笛吹川温泉 坐忘 2015年8月 その3 

2015年8月 笛吹川温泉 坐忘に再訪してきました。FC2ブログ

笛吹川温泉 坐忘
〒404-0047  山梨県甲州市塩山三日市場2512
TEL:0553-32-0015
FAX:0553-32-0012

チェックイン14:00  チェックアウト11:00

<プラン>早期割28・四季を先取り。スタンダードプランを早割価格で。
<客室>離れ和室(内風呂/和室12.5畳 朝日)
@22,950円(サービス料、消費税込、入湯税別)

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/top.html

その3 朝食編。

朝食は8:00、8:30、9:00と選べます。私達は8時をお願いしました。
朝食も昨晩と同じ食事処・菖蒲(あやめ)です。時間になれば勝手に行きます。
zab9894.jpg

既にこれだけ用意されていました。
zab9896.jpg
お茶を用意してくれます。急須も置いていってくれるのですが、
お茶っ葉が入っていないので、急須の蓋を開けるとビックリします(笑)

小皿三種類。
zab9900.jpg

朝もお品書きがありました。これは助かります。やっぱり読みにくいけど(^^;)
zab9921.jpg

お漬けもの。野沢菜がウマウマ。昆布も美味しい。
どれも美味しくて平らげてしまいました。
zab9903.jpg

隠元の胡麻よごし
zab9905.jpg

冬瓜と鶏の炊いたん、粉山椒。味が染みていてウマウマ。
zab9911.jpg
「炊いたん」て関西で煮物のことですよね。
料理長さん(ご主人)は関西の人なんでしょうか?

県産トマトのサラダ、三種のドレッシング
ドレッシングは人参、胡麻だれ、山わさび。
zab9914.jpg
トマトが大きくて甘~い。とっても美味しいです。

蕎麦掻きとすくい豆富鍋。火を付けて、煮立ったら食べられます。
zab9899.jpg
出汁が物凄く美味しい。汁を全部飲みたくなります。
蕎麦掻きはお芋の味が強かった。ホクホクしていました。

後からもって来てくれる皿。

季節の焼魚と出巻玉子。玉子の出汁が薄味で美味しいです。
zab9923.jpg

かますの一夜干しアップ。意外とボリュームのあるかますでした。
zab9928.jpg
すんごく美味しいです。

甲州麹みそ汁、茄子と茗荷
zab9935.jpg
赤出汁ですが、しょっぱ過ぎず物凄く美味しい。
茗荷がシャキシャキしていて堪りませ~ん♪

ご飯も炊きたてを持って来てくれます。
zab9937.jpg

季節の炊き込みごはん。鯛飯。
zab9943.jpg
んん???2月の時も鯛飯で、今回も鯛飯。
何だかいつでも鯛飯のような気がします・・・(^^;)
でも絶品鯛飯なので、まあいいっか。

鯛は骨抜きしてあるので、そのまま食べられます。
余りにも美味しいので、全部食べてしまいました。
さすがにお腹いっぱいで苦しい・・・・。完全に食べ過ぎです。
でも、美味しいのでつい食べてしまいます~。

食事が終わっていないのに(食事開始から25分位)
デザートが運ばれて来ます。
私達は食べるのが遅い。何故なら、私が料理の写真を撮っているから。
それで食事が終わっていないのにデザートが運ばれてくる羽目になるのです(^^;)

デザート。果実とベリーヨーグルト。
zab9945.jpg
メロンとグレープフルーツはどちらも美味しい。
ヨーグルトにベリーソースがたっぷりとかかっていて大満足でした。

全体的に味が薄めで、私達好みでした。新料理長さんの味、好きです。

食後はロビーでコーヒーがいただけます。
zab9955.jpg

坐忘さんのペットの鴨は今回はあまり池で泳いでいなくて、
本館から中庭への出口付近に居ることが多かったです(部屋から見えた)。
そして2日目の朝には朝日の部屋まで登ってきてくれました\(^O^)/。
部屋の窓から撮った、とっても仲の良い鴨カップル。癒される(*^o^*)
zab9891.jpg

売店でシャンプーを買って帰りました。
zab9660.jpg

チェックアウトは11時。
「車を玄関まで持って来ましょうか?」と言ってくれたのでお願いしました。
以前よりサービスが良くなっている印象です。

坐忘さんを出発して、桃を買いに笛吹川フルーツ公園方面に向かいます。
桃を買うのはいつもの向山フルーツファームさん
405-0043 山梨市江曽原1034-1
zab9962_20150829092135dc2.jpg
向山フルーツファームさんの紹介ページは
「富士の国やまなし観光ネット」さんにあります。
→【http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/a-17.html

いつも混んでいる向山フルーツファームさんですが、この日もジャン混み。
駐車場は満車で止められなくて、路上駐車です。
到着すると、すぐに試食させてくれます\(^O^)/
zab9967.jpg

まだお盆前だというのに、出てきたのは川中島白桃!
zab9964.jpg
例年なら、お盆過ぎから登場する桃なのに。
今年は暑かった為でしょうか。早すぎます。

ぶどうも試食させてくれます。物凄く甘かった。
zab9966.jpg

例年なら、ここに大量の桃が並ぶのですが、今年は淋しい。
zab9969_2015082909214140b.jpg

この時期からブドウが主役になってしまうとは・・・。
zab9968_20150829092157551.jpg
川中島白桃を買って帰りました。
向山フルーツファームさんの白桃はこれで終わりなので、
九月半ばの黄金桃までぶどうのみの販売になってしまいそうです。
九月に山梨に行けるかどうか分からないので、
黄金桃の配送を予約して帰りました。

