芽瑠鼓 2017年6月 その5 朝食編

2017年6月 芽瑠鼓さんに泊まってきました。FC2ブログ

那須高原/那須湯菜の宿 芽瑠鼓[めるこ]
〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本203-86
TEL 0287-76-8011

チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00

<部屋タイプ>洋室(禁煙)お子様の利用不可
<プラン>那須高原の隠れ宿で旬を味わうスタンダードプラン
@16,780円(税込、サービス料込、入湯税別)

芽瑠鼓さんのホームページは→【http://www.nasuyusainoyado.com/

その5 朝食編。

芽瑠鼓さんの朝食は8時から9時の間の
好きな時間に行けば良いシステム。

私達は8時に行きました。
ほとんどの方が8時過ぎに来ていました。
皆さん早いですね・・・。

朝も同じ席で。
mrk8472.jpg

並べられている器。
暖かいものが後から運ばれてきます。
mrk8473.jpg

九尾鍋。
那須湯本の九尾の狐伝説にあやかって、
九種類の具材が入っています。
mrk8477.jpg
豚肉、油揚げ、山芋、春菊、キャベツ、
人参、エノキ、牛蒡、小松菜、大根。
(ん?・・・10個ある・・・(^^;))
鰹出汁の美味しい鍋でした。

カゴの中に、納豆、大根の煮物、とろろ。
mrk8481.jpg

大根の煮物。味が染みていて美味しい。
mrk8483.jpg

とろろはフワフワ~。味は濃いです。
mrk8485.jpg

納豆はビニールに包まれていました。
mrk8539.jpg

納豆の中に二条大麦も入っていました。
mrk8541.jpg
出汁は無いので、醤油をかけて食べました。
美味しい納豆でした。

漬け物は沢庵。ピリ辛。
mrk8487.jpg

暖かいものが運ばれてくるまでの間、
ドリンクバーで飲料を調達。

入り口のほうにドリンクバーがあります。
mrk8489.jpg
セルフなので自由にとってこられます。

左から、とちらく牛乳、
スーパーベジ&アサイーミックス、
100%りんごジュース、那須高原のお水。
mrk8497.jpg
牛乳がとっても美味しかったです。

有機栽培コーヒー。
mrk8498.jpg

紅茶はダージリン、フルーティホワイト、アールグレイと
三種類用意されていました。
mrk8499.jpg

ドリンクバーの横には・・・、
mrk8491.jpg

卵かけご飯用に卵。
mrk8493.jpg

私はアサイージュース。
mrk8506.jpg

相方はりんごジュースをもらってきました。
mrk8536.jpg

ドリンクバーで選んでいる間に、
追加の料理が運ばれてきて朝食完成。
mrk8509.jpg

サバと卵焼き。
卵焼きの上に乗っている昆布おろしはピリ辛。
mrk8513.jpg
サバは皮がパリパリに焼いてあって、
中身はフワフワ~。
どうやったらこんなにフワフワに焼けるのか・・・?
サバはとっても美味しかった。
甘い卵焼きもフワフワで美味しい。

味噌汁はワカメとなめことエノキ。
mrk8520.jpg
濃いめの味の味噌汁でした。美味しい。

サラダは玉葱ドレッシングがかかっていました。
mrk8522.jpg

ヨーグルトにはブルーベリーソース。
mrk8526.jpg
ヨーグルトもソースも凄く美味しいです。

ご飯はお櫃で用意されます。
お茶も急須ごと持って来てくれます。
mrk8527.jpg

ご飯はとっても美味しい。空にしてしまいました。
mrk8531.jpg

お代わりは卵かけご飯で食べました。
mrk8544.jpg
黄味がしっかりしている卵。
すんごく美味しかったです~。

食後はコーヒーをもらってきました。
mrk8545.jpg

表は緑が満載。テラスに出られるので、
コーヒーを持ってテラスで寛いでいる方がいました。
mrk8547.jpg
しかし、少々寒かったので、皆さんすぐに退散していました。

朝食は味が濃いめで、ご飯が進む進む\(^O^)/
どれもこれも美味しくて、お腹いっぱいです。
朝食も大満足。
ドリンクバーも嬉しいですね。

チェックアウトは11時なので、食後もノンビリ。
せっかくのチェックアウト11時なんですが、
大浴場は9時半で終わってしまうので、
風呂に急いで入りに行きました。

アンケートを書こうと思い、ペンを手にしたら、
ボールペンに長静館さんの文字が・・・。
mrk8570.jpg
長静館さんは現在湯菜の宿グループでは無いので、
まだ、湯菜の宿に加入していたころの名残でしょうか(^^;)

