大鷹の湯2013年5月 その5 2日目夕食&3日目朝食編

2013年5月 大鷹の湯 その5 夕食2日目FC2ブログ

2日目の夕食も同じ個室食事処で頂きました。若い男性従業員さんは丁寧な接客。
隣のブースは昨日と違う人々でしたが、やはり賑やかな人たちで、四人とも喋る喋る (゜д゜)
9605.jpg
最初に並んでいる料理。もちろんお品書き付き。
9608.jpg

食前酒梅酒。梅の味が濃く、美味しかった。
9620.jpg

前菜柏餅、白魚と菜花の煮こごり、しそ巻ピーナッツ、湯葉木の芽和え
9609.jpg

柏餅。一口サイズ。餅というより団子のような感じ。歯にくっつく。美味しい。
9637.jpg

しそ巻きピーナッツ。ピーナッツ味噌がしそで巻いてありました。面白~い。
9614.jpg

白魚と菜花の煮こごり。ほうれん草のような味です。ゼリーも濃厚。
9615.jpg

湯葉木の芽和え。筍が入っているのか?不思議な味です。木の芽の味は良く分からず・・・。
9617.jpg

この日の日本酒。【天鷹酒造】・大吟醸 ふるさとの絆 +3 1合 1,000円
9622.jpg
飲みやすく、美味しお酒でした。

相方は山ぶどうジュース・350円。
9636.jpg

刺身鮪、サーモン、牡丹海老、こはだ、ホッキ貝。微妙に変えて来ます。
9624.jpg

。これだけは毎回同じですね。
9625.jpg

サーモン、牡丹海老。海老はプリプリして美味しい。
9626.jpg

こはだ、ホッキ貝。こはだがとても美味しかったです。ホッキ貝はコリコリ。
9627.jpg

焼物メロ西京味噌焼き、黒胡麻ソース。刺身を食べ終ってから持ってきてもらいました。
s9639.jpg 9643.jpg
右端の立っているものは油揚げ。醤油で味付けがしてある?
メロはトロトロに柔らかい。口の中で融けます。美味!!御飯が欲しくなります。
臭みがなく、水っぽさもなく、とても美味しい。メロの下はジャガイモ。これも美味。

肉料理ビーフシチュー
s9646.jpg 9648.jpg
ビーフはこんな感じ。
9650.jpg
ビーフはとても柔らかくて、とろける~。もうウマウマ。ただシチューではないような気が・・・。

蒸物茶碗蒸し
s9652.jpg s9653.jpg
熱々が運ばれてきます。
9654.jpg
かまぼこ、筍、平茸、海老と正統派の(ごく一般的な)茶碗蒸しです。普通に美味しい。

揚物竹の子、椎茸、タラの芽。抹茶塩で。これも揚げたてアツアツ。
9658.jpg
お品書きでは菜花になっていましたが、タラの芽に変更になっていましたね。
とても美味しい天ぷらでした。

お食事かまど炊き御飯、香の物、野菜汁
9659.jpg

野菜汁。人参、大根、ネギ。
9662.jpg

甘味桜香る五色豆ぜんざい。冷え冷えで来ます。
s9664.jpg s9665.jpg
生クリームがかかっていて甘~い。
9667.jpg
とても美味しいデザートでした。甘い物好きには堪らないものでした。

一日目とは大分内容を変えてきました。中々やりますな、大鷹の湯。

連泊用メニューだと思っていましたが、どうやら全員このメニューのようでした。
連泊の人も大勢いたでしょうから、思い切って全部変えた方が楽だったのでしょうか?

一日目と違って量が少な目でした。ぺろり、という感じ・・・。
大食いの人には、もの足らなかったと思われます。
まあ、身体にはこれくらいのほうが丁度良いのでしょうね。
隣のブースは追加メニューを頼んでいました。声が大きいと全部筒抜け(笑)。

