ONSEN RYOKAN 山喜2017年 その5 朝食編

2017年1月 ONSEN RYOKAN 山喜さんに再訪。FC2ブログ

ONSEN RYOKAN 山喜
〒325-0111 栃木県那須塩原市板室844
予約専用 tel.0287-69-0011

<プラン>ONSEN RYOKAN 山喜 スタンダードプラン
<客室>ビューバス付き(温泉)部屋「楓」または「椛」
大人@27,000円(サービス料、消費税込・入湯税別)

ONSEN RYOKAN 山喜さんのホームページは→【http://yamaki-onsen.com/index.shtml

その5 朝食編。

清々しい、朝の山喜さん。
ymk5763.jpg

朝食は8時か8時半が選べます。私達は8時。
食事処・楪(ゆずりは)。
ymk5761.jpg

食事処は昨夜の夕食と同じ場所で。BGMはエンヤ。
ymk5660.jpg

ずらりと並んでいる朝食。
あとからご飯と味噌汁が来て完成。
ymk5662.jpg

朝ご飯の解説とご飯のお供。
ymk5663.jpg

朝ご飯の解説。イラスト入りで楽しい。
ymk5665.jpg

目つきの悪い 眼光鋭いカワセミの醤油差しも健在💛
ymk5666.jpg
コレ、売店で売っているので、買おうかどうか悩みました。
買わなかったけど・・・。
また山喜さんで会えることを楽しみにします。

おかか、ネギ辛子は二人で分け合います。
ymk5670.jpg

名物のふりかけ。これ、ご飯泥棒です。
ymk5673.jpg

左側には、
近くのハーレー牧場の牛乳、ヨーグルト、漬け物、海苔。
ymk5675.jpg
ハーレー牧場の牛乳は甘くて美味しい~。
梅干しがトロトロですんごく美味しい。
海苔はパリパリ、固めの良い海苔。美味しい。

ymk5696.jpg
ヨーグルトも地元の牛乳を使った自家製。
添えられていたのはイチゴ♪。もちろん美味。

右の鍋は・・・、
ymk5679.jpg

温泉水と自家製豆腐の湯豆腐。つけだれで食べます。
ymk5684.jpg
鍋一杯の湯豆腐。熱々で、豆の香り濃厚でした。
つけだれは出汁醤油。

真ん中に並ぶおかずの数々。
ymk5677.jpg

蛸と大豆の煮物。蛸、柔らかいです~。
ymk5707.jpg

ほうれん草のおひたし。たっぷりあります。食べ応えあり。
ymk5711.jpg

これまた名物のネバネバ三種。納豆、めかぶ、とろろ。
ymk5718.jpg
混ぜて食べると、すごい粘りです。
でも量は少なく、ほとんど一口で食べてしまいます(^^;)

茶碗蒸し。茶碗蒸しは薄味で、とっても美味しかった。
ymk5720.jpg
中に甘い白玉が入っていてビックリ(^^;)

焼きカマボコと明太子。
ymk5724.jpg
カマボコは固め。明太子は粒が大きくてウマウマ。

赤魚(?)粕漬け、大根の醤油漬け。大根は辛かった。
ymk5733.jpg
魚はしょっぱくて美味しい。物凄く脂がのっていました。

ご飯は白米か、出汁粥か選べます。ここは当然出汁粥で。
ymk5686.jpg
かつお出汁が物凄く効いていて、
べらぼうに美味しい出汁粥。

味噌汁はしじみ。とっても優しい味です。
ymk5751.jpg

出汁粥を選んでも、結局ご飯がお櫃で出てきます(^^;)
ymk5738.jpg

つやつやご飯はもちろん絶品♪
ymk5743.jpg
ご飯はお代わりが出来るようです・・・。
この最初のお櫃ですらとても食べきれませんが。

食後にコーヒーを持って来てくれます。
ymk5757.jpg
以前、山喜さんは、朝のコーヒーが有料で、
私達は寂しかったし、口コミの評判は最悪でした。
ここが改良されて、無料コーヒーが出てきましたから、
山喜さん最大の(?)欠点が解消されたことになります。
いや~、嬉しかったです~。

