます。濃厚な味で、身体に染みていきます。
美味しすぎて、あっという間に食べてしまうので、お代わりが欲しいです。

外ももコールビーフと湯引きしたしきんぼの造り。やけに細長の器で出てきました。
8039.jpg
レモン、大葉、タマネギ、紫蘇の穂が添えられています。ポン酢で食べます。
紅たで、細ネギ、しょうが、もみじおろしもありました。

左側・外ももコールビーフはタタキ、右側・しきんぼは湯引きで。
しきんぼというのは、外もも肉より内側の貴重な部分だそうです。
8044.jpg
しきんぼは柔らかくて、口の中でとろけます。コールビーフは噛み応えのある味。
ずっと噛んでいると、味が染み出してきます。ずっと噛んでいたい感じです。

ここでちょっと間が空きます。いつもは監視カメラで見ているのではないか?と言うほど、
絶妙のタイミングで持ってくるのですが、今回は待つことが多かったです。
満員で忙しかったのでしょうね。

内ももローストのファルスミートローフ風、ソースシャスール
8046.jpg
内もも肉を引いて柔らかくして、ミートローフのようにしたものを、肉で巻いてあります。
ソースシャスールというのは、赤ワインとマッシュルームのソース。
8048.jpg
いんげん、赤ピーマン、ホワイトソースで煮てあるポテト(チーズ味?)も添えてあります。
香ばしい香りがします。外側の肉は固い。濃厚なソースがとても美味しいです。
中の肉は軟らかいですが、しっかりしたもの。絶品。ウマウマ。

お口直しのグラニデ、館山りんご。米沢・館山地方のりんごだそうです。
8051.jpg
シャーベット。余り甘くなくて、とても美味しい。三口で終わってしまいました。もっとくれ~。

大とろポアレのにぎり、まくらとつぶ貝の軍かんゆず風味
8055.jpg
すみれ名物の一つ。まくらは前足のすね肉だそうです。
8057.jpg
大とろはトロトロで、口の中に入れると溶けてしまう感じ。もうウマウマ!
つぶ貝軍艦はわさびマヨネーズが乗っていて辛めです。つぶ貝とわさびマヨネーズのハーモニーが絶妙。

ここで鍋に火が入れられました。隣では野菜をジュージュー焼く音が。
どうやらすき焼きのようですね。談笑しながら、従業員さんが野菜の焼く音が響きます。

とも三角のすみれ漬け焼き。山形の里芋と塩が添えられています。
8068.jpg
出ました!すみれ名物・すみれ漬け。たった三枚で夜も眠れず(・・・嘘です)。
8075.jpg
何度食べても、絶品のすみれ漬け。これもずっと噛んでいました。
里芋は皮がパリっとしていて、中はトロトロ。とっても美味しい芋でした。

しばらく時間が空きました。相当忙しそうです。
ここからは、一気に運ばれてきました。

千本と伝承根菜をりんごのみぞれジュレで
8077.jpg
千本というのは、ひざ関節付近のすじ肉らしいです。人参、大根、水菜と共に。
8081.jpg
大根はシャキシャキ。りんごジュレが酸っぱくて美味しいです。
これもハーモニーが絶妙でウマウマです。

サーロインのしゃぶしゃぶ、牛骨スープで。前二回はステーキでしたが、今回はしゃぶしゃぶに挑戦!
s8010.jpg s8011.jpg
ごまだれとポン酢で頂きます。ごまだれは塩っぱいです。
s8082.jpg s8083.jpg
牛骨スープ!沸騰すればもうしゃぶしゃぶ出来ます。
8088.jpg
A5ランクのサーロイン。白菜、ねぎ、春菊、水菜、人参、豆腐、くずきり、茸類。
s8094.jpg s8095.jpg

