船山温泉宿泊2012年8月 その2

2012年8月中旬、船山温泉に泊まってきました。FC2ブログ

船山温泉宿泊 その2 部屋編

215室ベットルーム。広々としていますが、ベッドが置いてあるので若干狭く感じます。
f054.jpg
反対から見た入り口側。綺麗で清潔感にあふれています。ちとエアコンがうるさい。
f055.jpg

端には洗面所。その横に作り付けの机と、全面の鏡。この辺は洋室っぽいです。
f056.jpg

洗面所は液体石鹸とコップとドライヤーとタオルのみの簡素なもの。
ff088.jpg ff089.jpg
藤の椅子は座り心地抜群ですが、机と高さが合っていないような・・・。

マッサージチェア。マッサージチェアの後ろに空気清浄機。
ff084.jpg 
マッサージチェアは前に来た時よりも良いもののような気がします。
風呂上がりのマッサージが最高に気持ちが良いです。
一万円台の宿で部屋にマッサージチェアがあるのは船山温泉位かも。

扇風機もありました。机の上に冷水ポットもあります。至れり尽くせり。
ff093.jpg ff095.jpg

部屋で使うものは壁側にすっきりと収まっています。
お茶セットの入っている棚は扉を開けると自動点灯。快適です。
ff059.jpg ff060.jpg

ポットは2.2リットル電気ポット。手で押して給湯するタイプ。お茶はパックに詰めてありました。
ff063.jpg ff062.jpg
お茶は結構美味しいです。南部町のお茶なのですかね?
ドリップコーヒーも2つ置いてあります。足りなければ廊下に置いてあるので何杯でもお代わりOKです。

お茶セットの下は冷蔵庫。料金は高いです。館内の自動販売機の方が安いです。
ff206.jpg ff208.jpg

テレビも扉の中に収納。扉を開けるとシャープ・アクオス40インチ。でかいです。
ブルーレイ(BD)、DVD再生器もテレビに内蔵されています。DVDソフトは下で借りることも出来ます。
ff064.jpg ff065.jpg
私達は家から持って行った「英国王のスピーチ」を見ました。一時チェックインなので時間がたっぷり。

引き出しの中に浴衣、パジャマ、タオルセット、たびソックス。
f066.jpg
浴衣のサイズは聞かれなかったので、前回の記録が残っているのでしょうね。
パジャマが非常に快適です。部屋着を持って行く必要がありません。

ff184.jpg ff185.jpg
タオルと歯ブラシセット。風呂場にタオルが山積みなので、このタオルは身体を洗う用ですかね。
私達はボディタオルを持って行ったので、このタオルを使いませんでした。

体温計、ソーイング、爪切りの小箱も有り。全く以て細かい気配りのきいている宿です。
ff069.jpg ff070.jpg 

洋服入れ。船山温泉名物、ブラシ付ハンガー。他では見たことがありません。
ff616.jpg ff073.jpg
 
洋服入れの下に読書灯と金庫。金庫は小さめ。読書灯があるのはすばらしいです。
ff542.jpg ff078.jpg

金庫の上にアースノーマット、殺虫剤、ムヒもありました。灰皿と非常灯。
ff543.jpg ff546.jpg

ベッドの横にサイドボード。ホテルにあるようなものです。足下ライトは灯かなかった。
ff081.jpg ff083.jpg

鍵は2つ。非常に便利です。
f051.jpg

部屋のお茶菓子。右は「じゃむくっきい」。その名の通りイチゴジャム入りです。
f090.jpg
3年前と全く同じです。美味しいです。全部売店で売っています。

チェックインの時にパンフレットを渡されます。必要なことは全て書いてあって便利です。
f098.jpg

ff099.jpg ff100.jpg

2~3万円台の露天風呂付の部屋と同じ位の設備とサービス、これは凄いです。
部屋付き露天風呂以外は欲しいものが全部揃っている感じです。
ただ、部屋にカミソリは欲しかったなあ。風呂場に行けば沢山ありますけどね。

