旅館まんりょう 2015年1月 その4 朝食編

2015年1月 旅館まんりょう@湯河原に泊まってきました。FC2ブログ

<旅館まんりょう>
〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上480-7
Tel0465-62-3885 Fax0465-62-2411

<プラン>
”貸し切り風呂をご満喫♪”食材チョイス<時魚の舟盛り>プラン
<部屋>
和洋室または和室10帖(檜風呂、洗面、トイレ、エレベータ付)
1泊2日@23,760円(入湯税150円別)
宿のホームページから直接予約、現地で現金払い。

旅館まんりょうさんのホームページは→【http://www.ryokanmanryou.com/

その4 朝食編。

1階のラウンジでは、朝7時から無料のコーヒーサービスがあります。
ごんたさんのレポ】や【のんさんのレポ】だと、
コーヒーが無くなってしまっていたようなので、
おっかなびっくりで1階に降りていったら、ちゃんとありました!
mr5249.jpg

部屋に持って帰って頂きました。美味しかった~。
mr5250.jpg

朝食は8:00か8:30が選べます。私達は8:00からを選択。全組8時からでしたね。
夕食と同じテーブルです。ほとんど並べてありますが、
味噌汁は席に着くと、暖かいのを持って来てくれます。
mr5252.jpg

玉手箱みたいなものがある!・・・何だろう?と興味津々で開けてみたら、
mr5254.jpg

しょっぱいものシリーズでした。
mr5293.jpg

イカの塩辛に、
mr5298.jpg

ふりかけに、
mr5300.jpg

サンマの煮物でした。柔らかくて、骨まで食べられて、ウマウマのサンマ。
mr5303.jpg

漬け物。きゅうりはぬか漬け。どれも美味しい漬け物でした。
mr5262.jpg

揚げ出し豆腐、真丈、ナス、小松菜。揚げ出し豆腐がとても美味し~。味が濃い。
mr5265.jpg

煮物。エノキ、なめこ、山クラゲ。しょっぱいです。
mr5269.jpg

白身魚のたたき。湯河原も朝から刺身なんですね (゜Д゜)。
mr5272.jpg
何の魚か分かりません。鯛?スズキ?何にせよ、美味しい魚でした。

かまぼこ、わさび漬け。さすがに定番おかずが並びますね。
mr5278.jpg

卵焼き、菊花カブ。菊花カブは写真では分かりづらいですね・・・。
mr5291.jpg
卵焼きはフワフワで、出汁たっぷりのウマウマ!
薄甘の卵焼きで、お寿司屋さんの卵焼きみたいです。

アジの開き。さすがにウマい!しょっぱくてご飯が進みます。
mr5314.jpg

海苔。4枚入っていました。美味しい海苔でした。
mr5315.jpg

鰹節と海苔のふりかけ、梅干し。
mr5259.jpg

ご飯はお櫃で。ほうじ茶もあります。
mr5317.jpg

ワタリガニの味噌汁。おいし~。
mr5286.jpg

しょっぱい系が多く、ご飯が進む進む。伊豆の宿のような朝食でした。
ご飯もお代わりして、お腹いっぱい。大満足の朝食でした。

食後もまだコーヒーがあったので、頂きました。
部屋に帰ってまた部屋風呂に入りました。極楽です。

まんりょうさんのチェックアウトは10:30。
バスで湯河原駅に帰ります。バスは途中から満員。すぐに着いてしまいますけどね。
mr5330.jpg

帰りは時間に追われていないので、快速アクティで帰りました。
mr5331.jpg
でも、混んでいて座れませんでした・・・(泣)。小田原駅でようやく座れました。

横浜駅で降りて、駅のスタンドで崎陽軒のシウマイ弁当を買いました。
mr5332-1.jpg

夕食はシウマイ弁当。
mr6665.jpg

神奈川県在住の【みみんさん】が仰るには、
横浜のシウマイ弁当のほうが、東京で買うよりも美味しいとの事。
確かに、このシウマイ弁当は美味しかった!
mr6667.jpg
また横浜に来ることがあれば、是非シウマイ弁当を買おうと思いました。
みみんさん、情報ありがとうございました。