大満足で部屋に帰りました。




3日目朝食。

前日とは違うお皿がありました。
9695.jpg

ポトフ。すごい具だくさんです。
9679.jpg

フルーツはイチゴがパイナップルになっていました。
9680-1.jpg

ほうれん草の胡麻和え。胡麻たっぷりの薄味で美味しい。
9681-1.jpg

ナスと豚肉の炒め物。ナスがトロトロに柔らかい。豚肉が美味。ちょっとしょっぱいけど。
9682-1.jpg

野菜炒めにベーコンが入っていて非常に美味しい。
9683-1.jpg

手羽肉、独活、人参の炒め煮。手羽肉も独活も猛烈に柔らかくて美味しい。
9684-1.jpg

スクランブルエッグ。
9685.jpg

ポテトとオニオンリングとウインナー。
9686.jpg

前回の時もあったミニ肉まんとシュウマイ。。
s-9687-1.jpg

ポトフが絶品。ちょっとピリ辛のスープも美味しくて、これ毎回欲しいです。
9693.jpg
食後はコーヒーを飲んで、30分ほどで朝食は終了。朝食バイキングは大満足です。
部屋に帰って、風呂に入ってまったり。

チェックアウトは11:00ですが、送りのバスに乗るので早目のチェックアウトになりました。
バスの出発予定は10:45分。私達を含めて2組しかいなかったので、10:30頃出発しました。
9701.jpg
特に渋滞もなく、あっという間に那須塩原駅に到着。

那須塩原駅からまたはやぶさに乗って帰りました。
s9704.jpg s9710.jpg

【大鷹の湯】
〒329-2763
栃木県那須塩原市井口548-350
TEL:0287-36-6802 / FAX:0287-37-3987

別邸鷹山 305号室 @23,000円

大鷹の湯のホームページは→【http://www.ootakanoyu.com/

大鷹の湯感想。

良いところ
◎トロトロの源泉掛け流し温泉。肌がすべすべになる。
◎値段が安い。露天風呂付き部屋でも平日なら一万円台と格安。
◎食事は普通のメニューだが美味しい。
◎ドリンクメニュー豊富。追加料理も充実。
◎改良に次ぐ改良の姿勢は、非常に好感が持てる。
◎交通便利。高速インターからも、新幹線那須塩原駅からも近い。
◎犬のムックがいる。

いまいちなところ。
△鍵が一つ。
△いろいろ手を加えているので、ちぐはぐに感じるところあり。
△別邸鷹山305号室は20畳ではなく16畳だった。
△別邸鷹山の部屋の無線LAN(Wi-Fi)が弱い。
△洗面所の紙の手ふきはもったいない。タオルで充分。
△出来れば作務衣がほしい。
△出来れば朝食会場に紙おしぼり、もしくは布巾がほしい。

所々に「あれれ??」と思うところがありますが、大鷹ワールドと思えば気にならない。
細かい不満点は、すばらしい温泉で全て帳消しになります。
帰る時に、相方が携帯電話のカレンダーを見ながら、
「次はいつにしようか?」と言っていましたから、再訪は確実なのでしょう(笑)

大鷹の湯2013年5月宿泊、終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大鷹の湯2013年5月 その4 朝食編

2013年5月 大鷹の湯 その4 朝食編 FC2ブログ

大鷹の湯のホームページは→【http://www.ootakanoyu.com/

朝食は7:00~8:30の間の好きな時間に行きます。
朝は敷地内にスピーカーから音楽が流れる大鷹の湯。でも案外気持ち良いです。
9545.jpg
この時期は寒くも暑くもなく、非常に快適です。

ちょっと寝坊して7:30頃に本館・お狩場亭に行きました。朝食はバイキング。
9547.jpg

ほぼ満員の会場。中央のテーブルにおかず類が沢山並んでいます。BGMはピアノ。爽やか~。
9549.jpg
ラインナップは前回とそれほど変わらず。でも楽しい~♪
9587.jpg

