Onsen Ryokan 山喜 2014年 その1

2014年8月 板室温泉 Onsen Ryokan 山喜に行ってきました。FC2ブログ

栃木板室温泉 Onsen Ryokan 山喜 
〒325-0111 栃木県那須塩原市板室844
予約専用 tel.0287-69-0011

<プラン>Onsen Ryokan 山喜 スタンダードプラン
<客室>ビューバス付き (温泉)お部屋「楓」または「椛」
大人@28,080円

宿のホームページから直接予約

山喜さんのホームページは→【http://yamaki-onsen.com/

遠霞さん】の追っかけで去年行った山喜さん、あまりの素敵さに再訪してしまいました。
前回の宿泊は→【http://kamomiru.blog97.fc2.com/blog-category-58.html

今回も車で行きました。
行きは東北道【蓮田サービスエリア(下り)】に立ち寄り。目的はソフトクリーム。
ドラぷらに「PIZZA SAVOY」さんのソフトクリームが紹介されていて興味津々。
sYK1624.jpg sYK1627.jpg
クレミア→<濃厚なのに後味すっきり。生クリーム25.0%、乳脂肪分12.5%で
深みのあるコクとふくよかな風味でまったりとした口どけです。
香ばしさと食感が持味のラングドシャコーンでご提供いたします。>

なんて書かれていたら食べないわけにはいきません~。

買ってしまいました【クレミア】¥500。
YK1634.jpg
高い!、しかも、小さい~(笑)。でも、濃厚なクリームがめちゃくちゃ美味しい!
ソフトクリームというより、冷たいチーズケーキを食べているような感じでした。
コーンもラングドシャでウマウマ。

お昼は大鷹の湯さんの敷地内にある「OTEMOTO」さんというラーメン屋に行くことに。
大鷹の湯さんに泊まっている時は中々行けないので、この機会にと張り切って行きました。

しかし、到着すると、なんか人気が無いし、活気も無い・・・・。何か変だゾ・・・。
近寄ってみると「OTEMOTO」さんは無くなっていて、
「アクア株式会社・源泉達人」になってしました (゜Д゜)・・・。
sYK1642.jpg sYK1641.jpg
ラーメン屋は、何時無くなってしまったのだろう?・・・・。

せっかく大鷹の湯さんに行ったので、ムックにご挨拶。暑いけどムックは元気でした。
YK1649-1.jpg
ムック、夏バージョン。短毛ムックは別な犬のよう。

泰山荘も改装が終わって、入り口が高級な感じに。
YK1650.jpg

ムックの小屋も何となく小綺麗になったような気が・・・。
YK1639.jpg
東雲はペットと泊まれる宿泊棟になったようですが、近寄らなかったので詳しくは分からず。

昼食のあてが外れたので、仕方なく那須ガーデンアウトレットに行きました。
カジュアルイタリアン ジャカッセさんに入ってパスタを食べました。
sYK1654.jpg sYK1659.jpg

私は夏野菜とモッツァレラのパスタ(1,220円)、
相方は塩レモンとモッツァレラの冷製フルーツトマトソース(1,210円)を食べました。
sYK1666.jpg sYK1669.jpg
冷たくて美味しかった~。

那須ガーデンアウトレットは久しぶりでした。いつの間にか増床していて、
チーズガーデン】さんが入っていました。
イートインもありました。チーズケーキの食べ比べセットがあったから、
コレを食べても良かったような気がします。

那須ガーデンアウトレットを出て板室温泉に向かいます。
チェックインは15時。その15分位前に山喜さんに到着。角に建っていて目立ちますね。
YK1673.jpg

今回はお迎えがなかったので、勝手にズカズカと入っていきました。
sYK1682.jpg sYK1683.jpg

玄関も勝手知ったるもの。
sYK1685.jpg sYK1686.jpg

中に入れば、そこは別世界。
YK1687.jpg

玄関には面白い形の下駄が置いてありました。これ売店でも売っていました。
YK1894.jpg

受付にも誰もいません。どうやら従業員さんは全員出払っているようでした。
しばらくすると、2階から凄い勢いで従業員さんが降りてきました。
YK1690.jpg

と、そこへ他の従業員さんが別の客を案内してきて、ロビーが満員に。
チェックインを部屋ですることになり、早速部屋に案内されました。
2階に上がる階段から中庭が見えます。
YK1858.jpg