旅館まんりょう 感想。
良いところ。
◎食事が美味しい。
◎温泉は温まって、肌がスベスベになる。
◎貸し切り風呂が無料。広くて気持ち良い。
◎綺麗で落ち着く部屋。
◎お茶が美味しい。
◎部屋に時計があって便利。
◎エレベーターがあって便利。
◎全4室の静かな宿。
◎接客はあっさり。私達には丁度良い距離。
◎朝のコーヒーサービスは嬉しい。
◎お酒の持ち込み可能は、商売っ気が無くて太っ腹。

いまいちなところ。
△部屋の風呂は小さめ。
△貸し切りに行くのに、カゴが欲しかった。
△自販機はないので、要注意。
△源泉は湯温が高め。水で薄めるのが勿体ない。
△部屋ではWi-Fiが通じない(ラウンジでは通じる)。
△部屋や風呂の正面に建物があるのが残念。

湯河原駅からもバスで短時間で行けます。
比較的予約が取りやすいので、思い立ったら行けそうです。
湯河原は思ったより近いので、気楽に行けそうですね。

旅館まんりょう 終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

旅館まんりょう 2015年1月 その3 夕食編

2015年1月 旅館まんりょう@湯河原に泊まってきました。FC2ブログ

その3 夕食編

夕食は18:00か18:30かを選べます。私達は18:00にお願いしました。
予定時刻の少し前に部屋に電話がかかってきました。

まんりょうさんの夕食は2階の食事処で。
従業員さん(女将さん?)が扉の前でお出迎えしてくれました。
mr5123.jpg

脱いだ履き物を区別出来るようにクリップが用意してありました。これは分かりやすかった。
mr5121.jpg

食事処は広間を衝立で区切ったもの。これは私達の席から入り口側を見た写真。
もちろん声は聞こえますし、覗けば隣が見えますが、案外落ち着けました。
mr5193.jpg

席には料理が並んでいました。BGMは無し。私達以外は全員18:30始まりでした。
mr5125.jpg

用があれば、この呼びボタンを押して知らせるシステム。
トングの横にあるのは、浴衣の袖を縛るゴム。本当に細かい所に気が回る宿です。
mr5160.jpg

まんりょうさんの特徴は、食事処に飲み物を持ち込んでもOKというところ。
まんりょうさんのウェブページに、ちゃんと書いてあります。その理由が、
「それは世の中にある全てのドリンクやアルコール類を揃えることができないためです。」
う~ん、そりゃそうですけど、中々ここまで割り切れないですよね~。スゴイわ・・・。
お酒好きの方には堪らない特典かもしれません。
酒屋さんが、斜めちょっと前にあるので、買い忘れても調達可能。
私は全然こだわらないので、この宿にあるお酒を注文しました。
mr5158.jpg

冷酒 湯河原限定 花さがみ(800円)300mlを注文。フツーのお酒でしたが、十分です。
mr5164.jpg

テーブルの上に、暖かいほうじ茶が用意されているので、自分で注ぎます。
ガブガブ飲めて良かったです。美味しいほうじ茶でした。
mr5187.jpg

お品書きあり。
mr5166.jpg

食前酒、先付、酢の物、前菜が並んでいました。
mr5127.jpg

あっ!箸置きがカニだ!
mr5188.jpg

食前酒石榴酒。ザクロの香りが凄く強い。甘くて美味しい。
mr5191.jpg

先付白子ポン酢。ポン酢は鰹出汁が効いていて美味しいです。
mr5133.jpg

酢の物海鼠(ナマコ)卸し。菊の香りがして、コリコリでした。かなり固かった。
mr5137.jpg

前菜旬の野菜と魚介類
mr5141.jpg

キスの塩焼き、あさりマヨネーズ。お酒が進みます。
mr5154.jpg

パン?・・・。見た時も、食べた時も何だか分からなかったので、
宿の人に聞いてしまいました。そしたらヤマトイモとの返事。黒豆入り。
意外性十分の面白い一品でした。
mr5147-1.jpg

