湯屋やまざくら 2016年 その4 朝食編

2016年6月 箱根・仙石原の湯屋やまざくらさんに宿泊してきました。FC2ブログ

箱根 仙石原 湯屋「やまざくら」
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原138
TEL/FAX: 0460-84-8262

<プラン>貸切露天風呂無料!私を癒す、やまざくら スタンダードプラン
<部屋タイプ>都忘れ(露天風呂付き)
●チェックイン 15:30 ●チェックアウト 10:30

@18,000円(税込・入湯税別)

宿のホームページから予約。現地で現金払い
(やまざくらさんは現金払いのみです)

湯屋「やまざくら」さんのホームページは→【http://www.hakone-yamazakura.com/

その4 朝食編

やまざくらさんの朝食は8時からと決まっています。
朝も準備tが出来ると電話がかかってきます。
やはり2階の食事処で。テーブルは昨日夜と同じです。
yz16-9023.jpg

あらかじめ並んでいる料理。熱いものは後から持って来てくれます。
yz16-9025.jpg
女将さんがざっと朝食の説明をしてくれました。

鍋は豆腐グラタン、チーズ載せ。これも名物料理のようです。
yz16-9042.jpg yz16-9041.jpg
女将さんが説明しながら醤油をかけてくれました。

出来上がった豆腐グラタン。手前のモヤモヤは山芋です。
yz16-9069.jpg
豆腐にチーズという組み合わせが新鮮。
トッテモ美味しいのですが、味は濃くて、かなりしょっぱい・・・。

サラダの器が取っ手付きで面白いです。
yz16-9029.jpg

席に着くとごはんを持って来てくれます。
yz16-9027.jpg

ごはん。結構量が多いです。お代わりが出来たかどうかは不明。
yz16-9030.jpg
ごはんの器も味わいがありました。

温泉卵。醤油ジュレがかかっています。ちょっとしょっぱい。
yz16-9032.jpg

ヨーグルト。かかっているのはダークチェリーソースでしょうか?
yz16-9037.jpg
酸っぱみの少ないヨーグルトでした。

こっちのプレートには・・・・、
yz16-9045.jpg

しょうがの漬け物と厚揚げ。甘辛のしょうがの漬け物、美味しいですっ。
yz16-9047.jpg
厚揚げは甘く煮てあって、お稲荷さんみたいです。美味し~。

アボカド豆腐とインゲンの胡麻和え。
yz16-9048.jpg
アボカド豆腐は物凄く柔らかいです。フニャフニャで頼りない・・・。
味は薄めでした。でもアボカド味がしっかりあって美味しい。

リンゴジュース。ん?お酢が入っている?・・・。すっぱいです。
yz16-9050.jpg

味付けのり。4枚入り。
yz16-9052.jpg
どこかで見たことのあるパッケージだなあ。どこだろう?・・・。

かまぼこ。
yz16-9054.jpg

サラダ。なんとメロン入り!。女将さんの手作りドレッシング。
yz16-9056.jpg

味噌汁も熱々を持って来てくれます。
yz16-9059.jpg

鯵の開きは焼きたてを持って来てくれます。
yz16-9065.jpg
焼き具合も絶妙で、とっても美味しい鯵でした。
相方は頭からバリバリと食べていて、中骨以外は全て平らげていました。

緑茶。味はイマイチ。
yz16-9075.jpg

食後はコーヒーを持って来てくれました。
yz16-9077.jpg

食後に撮った食事処。
皆さん食べるのが早くて、早い方は25分位で終わっていました。
yz16-9082.jpg
とは言え、私達で35分位でした。もちろん私達が最後でした(^^;)

いや~、朝からお腹いっぱいです。品数が多くて楽しかった~。

部屋に帰ると、布団がそのままでした。コレは嬉しかったですね。
ゴロゴロ出来るので、敷きっぱなしが有り難いです(^^;)

部屋の風呂に入ってまったり。朝から何度入っただろう・・・・?
yz16-8681.jpg
チェックアウトは10時半。もう30分遅いと良いのですけれどね。

湯屋「やまざくら」感想

良いところ
◎食事は独創性に富み、抜群に美味しい。感動。
◎ぬる湯の濁り湯が幸せ。肌がすべすべになる。
◎箱根の宿としては価格が安い。コスパ良し。
◎女将さんの親しみやすい接客が心地良い。
◎従業員の皆さんも親切丁寧。
◎「都わすれ」には狭いけど風呂がついている。
◎貸し切り風呂は大きくて気持ち良い。

