大松閣0泊2食プラン その3

2010年6月 大松閣0泊2食プラン FC2ブログ

埼玉県 名栗温泉 大松閣
〒357-0112 埼玉県飯能市大字下名栗917
TEL: 042-979-0505

私たちの利用したのは
日帰り満喫プランB(貸切風呂50分特典付・翆明館利用)
@11,500円+ふとん代@1,050円


大松閣のホームページは→【http://www.taishoukaku.com/

6月 大松閣0泊2食プラン 夕食編

夕食は部屋出しです。
夕食は6時にお願いしていましたが、5時45分に用意に来ました。早っ!

まずは、前菜と造りと季節鍋が並べられます。
お品書きはありますが、細かい内容は書いてありませんでした。よって詳しいことは分かりません。

季節前菜
TT685.jpg
真ん中は、じゅんさい金粉入り梅ゼリー、
左から枝豆、ゼリーの間に茄子が挟んである物
さつまいも、ヤングコーンをサラミで巻いてある物
塩辛の乗った卵豆腐(すべて予想です)
TT684.jpg
どれもおいしい。これだけで相当料理長の腕が良いのがわかります。

季節鍋
わらび、牛肉、タケノコ、白身魚、つみれ
TT686.jpg
汁がラーメンの汁みたいな匂いがします。変わっていて美味しい。

造り
冬瓜の器に、かんぱちとまぐろ
TT687.jpg
醤油がおいしいです。

ここから順次運ばれてきます。

川魚姿塩焼
鮎。蓼酢(たです)がついてきました。
TT689.jpg
おいしいです。頭から食べられます。

吸い物
sTT690.jpg sTT688.jpg
かぼちゃ入り。ものすごくおいしいお吸い物です。
s-688-1.jpg

煮物
sTT691.jpg sTT692.jpg
穴子を餅米で巻いてあります。
TT693.jpg
穴子のうまみが餅米全体に広がりうまうま!絶品です!

酢の物
sTT694.jpg
蟹を大根で巻いてある物。うまい!
白い玉はタマネギの蜂蜜漬け。酸っぱいです。
s-694-1.jpg

お食事
山菜ごはん。赤だし味噌汁。セロリときゅうりの漬け物。特に味噌汁がおいしいです。
TT695.jpg
山菜ごはんアップ!
TT696.jpg

季節のデザート
抹茶のババロアに栗がのっています。ものすごくおいしい!チェリー。メロン。
TT699.jpg
抹茶のババロア、アップ!!
TT700.jpg

ほうじ茶もおいしい。まったくもってどれもこれもおいしいです。
TT703.jpg

仲居さんは親切で丁寧、満点です。
最後のごはんの量は、客の腹具合で調節してくれます。
ごはんの前ですでにお腹いっぱいの客には少なめに出すそうです。

大松閣の夕食はどれも美味しくて、独創性があり、すばらしい夕食です。
この食事だけでまた来たくなります。大松閣には食事グレードアッププランもあります。
この食事でもこんなに美味しいのに、グレードアッププランはどんだけ美味しいのでしょうか?

飯能駅行きの無料送迎バスは20:30ですが、この日は団体さんが宴会をやっていて、
その団体さんの都合でバスが21:00出発になりました。
部屋に電話がかかってきて、9時でも良いか?と聞かれ、
別に急いで帰る距離でもないので、OKしました。

おかげで食後に大浴場にもう一回入れて大満足。大浴場は誰もいなくて貸し切り状態。

チェックアウトした後、ラウンジでコーヒーかハーブティを
ごちそうしてくれる、というので喜んでいただきました。
夜も遅いのでハーブティにしましたが、すごいサービスです。もう大感激です。

9時のバスで団体さんと一緒に飯能駅に送ってもらいました。

大松閣0泊2食プラン 感想

◎0泊2食プランがあるのがすばらしい。
◎0泊2食プランは10時間も滞在できる。
◎部屋、風呂、館内、きれいで落ち着きがある。
◎従業員さんは全員親切丁寧。満点。
◎風呂は特徴のないものだけど、肌はすべすべになる。
◎食事がバツグンにおいしい。
◎無料送迎バスあり。本数も多い。
◎系列のハミングもおいしくて、素敵な店。
◎チェックイン、アウトのコーヒーサービス。
◎アメニティ、おいしい部屋のお茶、満点です。
◎私たちの家から近い。

