笛吹川温泉 坐忘 2015年8月 その1 

2015年8月 笛吹川温泉 坐忘に再訪してきました。FC2ブログ

笛吹川温泉 坐忘
〒404-0047  山梨県甲州市塩山三日市場2512
TEL:0553-32-0015
FAX:0553-32-0012


チェックイン14:00  チェックアウト11:00

<プラン>早期割28・四季を先取り。スタンダードプランを早割価格で。
<客室>離れ和室(内風呂/和室12.5畳 朝日)
@22,950円(サービス料、消費税込、入湯税別)

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/top.html

今年の夏は暑い。
暑い時の温泉はぬる湯に限る、ということで坐忘さんに行ってきました。
ついでに山梨の桃を買う、という目論見もありました。

今年の2月に初訪問ですから、半年で早くも再訪です。
今回は早割で予約できたので安く泊まれました\(^O^)/

坐忘さんは半年の間にいろいろ変わっていました。
何が変わったって、3月から経営が変わったそうです。
(どこから、どこに変わったのかは不明ですが・・・)
それに伴い料理長さんも変わったそうです。
食事は変わったのでしょうか?・・・ワクワク、ドキドキです。

車で行くと、家から勝沼インターまでは2時間半ほど。
昼飯を蕎麦屋で食べて、坐忘さんに向かいます。

建物は何も変わらず。
zab0017.jpg

大浴場棟の横に建築現場がありました。
従業員さんに聞くと離れを作っているそうです。
元々宿泊客用の駐車場があった場所でしょうか。
zab9545.jpg
全9室の離れ。秋には完成するそうですよ。
現在が10室ですから、ほぼ倍の規模になりますね。
大浴場が混みそうで心配・・・。

従業員用の駐車場に車を止めたら、駐車場までお迎えに来てくれました。
荷物を持ってくれて、ロビーに案内してくれました。
zab0088.jpg

お迎えのお茶とお菓子。冷たいお茶が凄く美味しい。
zab9523.jpg

お菓子はシャインマスカットまんじゅう
美味しい~♪。売っていたら買って帰りたかった・・・。
zab9531.jpg

再訪なのでチェックインは簡素に。館内の説明もお断りしました。
程なく部屋に案内してくれました。前回と同じ「朝日」の部屋。
zab0061.jpg
前回は希望して「朝日」の部屋を選びました。
大浴場が素晴らしいので、部屋に風呂が無くても良いかな、と思って、
本館の風呂無しの部屋を狙っていたのですが、
今回、空いている部屋がなんと「朝日」だけだったのです。

再訪なので、部屋の詳細は省略します(^^;)
詳しくは【前回のレポ】をご覧ください。
玄関と次の間4畳半。この辺は変わり無しです。
zab0063.jpg
それにしても次の間が4畳半とは・・・。広くてもったいない。

冷蔵庫中身。これも変わらず。
zab9568.jpg
そう言えば、坐忘さんには自動販売機がないのですね。

お茶は煎茶。美味しいです。
zab9581.jpg

脱衣所&洗面所。バスタオル、フェイスタオル1人1枚ずつ。
zab0067.jpg
フェイスタオルは色が白から薄緑色に変わっていました。
化粧品はポーラ・アロマエッセ。

部屋付き内風呂も変わらず。一人用。110cm×60cm、深さ55cm(前回の計測)。
zab0069.jpg
湯温40.4℃。源泉がジャブジャブ流れていて豪快です。
毎回風呂桶からお湯が溢れる贅沢が味わえます。
完全に一人用ですけど、源泉掛け流しのお湯が味わえるので
とっても幸せですっ。

主室・12.5畳。二人で泊まるには広すぎる程。快適です。
zab0077.jpg

床の間からの写真。空気清浄機あり。
テレビは26インチで、この部屋では小さく感じます。
zab0080.jpg
坐忘さん、部屋でもWi-Fがは繋がりますが、電波が弱々しく、
ほとんど使い物になりませんでした(゜Д゜)。
ロビーではちゃんと使えました。もう少し部屋のも強くして欲しいですね。