2階に上がってすぐが前回泊まった「楓」。そこを通り過ぎて奥に案内されました。
sYK1751.jpg sYK1752.jpg

やった!前回とは違う「椛」に案内されて嬉しかった~。一番奥の部屋です。
sYK1754.jpg sYK1755.jpg

ドアを開けると、ちょっと狭い廊下。部屋のレイアウトは「楓」とは左右対称になります。
YK1757.jpg

入り口入ってすぐ右にポットとお茶セット。急須や湯飲みが前回とは違うものでした。
YK1767.jpg

冷蔵庫の中は無料のお水とお菓子。コレは変わらず。
sYK1774.jpg sYK1773.jpg

洋服掛けの下にはタオル類と作務衣、足袋ソックス、タオルケット、カゴ。
金庫とタオル掛け。
YK1779.jpg

タオル掛けはこんな感じになります。
YK1884.jpg

作務衣は着心地が良くて快適です。
YK1825.jpg

ブツブツ付きのタオル、フェイスタオル、バスタオル、。バスタオルは1人2枚と充実。
YK1829.jpg

板の間の居間スペース。座椅子は4つ。障子の向こうはバルコニー。
YK1789.jpg
前回の宿泊の時は、美術館のような館内、スタイリッシュな部屋に圧倒されて、
全てに感動してしまいました。今回は再訪なので、ちょっと余裕あり。
冷静に見ると、この居間の空間はそれほど広くないですね。でも、二人なら十分です。
座椅子のクッションは分厚くて、座り心地の良い物。重たいです。
藤の椅子は気持ちの良いロッキングチェア。

そのロッキングチェアから見た入口方面。「椛」は端っこにあるので細長い窓が付いています。
YK1881.jpg

右方向を見ると寝室。最初から敷いてあるのが嬉しい。布団は寝心地が良かった~。
YK1882.jpg

寝室から居間方面。マウスカーソルを乗せると障子を閉めた写真に変わります。


居間の隅には加湿機能付きの空気清浄機でしょうか。今回は使用せず。
YK1818.jpg

部屋でチェックインをした後に、部屋にウエルカムドリンク&お菓子を持ってきてくれました。
冷たい抹茶、かぼちゃ羊羹。かぼちゃ羊羹はウマウマでした。
YK1708.jpg

鍵は2つ。大浴場に行く時に便利です。
YK1714.jpg

その2 風呂編につづく・・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

黄木 東京店

2014年8月 黄木 東京店に行ってきました。FC2ブログ

ここしばらく【時の宿すみれ】さんにも行っていないし、黄木さんも随分行っていません。
東京駅に行くことはあっても、中々黄木さんには寄れない・・・・。

そんなところ、有楽町に所用があったので、帰りに【黄木 東京店】さんに行ってきました。

東京駅地下、黒塀横町に到着したのは夕方5時過ぎ。
o2009.jpg

米沢牛 黄木 東京店。久しぶりなのでワクワクしてしまいました。
o2006.jpg

以前【ごんたさん】のツイッターを拝見していたら、コース料理が物凄く美味しそうだったので、
今回は迷わず「米沢牛づくし」を注文。これは17:00からのメニューです。
メインの肉は、すき焼き(6,300円)、しゃぶしゃぶ(6,800円)、ステーキ(7,500円)と
選べるのですが、やっぱりステーキにしてしまいました。
o2012.jpg
・・・@7,500円!!う~ん、私達には超高額です・・・。こんな高い夕食は初めてかも?
今回は大奮発でした(^^;)

