嵯峨沢館 その3 夕食編

嵯峨沢館 その3 夕食編 FC2ブログ
2011年11月 一泊二日宿泊

夕食の時間はは6:00と6:20と6:40から選べます。20分おきとは細かい・・・
私たちは6時にお願いしました。嵯峨沢館の夕食は2階の食事処でいただきます。
s2802.jpg s2803.jpg
6時に行くと、個室に案内してくれます。
2766.jpg
入り口は開放されているし、隣はドア一枚なのでまわりの声は聞こえます。BGMあり。

すでにこれだけ並んでいます。お品書き付き。
2769.jpg

食前酒 あんず酒
2770.jpg
あんずの香りが良く出ていてとても美味しいです。

お通しと前菜 きれいですね。
2771.jpg

お通し 風呂吹き蕪・朴葉蒸し、菊花・滑子おろし和え
2772.jpg
朴葉を開けるとこんな感じに。
2784.jpg
くるみも添えてあります。白味噌?味もします。
朴葉はスプーンで食べます。美味しいです。

壬生菜 焼椎茸からし浸し
2773.jpg

名残り松茸ずし、青味大根、新からすみ、桜海老サンド
2774.jpg
松茸の上にわさびが乗っていて美味。大根はぱりぱり。
からすみは軽く炙ってあります。塩っぱくて、濃厚な味。うまうまです。
これだけで酒がいくらでも飲めそうです(笑)
からすみなんて何年ぶりなのでしょうか?
桜海老を揚げパンで挟んである桜海老サンド。美味しいですが、ちょっと脂っぽい。

豆慈姑(まめくわい)蜜煮、スモークサーモン絹田巻、えび芋雲丹やき
2775.jpg
スモークサーモンを巻いてある大根が酸っぱくて美味しい。
えび芋の上に乗っているたくさんの雲丹が美味しい。

熱燗を飲みました。静岡のお酒、杉錦本醸造 一合750円
2779.jpg
辛口の美味しいお酒でした。後味に不思議な香りがします。

ここから続々と運ばれてきます。
椀盛り 白味噌仕立て、秋の実団子、畑しめじ、結び三つ葉、水芥子、人参
s2780.jpg s2781.jpg

2782.jpg
秋の実団子の中は、里芋のすりつぶしに銀杏、栗、帆立です。美味しい。

食べる暇もなく、どんどん運ばれてきます。
大きなお皿でド迫力です。思わず「うわー!」と言ってしまいました。
造里 旬の恵み 季節の品
2785.jpg

甘鯛、ぼたん海老、平貝 海老の足は唐揚げにしてあります。
2787.jpg
平貝の下に千切りかぼちゃが敷いてあります。
刺身も美味しいですが、唐揚げがパリパリで美味。

さより、本マグロ中トロ、赤身
2788.jpg
どれも一切れづつですが、大変美味しいです。

本わさびを従業員さんが擦ってくれました。
2786.jpg
大変おいしいわさびでした。どかどか使ってしまいました。

焜炉 黒毛和牛とたらば蟹の炙り 橙酢、胡麻だれ、薬味
2789_20130405204841.jpg
固形燃料で焼きます。かぼちゃ、しめじ、長ネギ、ししとうもあります。
2790.jpg
肉も蟹もうまうま!

焼物 吹き寄せ盛り
ぐじ塩焼き、手長海老、焼ぐり、銀杏、黒米ちまき、煎餅
2791.jpg
甘鯛の塩焼き。煎餅とお品書きに書いてありますが、さつまいものチップです。
「丸十のチップス」という言い方を従業員さんが使っていました。
2792.jpg
ぐじ(甘鯛)はべらぼうに美味しいです。絶品。
ちまきは黒米が入っていて、もちもちしています。
2793.jpg
ちまきは塩がきいていて、とても良い香りがします。
どれもこれも手が込んでいて感心してしまいます。しかも美味しい。

炊き合せ 
子持ち鮎煮浸し、白ずいき、牛蒡昆布巻、里芋、京人参、菊菜、柚子、生麩
s2794.jpg s2795.jpg
炊き合わせアップ。
2796.jpg
鮎は柔らかく美味しい。ほとんどお腹いっぱいです。

食事 炊き込みご飯止椀 袱紗仕立て、香菜 三種盛り
s2797.jpg s2799.jpg

2798.jpg
炊き込みご飯は、むかご、三つ葉、白ごまが入っています。もちもちして美味しい。
止め椀には長芋、豆腐、三つ葉入り。香菜はごぼう、かぶ、杓子菜(?)

