おとぎの宿 米屋 2012年7月 その3

2012年7月 おとぎの宿 米屋 その3 FC2ブログ

館内も前回(昨年10月)とほとんど変わっていないので、簡単に。

玄関を入ってすぐの左手にある小部屋「おとぎ文庫」。昔は売店でしたが、今は本が置いてあり、
ライブラリーのような感じになっています。パンフレットなんかも置いてあります。
y2105.jpg y2106.jpg

売店「shop森のおへそ」。化粧品、下駄、食器、食べ物、いろいろ売っています。
y2115.jpg y2114.jpg

レジ前。部屋のお菓子も売っています。オリジナル塩クッキー、最中。
あときゅうりの漬物も売っていました。
y2110.jpg
岩瀬きゅうり一本漬け(650円)とオリジナル塩クッキー(420円)をお土産に買って帰りました。

売店から大浴場への廊下。右側の庭には足湯と源泉の飲泉所
y2116.jpg

足湯と源泉の飲泉所。「およねちゃん」というお地蔵様(?)もいます。
y2366.jpg y2367.jpg
夕方行ってみたら、本を読みながら足湯に使っているカップルがいました。
タオルもあるので安心して足湯に浸かれます。

大浴場は昨年2011年に改装されて新しくなりました。左側はエステルーム。
廊下に置かれている蛇のようなオブジェは何だか分かりません・・・。
y2117.jpg

大浴場は時間で男女交代制です。露天風呂が違うくらいで、内湯はほとんど同じような感じです。
y2118.jpg 
広い脱衣場、隅々まできれいです。清潔感にあふれていて、とても気持ちが良いです。
y2119.jpg y2120.jpg
お水、体重計、扇風機あり。タオルは山積みなので手ぶらでも大浴場に行けます。
y2121.jpg y2122.jpg
かみそり、綿棒、化粧品などアメニティもばっちり。
y2126.jpg y2127.jpg

大浴場。湯温は適温に調節されています。カランも多いので塞がることは無い様に思われます。
y2123.jpg
全室客室露天風呂つきなので、大浴場は空いています。
y2124.jpg y2125.jpg
広い風呂を独り占めをする開放感。至福の時ですね。

もう一方の大浴場。
y2389.jpg y2388.jpg
ほとんど同じです。
y2373.jpg y2374.jpg
どちらにもミストサウナつき。
y2375.jpg y2376.jpg
こちら側の露天風呂には人がいなかったので写真を撮りました。露天風呂は二つあります。
y2377.jpg y2378.jpg
大浴場から少し距離があるので、冬は寒そうです。
y2379.jpg y2380.jpg
露天風呂はそれほど広くないですが、なにせ入っている人がほとんどいないので、
あまり問題にならないでしょう。
鳥の鳴き声と、風の音、木々の葉がすれる音しかしません。至福・・・。

昨年の改装で、昔の朝食会場の前にラウンジ「おとぎの森」が出来ました。
入り口に七夕の名残でしょうか、笹の葉に短冊が下がっていました。
y2128.jpg y2129.jpg
時間内は自由に出入りできて、ソフトドリンクは無料です。落ち着ける空間です。
y2132-1.jpg
大浴場の待ち合わせに使われることが多いみたいですが、本を熱心に読んでいるカップルもいました。
部屋に持ち帰り用に紙コップも置いてあります。持ち帰る人が多かったですね。
y2130.jpg y2131.jpg
コーヒー関係、紅茶、オーガニックデトックスティー、グレープフルーツジュース、
オレンジジュース、りんごジュース、飲み放題です。

高級旅館の余裕を感じますよね。

その4につづく・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

おとぎの宿 米屋 2012年7月 その2

2012年7月 おとぎの宿 米屋 宿泊 その2 FC2ブログ

おとぎの丘「うさぎのさんぽ」の部屋。
y2050-1.jpg
9.5畳+洋間7㎡とJTBのパンフレットに書いてあります。
広々としていて気持ちが良い部屋です。明るいし、清潔感あふれています。
隅々まで清掃されていて気持ちよく、快適に過ごせます。

「はっぱのおくりもの」「はなびらひらり」と全く同じ作りです。違うのは椅子だけです。
y2055.jpg
うさぎのさんぽはソファでした。長さは短いですが、座り心地の良いもの。
ソファの横は空気清浄機。動かすと結構音がうるさいです。
しかもリモコンの説明が無く、どのボタンが何の機能なのか全く分からず・・・。
部屋にリモコンのボタン説明書が欲しいです。

洗面所入り口から反対側を撮ったもの。
y2057.jpg
左端は洋服掛け、真ん中の床の間っぽいところの下に金庫代わりの引き出しがあります。
鍵は二つ。
y2061.jpg

