大鷹の湯2013年2月 その5 朝食編

2013年2月 大鷹の湯@那須塩原に宿泊。一泊二日。FC2ブログ

朝食は7:00~8:30(9:00終了)で自由に行きます。
朝は部屋の露天風呂にのんびりと入っていたので、ちょっと遅くなってしまいました。
七時半頃に行きました。

朝食は狩場亭という専用の朝食会場で食べます。バイキング(ブッフェ)です。
8669.jpg
こんなに大勢の人が泊まっていたのか!と驚くほど人がいました。
席もほとんど埋まっていて、入り口近くの席しか空いていませんでした。
皆さん早いですね・・・。
8671.jpg
朝食は種類が多く、とても充実していました。
テーブルに料理が沢山。壁側にごはん類やコーヒー、紅茶。
別のテーブルにジュース類がありました。

湯豆腐、温泉卵。
s8679.jpg s8680.jpg

焼き魚(ホッケ?)、漬け物。
s8681.jpg s8682.jpg

トマト、沢庵、大根おろし、シラス。
s8683.jpg s8684.jpg

納豆、海苔、果物(グレープフルーツ、オレンジ、イチゴ)
s8685.jpg s8716.jpg

生野菜、ヨーグルト、コーンフレーク。
s8687.jpg s8688.jpg

マカロニサラダ、ほうれん草。
s8689.jpg s8690.jpg
ちょっとみすぼらしい感じになっていますが、行った時間が遅めだったので
仕方がないです。でもしばらくすると補充がありましたよ。

ミニ肉まん、肉じゃが。
s8691.jpg s8692.jpg

ウインナー、ポテト、ナス、ピーマンの揚げ物。
s8694.jpg s8695.jpg

源泉粥、コーンスープ。
s8698.jpg s8699.jpg

トッピング。おかか、ひじき、ちりめん、鮭フレーク、ちょい辛みそ、ふきみそなどなど。
s8696.jpg s8697.jpg

源泉を練り込んであるパン。トースターで焼きます。
s8710.jpg s8700.jpg
このトースターがくせもの。何分経ってもちっとも焦げ目がつきません・・・。
ちょっと何とかして欲しいですね。

苺ジャム、ブルーベリージャム、マーガリン。味噌汁は従業員さんがよそってくれます。
s8701.jpg s8705.jpg

コーヒーマシーン、紅茶類。
s8704.jpg s8703.jpg
これは嬉しいですよね。

麦茶、りんごジュース、オレンジジュース、牛乳。
s8707.jpg s8708.jpg

スクランブルエッグ、野菜炒め、は後から出てきました。
s8718.jpg s8719.jpg

相方が第一回目にとっていきた料理。
8673.jpg

おかゆにいろいろトッピングしてきていました。
8676.jpg

私の第一回目のとってきたもの。とても全部は取って来れまません。
8714.jpg
どれもこれも美味しいです。野菜もたっぷ取れるし、言うことなしです。

温泉卵はご飯にかけました。欲張りにも、パンももらってきました
s8722.jpg s8721.jpg
食後にコーヒーを二杯頂いて大満足。
控えめにしたつもりでしたが、やはり食べ過ぎました。お腹いっぱいです。

朝食後にムックにご挨拶。とても元気なムック。
8730.jpg

チェックアウトは11時なので、部屋の風呂にまた入りました。
11時に本館のフロントまで行ってチェックアウト。
8728.jpg

フロント前にしっかり「正真正銘五ツ星源泉宿66」が売っていました。
8734.jpg

宿泊料金を現金で支払ったら、スタンプカードをくれました。
img007-5.jpg
5,000円ごとにスタンプ1つ押してくれます。現金支払いのみです。
スタンプが30コたまると、次回の宿泊代から5,000円割引いてくれます。
有効期限2年間。貯められるでしょうか?

☆☆☆自分への御褒美☆☆大人気♪別邸鷹山プラン
★自家源泉かけ流しの長方形露天付客室でのんびり療養(アップグレードタイプ)

~インターネット~☆公式ホームページ限定☆特典付
☆通常価格より500円引きにてご提供させて頂いております!
★夕食時にワンドリンクサービス(生ビール小・日本酒・ソフトドリンク)


一泊二日 朝・夕食付き @18.500円+入湯税@150円

【大鷹の湯】
〒329-2763 栃木県那須塩原市井口548-350
ご予約受付専用TEL:0120-27-1126
TEL:0287-36-6802 / FAX:0287-37-3987
お問合せ時間/9:00~21:00 迄