満腹で苦しいです。

食事と一緒にお茶が運ばれてきました。途中で喉が乾いてお水をお願いしました。
お水かお茶のポッドを置いておいてくれると、助かったのですがね。

水菓子 季節の恵み 器が面白いです。
2800.jpg
フレッシュフルーツのココナッツミルクがけでした。
苺、キウイ、ぶどうのゼリー、白玉、巨峰、ブルーベリー、マンゴー、柿と
たくさん入っていました。
フルーツは美味しかったですが、ココナッツが余り好きでないのでいまいちでした。
2801.jpg
夕食はどれもこれも美味しいです。絶品と言っても良いです。
お茶、お水の用意がなかったので残念でしたが、
見た目も楽しく、バラエティに富んだメニューですばらしいです。
これといった名物料理がないですが、これだけ美味しければ十分です。
嵯峨沢館料理長・濱中純二さん、ありがとうございました。

部屋に帰るとふとんが敷いてありました。
2805.jpg

部屋の露天風呂に入った後、寝てしまいました。

その4につづく・・・・

スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

嵯峨沢館 その2 風呂編

2011年11月 嵯峨沢館 その2 風呂編FC2ブログ

【嵯峨沢館】
〒410-3209  静岡県伊豆市門野原400-1  TEL 0558-85-0115

嵯峨沢館のホームページは→【http://www.sagasawakan.com/

部屋付き露天風呂に出るドアは縁側の右側に。
2667.jpg
開けると左が露天風呂、右は洗面台です。
脱衣籠の中にバスタオルが置いてありました。全部で3組もある贅沢さ。
2668.jpg
ここも床暖房で暖かく幸せでした。

風呂場の脱衣所には体を洗う網目状のタオル(ナチュラルコットンタオル)
まで準備されています。いたれりつくせり。
2695.jpg

広い洗面台。タオル掛けも長く、バスタオルがかけられます。
2669.jpg
高級旅館はこういうところがすごいですね。

ドライヤー、化粧品。
2672.jpg

歯ブラシセット、ミニタオル。
2670.jpg

部屋付き露天風呂に出るドア。
2673.jpg
ドアを開けると・・・。
2674.jpg
多分源泉掛け流しです。温度は私たちにはちょうど良い、ぬるめ。
上が熱く、下がぬるいので、入る時は湯揉みが必要です。
2675.jpg
広そうに見えましたが、足が完全に伸ばせない直径。二人入るのも少々狭い。残念です。
あと少し直径が長いか、四角な風呂桶だったら良かったのですが・・・・

川の対岸は民家があるので、見えないようになっています。おかげで展望はほとんど無しです。
2676.jpg

洗い場も付いていますが、完全に外なので寒い。一度も使いませんでした。
2679.jpg

シャンプーはツバキ。さすが高級旅館です。
2680.jpg
狭い、展望無しなどど文句を言いながら何度も入ってしまいました(笑)
やはりなんと言っても部屋付き風呂は良いものです。

休憩した後、館内を散策することにしました。玄関入って右を向いた写真。
2702.jpg

嵯峨沢館は横に長~い旅館です。ロビーの横に、元はバーか何かの部屋だったところが、
休憩室に解放されていて、コーヒーが無料で飲めます。
2706.jpg
ドーベルマンの置物がお出迎え。
2708.jpg

キーコーヒーでしたが、美味しかったです。
2709.jpg

休憩所の横はプールみたいなものがありました。
プー呂という名前が付いていました。温泉なのでしょうか?確かめなかったので不明です。
2716.jpg

廊下をずんずんと歩いて行くと、ハーゲンダッツの自動販売機を発見。
ジュースの自動販売機もありました。
2718.jpg

マッサージチェアも発見。二台置いてありました。
多分無料だと思います。これもはっきり確かめなかったので違うかも知れません。
(まささんからのコメントがありました。やはりマッサージチェアは無料だそうです。)
2719.jpg

