湯村温泉・柳屋@甲府

2009年7月 柳屋 宿泊 その4FC2ブログ

甲州湯村温泉・柳屋
〒400-0073 山梨県甲府市湯村3-16-2
電話:055-253-2416 Fax:055-253-3416

柳屋さんのホームページは→【http://www.yumurayanagiya.com/

エースJTB
露天風呂付客室プラン 2名1室23,200円
往復特急利用・新宿駅発着 @28,600円(運賃込)

和室(10畳+踏込+サンテラス)内風呂付(5名定員)
客室露天風呂の浴槽定員:2名
客室露天風呂からの眺望:中庭



少し寝坊して6時半に起床。前日に入れなかった大浴場に行きました。
すでに数人入浴していました。みなさん早起きですね。

朝食は7時半に行きました。席は決まっていました。
s-柳屋-108札
会場は机を横にずらっと並べたもの。思っていたよりも狭い。しきりはおろか、隣との空き間も無いです。
大勢いてガヤガヤしている上に、狭いので気を遣います。
s-柳屋-100朝食全体
机には朝食が既に並んでいます。席に着くと、ごはんと茶碗蒸しを持ってきてくれました。

味噌汁や漬け物は選べるので自分で取りに行くシステム。味噌汁の他に「ほうとう」もありました。

飲み物は牛乳と桃ジュース。自分で取ります。私は桃ジュースを頂きました。
s-柳屋-111牛乳

s-柳屋-112桃ジュース
会場は人でごった返し、仲居さんもたくさんいるので写真は撮りづらい・・・。
漬け物バイキングなどの写真は撮れませんでした。

とうふ
s-柳屋-101豆腐

いか
s-柳屋-102いか

しゃけ
s-柳屋-103鮭

しらすとだいこんおろし
s-柳屋-104大根おろし

のり
s-柳屋-105海苔

とろろ
s-柳屋-106とろろ

ごはんとヨーグルト
s-柳屋-107ごはん

茶碗蒸し
s-柳屋-110茶碗蒸し

お子様には別メニューが用意されているみたいで、パンと玉子のバスケットがありました。
このメニューではお子様には辛いと想像されます。

朝食は至って平凡。漬け物バイキングが珍しいが、そんなに食べられるわけもなく、
2,3個とっておしまい。漬け物好きにはこたえられないかもしれません。

ご飯と味噌汁はおかわり自由なので、腹が一杯になるのは間違いありません。

朝食会場が騒然としているので、余り落ち着かず、食べ終わったらすぐに部屋に帰り、風呂三昧。
s-柳屋-116露天桶中
チェックアウトが11時なので、何回も風呂に入りました。部屋付き露天風呂のありがたみです。

フロントの横に売店。
s-柳屋-057ロビー2
いろいろ売っていました。
s-柳屋-064売店1
桔梗屋の信玄餅を10個くらい買い込んでいる年配の女性がいました。すごい。
s-柳屋-065売店2
連れ合いが大浴場にあった洗顔を気に入ったので、おみやげに買って帰りました。

従業員さんが二人、表まで見送ってくれました。
私たちの姿が見えなくなるまで、見送ってくれました。

柳屋の感想。
良いところ
◎抜群に静か。
◎建物、部屋がきれい。清潔感にあふれている。
◎部屋が広々としている。
◎従業員さんの態度が良い。
◎夕食はオリジナリティあふれ、総じておいしい。
◎やさしい泉質、大浴場が良い。
◎(私たちの家から)近い。甲府駅からも近い。

いまいちなところ
△鍵が一つ。
△料理においしくないものが混ざる。
△内風呂の塩素臭、タオルの石油臭さが気になる。
△朝食会場はもう少し何とかならいのか?
△廊下のトイレ(男性)がなんと和式だった。

とても静かな宿なので、また季節を変えて行きたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

甲府・湯村温泉・柳屋 その3

2009年 7月 柳屋@湯村温泉に泊まってきました。FC2ブログ

二時にチェックインだったので、時間がたっぷりありました。大浴場に行ってみました。
ロビーの反対側に大浴場があります。
s-柳屋-059大浴場入り口

手前の「石の湯」が男湯でした。
s-柳屋-055石の湯

奥の「花の湯」が女湯になっていました。
s-柳屋-056花の湯
柳屋の大浴場は時間で交代します。しかし、交代が夜の10時!
ちょっと遅くないですか?8時頃に変えてくれると、ありがたいのですが・・・