大松閣のホームページは→【http://www.taishoukaku.com/

私たちの利用したのは
日帰り満喫プランB(貸切風呂50分特典付・翆明館利用)
@11,500円+ふとん代@1,050円


ぜひまた再訪したいです。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大松閣 0泊2食 その2

2010年6月 大松閣 0泊2食プランFC2ブログ 

0泊2食プランは、なにせ11時にチェックインです。
部屋に案内されて、写真を撮って、お菓子を食べてもまだ11時半頃です。

とりあえず、男女入れ替え制のお風呂「木風呂」に行ってみることにしました。
「木風呂」の男性時間は昼12時までなので、大忙しです。

靴に履き替えて行きましたが、後で聞いたら部屋のスリッパでよいそうです。

正面玄関を出て、下に降りていきます。「木風呂」建物入り口
TT588.jpg

貸し切り風呂「土風呂」の隣が、「木風呂」です。
sTT591.jpg sTT592.jpg

小さめだけど、綺麗な脱衣場。
TT594.jpg

バスタオル山積みです。快適です。
TT593.jpg

私が行ったときは、先客が一人いましたが、すぐに出て行ったので、貸し切り状態になりました。
TT601.jpg
源泉の出ている「木風呂」は広くて素敵な風呂です。
窓から見える景色が、緑の絵のように美しいです。
TT599.jpg
時間があまりなかったので、ゆっくりとは出来ませんでしたが
いつまでも入っていたい風呂でした。

小さい湯船は源泉風呂。かなり温度が低いです。
TT597.jpg

カラン。
TT598.jpg

昼食は大松閣からちょっと下ったところにある「ハミング」で頂きました。
坂を下って、
TT616.jpg

橋を渡って
TT617.jpg

右に行くと、青々とした木々に囲まれてよく分かりませんがこれが「ハミング」です。
TT619.jpg

飯能の奥の名栗という山奥の店ですが、中は意外とおしゃれです。
店の奥はギャラリーになっていました。「飯能焼き」という焼き物が展示してありました。
TT620.jpg
平日なのに車やバイクが止まっていて、たくさんお客さんが居ました。

大松閣0泊2食プランの客は、専用のメニューから選びます。
席はちゃんと予約席で取っておいてくれますが、
この日は空いていたので、お好きな席をどうぞ、と言われました。

わたしは「ロコモコ丼」。うまい。量は少なめ。女性向けかな。
TT624.jpg

連れ合いは「玄米いためごはん&スープ」。これはデザート付きです。
TT622.jpg

普通デザートというと、アイスとか、果物だったりしますが、ここのデザートはミニサンデーです。
TT627.jpg
結構ボリュームがありました。
TT628.jpg

食後はコーヒーがつきました。
TT626.jpg

コーヒーシュガーもおしゃれ。
TT629.jpg

どれもこれもおしいくて、ちょっと感激です。ここに食事だけしに来たいです。
雑貨なんかも売っていました。
TT631.jpg

昼食を堪能して、二時頃宿に戻りました。
私たちの0泊2食プランは貸し切り温泉が1回無料で入れるので、4時にお願いしました。
それまで昼寝です。別料金(1050円)でふとんを用意しておいてくれます。
ふとんは自分で敷くのですが(笑)

大浴場に行ってみました。最上階の5階にあります。男女別で入れ替え無し。
TT644.jpg

脱衣場。鍵付きの物入れあり。
TT646.jpg

時計がおしゃれです。
TT658.jpg

タオルはやはり山積み。
TT645.jpg

洗面台。
TT653.jpg

男性用大浴場。誰も居ないので、この広い大浴場を独占です。
TT649.jpg

カラン。右下、カランの手前は源泉風呂。
TT650.jpg

これが源泉風呂。温度は低いです。
TT659.jpg

露天風呂は小さい。二人入ると、三人目は入るのに躊躇してしまいます。
TT648.jpg

貸し切りは「土風呂」と「岩風呂」の二つあります。
正規料金は「土風呂」が50分2500円、「岩風呂」が50分3000円です。
「土風呂」は信楽焼きの風呂だというので、「岩風呂」をお願いしました。

時間になればフロントに行きます。フロントで鍵をもらいます。
親切にも、旅館のお兄さんが風呂まで案内してくれました。

岩風呂外観。
TT589.jpg

屋根が高い。
TT590.jpg

写真が分かりにくいですが、岩風呂入り口。
TT663.jpg

岩風呂の入り口から中を見たところ。
TT664.jpg

脱衣場。
TT665.jpg

洗面台。おしゃれです。
TT666.jpg

カランは2つありますが、シャンプー、ボディソープなどはありません。
TT667.jpg

岩風呂。大岩の周りに風呂がある感じです。
TT668.jpg
二人でゆっくりと入れますが、半身浴が出来るようなステップが、手前の入り口にしかありません。
温度が高めなので、すぐにのぼせてしまいました。

駐車場の手前なので景色は無いに等しいです。緑はきれいですが。
TT670.jpg
貸し切り風呂を50分堪能して部屋に戻りました。

その3につづく・・・



テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大松閣に0泊2食

2010年6月 大松閣0泊2食FC2ブログ
五月、六月と連休が取れないので、ちょっとストレスが溜まり気味です・・・
そこで、最近はやりつつある「0泊2食」に挑戦してみました。

しかし、いざ「0泊2食」をネットで検索しても意外とヒットしません。
昼食プランだったり、ただの日帰りコースだったり。

その中で飯能からバスで30分という、大松閣という温泉宿を見つけました。

埼玉県 名栗温泉 大松閣
〒357-0112 埼玉県飯能市大字下名栗917
TEL: 042-979-0505

大松閣のホームページは→【http://www.taishoukaku.com/

ここの0泊2食プランは充実しています。

都心に近い宿だから出来る昼食・夕食つき、
日・平日限定の嬉しい長時間滞在の日帰りプランです。
チェックイン11:00 チェックアウト21:00のゆとりの10時間滞在。
昼食は系列店のハミング(月・火定休:数種のメニューの中より選択)、
または山の茶屋(木曜定休:蕎麦かうどんのセットメニュー)となります。
ご夕食はお部屋か個室での会席料理です。
お部屋数限定のプランとなりますので、1組様1室にてお申し込み下さい。