笛吹川温泉 坐忘 感想

良いところ。
◎広々大浴場が超魅力的。
◎温泉は肌スベスベ、温まる。湯温はぬるくて私達好み。
◎料理がとっても美味しい。以前よりパワーアップ。
◎大浴場のバスタオル、フェイスタオル完備は素晴らしい。
◎鍵2つ、作務衣は嬉しい。
◎従業員さんが親切丁寧。前よりも、もっと親切になった。
◎全10室、静かで落ち着いた雰囲気。
◎ワイン充実。
◎早割を使うと意外と安く泊まれる。

いまいちなところ。
△階段があちこちにあり気になる。
△Wi-Fiは部屋でも使えるが弱々しい。
△大浴場に鍵付きロッカーが欲しい。

経営が変わったこともあり、内容がよりパワーアップ。
益々素晴らしい宿になっていました。
離れが出来ると、大浴場の混み具合が気になりますが、
ぬる湯と美味しい食事を求めて、再再訪確実の宿です!!

笛吹川温泉坐忘 終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

笛吹川温泉 坐忘 2015年8月 その2 

2015年8月 笛吹川温泉 坐忘に再訪。FC2ブログ

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/top.html

その2 夕食編。

坐忘さんの夕食は18:00、18:30、19:00と選べます。
私達は18:00にしてもらいました。

時間になると部屋まで迎えに来てくれます。
今回は本館に入ってすぐの部屋、菖蒲(あやめ)だったので近かった。
zab9832.jpg

扉を開けると踏み込み。正面は洗面とトイレ。右が主室。
szab9560.jpg szab9828.jpg

元は宿泊用の部屋だったのでしょうか?・・・洗面もトイレもしっかり。
トイレなんてTOTOのネオレストでした。朝日の部屋より新しい(^^;)
szab9751.jpg szab9754.jpg

食事処の主室は10畳。「朝日」と比べれば狭いとは言え、
十分泊まれそう部屋なので、食事処にしてしまうのは
勿体ない気もします。
zab9670.jpg

隣に広縁もあり、空気清浄機がおいてありました。窓の向こうは竹林。
szab9737.jpg szab9738.jpg

坐忘さん、経営が変わって前の料理長さんは退職。
今は宿のご主人が料理長さんだそうです。
メニューも変わっていました。カラフルで派手~。
zab9671.jpg

絵入りで色々書いてあります。ちょっと文字が読みにくい・・・。
zab9676.jpg

署名は「坐忘主人」。
zab9675.jpg

飲み物メニュー表。ワインは全てまるきワイナリーのものになっていました。
zab9697.jpg

白ワイン。
zab9698.jpg

赤ワイン。
zab9700.jpg

ロゼ、スパークリング、にごりワイン。にごりワインというのは珍しいです。
zab9701.jpg

日本酒、ビールなどなど。日本酒は少ないですね。
zab9703.jpg

ソフトドリンク、ノンアルコール。
zab9705.jpg

折角まるきワイナリーさんのワインが揃っているので
注文しないわけにはいかない。
ボトルは飲めないので、グラスワインを注文。
ラフィーユ樽甲州・グラス840円。辛口のスッキリワイン。すごく美味しい♪
zab9687.jpg

相方はももジュース。450円。ネクターっぽい、甘いジュースでした。
zab9693.jpg

食事が始まってすぐに桶に入った鮎を見せに来てくれました。
「今からこれを焼きます」と言って、さっさと持って行ってしまったので、
写真を撮る暇が無かった・・・。残念。

最初から並んでいる座付白胡麻豆富、海老、示地、山葵、旨だし
szab9677.jpg szab9679.jpg

白胡麻豆富アップ。
プリンプリンのすんごく美味しい豆富。出汁が絶品。
zab9681-1.jpg

程なく運ばれてくる料理。
向付本鮪と剣先いか。氷上造り、蓮芋、山葵卸し、正油ぜりい
zab9712.jpg
黒く四角いのが醤油のゼリー。崩して食べます。
面白~い。こんなの初めてです。
山葵も大根おろしと混ぜた、おろし山葵。これも初めて。
マグロは大トロっぽくて、口の中で溶けます。
剣先いかはネットリ、コリコリ。どれもウマウマ。

テンポ良く料理が運ばれてきます。

煮物椀丸吸い。すっぽん豆富。焼もち、絹さや、針葱
zab9719.jpg
玉子豆富の中にすっぽんが入っていました。
出汁が薄めで上品、とっても美味しい。
焼き餅は固めに焼いてあって、小さいけど食べ応えあり。

ここでしばらく時間が開きました。

八寸 蓮の葉盛り
鱈の子落雁、穴子の押寿司、鴨ロース、枇杷玉子、結び湯葉、
大黒しめじ、銀杏、松葉刺し

瑞々しい蓮の葉に載せてあって、見た目がすごく綺麗\(^O^)/
zab9727.jpg

左が穴子の押し寿司。押し寿司なのでご飯ギッチリ。
その隣・白いのがタラコの落雁。
フワフワのかまぼこの中にたらこが入って居る感じ。
下・玉子の黄身を味噌漬けにしたもので、枇杷に見立てているそうです。
味噌の味は余り感じませんでしたが・・・。ネットリしていて美味しいのは確か。
たらこの落雁に乗っているのが焼き湯葉。
zab9731.jpg