朝食は、おかずがこれでもかっ、
とあって嬉しい悲鳴。
どれも美味しいので、バクバク食べてしまいますが、
それに見合った量のご飯も食べるので、
お腹パンパン・・・・。

ご飯泥棒のおかかのふりかけも
ほとんど食べられないほどの大量のおかず。
朝食は、質、量共に最高級のものでした。

遠霞さんのレポ】を拝見すると、
朝食はほとんど同じですね。もちろん、これで充分です。

山喜さんのチェックアウトは11時。
部屋の風呂でまったりの至福の時を過ごしました。

再訪して良かった~、
とつくづく感じながら家に帰りました。

ONSEN RYOKAN 山喜さん感想。
良いところ
◎食事が物凄く美味しい。
◎温泉はぬる湯で長湯可能。
◎スタイリッシュな館内、部屋。
◎作務衣、豊富なタオルなど、快適装備。
◎シャンプー、アメニティ充実。
◎部屋の床暖房が温かくて幸せ。
◎従業員さんは丁寧親切。
◎自販機、食事処の飲料どちらも良心的。
◎朝のコーヒーは嬉しい。

いまいちなところ。
△敷地が狭く、景色はイマイチ。
△部屋も広々感は無く、大浴場の風呂もやや小さめ。
△階段しか無いので、足の悪い方は不向き。
△大浴場の貸し切りは、貸し切り出来ない可能性あり。

館内全体にアートな香り漂う山喜さん。
上質な空間と、美味しい食事は特筆もの。
ぬる湯が楽しめる板室温泉を味わいに
また是非再訪したい宿です。

s-img065.jpg

ONSEN RYOKAN 山喜終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ONSEN RYOKAN 山喜 2017年 その4 夕食編

2017年1月 ONSEN RYOKAN 山喜さんに宿泊。3回目。FC2ブログ

ONSEN RYOKAN 山喜さんのホームページは→【http://yamaki-onsen.com/index.shtml

その4 夕食編。

山喜さんの食事は一階の食事処でいただきます。
夕食は18時と18時半が選べました。
私たちは18時を選択。
時間になれば勝手に食事処に行きます。
昼間は開いていなかった扉をくぐって中に。
ymk5446.jpg

入り口入ってクランクを奥に。
ymk5447.jpg

奥に進むと、正面に日本酒が飾ってありました。
ymk5449.jpg ymk5584.jpg

左に曲がると、通路の両側に個室食事処。
ymk5585.jpg
こちらの通路は両側とも座敷席。
入り口の右側の個室食事処は椅子席です。

通路右側の「に」の部屋。分厚い座面の座椅子。
ymk5452.jpg
料理は先附、前菜が並んでいました。

お品書きあり。BGMはジャズ。
ymk5503.jpg

いつもの楽しいランチョンマット(紙)。
ymk5515.jpg ymk5574.jpg

食前酒。自家製果実酒はすだち酒
ymk5482.jpg
甘酸っぱくて、ホロ苦で美味しいすだち酒でした。

このフタ付きの器は・・・、
ymk5467.jpg

先附湯葉と蟹、山葵、チャービル
ymk5471.jpg
贅沢な組み合わせ。湯葉は甘く、蟹はウマウマ。

前菜の数々。
ymk5455.jpg

穴子寿司。隣は牛蒡金平
ymk5457.jpg
牛蒡はシャキシャキでした。辛みが少なく食べやすかった~。

穴子寿司。桜の葉っぱをめくるとこんな感じ。
ymk5511.jpg
桜の葉っぱはしょっぱいですけど、穴子の臭みが消えて
この組み合わせが絶妙だということが分かります。

青梅みつ煮。柔らかくて、甘酸っぱいです。美味しい。
ymk5459.jpg

栃木県産牛ローストビーフ
ymk5462.jpg
メニューでは牛角煮でしたが変更になっていました。

上を退けると、ビーフ登場♪
ymk5514.jpg
カツオジュレがかかっていて、煮こごりみたいな感じ。
物凄く美味しいローストビーフ。メインでもいいくらい\(^O^)/

