別所温泉花屋 その3

2013年7月 別所温泉花屋宿泊 FC2ブログ

<旅館花屋>
〒386-1431
長野県上田市別所温泉169
TEL:0268-38-3131(代表)9:00~19:00受付
FAX:0268-38-7923

花屋さんのホームページは→【http://hanaya.naganoken.jp/

その3 館内編。

大浴場に入浴がてら、館内の散策に行きました。

館内&大浴場&露天風呂は、【じゅうべいさん】や【kumaonsenさん】や【みみんさん】が、
書かれていますし、その他にも沢山レポがあるので、ざっと大まかに。

ラウンジを出てすぐのカド。大浴場や露天風呂に通じる廊下です。
HY048.jpg
左に見える扉はトイレです。たまたま入ったら、トイレまですばらしい雰囲気ではありませんか!
さすがに便器とかを載せるのは気が引けるので、上向きの角度で。
HY083.jpg
綺麗で、レトロなトイレなんて初めて。
普通、宿の共同トイレなんて写真に取らないのですが、思わず写真を撮ってしまいました。
HY084.jpg
この2枚の写真ではわからないと思いますが、素敵なトイレでした。

大浴場・大理石風呂。この時間は男性用でした。入り口が二つあります。
HY049.jpg
<大理石風呂>
男湯:チェックイン~午後21時45分
女湯:22時~10時30分

脱衣場。
HY098.jpg

洗面台。カミソリとブラシあり。
sHY086.jpg sHY087.jpg

化粧品は部屋のと同じ。体重計あり。
sHY088.jpg sHY103.jpg

浴場の入り口も二つあります。中は分かれています。
sHY100.jpg sHY096.jpg

大理石浴場。暗くて見えないですが、奥に浴槽が一つあります。
HY296.jpg
手前の浴槽は、何とかしゃがめましたが、1分で断念。熱いです。

奥の浴槽は激熱で、しゃがむことも出来ませんでした。
でも肩まで浸かっている人がいてビックリ!
HY297.jpg
壁といい、床といい、窓といい雰囲気たっぷりです!

隣の浴槽。これが適温で、ゆっくりと浸かることが出来ました。でも小さめ。
HY298.jpg
4時頃行った時は人が大勢居て、写真は撮れませんでした。
浴槽の写真は、翌日の朝食後に撮ったものです。

脱衣場には麦茶と冷水のサービス。
HY093.jpg

大理石風呂を通り越して先に行くと水車があります。
HY053.jpg
水車は物凄い勢いで回っていました!

水車の前に花屋の夏の風物詩・ラムネがありました。
HY051.jpg

このヒラヒラについ誘われてしまいます。
HY120.jpg

1本100円。ボードに紙が挟んであるので、部屋番号を書いて持って行けます。
HY054.jpg

いかにも涼しげな演出。風呂上がりにはもってこいです。
HY052.jpg

部屋でいただきました。ラムネなんて本当に久しぶりでした。
HY122.jpg
実は、みみんさんの花屋レポでこのラムネが紹介されていて、とても美味しそうだったので、
狙っていたのです。ラムネがあって良かった!

大理石風呂の前を曲がると、若草風呂と露天風呂に。回廊が本当に美しいです。
HY050.jpg

若草風呂。この時間は女性用でした。
HY055.jpg
<若草風呂>
男湯:22時~10時30分
女湯:チェックイン~午後21時45分

横に長~い脱衣場。やはり入り口も2つありました。
sHY080.jpg sHY079.jpg

アメニティ、ドライヤーも大理石風呂と同じです。体重計あり。
sHY195.jpg sHY194.jpg

ものすごく横に長い若草風呂。相当な人数が入ってもへっちゃらです。
HY307.jpg
湯温が低く、ゆっくりと入れました。めちゃめちゃ気持ちいいです。
もちろん肌がすべすべになる、とても良い温泉です。
広さといい、ぬるめのお湯といい、大浴場はこちらの方が良かったです。

若草風呂の方は何故か冷水のみ。
HY193.jpg

若草風呂を曲がると露天風呂へ通じるドアがあります。
sHY074.jpg sHY076.jpg
出口の横に看板が。写真が暗くて分かりづらいくてすみません。
HY077-1.jpg
お願い「露天風呂においでの際は、ゆかたで移動してください」
浴衣を着ていなかったじゅうべいさんのご主人は、露天風呂をあきらめて帰ったそうですが、
やはり浴衣を着ていなかった私もこの看板を見て固まってしまいました・・・。
何度か読んで、裸でなければ良いのだな、と判断しましたが、
ちょっと誤解を招く看板ですよね。