いまいちなところ。
△アメニティは最小限。
△古い部分は残念なところあり。
△チェックイン15:30、チェックアウト10:30はもう少し伸ばして欲しい。
△Wi-Fiは通じない。
△貸し切り風呂はチェックイン順なので、希望時間が取れない可能性あり。
△食事処の真ん中で準備・片付けするので、音が気になる。
△硫黄臭が服に残る。

超人気が納得の、コスパが抜群に良い美食宿。
女将さんのフレンドリーな接客も印象的です。
是非また泊まりたいですが、予約が取りづらいのが難点・・・・。

湯屋やまざくら 終わり。

スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

湯屋やまざくら 2016年 その3 夕食編

2016年6月 仙石原の湯屋「やまざくら」さんに宿泊。FC2ブログ

湯屋「やまざくら」さんのホームページは→【http://www.hakone-yamazakura.com/

その3 夕食編

やまざくらさんの夕食は18時と決まっています。
準備が出来ると部屋に電話がかかってきます。
18時ちょっと前に連絡がありました。
やまざくらさんの夕食は、どのレポを拝見しても、皆さん絶賛。
物凄く楽しみで、ウキウキして食事処に向かいました。

例の急な階段を上って1階の食事処に向かいます。
案内されたのは隅っこの席。食事処は広間ですが、
衝立があるので、他の席は気になりませんでした。
yz16-8831.jpg yz16-8832.jpg
ただ、声は良く聞こえます。これは仕方ないですね。

見た目も美しい料理が並んでいます。
見た瞬間に思わず「うわぁ~」っと声が出た私達。
yz16-8833.jpg

飲み物メニュー。品数は少ないです。
が、嬉しいことにグラスワインがあったので、速攻で注文。
yz16-8836.jpg
ドリンクはそれほど高くないので、皆さんジャンジャン注文していました。

料理を持ってきた時に説明があります。
前菜は女将さんが説明してくれました。
yz16-8838.jpg
やまざくらさんはお品書きがないので、料理名はあやふやです(^^;)

青梅と青梅のジュレ。梅の香り高く、酸っぱくてすんごく美味しい。
yz16-8843.jpg

下層・グリンピースを吉野葛で練り固めて冷やしたもの。
上層・豆乳と味噌のソース。絹莢。優しい味で、物凄く美味しい~。
yz16-8845.jpg

桃とチーズを生ハムで巻いたもの。面白い組み合わせでした。
yz16-8846.jpg
チーズと生ハムが美味しい。桃の味は薄かったです。

食前酒の梅酒。美味しい梅酒でした。
yz16-8848.jpg

他の方のレポを拝見して、一番印象に残っていた
野菜素揚げ。定番料理のようですね。
yz16-8854.jpg
黒酢ソースがかかっています。コレが甘くて美味。
ゴボウ、サツマイモ、パブリカ、カボチャ、インゲン、レンコンと
種類も多くて食べ応えあり。
見た目もインパクト大ですが、食べてもメチャメチャ美味しい。

冷やしトマト。ん?・・・食べたら、何かシュワシュワするゾ。
ソーダシロップでしょうか?不思議な食感。でも美味しい。
yz16-8857.jpg

白ワイン・グラス(700円)を注文。スッキリとした美味しいワインでした。
yz16-8865.jpg

ウーロン茶(300円)。器が素敵ですね。
yz16-8867.jpg

クレソンそば。出たー!これもブログで散々拝見した料理だ!
クレソンが山盛りだ~。
yz16-8873.jpg
アンチョビとガーリックのソースがかかっています。
このソースがウマウマ。焦しニンニクが堪らんっ。

クレソンそば、アップ!
yz16-8878.jpg
そばがまるでパスタのようです。シコシコの麺。味が濃くて、
猛烈に美味しい!こんなそばは食べたことないです。絶品。
こりゃまた食べたい~。

