ホテリ・アアルト 2015年 その5 朝食編

2015年3月 ホテリアアルト@裏磐梯に泊まってきました。FC2ブログ

ホテリ・アアルト | HOTELLI aalto 
〒969-2701福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字大府平1073-153 
Tel.0241-23-5100 Fax.0241-23-5101

ホテリ・アアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

<プラン茗>EVERY DAY
<部屋タイプ>206 クイーンサイズベッド・ダブル(禁煙ルーム)
<宿泊料金>@31,000円(サービス料、入湯税込み)

宿のホームページから予約、現地でクレジットカード払い。

その5 朝食編。

アアルトさんの朝食は7:30~9:00の間の好きな時間に行けます。
私達は7:30過ぎに行きました。

ダイニング「たごころ食堂」の入り口に置いてあるテーブル。
ha7254.jpg

この手の可愛いお人形があちこちに置いてあるので和みますね。
ha7253.jpg

朝のダイニングは明るくて清々しい。BGMはヒーリングミュージック。
ha7229.jpg

昨晩と同じ席です。
ha7174-1.jpg

テーブルの上の電灯カバーがオサレ。木の皮でしょうか?
ha7223.jpg

暖炉の周りに「おばんざい」が並びます。ワクワクしてしまいますね。
ha7179.jpg

ご飯・こしひかり、お粥。
ha7180.jpg

お粥。朝のお粥は魅力的ですね。
ha7239.jpg
お粥を食べたかったですが、ご飯にしてしまいました。

お粥の隣に並ぶのは・・・「朝シャン」!・・・朝のシャンパンです(^^;)
ha7177.jpg

アアルトさん名物の朝シャンが非常に楽しみでした。
朝シャンの隣はリンゴジュース。
ha7176.jpg

車で帰る人は飲めませんが、私は電車なので遠慮無く頂きました。
遠慮無くといっても大して飲めないので、ほんの少しでしたけど(^^;)
ha7214.jpg
私達よりも先に来ていたカップル(特に女性の方)が朝シャンをがぶ飲みしていて、
あっという間に中身がなくなってしまい、
従業員さんがあわてて次のボトルを持ってきていました(笑)

隣にはウーロン茶、グレープフルーツジュース、べこ乳牛乳などが並んでいます。
ha7184.jpg
べこ乳牛乳をいただきましたが、濃厚で凄く美味しかった♪

おおっ!べこ乳ヨーグルト、シェフ特製プリンがある (☆。☆)楽しいなあ。
ha7185.jpg

その横にはフルーツが並んでいました。色鮮やか~。
ha7186.jpg

フルーツを曲がると、サラダ。
ha7191.jpg

隣に卵、納豆、香の物。
ha7192.jpg

和牛すじ煮。
ha7195.jpg

和牛すじ煮、フタを開けた写真。
ha7230.jpg

ご飯のお供。漬け物とラー油。
ha7198.jpg

會津の味噌汁。
ha7200.jpg

會津の味噌汁アップ。味噌汁と言うより、けんちん汁みたいでした。
ha7210.jpg

ブッフェとは別に朝食プレートが席に運ばれます。メニュー付き。
ha7173-1.jpg

うわ~、美味しそう~♪
鰆(さわら)のソテー、スパニッシュオムレツ、海老のセヴィーチェ、
野菜のキッシュ、フレンチトースト。

ha7203.jpg
さわらは西京漬けのような感じ。柔らかくてウマウマ。
スパニッシュオムレツはジャガイモがごろごろ入っていました。
フランスパンのフレンチトーストにかかっているのは、
メイプルシロップでしょうか?とっても美味しいフレンチトーストでした。
ウインナーもあるし、柔らかい煮ダコもある。楽しいプレートです~。

ha07206-1.jpg
オレンジが乗っているのは何かのテリーヌ。
小皿に入っているのが海老のセヴィーチェ。
酸っぱくないマリネみたいなものでした。
野菜のキッシュはパイがサクサクで、枝豆が入っていて、軽くて薄味で美味しい。
アスパラととうもころしも入っていました。

朝シャン♪ 美味しい~。朝からスパークリングワインなんて、しあわせ・・・。
ha7215.jpg

郡山七海さん健養卵。
殻を割ると黄味が物凄く盛り上がっています。新鮮な証拠でしょうか。
ha7238.jpg
卵ご飯にしていただきました。ウマウマでした。

サラダをもらってきたり・・・
ha7218.jpg

和牛すじ煮をもらってきたり・・・
ha7234.jpg

ご飯と味噌汁をもらってきたりして、ブッフェを堪能。
ha7225.jpg
でも、おばんざいは全部食べられませんでした。残念。

食後は、べこ乳ヨーグルトとシェフ特製プリンを堪能。
sha7242.jpg sha7243.jpg
特製プリンは猛烈に美味しいですが、物凄く甘かった。

夕食に続き、大満足の朝食でした。お腹も一杯。
プレートだけでも楽しいのに、おばんざいが取り放題というのが素敵。
朝シャンも美味しいし、地元の食材が沢山あってとっても良かったです。

ラウンジから見た食事処。名残惜しいです。
ha7288.jpg

お会計。予約時の値段31,000円ちょっきりで追加料金無し。
s-img014-1.jpg
オール・インクルーシブなので飲み物の値段はもちろん入っていますし、
消費税、入湯税も込み。それを考えると、それほど高くないかも。