大浴場には人が大勢いたので、写真は撮れませんでした。

手前の「石の湯」には露天風呂が2つありました。広くて、すてきです。
しかし、内湯は熱くて、しゃがむことも出来ませんでした。体重計もなかったし。

奥の「花の湯」には翌日入りましたが、露天風呂が池のようで、深くてびっくりしました(笑)
こちらには体重計がありました。

どちらも洗顔フォーム完備です。健康器具がいろいろと置いてあります。

夕食は部屋出しです。最近は食事処に行く宿が多かったので、部屋出しは久しぶりです。
去年のゴールデンウィークに泊まった、芳泉荘以来でしょうか?

六時半にお願いしましたが、ちょっと早めに来ました。
まずはこれだけ持ってきてくれます。献立表を持ってきてくれるので、メニューはよくわかります。
s-柳屋-069夕食全部

カリン酒。とてもおいしいです。家でも飲みたくなりました。
s-柳屋-074カリン酒

お通し焼茄子琥珀寄せ、美味出汁庵、つる葉 ラディッシュ焼茄子を牛肉をコンソメで固めました。
これはおいしかった。

前菜トマト射込中をくりぬいたトマトに、シーチキンと果肉、マヨネーズを詰めて、ゼラチンで固めました
これはいまいちだった。

鱧(はも)寿司鱧の照り焼きを鱧の押寿司にしました。
白瓜 サーモン ヤングコーン 黄身酢合鴨ロース オレンジ添え

酢の物順才(じゅんさい)水母(くらげ)胡瓜(きゅうり)とろろ酢 キャビア
とろろ酢は、とろろ芋に酢を混ぜたものです。胡瓜は体を涼しくするそうです。
全然酸っぱくなくていまいちだった。
s-柳屋-071お通し

お造り鮪(まぐろ)鱸(すずき)帆立 甘海老 妻いろいろ
鮪には肩こり改善、帆立には脳の若さを保つ効果があるといわれます。

s-柳屋-072お造り-1
まぐろがいまいちだった。ちょっと珍しいですよね。他はおいしかったです。

台の物エスカベージュ風白身魚 玉葱 セロリ 人参 クレソン 水菜 リーフ 黄・赤パブリカ ミニトマト
一度揚げた魚を、ワインビネガー、オリーブオイル、塩コショウで味付けしました。
s-柳屋-070台の物-1
献立を読んでもよくわからない料理ですが、食べてもよくわかりません (笑)
ブルーベリー風味です。ちょっと人工的なブルーベリーの味がします。

JTBプランだと、夕食時にドリンクが各一本つきます。私は日本酒、連れはウーロン茶をお願いしました。
s-柳屋-075ドリンク
日本酒の銘柄は不明ですが、おいしかったです。ほぼ下戸の私はこれ一本で十分でした。

凌ぎトマトおざら 薬味
「おざら」は山梨の方言で、野菜を入れた温かいつゆで食べる
「冷やしほうとう」が有名ですが、広くは麺を表すともいわれます。

s-柳屋-076凌ぎ
トマトおざらはとても不思議なものでした。

煮物冬瓜茄子オランダ煮 青紅葉麩穴子黄身揚 オクラ 蟹庵
揚げた茄子を出汁につけこみました。
s-柳屋-077煮物

焼き物川魚は、鮎塩焼
焼き物は鳥肉香草焼と鮎塩焼きが選べます。私たちは鮎の塩焼きを選びました。
s-柳屋-078焼き物
これはとてもおいしかったです。

揚げ物
じゃがいも蓑揚(みのあげ)、南瓜(かぼちゃ)茗荷 モロッコ豆 梅塩
生身と枝豆を混ぜたものにじゃが芋をつけて蓑に見立てました。
じゃがいもは肌荒れ改善、茗荷は血液をさらさらにするといわれます

s-柳屋-081揚げ物
残念ながら揚げてから時間がたっていて、衣がからっとしていなかったです。
揚げ物の量は少なくて、油ものの苦手な私たちにはちょうど良かったです。