湯豆腐、温泉卵。
s9553-2.jpg s9554.jpg

焼き魚二種類、沢庵、キュウリの漬け物。
s-9555-1.jpg s9556.jpg

トマト、白菜の漬け物、しらす、大根おろし。
s9557.jpg s9558.jpg

納豆、海苔、フルーツ。イチゴがあるとやはり嬉しいですね。
s9559.jpg s9560.jpg

生野菜、コーンフレーク、ヨーグルト、フルーツポンチ。
s9561.jpg s9562.jpg

ポテトサラダ、ほうれん草のおひたし。この辺までは前回と全く同じメニュー。
s9563.jpg s9564.jpg

切り干し大根と人参。
9565.jpg

鶏肉と野菜の炒め物。これはベラボウにうまかった!
9566.jpg

いかと大根と芋類の煮物。煮物はしっかりした味付け。大鷹の湯の煮物は美味しい。
9567.jpg

玉子焼き、揚げポテトとウインナー。
s-9568-1.jpg s9569.jpg

源泉蒸しの野菜。野菜がものすごく柔らかいです。
9570.jpg

御飯とお味噌汁は係の人がいて、よそってくれます。お味噌汁は具だくさんです。
9585.jpg

麦茶。
9580-1.jpg

冷水、牛乳、オレンジジュース、りんごジュース。
9579.jpg

壁側にはドリンクマシーン、パン、お粥、コーンスープ。
9583.jpg
コーヒーは機械で、紅茶はティーバッグで。

パンとマーガリンとジャム。パンは自分で焼きます。
9573.jpg

源泉を練り込んであるパン。
9574.jpg

源泉粥とコーンスープはジャーに入っています。
s9577.jpg s9578.jpg

源泉粥の薬味。おかか、ひじき、ちりめんなど。たらこもあります。
s9575.jpg s-9576-1.jpg

相方が一回目に取ってきたもの。
9550.jpg
真っ先にイチゴを取ってきていました(笑)。

私が一回目に取ってきたもの。私もイチゴを確保しておきました。
9581.jpg
いちごはとちおとめでしょうか?甘酸っぱくて美味しいいちごでした。

私の二回目のもの。たらこが美味しかったです。
9582.jpg
温泉卵は最後にお粥にかけて食べました。
種類が多くて、とても全部を食べることは出来ません。

食後にコーヒーを飲んで終了。

朝食バイキングは、相変わらず種類が多く、それぞれとても美味しいです。
ラインナップはごく普通ですが、こんだけ種類があれば楽しくて充分です。
不満点は、お手ふきの無いことですかね。ペーパーナプキンはありましたが、
紙おしぼりがあれば、なお良いと思いました。

食後はムックに挨拶に行きました。
9593-2.jpg
ムック可愛いなあ。

連泊なので「清掃無し」にしてもらいました。ふとんもそのままに。

十時半頃に部屋のドアを開けたら、換えのタオル類が既にドアの前に置いてありました。
9595.jpg

アメニティも一通り追加です。お茶菓子も前日と同じものがありました。
9596.jpg

冷水も新しいのが置かれていました。
9597.jpg

二日目はどこにも出かけず、風呂に入って本を読み、又風呂に入って・・・、を繰り返しました。
やはり、部屋に風呂がついていると、好きな時に入れて「この世の幸せ!」って感じ。
温泉宿の連泊は、一度経験してしまうと、もう病み付きになってしまいます。

相方は、風呂→寝る→風呂→寝る、を繰り返しておりました。

朝をしっかり食べたので、昼はお菓子をつまんで終わり。
ラーメンとか、梅おにぎりとか食べてみたかったですが、お腹がそれほど減らなかったので断念。

その5につづく・・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大鷹の湯2013年5月 その3

2013年5月 大鷹の湯 その3 1日目夕食編 FC2ブログ

大鷹の湯のホームページは→【http://www.ootakanoyu.com/

1日目夕食です。本館の五鷹亭という食事処に行きます。私達は6時からにしました。
s9473.jpg s9471.jpg
入り口で従業員さんに部屋番号を言うと案内してくれます。
ロビーを通って個室に案内されます。個室の入り口はちょっとくたびれたのれん
s9472.jpg s9469.jpg
個室食事処ですが、上部は開いているので声は筒抜け。
通路の向かいのブースがとてもうるさい賑やかな人々で、こちらの会話もかき消えるほど。
このへんは運ですね。この日は運が悪かった・・・。