モッツァレラチーズ酒盗掛け
ymk5464.jpg
チーズ、固いです。チーズも酒盗も美味しいのですが、
余り相性が良くなかったような・・・・。

この器は・・・、
ymk5475.jpg

鍋物すき焼き。後ほど火を付けてくれます。
ymk5479.jpg

ドリンクはチェックイン時に選びます。
チェックイン時に悩みますが、
夕食時にドリンクはすぐ出てきます。
頼んだ白ワイン・グラス。相方も同じものを注文。
ymk5485.jpg
カルフォルニア産ワインですが、何と500円!
このワインが辛口で、物凄く美味しくて、
魚にも肉にも合うものでした。
しかも量がタップリ\(^O^)/
肉にも合ったので、赤ワインなしで食事終了でした。

すぐにお椀が運ばれてきます。
お椀は、筍真丈。
ymk5505.jpg

筍真丈、巻湯葉、菜花。出汁が強烈です。
ymk5506.jpg
湯葉があげてあるので、油揚げのようです。
メチャクチャ美味しい~。

しばらくして運ばれてくる御造。
御造季節の鮮魚。あしらいいろいろ。器が素敵♪
ymk5517.jpg

御造アップ。伊勢海老と鯛ですっ!
ymk5522.jpg
何故、板室温泉で伊勢海老と鯛?
というのは置いておいて、
伊勢海老は甘くてウマウマ~。
そして、ネットリとした鯛!
イカみたいにネットリしていました。
物凄く美味しい\(^O^)/
こんな美味しい鯛は初めて食べたかも・・・。
白ワインとも相性抜群。

ほどなく運ばれてくる焼物。
ここで鍋に火を付けてくれました。

焼物甘鯛松の実焼。海老。海老芋雲丹焼
ymk5526.jpg
エビは湯がいてありました。甘味があってコリコリ。

角度を変えてアップ。鯛はプリプリで美味し~。しょっぱい味付けでした。
ymk5533.jpg
芋はなんと雲丹焼き。雲丹の焼き目が香ばしく、
芋と雲丹の組み合わせが最高に美味しい~。

蓮根の下に肉厚の椎茸。蓮根は超酸っぱい。
ymk5538.jpg
椎茸は濃い味付けでウマウマ。

鍋が出来上がるので、食事も持って来て貰いました。

お食事
ymk5541.jpg

蓋を開けると、
ymk5543.jpg

葱味噌。ご飯のお供ですが、他のおかずが多くて食べる暇も無く・・・。
ymk5547.jpg

ご飯は那須産コシヒカリ。ツヤツヤで美味しいご飯。
柔らかめに炊いてありました。
ymk5548.jpg
ご飯はお代わりが出来ます。
相方はご飯が半分位しか食べられず、
こちらに回ってきたので、とてもお代わりなんぞする余裕は
ありませんでした・・・。

赤出汁。伊勢海老の味噌汁。出汁が絶品。
ymk5550.jpg
葱も甘くて美味しい。

すき焼きが出来上がりました。
栃木県産牛鋤焼。脂身たっぷりの牛肉♪。トロトロでウマウマ。
ymk5556.jpg
味は濃いめでした。

この段階で満腹になってしまいました。
ところが、ここからもまだ料理が運ばれてきます(゜Д゜)
しまった・・・、ご飯を持ってきて貰うのが早かった・・・・。

本日の一品。海老芋の揚げだし。シシトウ、ホンシメジを添えて。
ymk5561.jpg

海老芋の揚げだしアップ。この段階で揚げ物は辛い・・・。
ymk5563.jpg
熱々です。脂っぽいです。キツイです。
海老芋が猛烈に柔らかくて美味しいのですが、
何せお腹いっぱいなので、食べるのがノロいノロい(^^;)

酢物も出てきます。
ymk5565.jpg

鮟肝豆腐、りんごみぞれ酢アップ。
一番上は紅葉おろし、次がりんごみぞれ酢。
ymk5568.jpg

鮟肝豆腐。紅葉おろしが猛烈に辛かった~。鮟肝は濃厚でウマウマ。
ymk5569.jpg

下には若布。
ymk5573.jpg

水菓子本日のデザート。豪華♪
イチゴのチーズケーキ、イチゴのアイス、イチゴ、オレンジ、メロン。
ymk5577.jpg
オレンジの皮が薄くて、甘い~。イチゴは産地だけあってウマウマ。

