おとぎの宿 米屋 その4

2010年1月 おとぎの宿米屋 宿泊 その4FC2ブログ

<エースJTB 優雅 おとぎの丘プラン>
和室・内風呂なし・14畳
露天風呂+シャワールーム付き 3名定員
お部屋の展望・山

往復東北新幹線やまびこ号利用・東京駅発着
@39,900円(交通費無しの宿泊プランは@29,700円です)

プラン特典
チェックイン15:00が14:00に。
夕食時一人につき地酒1合または
地元産フレッシュジュース一杯サービス


おとぎの宿 米屋ホームページは→【http://www.e-yoneya.com/

朝食編

朝食は7:30~9:00の間30分単位で選べます。前日夕食の時に時間を聞かれます。
私たちは7:30にお願いしました。その時間に勝手に行きます。

朝食は夕食と違う場所で、おとぎの里のほうにある、食の杜 ダイニングで食べます。
個室でなく、広間ですね。こんな感じです。ピンぼけすみません。
y20052.jpg
広間ですが、間隔がかなり広くとってあるので、隣はあまり気になりません。

少しずついろいろ並んでいます。どれもこれもおいしいです。
y20035.jpg

たらこ、昆布など。
y20045.jpg

漬け物。
y20046.jpg

y20047.jpg

y20048.jpg

y20049.jpg

y20050.jpg

y20051.jpg

納豆。 
y20037.jpg
↓別の器に出します。
y20044.jpg

席に着いてから固形燃料に火を入れてくれます。
y20038.jpg
↓蕪だったと思います。
y20054.jpg

りんごジュース
y20039.jpg

しじみの味噌汁。味噌汁はおかわり自由です。
y20040.jpg

焼き魚と卵焼き。
y20043.jpg

ご飯もテーブルの上にお釜が乗っているので、おかわりOK。宿の名前の通り米がうまいです。
y20036.jpg

お茶。
y20041.jpg

ヨーグルト。
y20053.jpg
満腹になって部屋に戻りました。

もちろん朝食後も部屋の風呂に入りました。何度入っても良い温泉でした。

JTBプランだとチェックアウトが11:00なのですが、
須賀川駅への無料送迎バスが11:00発なので、10:30頃部屋を出ました。

ロビーでお茶をいただきました。
お土産に飴ももらいました。「雨に遭わないように」だそうです。
sy20058.jpg sy20059.jpg

y20060.jpg


バスで送ってもらい須賀川駅に。
y20064.jpg

sy20067.jpg sy20065.jpg

おとぎの宿 米屋ホームページ

おとぎの宿米屋の感想。

◎温泉の泉質が最高。化粧水温泉。とろとろすべすべ。
◎部屋付露天風呂、大浴場共にすばらしい。
◎旅館全体が豪華。高級感あふれる。
◎館内はきれいで、小物があちこちにあり楽しい造り。
◎従業員さんはみんな親切、丁寧。ホスピタリティ度高い。好感度大。
◎なんと言っても料理が最高。メニューも季節で変わるし、独創性バツグン。
◎アメニティ充実。シャンプー類も高級。
◎部屋のドリンク無料、コーヒーメーカー装備。


いまいちなところ

△夜ちょっと部屋が暗い。
△部屋付露天風呂は温度調節が難しい。
△夕食にお品書きがあるともっとよかったかも。
△宿泊費の絶対金額が高い(内容は見合っているので相対的には高くないですが・・・)
△大浴場の露天風呂がちょっと距離がある。(冬に歩くと寒い)

いまいちなところは本当に些細なことで、ほとんど気になりません。

宿泊費は(私たちにとっては)とても高いのでしょっちゅう行ける宿ではないですが、
ぜひまた再訪したいです。お金を貯めなくては。

ところで、新幹線、東京ー郡山間の運賃は
7,770円×2(往復)=15,540円ですから、ほぼ1万円アップのJTBプランはお得ですよね。

スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

おとぎの宿 米屋 その3

2010年1月 おとぎの宿 米屋 宿泊 その3 夕食編FC2ブログ

<エースJTB 優雅 おとぎの丘プラン>
和室・内風呂なし・14畳
露天風呂+シャワールーム付き 3名定員
お部屋の展望・山

往復東北新幹線やまびこ号利用・東京駅発着
@39,900円(交通費無しの宿泊プランは@29,700円です)