テーブルに椅子。テーブルは広くて、4人でも充分なくらい。
9396.jpg

壁には綺麗なお花が飾ってありました。BGMはポップスのカラオケ。
9431.jpg

お品書き付き。鯉のぼりのイラストが可愛い。
9409.jpg

追加メニュー有り。お待たせ時間が書いてあるのが面白い。細かい気配りが大鷹の湯。
9419.jpg

ゴールデンウィーク限定追加メニューもあり。とても食べられそうもないので、注文しませんでした。
9421.jpg

最初に並んでいるのはこれだけです。
9398.jpg

食前酒ブルーベリーカシス黒酢
9411.jpg
ぶどうジュースのような味でした。美味しかった。

前菜蟹ゼリー寄せ、しそ風味わらび、鶏とわさび菜の和え物、シーフードマリネ
9400.jpg

鶏とわさび菜の和え物
9402.jpg
醤油ジュレがかかっていて、味が濃いです。鶏肉も深い味でうま~い。

蟹ゼリー寄せ
9403.jpg
蟹ですぞ!。とても美味しいです。一口で食べてしまいました。

シーフードマリネ。美味しかったです。
9406.jpg
私のには帆立が入っていなくて、相方のは海老が入っていなかった・・・・。
写真は私のもの。どちらを選ぶのかは究極の選択(笑)
いい加減なんだか、きちんとしているのだか判断に苦しむ大鷹ワールド。

しそ風味わらび
9408.jpg
わらびの臭みが全く無く、しそ味が効いていて美味。わらび嫌いの相方も食べられた。

大鷹の湯ではビール、焼酎、リキュールなど色々なお酒が用意してあります。
別メニューで栃木の地酒があります。

【菊の里酒造】・大那 純米酒・超辛口 +10 1合600円
【菊の里酒造】・大那 純米吟醸 +4~5 1合600円
【渡辺佐平商店】・清開 純米吟醸 日光誉 +2 1合600円
【天鷹酒造】・大吟醸 ふるさとの絆 +3 1合1000円
【天鷹酒造】・天鷹 瑞穂の郷 純米 +7 1合600円
【宇都宮酒造】・四季桜 純米吟醸 +3 1合600円
【宇都宮酒造】・四季桜 大吟醸かもしたて +5 1合1000円
【井上清吉商店】・澤姫 真 地酒宣言 +4.5 1合1000円
【外地酒造】・燦爛 辛口 +8 1合600円
【外地酒造】・燦爛 どぶろく 1合500円
【第一酒造】・開華・みがき・特別純米原酒 +3 1合600円
【飯沼銘譲】・杉並木・純米吟醸・年輪 +4 1合600円
【小林酒造】・鳳凰美田・純米吟醸・芳 +4 1合600円

どれを飲んでいいのやら、さっぱり分からないので、日本酒度の少ないのを選びました。
日本酒・【渡辺佐平商店】・清開 純米吟醸 日光誉 +2 1合600円 。
9426.jpg
飲みやすくて美味しい日本酒でした。
遠霞さんのお好きなお酒・四季桜をメモしていくのを忘れていて注文出来なかった・・・。失敗。
でも、帰ってきて考えたら、大鷹の湯はネットに繋がるのだから、ネットで見ればよかった・・・。

相方はゆずジュース350円を注文。
9429.jpg

後から運ばれてくる刺身
9412.jpg

鮪(まぐろ)
9418.jpg
鮪は毎度おなじみです。味はごく普通。

帆立、鯛(たい)
9414.jpg
帆立も鯛も美味しいです。鯛が特に美味しい。

しめサバ、つぶ貝
9416.jpg
しめサバは脂がのっていて美味。

焼物帆立のグリル、ふき味噌クリーム
s9433.jpg
9434.jpg
相変わらず焼き物なのに焼いていなさそうな料理が出てきます。不思議な宿だ・・・。
美味しいです。ハーブのような、ふき味噌の香りが口の中にフワッと残ります。

肉料理和牛陶板焼き。わさびと塩でいただきます。塩が細かくて粉みたいです。
s9437.jpg s9442.jpg
和牛アップ!
9439.jpg
固形燃料で焼きます。脂身が多くて、陶板で焼くと脂が飛び散る、飛び散る。
和牛は分厚いですが、柔らかくてウマウマ!!

煮物蕪(かぶ)、海老新丈、若竹饅頭、フカヒレあん。熱々が運ばれてきます。
s9445.jpg s9446.jpg
煮物アップ!
9448.jpg
やさしい味です。蕪はトロトロに柔らかいです。プリプリの海老のすり身が湯葉で巻いてあって美味。
フカヒレも入っているので大満足です。しかしこの辺でお腹がいっぱいになってきました。

揚物海老湯葉包み、舞茸、アスパラ
9450.jpg
塩に山椒と七味入り。何だか分からなかったので、従業員さんに聞いてしまいました。
9454.jpg
おっ、また海老の湯葉包みです。かぶってる?湯葉は油を吸って、ちょっと油っぽいです。
どれも熱々で美味しいです。