ドアを開けてちょっと歩きます。通路が素敵。
sHY057.jpg sHY058.jpg

男女別露天風呂。(午前 6時~10時30分)&(チェックイン~22時)
HY059.jpg

脱衣場。誰も居なかったので写真が撮れました。
HY062.jpg

男性用露天風呂。それほど広くないです。
HY061.jpg

反対側から脱衣所を見た写真。
HY067.jpg
周りを囲まれて景観ゼロの露天風呂。宿泊棟からちょっと遠いし、夏は虫が居そうだし、
余り魅力を感じませんでした。とりあえず写真だけ撮って帰ってきました。

玄関脇の裏側に自動販売機。
HY046.jpg
ほとんど110円、高くても140円くらいだったと思うので良心的価格ですね。

玄関脇に売店。夕方4時から夜9時まで、朝は7時から10時半まで。
HY106.jpg

みすず飴も売っています。ジャムとか、桜井甘精堂の栗菓子とか色々ありました。
HY108.jpg
沢山種類があるので、見ているだけでも楽しかったです。

帰りに食堂を超えて中広間のあるところに寄ってみました。庭が美しい。
HY211.jpg
場所はここ。
s-9985-4.jpg

広い廊下。喫煙所なのですが、誰も居ないので、何だかモッタイナイような空間です。
HY213.jpg

その廊下の先を曲がると駐車場が見渡せる所に出ました。お城(蔵)が見えます。
HY214.jpg
ここ。
s-9985-6.jpg
総面積6500坪という広い花屋さんの敷地。迷路のようでした。

その4につづく・・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

別所温泉花屋 その2

2013年7月 別所温泉花屋に泊まってきました。FC2ブログ

<旅館花屋>
〒386-1431
長野県上田市別所温泉169
TEL:0268-38-3131(代表)9:00~19:00受付
FAX:0268-38-7923

花屋さんのホームページは→【http://hanaya.naganoken.jp/

その2 部屋編。

部屋に案内してくれた従業員の若いお姉さんが、部屋でじっくりと説明をしてくれました。
懇切丁寧、という言葉がぴったりの説明ぶりで、相当時間がかかりました。
ここまで丁寧に説明を受けたのは初めてかも、というくらいでしたよ。好感度大。
説明が終わると浴衣を見繕って持ってきてくれました。
夕食や朝食の時間もこの時に決めます。

離れ61番。ドアを開けると踏み込み。
HY953.jpg

踏み込みの左側の障子を開けると、6畳の次の間。その右側に主室の10畳があります。
HY955.jpg

次の間にレトロな品々が置いてあります。金庫あり。
HY958.jpg

隅のタンスを開けると、浴衣とタオルセット。浴衣は宿の説明が終わってから、置いてくれます。
HY966.jpg

浴衣@一枚、フェイスタオル、バスタオル@各一枚ずつ、足袋ソックスあり。
HY968.jpg
作務衣とかパジャマとかはありません。

6畳の次の間から見た、10畳の主室。その向こうに縁側があります。合計16畳+αで広々~。
HY969.jpg

10畳の主室。床の間も別にあるので、広いです。
HY970.jpg
古いですが、とてもよく手入れされていて気持ちが良い部屋です。

電話はこだわりのダイヤル式。
HY976.jpg

テレビはシャープ・アクオス20インチ。BSは映りません、と宿のパンフレットに載っていました。
HY978.jpg
部屋の割には小さいですが、あえて小型のものを置いてあるそうです。
出来るだけ文明の利器は目立たないようにしているみたいですね。
もちろん「館内はWEB環境になっていません」の注意書きがパンフレットに書いてありました。
大正ロマンとWi-Fiは合わないのでしょうね・・・。

夏なので扇風機が置いてありました。生け花も控えめで綺麗。
HY979.jpg

テーブルの上にお茶菓子。信濃名物・みすず飴でした。
sHY983.jpg sHY981.jpg
いろいろな味のものがあって楽しい。初めて食べましたが、美味しかった~。
HY982.jpg
飴と言うよりゼリーでしたね。花屋の売店で売っていました。
HY984.jpg
どうでもいいことなのですが、みすず飴の下に敷いてある紙に花屋ホテルと書いてありました。
そういえば、金庫のキーホルダーにも「花屋ホテル」の表示。
旅館花屋じゃないの???