テンポ良く運ばれてくる、とうもろころの冷製スープ
yz16-8881.jpg

スープアップ。冷たくて、クリーミーで馬鹿ウマスープ。
yz16-8884.jpg

アジのたたき
yz16-8887.jpg

アジのたたきアップ。
yz16-8888.jpg
アジも滅茶苦茶美味しいのですが、のっている生姜がまた美味しい。
量も多くて、涙を流しながら食べました。

ここいらで、他のテーブルには鯛の塩釜焼きが運ばれていました。
おそらく「料理グレードUPプラン」ではないかと思われます。

そのプランだと「鯛の塩釜焼きプロヴァンス風」がつくのです。
私達以外は全員、塩釜焼きが運ばれていました。
チラ見したところ、すごく大きな鯛。
スタンダードプランでもお腹いっぱいになったので、
鯛を頼んでいたら、お腹が苦しくなったのは確実でしょう・・・・。
グレードUPプランにしなくて良かった・・・(^^;)

赤ワイン・グラス(700円)。すごく渋くて、すごく美味しい赤ワイン。
yz16-8893.jpg

天然の鮎のフリッター。熱々が運ばれてきます。
yz16-8896.jpg
一緒に出てくるソースをつけて食べます。
このソース、不思議な味。マヨネーズだと思っていたら、
アボカド・蓼酢ソースだそうです・・・。

鮎アップ。小ぶりですが、身が柔らかく美味しい鮎でした。衣はサックサク。
yz16-8902.jpg
小さいので塩焼きには出来ない、と隣の席で説明していました。

天ぷら・とうもろこしの掻き揚げ、真竹の天ぷら
yz16-8905.jpg

天ぷらアップ。真竹はホクホクしていましたが、ちょっとエグミあり。
とうもろこしは甘くてウマウマ。とうもろこしの天ぷらは初めてかも。
yz16-8910.jpg

ここでカセットコンロが運ばれてきます。鍋に使います。

肉料理・牛のたたき
yz16-8918.jpg
目の前で、携帯用バーナーで炙って、ソースをかけてくれます。
炙りパフォーマンスに目が釘付け。

牛アップ。とっても柔らかくて、超ウマウマ♪。赤ワインが合う合う。
yz16-8927.jpg
下の方は炙られていないので、レアです。これがまた旨い。

豆乳の味噌仕立て鍋。味噌汁代わりに食べてください、と言われました。
yz16-8931.jpg
アサリをゴロゴロと入れてくれます。アオサもドバドバ投入します。
味噌汁代わりと仰いますが、物凄い量です・・・(^^;)

三つ葉は最後に入れます。青柚を器によそってからお好みでかけます。
yz16-8933.jpg
真ん中の茶色の器は、アオサを投入した後のものです。

鍋を器によそった写真。右の黒いのはヨモギの生麩。
yz16-8946.jpg
アサリが美味しかった。

漬け物。大根でしょうか?
yz16-8943.jpg

新しょうがのごはんも鍋と同時に持って来てくれます。
大盛り、普通盛り、小盛りと選べます。お代わりも出来るそうです。
もうお腹いっぱいの私達は普通盛りをお願いしました。
yz16-8939.jpg
生姜がすごく辛くて、とっても美味しい。お米もメチャクチャ美味しいです~。
お腹がいっぱいでなければ、お代わりしたかった・・・。
苦しい・・・。

デザートとほうじ茶
yz16-8950.jpg

デザートはパンナコッタ
yz16-8951.jpg
でも、デザートはペロリと入ってしまいます(^^;)
猛烈に甘~くてウマウマのパンナコッタ。最後まで手抜き無し。

1時間半ほどで夕食終了。

やまざくらさんの夕食はオリジナリティに富んでいて、どれも抜群に美味しい。
他の方のブログを拝見すると、パターンはそれほど多くないようですが、
そんなの全く無問題。
これだけ美味しければ、毎回同じでも全然オッケーかも。

量も多いので、満腹になります。
ドリンクも適正価格で注文しやすく、グラスワインもあるので、
私のように余り飲めない人間にも嬉しい品揃え。
評判通りの美食だったので、すぐにでも再訪したい気持ちデス。