食事昆布ちりめんご飯昆布が大量に入っています。
s-柳屋-082食事
おいしかったですが、既に腹がいっぱいなので、茶碗に一杯しか食べられませんでした。

魚麺 豆腐 占地(しめじ) 小メロン 湯葉
s-柳屋-083椀
メニューを見た時に「小メロン」?と思いましたが、薄く切ってあってちゃんと具になっていました。

デザートトマトのムース ジュノベーゼソース ミント 生クリーム
今年流行のトマトのスイーツです。トマトは紫外線から肌を守ってくれる効果があるそうです。
s-柳屋-084デザート
これもメニューを見た時に???と思いました。
食べて案の定おいしくなかったです。トマトのムースがちょっと・・・
生クリームを混ぜると何とか食べられますが・・・。
この時期だから普通にを出して欲しかったです。

最後にほうじ茶を持ってきてくれました。
s-柳屋-086お茶
お茶の葉が少なめで薄かったです。(濃いお茶が好きなもので・・・)

実は途中で腹が苦しくなって、胃腸薬を飲んでしまいました。
おかげでなんとか最後まで食べられた感じです。とにかく満腹です。

感想:オリジナリティいっぱいです。変わっている料理が出てきます。
おいしいのもありますが、ちょっと???という料理もあります。季節を変えてまた食べてみたいですね。

夜は部屋付露天風呂に入って寝てしまいました。

その4につづく。

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

湯村温泉・柳屋@甲府 その2

2009年7月 柳屋 宿泊 部屋編。FC2ブログ
エースJTB
露天風呂付客室プラン・2名1室23,200円
往復特急利用・新宿駅発着@28,600円

和室(10畳+踏込+サンテラス)内風呂付(5名定員)
客室露天風呂の浴槽定員:2名
客室露天風呂からの眺望:中庭


入り口脇には冷蔵庫とグラス。写真を撮るときに開けただけの冷蔵庫。
s-柳屋-025冷蔵庫

湯飲みとガラスのコップが入っていました。コーヒーカップが無かったのは残念。
s-柳屋-017コップ入れ

トイレ、洗面所、内風呂が並んでいます。これは内風呂。内風呂は温泉ではありません。
s-柳屋-018内風呂
ドアを開けた瞬間に、塩素の強烈な臭いが・・・
あまりにもくさいので、風呂場のドアを開けっ放しにしていました。
窓の外に見えるのは、部屋付露天風呂です。

シャンプーとリンスとボディソープ。
s-柳屋-020シャンプー2
たぶん大浴場にあるのと同じ奴です。結構良いシャンプーでした。

洗面所。下にはバスタオルが一人二枚分、四枚置いてありました。
s-柳屋-022洗面所

部屋にも一枚バスタオルを置いてあったので、合計三枚のバスタオル。素晴らしい。
s-柳屋-021バスタオル

男性用化粧品。ちゃんとシェービングフォームまでありました。
s-柳屋-023化粧品

トイレはウォシュレット付き。
s-柳屋-024トイレ

床の間と金庫、洋服かけ。金庫は大きめ。
s-柳屋-037床の間

洋服掛けの中に浴衣二枚とアメニティとバスタオル一枚。
s-柳屋-049浴衣

女性用の中にはヘヤーブラシ、コットン、シャワーキャップ。
s-柳屋-050タオル女

男性用の中にはクシとカミソリ。と中身が違っていてちょっとおもしろかったです。
s-柳屋-053タオル男

部屋の庭側に鏡。ティッシュとゴミ箱とアースノーマット。殺虫スプレーも欲しかったです、この時期。
s-柳屋-038鏡

テレビはアクオス20インチ。部屋が広いだけに、小さく感じます。
s-柳屋-039テレビ

電気ポット。力がいるタイプです (笑)
s-柳屋-040ポット

テラス。庭に面していますが、反対側を人が通るので、裸だと恥ずかしい。
s-柳屋-041テラス
テラスを通って部屋付露天に行かなければいけないので、
部屋から裸で風呂に、と言うわけにはいきません。

庭に鳥が来ていて飽きないですが、虫も沢山いました。夜にはテラスにゴ○○リが出現・・・・

部屋から見た中庭。
s-柳屋-042中庭

部屋付露天入り口。
s-柳屋-043露天戸
屋根は頼りなさそうですが、ちゃんと透明なプラスチック版が入っていて、
雨が降っても濡れません。さすがです。

部屋付き露天風呂。
s-柳屋-044露天桶
シャワーとかカランとかはありません。脱衣かごの代わりに背負いかごが置いてあります。

椅子がありますが、景色は全くと言っていいほど見えません。
s-柳屋-045露天椅子

風呂桶。
s-柳屋-046露天桶全部

庭に面した格子は開け閉めできます。
s-柳屋-114露天格子閉 s-柳屋-113露天格子開

部屋付き露天は温泉ですが、加温循環です。温度は入った瞬間は熱いですが、すぐに適温になります。
熱いのが好きな方には不満かも。

さらさらした温泉で、肌がすべすべになります。何度も入れるやさしい温泉です。

桶は広いですが、二人で入るのにはちょっと狭いかな?
身長170cmの私(鴨ミール)が入って足を伸ばせる大きさです。
桶の中に段が付いていて、半身浴にちょうど良いです。