順番に運ばれてきます。
寄せ豆腐 山形のだし添え
かかっている出汁が美味しい。キュウリ、ミョウガもとても美味しい。
o2017.jpg

米沢牛冷しゃぶ 夏野菜添え。野菜はもちろん、ドレッシングが美味しい。
o2022.jpg

隠れて見えない米沢牛冷しゃぶ。お~、柔らかい~!!美味し~。
o2028.jpg

小皿いろいろ。
o2029.jpg

米沢牛のしぐれ煮
o2034.jpg
すみれさんの朝食に出てくるよりも、味が薄めでウマウマ。口の中でホロホロと崩れます。
ご飯がほしくなりました。

米沢産そばの実とじゅんさいジュレ。薄味です。
o2037.jpg
そばの実がたっぷりと入っていて、そばを食べている感じ。食べ応えあり。
じゅんさいとの相性もバッチリ。

米沢牛モモ肉の炙りポン酢
下に山芋が敷いてあります。上に乗っているジュレを混ぜて食べてくださいと言われました。
o2040.jpg
ポン酢ジュレと肉のハーモニーが最高。フモフモ言いながら食べてしまいました。

本日の盛り合わせ。だだちゃ豆、燻製、肉のコンブ巻き、棒鱈
o2042.jpg
だだちゃ豆はプリプリ。燻製は柔らかいビーフジャーキーでした。噛めば噛むほど美味しい。
肉のコンブ巻きは、昆布の味が濃厚。肉は牛すじ肉でしょうか?

肉の昆布巻きの後ろにある棒鱈。口に入れるとこれもホロホロと崩れてしまいます。
o2046.jpg
美味し~。

米沢牛とも三角のすみれ漬け。キュウリはもろみ味噌をつけて食べます。
o2048.jpg
添えてあるトウモロコシは甘~い。もろみ味噌が辛くて美味しかったです。

すみれ漬けアップ!添えてあるのはゴボウの漬け物。ピリ辛でカリカリでした。
o2051.jpg
お~、すみれ漬けです!4切れもある!漬け具合が濃厚で、味が染み込んでいます。
すみれさんで食べるより美味しかった~。美味しくって、涙ぐみながら食べていました。

米沢牛大トロ炙りとローストビーフ寿司
o2056.jpg
もう柔らかいの、美味しいので、ニコニコしてしまいます。

米沢牛サーロインステーキ。野菜も油でソテーして塩胡椒。美味しいです。わさびつき。
o2061.jpg

焼き具合はお好みで。私はレア、相方はミディアムで焼いてもらいました。
o2065.jpg
脂身たっぷりのサーロイン。柔らかくって、ジューシーで旨いのなんのって。
すみれさんで食べるのと同じ感じ。もう大満足です。
ただ、量が多め。相方のステーキが2切れ回ってきて、苦しい・・・。

ステーキの場合、米沢牛入り焼きおにぎりになります。
o2073.jpg
これは物凄く美味しい焼きおにぎりです。肉だけでなく、漬け物みたいなものも入っていました。
しかし、ステーキを食べる時には白ごはんが欲しかったです。
焼きおにぎりは味が濃いのですよね。

味噌汁漬け物がつきます。味噌汁にはなめこ、お麩、豆腐が入っていました。
o2078.jpg

デザートはフルーツジュレ。ラズベリーソースがかかっていました。
o2086.jpg

フルーツ、バニラアイス、パンナコッタの三層構造。
o2084.jpg
色々な味が楽しめました。どれもウマウマ。ラズベリーソースが甘酸っぱくて美味しかったです。
しかし、スプーンが幅広で、容器の下まですくえない・・・・。食べたいのに、すくえない・・・。
先の細いスプーンが欲しかったです(笑)

お肉のあまりの美味しさで、満足度は非常に高いです。
冷や汁がないのと、食後にコーヒーが出ないのを除けば、
すみれさんに行ったような気分になれます。
金額が金額だけに、しょっちゅう食べられるものではないですけど、
また、すみれ漬けが恋しくなったら食べに来てしまうかも。

あっ、そうえいば入り口にすみれさんのパンフレットが置いてありました。
o2087.jpg

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

北菓楼「夏の涼菓セット」

2014年7月 北菓楼(きたかろう)の「夏の涼菓セット」をお取り寄せ。FC2ブログ

「夏の涼菓セット」
オレンジバウムクーヘン(高さ約4cm)1個
天然水夕張メロンゼリー2個
はまなすの恋 抹茶チョコレートウィッチ12枚入り1個
北海道開拓おかき 白糠柳だこ味 170g 1個
北海道開拓おかき 枝幸帆立味 170g 1個
パティシエのまかないおやつ(スイート) 170g 1個(通販DM初登場)

