御宿 竹取物語 2012年 その1

2012年12月下旬 御宿竹取物語@秩父に泊まってきました。再訪です。FC2ブログ

御宿竹取物語
〒369-1802 埼玉県秩父市荒川上田野56
TEL:0494-54-1102 FAX:0494-54-1174

竹取物語のホームページは→【http://www.oyadotaketori.com/

楽天にもページがあります→【http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/40500/40500.html

今回楽天ポイントが溜まっていたので、楽天から予約しました。
竹取物語さんには申し訳なかったです。楽天で事前カード払い。

竹取物語さんは前回2010年のお正月に連泊して、非常に料理がおいしかったので、再訪したかった宿です。
前回のレポは→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-30.html

今回のプランは、
≪創作会席グレードUP↑当館人気プラン≫
”こだわり・料理”で納得♪主の手打ち蕎麦をご賞味あれ!

≪お客様人気NO.1≫主のお奨めプランがグレードUP!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ 通常の≪創作会席プラン≫との違いはココ!です。↓◎
①主人自ら腕を振るうあらびき”手打ち蕎麦”
 口の中に広がる蕎麦の香りをご堪能ください。
②和牛の炙り焼き~柔らかな和牛を一口大にしてご用意~
 岩塩、わさびでさっぱりとお召し上がりください。
③チェックアウトはのんびり11時(通常:10時)

【ゆったり 10畳和室】シャワートイレ付
@19,900円でした。

299号線で秩父に行く時の定番蕎麦屋・茂むらさんで昼食。広い店内がほとんど満員でした。
s7011.jpg s7044.jpg
ここの十割そばが美味しいのですが、この時は売り切れ。残念、二八そばになってしまいました。
相方は里汁せいろ、私は舞茸天ぷらせいろを食べました。ツルツルで美味しい。
s7029.jpg s7033.jpg

食後のコーヒーはそばドーナッツ付きで240円という激安価格。(コーヒーだけなら120円)
s7042.jpg s7040.jpg

三時チェックインに合わせて家を出たつもりでしたが、道路が空いていて二時半前に到着。
時間つぶしに竹取物語の先にある若御子神社(わかみこじんじゃ)にお参りしました。
s7045.jpg s7047.jpg

三時ちょい前に御宿竹取物語に到着。一番乗りでした。
140号線からの入り口が相変わらずわかりにくかったです。知っていても通り過ぎてしまいそうです。
7241.jpg
変わらぬ佇まい。入り口が地味なのも変わらず。ベテランの従業員さんが出迎えてくれました。
駐車場がものすごく狭いので、車は適当に駐車します。鍵をフロントで渡しておきます。
後で従業員さんが車を動かして駐車しておいてくれます。
7216.jpg

玄関には豪華な竹細工のオブジェが飾ってありました。
7213.jpg
ピカピカの廊下を進んでいきます。左のお土産コーナーの横がフロント。フロントで記帳しました。
7211.jpg
前回お正月プランの時にあった、フリースソックスサービスは今回無し。靴下のまま部屋まで案内されました。

途中のバーラウンジを通って、ずんずん進んで行きます。
7202.jpg
廊下にテーブルが新設されていました。足下は電気カーペットでほかほか。
7204.jpg
テーブルの前の庭にはイルミネーションが設置されていて、夜はとても綺麗にライトアップされていました。
7054.jpg
夕食前にはお姉さん達がビールを飲みながらおしゃべりをしていました。
テーブルの上には可愛い置物がありました。
s7232.jpg s7233.jpg

s7236.jpg s7237.jpg

全7室のこぢんまりとした宿。離れのかぐやを別にすると、一階に三部屋、二階に三部屋です。
今回は一階の真ん中の竹姫・十畳。
s7055.jpg s7056.jpg

引き戸の横に札があり、翌朝ふとんでゴロゴロしたければ、札を裏返しておきます。
s7058.jpg s7057.jpg
私達はもちろん札を裏返して、ふとんを敷きっぱなしにしてもらいました。

引き戸を開けると広い踏み込み。四畳半くらいあります。入り口に少し段差あり。
7060.jpg
踏み込みの横は、洗面所・バス・トイレ。
s7062.jpg s7063.jpg
広い洗面所。アメニティもいろいろ揃っています。ドライヤーあり。
7064.jpg
ウェットティッシュ、綿棒もあります。
7067.jpg
化粧水、BBセブンクリーム、ヘアートリートメントも揃っていました。ぬかりなし。
7068.jpg

美肌ゲルもあり。女性向けは至れり尽くせりですが、カミソリが無い。大浴場にはありますがね。
7070.jpg

小さい風呂。体育座りになりそうです。部屋の風呂は温泉ではないでしょうね。
7073.jpg
シャンプー、コンディショナーは高級そうなもの。
7074.jpg
炭洗顔もありました。
7075.jpg
ケロリン桶も健在でした。
7077.jpg