ベッドルームは気が向くとすぐにゴロゴロ出来てとても良かったです。
風呂場も近いし、次回もこの部屋に泊まりたいです。

館内を散策しました。廊下を歩くと角にフリードリンクコーナーがあります。

map_kan2f-4.jpg

飲料の自動販売機、浴衣、ドリップコーヒー、紅茶のティーバッグがあります。
f101.jpg
何故か真ん中の伊東園自動販売機は空でした。

浴衣。着てしわしわになっても大丈夫です。
f103.jpg

ドリップコーヒー、紅茶のティーバッグが山積みです。
f104.jpg
紅茶はカモミール、ローズヒップ、ペパーミント、紅茶の4種類。
f105.jpg
コーヒー好きにはうれしいです。

氷も冷蔵庫の中にふんだんに用意されています。
ff110.jpg ff109.jpg

缶ビール350mlは350円、氷結は250円という安さ。ジュースは120円と良心的です。
ff106.jpg ff107.jpg

どこまで快適なんだ、というくらいサービス精神旺盛な宿です。

その3につづく・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

船山温泉宿泊2012年8月 その1

2012年8月中旬 船山温泉に宿泊してきました。FC2ブログ

地域限定プラン 和風ベットルーム@17,900円→@15,200円(税込み、入湯税別)
地域限定プランというハガキが来ていたので、それを利用しました。
現地で現金払い。

船山温泉宿泊は4回目ですが、前回は2009年なので約3年半ぶりの訪問になります。

前回2009年の正月連泊の記事は → 【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-2.html

船山温泉
〒409-2217 山梨県南巨摩郡南部町本郷10617
TEL 0556-64-2343
FAX 0556-64-2354

船山温泉のホームページは → 【http://www.funayama-onsen.com/
チェックイン1時、チェックアウト11時。

船山温泉は随分前に、番頭さんの<ikitai.net熟年夫婦の温泉旅>で知りました。
評判が良かったので、どんなものかと船山温泉に泊まってみました。

それまで、ごく一般的な旅館とホテルしか泊まったことのなかった私達は、
船山温泉で衝撃を受けました。
貸し切り風呂、個室食事処、部屋のマッサージ器、風呂場の山積みのタオル・・・・。
どれも一般的な旅館には全く無いものでした。

私達の温泉宿巡りは、船山温泉に始まったと言っても過言ではありません。
そんな船山温泉の久しぶりの訪問はとても楽しみでした。

東京多摩地区に住む私達は、中央高速を使い、甲府南インターから52号線に入って船山温泉に行ほうが、
近いと思うのですが、今回は新東名に行ってみたくて、環八から用賀インターを使って行きました。

夏休み中とあって、東名高速は途中二カ所で軽い渋滞に。御殿場インターの先から新東名に入りました。
新東名は、世間で言われているように、ほとんどカーブが無く、非常に走りやすいです。

十時半頃に駿河湾沼津SAに到着。
駐車場に入るのに渋滞です。天気が良く、駿河湾がよく見えました。
ff002.jpg ff005.jpg

気温が30度以上ある夏の日、表には余り人がいませんでしたが、中には人が一杯。
ff006.jpg ff010.jpg
野菜や魚まで売っています。お土産も沢山売っていました。見るだけでも楽しい。

ちょっと早いのですが、昼食にしました。
ラーメン王石神さん監修のラーメン屋「道神」とそば屋「酒井」で注文。
ff014.jpg ff015.jpg

私は味玉ラーメン 880円。サービスエリアのラーメンとは思えない美味しさ。
f017.jpg

相方は桜海老せいろ(冷) 690円。桜海老のかき揚げがものすごく分厚いです!
f018.jpg

上島珈琲でホットコーヒーを買いました。ブレンドR 380円。
ff028.jpg ff023.jpg
ブレンドはR(レギュラー?)とL(ラージ?)しかなく、Rを注文しましたが、コップがでかい!
お腹がタプタプになってしまいました。

サービスエリアでかなりのんびりとしましたが、
一時まで少し時間があったので、道の駅「とみざわ」で時間つぶし。
ff030.jpg ff035.jpg

一時五分頃に船山温泉到着。変わらない光景に「来たな~!」と実感。
f366.jpg
建物も変わらぬ佇まい。
f365.jpg

駐車場に車を止めると、従業員さんが飛んできます。荷物を持ってくれました。
f363.jpg

表の木のドアが開くと、もう一枚自動ドアが出現。
f179.jpg

いつもの船山温泉です。左一番手前がフロント。全館畳み敷きなので裸足です。
f162.jpg
いやー、変わらないですね~!
ff155.jpg ff161.jpg

変わっていたのは、フロントの斜め前に雑誌の棚と、DVDの貸し出し棚が増えたことです。
ff450.jpg ff451.jpg
チェックインの時に貰えるDVDの貸し出しカードをこの棚に置いて、部屋に持って行きます。
なかなか良いラインナップでした。映画に混じって、綾小路きみまろさんのDVDが(笑)