角度を変えてもう一枚。
手前・鴨ロース。甘めのタレの味付けです。ウマウマ。
zab9733.jpg

焼物活鮎の塩焼、蓼酢。先ほどまで泳いでいた鮎が塩焼きに。
zab9742.jpg

鮎アップ。
zab9744.jpg
「炭でじっくり焼いてあるので、頭からシッポまで食べられます」と説明あり。
小さい鮎ですけど、すんごく美味しい。頭からバリバリと頂きました。

お好みで蓼酢。相方は使っていました。つけると甘味が出て美味しいそうです。
zab9749.jpg

ここで赤ワインを注文。
ラフィーユ樽甲州ノアール。グラス840円。
zab9757.jpg
酸味があって、物凄く渋くて、とっても美味しいワインでした。

ここもまた次の料理まで時間が開きます。

進肴国産牛、味噌幽庵焼き。伏見唐辛子、諸味みそ
肉には味噌味がついています。お好みで諸味味噌もつけられます。
zab9764.jpg

肉と同時にミニ七輪登場。肉は軽く炙ってあるのですが、
炭火でお好みの焼き加減に出来ます。細かい心遣いですネ。
私はレアのまま頂きましたが、相方はジュージュー焼いていました。
szab9771.jpg szab9774.jpg

牛肉アップ。肉、柔らか~い。ウマウマです。諸味味噌もうまい。
zab9766.jpg
渋い赤ワインがとっても合いました。
肉を食べたら、一気にお腹が一杯になってきました・・・・。

またまた時間が開きます。

預鉢 冬瓜釜に
鰊(ニシン)素麺、茄子、冬瓜、すだち、葉三ツ葉、振りごま、生姜
冬瓜の器にビックリ。夏らしいですね!
zab9780.jpg

「ニシン」と「素麺」。
zab9782.jpg
写真だと分かりにくいですが、ニシンの下に冬瓜。ニシンの向こう側に茄子。
ニシンは柔らかくてホロホロと口の中で溶けます。甘くなくて美味し~い。

素麺がもの凄く細い。どうやったらこんなに細くできるのだろう?
と疑問に思うくらい超極細麺でした。ツルツル美味しい。
zab9791.jpg

食事、止椀。止椀はなめこ赤出し。
zab9795.jpg
赤出汁はそれほどしょっぱくなく、とても美味しいもの。
なめこが沢山入っていました。

ご飯は武川米(むかわまい)。地元山梨のお米です。固めに炊いてありました。
zab9797.jpg
やっぱりここの武川米は無茶苦茶美味しい♪
ご飯はお代わりが出来ます。が、・・・お腹いっぱいでこれ以上入らない(゜Д゜)
お腹がいっぱいでなければ、もっと食べたかったです。

香の物大根、胡瓜浅漬、奈良漬け。これは二人分です。
zab9799.jpg
預鉢が食べ終わってから出てくる食事。おかずが無い・・・(^^;)
ちょっと困ってしまいました。漬け物だけで武川米を食べました。
キュウリはピリ辛、大根も辛い。

食事と一緒に、暖かいほうじ茶も持って来てくれました。
zab9808.jpg

抹茶、甘味(白玉ぜんざい)、お冷やし(きな粉あいす、桃、ぶどう)。
zab9811.jpg
桃はリンゴのように固くて、ポリポリ食べました。
ブドウはデラウエアで、とっても甘い。

お冷やしのきな粉あいす
バニラアイスに黄粉がかかっているので信玄餅アイスのようです。
おいし~\(^O^)/
zab9816.jpg

甘味の白玉ぜんざい。ぜんざいがものすご~く甘いです。ちょびっとで大満足。
zab9817.jpg

2時間ほどかけて夕食終了。どれもこれも美味しかったです。
見せ方も素敵で、大満足の夕食でした。
前の料理長さんの夕食も美味しかったですが、
よりいっそう美味しくなった気がします。

一つだけ不満が・・・・。
前回も書きましたが、食事処にお水やお茶が置いてあれば完璧。
もちろんお願いすれば持って来てくれるのでしょうけど、
食事処に置いてあれば、自分で注ぐので手間が省けるんですが・・・。

部屋に帰ると布団が敷いてありました。
zab9833.jpg
敷き布団が西川のもので、凄く寝心地が良かった\(^O^)/
夜中に一回も目が覚めませんでした。この敷き布団欲しいっ。

その3 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

笛吹川温泉 坐忘 2015年8月 その1 

2015年8月 笛吹川温泉 坐忘に再訪してきました。FC2ブログ

笛吹川温泉 坐忘
〒404-0047  山梨県甲州市塩山三日市場2512
TEL:0553-32-0015
FAX:0553-32-0012


チェックイン14:00  チェックアウト11:00

<プラン>早期割28・四季を先取り。スタンダードプランを早割価格で。
<客室>離れ和室(内風呂/和室12.5畳 朝日)
@22,950円(サービス料、消費税込、入湯税別)

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/top.html

今年の夏は暑い。
暑い時の温泉はぬる湯に限る、ということで坐忘さんに行ってきました。
ついでに山梨の桃を買う、という目論見もありました。

今年の2月に初訪問ですから、半年で早くも再訪です。
今回は早割で予約できたので安く泊まれました\(^O^)/

坐忘さんは半年の間にいろいろ変わっていました。
何が変わったって、3月から経営が変わったそうです。
(どこから、どこに変わったのかは不明ですが・・・)
それに伴い料理長さんも変わったそうです。
食事は変わったのでしょうか?・・・ワクワク、ドキドキです。