部屋のお菓子は毎回同じです。美味しいです。
y2063.jpg
饅頭はかなり甘いです。クッキーはお土産に買って帰りました。
y2064.jpg y2065-1.jpg

テレビはデジタルになっていました。シャープアクオス32インチ。テレビの下にDVDプレイヤーあり。
y2066.jpg y2067.jpg
テレビの横にはかわいい置物がありました。
y2068.jpg
「うさぎのさんぽ」の為か、フライングうさぎの置物が!(笑)
y2069.jpg

電話とメモ帳。その下の引き出しは、引き出しに鍵がかかって、金庫代わりになります。
容量も大きくて、たくさん入ります。
y2070.jpg

洋服かけの中にはパジャマ、浴衣、羽織(袖無し)、足袋ソックス。大浴場用の籠。
浴衣のサイズ表も置いてあります。足袋ソックスは厚手で、底に滑り止め付きの良い品。
y2072.jpg
浴衣は二枚ずつ用意されています。パジャマがあるのはうれしいです。着心地抜群です。
y2073.jpg

部屋付き露天風呂。風呂の横の壁板は閉めることも出来ます。
とろとろのグリセリンのような泉質。PH8.9。やや黄色味がかかっていて、入っていると体中に泡がつきます。
下の飲泉所で飲んでみたら、少し硫黄臭がしました。とてもよい温泉です。肌がすべすべになります。
y2076.jpg
大きさは内径で、縦138cm、横80cmです。二人で並んで入れます。深さ51cm。
y2079-1.jpg

露天風呂の横に休憩用の椅子(と言うか板ですが)が置いてあって、そこからの風景。
y2078.jpg

温泉は源泉が51.4度なので、加水してあります。自分で調節も出来ます。
前々回、前回とも湯温が高く、薄めないと入れなかったのですが、今回はぬるく調節してありました。
夏場はぬるくするのでしょうか。湯温は40.1℃、湯口は41℃でした。
ぬる湯好きの私たちには丁度良い温度でした。長時間入っていられます。
y2082.jpg
風呂の横に温泉の表示板が貼ってあります。
表示板の横には、湯をかき混ぜる、湯もみ棒も置いてあります(写真には写っていませんが)。
y2097.jpg

洗面所と洗い場。洗面所は使いやすいです。
y2096.jpg
洗い場。スペースも十分なので、大浴場に行かなくても、この部屋だけで十分用が足ります。
y2084.jpg
サラヤのシャンプー。高級そうです。
y2086.jpg

洗い場から洗面所を見たところ。
y2088.jpg
籠の中にはバスタオル二枚、ガーゼタオル二枚。足ふきマットも二枚。
y2089.jpg
さすが高級旅館、ガーゼタオルは収納ケース付き。売店で販売しています。
y2090.jpg

歯ブラシセット、コットンセット(コットン、綿棒二個ずつ)、シャワーキャップ、かみそり、
シェービングジェル、ヘアーブラシとアメニティは十分です。ドライヤー有り。
y2094.jpg
化粧品は女性用がポーラ、アイエス、アロマエッセ。男性用は資生堂でした。
y2092.jpg y2093.jpg
と、長々と書いてきましたが、実はソファ以外は前回と全く変わらないのですよね・・・。
最後まで見ていただいた方、ありがとうございました。お疲れ様です。

その3につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

おとぎの宿 米屋 2012年7月

2012年7月
おとぎの宿 米屋@須賀川に泊まってきました。FC2ブログ

エースJTB 「優雅」
おとぎの丘プラン 和室・内風呂なし
9.5畳+洋間7平方メートル・露天風呂+シャワールーム付


往復東北新幹線・東京駅発着 @44,300円(宿泊のみは33,900円)
(早割60で@2,000円引き)で、正味@42,300円でした。


おとぎの宿 米屋
〒962-0043 福島県須賀川市岩渕字笠木168-2
TEL:0248-62-7200 FAX:0248-62-7131 E-mail:info@e-yoneya.com

米屋さんのホームページは→http://www.e-yoneya.com/

米屋さんは三回目の宿泊になります。ここのところ毎年訪れています。
前回2011年10月のレポは→http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-37.html

東京駅発 11:40の新幹線・やまびこに乗って、
y2001.jpg
東京駅で最近の定番、まい泉のカツサンドを買いました。
y2003.jpg y2004.jpg
二人で6個。少ないですが、米屋さんの夕食に備えて、極力腹を空かせておこうという作戦・・・。

一時間二十分ほどで郡山に到着。在来線に乗り換えます。郡山で20分ほど待ちました。
y2006.jpg y2009.jpg

郡山から3駅で鏡石駅に到着。運賃@320円。
y2011.jpg y2013.jpg
手前の須賀川と異なり、駅前には何も無いです。淋しい・・・。
一台タクシーが停まっていましたが、先客が乗ってしまいました。

しばらく駅でぽつねんと待つこと数分。一台タクシーが帰って来たので、
早速乗り込んで、米屋にGO!