無料のお茶とお水も置いてあります。サービス満点です。
2721.jpg

2722.jpg


嵯峨沢館は12個も風呂があります。
無料の貸し切りは山側にあります。3つは開いていればいつでも入れます。
ただし、ジャグジー付きの薊(あざみ)の風呂だけは予約制です。
2726.jpg

貸し切りのうちの一番大きかった海石溜(つばき)に入りました。
2727.jpg

脱衣所もまあまあ広く、設備は不足なし。
2729.jpg

洗い場はカランが一個ですが、これで十分です。
2728.jpg

風呂は二人で並んで入れる大きいものです。ゆったりできます。
しかし窓が全くなく、展望ゼロ。開放感ゼロです。
2730.jpg

他の貸し切り風呂も覗いてみましたが、どれも風呂桶が狭そうです。
桔梗の湯。
s2731.jpg s2732.jpg

2733.jpg

石楠花の湯。
s2735.jpg s2736.jpg
↓の風呂は一人でも狭そうでした。
2738.jpg

早い時間だったので誰もいないのを確かめて大浴場っぽい渓流の湯を覗いてみました。
2739.jpg
規模はコチラの方が小さいですが、あせび野の大浴場と雰囲気が似ています。
それでも相当広いです。ここだけでも充分というくらい広い風呂でした。

蔵の湯も覗いてみました。
s2741.jpg s2742.jpg
これもかなり広い風呂です。
2743.jpg

せせらぎの湯
2820.jpg
脱衣場から、オサレなドアをくぐると、
s2823.jpg s2824.jpg

広~い内風呂。大浴場と言ってもいいくらいです。
2825.jpg

なんともオサレなデザイン。
2826.jpg

一番端に露天風呂があります。
s2828.jpg s2829.jpg

露天風呂、脱衣場。
2830.jpg

露天風呂。
2831.jpg

サウナ有り。
2833.jpg

風呂が沢山ありすぎて、とても全部入ることが出来ません。
もっとも源泉は同じなので、どの風呂も同じと言えば同じですが・・・

有料ですが岩盤浴もあり、館内で湯巡りが出来ます。これは楽しいですよ。
しかし横に長いので、かなりな距離を歩かされます。
この風呂の数に対して、客室が22しかないので、風呂は空いています。
嵯峨沢館なら、客室露天風呂がなくても良いかも、と思いましたね。

その3 夕食編につづく・・・


テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

嵯峨沢館 その1

2011年11月に嵯峨沢館@伊豆に泊まってきました。FC2ブログ

近くにある「あせび野」の姉妹館です。

インターネットの早割プランで申し込むと少し安くなるので、
早割プランで泊まってきました。

プラン:【早割・早特】30日前までのお申し込みで最大1万円お得
     露天風呂付き和室
  @27,090円×2(入湯税300円)

今回は車で行きました。
早起きをして、御殿場アウトレットに寄り、買い物をしてから伊豆に向かいました。

昼食を「東府や ベーカリー&カフェ」で取ることに。
ここは昔「芳泉荘」という旅館だったところです。一回だけ宿泊したことがありますが、
家族経営に限界があったのか、廃業してしまいました。
2616.jpg
貸し切り風呂のあった本館は、出入り自由のギャラリー(?)のようなものになっているようでした。

以前は生簀に使用していたプールの横にベーカリー&カフェが新設されていました。
2597.jpg
プール際には足湯が作られていました。
2610.jpg

伊豆の山の中なので結構寒かった・・・。建物の中で食事を取りました。
2607.jpg
場所的には主道路から脇にそれた、辺鄙な場所なのですが、
駐車場には車がたくさん駐まっていてびっくり。
お店には人であふれていました。どうやらおしゃれな雑誌に載ったようで、大勢客が居ました。

並んでいるパンを自分で選ぶことも出来ますが、今回はトリプルブレッドセット(@880円)に
ドリンク(@150円)とデザート(@200円)を付けました。
2603.jpg
どれも美味しいですが、特にスープのミネストローネが美味しかった~。