アアルトさんのチェックアウトは12:00ですが、猪苗代駅まで送って貰う都合
11:45にアアルト号に乗りました。
ha7297.jpg

約20分で猪苗代駅に到着。磐越西線は12:28発なので時間が余りました。
ha7308.jpg
駅の構内には待合所もありました。駅は旅行者と地元の方で混み混みでした。

郡山駅までは@670円。スイカが使えます。
ha7318.jpg

帰りの磐越西線も2両編成。混んでましたが、別々の席にに座れました。
ha7319.jpg

帰りは郡山発のなすの。郡山駅に止まっていました。
ha7323.jpg
帰りはトクだ値15なので@7,140円でした。
朝食をアアルトさんでたらふく食べたので、お昼は抜き。

アアルトさんからお土産に飴をもらいました。ちょっとしたことですが嬉しい。
HA-6933.jpg

帰りの東京駅で駅弁を買って夕食に。グランスタで5年連続売り上げNo.1という
「スペイン産ベジョータ イベリコ豚重」@1,100円
HA-6935.jpg

甘辛のタレが美味しい。味は濃いです。卵焼きは甘い。
HA-6943.jpg
肉はウマウマなのですが、肉の量が多くて、途中から飽きてしまいました(^^;)
確かに美味しいですが、これがグランスタ売り上げNo.1・・・?。
ちょっと不思議でした。

ホテリ・アアルト感想

良いところ
◎あまりの居心地の良さに感動。
◎お洒落な館内、部屋に圧倒される。
◎ほのかに硫黄臭のする、源泉掛け流しの極上温泉。
◎食事の美味しさは涙もの。
◎フリードリンクがこんなに楽しいとは思わなかった。
◎従業員さんは親切丁寧。
◎シャンプー類が高級品。
◎鍵が2つ。
◎タオルウォーマーが便利。
◎大浴場のフェイスタオル完備は嬉しい。
◎作務衣が楽チン。
◎Wi-Fiは部屋でもラウンジでもOK。
◎朝シャン最高。

いまいちなところ
△トイレ、洗面所が一緒。
△大浴場は浴槽が小さめ。
△大浴場・女性脱衣所は狭いそうです。
△体重計がない。
△部屋でおつまみがほしい。
△ツインの部屋に泊まりたかった(^^;)

居心地の良さは特筆ものです。帰ってきてすぐに行きたくなりました。
温泉も良し、食事も良し、と言うこと無しの素敵なホテルでした。
次はツインベッドの部屋に是非とも泊まりたいですね。
出来れば連泊をしてみたいです~。

ホテリ・アアルト終わり。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ホテリ・アアルト 2015年 その4 夕食編

2015年 ホテリアアルト@裏磐梯に泊まってきました。FC2ブログ

ホテリ・アアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

その4 夕食編。

アアルトさんの夕食は17:30、18:00、18:30と選べます。
私達は18時にしてもらいました。時間になれば勝手に行きます。

夕食はダイニングで。作務衣で行けるので楽チンです。
ダイニングは、ロビーラウンジの横のドアを入っていきます。
ha7155.jpg
このドアを開けたら、いきなり冷蔵庫のような冷気が・・・(゜Д゜)
何事かと思ったら、このドアの横は表に出る出口があったのでした。
寒~い。

急ぎ足で寒い空間を抜けてダイニングに。
ha7150.jpg

案内されたのは、左側の仕切り手前でした。ここもウッディで素敵だわ~。
ha6985.jpg

奥では暖炉がたかれていて暖かい。
ha6987.jpg

寒ければブランケットも用意されているので大丈夫。
ha7041.jpg
このブランケットは「屋外用のものですから、とても暖かいですよ」、と
(たぶん)スリム快さん(by甘栗さん)が説明してくれました。

ナプキンが小粋に畳まれていて感激。
BGMはヒーリングミュージックみたいなものでした。
ha6986.jpg

ラウンジにあったのと同じドリンクメニュー。もちろんどれもフリードリンク。
ha7020.jpg

う~ん、福島のものがあるので、日本酒も惹かれますね。
ha7021.jpg

ソフトドリンクもあります。
ha7022.jpg

やっぱりワインにしてしまいました。
全然銘柄は分からないので、メニューの一番上のお酒を注文しました。
白ワインのサンタ・カロリーナ・ソーヴィニヨン・ブラン(チリ)
ha6990.jpg
とっても美味しいワインでした。
グラスに少ししか入っていませんが、私はこのくらいでも十分でした。
沢山飲まれる方だと物足りないので、お代わりを頻繁にする羽目に
なりそうです・・・。

相方はワイナリーこだわりのグレープジュース白。甘かったそうです。
ha6995.jpg

メニューあり。ここでは「お福分け」と言うのです。
ha6988-1.jpg

まず運ばれてきたのは、本日のアミューズ・一口のお楽しみ
見た目も美しく、ワクワク。
ha6997.jpg

サーモンフィメのタルトレット。ホワイトソースでしっとり、クリーミー。
ha7007.jpg

ホタルイカのマリニエール・青さのりをからめて。ホタルイカが凄く美味しい。
ha7009.jpg

金時人参と北海ウニのムース。層になっていて上はウニ、下が人参のムースでした。
ha7012.jpg

裏磐梯の山塩でマリネする清流豚のリエット
ha7014.jpg
豚がコーンビーフみたいな味で、しょっぱくて猛烈に美味しい。
下は甘~いオレンジ。どれも美味しいなあ。

海老のエスカベッシュ、サフラン風味
ha7017.jpg
酸っぱいです。人参とタマネギが入っていて、ニンニクがきいています。
海老が一匹入っていて感激。ウマウマです。