部屋に帰ると、布団が敷いてありました。
yz16-8956.jpg
寝心地の良い布団で朝までぐっすり。

その4 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

湯屋やまざくら 2016年 その2 館内&風呂編

2016年6月 湯屋やまざくらさんに泊まってきました。FC2ブログ

湯屋「やまざくら」さんのホームページは→【http://www.hakone-yamazakura.com/

その2 館内&風呂編。

館内施設は1階のホールと、2階のフロントまわりしかないので、
館内をウロウロすることもなく、皆さん部屋に籠もり気味でした。
フロントもチェックアウトの時に使うくらいでしたね。

玄関から右側を覗いた写真。正面が食事処。写真左がフロント。
yz16-8741.jpg

食事処の前にソファ。
yz16-8744.jpg

玄関にお花が飾ってありました。
yz16-8752.jpg

こちらは見事な胡蝶蘭。
yz16-8751.jpg

フロント前に棚があり、食器が置いてありました。
yz16-8743.jpg
食器は飾ってあるのか、売っているのかよくわかりません・・・(^^;)
おみやげっぽいものは売っていませんでした。

1階階段降りた右側に貸し切り内湯。
yz16-8522.jpg

ウォーターサーバーが置いてありました。
yz16-8728.jpg

卓球室あり。無料で使えるようです。
yz16-8702.jpg

が、誰も使わないのか、壁際には雑然と荷物が置かれていました。
yz16-8704.jpg

荷物は、使うために置いてあるのか、倉庫代わりにしているのか、
よくわからない状態でした・・・(^^;)
yz16-8706.jpg

貸し切り風呂は15:40~22:30まで予約制。
22:30以降と翌朝6:30~10:00は予約無しで使えます。
夕食前は40分貸し切り、夕食後は50分貸し切りです。

左側は予約無しで入れる風呂・こもれびの湯。
右側は予約する内風呂・せせらぎの湯。
予約ボードがあって、部屋の名前が書いてあります。
yz16-8709.jpg

予約無しで入れる内風呂・こもれびの湯を覗きました。
入る時は札をひっくり返します。
yz16-8712.jpg yz16-8711.jpg

洗面台。超シンプルです。アメニティとドライヤーあり。
yz16-8714.jpg
アメニティはシャワーキャップ、綿棒、カミソリです。

脱衣所。棚には脱衣かご2つ。
yz16-8717.jpg

写真右が浴室。体重計あり。
yz16-8716.jpg

こもれびの湯。覗いた時は保温シートがかぶさっていました。
yz16-8719.jpg

シートを取った写真。167cm×121cmと大きいです。
段があるので、半身浴出来そうです。湯温は17時前で42.2℃でした。
マウスオンで寸法表示します。

ここは評判が悪かったので、どんなもんだろう?、と思っていましたが、
それほど悪くは感じませんでした。確かに古さは目立ちましたが・・・。
時間が無かったので浴槽には浸かりませんでしたけど、
何時行っても空いていたので、部屋に風呂が無ければ通っていたかも。

広い浴室です。明るくて気持ち良いです。
夜は雰囲気が異なるのでしょうか?・・・。来なかったので不明です。
yz16-8726.jpg
ただ、風呂椅子が物凄くボロっちく、これは交換した方がいいと思いました。
評判の悪い、青いホースも確かに目立ちます・・・・。
浴槽の横、壁側に小さい浴槽を埋めたような跡がありますね。
以前は浴槽があったのでしょうか・・・?

シャワー、カランは2つ。
yz16-8720.jpg

シャンプー、リンス、ボディソープ。
シャンプー、リンスはKUMANO COSMETICSのもの。業務用?
yz16-8722.jpg

予約した、貸し切り露天に17時に行きました。
yz16-8758.jpg yz16-8763.jpg
通常40分の貸し切りですが、私達は夕食前の予約だったので
1時間使ってもいいですよ、と言われていて、のんびりと入れました。
予約がボードに載っているので間違えないようになっています。

貸し切り露天・かわせみの湯。
yz16-8764.jpg

脱衣場は広々。
yz16-8789.jpg

棚に脱衣カゴと時計。体重計あり。
yz16-8790.jpg

洗面台。アメニティとドライヤーがありました。
yz16-8794.jpg

アメニティはカミソリ、シャワーキャップ、綿棒。
yz16-8796.jpg
カミソリは切れ味が悪く、ひげをそるのに四苦八苦・・・(泣)

