時の宿 すみれ 宿泊

2011年7月に時の宿すみれに泊まってきました。FC2ブログ

山形県米沢市にある、湯の沢温泉、時の宿すみれはお二人様専用の宿です。
すごい割り切りようですよね。
親会社が牛肉屋さんなので、米沢牛を使った料理がウリです。

どのブログを見ても、みなさん料理がおいしい、
と言っているので、一度泊まってみたかった宿です。

今回はJR東日本<びゅう くつろぎの時間>パンフレットのコースで行ってきました。
これは、
アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、
チェックアウトまでふとん敷きっぱなし、新幹線車内でコーヒー付き

というお得プランです。

時の宿 すみれ
山形県米沢市関根12703-4
TEL:0238-35-2234
FAX:0238-35-2236
時の宿すみれのホームページは→【http://www.tokinoyado.com/

山形新幹線 つばさ247号で東京駅から出発です。
s1654.jpg s1656.jpg

お昼はマイセンのカツサンド。
s1658.jpg s1660.jpg

特典のコーヒーを頂きました。いつもながら、苦み走って美味しいコーヒーでした。
いつもながら、キンキンに熱いコーヒーでした。

14:19に米沢駅に到着。
1662.jpg

予約をしておくと、駅前に迎えのワゴンが来てくれます。
1663.jpg

なんだかやけにゆっくりと一般道を走るワゴン。ぴったり40kmを維持です。
門をくぐって、宿の敷地内に入ると、ますます速度を落とし、時速8kmくらいでゆっくりと玄関前に。
何かの演出なのでしょうか???

1763.jpg

宿に着くと男性従業員さんがお出迎えです。
1769.jpg

階段を上って左にある巨大な看板
1762.jpg

フロントの脇を通り、
1771.jpg

ピアノのあるロビーに通されて、宿泊カードに記入。
1792.jpg

冷たい抹茶とメレンゲのお菓子でほっと一息。
1666.jpg
この宿はすべてそうなのですが、器がひとりひとり違います。

休憩の後案内されたのは、二階の部屋「げんじ」一番端の部屋でした。
1669.jpg

1668.jpg

やや狭い踏み込み。正面が主室。
1671.jpg

踏み込みの右手には下駄箱と大きな鏡。
1672.jpg

踏み込みの左手はトイレです。
1673.jpg

ウォシュレットの快適なトイレ。
1674.jpg

げんじの部屋は8畳+広縁ですが、広く感じます。
1675.jpg

反対側から。
1680.jpg

床の間の花もおしゃれです。
1684.jpg

きれいで、清潔な部屋です。お金もかかっているし、手もかかっています。
家具や、道具にこだわりがあって、非常に落ち着いた雰囲気でした。

「げんじ」は、すみれでは一番狭い8畳の部屋です。
ホームページの写真を見ると、すみれは各部屋が全部異なっているようでした。
「びゅう」プランでは8畳以外は選べないので、
直接予約をしないと、他の部屋には泊まれませんね。

窓からの景色。玄関の上あたりですね。正面が宿入口方面。
1707.jpg

8畳とは別に広縁のような感じに椅子テーブルが置いてあります。
後ろに見えるのは洗面台と、冷蔵庫、コーヒーセットの棚です。
1681.jpg
椅子は座り心地の良いもの。高級品っぽいです。

洗面台は狭いです。他に場所がないので、無理矢理作った感があります(笑)
1688.jpg
まあ、歯を磨いたり、髭を剃ったりする分には十分ですがね。狭いですが、おしゃれです。
アメニティは豪華ではないですが、これも必要かつ十分です。

扉の中に、冷蔵庫とコーヒーセットが置いてあります。
s1689.jpg s1690.jpg
ドライヤーとティッシュもありました。
1691.jpg

キーコーヒーのドリップコーヒー1組と紅茶ティーバッグが2組。
1692.jpg
コーヒー好きの私たちにはうれしいものでした。コーヒーカップが手になじんで、私好みでした。
売店で売っていたので、買って帰ろうかな?とも思いましたが、ちょっと重かったので断念。

ポットは湯沸かし専用の物のみ。保温する物はありません。
1693.jpg

冷蔵庫の中。すべて有料です。自分で用紙に書いてフロントに持って行く方式です。
1694.jpg

1695.jpg
冷蔵庫飲料
缶ビール各種400円・缶チューハイ各種300円、缶ジュース・コーヒー各種200円
ペットボトル350ml200円・ペットボトル500ml200円、アイスクリーム300円・スナック250円
と書いてありました。まあまあ良心的な値段ですよね。

冷凍庫に入っているハーゲンダッツ。食べませんでしたが、魅力的ですね(笑)
1697.jpg

8畳の押し入れの中に金庫と殺虫剤あり。
1699.jpg

ちなみにテレビはありません。私はテレビを見ないので問題なしですが、これは賛否両論でしょうね。
でも、ニュース位は見たかったです・・・。

鍵が2つ!ポイント高いです。
1701.jpg
何年か前の他の方のブログを見ると、鍵が1個、と書かれているので、
ここ数年で改良して進歩したのでしょうね。大浴場に行くのに大助かりです。

棚のコーヒーセットとは別に、8畳の机の上にお茶セット。
1714.jpg
お茶パックに入っているので、期待せずに飲んだら意外と美味しかったです!ポイント高し!