器がトレーに張り付いていました。何で張り付いているのだろう?
って疑問に思い、器を剥がしてみたら味噌でした!
ha7023.jpg
しょっぱくて、すんごく美味しいお味噌で、酒のつまみになります(^^;)
ちょっとずつ舐めてしまいました。

次に運ばれてきたのは、
低温でじっくりローストしてつくるオニオンスープ。上のパイをスプーンで
崩して食べます。パンを漬けて食べてくださいと言われました。
ha7027.jpg

熱々です。チーズの香りが凄jく漂ってきます。う~んいい香り♪
パイを破るとオニオンスープが見えます。
ha7034.jpg
玉葱が凄く美味しい、トロトロのスープ。とっても温まってウマウマ。

ライ麦パンも美味しい。中にバターが塗ってありました。
ha7038.jpg

ここで赤ワインを注文。本日のおすすめワインをいただきました。
日本のワインでマスカットベーリーAを使った赤(山梨)
ha7042.jpg
すんごく渋くて、肉に合いそうな赤ワインでした。美味しい~。

相方はグレープジュース(赤)。やっぱり甘かったそうです。
ha7053.jpg
残念ながら、グレープジュース(白)と味の違いがわからなかったようです(^^;)

次に来たのが、
真鯛(マダイ)のブランダード。天使の海老のクルトをのせて
ha7046.jpg
運ばれた時に思わず「すご~い」と言ってしまいました。
迫力のある盛りつけです。白いのはお花。

ブランダード・アップ!
ha7057.jpg
写真には写っていませんが、下の白い部分がブランダード。
コンソメのジュレは海老入り。軽く混ぜて食べてください、と言われました。
海老は頭に味噌が入っているので食べてくださいとのこと。
メルバトーストに漬けて食べても美味しいそうです。

黒いツブツブはキャビアっぽい。海老がプリプリで美味しい。
グリシーニはニンニクがきいていましたが、軽~い。
何と言ってもジュレがウマウマ。
ブランダードは何かジャリジャリしていました。ジャガイモですかね?

持ってきた時に思わず「うお~」って叫んでしまった、
かさごのムースリーヌ、ベルモットソース
ha7060.jpg
丸ごと一匹です!iインパクトあるなあ。
でも、カサゴってこんな寸止まりの魚でしたっけ?・・・

「ワタなどは全て取り除いてありますが、小骨にだけはお気をつけください」
と言われました。これも熱々。
上に白身魚のムースが乗っています。
下にはマッシュポテト。ソースはベルメット酒を使ったもの。

かさごアップ!またもやクリームを使った料理。
ha7069.jpg
ムースは酸味があってプリプリとしていてはんぺんのような感触。
かさご自体は粕漬けのような感じでした。複雑な味です。
マッシュポテトが異様に美味しい。

かさごは確かに小骨が沢山あったので格闘しながら食べていました。
無言の時間が過ぎていきます。

赤ワインを飲んでしまったので、もう1杯赤ワインを。
ヴィニウス・カルベネ・ソーヴィニオン(フランス)
ha7079.jpg
山梨ワインよりもっと渋いワインでした。凄いタンニンの量。

相方はウーロン茶。ヒマラヤ岩塩も登場しました。
sha7080.jpg sha7082.jpg

また強烈な料理が運ばれてきました。
黒毛和牛サーロインのグリエ。杉の香りで旬感スモークにして。器まで熱々。
ha7088.jpg
ソースは根菜類ソース。白いのはニンニクやアンチョビを使ったソース。
野菜につけて食べてください、と言われました。

杉の板が邪魔なので、どけた写真。天ぷらがデカイ。
ha7103.jpg
よもぎの天ぷらはサクサクで美味しいですが、油たっぷり・・・。
いきなりお腹が一杯になってしまいました。

天ぷらが邪魔なので、どけた写真。
ha7107.jpg
右のネギの下、ソースがかかっているのが黒毛和牛。

椎茸が肉厚でジューシー。ラディッシュは辛みが少なく美味しい。
焼きトマトは酸味が強い。ネギはすごく辛かった・・・。
黒毛和牛はトロトロに柔らかくてウマウマ。赤ワインがとっても合いました。
すごくしょっぱいので、岩塩の必要なし。ご飯が欲しくなりました。

魚貝のフィメと会津こしひかりのフレンチ・リゾ
ha7116.jpg
フレンチ・リゾってお品書きに書いてあったので、
量が多かったらどうしよう・・・、とビビっていましたが、
こんな形でくるとはっ!全く意表をついてきますね。
フレンチリゾットがコロッケ風になっています。
お好みでレモンを絞ってかけます。

リゾット・アップ。横に添えてあるのはチーズ。
ha7123.jpg
チーズが香ばしくて美味しい。
上に乗っている細い棒はパスタを揚げてあるようです。

フレンチ・リゾを割るとこんな感じ。熱々です。
ha7130.jpg
ツブツブがコシヒカリのようですね。ベーコン、蟹が入っています。
もっちりしていて、不思議な感覚の食べ物です。
こんな食べ物は初めて食べました。面白~い。

リゾットは量が少なくて助かりました。もうお腹いっぱいです。

飲み物はコーヒーか紅茶が選べます。私達はコーヒー
ha7131.jpg

クーベルチュール香るクラッシクショコラ。デザートが豪華!
ha7139.jpg

デザートアップ。
シフォンケーキとル・レクチェのアイス。イチゴとブルーベリーも。
ha7141.jpg
ル・レクチェというのは洋梨の品種で、新潟で作られているそうです。
初めて聞きましたね。そう言われると洋梨の味がしたかも?
シフォンケーキはフワフワでウマウマ。イチゴはとちおとめでしょうか。
ショコラは温かくて甘くて美味しい~。