プラン特典
チェックイン15:00が14:00に。
夕食時一人につき地酒1合または
地元産フレッシュジュース一杯サービス


夕食は6時から30分おき(だったと思います)に選べます。私たちは6時からお願いしました。

食事は一階の食事処に行きます。
y20019.jpg

「森のことば」という名前の食事処です。パーティションに分かれています。
y20018.jpg

「にょきにょき」と言う部屋に案内されました。
y20017.jpg

こんな感じで準備されています。次々と料理が運ばれてきます。
s1010981.jpg

食前酒(?)
s1010985.jpg
スパークリングワインをリンゴジュースで割ったような飲み物でした。
とってもおいしかったです。

JTBプランのおまけ(?)
夕食時一人につき地酒1合または地元産フレッシュジュース一杯サービス
なので、ジュースをお願いしました。オレンジジュースでした。
s1010988.jpg

米屋と言えばおとぎ会席ですよね。
季節ごとに変わる懐石料理で、今回は十二支のおはなしというものでした。

一話・冬のある日(先附)
sy10986.jpg sy10987.jpg
かぶら蒸し
s-10992-1.jpg

二話・神様からのメッセージ(前菜)
雪をイメージしてライスペーパーをかぶせてあるそうです。
s1010983.jpg
周りは動物をイメージして配置してあるそうです。
s1010989.jpg
フォアグラムースの上にからすみが乗っていてめちゃうまです。
周りはスモークサーモンとか、豆とかとにかく多品種。
どれも少しずつですが、どれも美味。

三話・賢い子(ね)(吸物)
sy10993.jpg sy20001.jpg
牛と鼠が出てきます。
牛テールのスープラディッシュの鼠。
s-20001-1.jpg
コンソメ味でうまうま!

四話・卯・・・寅?
y20002.jpg
うさぎはあおりいかいくらを二粒のせてあります。
とらはなんととらふぐ!(ちょっとこじつけっぽいけど)
うにも添えてあって、どれもめちゃくちゃにおいしかった。

もうこの辺でお腹がいっぱいになりつつありました・・・

五話・慎重な性格(煮物) チリソースモッツァレラチーズ
y20005.jpg
海老をそば粉で揚げてあるそうです。白の皿に載っているのはフランスパン
炭火の網で温めて食べるようです。

煮物と言うからいわゆる煮物を想像していたら洋皿が出てきてびっくり!

チリソースは辛く、チーズがもちもちしてうまうま!フランスパンもうまい・・・
しかし、フランスパンを食べたらいよいよ満腹に近くなってきた・・・く、くるしい・・・

六話・似たもの同士(焼物)たらば蟹ふぐの白子のゆず釜
y20007.jpg
周りじゅうから焼きガニの良い匂いがしていたのですが、これか!と納得。生たらば?
ゆず釜はぐつぐつと煮えてきたら食べ頃だそうです。甘酸っぱく、濃厚な味。

ほうじ茶が運ばれてきました。
y20006.jpg
香りのとても良いほうじ茶でした。お茶までおいしいです。

七話・戌申の仲と酉(主菜) うねめ牛のしゃぶしゃぶ
y20009.jpg

sy20008.jpg sy20010.jpg
うねめ牛というのは生後約30か月の黒毛和種雌牛で
肉質等級4以上のブランド牛だそうです。
やわらかくてうまうま。茜庵の牛に匹敵します。もう幸せです!