お食事かまど炊き御飯、香の物、すいとん汁。漬け物が妙に美味しい。
9455.jpg

お焦げ入り御飯。かまどで炊いているので希望するとお焦げがもらえます。
9457.jpg

すいとん汁。すいとんが二つも入っていて、ボリューム満点。お腹が苦しい。
9460.jpg
大根と人参と白菜とぶなしめじ入り。味は珍しく猛烈に濃いです。

甘味桜のムース、とちおとめ
s9466.jpg
甘味アップ!
9467.jpg
一番下に抹茶スポンジ。さすが本場、とちおとめが本当に美味しい。ムースもウマウマ!

お茶は自分で入れます。おいしいほうじ茶。
9464.jpg
お腹いっぱいで苦しいです。胃薬を飲もうかどうか悩むレベル。

刺身以外は前回と全く違う料理で感心しました。どれも美味しかったし、量も充分です。
名物料理も特別な材料も無いですが、全く不満無しの夕食でした。
食後にコーヒーがないのが唯一残念です。

押しボタンシステムで、次の料理を持ってきてもらうのを調節出来ます。
自分のタイミングで食べられるので、熱々が食べられるのがとても良かったです。

部屋に帰るとふとんが敷いてありました。満腹で苦しい、などと言っておきながら、
夕食後、大浴場の帰りに千本松牧場アイスクリーム・バニラを買ってきて食べてしまいました。
s9477.jpg s9482.jpg
千本松牧場アイスクリーム・バニラはさっぱりしていて食べやすかったです♪
かんぴょうあいすも食べてみれば良かった・・・。

その4につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大鷹の湯 2013年5月 その2 施設編

2013年5月 大鷹の湯@那須塩原 その2 施設編FC2ブログ

再訪なので、施設の詳しいレポは省略です。詳細は前回のレポを。
前回2月のレポは→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-52.html

前回と違うところを主にレポします。

↓大鷹の湯のパンフレットに挟まっている紙も変化していました(クリックで拡大します)
s-img9.jpg

↓地図も前回と変わっていました(クリックで拡大します)
img009-1.jpg
コテージも削除されていました。

大鷹門に近い、泰山荘の前にある、居酒屋カラオケ「OTEMOTO」のラーメンの案内がありました。
9314.jpg
ちょっと、ラーメンを食べてみたかったかも。

別邸鷹山の横にある、東雲の間(しののめのま)は宿泊をやめてしまったのか、
誰も泊まっていませんでした。宿の地図にも載っていなかった・・・。
9315.jpg

おかげで東雲の間名物の南京錠を見ることが出来ました(笑)
9316.jpg

相変わらず従業員通用口みたいな、宿泊客専用の露天風呂入り口。
9319.jpg
部屋の鍵に露天風呂の鍵がついているので、それで入ります。
今回は中には入らず、露天も入らなかったです。

露天風呂の利用時間拡大!
2月の時は夜のみの使用でしたが、今回は翌朝も入れるようになっていました。これは良いですね!
9321.jpg
宿のホームページを見ると、5月7日からこの露天風呂は工事をするそうです。工事期間は未定。
作ったばっかりのような気がしますが、何を工事するのですかね?

本館の前も、前回は工事中でしたが、綺麗に仕上がっていました。
9322.jpg
角が庭のような造りになっていました。
9323.jpg

鹿威し(ししおどし)が出来ていて、静寂の大鷹の湯にコーン、コーンと鳴り響く。
9325.jpg
それでも道路部分はまだ工事中なのか、ほったらかし状態でした。多分工事途中なのでしょう。

駐車場脇に置かれた電車はゴミ置き場に成り下がったまま。
s9330.jpg s9328.jpg

部屋に風呂がついていないけど、安く泊まれる泰山荘。綺麗ですがアパートみたいです。
9344.jpg
ひっきりなしに出入りしていましたから、多分満員だったのでは。

フロント横のロビー。皆さんアイスを食べたり、新聞を読んだりしていました。
9369.jpg
部屋でもWi-Fiが使えますが、イマイチ電波が弱く、突然繋がらなくなることがありました。
このロビーでは電波が強く、安定してネットに繋がりました。Nexus7がサクサク快適。