トイレはウォシュレット。広くて快適です。
7080.jpg
タンクの上に香り石鹸など、いろいろ小物が置いてあります。細かい気遣いが溢れていますね。
s7082.jpg s7083.jpg

その2 部屋編につづく・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

都幾川温泉旅館とき川 食事編

2012年11月下旬 都幾川温泉 旅館とき川 食事編 FC2ブログ

四時半から一時間くらい貸し切り風呂に入っていました。

5時半と、半ば強引に決められてしまった、とき川の夕食、
5時25分くらいから準備が始まりました。
柚子色のお品書き付き。車で来ているので酒は飲めず、源泉の温泉水をお願いしました。
s6893.jpg s6895.jpg
もちろんお酒メニューも沢山あるのですが、眺めるだけ・・・。
この辺が日帰りのつらいところですね。

食前酒・ゆずワイン。グラスがきれいです。
6896.jpg
運転手の私は眺めるだけのゆずワイン。
相方が飲みましたが、結構ゆずの渋みがあるワインだそうです。

前菜は二段の重で運ばれてきます。
6894.jpg
上の段は左・とき川まんじゅう、右・ゆず豆腐
6899.jpg
とき川まんじゅうは、山芋とくこの実。ゆず豆腐は薬味が生姜とねぎ。
s6903.jpg s6904.jpg
とき川まんじゅうは、甘味と塩気のバランスが良いもの。美味しいです。
ゆず豆腐は、口の中でゆずの香りが広がります。薬味をつけてしまうと、薬味が勝ってしまうので、
ゆずの香りを楽しみたければ、何もつけない方が良いです。

下の段は、左・大根と里芋の煮物。右・いんげんと蒟蒻の白和え
6901.jpg
煮物の手前の黒いのは蒟蒻。お品書きには椎茸と書いてありましたが、変更になったようです。
s6907.jpg s6909.jpg
煮物は中まで味が染みていて美味しいです。おでんに入っている感じ。
白和えは胡麻の風味たっぷりの美味しいもの。野菜はしゃきしゃきして美味。

凌ぎ・茶碗蒸し
6897.jpg
しいたけ、あさり、三つ葉、かまぼこ、ぎんなん。
6898.jpg
出汁が美味しい茶碗蒸し。あさりの味がとても効いています。

しばらくして、次の料理が運ばれてきます。ゆず小鉢と岩魚が一緒に来ます。
中皿・ゆず小鉢。器が素敵ですね。
6919.jpg
ゆず小鉢は要するにゆずゼリーです。お箸で食べます。
6922.jpg
デザートで出てきてもおかしくないような、美味しいゼリー。
オレンジマーマレード入り。プリプリでさっぱりします。

焼物・岩魚の塩焼き。はじかみ、レモン。
6918.jpg
都幾川の岩魚だそうです。焼きたてが運ばれてきます。
岩魚、ちっちゃいです(笑)。ちっちゃいけど、美味しいです。

丁度良いタイミングで次の料理が来ました。
酢の物・かぶの柚子酢漬け
6924.jpg
6925.jpg
ちょっと甘めのかぶ。あまり柚子酢という感じでは無かったですが、美味しいです。

酢の物を食べていると揚げ物が来ます。
揚げ物・しいたけのふくさ揚げ
6929.jpg
鯛のすり身、むかご、モロッコいんげん。
6932.jpg
揚げかまぼこを食べているような感じで、とても美味しいです。
肉厚で食べ応え有り。

ごはん・薬膳ごはん。お吸い物・三つ葉、しめじ
6934.jpg
薬膳ごはんはきび、あわ、ひえ入り。もちもちしていて美味しいご飯です。
お吸い物は出汁が効いていて非常に美味しいです。

香の物・生姜漬け
6939.jpg
左側が生姜。辛くて美味しいです。
真ん中のきゅうりは浅漬け、右側のきゅうりと大根は古漬け。

料理の量は少なめで、普通の男性ならお腹がいっぱいにならないと思われます。
小食の私達にはちょうど良く、腹八分目と健康にも良さそうでした。

食後にデザートを持ってきてくれます。
水菓子・季節の果実。左下はゆず茶
6940.jpg
果実は柿、抹茶アイス。
s6942.jpg s6947.jpg
食後のお茶は煎茶とゆず茶が選べます。せっかくなのでゆず茶をお願いしました。
柿も抹茶アイスもとても美味しかったです。

夕食は一時間ほど。時間も残り少ないので急いで風呂に入りました。
のんびり、ゆっくり浸かって暖まりました。7時45分頃精算に部屋まで来てくれます。
その時に煎茶と煎餅のサービス。二人で違う煎餅でした。
6950.jpg