チェックイン15:00 チェックアウト11:00

大鷹の湯のホームページは→【http://www.ootakanoyu.com/

大鷹の湯感想。

良いところ。

◎強烈ヌルヌル温泉。アルカリ温泉としては最高級に良い。源泉掛け流し。
◎露天風呂付部屋としては値段が安い。
◎従業員さんの親切さは特筆もの。好感度大。
◎部屋も建物も綺麗。別邸鷹山301号室は広くて快適。
◎別邸鷹山は部屋の露天風呂が広い。
◎大浴場、鷹見の湯、宿泊者専用露天風呂と充実。
◎朝食バイキングは品数も多く、美味しくて楽しい。夕食も美味しい。
◎個室食事処はやはり落ち着く。
◎夕食は、押しボタンシステムで、自分のペースで食べられる。
◎無線LAN(Wi-Fi)が使える。
◎犬のムックがいる。

イマイチなところ。

△大浴場が別邸鷹山から遠い。鷹見の湯はもっと遠い。
△鷹見の湯は利用時間がややこしい。
△別邸鷹山の部屋付き露天風呂は、中の段が滑る。
△別邸鷹山300番台の部屋は展望がゼロ。
△部屋の露天風呂は温度調節が難しい。
△無線LANはイマイチ繋がりが悪い。
△掛け布団が重い。
△アンケート用紙があるはずなのだけど、見当たらなかった。
△朝食バイキング会場のトースターは暖めるのに時間がかかりすぎ。
△作務衣があると嬉しい。


モダン旅館と較べるとさすがに見劣りがしますが、
それでも綺麗で広い部屋、大浴場は充分魅力的です。
細かい不満点は、強烈な温泉ですべて帳消しになります。
帳消しになった上に、おつりが来ます。

また行きたい!と思わせる麻薬的魅力温泉。
一度行くと病み付きになります。多分リピーターが多い宿なのではないでしょうか。
もちろん私も再訪確実な★★★★★五つ星です。

帰りの東北自動車道路は上りの佐野S.A.で休憩。
朝のバイキングはやはり食べ過ぎていて、お腹が空かないので昼食は抜き。
s8736.jpg s8735.jpg
屋台のクレープ屋さんでクレープを買って昼食代わりに。
s8738.jpg s8739.jpg
ツナサラダクレープ、とちおとめクレープ。美味しかった~。

大鷹の湯 終わり。

スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大鷹の湯2013年2月 その4 夕食編

2013年2月 大鷹の湯@那須塩原に宿泊 FC2ブログ

その4 夕食編。

大鷹の湯の夕食は六時、六時半、七時と選べます。
私達は六時からお願いしました。

夕食は本館に食べに行きます。本館裏口(?)から入って手前の角を曲がると食事処です。
s8631.jpg s8630.jpg
どこで履き物を脱いで良いのか、いまいち分からない上がり口。

四季彩五鷹亭という個室食事処。新しくて、綺麗です。
じゅうべいさんの情報によると、元々は大浴場があった場所に作られたそうです。
s8629.jpg s8624.jpg
入り口に板長おすすめ追加メニューが飾ってありました。居酒屋みたいです。
s8626.jpg s8627.jpg 
膝掛けの用意がありました。気が利きますね。ホールから個室食事処へ。
s8625.jpg s8623.jpg
案内されたのは、ずらりと並んだ個室食事処です。入り口はのれん。
s8620.jpg s8619.jpg
こぢんまりとした小部屋。やっぱり個室は落ち着きます。
8546.jpg
暖房がガンガンに効いていて、暑いくらいです。入り口は開放なので、周りの声は良く聞こえます。

暖かい麦茶は用意されています。押しボタンで係の人を呼べます。
s8548.jpg s8577.jpg
ファミレスみたいな押しボタンですが、料理を自分の好きなタイミングで運んでもらえるので、
とてもよいシステムでした。

お品書き付。
8575.jpg

ドリンクメニューは沢山あります。やっぱり居酒屋っぽいです。
8584.jpg

最初はこれだけ並んでいます。
8550.jpg

食前酒ならぬ食前酢ブルーベリーカシスの黒酢。アルコールは入っていません。
8551.jpg

前菜。海老つや煮、菜花の和え物、湯葉なめこ、あんきもゼリー寄せ。
8552.jpg

海老つや煮
8554.jpg
海老は固かったですが、噛めば噛むほど海老っぽかったです。

あんきもゼリー寄せ
8555.jpg
上に載っている紅葉おろしは酸っぱい。ゼリーはコンソメっぽくて、口の中で容けて美味。

湯葉なめこ。枝豆、山椒入り。
8557.jpg
美味しかったです。山椒が効いています。

菜花の和え物。菜の花の葉っぱ部分、甘エビ、昆布。
8559.jpg
薄めの鰹出汁。ピリ辛で美味しかったです。

肉料理和牛セイロ蒸し。固形燃料で蒸します。源泉蒸しです。15分位かかります。
8562.jpg
肉の下にはキャベツが沢山。
8565.jpg
固形燃料に火をつけるタイミングを聞いてくれます。まずは前菜をゆっくり食べたかったので、
前菜を食べ終ってから火をつけてもらいました。押しボタンシステム活躍。

