Onsen Ryokan 山喜 2014年 その4 朝食編

2014年8月 板室温泉 Onsen Ryokan 山喜に行ってきました。FC2ブログ

栃木板室温泉 Onsen Ryokan 山喜 
〒325-0111 栃木県那須塩原市板室844
予約専用 tel.0287-69-0011

<プラン>Onsen Ryokan 山喜 スタンダードプラン
<客室>ビューバス付き (温泉)お部屋「楓」または「椛」
大人@28,080円
宿のホームページから直接予約

山喜さんのホームページは→【http://yamaki-onsen.com/

その4 朝食編。

山喜さんの朝食は8:00と8:30が選べます。私達は8:00からお願いしました。
YK5077.jpg

昨日の夕食と同じ、一番奥の個室食事処で。
YK5176.jpg

朝日がまぶしい食事処。BGMはエンヤ。
YK5079.jpg

品数が多くて嬉しくなってしまいます。朝食はメニューがあまり変わらない感じです。
YK5087.jpg

みぞれ鍋。豆腐、しらす、小ネギ。夏でもみぞれ鍋が出てくるのですね!嬉しい~。
YK5160.jpg
熱々で滅茶苦茶美味しい!しらすが大量に入っています。朝のみぞれ鍋は幸せだなあ~。

ほっけ、昆布、大根の古漬け。ほっけは脂が乗っていてウマウマ。昆布は塩気が少なく美味。
YK5097.jpg

そぼろ、青唐辛子入り。非常に辛いです(^^;)。
YK5101.jpg

イカの塩辛。御飯が進む~。
YK5102.jpg

わさび漬け。
YK5103.jpg

温泉卵。卵かけ御飯にして頂きました。
YK5107.jpg

挽き割り納豆、めかぶ、とろろのネバネバ三種。味はついていないので自分で調節します。
YK5109.jpg
混ぜるとネバネバ度が増して食べ応えがありました。

地元産モロヘイヤのおひたし。シャキシャキしていて美味しかった~。
YK5112.jpg

煮物。湯葉巻き、里芋。甘く煮てありました。湯葉の量が物凄く多くて幸せでした。
YK5115.jpg

海苔。すごくしっかりした、美味しい海苔でした。
YK5120.jpg

ハーレー牧場の牛乳。濃厚でとっても美味しかったです。
YK5122.jpg

漬け物。梅干しがとても美味しい。
YK5123.jpg

ヨーグルト、ブルーベリー。
YK5125.jpg

味噌汁。キャベツ、油揚げ。やはり出汁の味が強烈な味噌汁。
YK5133.jpg

御飯とお粥が選べます。一つづつもらいました。
御飯はお櫃で来ます。ツヤツヤのコシヒカリです。柔らかめに炊いてありました。
YK5170.jpg

お粥。そばの実入り。出汁粥。
YK5135.jpg

薬味。糸カツオ、ネギ、生姜。
YK5143.jpg

醤油とふりかけ。
YK5148.jpg

醤油差しのカワセミは目つきが悪かった(笑)
YK5147.jpg

自家製ふりかけ。これがウマウマで、これだけで御飯が一膳食べられそうな感じです。
YK5156.jpg

ごはんもお代わりしてお腹いっぱいです。身体に優しい朝食でした。
夕食に引き続き朝食も大満足。品数が多いので、ご飯の配分が難しいという嬉しい悩みの朝食でした。

食事が終わって部屋に帰ろうと思ったら、中庭に梅干しが干してありました。
YK5179.jpg
遠霞さんのレポでカラスミを製作中の写真を見たことがありますが、
梅干しも自家製なのですね。どうりで美味しいわけだ。

食後のコーヒーサービスはありません。
淋しいのでバーコーナーにコーヒーを飲みに行ってしまいました。
YK5194.jpg
この椅子が物凄くデカイ。重たいし、奥行きが凄くてアメリカンサイズ?