しかし、さすがに量が多くてヘビーでした・・・(^^;)
最後までクリームが出てきて、クリームだらけの料理でした。

2時間ほどかけて、ゆっくりといただきました。
どれもこれも美味しくて、お腹もいっぱい。
フリードリンクも満喫して、すごく楽しかった。
給仕をしてくれる女性従業員さんが、一皿ずつ丁寧に説明してくれるし、
ドリンクも常に気を配って注文を聞いてくれました。
大、大満足の夕食でした。

夜食が9時半頃に来るというので、9時頃からそわそわして待っていました。
聞き耳を立てること数十分、9時20分頃、
ドアに「ガタッ」という音がしたので、飛んでいきました(笑)
箱を開けると玉手箱みたいなものが入っていました。
ha7158.jpg

玉手箱。開けるのはドキドキしますね(^^;)
ha7160.jpg

おにぎりとゴボウの漬け物。しらす、ごま、鮭、明太子、野沢菜。
ha7163.jpg
しょっぱくって、とっても美味しいおにぎりでした。
満腹なのにやっぱり食べてしまうのは何故なんだろう?

その5 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ホテリ・アアルト 2015年 その3 館内編

2015年3月 ホテリアアルト@裏磐梯に泊まってきました。FC2ブログ

ホテリ・アアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

その3 館内編。

館内はたっくさんレポがあるので、全く書く必要がないのですが、
書きたくてたまらないので書いてしまいました。なので、長いです(^^;)

階段を降りて1階にいくと御簾のようにかかった布の向こうが大浴場。
HA-6859.jpg

隅っこには氷で冷やされた数々の飲料が。何気に置いてあるオサレチェア。
ha6865.jpg

サイダー、ヨーグルト、牛乳など魅力的な飲料がちりばめられていました。
もちろんどれも無料です♪ 早速ヨーグルトだけは確保しておきました(^^;)
ha6867.jpg

そこの脇からラウンジに出られます。
sha6872.jpg sha6883.jpg

ため息の出るほど素敵なラウンジ。波波の天井がまた見事なんです。
口をポカンと開けて、天井をずっと眺めていました。
ha6881.jpg
テーブルや椅子がいいんですよ~。

本もありましたが、読むものは余りなかったです。
ha6882.jpg

窓側はカウンターのようになっています。
ha6874.jpg

窓から中庭が見えます。双眼鏡が置いてあるので、
季節によってはバードウォッチングとか出来るのでしょうか?
ha6877.jpg

こんな可愛い置物もありました。
ha7280.jpg

奥の方は座り心地の良さそうなソファ。
ha7274.jpg

フロント側にはオーディオ。
ha6888.jpg

何だか凄そうな真空管アンプ。
ha6891.jpg

真空管アンプの下はこのようにオサレな設計。
HA-6865.jpg

アアルトの散歩道と書かれた黒板を置く台(椅子?)がロボットみたいで楽しい。
ha7305.jpg

スノーシューを貸して貰えるので雪道の散歩に出かけられます。
ha6900.jpg
五色沼の方に行くカップルが居ました。私達は温泉に入る専門(^^;)

フロント横には紅茶。販売もしているようでした。
ha6903.jpg

カウンターの上にはアルコールのメニューが。
ha6909.jpg
ラウンジでは15時から22時までバードリンクが利用できます。
フリードリンクです!魅力的です。
ビールやワインを飲んでいる人が常に居ました。皆さん楽しそう~。

3時過ぎに館内の写真を撮りに部屋を出たら、204あたりの部屋からカップルが
いそいそと作務衣で大浴場に向かっていました。随分早く風呂に入るなあ・・・、
って思っていたら、風呂上がりに早速ラウンジでワインを召し上がっていました(^^;)
ワインが飲みたくて、急いで風呂に入ったのですね。

ビールもワインも・・・、
ha6906-1.jpg

日本酒も焼酎もあります。全部飲み放題\(^O^)/
ha6907-1.jpg

お土産もありましたが、木工製品が主でした。何も買わず。
ha6913.jpg



お風呂も紹介。

のれんをくぐって、大浴場・大府平「弁天」の湯。
sHA-6855.jpg sHA-6858.jpg

アアルトさんの浴室は大浴場だけ。
男女別で、交代はありません。15時からずっと入れます。
HA-6851.jpg

男性用風呂脱衣場。ここは床暖房で暖かい!
裸足になっても冷たくなくて幸せでした~。フェイスタオルがあるので便利。
HA-6798.jpg
バスタオルは部屋から持ってこないとダメです。体重計は無し。

反対側から入り口を見た写真。のれん右のドアはトイレ。
HA-6825.jpg

シンク2つとドライヤーも2つ。
HA-6802.jpg

オーレックス・ヘアトニックとポイントピュアジェル。
「ひげそり」「めんぼう」あり。
HA-6803.jpg

大浴場入り口。横に温泉分析表あり。源泉掛け流し。加水、加温無し。飲料不可。
HA-6809.jpg

入り口脇にかけ湯。35.5℃。横にベンチ。
HA-6830.jpg

シャワー・カランは入り口側に2つ。
HA-6773.jpg

もう一つのシャワー・カラン。
HA-6774.jpg

シャンプー・リンスはケラスターゼ。髪スベスベになりました♪
ココナチュラのボディソープ、洗顔フォームもありました。
HA-6796.jpg

湯気と光で全然綺麗に撮れません・・・。
HA-6770.jpg

内湯は小さいです。3人も入ったら一杯でしょうか・・・。
HA-6775.jpg
内湯は湯口49.1℃、湯温41.9℃と少し熱めでした。
翌日の朝は湯温が42.4℃と上がっていて、熱くて入っていられませんでした。