インターネット予約特典でドリンクが一杯無料です。特典専用メニューから選びます。
日本酒・冷や一合とりんごジュースをお願いしました。冷やで徳利は珍しいです(笑)
s8564.jpg s8578.jpg
日本酒はまあこんなもんかな、と言うものでした。しかしどう考えても一合はなかったです・・・。
サービス品なので別に文句を言うことでもないですが。

刺身。鮪、鯛、帆立、〆サバ、つぶ貝。五点盛り。後から運ばれてきます。
8567.jpg

鮪(まぐろ)。鮪は普通。
8569.jpg

左・帆立(ほたて)、右・鯛(たい)
8570.jpg
帆立は柔らかい。厚みがあって食べ応え有り。鯛は甘味があって美味。

〆サバ、つぶ貝
8571.jpg
〆サバがうまく撮れなかったので、角度を変えてもう一枚。
8572.jpg
〆サバは脂がのっていてとても美味しかったです。やるな、大鷹の湯。
つぶ貝はコリコリしていて、クセもなく美味。

和牛セイロ蒸しが出来上がりました。肉、もやし、キャベツ。ポン酢で頂きます。
8590.jpg
キャベツが柔らかくて、とても甘~い。非常に美味しかったです。
源泉蒸しが効いているのか、肉も軟らかくてウマウマ。脂身がものすごく美味。
やるな、大鷹の湯。

日本酒が少なくてもの足らないので、完熟もも酒・ロックを注文。
8576.jpg
お酒と言うより桃ジュースのようでした。口当たりが良いのでガブガブ飲んでしまいます。
8591.jpg

焼き物が運ばれてきました。
焼物ゆめカサゴ煮付け
8593.jpg
カサゴが一人一匹です。「焼き物」なのに「煮付け」というのもよく分りません・・・。
何故、栃木でカサゴ?という疑問は、食べ終わったら忘れていました。
とても柔らかく煮てあって美味しかったですよ。骨は沢山ありましたが。

煮物
s8595.jpg s8596.jpg
煮物アップ。大根、里芋、がんも、湯葉、梅麩
8598.jpg
出汁が薄味で美味。大根はふわふわ。湯葉はしっかりしています。梅麩はもちもち。

この辺でお腹がいっぱいになってきました。
煮物を食べ終ってから次を持ってきてもらいました。

揚物海老湯葉饅頭、舞茸、しし唐。天然塩で頂きます。
8600.jpg
サクサクで美味しい天ぷら。海老湯葉饅頭は胡麻の香りがしてウマウマ!
天然塩がとても美味しかったです。

御食事かまど炊き御飯、香の物、干瓢卵とじ。お焦げを載せるかどうか聞いてくれます。
8603.jpg
ご飯と味噌汁はお替わり自由です。香の物は白菜とキュウリとかぶ。

かまどで炊いたご飯はお焦げ付をもらいました。早い者勝ちだそうです。
8608.jpg
お焦げの良い香りが漂います。しかしご飯を食べるとお腹いっぱいで苦しい・・・。

干瓢(かんぴょう)卵とじ。干瓢、人参、えのき、大根。
8610.jpg
美味しいですが、味は濃い目。お腹いっぱいの状態で濃い汁物はキツイ・・・。

自分で入れる暖かい麦茶とデザート。
s8613.jpg s8614.jpg

甘味抹茶のムース。小豆入り。
8617.jpg
イチゴはとちおとめっぽかったです。ふわふわで美味しいです。
抹茶の味がとても良く出ていました。クリームも美味しかったです。

一般的な和食で、可もなく不可もなく、というメニューですが、
それぞれは美味しいので、とても満足しました。
特に和牛せいろ蒸しは絶品でした。

全体的に薄味なのも私達好みでした。量は充分、というか多かったです。
何か特徴のある料理があれば、なお良かったでしょうね。

何より、押しボタンシステムのおかげで、自分のペースで落ち着いて食べられます。
接客も丁寧だし、料理の説明もしてくれるし、気持ち良く食事が出来ました。

料理の抜群に美味しい宿と較べれば確かにイマイチですが、
普通といえば普通。お腹はいっぱいになるので不満は全くなし。

夕食後に大浴場棟に行ってみたらムックが居ました。
8643.jpg
激しく動くので、写真が撮れません・・・。ムック動くな!
寒いのにムックは元気でした。


その5 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大鷹の湯2013年2月 その3 施設編

2013年2月 大鷹の湯@那須塩原に泊まってきました。FC2ブログ

大鷹の湯のホームページは→【http://www.ootakanoyu.com/

その3 施設編。

敷地内を探検してきました。なにせ敷地が8,000坪もあるそうです。
ざっと見るだけでも意外と時間がかかりました。

↓グーグルマップを元に作成した適当な地図。
img006-5.jpg
拡大出来ません。スミマセン。適当なので・・・


駐車場から入り口・大鷹門方面を見た写真。
正面は本館の露天風呂部分。左は閉鎖したコテージ群。
8406-3.jpg
駐車場の隅に電車が放置されていました。以前は本館大浴場前にあったはずなのですが・・・。
歓迎の看板が哀愁を誘います・・・。
s8404.jpg s8405.jpg
中は荒れ放題で、ゴミ置き場のようになっていました。もう出番はないのでしょうかね?