ブレンドコーヒー(300円)。コーヒーはマシンのものでしたが、美味しかったです。
YK5192.jpg

山喜さんのホームページリニューアルに伴い、ホームページから予約して、
「ブログを見た」と言うと5%割引、というキャンペーンをやっていました(2014年8月8日迄)。
丁度その期間に入っていたので、有り難くキャンペーンを利用させて頂きました。
ありがたや、ありがたや。

山喜さんのチェックアウトは11時。食後は部屋の風呂に入ってのんびり。
チェックアウトの後、従業員さんが駐車場まで荷物を持ってきてくれました。
従業員さんは車が見えなくなるまで、ずっと見送ってくれていました。

帰りは佐野サービスエリア(上り)に寄ってお土産を調達。
ここは下りの施設にも行けるので、階段を降りてレモン牛乳どら焼きを買ってきました。
sYK1914.jpg sYK1909.jpg

ついでにレモン牛乳ソフトを食べました。
YK1913.jpg
どちらかというと普通のソフトクリーム。ほのかにレモン牛乳の味がついていました。

定番の「檸檬の月」を購入。
sYK1922.jpg sYK1923.jpg

やっぱりフワフワでウマウマでした。
YK1927.jpg

Onsen Ryokan山喜感想。
良いところ。
◎抜群に美味しい食事。
◎モダンでスタイリッシュな館内。
◎ぬる湯でやわらかい温泉。
◎ビューバスは何度も入りたくなる。
◎大浴場のバスタオル使い放題は嬉しい。
◎寝具、枕共に良い。
◎明るく、丁寧な接客。
◎鍵が2つ。
◎作務衣は嬉しい。

いまいちなところ。
△食後のコーヒーはない。
△Wi-Fi が繋がらない。
△開け方が難しい部屋の鍵

居るだけで幸せを感じるモダンな部屋。ぬる湯。季節感溢れる美味しい食事。
ぜひとも再訪したい宿です。

板室温泉 Onsen Ryokan 山喜 終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

Onsen Ryokan 山喜 2014年 その3 夕食編

2014年8月 板室温泉Onsen Rryokan 山喜@栃木に行ってきました。FC2ブログ 

その3 夕食編

山喜さんの夕食は18:00から。案内はないので、時間になれば、勝手に行きます。
夕食は一階の食事処・楪(ゆずりは)で。中に入ると、従業員さんに案内されました。
sYK4936.jpg sYK5065.jpg

一番奥の「へ」の部屋。こぢんまりとした部屋です。隣の声は良く聞こえます。
sYK4937.jpg sYK4939.jpg

最初に用意されていたもの。お品書き付き。
なおかつ、持ってきた時に一通り説明してくれます。
YK4940.jpg

ランチョンマットはいつも面白い文面ですが、今回は矛盾していました(笑)
sYK4966.jpg sYK4969.jpg
夏の板室温泉は暑かったので、右の文章が正しいですね(^^;)

山喜さんは日本酒の種類が豊富。
今回は「Onsen Ryokan 山喜&大那」特別純米(冷)辛口1合750円を頼みました。
YK4964.jpg
複雑で芳醇な味がするお酒。とても美味しいお酒でした。
お酒を飲まない相方にはお茶が出されました。お茶かお水が選べます。

食前酒 自家製果実酒紫蘇梅酒。お酢っぽいお酒。美味しいです。
YK4947.jpg

先付鰻ざく。鰻、キュウリの上に土佐酢ジュレがかかっています。
YK4943.jpg
噛めば噛むほど味が出てくる、美味しい鰻。
カツオの味が物凄く効いた土佐酢ジュレがウマウマ。

前菜。立体芸術のようです。
YK4942.jpg

アボカド生ハム巻き。下のフランスパンと一緒に食べます。手前はマイクロトマト
YK4950.jpg
マイクロトマトは小さいくせに無茶苦茶甘い~。
フランスパンもハムも塩っぱくて美味しい。
ハムとアボカドを一緒に食べるとトロっぽいです(^^;)