テーブルの上に鶴の陶器がありました。
zab9533.jpg

中に入っているのはころ柿。これは売店で売っていました。
zab9539.jpg
ころ柿は甘くて、とっても美味しかったです。薄く切ってあるので食べやすかった。

鍵は2つ♪。大浴場があるので、2つあると便利便利。
zab9543.jpg

衣装ダンスに浴衣など。フェイスタオル2枚(1人1枚)、
浴衣1人1枚、羽織、足袋ソックス、巾着袋の中に歯ブラシなど。
zab9574.jpg

作務衣があるので非常に嬉しい。
zab9576.jpg

さっそく魅惑の大浴場に行きました。
別館に入ると、まっすぐに伸びる廊下。廊下の右側はお高い部屋。
zab0053.jpg

大浴場前の休憩所。ここも広々。
zab0021.jpg

飲料器機が変わっていました。2月の時はお水だけでした。
zab0022.jpg

飲料器といっても、お茶だけですが。でも冷たいのと熱いのがあります。
一番下の「ゆず茶」が甘くて美味しかった。
zab9551.jpg

到着時、男性用だった浴場の脱衣所。
zab0024.jpg

タオル山積み。バスタオルもフェイスタオルもあります♪
szab9590.jpg szab9589.jpg

カランたくさん。左奥が露天風呂の出口。
zab0032.jpg

シャンプー類はスパジアス黒糖シリーズ。スベスベになります。
zab9867.jpg
これ、売店で売っていたので、帰りに買ってしまいました(^^;)

シェービングとクレンジングウォッシュがあるのはとても助かります。
zab9868.jpg

広い内風呂。半円形ですが、半径は5m以上あるでしょう。
zab9599.jpg
低張性アルカリ高温泉。お湯をすくって匂いを嗅ぐと、ほのかに硫黄臭がします。
肌がすべすべになる温泉です。

湯温40.7~40.2℃と快適温度。
なにせ広いので、湯口付近と、反対側では湯温が違います。
zab0105.jpg
写真右奥はサウナ。手前に水風呂(水温21.3℃)もあります。
サウナは14時から23時のみ。

露天。広いというより、奥に細長いです。
露天は少し熱くて、42~41.7℃。湯口は42.9℃でした。
到着時が一番熱く、次第に湯温が下がっていき、
夜は40~39.2℃になっていました。夜は超快適。
zab0042.jpg

露天奥から内風呂を見た写真。
とにかく細長いので、2,3人入っていても、まったく気になりません。
zab0091.jpg
今回は風呂好きが多かったみたいで、
大浴場は何時行っても人が居ました。多い時は3人。
全10室で、ほとんどの部屋に風呂がついていることを考えると、
驚異的な遭遇率です。
この広々大浴場に魅せられる人は多いのですね。

次の日の朝は男女交代。
大浴場は14時~24時、次の日は5時半~11時。
zab0123.jpg

脱衣所。どちらにも体重計あります。タオル山積みも同じ。
zab0128.jpg

洗面台も広く、化粧品もあります。欠点は鍵付きのロッカーがないこと。
zab0130.jpg

女性用には部屋と同じポーラ・アロマエッセの化粧品あり。
zab9835.jpg
写真は相方に撮って貰いました。男性風呂には男性用の化粧品ありです。

大浴場内風呂。広くて気持ち良いです。こちらもサウナあり。
zab0137.jpg
真ん中に掛け湯とベンチ。

魅惑の内風呂。朝は湯温39.3~38.4℃でした。いくらでも入っていられます。
zab9859.jpg

洞窟付き露天。朝は湯温40.2~39.2℃と適温。
zab0146.jpg

奥から見た写真。空も広いし、ぬるいしで至福の温泉でした。
zab0152.jpg

前回と比べて、一番変わったのは売店。
まるき葡萄酒】さんのワインが全面に出ていました。
zab0117.jpg

ラフィーユ樽甲州、ラフィーユ超熟甲州、ラフィーユシャルドネ、
レゾン甲州という白ワイン750ml。
zab9636.jpg

甲州リッチネスサイン入り1999(白・750ml)5,400円なんていうのもあり。
zab9643.jpg

ラフィーユ樽ベーリーA、ラフィーユ樽甲斐ノアールの赤ワインも。
zab9645.jpg
正面だけでなく、横にも沢山まるき葡萄酒さんのワインが売っていました。
食事の時のワインも全面一新、全てまるき葡萄酒さんになっていました。