期間限定(2,000セット限定)3,200円でした。

お買い上げ5,000円以上で送料が無料になるというので、
果樹園の六月 1,234円

はまなすの恋 ミルクチョコレートウィッチ 12枚入り 1個 648円
を追加で頼みました。

クール便で来ました。送料は無料でしたが、クール便(200円)だけは負担。
sKK0680.jpg sKK0683.jpg

箱を開けるとこんな感じでした。おかき2種類が目につきます。
KK0684.jpg

北海道開拓おかき 白糠柳だこ味。
s-DSC04830.jpg

サクサクで美味しい。思ったより量が多いです。
s-DSC04828.jpg

天然水夕張メロンゼリー。
KK0695.jpg

濃厚。メロンの果肉がたっぷりと入っていて、食べるとベロが痛くなります・・・・。
s-DSC04834.jpg

はまなすの恋 抹茶チョコレートウィッチ12枚。
KK0691.jpg

個別包装。
s-DSC04854.jpg

抹茶の香りが物凄いです。味も抹茶抹茶していて苦いほど。美味しい!
s-DSC04860.jpg

はまなすの恋 ミルクチョコレートウィッチ12枚。
KK0709.jpg

包装はほとんど抹茶と変わりませんね。
s-DSC04850.jpg

チョコが甘くて、猛烈に美味しい。これは病みつきになりそう。
s-DSC04857.jpg

オレンジバウムクーヘン。北菓楼といえばバウムクーヘンですよね。
KK0732.jpg

しかし、それほどしっとりという感じではありません。周りはしっとりしていましたけど。
KK0738.jpg

オレンジの味がアクセントで美味しい。数日置いたほうがよりしっとりしました。
KK0740.jpg

パティシエのまかないおやつはチョコレートおかきでした。
KK0756.jpg

チョコの味は薄めで、ほとんど揚げ煎餅の味しかしませんでした。サクサク。
KK0762.jpg

果樹園の六月。これはずっしりと重たくて驚くほど。
KK0705.jpg

超しっとりパウンドケーキです。
sKK0716.jpg sKK0718.jpg

ナイフを入れても切れない・・・。密度が猛烈に濃い。
KK0721.jpg

バターたっぷりで、甘くて、悶絶パウンドケーキでした。今回の最大のヒット商品。
KK0723.jpg
これは是非また食べたいです!!

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

友家ホテル その5 朝食編

2014年7月 友家ホテル@大湯温泉に泊まって来ました。FC2ブログ

友家ホテル
〒946-0088  新潟県魚沼市大湯温泉282
TEL:025-795-2111  FAX:025-795-2711

部屋:別館303(当館サイト限定室)@17,500円
ネットで直接予約。現地で現金払い。

チェックイン:14:00  チェックアウト:11:00

友家ホテルさんのホームページは→【http://www.tomoyahotel.com/

その5 朝食編。

前日の夕食で、苦しくなるほど食べたのに、朝には空腹を覚えました。
消化に良い料理なんでしょうね。

朝食は8:00~9:00の間が選べます。私達は8時にお願いしました。

友家ホテルさんは朝食も部屋出し。8時前にふとんを片付けた後に、テキパキと並べられます。
ty1529.jpg

ご飯はお櫃で運ばれてきます。新しい急須と湯飲みは来ますが、お茶は部屋のを使います。
ty1534.jpg

お櫃の御飯。ツヤツヤと光っています。ウマウマの御飯でしたよ~。
ty1586.jpg

醤油差しがペンギンみたいで面白かったです。
ty1588.jpg

ハム
朝食は説明が全く無かったのですが、【みーしゃさん】や【じゅうべいさん】や【遠霞さん】の
レポによると、【きんちゃんハム】のようです。トマトが添えてありました。
ty1542.jpg
塩っぱくて、猛烈に美味しいハム。御飯が進む~。