6951.jpg

こっちは海老煎餅。
6953.jpg

飴もいただけます。
s6956.jpg s6957.jpg

お土産付き。女性だけのサービスだそうです。
6955.jpg
柚子色の包みに入っているのは、自分で組み立てる鍋敷き。
6959.jpg
木の町・とき川ならではのお土産でした。
家に帰って早速相方が組み立てていました。少々力のいる組み合わせだったみたいです。

都幾川温泉 とき川 感想。

良いところ。
◎広い貸し切り風呂。PH11.3の日本一のアルカリ温泉を堪能。
◎料理はどれも非常においしい。
◎部屋は落ち着いた個室で、快適、のんびり寛げる。
◎静かで何も音がしません。非日常です。
◎接客は親切丁寧。好感度大です。
◎アメニティは宿泊並みに揃っていて快適。

いまいちなところ。
△車で来ているので、食前酒はどうよ?と思ってしまいました。
△食事の量は少ない。
△湯温が低いので、熱湯好きな方は不満かも。
△部屋も風呂も隣の音が良く聞こえる。
△4時間はあっという間に過ぎる。もっと居たいです。

また機会があれば来てみたい日帰り温泉です。
今度は是非昼の部で来てみたいですね。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

都幾川温泉旅館とき川 部屋&風呂編

2012年11月下旬、都幾川温泉旅館とき川に行ってきました。FC2ブログ

全国一の強アルカリ泉(p.h.11.3)『美肌の湯』で有名らしいです。
米沢の「時の宿すみれ」ロビーで温泉雑誌を見ていたら、
ブロガーさんの記事が載っていて、そこで紹介されていました。
今まで全く知りませんでしたが、埼玉なのでそれほど遠くない。
一度行ってみよう、ということで行って来ました。

「日帰り温泉 2部屋 1日4組様限定」で午前、午後二組ずつしか予約出来ません。
昼の部は人気らしく予約出来なかったので、夜の部を予約しました。

<<都幾川温泉 旅館とき川>>
埼玉県比企郡ときがわ町大野中力537
TEL:0493-67-0331

営業時間:11:00~15:00(昼の部) / 16:00~20:00(夕の部)
《 昼の部 》《 夕の部 》
お一人様 四時間 9,800円(税・サービス込)
●柚子薬膳料理 個室 浴衣 タオル付 [ 抹茶・アイスクリームサービス ]
●女性グループの方に ゆずドリンク サービス致します
●4名様以上ゆずワイン一本サービス致します
●お一人様でも、ご利用出来ます。(平日 夕の部)お二人様料金の70%


9周年記念サービス
ご好評につき、昼の部・夕の部とも7,800円にて
ご提供させていただきます!! (平成25年12月末まで)

ということで四時間 7.800円でした。

都幾川温泉 旅館とき川のホームページは→【http://www.tokigawa.net/top/index.html

所沢から関越自動車道に乗って東松山インターを降ります。
東松山インターから40分くらいでしょうか、とき川に到着。
s6808.jpg s6797.jpg
こんな狭い道を車で入っていくのか?と思いながらソロソロと下っていきます。
s6796.jpg s6812.jpg
駐車場は4台くらい止められそうな広いもの。とき川に到着しました。
6801.jpg
午後の部のチェックイン(?)は4時。3時40分位に着いてしまいました。
車を止めると、番頭さんが出てきて、「時間になれば案内します」と
言ってくれたので駐車場で待機。3時50分に案内されました。
s6804.jpg s6859.jpg
玄関に入ると女将さんが平伏してお出迎えです。
お風呂の説明の後、部屋に案内されました。部屋は「やまぶき」。奥の部屋です。
s6854.jpg s6852.jpg
中に入ると、次の間がありました。左側がメインの部屋。
6837.jpg
六畳くらいのこぢんまりとした部屋です。
6816.jpg
入り口と反対側から写したもの。
6819.jpg
19インチの小さいテレビ。鍵は一つですが、貸し切り風呂に行くだけなので問題なし。
s6823.jpg s6824.jpg

抹茶と柚子羊羹のサービス。おしぼりも柚子色でこだわっています。
6827.jpg
柚子の香りのする羊羹。抹茶も美味しかったです。
s6828.jpg s6830.jpg

次の間には枕とタオルケットの用意がありました。羽織と帯もあります。
s6840.jpg s6850.jpg
浴衣は女将さんが持ってきてくれて、選べる浴衣サービス。
男性用は4種類、女性用は7種類くらいありました。