蓴菜(じゅんさい)と鮑(あわび)の吸酢。わさびが効いています。
YK4956.jpg
あわびが猛烈に美味しい。ずっと噛んでいたい感じ。

青梅蜜煮。甘くて、トロトロ~。美味しい~。
YK4952.jpg

姫栄螺旨煮。姫サザエの左はサトイモの衣かつぎ。
YK4958.jpg
姫サザエはレバーみたいな味がして凄く美味しい。

鱧(はも)寿司。山椒がピリリと効いたモチモチのお米。肉厚のハモでウマウマ!
YK4980.jpg

蒸しゃぶは固形燃料で煮ます。後から火をつけてくれます。
YK4945.jpg

前菜を食べていると次の料理が運ばれてきました。

御椀大葉豆腐、季節の白身魚の葛打ち、白芋茎、小メロン、酢立
sYK4986.jpg sYK4987.jpg
白芋茎(しろずいき)は「白ダツ」と説明されました。エビイモだそうです。
季節の白身魚はスズキでした。
YK4988.jpg
出汁の香りが強烈。蓋を開けた瞬間に出汁の香りが広がります。
大葉豆腐はとろける胡麻豆腐って感じで、ウマウマ。スズキも美味。もっと食べたい。

先付と前菜を食べ終わった時に、お造りが運ばれてきました。

御造時季の魚、湯葉、あしらいいろいろ。カツオ、イサキ、タコ。
YK4992.jpg
タコは柔らかくて弾力があり、ずっと噛んでいました。美味。
イサキはプリンプリン。土佐醤油と合います。
カツオも物凄く美味しい。板室でこんな美味しい刺身が食べられるのですね。

黄色い花の下は小っちゃいキュウリ。食べたら苦かった・・・。
写真には写っていないのですけど、カツオの下にアミアミのツマがありました。
何だか分からなかったので、従業員さんに聞いたところハスイモだそうです。
やはり写っていないのですが、イサキの下にの黄色いツマはサラダかぼちゃ。
いや~、凝っています!

奥の皿には湯葉とウニ。湯葉は白と枝豆の緑の二種類。ウニは非常に美味しい。
YK5002.jpg
枝豆湯葉はサッパリ味ですが、特に枝豆の味がするわけではなかったです。
でも、もちろんウマウマ。
この段階で、もうお腹が一杯になってきました。うーん、先が思いやられる・・・・。

焼物鮎の塩焼き、蓼酢、ドライ塩トマト。黄色いのはズッキーニのピクルス。
sYK5009.jpg sYK5018.jpg
ズッキーニのピクルスは甘いです。ドライ塩トマトも甘い!杏のような感じです。不思議~。

焼きたての熱々が運ばれてきました。鮎は物凄く美味しい。しばし無言で食べる二人。
YK5016.jpg

煮物丸茄子の冷製仕立て、べっ甲あん、海老、青身、振り柚子
sYK5019.jpg sYK5020.jpg

冷たくて、出汁が効いていて、とっても美味しいです。
YK5021.jpg

蒸物が出来上がりました。
蒸物蒸しゃぶ。国産牛ロース、郡司豚ロース、お野菜いろいろ、薬味、ポン酢
YK5026.jpg
じゃがいもは甘い。郡司豚は柔らかくて美味。牛ロースは脂身たっぷりで、もちろんウマウマ♪
もう、お腹いっぱいで苦しいです・・・。この辺で食事時間が1時間を超えています。

酢の物。お品書きに載っていない品でサプライズです。
sYK5028.jpg sYK5029.jpg

カニの奉書巻き、黄身酢かけ。キュウリ、わかめ、海藻。冷え冷えです。
YK5039.jpg
サッパリしていて美味しかった~。

お食事那須産コシヒカリ、止椀、葱味噌、自家製おしんこ。御飯はお代わりできます。
YK5041.jpg
止椀は赤出汁。具の豆腐はとってもしっかりしたものでした。
御飯はウマウマのコシヒカリで、柔らかめに炊いてありました。

葱味噌。猛烈に塩っぱい!これだけで御飯が1杯は軽く食べられそうです。
YK5049.jpg

水菓子本日のデザート
フルーツトマト、イチゴ、メロン、キウイ、杏仁豆腐、塩小豆アイス、ぎゅうひ、レモンゼリー。
YK5056.jpg
杏仁豆腐は自家製だそうです。種類が多くて、色々な味が楽しめます♪ 
どれもこれも美味しいです。最後まで期待を裏切らない料理でした。

絶妙のタイミングで運ばれてくる美味しい料理、何度もお茶のお代わりを聞いてくれる気配り、
全てに大満足の夕食です。量も多くて満腹になります。
前回とは全く違う料理で楽しめました。ここは何度来ても飽きそうもありませんね。