玄関脇には例の熊の剥製君が鎮座ましましていました。その前に鈴虫の虫かご有り。
夜には鈴虫が良い声で鳴いていました。
ff163.jpg ff164.jpg

私達の前に既に二組の客がいたので、フロント前の椅子でチェックイン待ち。
さすがに船山温泉、皆さんチェックインが早いです。
再訪なのでチェックインは簡単な確認で終了。早速部屋に案内してくれました。
船山温泉の部屋は全て二階に。エレベーターはないのでバリアフリーではないです。

今回は初めてベットルームにしました。奥の階段を上がって215の部屋に案内されました。

船山温泉さんのウエブページから拝借してきた地図。
map_kan2f-2.jpg

ff039.jpg ff041.jpg
風呂場、食事処に近くて便利な場所です。

ドアを開けると、踏み込み。踏み込みの照明は自動点灯。
中央が部屋、左が鍵置き、右はトイレです。
f042.jpg
綺麗な踏み込み。鍵置きも素敵なデザインに配置されています。
ff044.jpg ff045.jpg

トイレは全自動。入ると照明がつき、便器の蓋が開きます。最初に泊まった時は大感動しました。
トイレのドアに張り紙がありました。トイレの照明は3分で切れます。ちょっと短い気がしました。
ff046.jpg ff048.jpg
215和風ベットルームの部屋。
f050.jpg
これを書いていて気がついたのですが、この部屋「和風ベットルーム」なのです。
普通は「和室ベッドルーム」だと思うのですが、和風、というところに船山温泉のこだわりを感じました。

おまけ。船山温泉のこだわり。
☆365日同一料金
☆チェックインは1時から5時まで。
☆チェックアウトは11時。ふとんは敷きっぱなし。
☆以下のお客さんお断り
  7名さま以上のグループと小学生以下のお客さま
  他のお客さまにご迷惑をかけるお客さま
  立ち寄り湯のお客さま
  カラオケ・コンパニオンをご希望のお客さま


大きな地図で見る

その2につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

はやぶさ温泉&桃買いだし

2012年8月上旬、山梨に車で行ってきました。

はやぶさ温泉&向山フルーツファームで桃の買い出し、という毎度同じパターンです。

車で中央高速道路を使い、勝沼で降ります。はやぶさ温泉までは空いていると30分位。
5118.jpg
はやぶさ温泉
山梨県山梨市牧丘町隼818-1
TEL 0553-35-2611
営業時間午前10時~午後9時(火曜日定休)

5122.jpg
立派な玄関。中に入ると少々混沌としています(笑)。
5121.jpg
左に見える鍵付のロッカーは小さくて、荷物を入れるのに一苦労します。
風呂場には金庫は無いので、貴重品はここに。

入館料
二時間以内(一浴):大人500円、子供(3歳~12歳)300円。
四時間以内:大人1,000円、子供500円。
1日利用:大人1,400円、子供800円。
貸しタオル:150円、売りタオル:250円。


私達は一浴なので@500円払って入場。
硫黄臭のする温泉に入って、温泉を満喫しました。
毎年何回も来るので、ほとんど地元の温泉感覚で、
一風呂浴びたらさっさと退散します。

カウンター前に野菜や果物が破格の値段で売られています。
ここの野菜と果物は美味しいので、お薦めです。
野菜を少々買って帰りました。

はやぶさ温泉から笛吹き川フルーツ公園方面へ。ほったらかし温泉方面でもあります。
笛吹き川フルーツ公園下に、いつも行く向山フルーツファームがあります。
もう何年も通っている、向山フルーツファームさん。
s5130.jpg s5129.jpg
向山フルーツファーム
〒405-0043 山梨市江曽原1034-1
TEL:090-1534-2106


今年は7月10日頃から営業したそうです。

昔は通販のホームページがありましたが、現在はなくなっています。
向山フルーツファームさんは、自分で桃、ぶどうを育てているので、
もぎたての新鮮な果物が手に入ります。