本館露天風呂。宿泊客専用です。
8413.jpg
本館露天風呂の使用時間15:00~23:00のみ。翌朝は使えません。鍵を開けて中に入ります。
8414.jpg
中は廊下があって、男女別の露天風呂に通じていました。
s8415.jpg s8417.jpg

男性風呂は誰もいなかったので写真を撮りました。柱に気温計あり。珍しいですね。
s8418.jpg s8420.jpg
宿泊者専用本館露天風呂。広いです。4m×3m位でしょうか。湯温41.9℃。
8424.jpg
ただ、周りを壁で囲まれているので、展望はゼロです。
8429.jpg
上がり湯あり。時計もあり。シャワーとかカランとかはないです。
s8426.jpg s8423.jpg
ここには入浴しなかったので、お湯の感想はなしです。

昼間は女性風呂に人がいたので写真が撮れませんでした。
夕食後に寄ってみたら誰もいなかったので、相方に撮ってもらいました。
8637.jpg
暗くてよく分かりませんが、男性用と同じような感じですかね。
8641.jpg

大鷹門の写真を取りに行った帰りに、いろいろ写真を撮ってきました。

大鷹門側にある客室・泰山荘の入り口。じゅうべいさんのブログによれば、
この前にムックという犬が居るはずなのですが、散歩にでも行っていたのか不在でした。
s8446.jpg s8433.jpg
この泰山荘は和室7.5畳・平日なら2名8,500円、土曜・休前日でも9,500円という激安です。
外観はアパートのようでした・・・。

大浴場のある建物。本館側からの入り口を入ると、くねくねと通路が曲がっています。
s8463.jpg s8466.jpg
大浴場は男女別。入り口横のロッカーは無料です。
s8457.jpg s8459.jpg
血圧計、足つぼマッサージ器がありますが有料。100円だったかな?

男女別大浴場。大浴場は、入れ替えとかはないみたいですね。
使用時間15:00~24:00、朝は5:00~10:00。

男性用大浴場は人のいないのを見計らって写真を撮りました。
s8647.jpg s8648.jpg
脱衣場のロッカーは有料です。ややこしい。脱衣場にこれまた気温計あり。
s8649.jpg s8651.jpg

男性用大浴場の脱衣場。綺麗で広いですが、日帰り客が多いと荷物が溢れて狭くなるそうです。
この日は日帰り入浴をやっていなかったので、広々としていました。(写真は夕食後のもの)
8652.jpg
夕方に行ったときは一人だけ、夕食後に行ったときは誰もいなくて独占状態。意外と少ない。
やはり、別邸鷹山に泊まっている客は部屋の風呂に入るので、こちらには来ないのですかね?

オサレな洗面の手水鉢。
8654.jpg
消毒済みのブラシが置いてありました。男性で使う人は少ないかも。

化粧品、ドライヤーなど。1セットしかなかったような気がします。体重計あり。
s8655.jpg s8653.jpg

男性用大浴場。写真は夜に撮ったもの。湯気がもうもうとしていて、うまく写らず。
8658.jpg
かなり広いです。計っていないですが、7m×2mくらいありそうです。
カラン側に段があります。半身浴出来ます。
湯温40.7℃でした。私にはちょうど良い温度でした。

これがまた強烈な風呂でした。
源泉は同じはずなのですが、部屋の露天風呂よりも濃度が濃く感じました。
ヌルヌル度高いです。もう本当にゼリーのお湯に入っているようです。
入っている間中、身体を撫で回していました。
永遠に入っていたい感じでした。暖まることおびただし。
この大浴場があれば、部屋に風呂が無くてもOKかもしれません。

カランも沢山あります。シャンプー類はもちろん馬油シリーズ。
8659.jpg

女性用大浴場は人がいたので写真は撮れずです。話を聞くと、男性用と同じような感じでした。
8455.jpg

マッサージ器もありますが有料です。反対側に飲料の自動販売機有り。
8452.jpg
このへんの雰囲気は大規模旅館ぽいです。

大浴場棟を出て裏に回ると貸し切りの鷹見の湯に行けます。
鷹見の湯は「高見」に引っかけた名前の通り、高台に作ってあります。

ここでまた例の適当な地図を。
img006-5.jpg


本館の裏では、夕食用にかまどでご飯を炊いていました。
8470.jpg

案内に従って、鷹見の湯に行くコース。階段を登っていきます。
s8469.jpg s8472.jpg

途中で分岐があります。左はワンちゃんと泊まれるコテージですが、今は閉鎖されていました。
s8474.jpg s8476.jpg
お客様の声などを見ると、ここはかなり評判の良かったコテージだったようです。
閉鎖でとても残念と書き込んでありますね・・・。
ペットと一緒に泊まれるところは少ないのに、このお湯ですからねえ。
評判が良かったのは分かります。何とか再開して欲しいですね。