アジの一口寿司。エビのから揚げ。さすがにアジはウマウマ。
エビは塩味が効いていて美味しかったです。
mr5155.jpg

写真を撮っていたら、御造りが運ばれてきました。二人分です。
mr5167.jpg
魚のイキが良くて、運ばれてしばらく口をパクパクしていました。

御造りアップ!。ほうぼう、あじ、いか、スズキ、イサキ
mr5174.jpg
イカはコリコリ・ネットリ。スズキはすごく淡泊な味。アジはやっぱり美味しい。
五種盛りはさすがに量が多い。相方が途中で食べられなくなり、私がほとんど食べる羽目に・・・。
ここで既にお腹が一杯になってきました。

しばらくして、次の料理が運ばれてきました。
糸縒(いとより)黄金焼き。キンカン、フキ。
smr5196.jpg

粕漬けっぽくて美味しい~。皮はパリパリでウマウマ。フキはしょっぱかった。
mr5201.jpg

しばらくして、次の料理が運ばれてきました。

煮物百合根蟹包み蒸し
smr5205.jpg smr5206.jpg

百合根は柔らかくてウマウマ。出汁が優しくて、美味しい。蟹はどこ?という感じでしたが。
mr5207.jpg

<地魚の舟盛りプラン>はメイン料理を5種類から一品選べます。一人ずつ選べます。
「和牛のステーキ」「和牛のしゃぶしゃぶ」「伊勢海老」「鮑」「金目鯛のしゃぶしゃぶ」
の中から選びます。予約時に選ぶので、予約時は悩みましたよ~。

最初から並んでいるのですが、ようやく食べられるようになったので
火を付けて貰いました。自分のタイミングで火を付けて貰えるので
慌てて食べなくてすみます。

相方が選んだアワビのステーキ。バターとレモン。
mr5181.jpg

アワビアップ!。とても柔らかくて、美味しい。
相方はお腹が一杯なので、半分位こちらに回ってきました。
mr5186.jpg

私が選んだ牛肉のしゃぶしゃぶ。ポン酢とゴマだれで食べます。
凄い量です。二人分かと思いました (゜Д゜)。肉は超柔らかくてウマウマっ!
mr5130.jpg

肉の下には野菜も大量。野菜を食べるだけでも一苦労。
白菜、シメジ、エリンギ、エノキ、椎茸、ネギ、水菜、くずきり、生麩、豆腐。
mr5212.jpg
もう、完全にお腹いっぱいです・・・。苦しい。

揚げ物鯛(たい)進丈の湯葉揚げ。旬の野菜。抹茶塩で食べます。
smr5217.jpg

揚げ物アップ!。旬の野菜はかぼちゃ、レンコン。
mr5220.jpg
上の右側は鱈(たら)でした。味が濃くて美味しい。鯛真丈は上品でとっても美味しかったです。
レンコンはサクサク、シャキシャキ。

お椀、ご飯、漬物。黒いのは大根の葉を炒めて煮たたもの。お好みでご飯にかけて。
mr5225.jpg
大根の葉を炒めたものは甘かった。漬け物は美味しかったです。

お椀。鱈(たら)のつみれ汁。つみれは生姜がきいていました。
mr5231.jpg

ご飯。固めに炊いてあって、とても美味しいご飯。
mr5233.jpg
ご飯はお代わり出来ます。しかし、二人とも満腹で苦しい・・・。
とてもご飯のお代わりなんて出来ません。

デザートバニラアイスクリーム。ブルーベリーソースがかかっていてウマウマ。
mr5238.jpg
コーヒーが無いのは残念でした。

伊豆の宿のように魚が盛り沢山で、量も多くて大満足の夕食でした。

他のお客さんも全組二人連れ。
客層が面白くて、他の三組は誰もお酒を注文をしていないし、お酒を持ち込んでもいない。
皆さん、食事をガンガン食べて、サッサと部屋に帰っていました。
30分遅れできたのに、皆さん私達より早く食べ終わっていました。
もっとも、私達は写真を撮るのに時間がかかり、食べるのが遅いのですけどね。