気になって調べてみたら、花屋ホームページに載っていました。
旅館花屋の経営会社の名前が、(株)花屋ホテルみたいです。
しかも何と、みすず飴の会社は花屋ホテルの出資会社なのですね。
みすず飴の社長は、花屋ホテルの二代目社長と書いてありました。
詳しくは花屋さんのホームページを→【http://hanaya.naganoken.jp/topics-bunkazai.htm

館内図あり。とても助かります。構造を頭に入れてから、大浴場に行きました。
HY985.jpg

ポット1.85リットルは昔ながらの魔法瓶タイプ。どうしても時間がたつと、ぬるくなってしまいます。
HY988.jpg
朝は交換してくれましたが、従業員さんが持ってくるのも大変そうです。

お茶セット。煎茶が結構美味しい。
HY987.jpg

残念ながら鍵は一つ。
HY989.jpg
アンケート用紙と別所温泉の外湯入浴券が二枚ありました。
外湯は入らなかったので、入浴券も使わず。

障子は雪見障子というのでしょうか、上下してガラスが隠せます。
sHY223.jpg sHY224.jpg

広めの縁側にソファとテーブル。ソファも豪華で、テーブルは猫足! レトロ~。
HY991.jpg
縁側に通じる障子を開けたら硫黄の臭いがしてきました。期待感が高まりますね。

縁側の隅に作られている洗面スペースは少々狭い。
HY995.jpg

ドライヤーあり。ペーパータオルもありました。カミソリ、シャワーキャップは二つずつ。
sHY996.jpg sHY999.jpg
女性用にコーセーの化粧水と乳液。男性用はリキッド、トニック、アフターシェーブローション。

液体石けんとコップ一つ。洗面スペースの横に冷蔵庫。
sHY001.jpg sHY002.jpg

冷蔵庫には、自己申告制の飲料が入っていました。空きスペースがあるのでジュースとか入れられます。
HY005.jpg
キリンラガー、アサヒビール、ヱビスビール、生酒神渡・各735円。
ウーロン茶、ミネラルウォーター・各210円でした。ちと高いですね。

縁側の左側は水回り。左の扉がトイレで、右の扉が部屋のお風呂。
HY012.jpg

どう考えても、開けたら和式便器がありそうな雰囲気でした。おばあちゃんの家みたいです。
しかし、ちゃんとウォシュレット付きの最新式トイレ。
HY014.jpg
ちょっと狭くて、座って扉を閉めると、扉が近かった(笑)
でも、もちろん使い勝手は普通でしたよ。快適快適。

トイレの鍵もレトロ~。
HY271.jpg

トイレの右側の扉を開けると脱衣場。大き目の脱衣カゴが2つ。
HY016.jpg

部屋付き風呂入り口の扉を開けたところ。露天ではなく、開放感のある内風呂です。
sHY019.jpg sHY020.jpg

61番の部屋付き風呂。壁や風呂のタイルが全部形と色が違う~!
HY022.jpg
無色透明で、硫黄臭のする温泉。なのにPH8.8というアルカリ性、不思議なお湯です。
入れば入るほど肌がすべすべになる極上温泉。飲泉も出来ます。
硫黄臭と相まって、もう最高~。本当に良いお湯でした。
しかし、熱くて長い時間入っていられなかったのが残念でした。

一人用サイズですね。身長約170cmの私が、座って足を延ばしてぴったり、という大きさです。
HY028-2.jpg
風呂外枠138cm×84cm。内径118cm×64cm。深さ55cm。中に段はありません。

源泉口。じゃぶじゃぶ流れています。自分で湯量の調節が出来ないのが残念。
HY024.jpg
激熱 (゜Д゜)。湯口47.3℃。湯船44.7℃
源泉の温度が高いのと、狭い湯船のためか、お湯が熱い熱い。保温性も高そうです。
とても入れないので、ホースとシャワーを使って水を注入。なんとか入れる温度まで下げて入りました。
夕食前にぬるくしたのに、夕食後はまた激熱になっていました・・・・。

後日、【じゅうべいさんのブログ】&コメントを見ていたら、じゅうべいさんは宿にお願いして、
源泉の注入量を少なくしてもらって熱い風呂を冷ましたそうです。

そうか、そんな方法があったのか~・・・(゜Д゜)

水を入れてせっかくの良い源泉を薄めてしまった(泣)・・・。残念。
今度花屋に行くことがあって、お湯が熱ければ、絶対に源泉量を少なくしてもらおう!