経営が変わったと言っていましたが、まるき葡萄酒さんと関係があるのですかね?

その2 夕食編につづく・・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

オーベルジュ湯楽2015年 その6 朝食編

2015年7月 オーベルジュ湯楽@湯河原温泉に泊まってきました。FC2ブログ

湯河原温泉 源泉かけ流しの湯 オーベルジュ湯楽
〒259-0314神奈川県足柄下郡湯河原町宮上528
TEL:0465-62-4126

<プラン>本格オーベルジュイタリアン×温泉掛け流し満喫プラン
<部屋タイプ>広縁付和室10畳・源泉かけ流し温泉・古代檜内風呂
<プランの特徴>
※夕食は「和テイストの新感覚・極上イタリアン」
※イタリア直輸入ワインを一杯サービス
※「露天風呂」か「石風呂」を40分貸し切り
※朝食は「和食」または「イタリアン」が選べます
※15時チェックイン、翌11時チェックアウトの20時間滞在

@26,000円 (宿のホームページから予約)

オーベルジュ湯楽さんのホームページは→【http://www.yurac.jp/

その6 朝食編。

イタリアンプランだと朝食が「和食」「イタリアン」が選べます。
洋食が食べたくてイタリアンプランにしたので、
朝は当然「イタリアン」を選択。
チェックイン時に選択できるようですが、念のため
あらかじめメールで申し込んでおきました。

朝食は8時、8時半、9時と選べます。
チェックイン時に一旦、8時に決定していたのですけど、
貸し切り露天に8時しか空きが無く、
その関係で朝食は9時からになってしまいました。

レストランはこんな感じ。
yk9406.jpg

昨日の夜と同じ席でした。BGMはさわやかなインスツルメンツ。
yk9407.jpg
朝はメニューがないですが、料理を持ってきた時に説明してくれます。

席に着くとすぐに、これだけ持って来てくれます。
サラダとジュースとほうじ茶。サラダは二人分。
yk9418.jpg
イタリアンなのにほうじ茶(^^;)。和むわ~。

サラダアップ。ドレッシングを木のスプーンでかけます。
yk9421.jpg
オリーブオイルのフレンチドレッシングでした。

トマトとブラッドオレンジのジュース。確かに両方の味がしました。
yk9423.jpg

でっかいプレートが運ばれてきます。おお~、スゴイ。
プレートは二段になっています。上の段。
yk9425.jpg

パン。あっ!昨日の夜に出た、ウマウマの全粒粉のパンだ!
yk9433.jpg
見た瞬間、嬉しくてニンマリしてしまいました~。

野菜のクリームスープ。パンとスープはお代わり自由です。
yk9435.jpg
美味しいスープ。ほっとする味です。

自家製ジャムとバター。左からビワジャム、いちごジャム、バター。
yk9437.jpg
ビワジャムなんて初めて。ビワは味が薄いので、「ビワを食べている」、
という感じはしませんが、とっても美味しいジャムでした。