車で行くと、家から勝沼インターまでは2時間半ほど。
昼飯を蕎麦屋で食べて、坐忘さんに向かいます。

建物は何も変わらず。
zab0017.jpg

大浴場棟の横に建築現場がありました。
従業員さんに聞くと離れを作っているそうです。
元々宿泊客用の駐車場があった場所でしょうか。
zab9545.jpg
全9室の離れ。秋には完成するそうですよ。
現在が10室ですから、ほぼ倍の規模になりますね。
大浴場が混みそうで心配・・・。

従業員用の駐車場に車を止めたら、駐車場までお迎えに来てくれました。
荷物を持ってくれて、ロビーに案内してくれました。
zab0088.jpg

お迎えのお茶とお菓子。冷たいお茶が凄く美味しい。
zab9523.jpg

お菓子はシャインマスカットまんじゅう
美味しい~♪。売っていたら買って帰りたかった・・・。
zab9531.jpg

再訪なのでチェックインは簡素に。館内の説明もお断りしました。
程なく部屋に案内してくれました。前回と同じ「朝日」の部屋。
zab0061.jpg
前回は希望して「朝日」の部屋を選びました。
大浴場が素晴らしいので、部屋に風呂が無くても良いかな、と思って、
本館の風呂無しの部屋を狙っていたのですが、
今回、空いている部屋がなんと「朝日」だけだったのです。

再訪なので、部屋の詳細は省略します(^^;)
詳しくは【前回のレポ】をご覧ください。
玄関と次の間4畳半。この辺は変わり無しです。
zab0063.jpg
それにしても次の間が4畳半とは・・・。広くてもったいない。

冷蔵庫中身。これも変わらず。
zab9568.jpg
そう言えば、坐忘さんには自動販売機がないのですね。

お茶は煎茶。美味しいです。
zab9581.jpg

脱衣所&洗面所。バスタオル、フェイスタオル1人1枚ずつ。
zab0067.jpg
フェイスタオルは色が白から薄緑色に変わっていました。
化粧品はポーラ・アロマエッセ。

部屋付き内風呂も変わらず。一人用。110cm×60cm、深さ55cm(前回の計測)。
zab0069.jpg
湯温40.4℃。源泉がジャブジャブ流れていて豪快です。
毎回風呂桶からお湯が溢れる贅沢が味わえます。
完全に一人用ですけど、源泉掛け流しのお湯が味わえるので
とっても幸せですっ。

主室・12.5畳。二人で泊まるには広すぎる程。快適です。
zab0077.jpg

床の間からの写真。空気清浄機あり。
テレビは26インチで、この部屋では小さく感じます。
zab0080.jpg
坐忘さん、部屋でもWi-Fがは繋がりますが、電波が弱々しく、
ほとんど使い物になりませんでした(゜Д゜)。
ロビーではちゃんと使えました。もう少し部屋のも強くして欲しいですね。

テーブルの上に鶴の陶器がありました。
zab9533.jpg

中に入っているのはころ柿。これは売店で売っていました。
zab9539.jpg
ころ柿は甘くて、とっても美味しかったです。薄く切ってあるので食べやすかった。

鍵は2つ♪。大浴場があるので、2つあると便利便利。
zab9543.jpg

衣装ダンスに浴衣など。フェイスタオル2枚(1人1枚)、
浴衣1人1枚、羽織、足袋ソックス、巾着袋の中に歯ブラシなど。
zab9574.jpg

作務衣があるので非常に嬉しい。
zab9576.jpg

さっそく魅惑の大浴場に行きました。
別館に入ると、まっすぐに伸びる廊下。廊下の右側はお高い部屋。
zab0053.jpg

大浴場前の休憩所。ここも広々。
zab0021.jpg

飲料器機が変わっていました。2月の時はお水だけでした。
zab0022.jpg

飲料器といっても、お茶だけですが。でも冷たいのと熱いのがあります。
一番下の「ゆず茶」が甘くて美味しかった。
zab9551.jpg

到着時、男性用だった浴場の脱衣所。
zab0024.jpg

タオル山積み。バスタオルもフェイスタオルもあります♪
szab9590.jpg szab9589.jpg

カランたくさん。左奥が露天風呂の出口。
zab0032.jpg

シャンプー類はスパジアス黒糖シリーズ。スベスベになります。
zab9867.jpg
これ、売店で売っていたので、帰りに買ってしまいました(^^;)

シェービングとクレンジングウォッシュがあるのはとても助かります。
zab9868.jpg

広い内風呂。半円形ですが、半径は5m以上あるでしょう。
zab9599.jpg
低張性アルカリ高温泉。お湯をすくって匂いを嗅ぐと、ほのかに硫黄臭がします。
肌がすべすべになる温泉です。

湯温40.7~40.2℃と快適温度。
なにせ広いので、湯口付近と、反対側では湯温が違います。
zab0105.jpg
写真右奥はサウナ。手前に水風呂(水温21.3℃)もあります。
サウナは14時から23時のみ。

露天。広いというより、奥に細長いです。
露天は少し熱くて、42~41.7℃。湯口は42.9℃でした。
到着時が一番熱く、次第に湯温が下がっていき、
夜は40~39.2℃になっていました。夜は超快適。
zab0042.jpg

露天奥から内風呂を見た写真。
とにかく細長いので、2,3人入っていても、まったく気になりません。
zab0091.jpg
今回は風呂好きが多かったみたいで、
大浴場は何時行っても人が居ました。多い時は3人。
全10室で、ほとんどの部屋に風呂がついていることを考えると、
驚異的な遭遇率です。
この広々大浴場に魅せられる人は多いのですね。