アンケートに、
大浴場が朝9:30で終わってしまうことを書きました。
それを見た従業員さんが、
「9時半に風呂の栓を抜いて掃除するんです。
それからお湯を溜めないと、チェックインまでに
お湯が一杯にならないんですよ・・・・。」
と説明してくれました。

そういうことですか・・・・。

でも、せめて10時くらいまで入れるといいのですけどねえ。
まあ、少ない人数で運営していて、
源泉も温度が高いので仕方無いのかもしれません。

芽瑠鼓さん感想。
良いところ
◎オリジナリティ溢れる食事がすごく美味しい。
◎温泉が極上。
◎従業員さんは親切丁寧。好感度大。
◎館内、部屋は綺麗。
◎Wi-Fiが通じる。
◎タオル干しが大きくて使い易い。
◎作務衣があって楽チン。

いまいちなところ
△鍵が1つ。
△館内、部屋に古い部分あり。
△風呂は小さめ。
△エレベーター無し。
△大浴場の終了が朝の9時半。

オズモールの2015年口コミ総合ランキング第一位のトロフィ
がフロントに飾ってありました。
mrk8571.jpg
お湯良し、食事良し、接客良しの素敵な宿でした。
口コミ第一位も納得です。
何と言っても、従業員さんの接客が素晴らしい。

値段も手頃で、予約も比較的取りやすいです。
また是非行きたいですね。

芽瑠鼓終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

芽瑠鼓 2017年6月 その4 夕食編

2017年6月 芽瑠鼓@那須に泊まってきました。FC2ブログ

芽瑠鼓さんのホームページは→【http://www.nasuyusainoyado.com/

その4 夕食編。

夕食は18時から。

食事処はフロント横から入ります。この写真は到着時のもの。
mrk8039.jpg

入り口脇に那須黒毛和牛の看板あり。
mrk8044.jpg
何か凄そう~、期待できそうです♪

テーブルの上には
ゆかたの袖留め用のゴムが置いてありました。
mrk8573.jpg
これ、目立たないので、
気がつかない人もいるのでは?
こんな気配りの効いたものは、
もっと目立つように置いた方が
良いと思いましたよ。

窓際にはテーブル。これも到着時の写真です。
mrk8042.jpg

壁側には仕切りのある半個室が3つ。
私達はその真ん中に案内されました。
mrk8317.jpg

御簾みたいなもので仕切られているだけなので
姿も何となく見えるし、声も聞こえるしですが、
やっぱり仕切りがあれば落ち着きます。
mrk8292.jpg

膝掛けあり。従業員さんが勧めてくれました。
夜は少し寒かったので、相方が使っていました。
mrk8316.jpg

料理が用意されています。
mrk8293.jpg

ん?足下が暖かいと思ったら、
テーブルの下にはヒーターがありました。
mrk8294.jpg
夜は気温が少し低かったので、ヒーター大活躍。
足下がポカポカしていて幸せでした\(^O^)/

ドリンクメニュー。
写真に影が映ってしまって見にくくてスミマセン(^^;)
ドリンクメニューはクリックで大きくなります。
mrk-8343.jpg
種類は少ないものの、粒ぞろいの品揃え。
日本酒も有名処がありますね。
値段も適正価格です。

ワイン、ソフトドリンク。
mrk-8344.jpg
ワインはグラスがあります。嬉しい\(^O^)/
フルボトルのみですが、これ以外にもあるようですね。
ソフトドリンクも食指の動くラインナップ。

私が注文したのは白ワイン。
ココファームの農民ドライ・白グラス(900円)。
mrk8320.jpg
すんごく美味しいワイン。独特の香りと味です。

相方が頼んだ梨ジュース(540円)。
梨かどうかはイマイチ分かりませんでしたが、
甘くて美味しいジュースでした(一口もらった)。
mrk8321.jpg

お品書きあり。スタンダードプランです。
料理は一つ一つ説明してくれます。
mrk8315.jpg

旬菜・那須の恵みに「おいで茄子」
mrk8298.jpg
那須高原・地元の野菜を使っています。
手前は、鰹節とお塩を合わせたかつお塩

アップ。人参は甘くてポリポリ。
ブロッコリーもカリフラワーもポリポリ。どれも美味しい。
mrk8300.jpg
かぼちゃはホクホク。かぼちゃの下に大根。
右の白いのはカブ。