周りにも数件、桃を売っている店がありますが、他がガラガラでも
向山フルーツファームさんだけは大賑わいなことが多いです。
この日も桃を買いに来たお客さんでいっぱい。車を止めるのも大変でした。
5125.jpg
美味しそうな桃が並んでいます。大きいのが高く、小ぶりは安く売っています。
5126.jpg

横にはネクタリンとアウトレット規格の桃が、アウトレット価格で売っていました。
5127.jpg

試食用の桃をどんどん持ってきてくれます。
5128.jpg
あまりにもお客さんが一杯居たので、なかなか順番が回ってこず、
試食用の桃を食べること30分以上、ようやくお客さんがはけました。

自宅用と、お裾分け用に桃を一杯買って帰りました。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

おとぎの宿 米屋 2012年 その5

2012年7月 おとぎの宿米屋 宿泊 1泊2日FC2ブログ

その5 朝食編

エースJTB 「優雅」
おとぎの丘プラン 和室・内風呂なし
9.5畳+洋間7平方メートル・露天風呂+シャワールーム付

往復東北新幹線・東京駅発着 @44,300円(宿泊のみは33,900円)
(早割60で@2,000円引き)で、正味@42,300円でした。


おとぎの宿 米屋
〒962-0043 福島県須賀川市岩渕字笠木168-2
TEL:0248-62-7200 FAX:0248-62-7131 E-mail:info@e-yoneya.com

米屋さんのホームページは→ http://www.e-yoneya.com/

朝食は七時半から三十分おきに九時まで選べます。私達は八時からお願いしました。
時間に合わせてお米を炊いてくれます。

朝食も前日の夕食と同じ食事処「森のことば」でいただきます。
y2363.jpg y2361.jpg
朝日が燦々と差し込んで明るい食事処。
y2300.jpg

ん?なんだか前回と大分変わっている感じです。
前回(2011年)の朝食は→http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-37.html

まずはこれだけ並んでいます。後から色々運ばれてきます。
y2303.jpg

朝御飯のメニュー表。イラスト付でわかりやすいです。大分進化しました。
y2340.jpg
朝食のアドバイスが書いてあって楽しい内容です。

「きれいになる朝ごはんの提案」という紙も置いてあります。
y2341.jpg

箸置きにウサギがいてかわいいです。
y2342.jpg

野菜のおかず6種。容器が素敵ですね。
y2308.jpg
小松菜、しらす、おかか。         桜えび、大根おろし、トマト。
y2310-1.jpg y2311.jpg

トマト、アスパラ。           浅漬け(キュウリ、梅干、ラディッシュ、など)
y2312.jpg y2313.jpg
トマトは濃厚な味。浅漬けはしゃきしゃきで美味しいです。

うど、白ごま。                  茄子(揚げてあります。味噌味)
y2314.jpg y2315-1.jpg
どれも少しずつですが、美味しくて幸せです。

生野菜とフルーツのサラダ。「酵素たっぷり」の添え書きあり。
y2316.jpg
サラダを最初に食べてください、と書いてあるので、その通りに最初に食べました。
y2317.jpg
サラダの中にフルーツが入っています。珍しいですよね。
オレンジ、グレープフルーツ、キウイフルーツ、パイナップルが入っていました。

調味料セット。
y2337.jpg
上の白いレンゲのような容器は、日本の塩、フランスの塩、黒こしょうです。
下は、左からイタリア産オリーブオイル、人参とトマトのお目ざめドレッシング
右の黒い容器は料理長特製のもろみみそです。
y2352.jpg
料理長特製もろみみそ。色々なものにつけるみたいですね。

自然栽培、手老さんのつくね芋 (つきたてのお餅みたい!、との記載)
y2322.jpg
確かにお餅みたいに伸びました。美味しいです。

地元亀屋豆富、枝豆とうふ(夏だけ限定)
y2323.jpg
生姜がきいていて美味しいです。

ネバネバ野菜(おくら・モロヘイヤ・大葉・みょうが・人参)。血液さらさ、との記載。
y2325.jpg
ネバネバ野菜アップ!
y2327.jpg
確かにネバネバでした。美味しいです。

納豆
y2335.jpg y2358.jpg
納豆アップ!
y2359.jpg
納豆は以前と同じかな?美味しい大粒納豆です。オリーブオイルをかけたらマイルドな味に。