次の日の朝は男女交代。
大浴場は14時~24時、次の日は5時半~11時。
zab0123.jpg

脱衣所。どちらにも体重計あります。タオル山積みも同じ。
zab0128.jpg

洗面台も広く、化粧品もあります。欠点は鍵付きのロッカーがないこと。
zab0130.jpg

女性用には部屋と同じポーラ・アロマエッセの化粧品あり。
zab9835.jpg
写真は相方に撮って貰いました。男性風呂には男性用の化粧品ありです。

大浴場内風呂。広くて気持ち良いです。こちらもサウナあり。
zab0137.jpg
真ん中に掛け湯とベンチ。

魅惑の内風呂。朝は湯温39.3~38.4℃でした。いくらでも入っていられます。
zab9859.jpg

洞窟付き露天。朝は湯温40.2~39.2℃と適温。
zab0146.jpg

奥から見た写真。空も広いし、ぬるいしで至福の温泉でした。
zab0152.jpg

前回と比べて、一番変わったのは売店。
まるき葡萄酒】さんのワインが全面に出ていました。
zab0117.jpg

ラフィーユ樽甲州、ラフィーユ超熟甲州、ラフィーユシャルドネ、
レゾン甲州という白ワイン750ml。
zab9636.jpg

甲州リッチネスサイン入り1999(白・750ml)5,400円なんていうのもあり。
zab9643.jpg

ラフィーユ樽ベーリーA、ラフィーユ樽甲斐ノアールの赤ワインも。
zab9645.jpg
正面だけでなく、横にも沢山まるき葡萄酒さんのワインが売っていました。
食事の時のワインも全面一新、全てまるき葡萄酒さんになっていました。

経営が変わったと言っていましたが、まるき葡萄酒さんと関係があるのですかね?

その2 夕食編につづく・・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

笛吹川温泉 坐忘 2015年 その4 朝食編

2015年2月 笛吹川温泉 坐忘@山梨に行ってきました。FC2ブログ

笛吹川温泉 坐忘
〒404-0047
山梨県甲州市塩山三日市場2512
TEL:0553-32-0015(予約受付)
FAX:0533-32-0012
チェックイン14:00 チェックアウト11:00

プラン:何もしないで寛ぐ・・・<間近割>
客室:<内風呂付き>離れ和室
@25,784円(サービス料込、消費税込)、入湯税別。
宿のホームページから予約、現地で現金払い。

「笛吹川温泉 坐忘」さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/room/

その4 朝食編。

朝食も同じ場所です。朝は案内がないので、勝手に行きます。
しかし、本館の出口には鴨が陣取っていて、ピーピー鼻を鳴らしています。
どうやら朝ごはんを要求している様子。
う~、開けたら鴨が入ってきそうで開けられない~・・・・。
za6479.jpg

困っていると従業員さんが後ろからやって来て、鴨たちをおびき出す作戦に。
横から餌をあげると、見事に鴨はそちらに移動していきました。めでたしめでたし。
za6485.jpg
餌は鯉と奪い合うので、あまり食べられなかったようです(^^;)

無事に中庭に出ることが出来ました。昨日と同じ左の部屋「桜」に。
za6585.jpg

明るくて気持ちが良いです~。
za6487.jpg

朝はお茶がありました。しかも急須ごとあったので嬉しい。
za6493.jpg

まずはこれだけ並べられています。
za6489.jpg

が、どんどん運ばれてきてこんな風になります。お品書きはなし。
za6521.jpg

温キャベツ、タラコマヨネーズかけ。タラコマヨネーズが美味しい。
za6507.jpg

新じゃが、あんかけ。ホクホクでネットリしていてウマウマ。
za6516.jpg

卵焼き、鮭は出来立てが運ばれてきます。卵焼きは超薄味。鮭は塩っぱい。
za6526.jpg

真ん中のお皿にはいろいろ小皿が載っていました。
za6490.jpg

さば?鮭?。猛烈に塩っぱい。酒のつまみですね(^^;)
za6540.jpg

青さのり。超薄味。でも醤油がないのでそのまま食べました。
za6544.jpg

めかぶでしょうか・・・。細~い。
za6545.jpg

イカの塩辛。これも酒のつまみですね。
za6547.jpg

タラコ。しっかりと焼いてありました。
za6550.jpg

アスパラ。辛い~。辛いアスパラは初めてかも。
za6554.jpg

ふきの煮物。ちょっと水っぽかった・・・。
za6536.jpg

何と鯛(たい)飯。山梨で鯛飯とはっ?・・・。でも美味しかった。
za6495.jpg

ご飯をお茶碗によそった写真。おこげが美味しい♪
za6557.jpg

漬け物は美味しいです。
za6504.jpg

味噌汁。具は豆腐とワカメでした。味が濃い。
za6560.jpg

デザートのメロンは途中で運ばれてきました。ウリのように固かった。時期尚早?
za6574.jpg

全体的に塩っぱいのが多くて、ご飯が進みます。
肉は全く無く、魚中心。納豆が出ないので、関西風なんですかね?
鯛飯が美味しいので沢山食べてしまい、お腹いっぱいです。
ごちそうさまでした。

この食事処の庭には露天風呂と、洞窟がありました。洞窟好きな宿ですね(^^;)
za6564.jpg

部屋付き露天風呂は結構大きくて気持ち良さそうです。
za6571.jpg
めりなさんによると、昔はここにお湯が張られていて、
食事しながら露天風呂に入ることが出来たとか?・・・。