シャワーとカラン。お湯を薄めるためか、ホース付きの蛇口もあります。
HY039.jpg
洗い場スペースが狭いです。ほぼ風呂の幅と同じくらいですから、90cmくらいでしょうか。
頭とか体とか洗うと、泡や飛沫が風呂に入ってしまいそうです。

シャンプー&リンス、ボディソープ。2つともくっついていて離れません!
HY034.jpg
使わなかったので、感想なしです。

部屋付き風呂から覗いた庭。網戸は片側の窓に固定されていて動きませんでした。
HY036.jpg
ちょろっと見えているのはお向かいの72番の部屋。
静かな宿で、聞こえるのはお湯が流れる音と、鳥の鳴き声のみ・・・。

その3につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

別所温泉 花屋 その1

2013年7月 別所温泉花屋に泊まってきました。FC2ブログ

ブロ友の【kumaonsenさん】は花屋さんに何度か宿泊されています。
kumaonsenさんが以前に書かれた花屋さんのレポを見ると、とても良さそう。
じゅうべいさん】も花屋に宿泊していて、宿もお湯も良かった、とレポを書かれていました。
ネットの評判を見ても、とても評価が高いので、kumaonsenさんの追っかけで
7月の暑い最中に、別所温泉花屋さんに行ってきました。

何と奇遇なことに、じゅうべいさんが私達とほぼ同じ時に花屋さんに泊まっている事が判明。
レポが重なる(特に食事)かもしれませんがあしからず・・・・。

花屋さんは、JTBやびゅうなどで色々なプランがあるのですが、今回はびゅうプランで行きました。
これだと上田電鉄別所線の切符も一緒に手配してくれるので、ラクチンなのです。

<びゅう 信州>
別所温泉 旅館花屋
離れ 風呂・トイレ付き和室(定員5名)
JR+宿泊コース(基本コース)東京駅発着
@38,600円(宿泊のみコースは@29,500円)
チェックイン15:00チェックアウト11:00


<旅館花屋>
〒386-1431
長野県上田市別所温泉169
TEL:0268-38-3131(代表)9:00~19:00受付
FAX:0268-38-7923

花屋さんのホームページは→【http://hanaya.naganoken.jp/

東京駅は行く度にどんどん新しい店が出来ています。
お昼の調達に、ブランジェ浅野屋グランスタ店へ。軽井沢のパン屋さんですね。
sHY860.jpg sHY853.jpg

美味しそうなパンが沢山並んでいました。パンを買って新幹線ホームへ。
sHY855.jpg sHY856.jpg

東京駅11:44発あさま521号で上田駅まで。乗車時間は1時間25分位です。
sHY862.jpg sHY864.jpg

ブランジェ浅野屋さんのクラブハウスサンドとミックスサンド。
sHY872.jpg sHY875.jpg

ミックスベリーのフレンチトーストと、クロックムッシュ。パンはウマウマ。
sHY878.jpg sHY880.jpg

13:10に上田駅到着。改札を出て左に折れ、階段を上って上田電鉄別所線へ。
sHY881.jpg sHY882.jpg
右側に乗り場。上田駅にはあちらこちらに六文銭マークがありました。
HY883.jpg
ズンズン歩いて行くと別所線の改札口。
HY884.jpg

ワンマン電車が止まっていました。ワンマンなので、途中の駅は一番前のドアしか開きません。
HY885.jpg
そこそこの数の乗客。電車内は綺麗でした。

全部で15駅の各駅停車の旅。のんびりムードです。
HY892.jpg

13:48に別所温泉駅到着。待合所は乗り込む乗客でごった返していました。
sHY893.jpg sHY895.jpg
鉄道ファンが写真を撮りまくっていました。
HY896.jpg
なかなか風情のある駅舎を出て、時間があるので北向き観音へ。
HY898.jpg

駅前の看板。皆さんこの前で記念写真を撮っていました。
HY314.jpg

駅から登りですが、のんびり歩いて十数分でしょうか、左側に北向観音入り口。
HY904.jpg

門前のお店が並ぶ通りを抜けて北向観音に行きます。
HY909.jpg

温泉が出ているので有名な手水場。ちゃんと温泉分析表まであります。
HY911.jpg

隣に薬師堂なのでしょうか、舞台のような作りの建物がそびえ立っていました。
HY915.jpg

安楽寺まで足を伸ばしました。これは入り口の門の手前にそびえる階段。ここは木陰で涼しい。
HY920.jpg

300円払うと、国宝の八角三重塔が見られます。大勢見学していました。
HY928.jpg

常楽寺と別所神社にも行きました。別所温泉は「信州の鎌倉」を標榜しています。
そこのところちょっと違和感がありますが、コンパクトな街並みに、古い神社仏閣があり、
温泉(外湯)あり、旅館あり、美味しそうな喫茶店や食べ物屋もあり、魅力的な街。
歩いていて楽しいところでした。