八話・キュートな亥(酢の物)
sy20011.jpg

s-20011-1.jpg
ゆずのジェル
柿は猪の形になっていました。
貝柱と蟹が入っていました。酢の物がこんなに後に出てくるのは珍しいです。
酸っぱいけど、さっぱりしておいしいです。

九話・全員集合!?(食事)。 ご飯はちらしずしでした。
y20013.jpg
いくらと鮭と錦糸卵に海苔(と紅ショウガ)。味噌汁はワタリガニでした。
ウマウマですが、お腹がいっぱいなので食べるのに必死・・・。

十話・ちょっとお待ちを!!(デザート)
sy20014.jpg

s-20014-1.jpg
煮リンゴやアイスなど一杯入ったデザートです。
(この写真だとわかりにくいですが)アイスは猫をイメージして、むこうがわにカシューナッツが
添えてあります。今年は寅年なので、チョコで虎模様が・・・(笑)

どれもおいしくて、満腹なのにぺろっと食べてしまいました。

青紫蘇の塩漬けを巻いたおにぎりが食後に配られました。
y20015.jpg
部屋に持って帰りました。とても食べられないと思っていましたが、
結局食べてしまいました(笑)。これもおいしかった!
y20016.jpg

夕食が終わって部屋に帰るとふとんが敷いてありました。
y20033.jpg
寝心地の良いふとんでした。朝まで一回も目が覚めませんでした。
部屋のお風呂に入って、寝てしまいました。

その4につづく・・・。


テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

おとぎの宿 米屋 その2

2010年1月 おとぎの宿 米屋@須賀川温泉 その2。FC"ブログ

正面のドアが洗面所の入り口。
s1010922.jpg

洗面スペース。広くて気持ちよいです。
10907-1.jpg

イスがやはり葉っぱ!
s1010911.jpg

アメニティは十分です。チューブ入りのシェービングクリームまでありました。ドライヤー有り。
s1010909.jpg
バスタオル2枚/一人。ハンドタオル1枚/一人。

化粧品もずらり。
s1010908.jpg

シャワースペース。洗面所との間には仕切りがありません。シャワーカーテンが付いていました。
s1010910.jpg
シャワースペースの窓に鍵が無く、すぐ下が一階の屋根なので、進入可能?(笑)

シャワースペースから部屋付き露天への出口。
s1010912.jpg

シャワースペースから出ると、温泉表示板と湯もみ棒あり。
s1010914.jpg

部屋付き露天風呂です。
s1010913.jpg
べランダに置いた、系ですが、全体が広いので、かなり快適なスペースです。
部屋からも、シャワースペースからも出られます。

源泉は52℃でかなり熱いです。
s1010915.jpg
左が源泉、右が水のコックです。左と右で調節するとほど良い温度になりますが、
結構調節が難しく、熱いか、ぬるいか、になってしまいます。

風呂桶が優秀で、熱いお湯はなかなか冷めません。
熱いときは水を入れるしかありませんでした。

風呂はなんとか二人並んで入れます。
s1010916.jpg
枕の部分に木が付いていて、足を伸ばしてのんびりと入れます。

驚いたのは泉質。PHが8.9のアルカリ性と聞いていましたが、余りピンと来ていませんでした。
しかし、入ってびっくり!!ぬるぬるです。グリセリンが入っているようなトロトロの
化粧水の中に入っているような感覚、といえば少し分かりやすいでしょうか。

入っている間中、ぬるぬるの腕をなで回していました。
多分この須賀川温泉に入った人は全員やると思います(笑)

ずっと入っていたい温泉です。食事の時に従業員さんが言っていましたが、
「化粧水の要らない温泉」というのは大げさではありません。
特に女性なら実感するのではないでしょうか。

部屋から見た露天風呂。
s1010930.jpg

休憩用の椅子の前から覗いた風景。左下の建物は「おとぎの里」でしょうか。
s1010917.jpg

2時にチェックインしたので、大浴場に行ってみました。
他の部屋はまだ清掃中で、従業員さんが忙しそうに働いていました。
大浴場も3時前までは清掃中で入れませんでした。