露天・かわせみの湯。うわ~、ブログで散々拝見した風呂だ~!
yz16-8805.jpg
17時で湯温39.1℃とぬる湯。ぬる湯好きの私達には最適の温度でした。
熱湯好きの方には不満かもしれませんね。

縦・約220cm×横・約234cmと大きい露天。マウスオンで寸法表示。

風呂の中に岩があるので、半身浴も出来ます。
気持ち良いわ~。広いしぬるいし白濁してるし。
かなりの時間、湯船に浸かっていました\(^O^)/

かわせみの湯は高い塀に囲まれている上に、
上部はすだれがかかっているので、景色は見えず。
yz16-8809.jpg

すだれの隙間から覗くとマンションが見えます。
yz16-8824.jpg
塀に囲まれているし、距離もあるし、
おそらくマンションから見えることは無い、と思われます。

水神の石碑が風呂の横に立っています。不思議な光景でした。
yz16-8823.jpg

シャワー・カランは1つ。
yz16-8814.jpg

シャンプーはKUMANO COSMETICS。ボディソープはポーラ・ひととき。
yz16-8816.jpg

貸し切り内湯・せせらぎの湯に夜10時頃行きました。
yz16-8960.jpg

札をひっくり返して入ります。
yz16-8963.jpg

脱衣所はやや狭し。体重計あり。
yz16-8966.jpg

時計はゴージャズ。
yz16-8974.jpg

洗面台は小さめ。
yz16-8968.jpg

アメニティは同じ、カミソリ、綿棒、シャワーキャップ。
yz16-8977.jpg

ドライヤーもあり。
yz16-8982.jpg

せせらぎの湯・内湯。
yz16-8984.jpg

大きいです。縦・約190cm×横・約110cm。マウスオンで寸法表示します。

この大きさで貸しきりですからかなり贅沢です。
夜10時過ぎで湯温39.2℃とやはりぬる湯で、
ずっと入っていられます。しあわせ~。

浴室も広くて気持ち良いです。
yz16-9010.jpg

カランは2つ、シャワーは1つ。
yz16-8985.jpg

シャンプー類は同じ。
yz16-8988.jpg

夜のムーディーなホール。音楽が静かに流れていました。
yz16-9015.jpg
夕食時に女将さんが「川に蛍が見えるので、是非見てください」と
お勧めしてくれました。ちょっと覗いたら、数匹見えました。
他のお客さんは二十匹くらい見た人も居たそうです。
蛍観賞が出来て、皆さん大変喜んでいました。

宿で蛍観賞が出来るなんて、つくづくお得な宿ですね。

その3 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

湯屋やまざくら 2016年 その1 部屋編

2016年6月 箱根の湯屋やまざくらさんに宿泊してきました。FC2ブログ

箱根 仙石原 湯屋「やまざくら」
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原138
TEL/FAX: 0460-84-8262

<プラン>貸切露天風呂無料!私を癒す、やまざくら スタンダードプラン
<部屋タイプ>都忘れ(露天風呂付き)
●チェックイン 15:30 ●チェックアウト 10:30

@18,000円(税込・入湯税別)

宿のホームページから予約。現地で現金払い
(やまざくらさんは現金払いのみです)

湯屋「やまざくら」さんのホームページは→【http://www.hakone-yamazakura.com/

湯屋やまざくらさんは【うりゃさんのレポ】を拝見して以来、
ずっ~~と行きたかった宿です。
なにせ風呂がついている部屋は1つしかないので、予約困難・・・。
中々チャンスが無かったんですが、奇跡的に予約が出来ました。

「箱根」で「料理が美味しくて」、「部屋に風呂がついていて」
(休前日ではないとはいえ)18,000円とは驚異的な安さですよね!