おいで茄子。野菜をつけて食べます。
mrk8305.jpg
濃い味付けなので、野菜が引き立ちます。

鍋も用意されていましたが、
火を付けるのは後ほど。
mrk8296.jpg

次に運ばれてきたのは、
造里・那須連山の恵みメイプルサーモン
手前が刺身。奥は白和えにしてあります。
mrk8326.jpg
茶臼岳の向こう側の県境で養殖しているそうです。
地元のニジマスとカナダのサーモンを掛け合わせているので、
メープルサーモンと言うそうです。
刺身はシコシコ、とっても美味しい~。

白和えアップ。下はキュウリを巻いて立てに。
mrk8336.jpg
白和えはネットリで、滅茶苦茶美味しい。
下の巻いてあるキュウリが新鮮で、
香りが高くて非常に美味しい。

相方が頼んだ柚子サイダー(540円)。
mrk8348.jpg
これはビンで運ばれてきました。
従業員さんがグラスに次いでくれました。
栃木の茂木町の柚が使われているそうです。
サッパリ味ですが、甘味が強かったそうです。

強肴・時季の一品。夏野菜のズッキーニのフライ。
mrk8350.jpg
タルタルソースは甘い。

ズッキ-ニ、アップ。ホクホクしていた~。
mrk8358.jpg
ズッキーニってフライにするととっても美味しいのですね!

鍋が煮えてきました。
御神火・二度美味しいガツの白味噌鍋
mrk8360.jpg
ガツは豚の胃袋だそうです。
スープは白味噌に白胡麻をあわせたもの。
白味噌は京都の西京味噌。
ピリ辛でした。ピリ辛成分は豆板醤だそうです。
ガツは肉っぽくもあり、皮っぽくもあり、
色々な歯ごたえがあって美味しい肉でした。

豆乳も運ばれてきます。途中で鍋に加えて味変させます。
mrk8364.jpg
豆乳を入れると味がまろやかに。

ここで私は赤ワインを頼みました。
農民ロッソ・赤グラス(900円)。
mrk8365.jpg
ブドウみたいな赤ワイン。
いや、ワインなのでブドウの味がして当然なんですが、
渋いのですけど、後味がスッキリしているので
ブドウみたいなんです。
無茶苦茶美味しい~。
和食に合うワイン、と従業員さんが言っていました。
確かにその通り。

いよいよメインの肉。
ご飯を一緒に持って来ることも出来ます、
と言われたのでお願いしてしまいました。

炙り・栃木県産和牛の炙り。肉はサーロイン。
mrk8368.jpg
左・黒ごまのソース。黒ごまとニンニクを合わせてあります。
中央・フランス産のゲランド塩。
右・安曇野のわさび。

アップ。お肉様はツヤツヤで綺麗~。
mrk8375.jpg
物凄く柔らかくて、脂身タップリで激ウマ~。
わさびをつけるとサッパリします。

裏側には野菜。野菜はシャキシャキで美味しい。
mrk8382.jpg
さつまいも、じゃがいも、玉ねぎ、しいたけ、
スナップエンドウ、絹莢。

食事・栃木のこしひかり、赤だし、漬物
mrk8386.jpg

栃木のこしひかり。ご飯はお代わり出来ます。
mrk8392.jpg
ご飯は固めに炊いてあって、ウマウマ~。

赤だし。出汁の味が濃厚でとっても美味しい。
mrk8394.jpg

漬け物。
mrk8390.jpg

肉とご飯を食べたら、満腹になってしまいました。
ご飯のお代わりなんて出来ません。
肉と一緒にご飯をもらったのは失敗だった・・・。
この後にまだ料理が出てくるのです・・・・。

蒸し物・二層仕立ての茶碗蒸し?
mrk8395.jpg
お品書きに「?」がついているように、
ちょっと変わった茶碗蒸しです。

アップ。
下の層が白胡麻の茶碗蒸し。
上は椎茸のすり流し。
mrk8400.jpg
椎茸は出汁が効いています。
最初の一口は上の椎茸部分だけ食べて、
その後は混ぜて食べてください、と言われました。

椎茸は生クリームが効いていて、
これが激ウマ♪
下は茶碗蒸しというより、胡麻豆腐の様な感じ。
胡麻の風味が強烈。
上下を混ぜて食べると、旨さが倍増。
うま~い!