右に曲がると温泉神社がありました。いちおうお参りをしておきました。
s8477.jpg s8479.jpg

温泉神社の前に湧き水でしょうか?翌日の朝、従業員さんがここでポリタンクに水を汲んでいました。。
s8487.jpg s8486.jpg

さらに階段を上っていくと、鷹見の湯です。景色が良さそうです。
s8480.jpg s8481.jpg
ここがややこしくて、朝10時から夜21時の間は有料貸し切り風呂です。
50分1~2名3.000円、3名4,000円、4~5名5,000円というもの。
そして夜21時~24時と朝の5時~9時は宿泊者のみの男女別になります。

めんどくさいので行きませんでしたが、ちょっと後悔しました。
朝、食事をとっていると、かなりな人が鷹見の湯に行っていました。
常連さんは朝食をとっとと済ませて鷹見の湯に行くのですね・・・。

鷹見の湯から見下ろした本館裏手。
8484.jpg
温泉神社を通らずに、ほぼ垂直に降りる道があるのですが、何故か通行止めでした。

本館にも行ってみました。玄関前に干支の蛇と、豪快な花。
s8488.jpg s8489.jpg

売店でいろいろ売っています。アイスもありました。充実していますが、見ている人は少なかったなあ。
s8492.jpg s8503.jpg

冷たい飲料やお酒も売っていました。
s8504.jpg s8505.jpg

お菓子類や馬油シリーズも売っています。
s8502.jpg s8511.jpg

ロビーに椅子がありますが、いつ行っても誰も座っていなかったですね。
8512.jpg
日帰り入浴があれば、ここに人が沢山いるのかもしれません。

フロント横に大鷹の湯・飲泉所がありました。
s8495.jpg s8500.jpg
一日一杯で健康になれる、とフロントの従業員さんが教えてくれました。早速一杯飲泉。
8499.jpg
大鷹の湯は従業員さんが全員親切でした。驚くほどに。
カメラを持って出れば「写真を撮りましょうか?」と言ってくれるし、
ちょっとまごついているとすかさず説明してくれます。

本館の前は工事中。
8516.jpg
本館前に足湯もありましたが、工事中なのか使用不可。
どんどん変化している感じですね。次に行ったら何か変わっていそうです。

その4 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大鷹の湯2013年2月 その2 部屋編

2013年2月 大鷹の湯@那須塩原に泊まってきました。FC2ブログ

その2 部屋編

アップグレードタイプなので、別邸鷹山(べってい ようざん)20畳の部屋です。
10畳の和室と10畳の寝室です。和室にはコタツがありました。
8314.jpg
ここでチェックイン手続きをしました。その後、食事の時間、館内の説明をしてくれました。
↓館内案内図で詳しく丁寧に説明してくれます。
img003-1.jpg
しかし、風呂の時間がややこしくて、全く覚えられず。
8318.jpg
さすがに十畳は広くて、大きめのコタツを置いても広々。
写真では色が変わっていますが、ピンクの壁もきれいで、とても居心地の良い和室でした。
全室禁煙のため、たばこ臭もなく快適です。

無線LAN(Wi-Fi)が使えます。
が、私のPCとは相性が悪かったのか、ネットは繋がったり、繋がらなかったりで、いまいちでした。
電波状態100%、シグナルの強さ・強い、だったのですけどね・・・。

床の間(らしき所)に備品類がありました。金庫有り。金庫の鍵は部屋の鍵と別です。
8326.jpg
生け花が綺麗ですね。

2.2リットル電気ポット・手押しタイプ、氷入り冷水ポット、テレビは東芝レグザ32インチ。
s8328.jpg s8329.jpg
テレビのみで、DVDプレーヤーとかはないです。
最初の案内以降は従業員さんは部屋に入ってきません。
それは良いのですが、冷水の補給がなくて、ちょっと寂しい。

置物が飾ってありました。不思議な組み合わせです。
8330.jpg

マッサージ器具もありました。横に裁縫セットもありました。
8332.jpg
裁縫セットを使う機会があるのかどうかは疑問ですが、必要なときには便利でしょう。
8334.jpg