フロント脇の飲泉所で、温泉をいただきました。何か御利益がありそうです。
9359.jpg
湯量豊富な大鷹の湯、飲泉も流しっぱなしです。
9360.jpg

売店に温泉パンが登場していました。
9364.jpg

買わなかったのですが、連泊時のお昼はこれでも良いかも?
9365.jpg

アイスも沢山の種類が売っています。迷んでしまいます。
9367.jpg

ん?柱に広告が。かんびょうあいす?
s-9703-3.jpg
アイスに干瓢パウダーがはいっているそうです。ちょっと怖くて食べられませんでした(笑)
・・・恐るべし大鷹の湯。恐るべし栃木県。

かまどでは夕飯用のご飯を炊いていました。横のガスボンベは着火用ですかね?
9378.jpg

鷹見の湯に行く途中にある、那須温泉神社です。お参りしました。
9379.jpg

到着した日は、入浴している人がいて写真が撮れなかったのですが、
翌朝5時に起きて行ってみたら誰もいなかったです。大浴場、脱衣場共に変わらないと思います。
s9487.jpg s9488.jpg

s9489.jpg s9490.jpg

朝日の燦々と射す大浴場。もちろん源泉掛け流し。温度調節もバッチリ。広くて快適です。
9496.jpg

シャワーとカランがずらり。馬油シリーズが並んでいます。
9493.jpg

前回行かなかった鷹見の湯に行ってみました。裏山の小高いところにあります。
9530.jpg
おおっ!朝の五時は、さすがに誰もいないぞ。
9497.jpg

入り口入ってすぐ左にトイレ。とりあえず作っときましたっ!、みたいな感じです・・・。
9499.jpg

鷹見の湯は男女別になっていました。
9500.jpg

無造作なトイレと違って、風呂のほうは綺麗な仕上がり。
9501.jpg

中に入ると、オサレな空間が広がっていました。鷹見の湯の外観からは想像もつかない造り。
9505.jpg

木の素敵なテーブルが置かれていました。
9507.jpg

脱衣籠は6個と少なめ。
9506.jpg

風呂場は床が大分下がっていて、階段で降りていきます。
9508.jpg

脱衣場出口からは、風呂桶を見下ろすような感じ。朝日の差し込む鷹見の湯。
9509.jpg

階段にはタオル生地が敷かれていて滑りません。
9522.jpg

カラン・シャワーは二つありました。
9510.jpg

かなり大きい風呂です。中は全ての辺に段が付いていて半身浴出来ます。湯温は39.7℃。
9511.jpg

窓側からとった写真。
9515.jpg
ちょっと深めの浴槽。広くて快適。

湯口と反対側の風呂の縁は、温泉成分のため変化していました。
9523.jpg
10:00~21:00は有料貸し切りです。これが貸し切りに出来るのは贅沢ですね。
宿泊客は50分2,000円。

女性用のほうは風呂桶が違う形のようですが、相方は爆睡していたので鷹見の湯に来ず。
よって確認出来ませんでした。

大鷹の湯の名物犬・ムック。吠えないし、人なつこいしで可愛い犬です。
昼間は通路の反対側の木につながれていることが多いです。
9384.jpg
泰山荘の前にいるので、泰山荘に出入りするお客さんに可愛がられていました。

毛を刈られて前回とは違う犬のようです(笑)。これで夏を乗り切らなくては。
s-9385-3.jpg

2月のムック。耳だけ茶色かったなんて分かりませんでした。
8730_20130515155546.jpg

その3につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

大鷹の湯 2013年5月 その1

2013年5月 大鷹の湯@那須塩原に泊まってきました。再訪です。FC2ブログ

2013年2月に大鷹の湯に宿泊して、トロトロ温泉に大感動。
ここのお湯に虜になった相方が、チェックアウトの時にすかさずゴールデンウィークの空きを聞いていました。
そうすると、なんと一室だけ空いているという。それなら、というので予約をして帰りました。
今回は連泊。食事はどうなるのか?興味津々ですね~。

【大鷹の湯】
〒329-2763
栃木県那須塩原市井口548-350
TEL:0287-36-6802 / FAX:0287-37-3987

別邸鷹山 305号室 @23,000円

大鷹の湯のホームページは→【http://www.ootakanoyu.com/

前回2月のレポは→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-52.html

前回2月は車で行きましたが、ゴールデンウィークなので渋滞必至。
値段は高いですが新幹線で行きました。東京駅から乗り込みます。
郡山までしか行かない新幹線なのに、入ってきたのは何故かはやぶさ・・・。
s9194.jpg s9196.jpg
はやぶさは揺れが少ない、と相方がしきりに感心していました。