デザートアップ。チーズケーキもアイスも美味しい。
ymk5580.jpg
チーズケーキは甘甘~。
満腹でお腹が破裂しそうなのに、
デザートはスルスルと入ってしまう不思議さは毎度お馴染み(^^;)

1時間20分ほどで夕食が終了。
テンポ良く運ばれてくるので、
手持ちぶさたになる時間はあまりなく、
ストレス無く食べられました。

出てくる料理がどれもこれも美味しいし、量も充分。
オリジナリティに富んでいるのは変わらず。
いつ来ても山喜さんの夕食は絶品です。
大満足の夕食でした。

遠霞さんのレポ】を拝見すると、
遠霞さんの行かれた12月時と内容が大分違います。
一ヶ月で随分と変わるものですね。
スゴイです~。

お酒メニューを「続きのページ」に載せておきます。
下の「続きを読む」をクリックして下さい。

その5 朝食編につづく・・・。

続きを読む

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ONSEN RYOKAN 山喜2017年 その3 風呂編

2017年1月 板室温泉・ONSEN RYOKAN 山喜さんに宿泊。3回目。FC2ブログ

ONSEN RYOKAN 山喜さんのホームページは→【http://yamaki-onsen.com/index.shtml

その3 風呂編。

浴場は1階のフロント前の廊下から。
利用時間は15時~22時と24時~10時。
22時~24時は貸し切りになります。
男女別で入れ替え無し。
ymk5235.jpg

男性用脱衣所。バスタオル山積み。
ymk5405.jpg
バスタオルのみ山積み、というのは珍しいです。

スリッパのクリップは部屋の名前入り。
ymk5407.jpg
脱衣所にはスリッパを置いておく場所が特にないので、
脱衣所のどこかにテキトーに置きます(^^;)

脱衣カゴたくさん。鍵付きロッカーは無し。
ymk5408.jpg

給水器が設置されていました。
ymk5409.jpg

洗面台は2つ。
ymk5417.jpg

化粧品とアメニティ
ymk5594.jpg

何故か2つある大浴場入り口。
ymk5601.jpg

扉にはお札を説明した紙が貼ってありました。
ymk5602.jpg

大浴場・内湯。湯温は4時頃で39.8℃とぬる湯。
ymk5609.jpg
内湯はそれほど広くないです。
が、余り混まないのでこれで充分かと。
段もあるので、半身浴出来ます。
お湯は柔らかで、肌がスベスベになります~。

名物の立ち湯ももちろんあります。
立ち湯の床は、ツボ押しような石が敷き詰めてあります。
前回は痛くて全く立てなかったのですが、
今回は不思議と立っていられました。

板室温泉神社のお札がありました。
ymk5427.jpg
御利益がありそうです。
でも、お洒落な宿の雰囲気とはそぐわない気が・・・・(^^;)
遠霞さんのレポ】を拝見すると、
12月にはこのお札がないようなので、
1月から祀られているのですね。

大浴場・露天風呂。こちらは38.8℃といっそうぬる湯。
ymk5430.jpg
ぬる湯で、いくらでも入っていられました。
露天風呂は内湯よりもっと狭いです。
二人でいっぱいという感じ。

カランは3つ。
仕切り付きなので、隣を心配せずに使用できます。
ymk5426.jpg

シャンプー類はリーフ&ボタニクスシリーズと、
シャングリラシリーズ。
ymk5422.jpg

洗顔フォームもリーフ&ボタニクス。石鹸もあり。
ymk5424.jpg

ベンチと、長湯用に耐水性の本。
ymk5610.jpg

本は文学系でした。
ymk5612.jpg ymk5613.jpg

浴場は22時から24時の間50分間貸し切り。
予約は先着順なので、
早めにチェックインしないと予約出来ない気がします。

部屋に風呂がついている部屋は、
原則として貸し切りは出来ません。

風呂無し部屋が6室で、貸し切りは4室しか出来ないので、
満室の場合2部屋の客は貸し切り出来ないということに・・・・。
この部分、不満が出る要因になっているようですね。

今回は宿泊客が何と4組。
なので、初めて夜の貸し切りが
可能になりました。嬉しい。

私たちは22時からを予約。
貸し切りになったのは男性用浴室。
相方は、初めての男性用浴室で喜んでいました。
私は女性用浴室に入ってみたかったです(笑)