洞窟の中には何が?
za6566.jpg

中にはシャワー室でした!洞窟にシャワーなんて面白いですね。
za6569.jpg

部屋の窓からは池が見えます。この部屋案外良いかも。
za6583.jpg

食後はラウンジでコーヒーサービス。無料です。
za5998.jpg

鴨が泳いでいるのを見ながらコーヒーが飲めます。
za6594.jpg

食後のコーヒーは嬉しいです。とっても美味しいコーヒーでした。
za6597.jpg

チェックアウトは11時なので、部屋の風呂に入ってまったり。
チェックアウトの後、従業員さんが表まで見送ってくれました。
za6003.jpg

s-img012.jpg

笛吹川温泉 坐忘 感想。

良いところ
◎大浴場が広くて魅力的。しかも空いている。サウナあり。
◎ぬる湯のアルカリ温泉は物凄く温まる。
◎食事がとても美味しい。
◎従業員さんは落ち着いていて、親切丁寧。好感度大。
◎湯たんぽなど、細やかな配慮に感動する。
◎館内、部屋とも綺麗。
◎10部屋しかないので静か。のんびり出来る。
◎作務衣と浴衣両方は嬉しい。
◎鍵2つは嬉しい。
◎Wi-Fiが部屋でも使える。
◎鴨が可愛いカモ。

いまいちなところ。
△段差が多いのが気になる。
△広いので移動距離が多い。
△タオル干しが欲しかった。
△食事処に水またはお茶が欲しかった。
△食事に山梨らしさがあればもっと良かった。
△山梨ワインの種類を増やして欲しい気がする。
△熱湯好きには不評かも。

何と言っても、ほのかに硫黄臭のする温泉と、
開放感溢れる大浴場が超魅力的です。

泉質がほとんど同じだと思われる、
はやぶさ温泉好きなら、絶対にお勧めです。
(はやぶさ温泉好きなんて人が、どれくらいいるのか疑問ですが)
多少の不満点も、温泉で全て帳消しになります。

値段が高いので、しょっちゅう行く訳にはいきませんが、
あの風呂に入りたいので、再訪確実ですね。

笛吹川温泉 坐忘 終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

笛吹川温泉 坐忘 2015年 その3 夕食編

2015年2月 笛吹川温泉 坐忘に行ってきました。FC2ブログ

「笛吹川温泉 坐忘」さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/room/

その3 夕食編。

夕食は18:00から。
時間になると、離れの部屋まで従業員さんが迎えに来てくれました。
食事処までわざわざ案内してくれるなんて、親切な宿ですね~。

本館を通って、中庭の食事処に案内されました。
za6390.jpg

この建物、左右に2つ食事処がありましたが、左側に案内。
中に入るとしゃれた格子の引き戸。
za6387.jpg

中に入ると電気カーペットが敷かれた食事処。ん??テレビがあるぞ。
za6255.jpg

入り口横の奥にはトイレまである・・・・。
za6257.jpg

その手前は洗面台。
za6258.jpg
何のことは無い、以前は宿泊部屋だったのだと思われます。
庭には露天風呂らしきへこみが見られました。
部屋としては少々狭いけれど、食事処としてはこぢんまりとしていて
丁度良かったです。トイレも便利そう。
電気カーペットのおかげで足下もヌクヌク♪

ドリンクメニュー。ソフトドリンク、ノンアルコール。
za6290.jpg

ワインメニュー。山梨のワインが載っています。解説付きで親切。
za6291.jpg

赤も山梨のワインが。
za6292.jpg

もちろんビール、日本酒、焼酎、ウイスキーもありました。
za6293.jpg

せっかくなので山梨の白ワインを頂きました。
ボトルは飲めないので、グラスで。シャトージュン甲州(やや甘口)750円。
za6284.jpg
とってもスッキリとした、美味しいワインでした。

相方はヴィネガードリンク。シトロンシャワー330ml。700円。
za6287.jpg
レモンライム味で甘くなかった様子。炭酸があっという間に抜けてしまったそうです(^^;)

お品書きあり。達筆で読めない箇所あり。
za6295.jpg

まずはこれだけ並べられています。
za6260.jpg

座付、組肴。
za6262.jpg

座付芥子酢みそ。田芹薄揚げ、赤貝
za6267.jpg
芥子が辛すぎず、絶妙。酢味噌が美味。もうウマウマです。
のっけから美味しいので期待大。

手綱寿し、鱈の子落雁、もずく酢、菜の花芥子、白魚ふきみそ、
鰯梅煮、のし梅。

za6276.jpg
鰯は骨なし。蕗味噌は苦い。のし梅が楽しい。

メニューには文銭蛸梅肉と載っていましたが、出てきたのはもずく酢
za6278.jpg
細~いもずく。酸っぱくて美味しい。

隠れて見えない手綱寿し。魚はコハダでしょうか?余り酸っぱくなかったです。
za6305.jpg
鱈の子落雁は中に何か入っていました。芋?百合根?これもウマウマ。

しばらくしてお椀が運ばれてきました。

煮物椀
sza6296.jpg sza6297.jpg

百合根饅頭。上品な一番出汁。鶏の挽肉が入っていました。
甘くてモチモチ。うま~い。
za6301.jpg

前の料理を食べていると、次の料理が運ばれてきました。

向付鮃細造り。割り醤油仕立て。薄味で味付けしてあります。
sza6306.jpg

鮃(ヒラメ)は淡泊な味。エンガワはコリコリ、プニョプニョ。
za6310.jpg
山葵の下にあるのは、何かのハーブのようなもの。とっても香りが良かった。
ヒラメが見た目より量が多かったです。満足感あり。