パンとスープは美味しかったのでお代わりしてしまいました。

プレート下の段。
yk9444.jpg

ヤギと牛のミックスチーズに洋ナシ、青オリーブ
yk9453.jpg
チーズは酸っぱいです。洋ナシがとっても美味しい。
オリーブは香りが強く、美味しいです。

ブロッコリー、じゃがいも、イカ。つぶつぶはカラスミ?
yk9457.jpg

生ハム。しょっぱくて美味しいハム。
yk9460.jpg

トマトとモッツァレラチーズ、バジル
yk9462.jpg
バジルの香り強い。トマトは甘~い。
モッツァレラチーズは柔らかかった。

シェフ自ら持って来てくれて、料理の説明をしてくれました♪
温泉卵、クリームチーズ、ベーコン、とうもろこし、ほうれん草
yk9467.jpg

温泉卵アップ。相模原の鳳凰卵というこだわりの卵。
yk9472.jpg
温泉卵という説明でしたが、黄味はしっかりとしていました。
とうもろこしもベーコンもウマウマ。

食後はコーヒーか紅茶を持って来てくれます。

デザート。コーヒー。
yk9480.jpg

デザートアップ。自家製のパンナコッタ、ルバーブのジャム
yk9485.jpg
冷たくて美味しい。幸せ~。

大満足の洋食朝食でした。食べて良かった~。
でも、次回は和食を食べてみたいと思いました。
私達以外は恐らく全員和食。とっても美味しそうでした。

フロント。チェックアウトは11時です。
yk9123.jpg

フロントの右側にひっそりと売店。
yk0150.jpg

パンフレットと何かの織物でしょうか?詳しく見なかったので不明です。
yk9113.jpg

シャンプー類、化粧品を売っていました。
yk9117.jpg

こちらにもシャンプー類。
yk9119.jpg

チェックアウト後、バスに乗って湯河原駅に。
帰りは東海道線・各停に座れたので、のんびりと帰りました。

オーベルジュ湯楽感想。

良いところ
◎とっても美味しい食事。パンも美味しい。
◎朝、夕とコーヒー(または紅茶)がつくのが嬉しい。
◎湯河原の源泉掛け流し温泉が堪能出来る。
◎大浴場、貸し切り露天は広々としていて気持ち良い。
◎浴場にフェイスタオル完備は嬉しい。
◎親切丁寧な接客。皆さん笑顔が素敵♪
◎館内は綺麗。
◎お酒の種類が多くて楽しい。
◎浴衣に箸で食べられるイタリア料理は気楽。
◎シャンプー類、アメニティは充実。
◎湯河原駅からも交通至便。行きは上り坂だけど。
◎湯楽文庫の無料飲料は嬉しい。

いまいちなところ。
△部屋の鍵が1つ。
△階段移動が多い。エレベーターなし。
△レストラン・ピノクラーレのテーブルがガタガタ揺れる(私達だけ?)
△湯楽文庫のマッサージ機は有料。
△Wi-Fiは部屋では繋がらない。
△ところどころ、古い部分が見え隠れしている。
△もう少し大浴場の時間が長いと嬉しいのですが・・・・。

イタリアンの夕食、朝食は大満足でした。
他のコースも食べてみたいので、是非再訪したいです。

めりなさんに教えて貰ったのですが、
楽天トラベル】のメルマガに登録しておくと、
時々お得プランのメールが来ます。
平日が多いようですが、日程が合えばお得に泊まれまそうです。

オーベルジュ湯楽 終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

オーベルジュ湯楽2015年 その5 夕食編

2015年7月オーベルジュ湯楽@湯河原に泊まってきました。FC2ブログ

オーベルジュ湯楽さんのホームページは→【http://www.yurac.jp/

その5 夕食編。

オーベルジュ湯楽さんの食事は「湯楽特選コース」「シェフ特選コース」
「イタリアン」と3つコースがあります。非常に悩むところですが、
あまり皆さんが召し上がっていない「イタリアン」で予約しました。

夕食は6時から。
食事時間は6時か6時半が選べました。
でも6時に行ったら、すでに食べている人が大勢居ました。
もしかしたら、もう少し早い時間も選べるのかもしれません。
チェックインが遅くなったせいで、早い時間は埋まっていた可能性があります。

