新木鉱泉 その5

2011年5月 新木鉱泉 宿泊 その5 夕食編2日目 FC2ブログ

新木鉱泉(あらきこうせん)連泊の2日目の夕食です。もちろん部屋出しです。
昨日とは全く違う品目です。連泊の醍醐味です。お品書きがないので、品目は想像です。
AR454.jpg

東北の酒 大震災復興支援企画というのをやっていたので、
福島県 末廣酒造(株) 伝承山廃純米 末廣 680円
というのを一合注文しました。美味しいお酒でした。サービス品の秩父地ビールは持って帰りました。
AR452.jpg

食前酒の梅酒。
AR447.jpg

先附け。
AR446.jpg
右端はかつお?真ん中はたらこ?明太子?辛いです。
左端は海老とほたて。帆立の上に酢味噌が乗っていてうまうま。

酢の物。くらげ、キュウリ、百合根。
AR448.jpg

煮物。穴子とお麩と人参。穴子がとろとろに柔らかくて美味。
AR449.jpg

お造り。海老、まぐろ、びんちょうまぐろ?の炙り。
AR450.jpg
昨日と同じで大変美味しい刺身。秩父なのに。まぐろは中トロっぽいです。えびはプリプリ。

昨日と同じ魚かと思ったら、身が赤いです。ヤマメでした。とても美味しい。
AR451.jpg

ビーフシチュー。固形燃料で熱々にしてくれます。ちょっとこってり系。肉はとろとろにやわらかいです。
AR445.jpg
美味しかったですが、昨日出たタマネギのクリーム煮がまた食べたかった・・・
あれは毎日でも食べられます。

しばらくして、天ぷらが揚げたてが運ばれてきます。
ピーマン、椎茸、白身魚。さくさくでうまうまです。
AR456.jpg

ロブスター。
AR457.jpg
マヨネーズがかかっているので、かなりこってり。
しかし、一口分ずつ切ってあるので、食べやすいです。
うまうま。大きいロブスターで食べ応え十分。というか、これだけでもお腹一杯になります。

この後の品は電話をするまで運ばれてきません。

ご飯とお吸い物。ご飯はお代わりOKです。お吸い物の中につみれが入っています。
AR458.jpg
ごはんも、お吸い物も本当に美味しい。

冷うどんと香の物。うどんがピリ辛で美味しい。
香の物は例によって美味しい。これだけでご飯が食べられます。
AR459.jpg

ごはんのお代わりをしなくても、お腹いっぱいです。苦しい。
昨日とは全く違う内容ですが、やはりすごく美味しい。
特徴のあるものではありませんが、本当に料理の美味しい宿です。大満足。

デザート。ゆずシャーベットでした。
AR461.jpg
金平糖がまぶしてありました。
AR462.jpg

その6につづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新木鉱泉 その4

2011年5月 新木鉱泉(あらきこうせん) 宿泊 その4 朝食編 FC2ブログ

朝食は一階の広間で食べます。8時から好きな時間に行きます。
テーブルの間には仕切りがないので、会話は筒抜けです(笑)
AR360.jpg

私たちは端の席でした。
AR361.jpg

どーんと並べられています。
ご飯と味噌汁と茶碗蒸しは従業員さんが持ってきてくれます。ご飯はおかわり自由です。
AR362.jpg

籠に盛られて、とても良い感じです。
AR363.jpg

人参ジュース?と思ったらリンゴの味がします。
s-1364.jpg

切り干し大根。ピリ辛。美味しい。
s-1365.jpg

サラダ。フレンチドレッシング。新たまねぎがうまうま。
s-1366.jpg

納豆。大粒ですが、一口分です。
s-1367.jpg

何かの味噌漬け。
s-1368.jpg

漬け物。とても美味しい。秩父名産でしょうか?
s-1369.jpg

しゃけと、ふき味噌。
s-1370.jpg

すいとん。韓国風味付け。クッパのような味です。ものすごく美味しい。出汁が絶品。牛肉入り。
s-1371.jpg

ごはんも美味しい。新木鉱泉の名前入りの海苔は4枚入っていました。
AR373.jpg

熱々を持ってきてくれる味噌汁と茶碗蒸し。
sAR374.jpg  sAR375.jpg

お豆腐と油揚げとネギの味噌汁。油揚げが美味。
AR377.jpg

茶碗蒸し。濃厚ですが、ちょっと塩っぱい。
AR376.jpg

朝食は思っていた以上に量があり、お腹いっぱいです。

朝食会場の広間を出ると、フロントの横に無料のコーヒーの用意がありました。
AR380.jpg
源泉コーヒーと書いてありました。部屋に持って帰って美味しく頂きました。
AR381.jpg