向付と一緒に運ばれてきた、汲み湯葉含まぜ
sza6311.jpg

薄味であっさり。ちょっと固めでした。
za6317.jpg

しばらくして、肉が運ばれてきました。

台物国産牛いちぼ溶岩焼。固形燃料を使い、溶岩プレートの上で焼きます。
sza6324.jpg sza6325.jpg
自分で焼くので、焼き加減はお好みで仕上げられます。

肉が分厚い~。でも軟らかくてウマウマ♪。いちぼはやっぱり美味しい~。
za6332.jpg
玉葱がびっくりするほど甘かったです。

ここで赤ワインを頂きました。
ルバイヤート ルージュをお願いしたら売り切れで、違うワインが来ました。
日帰りの団体さんが飲み尽くしてしまったそうです(笑)。
代わりの赤ワイン、パルルージュ・グラスで630円。
za6337.jpg
渋くて美味しいワインでした。肉に合います。
美味しければ、銘柄にはこだわらないので、全く問題なしです。
というかこのワインも同じ値段でよかったのでしょうか?

肉をジュウジュウと焼いていたら焼き物と煮物が来ました。
この段階で、お腹はほぼいっぱいです。

焼物乾徳山。天子の塩焼。一人二匹です。
sza6340.jpg
乾徳山というのは山梨の山らしいので、そこで取れたアマゴなんでしょうかね?。

お腹の膨れたこの段階で二匹はきつい・・・。
それほど大きくないアマゴでしたが、ウマウマでした。
川魚は骨と格闘して食べるので、無言の時間が過ぎていきました。
za6342.jpg

煮合せ鴨治部煮。じぶじぶ煮るから治部煮だそうです。
sza6347.jpg sza6348.jpg
治部煮?これって金沢の郷土料理ですよね?何故山梨で金沢料理?・・・。
従業員さんによると、料理長さんが京都と金沢で修行したとのこと。
その名残で、この時期は治部煮が出てくるそうです。
う~ん、わかったような、わからないような説明でした。

甘くて、みたらし団子みたいな味の汁です。味は濃いです。
鴨、タケノコ、しいたけ、人参、生麩、ほうれん草。
za6353.jpg
タケノコはシャキシャキ、人参は出汁が染み込んでいました。
椎茸は椎茸臭が濃厚。鴨はブ厚いですが、猛烈に柔らかい。
治部煮というのも初めてでしたが、トッテモ美味しかったです。

食事。止椀
za6356.jpg

ご飯。山梨の地元のお米・武川米(むかわまい)だそうです。
つやつやっ!のお米で物猛烈に美味しい~!初めて食べましたが、
こんなに美味しいとは!・・・武川米恐るべし。
za6358.jpg
坐忘さんの帰りに武川米を買って帰ったという人がクチコミに載っていましたが、
分かります、私も買って帰りたかったです。

止椀。赤出汁でキャベツ入り。というかキャベツしか入っていない(^^;)
za6363.jpg
物凄くしょっぱかったですけど、美味しい赤出汁でした。

香の物沢庵奈良漬け。すぐき菜。沢庵美味しい~。
za6367.jpg
すぐき菜というのも初めて食べましたが、とっても美味しい漬け物でした。

もう完全にお腹いっぱいです。胃薬を飲もうかどうか悩みました。
結局飲まなかったのですが、苦しい・・・。

水物あま王、淡雪。イチゴの下はミルクプリンみたいなもの。
za6373.jpg
サッパリしていて美味しかったです。
お腹いっぱいなのに、デザートはぺろりと食べられるのはいつも通り(^^;)

デザートまで出てこないほうじ茶
za6381.jpg
食事処には水やお茶の用意がなく、最後に出てくる
ほうじ茶まで飲むものがありませんでした。
お水でよいので置いておいて欲しかったですね。

どれもこれも美味しい。工夫も凝らしてあって、とても楽しめました。
配膳のテンポも丁度良い案配で、間延びすることなく食べられました。
料理の評判が良かったので、期待していましたが、
期待通りのウマウマ料理でした。お腹もいっぱいになって大満足でした♪

しかし、美味しい料理を頂いて文句を言うのもナンですが、
あまり山梨らしい料理がなくてちょっと残念。
ワインは山梨ワインが揃っているので、
料理ももう少し山梨を感じる物が欲しかったです。

部屋に帰ると布団が敷いてありました。
za6393.jpg

足下に何か膨らみを感じて布団をめくってみたら
何と湯たんぽが入っていました!
za6398.jpg
いろいろな宿に行きましたが、湯たんぽを入れてくれた宿は初めてです!
部屋にはエアコンがあるので、実際は必要ないのかもしれませんが、
その心遣いに感激しました!いい宿だ。

その4 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

笛吹川温泉 坐忘 2015年 その2

2015年2月 笛吹川温泉坐忘に泊まってきました。FC2ブログ

その2 大浴場編。
とても気に入ってしまって、写真を沢山載せたので、無駄に長いです(^^;)。

坐忘さんの大浴場は別棟にあります。
本館ロビー横から一旦表に出ます。クランクを曲がって別棟に。
sza5999.jpg sza5902.jpg
ここは吹きさらしなので、真冬だと寒いかもしれませんね。
sza5899.jpg sza5905.jpg