その4 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

旅館まんりょう 2015年1月 その2 風呂編

2015年1月 旅館まんりょう@湯河原に泊まってきました。FC2ブログ

その2 風呂編。

光雲の部屋の洗面所のドアを開けた写真。
タオルがかかっていて便利でした。脱衣カゴは一つ。
mr4904.jpg

化粧品は一通り揃っています。
mr4909.jpg
資生堂アビカル ローション、ミルキーローション、クレンジングウォッシュ、
シェーブクレンジング。
資生堂バカンザ スキンウォーター、ヘヤトニック、ヘアリキッド。

ドライヤーは備え付けタイプ。サンヨーの1,000W。
mr4935.jpg

タオル掛け。
mr4912.jpg

部屋付きのお風呂。おっ、小さい・・・。一人用ですね。
mr4916.jpg

99cm×71cm、深さ60cm。身長170cmの私では足が完全に伸ばせません・・・。
mr4922-1.jpg
横はともかく縦が短い・・・。あと5cmあれば快適なんですけどね・・・。残念。
でもでも、小さくても部屋に風呂が付いているのはやっぱり良いです~。
気軽に入れるので、何回も入ってしまいます。

到着時は風呂は空っぽ。自分で給湯します。温度は自由に調節可能。
もちろん源泉かけ流しに出来るのですが、源泉の湯温は65.5℃と高いので、
どうしても薄めないと入れない。なるべく水で薄めないようにしました。
mr5028.jpg
温泉は肌がスベスベになるもの。熱川温泉と似たような感じでした。

窓側から入り口を見た写真。シャワー、カランもあります。
mr4931.jpg
洗い場もそれほど広くないです。

シャンプー類は資生堂の業務用。
mr4919.jpg

洗い場に立つと、目の前の建物が見えてしまいます。
mr4926.jpg

が、入浴時は塀で見えないようになっています。ちっちゃい庭もあります。
mr4928.jpg

ま、ブラインドを下ろして入りましたけど。
mr4934.jpg



一階にラウンジがあります。ガラス二面でとても明るいです。
mr5030.jpg

お土産も少し売っています。小梅堂さんのきび餅、温泉饅頭なんかがありました。
mr5031.jpg

なんと足袋ソックスが置いてありました。本は申し訳程度にあるだけです。
mr5036.jpg

コーヒーマシンがありますが、サービスは朝7:00からです。
mr5039.jpg

1階フロントの先を左曲がると貸し切り風呂。階段下にウォーターサーバーあり。
mr5052.jpg

まんりょうさんは大浴場はありません。1階に貸し切り風呂が2つのみ。
貸し切り風呂は無料で、空いていれば自由に入れます。
mr5046.jpg
4つしか部屋がないので、貸し切り風呂は何時行ってもどちらかに入れました。

入り口前の札をひっくり返して入ります。置いてある台が不安定で、札を返すたびに倒れる・・・。
もう少し何とかなりませんかねえ・・・(^^;)。
mr5047.jpg

右側に入ってみました。
smr5062.jpg smr5063.jpg

体重計あり。
mr5065.jpg

脱衣カゴ。
mr5071.jpg

洗面台は部屋と同じような感じです。化粧品類も同じ。
mr5073.jpg

写真では小さく見えますが、二人で楽々入れる大きいお風呂です。
162cm×90cm、深さ56cm。何と言っても縦が長い。ゆったり~~。
(マウスを写真に載せると寸法を表示します。)

湯口45.0℃で湯温は38.8℃と快適温度でした。
もちろんお湯は自由に入れられるので、ぬるければ源泉追加です。

カラン・シャワーは両側に2つあるので二人同時に洗えます。
mr5082.jpg

背中合わせの形ですね。こちら側には手すりも付いています。
mr5083.jpg

シャンプー類は資生堂のもの。
mr5084.jpg

ピジョンの全身ベビーソープもありました。
mr5085.jpg

目隠しがあるので景色は全く見えません。
mr5090.jpg

左側の貸し切り。こちらは脱衣場が狭い。
smr5093.jpg smr5096.jpg

洗面台は同じ。脱衣カゴは3つ。
smr5098.jpg smr5100.jpg

こちらの湯船は小さめです。134cm×91cm、深さ60cm。(マウスオンで寸法表示します)

こちらには写真をとっただけで入りませんでした。二人で入るのはちょっときついですかね?