これ、名物料理らしいですが、
確かに絶品でした。
これはまた食べたいです~。

甘味・さりげなく〆。柚シャーベットでした。
mrk8403.jpg
甘くて、酸っぱくて、苦くて、
ものすごく美味しいシャーベット。
柚の皮が入っていました。

お茶はほうじ茶。美味しいほうじ茶でした。
mrk8410.jpg
急須ごと持って来てくれるのが嬉しい。
湯飲み茶碗が急須とおそろいの柄。

夕食はどれもこれも美味しくて大満足。
オリジナリティ溢れる料理で新鮮。

スタンダードプランでもお腹いっぱい。
沢山召し上がる方だと少なく感じるかもしれませんが、
ご飯がお代わり出来るので、
ほとんどの人が満足出来そうです。

今回は初めての宿泊だったので、
オーソドックスなスタンダードプランにしてみました。

この他、グレードアップのプランもあります。
グレードアップだと、和牛の握りがあったり、
炙りがボリュームアップになったり、
かなり豪華な内容。
この豪華プランも魅力的ですね。

他にも料理長おまかせ美食プラン、
季節のプランもあって、悩んでしまいます。
何回か通いたくなりますね~。

その5 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

芽瑠鼓 2017年6月 その3 風呂編

2017年6月 芽瑠鼓(めるこ)さん@那須に行ってきました。FC2ブログ

芽瑠鼓さんのホームページは→【http://www.nasuyusainoyado.com/

その3 風呂編

浴室は地階にあります。
mrk8010.jpg

フロントの先の階段を降ります。
エレベーターは無いので、階段のみです。
mrk-8049.jpg mrk-8050.jpg
階段の隅にカエルの置物。
この宿、何故かあちこちにカエルの置物があります。

地下に降りるとまっすぐに伸びる廊下。
mrk-8053.jpg mrk-8055.jpg
地階の廊下のあちらこちらにカエルの置物あり。

つきあたりに無料飲料水のサービス。
mrk8057.jpg

曲がるとまた廊下。廊下の向こうに「ゆ」の暖簾。
mrk8060.jpg

左側一番手前は喫煙室。奥はトイレ。
mrk8061.jpg
喫煙室のドアは染みだらけ・・・(^^;)

のれんをくぐると男女別浴室の入り口。
mrk8064.jpg

舞枝の湯、邑久の湯。
mrk8065.jpg
手前にあるのが「まえの湯」、
奥にあるのが「おくの湯」なんですが、
舞枝(まえ)の湯、邑久(おく)の湯、
という漢字は分かりづらい気が・・・・(^^;)

到着時、おくの湯が男性用でした。
mrk8069.jpg

スリッパを脱ぎます。床がピカピカ。
mrk8074.jpg

奥まで伸びる廊下。
奥を左に曲がると脱衣所。
mrk8072.jpg

スリッパクリップは2つしかない・・・(^^;)
mrk8079.jpg
何で2つしかないのでしょう?
3人目の人はクリップ無しで置いてありました。

奥に扇風機と足のマッサージ器。
mrk8080.jpg
利用しませんでした。椅子は恐らく普通の椅子。

曲がると正面に洗面台、体重計あり。
右側のドアが浴室入り口。
mrk8084.jpg

左は脱衣カゴ棚。鍵付きロッカーは無し。
mrk8089.jpg
タオル類は無いので、部屋から持参する必要があります。

洗面台は2つ。1200Wのドライヤーあり。
mrk8092.jpg

化粧品、アメニティ。
mrk8094.jpg
資生堂フェースソープ、
ポーラ・エステロワイエ化粧水、乳液、
男性用は
ポーラ・ガチのスカルプケア、化粧水。

アメニティは歯ブラシ、シャワーキャップ、
ヘアーブラシ、カミソリ、ヘヤーゴム、
コットン、綿棒。

温泉分析表あり。
隣には英語で温泉の入浴方法が書いてある
ものが貼ってありました。
mrk8128.jpg
奥の沢噴気泉No.1~5混合泉。
単純温泉(弱酸性低張性高温泉)
泉温58.1℃。PH4。
カルシウム、硫酸塩、メタケイ酸が多いです。
源泉温度が高いため、加水することがあるようです。
しかし加温、循環、消毒は無し。