タクシーに乗っていたのは7,8分でしょうか。鏡石駅から料金1,490円で米屋に到着です。
二時前に着いてしました。
y2104.jpg y2103.jpg
当たり前ですが、昨年10月と全く変わらぬ佇まい。
y2099.jpg y2101.jpg
タクシーが玄関に着くと、早速従業員さんのお出迎え。すぐにロビーに案内されました。
ロビーに入るとなんだかほっとします。何故かとても落ち着くのです。
y2143.jpg
チェックインは通常三時なのですが、JTBのプランは二時チェックイン。
一番乗りだろう、と思っていたら既に先客が居ました。負けた・・・(笑)

ロビーでお茶とお菓子が出ました。
y2016.jpg
豆乳チーズケーキとピュアブラックティー(インドの紅茶らしいです)
y2018.jpg y2019.jpg
前回は米屋特製シフォンケーキでしたが、今回は豆乳チーズケーキ。
もちろんウマウマのケーキでした。紅茶も冷たくて美味しいです。

館内にかわいらしい置物があちらこちらにあるのも相変わらずです。
y2024.jpg y2027.jpg
宿泊カードに記入してしばらく待つと、従業員のお姉さんが来て部屋に案内されました。

今回はおとぎの丘のうさぎのさんぽという部屋でした。
前回は「はなびらひらり」で前々回は「はっぱのおくりもの」でした。
基本的にはそれらと全く同じです。違うのは椅子くらいでしょうか。
y2030.jpg y2031.jpg

踏み込みと右手にある履き物入れ。
y2033.jpg y2034.jpg
履き物入れの上にはかわいらしいうさぎの置物がありました。
y2035.jpg

踏み込みの右手には流しとお茶セット。下には冷蔵庫。上の扉の中にコップと湯飲みがあります。
y2036.jpg y2038.jpg
米屋は一階に無料ドリンクが飲める場所があるので、部屋ではお茶のみのサービスです。
y2037-1.jpg
お茶は緑茶の葉っぱをお茶匙で計るもの。美味しかったです。
湯沸かしはティファールの0.8リットル。保温ポッドはありません。

冷蔵庫は小さいです。中には無料のミネラルウォーターきゅうりの漬け物
y2040.jpg y2041.jpg
ミネラルウォーターは4本も入っています。
y2042.jpg

キュウリの漬け物は浅漬けで余り塩っぱくなく、とても美味しかったです。
y2043.jpg y2044.jpg

トイレは快適です。ウォシュレット付。芳香剤もなんだか可愛いです。
y2045.jpg y2047.jpg

踏み込みから部屋へ。
y2049.jpg y2050.jpg
おとぎの丘「うさぎのさんぽ」の部屋。


大きな地図で見る

その2につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

さくらんぼ狩り&はやぶさ温泉

2012年6月中旬にさくらんぼ狩り&はやぶさ温泉に日帰りで行ってきました。FC2ブログ

JRびゅうフルーツ王国山梨「さくらんぼ狩り」というパンフレットをもらってきて、ネットで予約しました。
02150ichi.jpg
びゅうのホームページは → https://www.travel.eki-net.com/higaeri/index.html?link_id=FlaHiga

はやぶさ温泉コースは往復特急券と昼食が付いて@9,000円(新宿発)
私達は立川で乗り降りしたので、800円引きになり@8,200円でした。

行きは立川8:59発の特急あずさ7号。ほぼ一時間で山梨・塩山に到着です。
h62004.jpg h62005.jpg
塩山の南口はそれなりに栄えていますが、北口は何もない淋しい風景でした。
駅にあるのはトイレと待合所と武田信玄の銅像のみです。

ここに迎えの車が止まっているはずなのですが、止まっているのはタクシーのみ・・・・。
旅行のパンフレットを何度見ても、ここで合っているよなあ?・・・、と待つこと十何分。
ようやく菊島フルーツ農園の車が来ました。何らかの事情で遅刻したようですね。
客は私達の他はもう一組のカップルだけでした。

車で5分乗ったか乗らないかで本日のさくらんぼ狩り菊島フルーツ農園に到着です。
山梨県甲州市塩山 下萩原2110 TEL/FAX 0553-33-4304

菊島フルーツ農園のホームページは → http://www.geocities.jp/kikusima_fruits/

h6022.jpg
ご家族で経営されているのか、車を運転してきた若い男性と、その奥様と小さいお子様のお出迎え。
さくらんぼ狩りはここから歩いて30秒位の所にあります。
h62019.jpg h62021.jpg
さくらんぼは3種類位違う木があるようでした。
h6014.jpg
下の方はあまりさくらんぼの実がついていなかったので、脚立に乗って上の方を食べました。
やはり佐藤錦がおいしかったですね。
さくらんぼ狩りは40分食べ放題ですが、20分位で満腹になってしまいました。