シャワー:・カランは1つ。ピジョンベビーソープもありました。
mr5104.jpg

表の景色が見えないのは同じ。
mr5090_20150201065904e98.jpg

お湯は快適温度に調節されていました。でも自由にお湯を入れたり薄めたりできます。
mr5112.jpg

部屋の湯船が少々狭いので、広い湯船に入りたければ貸し切りに行くと良いと思います。

そういえば、私は1階から3階の上下移動に階段を使っていたのですが、
階段が全部カーペット敷きなんですよね。足音が激減するし、滑らないしで
快適に移動出来ました。

その3 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

旅館まんりょう 2015年1月 その1 部屋編

2015年1月 旅館まんりょう@湯河原に行ってきました。FC2ブログ

<旅館まんりょう>
〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上480-7
Tel0465-62-3885 Fax0465-62-2411

<プラン>
”貸し切り風呂をご満喫♪”食材チョイス<時魚の舟盛り>プラン
<部屋>
和洋室または和室10帖(檜風呂、洗面、トイレ、エレベータ付)
1泊2日@23,760円(入湯税150円別)
宿のホームページから直接予約、現地で現金払い。

旅館まんりょうさんのホームページは→【http://www.ryokanmanryou.com/

お正月は米沢の【時の宿すみれ】さんに行って大満足でしたが、さすがに寒かった・・・。
もう少し暖かい所に行きたくて、南方向を探していたら、
ごんたさん】が湯河原の宿に行かれていました。おっ!部屋に風呂がついている!
予約が間近だったのに空き室があったので、ポチっとしてしまいました。

ごんたさんのレポは→【http://www.geocities.jp/noppogontaonsen/1onsen/46yugawara-manryou.html

のんさんも旅館まんりょうさんに行かれて、ウルトラ詳細レポを書かれています。
のんさんのレポは→【http://iloveonsen.blog40.fc2.com/blog-entry-279.html

湯河原に行くのは初めて。
色々な電車ルートで行けるのですが、予約可能な踊り子号で行きました。
東京駅ー湯河原駅@3,110円(乗車券@1,660円+指定券@1,450円)
mr4802.jpg

えきねっとで予約したら、先頭車両でした♪
mr4823.jpg
景色は抜群ですが、網棚は無いし、カーテンも無いし、余り快適ではなかった・・・。

東京駅の弁当コーナー「祭」で弁当を調達。私はサーモンいくら弁当。相方はかにちらし。
smr4805.jpg smr4807.jpg

サーモンいくら弁当。サーモンといくらしか入っていなかった(笑)。
でも美味しかったから満足です。
mr4811.jpg

相方のかにちらし弁当。ずわい蟹が美味しかったそうです。
mr4820.jpg

東京駅から1時間13分で湯河原駅に到着。近いですねえ。
smr4827.jpg smr4831.jpg

駅前からバスに乗りました。バスは奥湯河原方面に頻繁に出ているのでとても便利♪
smr4835.jpg smr4836.jpg
途中に何軒も宿を目にしました。湯河原は本当に宿が多いですね。

十数分で目的地に到着。時間があったので、【万葉公園】を散策しました。
バス停・公園入り口で降りて坂を登って行きます。
熊野神社でお参り。手水が温泉でした。しかも源泉掛け流し。さすが湯河原。
smr4849.jpg smr4853.jpg

狸福神社(りふくじんじゃ)にもお参り。狸が傷を治した伝説があるようですね。
smr4854.jpg smr4857.jpg

公園を一巡りして、独歩の湯も表から見学した後、旅館まんりょうさんに行きました。
県道75号線沿いに立つ宿でした。4部屋のこじんまりとした宿です。
mr4882.jpg

宿入り口。
mr4879.jpg
チェックインは3時。2時45分頃到着したら、玄関が開いていなかった・・・。
チェックイン前に到着する私達のような変な客は居ないのでしょうね(笑)。
しばし宿の前でドアが開くのを待ちました。3時10分前にドアが開いたので
早速入ったら、あまりにも早い到着に、宿のかたがとまどっていました(^^;)