「あら・ヨーグルト」と季節のくだもの
y2330.jpg
ヨーグルトアップ!
y2332.jpg
さくらんぼ、キウイ、ブルーベリー、ブルーベリーソース。
ヨーグルトは濃厚な味で、とても美味しいです。

ここまでは並べられていますが、ここから熱い物、冷たい物が運ばれてきます。

ほうじ茶
y2319.jpg

にんじんジュース
y2320.jpg
ニンジンの味が美味しいです。

エゴマ豚角煮。(ビタミンBがたっぷり、の記載)
y2343.jpg y2344.jpg
エゴマ豚角煮アップ!
y2345.jpg
いんげん、大根が添えられています。角煮はやわらかくてウマウマ!

サワラの塩麹漬け焼き。(アンチエイジング、の記載)
y2346.jpg
サワラ、アップ!昆布の佃煮(わさびの茎入り)も美味しいです。
y2347.jpg
メニューには鰺(あじ)と書いてありましたが、サワラでした。非常に美味しいです。

夏野菜のスープ。(代謝をup!、の記載)
y2349.jpg y2350.jpg
たくさん具が入っていました。
かぼちゃ、人参、冬瓜、ごぼう、しいたけ、じゃがいも、れんこん、ほうれん草。
y2351.jpg
かなり塩っぱいです!美味しいけど。

しじみのみそ汁
y2354.jpg y2355.jpg
味噌汁アップ。
y2356.jpg
ものすごく美味しいシジミ。シジミたくさん入っています。

炊きたて五穀米
y2305.jpg
稲田産コシヒカリと五穀米が選べます。五穀米は美味しかったですが、
次回はコシヒカリを食べたいですね。米屋さんのコシヒカリは絶品ですからね。

おかずは少量ずつですが、品数が多いのでお腹いっぱいです。
ご飯が一杯しか食べられませんでした。
どれもこれも美味しくて、野菜が多くて健康に良さそうです。

食後はラウンジ「おとぎの森」でコーヒーをいただきました。
y2372.jpg

チェックアウトは11時なので、部屋の風呂に入ってのんびり。
ふとんも敷きっぱなしにしてくれるので、ごろごろ出来ます。

チェックアウト待ちの間にロビーで黒豆紅茶が出ました。いつものお土産の飴。
y2390.jpg y2411.jpg

須賀川駅まで送ってもらいました。送ってもらったのは私達を含めて二組。
ほとんどの人は車で来るのですね。
y2394.jpg
須賀川駅から東北本線で郡山まで行き、新幹線に乗って帰りました。
y2397.jpg y2399.jpg

お土産に買ってきた米屋のシフォンケーキ(あんず)1,260円。
前日に予約しておくと、チェックアウトの時間に合わせて焼いてくれます。
y2404.jpg y2405.jpg
久しぶりに食べましたが、ふわふわでウマウマ。
5102.jpg
二人で食べるには量が多いので、必死に食べました。
米屋さんの通販でも買えます →→ http://e-yoneya.com/shop/index.html


これもお土産に売店で買ってきたクッキー。
y2407.jpg
ちょっとしょっぱいところが美味しいです。

「岩瀬、キュウリ一本漬け」
y2409.jpg
ピリ辛で、美味しかった~!古漬けタイプで、味が染みています。
また買って帰りたいです。

米屋感想。
◎食事が美味しい。オリジナリティ十分。
◎お湯がとても良い。お肌しっとりのトロトロ温泉。
◎高級感あふれる館内、部屋、設備。
◎大浴場あり。空いていて快適な大浴場。タオル有り。
◎ソフトドリンク飲み放題のラウンジ。
◎パジャマ有り。アメニティ充実。
◎鍵が二つ。
◎従業員さんは親切、丁寧、明るくて親しみやすい。
◎静かで落ち着きがある。
◎ふとんは敷きっぱなしなので、朝もごろごろ。
◎食事のお品書き付き。内容充実。

いまいちなところ。
△値段が高い(私達には・・・)
△部屋の照明が暗め。
△空気清浄機の説明書が欲しい。

値段は高いですが、それに見合う内容で、大満足の宿です。
トロトロ温泉に入って、美味しい食事を食べて、とてもリフレッシュできます。

またお金を貯めて泊まりに行きます!