A5ランクのサーロインアップ!。霜降りで、見るからに美味しそうです。
8091.jpg
野菜もたっぷりで食べ応え有り。
8093.jpg
小ネギ、、紅葉おろしもついています。しゃぶしゃぶすると良い色に。
s8105.jpg s8104.jpg
むちゃくちゃに柔らかい肉。お腹がいっぱいなのに、何故かどんどんお腹に入ります。
ステーキより油っぽくなくて、食べやすいです。これは幸せだ~。

漬け物。沢庵、白菜、松前漬けみたなもの。
8086.jpg
沢庵、白菜はかなり辛いです。唐辛子がきいています。しかし、かなり美味しい。
ご飯が進む進む。

米沢遠山産つや姫。ちょっと硬めに炊いてありました。
8099.jpg
つや姫は軽くて美味しいお米ですね。

すみれの冷汁。凍み豆腐、凍みこんにゃく、干ししいたけ、えのき、人参、雪菜。
8100.jpg
これも毎度おなじみの品。器まで冷え冷えです。

八時頃まで、2時間くらい食べていました。
さすがにお腹いっぱいです。苦しいです。。相方は途中で胃薬を飲んでいました。
私は胃薬を飲むかどうか悩みましたが、結局飲まなかったです。それにしても苦しい・・・。

食後はロビーに移動してデザートとコーヒー。
ピアノの生演奏の中、まったりとしてデザートを頂きます。
右にしゃがんで客と話しているのが黄木綾子さんです。一組一組話をしていきます。
私達の所にも来てくれて、一生懸命話をしてくれました。
常連でも無い私達のこともちゃんと覚えていてくれて感動。
8107.jpg
ソファは満員だったので、カウンターで頂きました。

みかんとオレンジソルベとショコラ オー・クレーム。器は徹底的に違うものが出てきます。
8108.jpg

ラ・フランスの赤ワイン煮
8110.jpg
癖のない甘さ。生クリームが添えてあります。美味しい。

ショコラ オー・クレーム
8111.jpg
チョコレートクリーム。猛烈に甘いが、とても美味しい。

みかんとオレンジソルベ
8112.jpg
さっぱりとした酸っぱさ。すっきりします。

コーヒーを頂きました。
8116.jpg
もちろんデザートもウマウマ。お腹がいっぱいなのに別腹に入ってしまいます。大満足。

すみれのメインは、ほとんどの客がステーキを選ぶそうです。、
しかし、今回のしゃぶしゃぶも相当な美味しさ。さすがとしか言いようがありません。
メインをステーキにするか?、しゃぶしゃぶにするか?は、
究極の選択に近く、かなり悩みます。次回はどうするか?・・・。

いつ食べても、どの季節も美味しいすみれの夕食。
三回目ですが、全く飽きない料理です。

でも、一度すみれの連泊というのを経験してみたいですね。連泊料理はどうなるのか?
ブログの先輩・遠霞さんは連泊をしたそうです。
まったくうらやましい限りです。すみれの連泊は夢であり、野望でもあります。
いつかは実現したいですね。

その3 朝食編へつづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

時の宿すみれ2013年1月 その1

2013年1月 時の宿すみれ@米沢に行ってきました。FC2ブログ

昨年の9月に行ったばかりなのに、また行ってしまいました・・・。
何度目だ、すみれ! という感じですが、
季節でメニューが変わるので、すべての季節のメニューを食べたい宿なのですよね。
一種のすみれ中毒です。非常~に中毒性の高い宿です。

今回も「びゅう くつろぎの時間(とき)」パンフレットで予約。
【部屋】風呂なし・トイレ付和室(定員2名・8畳) ※お部屋にテレビはございません。
【チェックイン】14:30(通常15:00)
JR+宿泊コース(東京駅発着)@35,300円
(参考:宿泊のみコースは@20,700円)

時の宿すみれ 
所在地 山形県米沢市関根12703-4
TEL 0238-35-2234
FAX 0238-35-2236
E-mail  info@tokinoyado.com