日本一の強アルカリ温泉として載っている教科書が置いてありました。
6842.jpg
新聞記事のコピーもあります。
6844.jpg

夕食は6時くらいかな、と思っていましたが、女将さんに食事は一時間以上かかる、
と言われ、5時半からになりました。結構強引に決められてしまいました(笑)。
時間があまりないので、急いで風呂に。貸し切り風呂は二つあり、専用です。
お風呂も部屋と同じ「やまぶき」。
s6862.jpg s6863.jpg
衝立を左に折れると、洗面台が二つ。
6867.jpg
脱衣場は広々としていて綺麗です。
6868.jpg
「ほんものの温泉におはいりください」という看板が誇らしげに飾ってあります。
6882.jpg
温泉の湯量が少ないので、一晩かけて溜めた温泉を加温して掛け流しにしているようです。

日帰り温泉施設ですが、アメニティは宿泊旅館と同じように用意してありました。
6872.jpg
シャンプー、リンスは風呂場には無いので、ここのを持って入ります。
s6873.jpg s6874.jpg
歯ブラシセット、カミソリ、化粧水、乳液、シェービングクリーム、アフターシェーブローション
までありました。かなり豪華です。男性用、女性用に別れて置いてありました。

フェイスタオル、バスタオル、持ち帰り用タオル各一組ずつ。
6875.jpg

貸し切り温泉。広いです。しかし設備はかなり年季が入っています。
6878.jpg
カランは3つ。カランは温泉ではないと思われます。
6879.jpg

風呂から撮った写真。洗い場もかなり広いのが分かります。
6883.jpg

PH 11.3の温泉の湯船。かなり広いです。4,5人は余裕で入れます。横158cm、縦220cm
6880.jpg
湯温が低く、手前側は39.5℃、奥のほうでも40.9℃しかありません。
(奥の掛け流しのお湯が出てくるところは51.7℃)
気温がかなり低い日だったので、一時間くらい二人で入っていたら37.4℃
になってしまいました。
私達はぬる湯好きなので、ずっと入っていられて極楽至極でした。

ただ、PH11.3が自慢の宿ですが、それほどぬるぬる感は感じませんでしたね。
須賀川のおとぎの宿米屋のほうが、ぬるぬる感がありました。
ぬるぬる感は少なめでしたが、風呂上りは肌がすべすべになりました。
食事の前後二回入ってのんびり出来ました。

もう一組の客が女性二人だったのですが、この二人4時間しゃべりっぱなしでした。
部屋でも風呂でも会話が響く響く(笑)。
特に風呂では話の内容が全部わかるくらい聞こえていました・・・。

長くなってしまったので、後編・食事編につづく・・・。


大きな地図で見る

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ペニーレイン ミステリーボックス 11月

2012年11月ミステリーボックス MYSTERY BOX FC2ブログ

那須のパン屋さん、ペニーレインからお取り寄せ。

MYSTERY BOX (ミステリーボックス) ¥3,000(送料込み)
申込時にクレジットカード払い。日付と時間指定が出来ます。

ベーカリー・ペニーレインのホームページは→【http://imagine.nasunogahara.co.jp/penny/

箱を開けると、上までぎっしりとパンが詰まっています。
s6671.jpg s6675.jpg
14種類、21個パンが入っていました。
6677.jpg

パン・オ・カマン
s6694.jpg s6697.jpg
中に入っているカマンベールチーズが非常に美味しいです。

よもぎあんぱん
s6699.jpg s6701.jpg
求肥が入っている甘~いパン。

オレンジ畑
s6702.jpg s6704.jpg
オレンジマーマレードがたっぷり塗ってあるパン。ものすごく美味しい。

発芽玄米ブレッド(ハーフ)
s6708.jpg s6712.jpg
あまり発芽玄米を感じない、普通っぽいパン。トースターで焼くとサクサク。

黒豆きなこ
s6714.jpg s6716.jpg
甘く煮た黒豆がぎっしり。甘いです。

黒コッペ
s6720.jpg s6723.jpg
レーズン、クルミ、黒糖が入っているパン。美味しいです。

ブルーベリーブレッド
s6727.jpg s6732.jpg
ペニーレイン一番人気の定番パン。

チーズブリオッシュ
s6733.jpg s6736.jpg
四角く切ったプロセスチーズがゴロゴロ入っているパン。チーズ好きには最高です。

大納言ロール
s6740.jpg s6741.jpg
軽く炙ると非常に美味しかった。

ナッツロール
s6742.jpg s6745.jpg
クルミ入りの軽いパン。軽く炙るとクルミの香ばしさが増して美味しいです。

シナモンブレッド
s6747.jpg s6750.jpg
シナモンの香り、味がたっぷりするパン。

スターダスト
s6752.jpg s6756.jpg
上に色々まぶしてあるのですが、振動と摩擦でハゲハゲ状態に。
みすぼらしい外観ですが、パイ生地がサクサク、チョコはウマウマです。

メロンパン
s6754.jpg s6759.jpg

バターロール
s6760.jpg s6763.jpg
元々ふわふわですが、トースターで焼くとよりいっそうフワフワに!

10月のミステリーボックスは→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-entry-240.html

テーマ : パン
ジャンル : グルメ

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