部屋にあった館内ガイドを片手に館内を散策。
正面玄関を出た左にお稲荷さんが祭ってあったのでお参りしてきました。

玄関横は、おとぎ文庫(図書室)のはずでしたが、洋服や、小物の販売スペースになって居ました。
s1010940.jpg

1階の廊下には本や座布団が売っていました。
s1010941.jpg

ショップ「森のおへそ」色々小物を売っていました。
s1010942.jpg
十二支の置物も売っていましたが、今年の干支・虎の置物は売り切れていました。

中庭に足湯と飲泉所がありました。
sy10944.jpg sy10945.jpg

足湯。
s1010949.jpg

ちゃんとタオルが用意されています。
s1010950.jpg

飲泉所。飲んでみましたが硫黄(?)臭さがありましたね。
s1010948.jpg

大浴場入り口。これは女性用です。のれんにうさぎの模様が。
s1010951.jpg
この宿はあちこちにうさぎ模様があります。

奥が男性用。
s1010952.jpg

男性用大浴場。だだっ広いです。ロッカーが数え切れないほどあります 
s1010957.jpg

大浴場にはハンドタオル、バスタオル共にたっぷり用意されています。手ぶらで来て全く問題なし。
さすがですねえ。
s1010959.jpg

大浴場は広いです。(この写真では、広さが伝わらないと思いますが・・・)
s1010960.jpg
寝湯もあり、サウナもあります。当然冷水の浴槽もあります。

サウナ。
sy10968.jpg sy10970.jpg

時間が早かったせいもありますが、この広い大浴場を独り占めです!
なんという贅沢。なんという幸せでしょう。
s1010962.jpg

カランもいっぱいあります!
s1010961.jpg

露天風呂は大浴場を出てちょいと歩きます。寒いです。
s1010963.jpg

露天風呂。
s1010964.jpg
内湯はちょっと熱めでしたが、露天風呂はちょうど良い温度。
寒い気温のおかげでいくらでも入っていられます。

脱衣所には飲料も用意されています。とにかく至れり尽くせり。
s1010972.jpg
部屋に風呂が付いていなくても、この大浴場があれば十分満足できるのでは?という感じです。

部屋の風呂は温度調節をしなければいけないので、かえって大浴場のほうが気楽に入れるかも。

それにしても米屋のすごさに圧倒されました。

その3に続く・・・・



テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

おとぎの宿 米屋

2010年1月、一泊二日で福島県のおとぎの宿・米屋@須賀川に行ってきました。FC2ブログ

<エースJTB 優雅 おとぎの丘プラン>
和室・内風呂なし・14畳
露天風呂+シャワールーム付き 3名定員
お部屋の展望・山

往復東北新幹線やまびこ号利用・東京駅発着
@39,900円(交通費無しの宿泊プランは@29,700円です)

※プラン特典※
チェックイン15:00が14:00に。
夕食時一人につき地酒1合または
地元産フレッシュジュース一杯サービス


11:40発の東北新幹線やまびこ51号に乗車。12:57に郡山に到着。
1時間20分程度なのであっという間です。
東京駅横の大丸地下で買ったなだ万の寿司を食べたら到着してしまった感じです(笑)
s1010873.jpg

郡山からは東北本線に乗り換えて二駅の須賀川駅で降りました。
sy10876.jpg s-P1010879-1.jpg

米屋さんはチェックイン15:00なのですが、JTBのこのプランだと14:00に入れます。
宿の送迎バスがあるのですが、15:00と遅いです。
早く宿に入りたいので須賀川からタクシーに乗りました。2,480円でした。

二時ちょっと前に米屋さんに到着。
s1010938.jpg

s1010934.jpg
全23室の宿と聞いていたので、こぢんまりとした宿を想像していたら、
思っていたよりも大きく立派なのでびっくりしてしまいました。

玄関表まで男性の従業員さんが出迎えに来てくれました。
荷物を持ってくれてロビーに案内してくれました。
s1010878.jpg

ここで宿の記帳をしました。羊羹とほうじ茶を頂きました。羊羹のおいしいこと!
s1010881.jpg

おとぎの丘は本館の二階です。
お姉さんに案内されてはっぱのおくりものと言う名の部屋に入りました。
s1010974.jpg
鉄製のドアなのですが、木が貼り付けてあって、柔らかい雰囲気になっています。