男女の入れ替えはないので、
女性用浴場は相方に撮って貰いました。

女性用脱衣所。男性用と同じ感じです。
ymk5394.jpg

バスタオル山積みも同じ。
ymk5395.jpg

脱衣カゴ。
ymk5396.jpg

給水器もあり。
ymk5398.jpg

洗面台は3つ。
ymk5399.jpg

化粧品はリーフ&ボタニクスシリーズ。
ymk5401.jpg

強力そうなドライヤー。
ymk5402.jpg

カランも同じ3つ。
ymk5637.jpg

シャンプー類の札がやっぱりカワイイ。
ymk5635.jpg

女性用浴場・内湯。
ymk5624.jpg

もちろん立ち湯もあります。
ymk5633.jpg

耐水性の本もあり。
ymk5632.jpg

女性用浴場・露天風呂。
ymk5628.jpg

露天風呂横のベンチは女性用のみの特典。
ymk5629.jpg

その4 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ONSEN RYOKAN 山喜2017年 その2 部屋編

2017年1月 板室温泉・ONSEN RYOKAN 山喜さんに泊まってきました。FC2ブログ

ONSEN RYOKAN 山喜さんのホームページは→【http://yamaki-onsen.com/index.shtml

その2 部屋編。

ビューバス付きの部屋「楓」(かえで)。
ドアを開けるとまっすぐに伸びる廊下。
ymk5288.jpg
木の床と珪藻土の壁が落ち着いた色合い。
廊下は床暖房で暖かくて幸せ。
でも廊下は狭いです・・・。

入り口脇に湯沸かしポットとお茶セット。
ymk5291.jpg
湯沸かしポットはティファール1.5ℓ。

お茶セット。湯飲み茶碗が何気にオサレでした。
ymk5293.jpg
お茶は煎茶がお茶パックに入っています。
お茶は香りは良いですが、味はイマイチ(^^;)

お茶セットの下の扉の中に冷蔵庫。
写真にマウス載せると扉開きます。

扉の前にある緑のものはドアストッパー。
ドアをココまで持ってくると、ドアが固定される便利グッズ。

冷蔵庫の中は無料の冷水とコップとお菓子。
ymk5302.jpg
冷水は1リットルくらいしか入っていません。
無くなれば、蛇口から水をいれます。蛇口の水は飲料可能。

お菓子も無料。ナッツとチョコと飴。
ymk5303.jpg
量は少ないですけど、ちょこっとあると嬉しいですね。
夕食前につまみました。

クローゼット。
扉を開けると廊下を塞いでしまい、通行不可になります(^^;)
ymk5307.jpg

クローゼットの中。右側の金属パイプはタオル干し。
オサレですが、小さめで、少ししか干せません・・・。
ymk5308.jpg

小さい金庫があります。
ymk5311.jpg
カゴの中にバスタオルが1枚入っています。
その他にバスタオル2枚、フェイスタオル2枚、
身体を洗う用のあかすりタオルも2枚、
足袋ソックス、作務衣、ガウンと充実装備。
作務衣で館内を歩けるので楽チンです。

奥に、やや狭めのリビング。
でも、シンプル&スタイリッシュ。素敵素敵♪
ymk5318.jpg
バルコニーあり。右の扉が洗面所。

左側にシャープの32インチテレビ。
ymk5319.jpg

テーブルと座椅子。右隅は藤のロッキング座椅子。
ymk5321.jpg

寝室も相変わらずシンプル&スタイリッシュ。
ymk5326.jpg

ふとんは西川とのコラボ商品。
ymk5332.jpg
寝心地は抜群でした。掛け布団も軽くて暖かかった。

加湿器もありました。ホテリ・アアルトさんと同じだ~。
ymk5330.jpg
「弱」で運転したら朝まで加湿してくれました。

洗面所の入り口。
ymk5333.jpg

洗面所。洗面台の下にガウンもあります。
ymk5336.jpg

洗面台いっぱいに設置された鏡。
ymk5337.jpg

壁には拡大鏡もあって至れり尽くせり。
ymk5342.jpg

洗面台。
ymk5338.jpg

お試し石鹸、手ふきタオル、ドライヤー。
ymk5341.jpg
石鹸は山喜オリジナル洗顔石鹸。ハンドメイドの竹炭石鹸。
売店で売っています。使いませんでした。

おしゃれコップ。
ymk5344.jpg

アメニティは必要かつ充分。
ymk5346.jpg
歯ブラシセット×2、ヘアブラシ×2、
カミソリ×1、コットンセット×1、
ヘアーターバン×1、シャワーキャップ×1。
カミソリは切れ味鋭かったです。