モロッコインゲン。辛子マヨネーズドレッシング。シャキシャキで美味しい。
ty1547.jpg

ナス、パブリカ、エリンギ。油味噌炒め。味が濃くて、これも御飯が進みます。
ty1553.jpg

卵焼き。大根おろし。薄甘めの卵焼きでした。優しい味です。
ty1556.jpg

漬け物。キュウリ(浅漬け)、紫蘇の実(醤油漬け)、パブリカ(ぬか漬け)、梅干し。
ty1559.jpg

海苔。5枚入っていました。しっかりした、美味しい海苔でした。築地の海苔屋さんでしたけど。
ty1562.jpg

最初から並んでいるデザート、スイカ。皮の部分がやたら薄いスイカ。
ty1565.jpg
ものすごく甘いスイカ!先割れスプーンが付いていたので、種を取るのも楽々。便利ですね~。

後から持って来てくれた大きい塩鮭。添えてあるのは昆布でしょうか。、山椒の味が強烈。
ty1572.jpg
脂が乗っていてとても美味しい鮭でした。塩っぱくて、これまたご飯が欲しくなります。

熱々を持って来てくれた、味噌汁。なめこ、湯葉、スイカ、おかひじき。
ty1576.jpg
朝から湯葉なんて贅沢な具材ですよね。薄味で、とても美味しい味噌汁。ホッっとする味でした。

全体的に味の濃い料理が多く、御飯が進みます。御飯そのものも美味しいので、朝からパクパク。
がっつり食べてしまいました。夕食に続き、満腹で、大満足な朝食でした。

食後はドリップコーヒーを入れてまったり。
ty1591.jpg

チェックアウトは11:00なのですが、バスが10:27発なので、早めに部屋を出ました。
名残惜しい・・・。
ty1597.jpg

宿から大湯温泉バス停まで車で送ってくれるそうですが、歩いても数分の距離。
車はお断りをして、ブラブラと坂道を登って行きました。
友家ホテルさんに泊まっていて、バス停に行ったのは私達を含めて3組。
sty1603.jpg sty1606.jpg

大湯温泉バス停から、30分ほどで小出駅に到着。料金390円!安い・・・。
sty1610.jpg sty1609.jpg

小出駅は数年前に建て直したようで、駅舎は綺麗。
小出駅の文字は魚沼市出身の俳優・渡辺謙さんのものでした。
ty1608.jpg

小出駅から、浦佐駅までは2駅、数分。200円。浦佐からまた2階建てMAXで帰りました
sty1612.jpg sty1614.jpg

アイスが食べたかったのですが、待てど暮らせど車内販売が来ない・・・。
しびれをきらして車内売店まで買いに行きました。8号車から5号車まで階段を上ったり降りたり。
無事にゲットしてきました。今回はりんごアイス(270円)をチョイス。
ty1618.jpg

それほどカチンコチンでもなく、すんなりと食べられました。りんごが入っていて美味しかった~。
ty1621.jpg

友屋ホテル感想。

良いところ。
◎とても良く温まる、ぬる湯温泉。
◎お風呂は綺麗で快適。貸し切り風呂もある。
◎良く手入れされた館内と、スタイリッシュで綺麗な部屋。
◎食事はすごく美味しい。
◎部屋食は落ち着いて静かに食べられる。
◎シャンプーや化粧品充実。タオル干しも大型で使い易い。
◎バスタオル1人2枚、あかすりタオルは嬉しい。
◎湯上がり処は楽しい。卓球台もあり。
◎ロビーではWi-Fiが使える。
◎絵画やオブジェ、館内に置いてある変わった品々を見るだけでも楽しい。
◎接客は最小限だが、丁寧で礼儀正しくて、好感度大。

いまいちなところ。
△鍵が一つ。
△最寄り駅からの送迎がない。
△エレベーターがない。
△対岸に大型旅館が建っている。
△川の音が大きい。
△食後のコーヒーはなし。
△熱湯好きな人には不向き。
△部屋にカミソリが無いので、浴場から持ってこないといけない。
△作務衣があれば尚良し。