下駄箱。
s1010889.jpg

踏み込み。正面がメインの部屋。左にキッチンとトイレがあります。
s1010890.jpg

キッチン。
s1010892.jpg
お茶だけでなく、コーヒーメーカーもありました。コーヒーメーカーが部屋にあるのは初めて。
ポットには氷入りの水が入っていて、至れり尽くせり。
s1010891.jpg

上部の棚にコップやお茶が入っています。
s1010896.jpg

冷蔵庫の中には無料の飲料が!
s1010894.jpg
ビール、ポカリスエット、ウーロン茶。風呂上がりにビールを頂きました。美味。

キュウリの漬け物も入っています。
sy10977.jpg
ビールのつまみに最適。
s1010978.jpg

ウォシュレットトイレ。手ふきタオルも装備で快適です。
s1010895.jpg
おもしろい(というか変わっている)のはトイレットペーパー。
むき出しでフックにかかっているだけで、カッターがありません。
手で引きちぎるしか・・・・

はっぱのおくりものの部屋。
s1010898.jpg
写真の写し方が悪くて、狭く見えますが広々としていて気持ちの良い部屋です。
畳がすごく変わっていました。

デザイナーズチェアー。障子の向こうにベランダがあり、露天風呂があります。
s1010906.jpg

テーブルがはっぱの形!
s1010925.jpg

クローゼットの中には浴衣、パジャマが。大浴場に持って行くカゴも!
sy10901.jpg sy10902.jpg
パジャマは着心地バツグンのもので、部屋にいるときはずっとパジャマでした。
s1010903.jpg
ただ、私の連れ合いは身長が高いので、用意された(たぶん女性用M)はサイズが小さく、
つんつるてんでした。

鍵は二つあるのでとても便利です。
s1010888.jpg

お菓子は2種類。どちらもおいしい。記帳の時から合わせて3種類のお菓子です。
s1010885.jpg

s1010886.jpg

空気清浄機あり。
s1010921.jpg

なんかとてもウキウキする部屋で、しばらく部屋を点検してしまいました。
入っただけで楽しくなる部屋です。

その2に続く・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

カジュアルユーロ その3

2009年末から正月にかけて日光・カジュアルユーロに行ってきました。2泊3日。FC2ブログ

カジュアルユーロのホームページは→【http://www.nikko-casual.jp/

ツイン室 3大特典付き☆なごみプラン
天然温泉100% & 和洋中バイキング

特典
1・レイトチェックアウト11:30分(通常1時間1050円の所)
2・日帰り温泉「ほの香」無料
3・夕食時にワンドリンクサービス(生ビール、ワイン、ジュースなど)


大人@17,300円 × 2泊(サービス料、消費税込み)

カジュアルユーロは朝、夕バイキングです。一階のダイニングに行きます。
夜は六時から、朝は七時半からです。席は自由ですが、予約も出来たみたいですね。
10808.jpg

目玉はなんと言っても蟹!
10842.jpg
爪の部分はおいしかったですが、足の部分はちょっと味が薄かったですね。

ハムとか、ローストビーフとか、タコのカルパッチョとか色々あります。和、洋、中とそろっています。
10843.jpg
豪華ではないですが、一通りはそろっている感じでした。ポテトのグラタンがおいしかったです。

なごみプランの特典に「夕食時ワンドリンクサービス」というのがありました。
なごみプラン
グラス生ビール
グラスワイン(赤・白)
ソフトドリンク(オレンジ・アップル・コーラ・ウーロン)


私はビール、連れ合いはウーロン茶を頼みました。
10844.jpg
メニューは二日ともほとんど同じでした。ちょっと寂しかったですね。
おいしさは普通、ですかね。普段平日は11000円ほどの宿なので、値段相応の料理といった感じ。