ほのかに硫黄臭のする温泉がコンコンと流されています。
HA-6788.jpg
宿は温泉をあまり宣伝していませんが、極上温泉です。
含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物温泉。PH7.9。
沢山のイオンが含まれている源泉掛け流し温泉。とっても温まります。
肩まで浸かるとのぼせてしまうので、ほとんど半身浴をしていました。
温泉自体にリピーターが大勢居る、というのも納得。
何度も入ってしまいました。幸せ・・・♪

露天もあまり広くないです。
HA-6777.jpg
露天は湯口49.1℃、湯温40.9℃(湯口から遠い側)~41.1℃(湯口付近)と適温。
小さめなので、他の人と入るのはちょっと嫌ですが、
あまりかち合うことはなかったです。
夕方は誰も来なかったので、露天にずっと浸っていました。

表は雪が積み上がっていて何も見えません。
HA-6784.jpg
露天にぼお~っと浸かって、聞こえるのは温泉が湯口から流れる音のみ。
至福の時でした~。

湯船が小さいのだけが残念な、素晴らしい温泉です。


女性風呂は相方に撮ってもらいました。
女性風呂は常に人が居て、中々写真が撮れませんでした。
翌日の早朝にようやく誰もいないのを確かめて撮って貰いました。

女性脱衣場。おや?、狭いですね。
座ってドライヤーを使っている人がいたら、カゴが使えない感じです。
HA-6879.jpg

脱衣カゴの下の板が手前に引き出せるので使い易いです。
HA-6882.jpg
これは男性用も同じでした。

フェイスタオルは使いたい放題。
HA-6883.jpg

女性用は洗面台が3つ。
HA-6884.jpg

化粧品が揃っていますね。
HA-6885.jpg

男性用と左右対称という感じですね。
HA-6888.jpg

かけ湯も同じです。
HA-6889.jpg

かけ湯とベンチ。
HA-6898.jpg

微妙な段差があって躓きそうになったと文句を言っていました。
HA-6890.jpg

シャワーブースと、
HA-6891.jpg

カラン2つも同じ。でも、女性用だと少ないかな?
HA-6892.jpg

おおっ!、シャンプー類が違う!マスクまであるぞ!女性優遇ですね。
HA-6893.jpg
相方はこのシャンプー類で髪の毛が物凄くスベスベになったらしく、
感動して、同じものを買いたいと言っていました。

内湯は男性用より広く見えます。浅いところが広く、寝湯が出来るそうです。
HA-6897.jpg

こうすると浅い部分が広いのが分かるでしょうか。
HA-6900.jpg

露天は男性と同じ感じですかね。大体230cm×140cm位だそうです。
HA-6905.jpg

こちらにはベンチがあるのですね。
HA-6902.jpg

景色は似たようなもの。ドカ雪です。
HA-6909.jpg

風呂上がりは部屋でまったり。
確保しておいたヨーグルト。美味し~。
ha6951.jpg

相方がもらってきたサイダー。
ha6961.jpg

部屋の冷蔵庫にあったプレミアムモルツを頂きました。
風呂上がりにビールは最高ですね♪
ha6962.jpg

アアルトさんはお酒もジュース類も無料ですが、
部屋にはつまみが無いのですよ・・・。
ラウンジで飲むとつまみがつくのでしょうか?
部屋のクッキーをつまみにビールを飲んでいました。
有料でも良いので、部屋でもつまめるものが欲しかったですね。

その4 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ホテリ・アアルト 2015年 その2 部屋編

2015年3月 ホテリアアルト@裏磐梯に行ってきました。FC2ブログ

ホテリ・アアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

その2 部屋編。

今回泊まったのは2階の206。ダブルベッドの駐車場側です。
ちっちゃいですけど、アアルトさんのウェブページから拝借した部屋の間取り図。
18079.png

ドアを開けると左は格子で目隠しされたリビングスーペース。
正面はベッドルームですが、壁で仕切られています。
sha6702.jpg sha6704.jpg
木の床と白い壁が素敵素敵♪

ドアの内側には夜食が届けられる箱がくっついています。
ha6707.jpg
ただ持って来てくれるより、こんな箱に入れてくれるなんて、
プレゼントのようで楽しいですね。ワクワクします~。
来るのは夜食なんですけどね(^^;)

入り口脇には下駄箱。上の白いスリッパは部屋用。下のスリッパは館内用。
ha6710.jpg
起き上がりこぼしみたいな靴べらが面白かったです。

格子の向こうはソファとミニキッチン。
ha6718.jpg

ソファに座るとテレビが正面で見られます。このソファの座り心地が良くて、
滞在中はほとんどこのソファに座っていました♪ ドアは洗面所。
ha6737.jpg
ソファのクッションが面白くて、体重を掛けると
プシューって空気が抜ける、不思議なクッションでした。
ソファの前に強いてあるマットが気持ち良くて、感動\(^O^)/
裸足になって感触を楽しんでいました。