まっすぐに伸びる廊下。どこもかしこも綺麗。左側は一番高い部屋がふたつ。
露天がついて、池を眺められるから最高に寛げそうですね。
za5906.jpg

突き当たりに広間。
za5908.jpg

振り返るとエステルーム。
za5911.jpg

左側窓側に椅子。椅子もでっかい。マガジンラックに雑誌が置いてあります。
za5914.jpg

テーブルの上に「旅の雑記帳」があって、沢山書き込みがありました。
sza5994.jpg sza5918.jpg

隅っこに喫煙ルーム。
za5990.jpg

休憩所というか、待ち合わせ場所というか、とにかく広い空間。
za5915.jpg
ゆったりとしています。デカイテレビもありました。

冷水機が置いてありました。風呂上がりはガブガブ飲んでしまいました。
za5923.jpg

男女別大浴場。大浴場は夜は12時迄。朝は5時半から入れます。
次の日の朝に交代します。最初は右側が男性用でした。
sza5927.jpg sza5926.jpg 

男性用だった右側から。入ると右にげた箱。
sza5932.jpg sza5933.jpg

脱衣場は広々。脱衣カゴ沢山。
フェイスタオル、バスタオル山積みです。手ぶらで来られます。
za5934.jpg
左のドアはトイレ。

洗面台も落ち着いた雰囲気。左が浴室入り口です。
za5941.jpg

シンクは3つ。化粧品類は男性用しか置いてありませんでした。
sza5944.jpg sza5945.jpg
女性用は写真を撮らなかったので、女性用化粧品は不明です。

カミソリ、歯ブラシ、ブラシもありました。
sza5946.jpg sza5948.jpg

ドライヤーは2つ。体重計は何故か2つ。
sza5947.jpg sza5949.jpg

魅惑の大浴場・内湯♪♪。とても広いです。浴槽も、空間も広々。
za5978.jpg
手前の円形はあがり湯でしょうか。
あがり湯の向こう側に大きなベンチ。窓側の天井もガラスでとても明るいです。

もちろん源泉掛け流し。湯口44.2℃、湯温40.2~40.7℃とぬる湯。
za5967.jpg
幸せを感じる温泉でした♪ぬるいのでずっと入っていられます。
行った時は男性二人が丁度上がるところ。その後は誰も来ません。
この広い風呂を貸し切りです。なんて贅沢なんだ。

サウナ用に水風呂もありました。水温19.9℃。
za5965.jpg

入り口脇にシャワーブースとサウナ。サウナは14:00~23:00。
za5985.jpg
サウナは覗いたら小さかったですが、何せ全10室の宿、
このサウナが混み合うことは無いと思われます。

カラン沢山。仕切りも付いていてさすがです。
za5959.jpg

シャンプー類はスパシアス黒糖シリーズ。とっても良いシャンプー類でした。
あと、ポーラのシェービングフォーム、
アロマエッセのクレンジングウォッシュもありました。
sza6222.jpg sza6226.jpg

魅惑の大露天風呂♪♪♪。写真では全く判りませんが、広大です。
za5971.jpg
勾玉のような形で縦に長いです。奥まではじゃぶじゃぶ歩いて行きます。
奥は40.6℃、内湯側は40.0℃とぬる湯。いくらでも入っていられます。
ぬる湯ですけど、凄く温まる温泉でした。
この広大な露天風呂も独り占め。好きな位置でのんびり出来ました。

奥に源泉投入口。この辺は少し湯温が高いです。
za6244.jpg

その前の岩の横に石。半身浴に最適。
za6243.jpg

露天から見た内風呂建物。少しは広さが判るでしょうか?
za6235.jpg
広い露天風呂というと、あせび野さんの露天を思い出します。
大きさはあせび野さんの瀬古の湯のほうが上ですけど、
坐忘さんのほうが温まる気がします。



翌日の朝は男女交代していたので、左側の風呂に入りました。
sza6405.jpg sza6406.jpg
やっぱり体重計が2つありました。

こちらも脱衣カゴ沢山。
za6407.jpg

トイレのドアと洗面台。手前の棚はタオル棚。
za6411.jpg

回り込むとこんな感じです。タオル山積み。
za6418.jpg

洗面台は同じですね。右の扉が浴室入り口。
za6413.jpg

内湯も左右対称で同じ形です。
za6458.jpg

サウナ、水風呂も同じです。
za6462.jpg

カラン沢山。右の扉が露天出口。
za6466.jpg

窓側は明るくて開放的。
za6448.jpg

窓側からサウナを見た写真。
za6453.jpg

湯温は39.3~40.0℃とぬるい。湯温計もついていました。
za6454.jpg
ぬる湯好きには最高の温泉ですが、熱湯好きな方には不満が出そうです。
相方が入った時に居た女性の方はこの湯口に張り付いて
湯口から離れなかったそうです(笑)
おかげで露天には誰も来なくて、露天独り占めだったそうです。

こちらも細長い広大な露天。奥に洞窟風呂がありました。
za6439.jpg

洞窟風呂に入ってみると・・・、
za6424.jpg

奥に祭壇のようなものが・・・・。
za6427.jpg
何かのまじないかと思いましたが、これ水晶のようですね。
夜にはライトアップされて綺麗だそうです。
夜は来なかったので見られませんでした。残念・・・。
(もっっとも夜は女性風呂だったので、どのみち見られなかった)
次回来ることがあれば、是非見てみたいです。

洞窟奥から表を見た写真。洞窟風呂の湯温は38.3℃~39℃と低いです。
za6431.jpg

広大な露天風呂にずっと入っていました。幸せ~♪
za6432.jpg
湯温が39.3℃~40℃と私には最適温度。

ぬる湯好きには溜まらない大浴場です。
最近は部屋に風呂がついていると、大浴場に一回も行かなかった相方が、
この大浴場には何度も通っていました。

坐忘さんのだだっ広い大浴場をとても気に入ってしまいました。
この大浴場があるのなら、部屋に風呂が無くてもいいかも?と思いましたね。
心まで広々とする大浴場でした。

その3 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