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

おとぎの宿 米屋 2012年7月 その4

2012年7月 おとぎの宿 米屋に泊まってきました。FC2ブログ

その4 夕食編

夕食は六時からお願いしました。時間になると勝手に食事処「森のことば」に行きます。
ロビーを抜けて食事処へ。
y2147.jpg y2362.jpg 

沢山の小部屋に別れていて、何度来ても迷います(笑)。今回は「ぶんぶん」という小部屋。
y2238.jpg y2152.jpg

小部屋にドアは無いです。上部も空いているので隣の音は聞こえます。ほとんど気になりませんが。
入るとこれだけ用意してあります。飲み物のメニューがあります。
y2148.jpg y2150.jpg

お品書き付き。前からお品書きはついていましたが、内容がかなりアップ。
材料まで細かく書いてあります。しかも全ての料理のカロリーまで載っています!
デザートまで含んだ合計カロリーはなんと1,593kcal・・・・。
y2163.jpg y2165.jpg
細かいお品書きは、こうやってブログを書く時に大助かりです。お品書きの改良に感謝です。

米屋と言えば「おとぎ会席」。夏のおとぎ会席は「桃太郎」
おとぎ話に沿って料理が出てきます。料理を運んでくれる従業員さんが丁寧に説明してくれます。担当はGさん。
ゆっくり、にこやかに話してくれて癒やし度満点です。

まずは食前酒 リンゴのシャンパン
食前酒とはいえ実はノンアルコール。要するにリンゴジュースですね。
y2155.jpg

一話 桃がどんぶらこ!?(前菜) 118.8kcal
真ん中のお皿は桃がどんぶらこ、と流れてくるのを大きさを変えたトマトで表現しているそうです。
手前から、中玉トマト、オレンジトマト、マイクロトマト、下にレモンドレッシングが敷いてあります。
y2153.jpg

周りに細かく前菜が並んでいます。枝豆、牛すじ煮込みエディフルフラワー、モロッコインゲン
y2166.jpg y2167.jpg
牛すじ煮込みは柔らかくてうまうま。

オクラの上にマイクロトマトラディッシュ地竹の横は味噌。右は蛇バラかごキュウリ
かごキュウリの中に稚鮎が隠れています。ちょっと写真ではわからないですね。
y2168.jpg y2169.jpg
オクラの周りに鰹節の粉がまぶしてあって非常に美味しいです。味噌がべらぼうにうまい。

干しぶどう、マーシュ、レモン
y2170.jpg
レモンは鮎にかけるようになっていましたが、気がつかず鮎を先に食べてしまいました(笑)。
前菜はちょっとずつですが、どれもこれも美味しいものばかり。

お酒は「地酒セット」1,050円を注文しました。
y2171.jpg
末廣からくち(会津末廣酒造)、明日への架け橋(矢吹町大木大吉酒造)、大七純米生もと(二本松大七酒造)
どれも辛口で透明度の高い、おいしいお酒でした。

相方は「さるなしジュース」525円を注文。
y2173.jpg
色はすごいですが、甘くて美味しいそうです。

ここから出来たてが運ばれてきます。
二話 おばあさん特製の・・・(吸物) 110.7kcal
とうもろこしスープ(塩)、とうもろこし天ぷら(味噌)、ディール
y2181.jpg
とうもろこし天ぷらアップ!きびだんごに見立てているそうです。
y2179.jpg
天ぷらの衣に味噌が練り込まれています。味噌の味はよく分かりませんでしたが。
この辺の郷土料理らしいです。とうもろこしのスープに天ぷらを入れて食べるのだそうです。
とうもろこしの天ぷらは珍しいですよね。
スープの塩味と、天ぷらのとうもろこしの甘味が絶妙なバランスです。

三話 鬼が村にやってきた!!(造り) 147.0kcal
米茄子(べいなす)、花穂、葉わさび、旬のお造り。
y2185.jpg
茄子の皮で鬼ヶ島にあるお城をイメージしているそうです。茄子の皮は回収されて、後の焼き物に使われます。
お造りアップ!お造りは鮪(まぐろ)、平目(ひらめ)
y2189.jpg
かぼちゃの千切りと寒天も添えられています。
まぐろも美味しかったですが、平目の美味しいことと言ったら!もうウマウマ!