ミニキッチンに32インチテレビ。
ha6729.jpg

カプセルマシーンとクッキー。
ha6784.jpg

棚の上に機械の使い方とカプセルとコーヒーカップが置いてありました。
sha6797.jpg sha6798.jpg

緑茶、紅茶、コーヒー。アアルトさんはドリンクは全て無料です。
無料じゃないですね。オールインクルーシブ(all-inclusive)でした(^^;)。
ha6799.jpg
コーヒーは全部飲んでしまいました。美味しかったです。

冷蔵庫の中も全部無料です。
sha6835.jpg sha6836.jpg
アアルトさんの奥ゆかしいところはフリードリンクを全く表に出していないところ。
パンフレットにもウェブページにもどこにも載っていないのです。
私が経営者だったらバンバン宣伝してしまいそうですけど・・・。

飲み放題と聞くと、とっても得をしたような気分になります(^^;)
ha6839.jpg

部屋菓子のクッキー。
ha6789.jpg

スライスアーモンド入りでサクサク!意外と量が多くて食べ応えあり。
ha6966.jpg

鍵は2つ。大浴場があるので、やっぱり2つあると便利です~。
ha6841.jpg

洗面所側からベッド方向を見た写真。
ha6834.jpg
電灯のカバーがオサレ。友家ホテルさんのと似ていますね~。
妙な位置にある柱が、微妙に邪魔・・・。過去の名残なんでしょうか?

ベッドはクイーンサイズのダブルベッド。枕は2つずつありました。
ha6740.jpg
寝心地は良かったです。
普段ダブルベッドの部屋に泊まらないのは、私が寝ている間暴れるから。
今回、案の定暴れて、夜中に相方は何度も目が覚めたらしいです。スミマセン。
やっぱりベッドはツインがいいですね(笑)
この部屋、横方向は十分空間があるので、ツインにしてくれないかしらん?

ベッドサイドテーブルと机。
ha6752.jpg

机の上にはオサレな加湿器。コンセントの横に無線LANがついていました。
ha6756.jpg

アアルトさんでは部屋とロビーとでWi-Fiが使えるのですが、
それぞれにパスワードが設定されています。
その上、部屋ごとにパスワードが違いました。凄い。
ha6969.jpg
速度は速くもなく、遅くもなく、まあまあストレス無く使えました。

時計あり。大きくて見やすい時計でした。有り難や~。電話もオサレ。
ha6762.jpg

ベッドの枕元から見たクローゼット。
ha6766.jpg

クローゼット。
ha6848.jpg

作務衣、パジャマ、たびソックス、金庫。作務衣は嬉しい♪
ha6851.jpg
作務衣で館内、食事処共にOKです。

景色は駐車場。評判が悪いようですが、私は余り気になりませんでした。
ソファに座ったり、ベッドに横になると車は見えないのです。
ha6778.jpg

洗面所に通じるドア。マウスを載せるとドアが開きます。パッカ~ン。


洗面所は残念ながらトイレ併設タイプ。やっぱり別がイイですね。
ha6803.jpg
シャワー付きトイレで快適。

評判通りタオルウォーマーが便利。洗面所が暖かったのはこれのおかげ?。
ha6806.jpg

シャワーブースから見た洗面所。フェイスタオル、バスタオルは1人1枚ずつ。
ha6830.jpg

アメニティ。ひらがなで「ひめさま」「はぶらし」って書いてあるのが可愛い。
はぶらし×2、めんぼう×2、コットン、へあたーばん、
へあぶらし×2、かみそり×2、ぼでぃたおる×2。
ha6815.jpg
カミソリがとても良いもので、良く剃れました。素晴らしい。
ドライヤーは1,500Wの強力タイプ。
残念ながらカゴは無し。
左側の袋にタオルなんかを入れて大浴場に持って行きます。

ボディタオルが良く泡が立って使い易い~。貰って帰ってしまいました。
ha6953.jpg

洗面台はシンプル。
ha6818.jpg

クレンジング、化粧水はドクター・ルノー、
ボディローションはポイントピュアジェル。
ha6819.jpg

シャワーブース付き。全く使いませんでした。
ha6820.jpg

シャンプー、トリートメントはモルトベーネのチェス。
ha6825.jpg
ボディソープは銘柄不明です。

その3 館内編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ホテリ・アアルト 2015年 その1

2015年3月 ホテリアアルト@福島に行ってきました。FC2ブログ

ホテリ・アアルト | HOTELLI aalto 
〒969-2701福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字大府平1073-153 
Tel.0241-23-5100 Fax.0241-23-5101

ホテリ・アアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

ホテリアアルトさんは、2012年に【甘栗さんの面白すぎるレポ】を見てから、
ずっと行きたかった宿でした。

そのうち、遠霞さんも宿泊して、お気に入りになられたようで、
すぐに再訪されていて、とても羨ましかったです。
遠霞さんの203、207の宿泊レポは→【http://tokasumi-onsen.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304269592-1

素敵な館内と、美味しそうな食事に惹かれていました。
人気の宿なので、行きたい時はだいたい満室。
今回、連休なのに2階に1部屋だけ空きがありました。
(3階は値段が高くて泊まれない・・・。離れは論外)

ダブルベッドの部屋というので悩みましたが、
この機会を逃したら行けないかもしれない、と思い
予約してしまいました。
結果、大満足の宿泊になりました~。

<プラン茗>EVERY DAY
<部屋タイプ>206 クイーンサイズベッド・ダブル(禁煙ルーム)
<宿泊料金>@31,000円(サービス料、入湯税込み)

宿のホームページから予約、現地でクレジットカード払い。

ホテリ・アアルトさんのレポは星の数ほどあるので、
今更レポを書く必要もないのですけど、
書かずにはいられない!!ので書いてしまいました(^^;)