やまざくらさんは、ル・ヴィルギュルさんから歩いても行けそうな距離にあります。
県道75号線から曲がって、ちょっと進むと正面にあります。
yz16-8467.jpg
宿の前に駐車場が3台分。でもご覧の通り1台、車が停まっていたので、
実質2台分しか無かった。後は宿の横に駐車場があるようでした。
この車は、来てから帰るまでずっと停まっていた謎の車です・・・。

保養所リノベーション宿らしいです。
yz16-8478.jpg

横の階段を上がったところが玄関。
yz16-8477.jpg
先客を隣の駐車場に案内していた従業員さん(息子さん?)が、
玄関で「お待たせしました。」と言って出迎えてくれました。

玄関の先に1階につながる廊下。そう、玄関は2階なんですね。
不思議な造りです。左側に行くと、フロントと食事処があります。
yz16-8496.jpg

荷物を持ってくれて、案内してくれました。
玄関から、廊下を進みます。一番奥に1階に降りる階段。
この階段、皆さんが仰る通り、急角度で、一段一段が狭いので
降りる時は怖い位です・・・。
yz16-8737.jpg yz16-8738.jpg

階段を降りた正面。右側には貸し切り風呂。
yz16-8520.jpg yz16-8522.jpg

左側に曲がると、まっすぐ伸びる廊下。廊下、ピカピカ♪
yz16-8770.jpg 

左側にホールがあります。
yz16-8753.jpg

ホールに案内されてチェックイン。
yz16-8754.jpg
やまざくらさんのチェックインは15時30分と少し遅め。
私達は15時20分に着いたのですが、すでに先客が2組・・・。
皆さん、早いっスねえ・・・(゜Д゜)
チェックインラッシュでドタバタしていました。

従業員さんが先客を部屋に案内していて、しばしホールで待機。
yz16-8507.jpg
順番が回ってきて、チェックイン作業。
夕食や貸し切りの案内がありました。
貸し切り風呂の予約もこの時します。貸し切りは基本的には40分。
この日は満室だったので、夕食前に1回、夕食後に1回と、
合計2回の予約になりました。
すでに先客が2組居たので、露天は17時からになってしまいました。
内湯は一番遅い21時40分しか空いていないので、自動的にそこに・・・。

ホールの奥にはパンフレットなど。
yz16-8515.jpg

ホールからは中庭が見えます。
yz16-8506.jpg
後で聞いたら、この中庭の向こうに新設の離れがあるそうです。
そう言われてみると、建物があるような、ないような・・・。
言われないと気がつかないですね。

離れは22坪で土間6帖、本間9.5帖、洋室7.5帖、ロフト15帖、
内風呂と露天風呂があり、露天は陶器で2人入れるか入れないか、
位な湯船らしいですが、内風呂はものすごく広いそうです。
う~ん、一度泊まってみたいですが、
ここはさらに予約困難な部屋ですよね(゜Д゜)
3ヶ月先まで埋まっている感じ・・・(^^;)

ウェルカムドリンクのハーブティ。冷たくて美味しい~。
yz16-8514.jpg

ホールの片側にカウンターがあります。
yz16-8510.jpg

カウンターの上にお水とハーブティが置いてあるので、いつでも飲めます。
yz16-8512.jpg

館内図。
yz16-8700.jpg

ホールの目の前が「都わすれ」」の部屋。
yz16-8524.jpg yz16-8525.jpg

扉を開けると狭い踏み込み。
入ってすぐ左に冷蔵庫。冷蔵庫は空です。
yz16-8528.jpg yz16-8531.jpg

襖を開けると主室。
yz16-8526.jpg

主室は10畳、広縁もあり、広々です。2人なら充分、全く不満無しです。
yz16-8537.jpg
奥の扉は洗面所&風呂。

反対側には床の間とテレビ。部屋菓子はありません。
yz16-8543.jpg
部屋では(館内も)Wi-Fiは繋がりませんでした。残念。

テレビはシャープの32インチ。殺虫スプレーと電気蚊取りがありました。
yz16-8605.jpg

ティッシュボックスは寄せ木細工。箱根っぽい。
yz16-9022.jpg

シャープの空気清浄機、石油ファンヒーターがありました。
yz16-8600.jpg yz16-8615.jpg

床の間に花と、絵。壁に電話。
yz16-8612.jpg yz16-8610.jpg

鍵は1つ。風呂は貸し切りしか無いので特に問題なし。
yz16-8618.jpg

お茶セット。緑茶はティーバッグに入っていました。
yz16-8622.jpg yz16-8624.jpg
緑茶は味も香りもなく、イマイチ・・・・。

ステンレス魔法瓶。お湯が入っていました。湯沸かしポットは無し。
yz16-8626.jpg

広縁はやや狭い。
yz16-8571.jpg 

突き当たりに鏡とドライヤーがありました。
yz16-8573.jpg

タオル干しは木製のユニークなもの。横幅60cm。
yz16-8577.jpg
ドライヤーはナショナル1200W。
ドライヤーは洗面所にあったほうが良いのでは?
という素朴な疑問が・・・。