広縁の洗面台と反対側に洋服掛けがあります。中に浴衣などが置いてあります。
s1685.jpg s1686.jpg

フェイスタオル、バスタオル、たびソックス、浴衣、作務衣がありました。
1687.jpg

作務衣があるのはありがたいです!
1711.jpg
一回も浴衣を着ずに、作務衣で過ごしていました。楽チン楽チン。
ただ、フェイスタオルが薄いのにびっくり!高級旅館らしからぬタオルでした。

タオル掛けは普通。
1713.jpg


大きな地図で見る

その2につづく・・・



スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

新木鉱泉 その6

2011年5月 新木鉱泉 宿泊 その6 朝食編2日目 FC2ブログ

新木鉱泉
〒368-0004埼玉県秩父市山田1538
TEL 0494-23-2641
FAX 0494-23-2643
チェックイン 15:00 (最終チェックイン:18:00)
チェックアウト 10:00
総部屋数 14室

新木鉱泉のホームページは→【http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/5828/5828.html

宿泊プラン
【楽天トラベルアワード】2年連続受賞記念 露天風呂付客室・大感謝・特典付プラン

部屋タイプ
露天風呂付和室 12畳マッサージ機付
【せせらぎの間】御影石風呂、掘りこたつ、ウォシュレットトイレ付


特典
チェックアウト11時(通常10時)
大人の方全てに秩父地ビールまたはソフトドリンク付
お子様にお菓子袋としゃぼん玉(2歳~小学生のお子様に)
お着き菓子に秩父名産の小昼飯付(ごじゅうはんつき)
大人女性の方に1,000円分のお土産件付


料金
27,990円@×2名=55,980円
連泊したので合計111,960円

楽天トラベルで事前カード支払い。

新木鉱泉(あらきこうせん)連泊の2日目の朝食です。大広間で。
AR463.jpg

1日目とは少し違っていました。野菜ジュースは同じ。
AR464.jpg

きんぴらごぼう。あまり辛くないです。
AR466.jpg

サラダ。
AR467.jpg

納豆は同じ、大粒納豆。
AR468.jpg

一日目は茶碗蒸しでしたが、二日目は卵焼き。
AR469.jpg

なにかの味噌和え。生姜入り?辛くてご飯が進みます。
AR470.jpg

美味しい漬け物。ご飯が何杯でも食べられちゃう感じ。
AR471.jpg

焼き魚はほっけ。秩父でほっけ?と思いますが、美味しいです。
AR472.jpg

すいとん。やはり美味しい。
AR473.jpg

味噌汁は席に着くと従業員さんが持って来てくれます。
味噌汁の具は一日目と同じです。出汁の美味しい味噌汁です。
AR474.jpg

ご飯も従業員さんが持ってきてくれます。おいしいご飯。
AR475.jpg

朝食にデザートがないのは残念でしたね。ヨーグルトでも欲しいところです。

チェックアウトは11時だったので、無料コーヒーを頂いて、部屋でゆっくり。
部屋付き露天風呂に入り、至福の時を過ごしました。

楽天トラベルアワード受賞記念の特典で、女性のみ館内お土産券が1,000円分付いていたので、
新木鉱泉オリジナル石鹸と、味噌をもらいました。
AR278.jpg

マイクロバスで西武秩父駅まで送ってくれます。
AR481.jpg

西武秩父駅で弁当を買いました。岩魚すし。
AR493.jpg
特急レッドアローの中で食べてしまいました。美味しいお弁当でした。

新木鉱泉の感想。

良いところ
◎食事が大変おいしい。
◎温泉の泉質がとても良い。とろとろ、すべすべ温泉。
◎せせらぎの間は広く、きれいで、静か。別世界です。
◎せせらぎの間はマッサージチェア二台あり。快適です。
◎女将さんも従業員さんも親切、丁寧。
◎大浴場の源泉(冷鉱泉)も良いです。
◎アメニティ充実。
◎朝の無料コーヒーはうれしい。

いまいちなところ
△鍵が一つ。
△トイレのウォシュレットが壊れていて水の勢い弱かった。
△部屋に台ふきんなし。
△お茶が美味しくない。
△夕食のデザートは食後に出して欲しい。
△せせらぎの間の入り口は少しカビ臭かった。
△大浴場の露天風呂は少し狭い。

西武秩父は私の自宅から比較的近いので、気楽に行けます。
食事のおいしさと温泉の泉質の良さでぜひ、再訪したい宿です。

次回もせせらぎの間がいいですね。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