時の宿すみれのホームページは→【http://www.tokinoyado.com/

全10室のお二人様専用の宿です。
コンパクトで居心地の良い空間と、美味しい米沢牛料理が楽しめます。
三代目女将・黄木綾子さんを始めとして、スタッフが素敵です。

東京駅発・山形新幹線 つばさ137号で米沢へ。
s7958.jpg s7960.jpg

弁当を大丸地下で購入して新幹線に乗り込みました。
大丸地下は改装されていて、大幅に売り場が変わっていて、ウロウロしてしまいました。
「すし処ひらしま」というブースで、相方は煮あなご弁当を購入。
s7965.jpg
7966.jpg
あなごはトロトロで美味しかったですよ。

私は〆サバと煮あなごの弁当。〆サバもウマウマ。
s7967.jpg
7968.jpg
はっきり言って量が少ないのですが、すみれの夕食のためにお腹を空かせる作戦。
すみれの夕食には万全の体制で臨みたいですからね(笑)

14:16に米沢駅に到着。この日は曇り。駅は凍りついています。線路は雪に埋もれているし。
7969.jpg
しかし駅前は雪が無い状態。除雪が行き届いています。
7975.jpg
すぐにお迎えのバスに乗り込みます。客は私達を含めて3組。
例によって時速40kmでゆっくりと走るハイエース。ほどなくすみれに到着です。
いつもなら、すみれの敷地内に入るとさらにゆっくりになるのですが、
さすがに雪が多くて迂回路は通れず。玄関に直行しました。
8186.jpg
玄関の階段には水(温泉?)が流れていて雪はありません。
いつものように、ロビーに通されてウエルカム抹茶&お菓子。
7977.jpg
ほっこりした後は、部屋に案内されました。三度目の「げんじ」。
この部屋以外泊まったことがありません・・・。毎回びゅうのプランで行くので仕方ないか。
7989.jpg
変わらないげんじの部屋。部屋の細かいことは再訪なので省略。アメニティとかも変化無し。
そういえば、すみれって部屋のお菓子がないのですよね。
あっ!冷蔵庫のお菓子がなかった。たまたまなのか、廃止になったのかは不明。

アメニティとかを知りたい方は過去のレポをご覧ください。
前回9月のすみれ訪問は→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-47.html

その前の7月のすみれ訪問は→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-34.html

7979.jpg
お正月からは大分経っていましたが、館内はまだまだお正月ムード。
7981.jpg
さすがに一月の米沢は雪一色。
7984.jpg
窓には、刺さったら痛そうなつららが何本も。
7993.jpg

無線LAN(Wi-Fi)が部屋で使えます。快適にネットが楽しめましたよ。
7992.jpg

作務衣が用意されているので、非常に楽チン。
7999.jpg

ロビーの暖炉は赤々と。
8000.jpg

貸し切り露天風呂へ。気温3度の中、湯温は42.3℃とちょっと熱めに設定。
8004.jpg
脱衣場はほとんど屋外と変わらず、さすがに作務衣を脱ぐのに気合いがいる気温でした。
でもお風呂に飛び込んで、しばらくすれば身体はポカポカに。
お風呂の詳細も省略しま~す。

川は雪で埋もれていました。
8006.jpg
今回は風呂好きな客が多かったのか、貸し切り露天風呂が二つとも塞がっていることが多く、
ロビーでかなり待つ羽目になりました。三回目にして初めてですね。両方共塞がるのは。

ロビーで待っていると、貸切のほうにひっきりなしに出入りがあります。
気になって、貸切を見に行っても結局ふさがったまま。すごすごと帰ってくる・・・。
これを何度も繰り返すことになりました。
やっぱりロビーで貸し切りが空いているかどうか、分かるシステムが欲しいですね。

一方、大浴場はいつ行っても誰もおらず、貸し切り状態でした。
8007.jpg
今回は常連さんばかりなのか、ロビーで寛ぐ人がとても多かったです。
皆さん、勝手知ったるという感じで過ごしていましたね。

その2 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