昨日の夕食も美味しかったですが、朝食も負けず劣らずおいしいです。
出汁がとにかく絶品で、そのおかげで全ての食事が美味しいのではないでしょうか。


連泊なので二日目の昼間は暇です。近くに神社があるようなので行って見ました。
sAR382.jpg  sAR383.jpg

恒持神社にお参りをしました。
AR384.jpg

恒持神社の帰りに蕎麦屋を発見。道路からは一本引っ込んでいますが、広い駐車場つき。
AR400.jpg

建物も広そうです。後で宿に帰って、女将さんに聞いたら、自宅を改装して蕎麦屋にしたそうです。
AR398.jpg

坂本庵。そばとうどんの両方があります。
AR397.jpg

中は座敷。
AR396.jpg

私はもりそば。おにぎり付きセット。
AR388.jpg

AR390.jpg

相方はざるそば。
AR391.jpg

思っていたよりも蕎麦が美味しく、あっという間に平らげてしまいました。
かなり美味しい方の蕎麦だと思います。
次回も新木鉱泉に来るようであれば、またこの蕎麦を食べたいです。

宿に帰ったら、鍵が戻ってきていました。これで金庫が使えるようになりました。
AR430.jpg

宿に帰ってくれば風呂三昧。
AR354.jpg

散歩から帰ると部屋の掃除が終わっていて、お菓子も置いてありました。
2日目の小昼飯(こじゅうはん)は花サブレ(生タイプ)、種なし梅、味噌せんべい 。
AR404.jpg
昨日とは全く違うお菓子で楽しかったです。
AR405.jpg

その5につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新木鉱泉 その3

2011年5月 新木鉱泉(あらきこうせん)宿泊 その3 夕食編

一日目の夕食です。夕食は6時から。部屋出しです。
こたつテーブルに並びきらないので、補助テーブルも使います。
若い女性の従業員さんがキビキビと運んでくれました。

楽天トラベルアワード受賞記念コースなので、夕食に1人1本ビールかソフトドリンクがつきます。
私は秩父地ビールをお願いしました。
AR312.jpg

どーんとテーブルに並べられます。
AR315.jpg
残念ながらお品書きがないので、食事内容は私たちの予想品目になるので、間違っているかもしれません。

食前酒 梅酒。グラスに色がついています。おいしいですが、甘く、濃いです。
AR328.jpg

先附け。器もきれいです。
sAR316.jpg

こんにゃくと長芋。酢味噌がおいしいです。こんにゃくもおいしい。
AR317.jpg

花豆。水菜を生ハムで巻いてあります。マヨネーズが入っていました。
AR318.jpg

海老。辛いです。おいしい。
AR319.jpg

スペイン風オムレツ?じゃがいもとにんじんが入っています。
AR320.jpg

胡麻豆腐。
sAR321.jpg
百合根を花びらの形に切ってあります。
s-1321.jpg

煮物。
sAR322.jpg
人参の真ん中をくりぬいて、何か入っていました。オクラはしゃきしゃきしていておいしです。
s-1322.jpg

ステーキ。ポン酢で食べます。
sAR323.jpg  sAR324.jpg
分厚い肉でうまうま!バターがおいしい。ぶなしめじもおいしいです。
s-1324.jpg

岩魚。「焼きたて」と言っていましたが冷めていました(笑)・・・。
でも、冷めていてもすごくおいしい!内臓も苦みがあっておいしい!
s-1325.jpg

刺身。まぐろ、いか、えび。おいしいまぐろでした。秩父なのに。
s-1326.jpg

開始15分ほどで運ばれてきました。焼きアスパラ。下に敷いてある肉味噌をつけて食べます。
s-1329.jpg

焼きアスパラと一緒に運ばれてきた、タマネギのクリーム煮
s-1330.jpg
新木鉱泉名物らしいです。これは絶品です!丸ごとタマネギが入っています。
濃厚なのにあっさりしているという、なんともいえない味です。これは毎回食べたい料理です。

天ぷらは揚げたてを持ってきてくれます。これは二名分です。さくさくです。
s-1331.jpg
ししとう、海老、えりんぎ、かぼちゃ。

ここまで一気に運ばれて来て、食べるのが大変です。忙しい夕食です。
ここからはこちらから連絡すれば持ってきてくれます。

冷うどん。おいしい。
s-1333.jpg

ご飯とお吸い物と漬け物。
AR334.jpg

ご飯はお代わりOKです。私はお腹いっぱいでしたが。
AR337.jpg

お吸い物がべらぼうに美味しいです。こんなに美味しいお吸い物は飲んだ事がないかも。
AR335.jpg
中に入っている独活が苦いです。

ご飯と一緒にほうじ茶を持ってきてくれました。
AR338.jpg

夕食はどれもこれも美味しいです。特徴がない、という書き込みも見られましたが、
「タマネギのクリーム煮」という名物料理もあるし、お吸い物や岩魚のように絶品の品もあります。