カラン・シャワーは2つ。
mrk8101.jpg

ポーラ・シェービングフォーム、
ポーラ・エステロワイエのクレンジングウォッシュ、
エステロワイエのメイク落とし。
mrk8102.jpg
シェービングフォームがあるのはポイント高いです。

資生堂ルモンドール(LE MONDOR)
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。
mrk8104.jpg

内湯。4時頃で41.9℃と少し熱め。
mrk8107.jpg
幅190cm位×奥行き180cm位の浴槽。
奥行きはありますが、横幅は狭め。
それほど広くないです。
3人位で一杯、という感じでしょうか。

この日は男性客が少なかったので、
最大でも私を入れて3人。
夕方と翌日の朝早くは混みましたが、
それ以外は、ほとんど独占状態\(^O^)/

いいお湯です。湯の花が浮いています。
mrk8109.jpg
物凄く温まります。湯上がりは、
肌がスベスベになりました\(^O^)/

出窓にはシャンプーバー。
mrk8110.jpg

どれも高級そうなもの。
mrk8112.jpg

露天風呂は陶器の風呂が1つ。
mrk8115.jpg
不思議なことに、露天だと硫黄臭がしました。
内湯ではほとんど感じないのですが。

露天風呂。4時頃で41.7℃
mrk8119.jpg
内径120cm位。
2人で入れないこともないですけど、
他人だと無理ですね(^^;)

傘がありました。雨の日は傘をさして入るのでしょう。
mrk8120.jpg

視界はそれほど開けていません。
でも緑が見えて、気持ち良いです。
mrk8126.jpg

立て札に書いてあるのを読むと・・・、
mrk8291.jpg
ありゃ???
泉質が単純硫黄温泉だし、
源泉温度も65.4℃だし、
脱衣所の温泉分析表と違う・・・(゜Д゜)
でも、湧出地は同じ・・・。
????

ま、細かいことは気にしないということで(^^;)



翌日の朝は男女交代。
mrk8440.jpg
前日の貸し切りはこちらを予約しました。

まえの湯が男性用(この写真は前日のもの)。
mrk8067.jpg

こちらは脱衣所がすぐ。
mrk8428.jpg

やっぱりクリップは2つ。
mrk8429.jpg

背もたれの高い椅子。
mrk8430.jpg

右が浴室。
mrk8442.jpg

洗面台は3つ。
mrk8443.jpg

アメニティは同じ。
mrk8419.jpg

脱衣棚の数も同じ。
mrk8417.jpg

カランは2つ。
mrk8446.jpg

内湯。夜21時で41.2℃と適温。
mrk8450.jpg
こちらは横230cm位×奥行130cm位と、
横に長く、奥雪が短い浴槽。
やっぱり3人位が限界でしょうか。

湯の花が浮いていて、幸せ~。
mrk8461.jpg

時計やシャンプーバーも同じ。
mrk8560.jpg

露天は内径110cm位と少し小さめ。
mrk8458.jpg
夜21時で40.2℃と私達に最高の湯温。
ずっと入っていました。

立て札によると、この浴槽は
ラジウム・ゲルマニウム陶浴槽。
ラジウムとゲルマニウムが釉薬に
練り込んであるそうで、
何やらすんごい効果がありそう~。
mrk8454.jpg

いい景色です。
mrk8455.jpg

貸し切りは、夜の9時に「まえの湯」を予約しました。
9時に行くと、私たちの前に予約した客が
まだ居たのにはビックリしました・・・。
(貸し切りは45分なので、
本来なら居るはずが無い)

まあ、旅にはトラブルがつきものということで・・・(^^;)