量は少なめで、がっつり食べる男性には物足らないでしょうが、
味は美味しいです。また食べたいです。
2599.jpg
お土産用にケーキなども置いてあります。パウンドケーキが美味しかったので
買って帰ろうかと思いましたが、今回は見送りました。

嵯峨沢館チェックインが2時30分なので、それに合わせて行きました。東府やからは十分位です。
2859.jpg
高級感溢れる重厚な建物。車を止めると従業員さんが飛んできました。
あせび野にもある乳母車のようなカートで館内に案内されました。
2817.jpg

さすがに2時半前に着いたので一番乗りでした。
落ち着いたロビーに案内されて、ウエルカムドリンクのサービス。
2704.jpg
ロビーだけで圧倒されます。

テーブルの上にはおせんべいが。多分自由に食べて良いものだと思います。
2618.jpg
高級旅館はこういうところが違いますね。

ウエルカムドリンクは抹茶ミルクでした。美味しいです。
2624.jpg
お菓子は「やま柿」というものでした。
2623.jpg
干し柿のような甘くて美味しいお菓子でした。

宿泊カードに記入した後部屋に案内されました。
2640.jpg
ロビーから廊下を渡って一番手前の部屋「祇園」でした。

一階の部屋「祇園」。廊下から数段下がったところに入り口があります。
2642.jpg
ドアを開けたところ。踏み込みは広いです。きれいです。
2643.jpg

左下にあるのは使い捨てスリッパ。
マジックで好きに名前や絵が描けます。あせび野と同じですね。
2644.jpg

踏み込みの左側にある冷蔵庫。
s2646.jpg s2647.jpg
上は自由に使えるもの。下は飲料が入っていて申告するもの。

上の冷蔵庫に入っているミネラルウォーターは無料です。
2648.jpg

ビール(中)602円、ビール(小)459円、缶ビール350ml245円、ジュース類147円
と比較的良心的価格かな?
2649.jpg

踏み込みの奥はトイレ。ウォシュレット付き。きれいです。広いです。
2651.jpg
トイレの床はなんと床暖房付き!暖かくて幸せでした。すばらしい設備です。
2652.jpg

トイレ内の手洗い場は面白い形でした。
2653.jpg

部屋は12畳プラス縁側で広々としています。数年間に改装したらしく非常にきれいです。
2625.jpg

反対側からの写真。真ん中の襖が入り口です。左の襖は洋服かけ。
2630.jpg
テレビは32インチなのですが、部屋が広いため小さく感じます。

床の間、テレビの反対側。
2632.jpg

縁側も広く、椅子も快適なもの。
2662.jpg
小さいですが庭に降りることが出来ます。庭の向こうは川。

部屋の机の上にお茶菓子がありました。
2683.jpg

かわはぎ小判、温泉饅頭(うぐいすあん)、昆布。
2684.jpg
3種類もお菓子があって、どれも美味しかったです。
2685.jpg

鍵は二つあります。さすがです。ここは風呂がたくさんあるので、鍵二つはありがたいです。
2686.jpg

お茶は棒茶ほうじ茶の二種類用意されていました。
2633.jpg
静岡の宿なのでやはりお茶がおいしい。
s2636.jpg s2637.jpg

部屋に案内してくれた従業員さんが黒豆茶を持ってきてくれました。味は微妙でした・・・
2634.jpg

ふすまを開けると金庫と鏡が出現。ここに洋服がかけられます。
s2655.jpg s2656.jpg

テレビはパナソニックの32インチ。
s2657.jpg s2758.jpg
テレビの脇に文箱がありました。何かと思ったら、宿の感想を書く帳面でした。沢山書いてありましたよ。

テレビと反対側に浴衣などがおいてありました。
2658.jpg

浴衣、丹前、作務衣があり、作務衣好きの私たちは部屋にいるときはずっと作務衣でした。
2659.jpg

フェイスタオル、バスタオル、足袋ソックス。あと櫛や髪の毛をまとめるゴムもありました。
2660.jpg
バスタオルは全部で3組もあり、フェイスタオル、たびソックスも厚手の物。
高級旅館の豪華さを見せつけられます。

その2につづく・・・・

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