量も多いのでお腹いっぱいになります。評判通り、料理のおいしい宿でした。

デザート。
AR350.jpg
ここのデザートは変わっていて、食後には出てきません。
夜ふとんをしいた後に持ってきてくれます。何故?
人によっては歯を磨いてしまうので、いかがなものかと思いますが・・・・

その4につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新木鉱泉 その2

2011年5月 新木鉱泉宿泊 その2 FC2ブログ

浴衣の上に羽織る袖無し半纏。大浴場に行く時に使う籠。浴衣とフェイスタオルセット。
AR247.jpg

AR248.jpg

袋の中にフェイスタオルセット。フェイスタオルと歯ブラシ。たびソックス。
AR296.jpg

部屋付き露天風呂の入り口にあるおしゃれな棚の上にアメニティ。
AR258.jpg

男性用と女性用で内容が違うのです。これは女性用のアメニティ。
AR298.jpg
綿棒とブラシとあぶらとり紙とカチューシャと足の指に挟むスポンジ。

クレンジング、化粧水、乳液はパック入り。
AR300.jpg

電気ポット。タイガー給湯ポット。2.2リットル。
AR250.jpg

お茶セット。
AR251.jpg
何故か台ふきんがありません。テーブルにこぼした水やお茶はティッシュで拭く羽目に・・・
旅館に泊まって、台ふきんがないのは初めてかも。

お茶は緑茶。一回分ずつパックされていて、3パック入っていました。
AR271.jpg
はっきり言ってまずい。パックされているにもかかわらず、茶匙が入っている不思議さ。

鍵は1個。しかも、前の宿泊客が鍵を持って帰ってしまい、これは予備の鍵。
おかげで金庫の鍵がありませんでした。
AR255.jpg

「本日の小昼飯」と書いてある紙が置いてありました。
AR253.jpg
小昼飯(こじゅうはん)とは、秩父の方言でおやつのことだそうです。

「山の呼び声」
AR254.jpg
どこかで見た事があると思ったら、飯能の宿・大松閣で出たお菓子でした。おいしいです。

お菓子第二弾「秩父庵」これもおいしかったです。これでお茶がおいしければなあ・・・・
AR256.jpg

窓際にお花と館内電話と電灯。
AR268.jpg

館内電話はやけにレトロです。
AR269.jpg

拡大鏡も置いてありました。設備は充実していますね。
AR270.jpg

部屋付き露天は二段ばかし上がっていきます。
AR260.jpg

直径は大きく、足が伸ばせます。しかし円形なので2人入るのはちょっときつい感じです。
AR262.jpg

湯の出口に保温シートが掛けられていました。
AR302.jpg
単純硫黄冷鉱泉(低張性・アルカリ性)14.8度 PH9.4 という表示でした。
お湯は無色透明ですが、アルカリが強く、ぬるぬるしています。お肌がすべすべになります。
福島の宿・米屋ほどではないですが、それに次ほどのぬるぬる、すべすべ温泉です。
秩父でこんなに良い泉質があるとは驚きでした。

特に相方がこの湯を気に入り、ずっと入っていました。

温度も比較的低く、ずっと入っていられます。
もっとも、湯温が下がってくると、ボイラーで湧かしたお湯が出てくるので、急に熱くなりますが。

大浴場にも行ってみました。玄関を左に折れて、いったん表に出ます。
AR288.jpg

のれんをくぐると自動ドア。
AR289.jpg

ドアを開けると自動販売機が置いてありました。
AR416.jpg

その反対側にはカップ麺の自動販売機が!
AR415.jpg

大浴場棟の玄関を入った正面の写真。右のロッカーの横は休憩所とマッサージ所です。
AR417.jpg

男湯の脱衣場。奥が洗面コーナーです。体重計もレトロ。
AR340.jpg

奥に洗面台。
AR342.jpg


大浴場は広いです。そしてやはりぬるめです。
AR346.jpg
ぬる湯好きの私はずっと入っていましたが、熱湯好きの人だともの足らないかもしれません。
窓の向こうに露天風呂がありますが、露天風呂は小さくて、入る気がしなかったです。

手前の桶が源泉槽です。
s-DSC01442.jpg
冷鉱泉なので冷たいですが、大浴場に入って、源泉に入って、また大浴場に入って、源泉に入って
を繰り返すと、源泉の冷たさが病み付きになります。毎日入ってしまいました。

小さいけれどサウナもありました。
AR347.jpg
元気ならサウナ、源泉、サウナ、源泉のほうが、より暖まりそうです。

ここは日帰り入浴もやっていて、検索すると日帰りで入った人のブログが多いですね。

その3につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