冷蔵庫は空。
s8336.jpg s8338.jpg
飲料の自販機が、別邸鷹山の建物の横にも、本館にもありましたよ。

衣装掛けの中にタオルセットがありました。
s8342.jpg s8343.jpg
高さがあるので、コート類もかけられます。私の大好きな作務衣はなし。
s8344.jpg s8345.jpg
バスタオル2枚ずつ、フェイスタオル1枚ずつ、たびソックス、
羽織に加えて、どてらのような分厚いものも用意されていました。
8348.jpg

このどてらのようなコート(左)は足まで隠れるロングサイズ。厚みがあって、ふかふかです。
かなり暖かく、表に出てもそれほど寒さを感じませんでした。快適装備です。
8396.jpg

バスタオルの上に注意書きがありました。持って帰ってしまう人が多いのですかね?
8347.jpg

部屋の鍵は残念ながら一つ。部屋の鍵に付いているのは、本館・露天風呂のドアの鍵です。
8350.jpg

部屋のお菓子は温泉せんべいと種なし梅。
温泉せいんべいと言う名前ですが、中身はゴーフレットのようなもの。
s8352.jpg s8527.jpg
これは囓ったのではありませんよっ!。袋を空けたら既に割れていたのです。

お茶セット。
s8353.jpg s8354.jpg
煎茶がパックに入っていました。まあまあの美味しさ。
8355.jpg

寝室との仕切りはのれんのみ。
8356.jpg

10畳の寝室。板の間に台を置いて、布団を敷いてあります。台の高さ35.5cm。
8357.jpg
寝具はデカイです!。マットレスは一人分200cm×140cmというダブルサイズ。
マットレスが大きいのは良いのですが、掛けふとんもデカイので非常に重い。
掛けふとんが二枚あるのですが、二枚かけると息苦しい・・・。寝返りも打てないほど。
もう少し軽いのにしてください!!

和室方向を見た写真。こちらの窓から部屋付き露天風呂に出ます。
8362.jpg
10畳の板の間にベッドが置いてあるだけなので、広い広い。無駄に広いです。
出来れば、囲いのある洗い場があるといいですね。

ベッドと壁の隙間に就寝用明かりが置いてありました。
8359.jpg

バスタオルが掛けられる大きいタオル掛け。脱衣籠もちゃんと二つあってすばらしい。
8365.jpg
タオル掛けのバーが曲がっているのはご愛嬌。

露天風呂への入り口下に、足つぼマッサージ台がぽつねんと置いてあります。
s8389.jpg s8364.jpg

部屋付き露天風呂。正面の向こう側は駐車場なので、展望はゼロです。ちょっと寂しい。
8366.jpg
じゅうべいさんのブログによれば、廊下の反対側にある8畳+8畳の200番台の部屋は、
雑木林の展望があるそうです。

露天風呂湯口から部屋を見た写真。
8383.jpg

デッキにはクロックスのようなサンダルで。全室禁煙なので灰皿がデッキに置いてありました。
s8367.jpg s8369.jpg

長方形の大きい露天風呂。
8372.jpg
衝撃のお湯!(゜Д゜)
~たっぷん~
もう風呂に入った瞬間にビックリです!黄色味がかったお湯はトロトロでヌルヌル。
これはすごい!。五ツ星源泉を自慢するだけあります!

おとぎの宿米屋@須賀川も、化粧水のようなトロトロ温泉でしたが、
それを遙かに上回る強烈温泉です。化粧水でなくて、ゼラチンのようです。
お湯が体にまとわりついてくるので、入っている間中、身体をなで回しています!
なで回さずにはいられないヌルヌル温泉!
アルカリ性・トロトロ温泉好きには堪らない、最高級のお湯です。

これは幸せでしたね~。部屋付き露天風呂でこんなお湯に浸かれるなんて!
普段、風呂には私の方が回数も時間も多く入るのですが、
この温泉は相方の方が回数も時間も多かったです。暇さえあれば入っていました。

源泉かけ流し。熱くする時はお湯の量を増やし、ぬるくする時はお湯を細める方式。
間違っても水で薄めるようなコトはしない、大鷹の湯のこだわりです。湯口の温度は52.4℃でした。
8381.jpg
到着時に宿のほうで40℃位に調節しておいてくれました。
入浴時にお湯の温度を測ったら41.7℃でしたが、これは上のほうに熱いお湯があったようで、
かき混ぜたら38.4℃になりました。私達にはちょうど良い温度でした。
しかし温度調節は難しいです。ちょっとお湯を太くすると熱くなってしまうし、
細めだと冬なのであっという間に湯温が下がってしまいます。

どのくらい大きいのかというと、縦170cm×横88cmというもの。深さは60cm。
下は身長170cmの男の人が入っている図。二人で並んで入れます。特に縦方向が長いです。
8534-4.jpg
中に30cmの段が一段あるのですが、大理石見たいな石で、ツルツルです。
ものすごく滑ります。危ないです!滑り止めをつけるか、滑らない石に交換して欲しいですネ。