立地上、大型旅館から見られてしまう、とか、川の音が大きい、とかは仕方ないですね。
外観は古いですが、中に入ってしまうとほとんど古さを感じません。
所々に残る古さはご愛敬。昭和の香りがします。
改装されてスタイリッシュな部屋や風呂は感動ものです。

アクセスが悪いのがネックですが、美味しい料理と極楽温泉には魅了されます。
家族経営で頑張っている友家ホテル、機会があれば再訪したいです。

友家ホテル 終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

友家ホテル その4 夕食編

2014年7月 友家ホテル@大湯温泉に泊まって来ました。FC2ブログ

友家ホテルさんのホームページは→【http://www.tomoyahotel.com/

その4 夕食編。

夕食は18:00から。部屋食です。

友家ホテルさんにはお酒が色々揃っていて迷ってしまいました。

<定番の地酒>緑川、厳選辛口吉乃川、八海山。
<地域の特級酒>巻機(まきはた)純米吟醸、辛口魚沼、緑川 緑 雪洞貯蔵酒、
八海山純米吟醸、八海山魚沼で候、かじか酒、

その他、果実酒、焼酎、ワイン、ビールなどなど。

どれも美味しそうです。しかし、よく分からないので、
緑川酒造 緑 雪洞貯蔵酒(1合700円)を冷やで注文しました。
ty1418.jpg
濃い日本酒という感じ。辛口で美味しい。

まずはこれだけ並べられます。残念ながらお品書きは無しです。
でも配膳の時に一通り説明してくれます。
ty1420.jpg

食前酒。梅酒の白ワイン割り。一工夫ありの梅酒。
ty1449.jpg
梅の味よりブドウの味のほうが勝っていました。とても美味しい食前酒でした。

お箸が五角形で面白~い。
ty1451.jpg

コップのコースターも、デザインが独特。
sty1453.jpg sty1452.jpg

キュウリ、トマト・枝豆・豆腐の味噌漬け、ホタテ・タラモサラダ、
ちりめんじゃこ、イカの塩辛。
ty1426-1.jpg
キュウリは辛子漬けです。食べると甘みを感じますが、後から辛みが襲ってきます。美味しい。
イカの塩辛は当たり前ですが、とても塩っぱい。お酒に合います。

ちりめんじゃこ、シメジ、エノキを煮たもの
柔らかくて美味しい。これも味が濃くて、御飯が欲しくなります。
ty1432.jpg

帆立の上に、タラモサラダ。タラモとはタラコとジャガイモです。
ty1434.jpg
帆立は甘くて、すごく美味しいです。タラモサラダも美味。ケッパーは酸っぱいです。

トマト、枝豆、豆腐の味噌漬け。豆腐の味噌漬けは初めてです。
ty1437.jpg
枝豆は固めに茹でてありました。すんごく美味しい枝豆でした。
豆腐の味噌漬けはチーズのような食感で、味噌の味が濃厚で美味。
猛烈に塩っぱいので、酒が進む、進む~。

ゴマ豆腐、蟹
ゴマ豆腐は柔らかくてプルンプルン。ゴマ油の香りが際立ちます。美味し~。
ty1439.jpg

生麩、インゲン、ぜんまいの煮物。ぜんまいは凄く長~い。薄味で美味しいです。
ty1443.jpg
山菜嫌いの相方が、美味しいと言って食べていましたから、相当なものです。
生麩はお餅のようにしっかりしていました。かみ応えあり。

はまぐり鍋。エノキ、三つ葉。固形燃料で暖めます。
ty1447.jpg

前菜が食べ終わらないうちに、お造りと鮎の塩焼きが運ばれてきました。
sty1454.jpg

お造りアップ!アカイカ、カンパチ、〆サバ、南蛮海老。日本海の魚だそうです。
ty1458.jpg
カンパチは脂が乗っていてウマウマ。ネットリしています。
〆サバも猛烈に美味しい~。南蛮海老は口の中でとろけて甘~い。
アカイカはコリコリしていて噛むのに一苦労。どれもこれもウマウマのお造りでした。