少し貸し切りの時間が短くなりましたが、
貸し切りを満喫。
大浴場としては少々狭い風呂も、
貸し切りとしては広々で、贅沢でした。

その4 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

芽瑠鼓 2017年6月 その2 部屋編

2017年6月 芽瑠鼓@那須に泊まってきました。FC2ブログ

芽瑠鼓さんのホームページは→【http://www.nasuyusainoyado.com/

その2 部屋編

芽瑠鼓さん、部屋は全て2階にあります。
洋室2室、和室5室の計7室。
mrk8009-1.jpg

玄関横の階段を上りきったら、
右に曲がり・・・、
mrk8180.jpg

その先を左に曲がると、
今回の部屋・洋室しゃら。
mrk-8182.jpg mrk-8183.jpg

入口入ると、正面にクローゼット。その右奥は洗面所。
mrk8186.jpg

クローゼット。一番下にあるのは毛布。
mrk8188.jpg
一番上にも棚があり、使い勝手良かったです。
ブラシとリセッシュもありました。

陣羽織。
mrk8191.jpg

カゴの中にバスタオル、フェイスタオル、
足袋ソックス。右に館内着。
mrk8192.jpg

館内着は作務衣タイプ。
胸元にボタンがついているので、
胸元がはだけずに着られます。
mrk8285.jpg
しかし、裾が短い。とくにズボンの裾が短い。
ツンツルテンです(^^;)
この時期はともかく、冬は寒そう。

館内着のサイズ案内。
mrk8195.jpg

左の黒い箱の中には殺虫剤とベープ。
mrk-8197.jpg mrk-8199.jpg

クローゼットの右は洗面所。
mrk8256.jpg

洗面台。年季が入っていますがキレイです。
mrk8260.jpg
しかし、妙に高さが低い・・・。
こんなに低い洗面台は初めてかも。
もう少し高い方が使い易いのですが・・・。

資生堂のフェイスソープと
コイズミの1200Wドライヤー。
mrk8261.jpg

手ふきタオルと歯ブラシセット、
ミキモトのコスメ・トライアルセット。
mrk8263.jpg

洗面所左側はトイレ。温水洗浄便座で快適。
mrk-8267.jpg mrk-8268.jpg

部屋の奥に洋室。想像していたより広かった~。
mrk8203.jpg
二人なら充分のスペースです。全く不満なし。

ベッドは柔らかめ。ぐっすりと眠れました。
mrk8206.jpg

ベッドテーブルに時計あり。これは嬉しい。
mrk8212.jpg
電源コンセントもあって便利です。

下に金庫。鍵をかけるのにコツが必要でした(^^;)
mrk8214.jpg

タオル干しは広くて、幅75cm\(^O^)/
mrk8207.jpg
バスタオルも干せて、使い勝手良し。

机の上に三菱の39インチテレビ。大きいです。
mrk8216.jpg
このテレビ、リモコンで左右に回転します。
そして、DVDも見られる優れもの。

しかし・・・、
夕食の前にテレビをつけたら、
音声はすれど、画像がつきません。
フロントに電話をして、
従業員さんに見に来てもらいました。
が、やっぱり直らず・・・。

「しばらく電源を落としてから、もう一度つけてください」
と言われたので、2~30分してつけたら直っていました。
その後は一度も故障せず・・・。
一体何だったのだろう?
不思議だ・・・。

冷蔵庫は空。
mrk-8217.jpg mrk-8219.jpg

机には冷水、湯沸かしポットはティファール1.2ℓ。
冷水は氷入りで用意されていました。
鏡の前のお皿はアクセサリー入れ。
mrk8223.jpg

ティッシュケースが革製品でオサレ。
mrk8228.jpg

机の引き出しにお皿が入っていました。
mrk8288.jpg
おつまみ用なんでしょうかね?

鍵は1つ。男女別浴室があるので、鍵は2つ欲しかった。
mrk8224.jpg

窓側には椅子。
mrk8240.jpg
一つはロッキングチェア。あまり揺れませんでした(^^;)
どちらも座り心地は良かったです。

テーブルの上にあるのは・・・、
mrk8271.jpg

お茶類とお菓子。
mrk8272.jpg

お菓子は、玉露名人(抹茶入りチョコ)と
那須のラスク屋さんのこげパンだ
mrk8274.jpg
こげパンだはとっても美味しいです~。

緑茶とカフェイン抜きの紅茶のティーバッグ。
mrk8277.jpg
緑茶のティーバッグはそれなりの味でした。
紅茶は美味しい。
カフェインレスの紅茶は珍しいですね。
というか、初めて見ました~。