一応洗い場もついていますが、寒い時期は、ちょっとここで洗う気はしないです。
8385.jpg

シャンプー類は高級馬油シリーズ。
8376.jpg

洗い場の横の椅子の所にウレタンマットが立てかけてあるのですが、これが何に使うのか不明です。
8378-2.jpg

やはり凍結防止のために流しっぱなしにする蛇口。
8377.jpg

源泉表示表が貼ってありました。源泉59℃。PH8.5。
8379.jpg

別邸鷹山20畳タイプには庭が付いているのですが、301号室は端にあるので、
庭とは言えない狭いスペースです。三角形だし。
8386.jpg
この露天風呂、隣とは仕切りの板一枚だけなので、声はまる聞こえです。
露天風呂での話は隣に筒抜けになるので、注意が必要ですよ~。


佐野S.A.で買ってきたレモンどら焼き。
s8535.jpg s8538.jpg
昼のラーメンが少なかったので、一風呂浴びてからお茶を頂きながら、食べてしまいました。
8539.jpg
美味しかったので、もっと買ってくれば良かったと後悔。

その3 施設編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大鷹の湯2013年2月 その1

2013年2月 大鷹の湯@那須塩原に泊まってきました。FC2ブログ

ここのところ【御宿竹取物語】、【ゆの宿上越館】、【時の宿すみれ】と
料理が抜群に美味しいところばかり行っていましたが、
どこも温泉力は少々弱いところばかりでした。

「たまには温泉力のある宿に行きたいなあ」と探していたら、
じゅうべいさんのブログで【大鷹の湯】を発見。
じゅうべいさんのブログは→【http://blog.goo.ne.jp/junko0205_1950

五ツ星源泉というのも気になるし、那須塩原なのでそれほど遠くない。
行ってみようか、ということになって予約しました。

【大鷹の湯】
〒329-2763 栃木県那須塩原市井口548-350
ご予約受付専用TEL:0120-27-1126
TEL:0287-36-6802 / FAX:0287-37-3987
お問合せ時間/9:00~21:00 迄

大鷹の湯のホームページは→【http://www.ootakanoyu.com/

ネットで宿のホームページから直接予約。これが一番安いらしいです。
別邸鷹山20畳タイプしか空いていなかったので、選択の余地なく予約しました。

☆☆☆自分への御褒美☆☆大人気♪別邸鷹山プラン
★自家源泉かけ流しの長方形露天付客室でのんびり療養(アップグレードタイプ)

一泊二日@18,500円+入湯税@150円=合計@18,650円

露天風呂付きの部屋は2万円超え、という感覚なので、これは安いと思いました。

~インターネット~☆公式ホームページ限定☆特典付
☆通常価格より500円引きにてご提供させて頂いております!
★夕食時にワンドリンクサービス(生ビール小・日本酒・ソフトドリンク)


ネットで予約すると、こんなサービスも付いていました。
なんかすごく得した気分ですね。実はそれほどでもないのですが・・・(笑)
でも、いくらかでも安くなるのと、ドリンクが付くのは嬉しいです。


じゅうべいさんは随分と前から大鷹の湯に通っています。
何と言っても温泉が良いらしいです。しかし、いまいちアカ抜けないところもあるらしく、
じゅうべいさん曰く、「伸びしろのある宿」らしいです(笑)。
楽しみですね~、新規の宿。
その他、大鷹の湯の予備知識を、ブログ「じゅうべいリストラそして・・・」で色々と仕入れてから出発。

宿泊する二日前に予約確認の電話がかかってきました。

大泉から外環に入ったのですが、外環で渋滞に巻き込まれ、東北自動車道でも四台の事故渋滞に
巻き込まれました。予定より大分時間がかかってしまいました。

佐野S.A.で休憩。佐野ラーメンを食べようと思い食堂へ。
s8276.jpg s8285.jpg
お昼時なので、少し並んで待ちました。窓際の席に案内されました。
s8283.jpg s8280.jpg
青竹佐野ラーメン(@800円)。ベロベロの縮み麺が美味しい。
8282.jpg
しかし、ラーメンの具がチャーシュー一枚と海苔とナルトとシナチクだけとは寂しい・・・。
しかも量が少なくて、あっという間に食べてしまいました。
ちょっと800円は高いかも?やはりサービスエリア価格っぽいですね・・・。

栃木名物栃木レモン牛乳関連商品が多数並んでいました。レモンどらやきをおやつ用に購入。
s8286.jpg s8289.jpg

茜庵@那須に通っている頃は、那須温泉神社によく行っていたのですが、
最近茜庵もご無沙汰で、温泉神社もしばらく行っていないので、足を伸ばしてみました。

東北自動車道・那須インターで降りて、那須湯本に。冬でも那須は車が多い多い。
一軒茶屋の手前でやはり渋滞。これまた時間がかかってしまいました・・・。

神社入り口にある足湯も健在で、数人足湯に浸かっていましたよ。
s8290.jpg s8292.jpg
雪はありましたが、参道は綺麗に除雪されていて歩きやすかったです。
s8293.jpg s8294.jpg
那須温泉神社。二月の那須湯本はさすがに寒かったです。
8295.jpg
今年も良い温泉旅館に行けますように!とお願いしてきました。