鮎の塩焼き。きゃらぶき。鮎は焼きたてが運ばれてきます。
ty1461.jpg
鮎はとても美味しい。かかっている塩も美味しいです。
それにしても、川魚を食べている間は無言になりますね(笑)。蟹と同じです。

まだ、前の料理が食べ終わっていない状態で、もずくとウニ餅が運ばれてきました。
ty1464.jpg

友家ホテル名物・ウニ餅。生ウニを海苔とお餅で巻いてあります。
ty1469.jpg
ウニはトロトロです。餅が軟らかくてウマウマ。海苔も美味しくて、
これはもう一度食べたいですっ!!。しかし、ここでもうお腹いっぱい・・・。

もずくは土佐酢で。もずくは何だか量が多い。食べても食べてもなくならない。
ty1471.jpg
シャキシャキのもずく。ハリハリしていて食べ応えあり。美味しい~。

他を食べているうちに、ハマグリ鍋が出来上がりました。
ty1474.jpg
ハマグリはデカイのが4個。ハマグリも美味しいですが、汁が猛烈に美味しい。
あまりに美味しくて、汁を全部飲んでしまいました・・・。塩分多そう・・・・。

ステーキ、パブリカ、ズッキーニ。ステーキは胡椒が効いています。
ty1480.jpg
ステーキは柔らかくてウマウマ。他の料理を食べていて冷めてしまったのですけど、
それでも美味しかった。相当良い肉のようです。しかし、5切れは多かった・・・・。
・・・苦しい・・・・。

御飯、塩昆布、味噌汁、漬け物。ステーキと一緒に持って来てもらいました。
ty1485.jpg
御飯はもちろん魚沼産コシヒカリ。味噌汁は豆腐とセリ。漬け物はきゅうり、高菜漬け。
御飯はおかず無しでも美味しい。ツヤツヤやで、立っています。塩昆布がまた美味しい。
味噌汁は出汁がすごく美味しいのですが、何の出汁なのかよく分かりません。
全く角のない、まろやかな出汁です。
苦しい、苦しい、と言いながら食べてしまいました (^^;)

ブルーベリーアイス。デザートは食事終了後にフロントに電話をして持って来てもらいます。
ty1494.jpg
バニラアイスに、凍ったブルーベリーが混ざっていて美味しい。満腹なのにペロリと食べてしまいました。

お茶は新しいのを持って来てくれますが、自分で入れます。

夕食の量は多いです。満腹です。途中で苦しくなってきたところへステーキが出てきてダメ押し。
今回は、上から2番目プランなので、やはり豪華ですね。
これで一番上のプランだったら、もう一品出てくるのでしょうか?
これ以上出てきても、絶対に食べられません・・・。

次々と運ばれてくるので、食べるのは忙しいです。
まあ、これは仕方ないですね。私達は写真なんか撮っているから食べるの遅いし。
でも部屋出しなので、他の人を気にせずに食べられました。

夕食はそれほど凝ったもの、驚きのものは出てきません。
しかし、良い素材を最大限に引き出すような料理で、どれもウマウマでした。
季節感もあって楽しめましたし、さすがに料理自慢の宿だけあります。

食後はすぐに布団を敷きに来てくれました。

その5 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

友家ホテル その3 大浴場編

2014年7月 友家ホテル@大湯温泉に行ってきました。FC2ブログ

その3 大浴場編。

別館1階の奥が大浴場・庭園風呂
時間で男女交代。朝7時~夜7時は男性用。夜7時~翌朝7時は女性用です。
ty1182.jpg

のれんをくぐると、左に下駄箱。正面の木の仕切りの向こうが脱衣カゴ。
ty1184.jpg

入り口横は庭園風呂入り口と洗面台。
ty1187.jpg

鏡も時計も面白い~。こんなの何処で売っているのだろう?
ty1192.jpg

壁一面に温泉成分表。PH8.4。循環、濾過あり。加温もあり、と書いてありました。
ty1194.jpg

洗面台の上にアメニティ。なんとフェイスタオルが置いてあります。手ぶらで来られます。
ty1195.jpg

コットン、綿棒、ヘアゴムの他にシェービングフォームまでありました。
ty1202.jpg

脱衣場の奥まったところに脱衣カゴ。
sty1203.jpg sty1204.jpg

カゴの反対側には椅子。カゴの横にタンスが置いてあるので何かと思ったら、
「ご婦人の方へ 野天風呂用タオル よろしかったらお使いください」と書いてありました。
sty1205.jpg sty1405.jpg