(大松閣ホームページより)

プランは9450円からですが、これは清風館という本館のプランです。
日帰り満喫プラン【B】と言うのを選ぶと「翆明館和室」(新館)になり、
さらに貸切風呂50分間が特典で付いてきます。
値段は11,000円からになりますが、今回はこちらを選びました。

夕食に酒が飲みたくて、電車で行くことにしました。

予約の時にバスも予約すれば、西武池袋線飯能駅に迎えに来てくれます。
TT525.jpg
マイクロバスの無料送迎(要予約)もございます。
飯能駅南口発 午前 10:30 ・ 11:45 / 午後15:20 ・ 16:30
大松閣発飯能駅行き(お帰り)は、
大松閣発    午前 10:00 ・ 11:15/午後14:40 ・ 16:00 ・ 20:30です。
大松閣⇔飯能駅の所要時間は約30分です。

(大松閣ホームページより)

私たちは10:30を予約しました。
平日なので私たちだけだと思っていたら、他にも三組、客が乗ってきました。
バスは30分ほどで宿に着きました。
TT529.jpg

堂々たる構えです。
TT641.jpg

階段を上っていきます。
TT606.jpg

玄関。
TT607.jpg

車を降りたらすぐにフロント左のラウンジに案内されました。
TT535-1.jpg

広いきれいなラウンジで、コーヒーのサービス。
TT534.jpg
カップは小さめでしたが、おいしいコーヒーでした。
日帰りとはいえ、ちゃんと宿帳(紙ですが)に記入。

しばらくして部屋に案内されました。フロント右のエレベーターで三階に。
TT543.jpg

翆明館(新館)の303号室。日帰りなのにちゃんと紙に名前が書いて、貼ってあります。
TT544-1.jpg

踏み込みは広く、左にバス・トイレ・洗面所。
TT545.jpg
右はドアがありましたが、鍵がかかっていました。
隣の部屋に通じる扉?よくわかりません・・・・。謎のドアでした。奥が部屋です。

入り口左の手前は履き物入れ。
TT547.jpg

履き物入れの上に鍵を置くトレーがありました。なんと、鍵はふたつあります!
ちょっと感動!なかなか無いのですよね。鍵が二つって。
TT546.jpg
その横にかわいいぬいぐるみのような物が・・・
これはスリッパに付ける洗濯ばさみのような物で、自分のスリッパの印です。
滞在中はこれのおかげで、他の人のスリッパと間違えない、という気配りグッズでした。
部屋の鍵といい、このクリップといい、細かいところまで気がつく宿です!

きれいな洗面所。日帰りプランですが、歯ブラシセットなどのアメニティがそろっています。
お手ふきもあり、アメニティは完璧です。
TT548.jpg

トイレ。
TT549.jpg

部屋の風呂は普通。お湯も温泉ではありません。全く使用せず。
TT550.jpg

部屋風呂のシャンプーは高級・馬油シリーズ!
TT551.jpg

部屋の手前左側に冷蔵庫、ポット、コップがありました。
TT553.jpg

冷水もあり。「名栗のおいしい水です」と表示してありました。
TT555.jpg

水道が面白く、↓こんなふうに壁から生えています。
TT554.jpg

冷蔵庫は上の小さいほうは空。下の大きいほうはビール、ジュースなどが満杯。
TT557.jpg
ビール730円、ジュース315円というちょっと高めの旅館料金でした。飲み物類も利用せず。

部屋は広くて、きれいです。
TT562.jpg

反対側から入り口を見た写真。
TT568.jpg

イスも立派。
TT569.jpg

窓から真下を覗いた風景。緑の屋根は、右が貸し切り風呂。
正面と左は、たぶん茶室。その下に、別の貸し切り風呂があります。左は本館の宿泊棟。
TT563.jpg

お茶セット。お茶がとてもおいしかったです。
普通旅館のお茶は余りおいしくないのですが。場所柄、狭山茶でしょうか。
TT572.jpg

お菓子もおいしかった!
TT573.jpg

日帰りプランとはいえ、ちゃんと浴衣、タオルセットの用意がされています。至れり尽くせり。
TT575.jpg

テレビはブラウン管21インチ。テレビを見ない私たちは、一度もスイッチを入れませんでした。
TT576.jpg

テレビの下に金庫。
TT577.jpg

タオル掛けもちゃんとあり、部屋の備品は完璧です。
TT579.jpg

部屋に案内されて、昼食と夕食の予定を聞かれます。
昼はハミング、山の茶屋のどちらかから選べるので、洋食っぽいハミングにしました。
時間は1時からにしてもらいました。

その2に続く・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