化粧品も揃っています。
ymk5352.jpg
リーフ&ボタニクスの
フェイスウォッシュ、クレンジングジェル、
エッセンス、フェイスウォーター。
エステロワイエのブローローションもありました。
男性用は4711ポーチュガル・ヘアトニック、
アフターシェーブローション。

部屋付き風呂。洗い場もあります。
ymk5355.jpg
板室温泉が源泉掛け流し。

風呂は過去に計った資料によると、124cm×70cm。
完全に一人用ですが、足は伸ばせて、一人なら充分な広さ。
ymk5357.jpg
湯温は38.7℃とぬる湯\(^O^)/
一度入ると20分は浸かってしまう、幸せ風呂。
二人で奪い合うように交互に入っていました。

シャンプー類はリーフ&ボタニクス。
ymk5359.jpg
カタカナで「シャンプー」と書いてある札がカワイイ。

それと別にシャングリラシャンプーとトリートメントもありました。
これ、桃の香りがついていて、とっても良かった。
ymk5361.jpg
リーフ&ボタニクスの洗顔フォームもありました。

洗面所の左にトイレ。蓋は手動ですが、自動洗浄でした。便利便利。
ymk5368.jpg

鍵は2つで大浴場に行く時も便利。
ymk5372.jpg

バルコニーには折りたたみの椅子が置いてあります。
ymk5375.jpg
気候が良い時なら、バルコニーでボーっとするのも良さそうです。

バルコニーから部屋を見た写真。
ymk0032.jpg
決して広くない部屋ですが、
やっぱりオサレで居心地の良い部屋でした。

その3 風呂編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ONSEN RYOKAN 山喜2017年 その1 館内編

2017年1月 ONSEN RYOKAN 山喜さんに行ってきました。FC2ブログ

その1 館内編

山喜さんの宿泊は3回目ですが、
前回の宿泊は2014年8月だったので、
約2年半振りの訪問になりました。

ONSEN RYOKAN 山喜
〒325-0111 栃木県那須塩原市板室844
予約専用 tel.0287-69-0011

<プラン>ONSEN RYOKAN 山喜 スタンダードプラン
<客室>ビューバス付き(温泉)部屋「楓」または「椛」
大人@27,000円(サービス料、消費税込・入湯税別)

ONSEN RYOKAN 山喜さんのホームページは→【http://yamaki-onsen.com/index.shtml

那須方面に行くのが久しぶりなので、
那須温泉神社にお参りに行くことにしました。
東北自動車道・那須インターを降りて、温泉神社に直行。
標高の高い那須温泉神社付近は雪が沢山残っていました。
神社入り口脇にある足湯も寒そうで、
誰もいませんでした(^^;)
ymk5154.jpg ymk5152.jpg

神社の温度計は0度。寒~。
寒さに震えながらお参り。
ymk5158.jpg ymk5156.jpg

温泉神社を出て向かった先は、ペニーレインさん。
ymk5174.jpg
相も変わらず大人気で、駐車場もほぼ満車。

店内は温かく、パンが所狭しと並べられています。
ymk5167.jpg

お目当ては何と言ってもリンゴスター
ymk5163.jpg

初めて見たフルーツパイというのも買ってみました。
ymk5164.jpg

食パン系は入り口付近に。でも一番人気のブルーベリーブレッドは
棚には並んでおらず、レジで注文します。ま、いつものことですが。
ymk5165.jpg ymk5166.jpg

ペニーレインさんの奥にレストランがあり、
食事が出来ますけど、30分待ちの表示を見て断念。
買ったパンを食べることにしました。
表のテラスは寒くて食べる気がせず、
車の中でパンを食べました。

久しぶりのリンゴスター
中のリンゴとクリームも超絶に美味しいですけど、
表面にまぶしてあるアーモンドがサクサクでウマウマ~。
ymk5773.jpg
貪るように食べてしまいました。