コーヒーのカップがミニサイズです。二口くらいで飲んでしまいます。
バイキングなのだから、普通のサイズでよいのでは?
10845.jpg

朝食は定番メニュー中心。元日は伊達巻きや御豆がありました。
10848.jpg

温泉玉子、バナナもありました。私の大好きなオレンジジュース、ヨーグルトもちゃんとありました。
10849.jpg

12月31日夕方から雪が降ってきて積もりました。1月1日は東照宮に行ってきました。
バスで東武日光まで行き、乗り継いでバスで東照宮に
10854.jpg

雪が積もっている上に気温が低く凍えそうでした。
10856.jpg

寒いのに結構人がいました。
10859.jpg

帰り路にそばを食べてカジュアルユーロに帰りました。
10865.jpg
手打ちそば処「弦庵」。店内は暖かく、冷えた身体が解凍されました。
10863.jpg
そばはとても美味しかったです。

1月2日はなごみプランでチェックアウトが11:30になるのですが、
渋滞が心配で十時にチェックアウトしてしまいました。

東北道はすいすいでしたが、外環が渋滞でした。でも家には一時頃着いていました。

カジュアルユーロまとめ

良いところ
◎館内はきれい。
◎温泉は暖まる。肌もすべすべになる。
◎部屋に温泉露天風呂が付いている。
◎従業員さんは感じ良い。全員丁寧で親切だった。
◎駅からまあまあ近い(駅からはすごい坂道を登っていきますが)
◎東照宮もなんとか歩いて行けます。
◎値段が安い。
◎無料コーヒーがあった。(夕食後には無くなっていたが)
 二日目は紅茶だった。

いまいちなところ。
△部屋に金庫がない。
△部屋の脱衣かごが小さい。一個しかない。
△露天風呂が外から見えるので嫌な感じ。
△ベッドサイドボードがない。時計もない。
△ベッドは小さい(狭い)
△壁は薄い。隣の音が聞こえる。
△部屋着は手術着のように薄い。
△部屋の冷蔵庫がうるさい。
△喫煙所のたばこの煙が気になる。
△部屋にコップがない。ポットもない。
△テレビ番組表がない。番組表のコピーすらない。
△日帰り温泉「ほの香」は狭い。
△ボディソープは石油くさい。
△第一駐車場はホテル前にあって、アスファルトだが、第二駐車場は、ホテル横で土だった。

大きいペンションといった感じでした。宿泊費が安いので、設備はそれなりです。
部屋にポットとコップは欲しかったですね。

しかしなんと言っても部屋付露天風呂が良いですね。これがあるだけで泊まる価値があります。
値段が普段なら平日で11000円位なので結構コストパフォーマンスは良いかも。
暖かい時期ならば部屋付露天風呂でバイキングでこの値段ならむしろお得といって良いと思います。

今度はちょっと高級なユーロシティに泊まってみたいですね。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

カジュアルユーロ その2

2009年日光・カジュアルユーロ宿泊。FC2ブログ

館内の写真を少し。

一階にはダイニング。
10820.jpg

二階に上がる階段。
10822.jpg

階段の二階。エレベーターホール。
s10798.jpg s10799.jpg

二階エレベーターホールの前にある喫煙所
10801.jpg
特に仕切りがあるわけではないので、煙が充満、廊下も煙いです。
三階まで煙が上がってきていました。ちょっとなんとかしてほしかったです。

エレベーターの入り口の横にお茶、お湯と氷の施設がありました。お茶、お湯、氷は無料です。
10803.jpg
自動販売機。
10802.jpg
ビールも売っています。
10804.jpg

一階ロビーにも喫煙所があります。脇に無料のコーヒーがありました。
10809.jpg
結構おいしいコーヒーでした。二日目(1月1日)は紅茶が入っていました。

売店。お土産やお菓子を売っていました。
10814.jpg

アイス100円やカップ麺200円などが売っていました。お菓子も色々あって楽しそうでした。
10810.jpg
カジュアルユーロの近くにはコンビニはありません。
お菓子類は駅近辺で買ってくるか、この売店で買うしかありません。