一時間十分ほどで那須塩原に到着。あっという間ですね。
s9201.jpg s9204.jpg

事前に予約しておくと、那須塩原まで迎えに来てくれます。
駅前に既に迎えのワンボックスが来ていたので乗り込みました。客は他に二人のみ。
駅からは十分くらいでしょうか、大鷹の湯に到着。大鷹門をくぐって真っ直ぐ延びる道。
9349.jpg

別邸鷹山(べっていようざん)の前で下ろしてくれます。
9394.jpg

女性従業員さんが門の前で待ち構えているので、すぐに中に案内してくれます。
s9388.jpg s9389.jpg

女性はおしゃれ浴衣を選ぶのも前回と同じ。
9311.jpg

廊下をずんずんと進んでいきます。畳なのでスリッパとかは無しです。
9312.jpg

一番奥の305号室でした。
s9206.jpg s9208.jpg

ドアを開けるといきなり洗面所。踏み込みは狭く半畳分くらいしかありません。
s9209.jpg s9210.jpg

洗面所の引き出しにドライヤー。分かりにくいですが、微妙に引き出しが開けてあります。
s9308.jpg s9309.jpg

踏み込みの右側はトイレ。便器が何故か片方に寄って設置されていて気になります・・・。
s9211.jpg s9213.jpg

あれっ??廊下の右側の300番台の部屋だったので、てっきり10畳+10畳だと思っていたら、
なんと8畳+8畳でした・・・。なんか騙された気分?
9221.jpg

しかも、入り口側の畳の幅が半分くらいしかない。よって8畳よりももっと狭いです。
9224-.jpg
窓のほうが出窓のようになっているので、空間としては8畳ですかね?・・・。
予約の時にちゃんと確認したわけではなかったのですが、300番の部屋なのでてっきり20畳タイプだと・・・。
301号室の10畳+10畳と較べると、さすがに狭く感じます。でもまあ別にこれでも充分です。
じゅうべいさんの仰る通り、この方がバランスは良い感じです。20畳は無駄に広い感じもしますし。

32インチテレビはちょっと高い位置に。
9225.jpg

居間と寝室の間には、のれんも無し。
9227.jpg
でも、のれんがないおかげで、逆に広々とした感じがあります。これって計算のうち?

寝室はちゃんと8畳ありました。箪笥しか置かれていないので広々としています。
しかし天井の照明がなく、昼間でもうす暗かった。
9231.jpg
端の部屋なので窓があるのですが、カーテン(手ぬぐい?)が窓よりも小さい。
横から光が漏れて朝は眩しいです。この辺がとっても大鷹の湯っぽいのですよね(笑)。

床の間には綺麗なお花が。
9303.jpg

寝室から居間を見た写真。左に箪笥が置かれています。
9234.jpg
箪笥に扉を開けるくぼみがあるのですが、割れていて引っかからない・・・・。
開けるのに握力とコツが必要です。大鷹の湯だなあ・・・。

箪笥の中にタオル類がありました。浴衣は従業員さんが置いてくれました。
9249.jpg

フェイスタオル1枚、バスタオル2枚はうれしい。
s9256.jpg s9257.jpg

たびソックス、半纏有り。
s9259.jpg s9260.jpg
作務衣は無いので、部屋着用にスエットと長袖Tシャツを持って行きました。

鍵は一つ。寂しい。お菓子は前回と同じ、温泉せんべいと種なし梅。
s9266.jpg s9269.jpg

電気ポットと冷水は用意済み。お茶も変わらず。パックに入った緑茶。二袋入れてなんとか飲める。
s9246.jpg s9272.jpg

連泊客には昼食メニューが案内されます。翌日九時までに予約します。
9268.jpg
朝のバイキングでしこたま食べたので、昼食は食べず。

部屋付き露天風呂は300番台の部屋の、広い四角い風呂でした。
9274.jpg
屋根がついているので、雨でも大丈夫。快適な露天風呂です。

五つ星源泉掛け流し。色が前回よりも濃く感じました。温度調節済みで、湯温41.1℃でした。
9276.jpg

内径168cm×85cmの大きさ。身長170cmの男性が入るとこんな感じ。二人で並んで入れます。
9601.jpg
いや~、相変わらずヌルヌルの昆布汁のようなお湯です。肌がつるつるになります。
入っているだけで幸せになるお湯。いくらでも入っていられます。極楽湯。