チーズブリオッシュも食べました。
ymk5173.jpg
チーズが美味しくて、これもあっという間に食べてしまいました。
2つ食べるとお腹いっぱいです。

那須から板室温泉は車だと意外と近かった。
20分位で山喜さんに到着です。
ymk5177.jpg
山喜さんは駐車場が分かりにくいのですが、
この建物の左側の1階部分に4台駐められます。
後は右の坂を登る途中に屋根無しの駐車場があります。
屋根無しの方に電気自動車の充電スタンドがあります。

入り口脇の看板。久しぶりに来られてニマニマしてしまいました。
ymk5180.jpg

車を建物下に止めたら、宿から従業員さんが迎えに来てくれました。
右に温泉が流れている階段を登って行きます。
ymk5182.jpg

階段を上りきると、こぢんまりとした中庭。
ymk5646.jpg

玄関。
ymk5652.jpg

中に入った正面。しっとり落ち着いた玄関ホールです。
ymk5222.jpg

右側にフロント。
ymk5224.jpg

フロント前にラウンジ。ここでチェックインです。
ymk5221.jpg

奥にはバーカウンター。
私たちの後に来た客は、こちらでチェックインでした。
ymk5418.jpg
バーカウンターはありますが、
夜のバーの営業はやっていませんでした。
バーテンさんが来る時だけ営業しているようです。

ウエルカム抹茶とお菓子。
ymk5193.jpg

お菓子は芋ようかん。美味しかった\(^O^)/
ymk5197.jpg

ストーブに火がともっていて、温かかった。
ymk5201.jpg

ストーブ横にシャンプーの販売棚とアイス。
ymk5203.jpg

アイスは森林ノ牧場の「森林ノアイス」と「ミルクバー」。
ymk5230.jpg ymk5229.jpg
とても美味しそうでしたが、何となく食べそびれました。

フロント前の廊下の先に男女別の風呂入り口。
奥に選べる枕が置いてある小部屋あり。
ymk5235.jpg

選べる枕。気に入った枕があれば、フロントに申し出ると
貸してくれます。抱き枕もあります。
ymk5240.jpg
私たちは部屋の枕で充分なので、
今迄一度も借りたことはありません。

ウエルカムお茶&お菓子が終了すると、
部屋に案内してくれました。
玄関から左に曲がると、奥に2階に上がる階段。
ymk5247.jpg
正面が食事処入り口、左側はトイレです。

階段の下に以前は無かったマッサージチェアが置かれていました。
ymk5213.jpg

マッサージチェアは無料。風呂上がりに皆さん使っていました。
ymk5215.jpg

階段下から見た中庭。雪が残っていて寒々しい風景でした(^^;)
ymk5217.jpg

階段を登ります。エレベーターはないので、足の悪い方には辛いかも。
ymk5251.jpg

階段を上りきった右に、のれんがかかった小部屋。
のれんの向こうに飲料の自販機があります。
ymk5253.jpg

飲料の自販機。
ymk5254.jpg
自販機はペットボトルジュース160円、メッツコーラ170円、
氷結160円、缶ビール(350ml)250円、缶ジュースなど130円、
と良心的価格。
近くにコンビニはないので、自販機は重宝します。

奥に椅子とパンフレットあり。
ymk5258.jpg

階段を上った左に奥に通じる廊下。
ymk5262.jpg
山喜さんは中庭を囲むように、
コの字に部屋が配置されています。

廊下の左側に本が少し置いてあります。温泉雑誌あり。
ymk5265.jpg

奥にベンチがあります。
ymk5268.jpg

上の飾りはビー玉が埋めてあって、こちら側から見ると
様々な色がきらめいています。綺麗で見とれてしまいます。
ymk5269.jpg

階段の右に曲がると、風呂付き部屋が2つ並ぶ廊下。
ymk5276.jpg

この日の部屋は手前の「楓」。
ymk5279.jpg

楓(かえで)の部屋は、最初に泊まった部屋です。
ymk5281.jpg

2階の見取り図。山喜さんは全8室の宿です。
ymkA5390.jpg
↑写真クリックで大きくなります。

その2 部屋編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