ベッドの横からバルコニーに出られます。
mrk8243.jpg

小さいバルコニー。床はかなり残念な状態。
mrk8249.jpg

バルコニーからの景色。緑が広がります。
mrk8248.jpg

左下には食事処とテラスが見えました。
mrk8247.jpg

部屋ではWi-Fiがサクサク繋がります。

洋室にはマッサージチェアは無し。
和室だとマッサージチェアがあるようですね。
でもキレイだし、充分な広さがあるので、
快適に過ごすことが出来ました。

その3 風呂編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

芽瑠鼓 2017年6月 その1 館内編

2017年6月 芽瑠鼓さんに宿泊。FC2ブログ

その1 館内編。

みーしゃさんの追っかけで、
那須の芽瑠鼓さんに泊まってきました。

みーしゃさんのレポは→【http://kadomatsufan.doorblog.jp/archives/49997183.html

みーしゃさんのご主人の次郞さんも
レポを書かれています。
次郞さんのレポは→【http://siraokaya-jiro.blog.so-net.ne.jp/2016-11-14-2

みーしゃさんの追っかけで行った宿ですが、
私が参考にしている他のブロガーさんも
過去に行かれています。

kumaonsenさんのレポは→【http://kumakumaonsen.blog.fc2.com/blog-entry-167.html

ジャスミンさんのレポは→【http://ameblo.jp/fairysugar93/entry-11347196379.html

遠霞さんのレポは→【http://tokasumi-onsen.blog.so-net.ne.jp/2010-12-18

那須高原/那須湯菜の宿 芽瑠鼓[めるこ]
〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本203-86
TEL 0287-76-8011

チェックイン:15:00~
チェックアウト:11:00

<部屋タイプ>洋室(禁煙)お子様の利用不可
<プラン>那須高原の隠れ宿で旬を味わうスタンダードプラン
@16,780円 (税込・サービス料込・入湯税別)

芽瑠鼓さんのホームページは→【http://www.nasuyusainoyado.com/

車で行きました。
東北自動車道で北に向かいます。
佐野サービスエリア下りで休憩。
mrk7959.jpg

レストランでラーメンを食べることに。
mrk7962.jpg

JAF会員だとドリンクバーがサービスに
なるという張り紙を発見。
mrk7976.jpg
私はJAF会員なので、もちろん利用させて頂きました。
こういう告知をしてくれると有り難いです~。

ドリンクバー。ジュース、コーヒーなど。
mrk7973.jpg
スープとアイスはドリンクバーには含まれていません。

青竹手打ち佐野ラーメン(842円)。
mrk7970.jpg
可も無く不可も無く、といった感じ(^^;)。
麺の量は多めで、お腹いっぱい。

那須温泉神社にお参り。
mrk7978.jpg

時間があったので、【南ヶ丘牧場】さんに行ってみました。
mrk7980.jpg
ここは駐車場も入場も無料というのがいいですね。
この日は日曜日だったのでスゴイ人出・・・(゜Д゜)
駐車場も満車で停めるのに苦労しました。

この牧場は、乗馬が出来たり、
乗ロバ(幼児限定)が出来たり、
釣り堀やアーチェリーもあります。
乗馬や「うさんぽ」が大人気でした。

ソフトクリームを売っています\(^O^)/
mrk7981.jpg

券売機で食券を買います。
mrk7983.jpg
この時不思議なことが・・・・。
千円札を入れてボタンを押して、
食券が出てきた後、千円札が戻ってきました。
「??????」
何がどうなったのかわかりませんが、
お金を払っていないことになっているので、
窓口でお金を払いました。
前の人がおつりを取り忘れたか、
機会の故障か・・・・?。
・・・不明です。

プレミアムバニラ(500円)\(^O^)/
mrk7987.jpg
濃厚なソフトで、一口食べた相方が
「チーズ?」とつぶやいたほど。
美味しい~。

南ヶ丘牧場さんには「ペロシキ」という
謎の(笑)食べ物があります。
mrk7989.jpg
ソフトクリームで満足してしまった私は、
ペロシキは食べずじまい。
いったいどんな食べ物なんでしょう?
いつか食べてみたいです。

芽瑠鼓さんは、
南ヶ丘牧場さんから車で数分の近距離。
藤城清治美術館の駐車場の前を曲がり、
砂利道を走って行きます。
mrk8008.jpg
舗装されていない道なので、
道は平らではありません。
高級車だと気を遣いそうですね・・・。
もっとも、道のデコボコは修復されていて、
それほど凹凸は無かったです。