椅子とテーブルは左右余裕無しです(^^;)
yz16-8588.jpg

反対側にはクローゼット。
yz16-8579.jpg

クローゼットの中に浴衣など。
yz16-8589.jpg yz16-8590.jpg

上にはハンガー、クローゼット下には金庫。
yz16-8597.jpg yz16-8598.jpg

浴衣、羽織、バスタオル1人1枚、計2枚。足袋ソックスは無し。
yz16-8627.jpg
バスタオルが160cm×100cmと巨大でビックリです。
こんな大きなバスタオルは初めて見たかも(笑)

ビニール袋の中はフェイスタオルと歯ブラシセット。
yz16-8629.jpg
歯ブラシセットは2つとも色が同じなので、ちょいと困りました。

主室の引き戸を開けると洗面所。
yz16-8631.jpg yz16-8632.jpg

洗面台の下に脱衣カゴ1つあり。
yz16-8636.jpg

洗面はシンプル。というか、ハンドソープ以外、何もありません。
手ふきは紙タオル。
yz16-8639.jpg
化粧品類は一切無いので、女性は化粧品を持参する必要がありますね。
シャワーキャップ、綿棒、カミソリもありません。
この3種類は貸し切り風呂には置いてあります。
ヘアーブラシも無いので、相方は困っていました・・・。

洗面台の横にトイレ。トイレはウォシュレットで快適。
yz16-8645.jpg
洗面所から部屋付き露天に行く扉があります。
トイレと洗面所が同じ空間にあるので、
一人がトイレに入ると、風呂に入れない欠点が・・・・。
まあ、二人の場合あまり影響は無かったですが。

部屋付き露天風呂は、洗面所の左のドアを開けて、
yz16-8659.jpg

おお~、風呂だ風呂だ♪。到着時は風呂に蓋がしてありました。
yz16-8661.jpg
ブラインドがかかっていますが、窓は無い完全な開放型です。

104cm×64cmの湯船。マウスオンでサイズ表示します。

横方向はともかく、縦方向は狭いです。身長170cmの私では
足がまっすぐに伸ばせません。斜めに入ってようやく・・・、という感じでした。

でも、部屋に風呂がついてるのと、いないのとでは全然違いますよね。
何度も入ってしまいました。幸せ~。

到着時43.1℃でしたが、蓋を開けておけば湯温が低下して
夜8時で41.8℃の適温になりました。

洗面所に温泉表示表あり。
yz16-8650.jpg
大涌谷温泉 蒸気造成混合泉2号泉(仙石原方面)
酸性・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉。源泉温度64.1℃。PH2.0。
源泉温度は高いので加水していますが、
加温、循環、消毒なしの、源泉掛け流しです。

白濁の濁り湯で、とっても良いお湯です♪
肌がスベスベになります。素敵、素敵~。
硫黄の香りはしませんでしたが、着ていた服にはしっかりと硫黄臭が
ついてしまい、洗濯をしても中々臭いが取れませんでした・・・・(泣)

シャワー、カラン。
yz16-8663.jpg

シャンプーはパックス・オリーシャンプーとリンス。
ボディソープはポーラ・ひととき
yz16-8668.jpg
これらは使わなかったので、使用感わかりません。

ブラインドを開けるとこんな感じ。目の前は川です。
yz16-8684.jpg
聞こえるのは川の音と、鳥の声のみ。

窓からは、左側にはマンション、右は道路(橋)が見えますが、
のぞき込まないと見えないし、距離があるので余り気にしなくても良い感じ。
yz16-8687.jpg yz16-8688.jpg
気候も良かったので、ぬる湯とあいまって快適至極、
のほほんと風呂に浸かっていました。

その2 館内&貸し切り風呂編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