オーベルジュ湯楽さんの食事はレストラン・ピノクラーレで。
例の本館2階の半円廊下を進み、写真の左側がレストランの入り口。
yk0146.jpg

まっすぐに伸びる廊下。真ん中が透明なオサレデザインです。
何となく真ん中は歩けないですよね・・・。この廊下からは別世界です。
yk9150.jpg

レストラン・ピノクラーレ。
yk9147.jpg
入り口で名前を言うと席に案内してくれます。
写真を撮る暇がなく、レストランの写真は無しです(^^;)

テーブルの間は仕切りがないので隣の声も良く聞こえます。BGMはジャズ。
オーベルジュとは言え、浴衣で食べられるので気楽です。お箸もあるし。
yk9165.jpg

メニューあり。印刷ですが○○様と名前入りのメニュー。
yk9164.jpg

飲み物を載せておきます。種類が多くて見るだけでも楽しい。
イタリアワインが充実しています。

↓写真をクリックすれば大きくなります。
おすすめドリンク、ノンアルコール、ソフトドリンク。
byk9168.jpg byk9169.jpg byk9170.jpg

ビール、食前酒、スパークリングワイン、白ワイン、ロゼワイン。
byk9176.jpg byk9177.jpg byk9178.jpg
グラスワインのペア、トリプルが気になります。

白ワイン、赤ワイン。
byk9179.jpg byk9180.jpg byk9181.jpg 

焼酎、ウイスキー、日本酒。
byk9182.jpg byk9183.jpg
利き酒セットが楽しそうですね。

イタリアンコースには湯楽さん直輸入イタリアスパークリングワインが
一杯無料だったので、二人で違うのを頼んでみました。

私は黒ラベルブリュット(超辛口)
yk9171.jpg

相方は青ラベルエクストラドライ(辛口)
yk9173.jpg
違いがよく分からなかったです・・・(馬鹿舌人間)(^^;)
どちらもとっても美味しいスパークリングワインでした。

料理は持ってくるたびに、詳しく説明してくれます。

小魚と海老季節野菜のスカペーチェ。綺麗です。
syk9184.jpg
ニシンと夏野菜を合わせたスカペーチェと紹介れました。
酸味をきかせた料理で日本風に言うと南蛮漬けのようなもので、
さっぱりとした仕立て。万願寺唐辛子、香草のけフェンネル、という説明。
yk9189.jpg
一番下に茄子。炒めた玉葱が甘酢に浸っていますが、
全然酸っぱくない。甘いです。満願寺唐辛子は辛くなくてよかった。
ニシンは骨まで柔らかくて美味しいです。

チーズが3種類出てきました。
yk9196.jpg
右上・三角形のは羊のセミハード、ペコリーノ・ロマーノ。
下・牛のチーズ、ブラータ。中にトリュフ入り。
左上・牛と羊とヤギのミックス、タレッジョ。

どれもイタリアのチーズのようで、とっても美味しいです。
ブラータはクセが無く、香りが良く、クリーミーで美味しいチーズ。
タレッジョは非常に香り(くせ)が強く、相方は途中で断念。
残りがこっちに回ってきました。
味も濃くて口の中にずっと残っていました。

自家製パン盛り合わせ。自家製パンは焼きたての4種類。
yk9202.jpg
左上・揚げパン・ゼッポリーネ。青のりが入ったパン。
右上・プレーンのフォカッチャは柔らかくてフワフワで美味しい。
左下・イカスミを練り込んだパン。
右下・全粒粉のパンがトッテモ美味しい。この中で一番美味しかった。

ゼッポリーネ断面図。
yk9218.jpg
青のりの香りがすごい。磯辺揚げのようです。パンとは思えない(笑)
油もたっぷりで、手が油でベトベトになります。モチモチです。面白~い。
これを食べたら、いきなりお腹が一杯になってしまいました。

イタリアワインなんてからきし分からないので、
グラスワイン・ペア(白ワインと赤ワイン)1,700円を頼みました。
白のファレリオ(オーガニックワイン)が来ました。ボトルから注いでくれます。
yk9206.jpg
辛口ですが、飲みやすいワインで、どんな料理にも合いそうな感じです。
やっぱり宿が選んでくれたワインは美味しいですね(^^;)