芽瑠鼓さんに到着。宿の前に駐車場あり。
mrk7992.jpg

芽瑠鼓=「めるこ」って読めないですよね(^^;)
mrk7997.jpg

玄関は立派ですけど、経年変化が。
屋根はかなりくたびれていますし、
入り口両側の柱の下側にはキズがあるし・・・(^^;)
mrk8003.jpg
15時迄は入り口は閉まっていて入れません。
10分位前に着いた私達は、表でしばし待ちました。

15時少し前に扉が開き、
中から従業員のお姉さんが迎えに出てきてくれました。

玄関入ると正面にディスプレイ。キレイです。
mrk8028.jpg

玄関の上は吹き抜け。開放感あり。
mrk8031.jpg

左はフロント。
mrk8026.jpg

フロントでチェックイン作業。
mrk8034.jpg
宿のホームページから予約したので、
住所、電話番号は印刷されていました。
確認してサインして終わりです。

フロント前に貸し切り風呂の予約ボードがあります。
mrk8037.jpg

「貸切風呂予約センター」という
ネーミングが微笑ましい(^^;)
mrk8036.jpg
芽瑠鼓さんの風呂は、
18:00~22:30の間だけ貸し切りになります。
1回45分。
それ以外の時間は男女別の浴室。

貸し切りは先着順にとれるので、
良い時間がとりたければ、早めの到着が必須。
私達は一番乗りだったので、どこでも取り放題。
夕食の時間を考慮して、21時からにしました。

宿泊人数が少なければ
2回位とれるかもしれませんが、
この日はほぼ満室のため、
貸し切りは1回きりでした。

右は売店、その奥に個室食事処。
mrk8014.jpg

売店コーナーは小さいけど、
売っているのは粒ぞろい。
mrk8015.jpg

玉露名人、こげパンだ。
mrk8017.jpg
これは部屋菓子です。こげパンだは美味しかったので、
自宅用に買って帰りました。

オリジナル芽瑠鼓箸、
ココファームのぶどうジュース、ぶどう酢、
りんごジュース。
mrk8018.jpg

ロンネフェルト紅茶、栃木の焼酎・とちあかね。
mrk8019.jpg
右側にはうめ酒とゆず酒が売っていました。

奥には個室食事処。
ドアが開いていたので覗いてしまいました。
mrk8025.jpg

フロントには従業員のお姉さん一人しかいません。
よって部屋までの案内はなし。
鍵を渡されて、自力で部屋に行きます。

玄関横の階段を上がって2階に
mrk8131.jpg

2階にずらっと部屋が並びます。
mrk8135.jpg

館内図。洋室2室、和室5室の計7室の宿。
mrk8009.jpg

右側には部屋が並びます。
mrk8139.jpg

廊下の真ん中あたりの左に
こぢんまりとしたラウンジ。
mrk8142.jpg
表のバルコニーで喫煙出来ます。

DVD、本が少し置いてありました。
mrk8143.jpg

女性用に色浴衣があります。無料。自由にとれます。
mrk8149.jpg

色浴衣、帯、アメニティ。
mrk8155.jpg
アメニティはコットン、麺棒、歯ブラシセット、
ヘアーブラシ、カミソリ。
カミソリは部屋にはないので、ここか、
浴場でもらってくる必要があります。

セルフドリンクバー。有料で自己申告制。
mrk8156.jpg
四万温泉の長静館さんと同じシステムですね。

申告用の紙が置いてあります。
mrk8166.jpg
那須地ビール380円、地酒(180ml)460円、
ミニボトルワイン420円、キリン一番絞り280円、
缶酎ハイ、ハイボール180円、
湯けむりサイダー160円、ペットボトル各種150円、
おつまみ各種120円、コーヒー120円、
と良心的価格\(^O^)/。

陽ざしのピルスナー、
湯けむりサイダー、天鷹心、
信濃ワイン、イヅツワインと
他では見られないラインナップ。
mrk8159.jpg
私はどれも飲みませんでしたが、
ビールくらい飲んでおけば良かったかなあ?

コーヒーマシンもあります。
mrk8164.jpg

スナック菓子があるのは珍しい。
有料ですけど、楽しいラインナップでした。
mrk8170.jpg

ゲームもあり、至れり尽くせり。
mrk8172.jpg

その2 部屋編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