那須温泉神社からは高速道路を使わずに大鷹の湯に直行。

大鷹の湯到着!!少々遅くなり、三時十五分頃に着きました。
おおっ!デカイ看板と大きな門です。大鷹門というそうです。五ツ星源泉の誇らしげな文字が!
8438.jpg
写真は後から撮ったものです。最初に来たときは写真を撮る余裕なんぞありませんでした。

大鷹の湯は日帰り温泉をやっていますが、土曜・日曜・祝日は貸し切りのみ、という看板有り。
s8436.jpg s8439.jpg
門をくぐって、車でソロソロと行きますが旅館らしき建物はなし・・・。
8440.jpg

左手にラーメンの幟がはためく建物発見。ラーメン屋さん???
8443.jpg
閉まっているラーメン屋を過ぎてしばらく行くと、右手に本館がありました。
この寒空の中、本館の前に従業員さんが立って案内をしています。
8726.jpg
若い従業員さんに予約の名前を言うと
「本日のご宿泊は別邸鷹山になります。この先の駐車場にお車を止めて、
別邸鷹山の前に係がおりますので、そちらで受付をしてください」と的確な指示をしてくれました。

一番奥にだだっ広い駐車場がありました。
8406-1.jpg
車を止めて、本館より駐車場寄りにある別邸「鷹山」(ようざん)に行きます。
本館には寄らずに、直接別邸「鷹山」に入ります。門の前に従業員さんが居ました。
8518.jpg
さっそく館内に案内されました。
8412.jpg
中に入ると真っ直ぐに伸びた畳み敷きの廊下が見えました。館内はポカポカです。
8411.jpg
建物は新しいのか、どこもかしこもきれいです。

上がるとまずは「女性用のおしゃれ浴衣を選んでください」と言われます。
8399.jpg
男性用はありませんからね(笑)。

廊下の左側が8畳+8畳の200番台の部屋。右側が10畳+10畳の300番台の部屋です。
木と畳の素敵な雰囲気です。思わず「おお・・・」と言ってしまいました。
てっきりこの畳の廊下を歩いて行くのかと思ったら・・・。
8296.jpg
「本日のお部屋はこちらです」と言われたのは入り口入ってすぐの301号室でした。
8409.jpg
なんだか拍子抜けしましたが、まあ、本館に近くて良かったです。端っこだし。
s8523.jpg s8524.jpg
ドアを開けると踏み込み、ではなくて廊下です。斜め左が洗面所。部屋は廊下の左側の奥。
8525.jpg
10畳の部屋。あっ!こたつだ!
8299.jpg
こたつふとんが乱れているのは一回入ったからです。入ったときは綺麗でしたよ。

洗面台。広くて使いやすいです。綺麗です。
8302.jpg
洗面所の右がトイレ。
s8303.jpg s8304.jpg
これまた広くて綺麗なトイレ。しかしこの時期少々寒かったです。仕方が無いか・・・。
8305.jpg

化粧水、乳液など一通り揃っています。全部売店で売っているみたいです。
8308.jpg
アメニティはレザー(かみそり)2個、シャワーキャップ1個、櫛1個、ブラシ1個
綿棒2本、歯ブラシセット2個。さすがにシュシュとかはありませんでした。

炭洗顔、ピーリングジェルとかもありました。
8311.jpg

「凍結防止の為、少量の水を出しておいてください」の札がかかっていました。
そして水が細く流されていました。ちょっと水の音が気になります。
8312.jpg
夜は氷点下まで下がるのでこのような用心が必要なのはわかりますが、
それって水道管の保温設備がないだけなのでは?と言う疑問が湧いてしまいました・・・。

コップ二つと歯ブラシ置き。シェービングクリーム類はありませんでした。
8313.jpg

微妙に飛び出ていた引き出しに入っていたドライヤー。
8540.jpg
探してしまいました・・・。ちょっとわかりにくいですネ。

↓大鷹の湯が紹介されている本「正真正銘 五ツ星源泉宿66」
正真正銘 五ツ星源泉宿66(祥伝社新書253)正真正銘 五ツ星源泉宿66(祥伝社新書253)
(2011/10/05)
小森 威典

商品詳細を見る

【商品詳細を見る】をクリックして、【クリックなか見!検索】をクリックすると、
数ページ見られます。内容は読めませんが、温泉の名前だけは見ることが出来ます。


大きな地図で見る

その2 部屋編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