遠いので新幹線で行きました。東京駅からやまびこに乗車。
ha6656.jpg
行きは得トクだ値30が取れたので、郡山まで乗車券込みで@5,880円でした。

東京駅地下のグランスタで、まい泉のヒレかつサンド(842円)を調達。
sha6653.jpg sha6660.jpg
久しぶりに食べたまい泉のかつサンドは美味しかった\(^O^)/
ha6664.jpg

1時間18分で郡山駅に到着。磐越西線(ばんえつさいせん)に乗り換えます。
sha6677.jpg sha6675.jpg
乗り換えに時間があったので、郡山駅でうろうろしていて、のんびりと磐越西線に
行ったらもう席は無く、立って乗る羽目に。2両編成ですし、
地元の方も多く乗車していますから、埋まってしまいますよね・・・・。

磐越西線に乗ること40分位でしょうか、猪苗代駅に到着。
sha6679.jpg sha6680.jpg

予約時にお願いしてあったお迎えの車・アアルト号。客は私達を含めて2組。
ha6681.jpg
他の宿のお迎えの車も沢山止まっていました。

猪苗代駅を出て、ぐんぐん山に登っていきます。
17分ほどでアアルトさんに到着~。雪が沢山残っていてびっくり(゜Д゜)
ha6927.jpg

「ホテリ」は、フィンランド語で「ホテル」の意、「アアルト」は「波」だそうです。
アアルト号はこの囲いの中まで入り、入り口脇につけてくれます。
ha6922.jpg

入り口は二重扉。手前は手動ですが、中側は自動ドアです。
ha6934.jpg

中に入ると広々空間。左側がフロントです。素敵すぎるロビーラウンジ。
入った瞬間に「うわぁ~」という声が出てしまいました。
中に入ると、硫黄の匂いがするのですよ。も~、それだけで幸せ♪
ha6938.jpg

入り口右側には人形のオブジェ。有名なオブジェですよね。
ha6940.jpg

今更なので、小さい写真で載せておきます。
sha6943.jpg sha6945.jpg

フロントは通り過ぎて、このラウンジに案内されてチェックインです。
天井も椅子もテーブルも素敵素敵~。テーブルの上にあるのは新聞。
ha6894.jpg

リンゴジュースのウエルカムドリンク。美味しかった~。
ha6683.jpg

程なく部屋に案内されました。エレベーターで2階に。
HA-6872.jpg

2階で降りると左右に廊下が延びています。エレベーター前には椅子と飴。
sha6685.jpg sha6687.jpg

左に折れてずずっと奥まで案内されました。左側が駐車場側、右側が中庭側。
ha6689.jpg

廊下の奥は階段がある為クランクになっています。
sha6690.jpg sha6692.jpg

今回の部屋、2階の端っこ、206の部屋。
ha6693.jpg

ドアノブの左側にある切り込みは、夜届けられる夜食用のドア。
ha6694.jpg

いちいちオサレなんですよね♪
ha6695.jpg

廊下の端の窓から見える風景。3月でしたが雪景色の山が見えます。
ha6697.jpg

その窓から振り向いた写真。3階に上る木の階段がまた良かったです。
ha6699.jpg

駐車場から見た写真。206はこの位置。
ha6917-1.jpg

2階の館内図。駐車場側は206、207、208。
景色が良い(らしい)側は202、203、204,205です。
ha6976.jpg
縦長の201は微妙な位置ですね(^^;)

まだ部屋に入ってもいないのに、長々と書いてしまった・・・。
部屋編は次に書きます~。

その2 部屋編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

談合坂S.A.(上り)

2015年2月 笛吹川温泉坐忘さんの帰りに談合坂S.A.(上り)に寄りました。FC2ブログ

笛吹川温泉坐忘さんで朝食を沢山食べたので、全然お腹が減っていません。
昼は談合坂SAで何かお菓子でも食べようか、ということになりました。

私達は、談合坂SAには何度も来ていますが、
それほど面白いサービスエリアではありませんでした。
しかし、今回立ち寄ったら大分変わっていて、ちょっと面白くなっていました。
桔梗屋さんが大分幅をきかせている感じ。
お土産コーナーに冷蔵庫が置いてある・・・・。
za6614.jpg

んんん?信玄餅クレープですと!!値段も手頃・・・。
za6609.jpg

これは食べないわけにはいきませんっ!
za6611.jpg

買ってしまいました・・・。
za6624.jpg

例の信玄餅材料が入っていて美味しい~。ホイップクリームが堪らん。
za6648.jpg

桔梗信玄生プリンも発見!
za6616.jpg

包装がかわいい。
za6627.jpg

黒蜜は容器入り。
za6630.jpg

プリンはきな粉入り。
za6634.jpg

黒蜜をつけると信玄餅味!
za6638.jpg

談合坂上り限定の桃生どらも買ってしまいました。お腹空いていたのかなあ?
za6622.jpg

限定ものと桃に弱い私なので、これを買わずにはいられない。
za6628.jpg

桃はあまり入っていなかったですけど、美味しい生どらでした。
za6643.jpg
散々お菓子を食べて、満腹になってしまいました・・・(^^;)
でも大満足。談合坂SA上りに立ち寄る楽しみが増えましたね。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

笛吹川温泉 坐忘 2015年 その4 朝食編

2015年2月 笛吹川温泉 坐忘@山梨に行ってきました。FC2ブログ

笛吹川温泉 坐忘
〒404-0047
山梨県甲州市塩山三日市場2512
TEL:0553-32-0015(予約受付)
FAX:0533-32-0012
チェックイン14:00 チェックアウト11:00