食堂と反対側に図書室がありました。パソコンが2台置いてあって無料で使えるみたいです。
10811.jpg
漫画と本が沢山置いてありました。
10812.jpg

気温がかなり低く(零度近い)部屋のベランダで体を洗う気がしないので、
貸し切り温泉「星空の湯」を申し込みました。
通常50分・3,000円ですが、宿泊者は割引になり、50分・2400円です。

4時に予約を申し込んだら、まだお湯が溜まっていない、と言うことで4時半になりました。

4時半にフロントに行くと、貸し切り温泉まで案内してくれました。
ユーロシティ・別館メゾネットタイプの裏に日帰り温泉「ほの香」、
「ほの香」の横に貸し切り温泉「星空の湯」がありました。
10772-1.jpg

貸し切り温泉は二つあるみたいでした。私たちが入ったのは左側の方です。
10831.jpg

脱衣場。エアコンが入っていて暖かいです。
10832.jpg

脱衣場から見える貸し切り露天。
10829.jpg

丸い風呂桶。二人でゆっくり入れます。この桶どこかで見たことが・・・・?
10833.jpg
そうだ、船山温泉の貸し切り露天と同じだ!
大きさといい、深さといい、木の材質といい、ほとんど同じ感じです。

お湯はじゃぼじゃぼ出ていますが、気温が低いせいか、風呂桶の中のお湯は
かなりぬるいです。肩までつかったまま、出られませんでした。

露天風呂の隅っこ、脱衣場横にシャワースペースがあります。
10836.jpg
ユニットシャワースペースですね。半畳くらいの狭いものですが、なんとか洗えます。
三角の椅子のようなものが付いていて、座って洗えるようになって居ました。
(寒くて中の写真撮るのを忘れました)

中途半端に目隠しがしてあると思って、覗いてみたら、第三駐車場が丸見え!
カジュアルユーロはどの風呂も丸見えです(笑)
10835.jpg

この日は入りませんでしたが、これが日帰り温泉「ほの香」
10840.jpg

10841.jpg
日帰り客用に自動販売機がありますが、別に係員が居るわけでもなく、只で入れてしまうのでは?
10838.jpg
隣に休憩室あり。待ち合わせに便利です。

次の日の夕方に「ほの香」に入ってみましたが、ものすごく狭い!
内湯は4人、露天風呂は2人で一杯!脱衣場は脱いだ服を入れる籠も不足!

空いている時なら良いのでしょうが、満室の状態では容量不足です。
風呂に入るのも順番待ちです。カランは4個。

温度は適温でしたが、あまりの狭さに二度と行きたくない感じでした。

その3に続く・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

カジュアルユーロ

2009年末から正月にかけて日光・カジュアルユーロに行ってきました。FC2ブログ

カジュアルユーロのホームページは→【http://www.nikko-casual.jp/

2009年12月31日~2010年1月2日 2泊3日

ツイン室 3大特典付き☆なごみプラン
天然温泉100% & 和洋中バイキング

特典
1・レイトチェックアウト11:30分(通常1時間1050円の所)
2・日帰り温泉「ほの香」無料
3・夕食時にワンドリンクサービス(生ビール、ワイン、ジュースなど)


大人@17,300円 × 2泊(サービス料、消費税込み)

昨年泊まった船山温泉に行きたかったのですが、あいにく埋まっていて予約が取れませんでした。

以前から気になっていた、ユーロシティに行きたかったのですがこれもどうやら埋まっているみたいでした。
値段の安いカジュアルユーロならまだ予約が取れたのでネットでポチってしまいました。

大晦日の日は高速道路も空いているので、家をゆっくりと11時頃に出発。東北道は空いていました。

途中のサービスエリア、パーキングエリアは食事処が大混雑。
昼飯が食べられませんでしたが、なんとか日光パーキングエリアでそばにありつけました。

日光に2時過ぎに着いてしまい、ちょっと時間が余りました。
日光のガストでケーキとコーヒーを飲んで時間調節。3時ちょっと前にカジュアルユーロに入りました。
s10817.jpg s10818.jpg

10815.jpg

道路の反対側、ちょっと斜め上にユーロシティが見えます。
10819.jpg

どんどん宿泊客の車が入ってきます。急いでチェックインしました。
10824.jpg
なぜだかわかりませんが、いすず117クーペが置いてあります。
しかもナンバー付き。オーナーの趣味なのでしょうか?