何度入ったかわからないくらい入りました。

その3へつづく。

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

湯村温泉・柳屋@甲府 その1

2009年7月FC2ブログ
山梨県の柳屋に泊まってきました。

甲州湯村温泉・柳屋
〒400-0073 山梨県甲府市湯村3-16-2
電話 055-253-2416
Fax  055-253-3416

柳屋さんのホームページは→【http://www.yumurayanagiya.com/

今回はJTBに申し込みました。
エースJTB
露天風呂付客室プラン 2名1室23,200円
往復特急利用・新宿駅発着 @28,600円(運賃込)

和室(10畳+踏込+サンテラス)内風呂付(5名定員)
客室露天風呂の浴槽定員:2名
客室露天風呂からの眺望:中庭


実際は立川から乗ったので、もう少し安くなりました。

立川で蟹チャーハンを食べて、十一時五十五分の特急・甲斐路に乗車。
天候は曇り。一時間ちょっとで甲府に着いてしまいました。

高速道路は朝から20km以上の渋滞だったので、ちょと優越感。

駅前の南口バス停から乗って、十分くらいでしょうか。
湯村温泉入り口につきました。降りたのは私たち夫婦だけ。

小雨が降ってきましたが、傘も差さずに温泉に。湯村温泉街には宿がいっぱいあります。
しかし、スナックや食べ物屋が(つぶれて)閉まっていて、かなり寂しい風景です。
温泉街で湯巡りパスポートを発行していて、温泉に入り放題なのですが、人影がありません。
日曜なのに・・・。甲府からこんなに近いのに・・・。寂しい限りです。

宿の手前に地元の神社があったのでお参り。(これは次の日の写真です)
s-柳屋-122神社2

この看板を目印に左に曲がって、道を進むと
s-柳屋-007看板2

柳屋が見えてきました。
s-柳屋-008壁

駐車場がいっぱいでびっくりしましたが、どうやら宿泊客のではなく、
法事かなんかの団体客だったみたいです。
s-柳屋-009駐車場

かなりのんびりと歩きましたが、それでも二時十分前。
JTBプランだとチェックインが二時なので、ちょっと早いけど宿に行ってしまいました。
s-柳屋-120入り口2
表まで従業員さんが迎えに来てくれて、
フロントで記帳かと思ったら、フロントを素通りしてロビーに案内されました。

これはフロント。
s-柳屋-062フロント2

ロビーで記帳かと思ったら、また違いました。荷物を先に運んでくれて、部屋に案内してくれました。
s-柳屋-058ロビー3

廊下をてくてくと歩いて行きます。
s-柳屋-030廊下1 s-柳屋-031廊下2

途中にお花が飾ってあったり、電灯も風情があったり。
s-柳屋-032廊下花 s-柳屋-033廊下電灯

庭をぐるりと回る形で部屋まで行きます。露天風呂付きの部屋は奥にあります。
s-柳屋-035案内図2

38号室白根という部屋でした。
s-柳屋-028部屋名札1

靴入れ。
s-柳屋-026下駄箱

次の間があって、十畳の部屋です。(写真ではそう見えませんが)広々としています。
s-柳屋-036部屋1
掃除が非常にゆきとどいている部屋です。畳もきれいです。ガラスはピカピカです。

庭側にテラスがあり、テラスの隣が露天風呂です。

部屋に案内してくれた従業員さんがお茶を入れてくれました。鍵は一つ。
s-柳屋-012お茶1
ここで、ようやく記帳です。夕食、朝食の時間を聞いてくれます。
夕食は5時半から30分おき位、朝食は7時から30分おき位に決められます。

私たちは夕食6時半、朝食7時半にお願いしました。
アレルギーや嫌いなものがあるかどうか、も聞いてくれます。

栃餅を頂きました。おいしかったです。
s-柳屋-013とちもち


大きな地図で見る

その2へつづく。

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