中に段が一段あるのですが、小石が埋めてあって滑らないようになっています!素晴らしい!
9283.jpg
2月に泊まった301号室は、この段が滑って危なかったですが、これなら大丈夫。
この部屋だけなのか、全ての部屋がこれになったのかは不明。全ての部屋がこれなら良いですね。

シャワー、カラン、馬油シャンプーシリーズは同じ。
9287.jpg
今回は比較的気温が高かったので、二日目はここで身体を洗いました。

休憩用の椅子と、謎のウレタンマットも健在。
9290.jpg

寝室側の窓から、居間方向のテラスを見た写真。隣は塀一枚なので声はまる聞こえ。
9293.jpg

居間の前にも庭が広がっています。全館禁煙なので、煙草を吸う人はこちらで。
9295.jpg
目の前の壁の向こうは駐車場なので、景観はこの庭のみ。
でも木が植えてあるし、広いのでこれで全く不満なし。

その2につづく・・・・。


大きな地図で見る

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

米沢牛 黄木 東京店

2013年5月 【米沢牛 黄木】東京店に行ってきました。FC2ブログ

東京駅で昼食をとりました。

何日か前に、甘栗さんのブログ【甘栗のごはん放浪記】で、米沢の【時の宿すみれ】の
女将・黄木綾子さんの実家である【米沢牛 黄木】が東京駅にオープンという情報を発見!

その時の甘栗さんの記事は→【http://ameblo.jp/amaguri0111/entry-11520806939.html
黄木さんのホームページは→【http://www.o-ki.co.jp/

これは絶対行かねば!というので、11時の開店に合わせて突入。

丸の内側と八重洲側を結ぶ地下道にある、黒塀横丁に出来たようです。
9153.jpg

あったあった!
9155.jpg

5番の位置。
9157.jpg

11時10分頃に入りましたが、席は既に半分以上埋まっていました。それほど広い店ではないです。
9158.jpg

反対側から見たお店。男性従業員さんがしきりに呼び込みをしていました。
9188.jpg
「米沢牛の黄木です」と声を張り上げていました。
9186.jpg
【米沢牛 黄木】東京店 営業時間 11:00~23:00(ラストオーダー22:00)

メニューは米沢牛定食。
9160.jpg

米沢牛すき焼き。
9162.jpg

米沢牛ステーキ。
9163.jpg
とあるのですが、もちろん私達は米沢牛定食を注文。
私は米沢牛すき丼(1,500円)、相方は米沢牛炙り丼(1,800円)。

先に米沢牛炙り丼が到着。季節の小鉢、味噌汁、お新香付き。
9169.jpg
炙り丼アップ!
9170.jpg
肉は確か7枚だったような・・。絹のような滑らかな舌触りで、口に入れるとふわっと溶ける~。
と、相方は感動していました。

季節の小鉢。
s9172.jpg
9173.jpg
凍み豆腐と干し椎茸の出汁が「すみれ」の冷や汁そっくり!「すみれ」を思い出してニコニコです。

お新香と味噌汁も美味しい!
s9180.jpg s9181.jpg

米沢牛すき丼。季節の小鉢、味噌汁、お新香付き。
9174.jpg

本当にすき焼きのような感じです。
9176.jpg

温泉卵付き。
9177.jpg
肉が本当に軟らかくて、味が良く染みていてウマウマ!!黄木さんさすがだわ。
もう、かき込むように食べてしまいました~。
ご飯はもちろんつや姫。軽くて美味しいお米です。

出来れば「すみれ漬け」なんかが食べられればもっと良いのですが、それは贅沢か。
でもここで食べれば、「すみれ」に行けない不満が少し解消しそうです。

隣のカップルはステーキを注文。反対側の家族はすき焼きを注文しておりました・・・。
それを横目で見ながら、次回はカルビ丼を食べるぞ、と心に誓って出てきました(笑)

会計が済むと、何と一人一個のガムのサービス。
9191.jpg
開店記念の特別サービスだと思うのですが、太っ腹ですねえ。

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