四話 さあ、力をつけて(焼物) 88.6kcal
まずは炭が運ばれてきます。その後焼き物の準備が。
y2190.jpg y2191.jpg
うなぎ白焼き、里いも、ごぼう、伏見とうがらし、きび団子、大葉味噌。写真は二人分です。
y2192.jpg
お造りに出てきた茄子の皮が切られて出てきました。岩塩とわさびと大葉味噌でいただきます。
y2193.jpg
ある程度火が通っているので、焦げ目がついた程度で食べられます。
なんといってもうなぎの白焼きがウマウマ!わさびと岩塩をつけたら絶品でした。

お品書きの順番が前後します。六話が先に来ました。

六話 鬼退治(主菜) 748kcal
うねめ牛、トマト、トマトゼリー、タマネギ、ロメインレタス、バジル、モッツァレラチーズ、
マッシュルーム、ズッキーニ、クレソン

y2200.jpg
従業員のGさんが作ってくれます。オリーブオイルにタマネギとトマトゼリーを入れます。
トマトゼリーは、トマトピューレをゼリーで固めたもの。
y2201.jpg
その後肉を入れて、モッツァレラチーズも投入。残りの野菜も投入。
割りしたを加えてグツグツと煮ます。
y2207.jpg
グリーンレタスで蓋をします。
y2213.jpg
すき焼き完成!すき焼きですが、玉子では食べません。甘いトマト鍋です。
y2214.jpg
うねめ牛がウマウマ!バジルのにおいが強烈です。チーズが溶けてねばねば。満腹になってきました。

五話 いざ、鬼ヶ島へ(煮物) 125.0kcal
アボカド、バブリカ、つくね芋、海老、帆立、小じゃが、鳥挽肉ソース、ルッコラ
y2208.jpg
料理アップ!
y2210.jpg
アボカドをくりぬいた中に、すり下ろしたつくね芋がホワイトソースの代わりに入っていて、
その上に海老とかパプリカとかが乗っています。グラタンのような感じですね。
とろとろで美味しいです。下に敷いてある挽肉ソースをつけるとウマウマです。

七話 降参(酢物) 21.5kcal
カジキ昆布〆、パブリカ、きゅうり、うど、茗荷子、ラディッシュ、生のり酢、人参、タマネギ
y2215.jpg
酢の物アップ!
y2216.jpg
酢の物アップ、裏側。
y2217.jpg
さっぱりして美味しいです。

八話 宝の山(食事) 195.1kcal
酢飯、玉子焼き、干椎茸、かんぴょう、いくら、海老、グリンピース。<吸物>湯葉巻き
y2218.jpg
酢飯アップ!ほとんどお寿司です。美味しいです。御飯がつやつや。
y2220.jpg
お代わりが欲しかったです(笑)。

漬け物。奈良漬けとキュウリの漬け物。
y2221.jpg

吸い物。美味しいお吸い物。出汁が薄味で絶品もの。
y2224.jpg


九話 平和な村に・・・めでたし、めでたし(デザート) 38.2kcal
ホワイトアスパラのブラマンジュ、人参ゼリー、ミードシャーベット、季節のフルーツ
y2227.jpg
季節のフルーツはメロン、すいか、マンゴー、さくらんぼでした。

写真では分かりづらいですが三層になっていて、
下からホワイトアスパラのブラマンジュ、人参ゼリー、ミードシャーベットの順番に盛りつけられています。
ミードシャーベットというのはハチミツのお酒らしいです。
y2229.jpg
冷たくて、さっぱりしていてとても美味しいデザートでした。

おとぎ話との関係は微妙ですが(笑)、何度来ても、毎回変わった料理で非常に楽しめます。
私達には大満足の料理でした。またぜひ食べたいですね。

ただ前前回、前回より料理の量が減っている気がしました。
私達は余り沢山食べないので十分でしたが、大食いの方にはもの足らないかもしれません。

食後に次の日の朝食の時間と、御飯が白米と五穀米の選択を聞かれます。
そして、夜食のおにぎりをお土産にくれます。大葉のおにぎりとしょうがの漬け物。
y2233.jpg y2234.jpg
お腹がいっぱいのはずなのに、部屋に帰ると食べてしまいます。
おにぎりは小ぶりですけどね。
y2236.jpg

部屋に帰ると布団が敷いてあります。
y2239.jpg
部屋の風呂に入って寝てしまいました。

その5につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