タンスを開けると、バスタオルが入っていました。細かい配慮ですね。
ty1406.jpg

中に入ると、左に洗面スペース。
ty1208.jpg

ブースには仕切り板あって、隣を気にせずに使えます。
ty1213.jpg

シャンプー類はポーラ・シャワーブレイク。クレンジングはアロマエッセ。
ty1212.jpg

2013年7月に改装したという庭園風呂。広いし、綺麗だし、開放感があるしで素敵な風呂です。
ty1209.jpg

浴槽の底はざらざらしているので、滑らず、何とも言えず気持ち良い感触。
段もついているので、半身浴できます。シャワーブースの壁に寄っかかれて便利。
ty1216.jpg
湯温39.1℃。ぬる湯で気持ち良いです。
でも、肩まで浸っていると、やっぱりすぐに温まってしまう。温泉効果恐るべしです。
大浴場は空いていて、誰も居ないか、居ても1人でした。
この広い大浴場を独占できる幸せ。至福の時でした。

昔シャワー、カランがあったところは、ただの壁になっています。
風呂の向こう側は何もありません。無駄に広くて、何だかとっても勿体ない気がします。
ty1214.jpg

庭園風呂の端から、野天風呂へ出られます。
ty1218.jpg

ちょっと歩いて、
ty1220.jpg

野天風呂到着。正確な寸法は分かりませんが、横方向が3m位でしょうか。
4人位入ると窮屈そうです。幸い私が行った時は誰もいなかったので、独り占めしました。
ty1221.jpg
表にあるので、湯温が低くて36.5℃。ここはずっと入っていられました。
景色も良いし、湯温は低いしで、非常に快適な野天風呂でした。

入浴目線。
ty4818.jpg

しかし、こちらを見ると、例の大型旅館が見えます。
目隠しが、すだれしかないので、向こうから見えてしまいそうです。
女性にはちょっと勇気が要りそうですね。バスタオルは必至ですねえ。
ty4819.jpg



本館にある龍神の湯。ここが男女交代の浴室です。
こちらは朝7時~夜7時は女性用、夜7時~翌朝7時は男性用です。
ty4770.jpg

貸し切り温泉の横の階段を降りていきます。
ty4787.jpg

階段の上には龍神様が鎮座ましましていました。
ty4776.jpg

ドアを開けると、
ty4788.jpg

左側奥まったところにオサレな化粧台。
ty4797.jpg

化粧水、ヘアゴム、コットン、綿棒などはこちらに。ドライヤーあり。
ty4777.jpg

右側奥にはオサレな洗面台。こちらにもドライヤーあり。
ty4778.jpg

脱衣カゴ。ここにもフェイスタオルがあります。
この台の下側はキャスターがついていて、台が引き出せます。
ty4780.jpg

脱衣カゴ横のドアを開けると、龍神の湯。
ty4802.jpg

龍神の湯は横に長い形。
ty4781.jpg

庭園風呂ほどは広くないですが、横長で気持ちの良いお風呂です。横4m位でしょうか。
ty4782.jpg

やはり段が付いているので半身浴可能。ホント良く出来た風呂です。
ty4806.jpg

シャワー、カランは3つ。ブースで仕切られていて、オサレです。
しかし、幅が狭くてイマイチ使いにくい。
ty4807.jpg

シャンプー類は資生堂ルモンドール。
ty4810.jpg

女性風呂の時間、相方が夕方に行った時は、女性客が数人居て、
シャワーブースの取り合いだったそうです。女性用でシャワー、カランが3個は少ないかも。
入っている人数が多いと、龍神の湯は狭く感じるかもしれませんね。

男性風呂の時間に私が行った時は、誰も来ないので、独占して満喫しました。

その4 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