はやぶさ温泉からの迎えが11:20にならないと来ないので、しばらく菊島フルーツ農園で待ちました。
お土産のさくらんぼを頂きました。ありがとうございました。

はやぶさ温泉の迎えの車に乗り15分位でしょうか、あっという間にはやぶさ温泉到着。
山梨県山梨市牧丘町隼818-1 TEL 0553-35-2611
営業時間午前10時~午後9時(火曜日定休)
h6025.jpg
旅館のような外観ですが、日帰り温泉施設です。
その昔は旅館だったそうですが、今は日帰りのみ。二階は有料の休憩用個室があるようです。

このはやぶさ温泉は、毎年夏に桃を買いに来るついでに寄るので、
もう何度目が数えられない程来ています。しかし、いつもは温泉に入って一時間位で出てきてしまうので、
ゆっくりとしたことがありません。ここでゆっくりするのは初めての体験です。

h6065.jpg
この大広間のテーブルが一つ割り当てられます。フェイスタオル、バスタオル付き。
h62026.jpg h62027.jpg
はやぶさ温泉付近の案内図も用意されていて、散歩がてら歩くのもOKです。
昼食の時間を聞かれます。これはうれしかったですね。
てっきり食事の時間は決まっているものだと思っていましたから。
11:30に到着していたので、一時間後の12:30に昼食をお願いしました。

さっそく温泉に行きました。さすがにいつ行っても他にお客さんが居るので写真は撮れません。
はやぶさ温泉のホームページは → http://www.hayabusaonsen.com/
ホームページで温泉の湯口からどばどば出る様子が見られるので、興味のある方はチェックしてみてください。

湯量豊富なはやぶさ温泉はもちろん源泉掛け流し。湯量は半端じゃありません。あきれるほどです。
カランもシャワーも全部温泉です。しかも飲料可能なので、風呂場にコップが置いてあります。
アルカリ温泉で、硫黄臭がします。この日は特に硫黄臭が強くて、非常に幸せでした。

屋内と露天風呂があります。露天風呂は少しぬるめです。私は一般的には露天風呂の方が好きなのですが、
このはやぶさ温泉だけは屋内の風呂の方が好きなのです。何故だかは分かりません。
ここの屋内風呂に入っていると、幸せを感じるのです。不思議な風呂です。

一時半から食事ですが、その前に生ビール(中)650円を注文しました。
h62041.jpg h62042.jpg
おつまみは青葉のおひたし。非常に美味しいおつまみでした。これだけでもビールが何杯も飲めそうです。

食べ物が順次運ばれてきます。メニューはびゅうオリジナルメニュー。
h6044.jpg
煮物、漬け物、おかひじきの胡麻和え
h6045-1.jpg h62046.jpg
煮物には筍、人参、ちくわ、油揚げが入っていました。
h6047-1.jpg
おかひじきとは珍しいです。しゃきしゃきしていて美味しいです。

天ぷらは熱々が運ばれてきました。天つゆで頂きます。
h6051.jpg
かぼちゃ、ズッキーニ、うどの葉、百合根。さくさくでうまうま。

お造り。
h6052.jpg
まぐろと刺身こんにゃく。刺身こんにゃくは温泉で作ったそうです。
どちらも美味しかった。

ごはんおそばが運ばれてきました。
h62055.jpg h62056.jpg
そばアップ!
h6057.jpg
つるつるのおそば。普通に美味しい。

デザートはぶどう。デラウエアでしょうか?この時期にあるのが不思議です。
h6059.jpg
とても甘かったです。さすが山梨県といったところでしょうか。

以前にはやぶさ温泉で昼食を食べたことがあったのですが、その時は余り美味しく感じませんでした。
今回はどれも美味しくて、はやぶさ温泉の食事を見直しました。
今度来た時も食べてみようかな、と思いました。

11:30から15:50まで4時間以上もはやぶさ温泉に居られるので、非常にゆっくりと出来ます。
食後に二回も風呂に入って肌がすべすべになりました。

15:50に送りの車がはやぶさ温泉前に止まるので塩山まで送ってもらいました。
南口でお土産を買って帰りました。定番の「黒玉」と「鳥もつ煮」です。
s-DSC04702.jpg

帰りは特急かいじ118号に乗って、一時間ほどで立川に到着。とてものんびりして、楽しい一日でした。
また来年もこのツアーに行ってしまうかもしれません。



テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