左にフロント。正面にエレベーターと階段。
mr5043.jpg
小さい宿なのにエレベーターがあってとても便利です。

フロント前を右に曲がるとラウンジ。左に曲がると貸し切り風呂。
smr5049.jpg smr5053.jpg

宿泊カードに記入したら、すぐにエレベーターで3階に案内されました。
旅館まんりょうさんは全4室の宿。2階に1部屋、3階に3部屋です。
エレベーターを降りると左に1部屋、右側には2部屋あります。右に案内されて・・・、
smr4885.jpg smr4887.jpg

その右側の「光雲」が今回の部屋でした。
smr4889.jpg smr4890.jpg

引き戸を開けると踏み込みと廊下。
廊下は左右に延びていて、左が主室、トイレ、右が洗面所、風呂です。
mr4892.jpg

宿入り口から履いてきたスリッパの他に草履もありました。
smr4894.jpg smr4895.jpg

左の廊下の左側がトイレ。右側は主室。トイレはウォシュレット完備で快適。
smr4896.jpg smr4898.jpg

右の廊下は洗面所と風呂。
smr4901.jpg smr4902.jpg

主室は和室6畳ですが・・・、
mr4939.jpg

和室の隣に寝室があるので広々~。明るくて気持ち良い部屋です。
窓際には椅子とテーブル。ベッド枕元にあるスイッチで電灯が消せるのが便利でした。
mr4946.jpg

窓際の椅子から入り口を見た写真。
mr4961.jpg

壁に鏡。写真にマウスを載せれば開いた写真になります。


テレビは東芝22インチ。テレビ下にはブルーレイプレーヤーがあります。
mr4977.jpg

テレビの下に金庫。
mr5012.jpg

床の間に電話とお花と時計。時計があると、やっぱり便利ですね。
mr4979.jpg

洋服掛けの中に浴衣やタオルなど。
smr4982.jpg smr4983.jpg

浴衣、羽織、タオル類。作務衣はありません。
mr4984.jpg

バスタオルは1人2枚、計4枚。
mr5014.jpg

男性用。足袋ソックス、フェイスタオル、ヘヤーブラシ、歯ブラシセット、カミソリ。
mr5015.jpg
男性用にブラシがあるのも珍しいです。

女性用はシャワーキャップがありました。
mr5018.jpg

電気ポットと冷水。冷水があるのは嬉しいです。
smr4975.jpg smr5004.jpg

部屋のお菓子はきび餅。まんりょうさんの前にある【小梅堂】さんのお菓子です。
mr5005.jpg

柔らかくて美味しかった~。
買って帰ろうかと思いましたが、最低で16個入り(777円)しかなく、
16個はもてあましそうなので、買わずに帰ってきました。
mr5115.jpg

鍵は1つ。でも、宿には貸し切り風呂しかないので、鍵は1つでも不自由しませんでした。
湯河原のお店を紹介した冊子もあって楽しい。
smr5003.jpg smr5007.jpg

お茶セット。お茶は美味しい。神奈川県とは言え、静岡に近い為、お茶が美味しいのでしょうか。
smr5009.jpg smr5010.jpg

窓際に椅子とテーブルと冷蔵庫。
mr4992.jpg

こちらにも湯飲みとコップ。冷蔵庫は空っぽです。
smr4993.jpg smr4996.jpg

ベッド脇に加湿器。冬は加湿器が大活躍。
mr4999.jpg

窓を開けると、目の前に建物が・・・・。古いので無人かと思ったら、夜は電気が付いていました。
mr4989.jpg

宿の下は川です。ごうごう音がします。
mr4986.jpg

左側は駐車場と観光会館。右は建物と、微妙な景色。
smr4988.jpg smr4990.jpg

まんりょうさんは無料Wi-FiのFree Spotが繋がっていますが、
部屋では電波が微弱で使い物にならず。
1階のラウンジではビュンビュン繋がりました。

その2 風呂編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