プラン:何もしないで寛ぐ・・・<間近割>
客室:<内風呂付き>離れ和室
@25,784円(サービス料込、消費税込)、入湯税別。
宿のホームページから予約、現地で現金払い。

「笛吹川温泉 坐忘」さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/room/

その4 朝食編。

朝食も同じ場所です。朝は案内がないので、勝手に行きます。
しかし、本館の出口には鴨が陣取っていて、ピーピー鼻を鳴らしています。
どうやら朝ごはんを要求している様子。
う~、開けたら鴨が入ってきそうで開けられない~・・・・。
za6479.jpg

困っていると従業員さんが後ろからやって来て、鴨たちをおびき出す作戦に。
横から餌をあげると、見事に鴨はそちらに移動していきました。めでたしめでたし。
za6485.jpg
餌は鯉と奪い合うので、あまり食べられなかったようです(^^;)

無事に中庭に出ることが出来ました。昨日と同じ左の部屋「桜」に。
za6585.jpg

明るくて気持ちが良いです~。
za6487.jpg

朝はお茶がありました。しかも急須ごとあったので嬉しい。
za6493.jpg

まずはこれだけ並べられています。
za6489.jpg

が、どんどん運ばれてきてこんな風になります。お品書きはなし。
za6521.jpg

温キャベツ、タラコマヨネーズかけ。タラコマヨネーズが美味しい。
za6507.jpg

新じゃが、あんかけ。ホクホクでネットリしていてウマウマ。
za6516.jpg

卵焼き、鮭は出来立てが運ばれてきます。卵焼きは超薄味。鮭は塩っぱい。
za6526.jpg

真ん中のお皿にはいろいろ小皿が載っていました。
za6490.jpg

さば?鮭?。猛烈に塩っぱい。酒のつまみですね(^^;)
za6540.jpg

青さのり。超薄味。でも醤油がないのでそのまま食べました。
za6544.jpg

めかぶでしょうか・・・。細~い。
za6545.jpg

イカの塩辛。これも酒のつまみですね。
za6547.jpg

タラコ。しっかりと焼いてありました。
za6550.jpg

アスパラ。辛い~。辛いアスパラは初めてかも。
za6554.jpg

ふきの煮物。ちょっと水っぽかった・・・。
za6536.jpg

何と鯛(たい)飯。山梨で鯛飯とはっ?・・・。でも美味しかった。
za6495.jpg

ご飯をお茶碗によそった写真。おこげが美味しい♪
za6557.jpg

漬け物は美味しいです。
za6504.jpg

味噌汁。具は豆腐とワカメでした。味が濃い。
za6560.jpg

デザートのメロンは途中で運ばれてきました。ウリのように固かった。時期尚早?
za6574.jpg

全体的に塩っぱいのが多くて、ご飯が進みます。
肉は全く無く、魚中心。納豆が出ないので、関西風なんですかね?
鯛飯が美味しいので沢山食べてしまい、お腹いっぱいです。
ごちそうさまでした。

この食事処の庭には露天風呂と、洞窟がありました。洞窟好きな宿ですね(^^;)
za6564.jpg

部屋付き露天風呂は結構大きくて気持ち良さそうです。
za6571.jpg
めりなさんによると、昔はここにお湯が張られていて、
食事しながら露天風呂に入ることが出来たとか?・・・。

洞窟の中には何が?
za6566.jpg

中にはシャワー室でした!洞窟にシャワーなんて面白いですね。
za6569.jpg

部屋の窓からは池が見えます。この部屋案外良いかも。
za6583.jpg

食後はラウンジでコーヒーサービス。無料です。
za5998.jpg

鴨が泳いでいるのを見ながらコーヒーが飲めます。
za6594.jpg

食後のコーヒーは嬉しいです。とっても美味しいコーヒーでした。
za6597.jpg

チェックアウトは11時なので、部屋の風呂に入ってまったり。
チェックアウトの後、従業員さんが表まで見送ってくれました。
za6003.jpg

s-img012.jpg

笛吹川温泉 坐忘 感想。

良いところ
◎大浴場が広くて魅力的。しかも空いている。サウナあり。
◎ぬる湯のアルカリ温泉は物凄く温まる。
◎食事がとても美味しい。
◎従業員さんは落ち着いていて、親切丁寧。好感度大。
◎湯たんぽなど、細やかな配慮に感動する。
◎館内、部屋とも綺麗。
◎10部屋しかないので静か。のんびり出来る。
◎作務衣と浴衣両方は嬉しい。
◎鍵2つは嬉しい。
◎Wi-Fiが部屋でも使える。
◎鴨が可愛いカモ。

いまいちなところ。
△段差が多いのが気になる。
△広いので移動距離が多い。
△タオル干しが欲しかった。
△食事処に水またはお茶が欲しかった。
△食事に山梨らしさがあればもっと良かった。
△山梨ワインの種類を増やして欲しい気がする。
△熱湯好きには不評かも。

何と言っても、ほのかに硫黄臭のする温泉と、
開放感溢れる大浴場が超魅力的です。

泉質がほとんど同じだと思われる、
はやぶさ温泉好きなら、絶対にお勧めです。
(はやぶさ温泉好きなんて人が、どれくらいいるのか疑問ですが)
多少の不満点も、温泉で全て帳消しになります。

値段が高いので、しょっちゅう行く訳にはいきませんが、
あの風呂に入りたいので、再訪確実ですね。

笛吹川温泉 坐忘 終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