フロントでチェックイン手続きをして、鍵をもらいました。
部屋の案内は無し。三階の部屋でした。
10775.jpg
まだ出来て三年ほどなので綺麗です。

304号室、ツイン。
10776.jpg

ドアを開けてすぐの場所にスイッチが付いていて、
部屋のガキに着いているプラスチックを差し込むと部屋の電気が全部いっぺんに点きます。
便利なシステムですが、夜部屋に帰ってくると中が真っ暗でちょっと寂しいです。
10778.jpg

ワンルームタイプのツイン部屋。思っていたよりは広いです。ベランダに露天風呂が置いてあります。
10777.jpg

イスとテーブル。
10797.jpg

ベッドは狭いです。普段は煎餅ふとんに寝ているため、寝ていると背中が痛くなりました。
ベッドのクッションのせいなのか、枕があっていなかったのか?
10779.jpg

洋服掛け。右のドアが出入り口。
10780.jpg

洋服掛けの横に机があります。ベッドと反対側。
10781.jpg
テレビは液晶20インチ。冷蔵庫は空。
s10784.jpg s10785.jpg
冷蔵庫の動作音がうるさいので、スイッチを切ってしまいました。
カジュアルユーロにはコップもポットもありません。
家から電気ケトルとコーヒーカップを持って行きました。

バスタオルとフェイスタオル一枚ずつ。歯ブラシセットと薄い部屋着。ドライヤーは普通の1200W。
10786.jpg
事前調査でこの薄い部屋着の存在を知っていたので、家からスウェットを持って行きました。
10796.jpg

小さい洗面台。
10787.jpg
歯磨き用コップと液体石鹸があります。下にあるのが脱衣籠。
100円ショップで買ったような、高さの低いもの。しかも一個しかありません。

ベランダに置いてみました、系の露天風呂。
10789.jpg
でも一応温泉です。コックをひねって出します。
沸かし直しは出来ないので、入るたびに入れることになります。

お湯はさらさらでぬるいです。気温はほとんど0度に近いので、
もともとぬるいお湯がどんどん冷めていきます。
でも、入っていると体がだんだん暖まり、風呂上がりもさめません。とても良いお湯でした。

大きさは、二人が互い違いに座れるくらいです。足は伸ばせます。

部屋の洗面所横の場所に、シャワースペースがあります。
10790.jpg
完全に表なので、冬はここで体を洗う気はしないですね・・・

お風呂のお湯がぬるいときは、このシャワーでお湯を風呂桶に入れるように、と指示書がありました。
温泉が薄まる気がして、これはやりませんでした。
私たちはぬるい温泉好きなので、薄めずになんとか入れました。

露天風呂からの景色。
10788.jpg
北側の部屋なので駐車場からは見えませんが、前にある民家から丸見え。
ベランダから右側の風景。
10792.jpg

左側の風景。小さく見える車はカジュアルユーロの駐車場。
10793.jpg

ロールカーテンを下ろして風呂に入りましたが、横に隙間があり、結構見えるのでは?
ネットの口コミでも評判が悪かったですが、確かにもうちょっと考えたほうが良いと思いました。
下部のガラスも磨りガラスなので、シルエットは見えます。
駐車場から見上げるとちゃんとシルエットが見えておりました・・・

トイレはウォシュレット。きれいです。部屋は暖かいですが、トイレは寒い。
10795.jpg

その2に続く・・・


テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