歩いて汗だくになって、花屋に向かいます。川を渡る橋には「はなや橋」の名が。
HY936.jpg

はなや橋を渡ると旅館花屋です。
HY935.jpg

新しい、大きな看板。
s-HY937-1.jpg

玄関は右側に。到着はチェックインを過ぎて、3時5分頃。
HY939.jpg

さすがに風情のある玄関。宿泊客の名前が全員黒板に書いてありました。
HY940.jpg
団体の名前が書いてあるところはありますが、個人まで書いてあるのは初めてかも。

玄関を入ったところ。正面がラウンジ。左側がフロントです。フロントで受け付け。
HY237.jpg
とても風格があります。全43室の宿、スリッパがずらりと並んでいます。

写真には写っていませんが、ラウンジの右側に売店。売店は4時から営業。
右壁のお人形さん(?)が並んでいる裏側にジュースの自動販売機あり。
HY227.jpg

花屋に泊まった人は必ず写真に撮るであろうラウンジでしばし休憩。
HY943.jpg
レトロと重厚さが混在するラウンジ。新聞を読んでいる人が多かったです。

でもすぐに部屋に案内されました。ロビー前の廊下を行き、階段を上り、
HY121.jpg
廊下をしずじずと歩く。古いけれどとても良く手入れされています。回廊が美しい。
HY045.jpg
途中で曲がり、階段を数段上り、ようやく部屋に。廊下は歩くとドスドス音がします。
HY043.jpg
案内してくれた従業員のお姉さんが、途中で親切丁寧に宿の配置を説明してくれました。

離れ61番でした。
HY948.jpg

引き戸を開けると左側のドアが61番。この棟は61番の隣に63番の部屋もあります。
HY949.jpg
右側のドアは隣の部屋のものなのでしょうが、閉まっているみたいでした。

簡素な部屋番号の札。隣の63番の部屋の入り口は、廊下の反対側と思われます。
sHY952.jpg sHY226.jpg
館内図より。
s-9985-1.jpg


大きな地図で見る

その2につづく・・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

米沢牛 黄木 東京店

2013年7月 米沢牛 黄木 東京店に再度行ってきました。FC2ブログ

5月にも行ってきたのですが、その時のレポは→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-entry-266.html

黄木さんのホームページは→【http://www.o-ki.co.jp/

黄木東京店は、東京駅地下の八重洲口近くの黒塀横丁にあります。
営業時間 11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
OK326.jpg
午後2時頃行ったのですが、半分位席が埋まっていました。
OK352.jpg

食べるのは米沢牛定食。
s-334-2.jpg

私は米沢牛炙り丼(季節の小鉢、みそ汁、お新香つき)1,800円。
OK337.jpg
炙ってある肉が8枚!
OK339.jpg
米沢牛肉アップ!!
OK340.jpg
柔らかい肉が、口の中でとろける感じ。
肉には、ほとんど味が付いていないので、わさびをのせたり、醤油をつけたりして
色々な食べ方が出来ます。もう~ウマウマ。
肉の下に漬け物が敷いてあって、肉と漬け物とご飯のハーモニーが抜群!
もう絶対次もこれを食べます!!

季節の小鉢。
s-342-1.jpg
置賜地方の郷土料理、冷や汁であろうと思われます。
OK343.jpg
凍み豆腐とおかひじきが、干し椎茸の出汁汁につけてあって美味しいのなんって!!
これを食べると、やはり「時の宿すみれ」を思い出してしまいますね。

漬け物はもちろん美味しい。
s-344-1.jpg

味噌汁はなめこ汁。
s-345-1.jpg

相方はカルビ丼(季節の小鉢、みそ汁、お新香つき)1,300円。
OK346.jpg
カルビが10枚以上。
OK348.jpg
カルビアップ!
OK349.jpg
ピリ辛の味付け。かなり濃い味でした。ごはんが進む進む。
食欲があまり無い、と言っていた相方でしたが、ほとんど食べてしまいました。

すき焼きとかステーキとかもあるのですが、お値段が高くて手が出ません。
OK335.jpg

隣の席の女性二人が米沢牛ステーキ重を食べていて、
横目で盗み見たところ、とても美味しそうでした。
安いもも肉で2,000円なので、うーん・・・・。

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