配膳の従業員さんの説明も、多少たどたどしいところがありますけど、
一生懸命に説明してくれますし、分からないことを聞くと即答。見事なものでした。

部屋に帰って部屋付き風呂に入りました。コレは風呂から洗面所を見た写真。
YK4935.jpg

その4 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

Onsen Ryokan 山喜 2014年 その2 風呂編

2014年8月 板室温泉 Onsen Ryokan 山喜に泊まってきました。FC2ブログ

その2 風呂編

洗面所は変わらずスタイリッシュ。
YK1691.jpg

洗面所の左側はトイレ。ウォシュレット完備の快適トイレ。
sYK1696.jpg sYK1695.jpg

アメニティはバッチリ。ドライヤーあり。
YK1697.jpg
レザー、コーム、ヘアブラシ、歯ブラシセット、
コットンセット、ヘアターバン、シャワーキャップ。
化粧品はリーフ&ボタニクスのエッセンスクレンジングジェル、フェイスウォーター。
男性用は4711ポーチュガルのアフターシェーブローションとヘアトニック。

独特な色合いがセンスを感じさせます。
YK1703.jpg

洗面台の下にバスローブがあるのも変わっていませんでした。
sYK1724.jpg sYK1727.jpg

「椛」の部屋はビューバス付き。全面ガラスの仕切りが素敵~。
YK1722.jpg

125cm×70cm、深さ55cmの浴槽。二人はキツイですが、一人なら余裕の大きさ。
YK1730.jpg
湯口41.6℃、浴槽の温度40.2℃と超快適温度です。ドバドバ流れる源泉は湯量調節可能。
お湯は柔らかく、何度も入れます。本当に何度入ったか分からないほど、数多く入りました。
足も伸ばせるし、ぬる湯なのでずっと入っていられます。幸せ~~~。

カラン、シャワーも付いています。
ただ、浴槽との距離が近いので、シャンプーとかが浴槽に入ってしまいそうで気を遣う。
YK1731.jpg

ここにあるのもリーフ&ボタニクス。日本語の札がついていて親切。
YK1733.jpg
フェイスウォッシュを使いましたが、レモンの香りがプンプンでいい感じでした。

窓の下は丁度大浴場の露天風呂。
YK1738.jpg

立ち上がって右の方を見ると、駐車場と道路が見えます。
女性は窓際に立たない方が良いかも。
YK1740.jpg

部屋の前の廊下から見た中庭。
YK1842.jpg

大浴場も行ってみました。廊下の一番奥は自由に選べる枕ルーム。
山喜さんの大浴場は、男女交代がないようですね。残念。
YK1876.jpg
22:00~24:00は貸し切りになります。4組しか入れないので競争率高し。

去年と変わったところは、風呂場にバスタオルが置かれたこと。
YK4876.jpg

バスタオル使い放題は嬉しいですね。フェイスタオルは部屋から持って来ます。
YK4878.jpg

脱衣場、洗面台とも特に変わっていないようです。
sYK4882.jpg sYK4884.jpg

内風呂も変わりなし。湯口41.8℃、湯船41.1℃とちょい高めな温度。
YK4885.jpg
内風呂の奥は深くなっていて、立湯になっています。下は石が敷いてあって足裏を刺激。
前回は痛くて立っていられませんでしたが、今回は不思議と痛くならずに入れました。

露天は湯口41.3℃、湯船39.1℃と低めで快適温度。ゆっくりと入れました。
YK4891.jpg

女性用は相方に撮ってもらいました。
sYK4901.jpg sYK4902.jpg

やはりバスタオル山積み。
YK4903.jpg

カラフルなコップ、スリッパにつけるクリップも健在。もちろんこれ、男性用にもありましたよ。
sYK4906.jpg sYK4907.jpg

脱衣場。
YK4909.jpg

洗面台。
YK4910.jpg

女性用内風呂。
YK4915.jpg

女性用露天風呂。
YK4921.jpg

ベッドは女性用露天にしかありません。
YK4923.jpg
男女の入れ替えがないので、こちらの風呂には男性は入れません。
夜の貸し切りで入るしかないですね。

相方は大浴場に行ったのは、この写真を撮った時のみ。
滞在中1回も大浴場に入らずに、部屋の風呂ばかり入っていました。

その3 夕食編につづく・・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