相方が頼んだブル-ベリージュース 800円。
yk9214.jpg

玉蜀黍(とうもろこし)のパンナコッタ仕立て・イタリア産生ハム添え
syk9208.jpg
トウモロコシが甘くて、シャキシャキ。ウマウマ。
ハムは筋が多かったですが、塩気も少なめで美味し~。
パンナコッタはフワフワでウマウマ。
yk9209.jpg

天然地魚のカルパッチョ。これも綺麗♪。
syk9220.jpg
三点盛り。
左上・アオダイ。中・シマアジ。右下・ヒラメ
全体にオリーブオイルがたっぷりとかかっています。
yk9223.jpg
ワカメはおせんべい状態。パリパリで、塩気があって美味しい。
花も食べられますが、苦いところがありました。トマトはすごく甘い。
yk9228.jpg
アオダイはやっぱり鯛の味。レモンがかかっていました。
シマアジは脂が乗っていて美味しい。
ヒラメはコリコリしていますが、淡泊な味。
単なる刺身でなくて楽しい。

グラスワインペアセットの赤ワイン・カンチェッリ(イタリアトスカーナ)。
これもボトルから注いでくれます。
yk9231.jpg
物凄く渋かったです。タンニンたっぷりという感じです。
これだけ飲んでいると渋くて飲めない位なのですが、
肉と一緒に飲むとあら不思議、肉の脂分が消えて美味しくいただけました。

あぐー豚の白ワイン煮込み パルミジャーノのリゾット
syk9238.jpg
すごく良い香りがします。インゲンに味が染みていてウマウマ。
あぐー豚はホロホロと溶けます。リゾットはアルデンテで無茶苦茶に美味しい。
こんな美味しいリゾットは食べたことないかも。あ~、もっと食べたい・・・。
yk9246.jpg

本日鮮魚のグリル。フルーツトマト、パブリカのスープ仕立て
syk9249.jpg
魚はサワラ。じゃがいものフリットは揚げたてで熱かったです。
トマトとパブリカのスープがとても美味しい。
サワラは無茶苦茶にフワフワ。どうやったらこんなにフワフワになるのだろう?
とっても美味しいサワラでした。
yk9250.jpg
この辺で食事開始から1時間20分位たっています。

本日のグラニテ
syk9255.jpg
レモンのグラニテ。すっごく酸っぱいレモン。でも美味し~。
口直しには最適でした。
yk9257.jpg

A4ランク黒毛和牛のタリアータ。蓮根、ズッキーニのオレガノ風味
syk9260.jpg
ふじやま和牛のリブロースをタリアータ(薄切り)。
黒いのはブラウンマッシュルーム。
夏野菜とオレガノ、アンチョビとソテー。
yk9269.jpg
肉はさすがA4ランク、軟らかくてとっても美味しいです。
しかし、薄切りとはいえ、4切れもあります。
これが物凄く脂身が多くてトロットロ。たった4切れなのに超ヘビーです。
相方は2切れでギブアップ。残りがこちらに回ってきました・・・(゜Д゜)
yk9268.jpg
赤ワインで飲み込むように食べました・・・。
この前の段階ですでにお腹が一杯だったのに、超ヘビーな肉で
完全に満腹状態。苦しいです。

dolce(ドルチェ)
syk9276.jpg
右・バニラのムースケーキ。ソースはハチミツとトリュフ。
左・マンゴーのジェラード。メレンゲを添えて。
右手前のチョコクッキーはとても硬くて、ポリポリ食べました。
yk9280.jpg
満腹なのに美味し~\(^O^)/
メレンゲはアーモンドの香りがしてサクサク。
マンゴージェラードはほとんどマンゴーそのもの。
バニラムースは猛烈に甘い。コーヒーが無いと食べられなかったかも。
ドルチェはどれもこれもウマウマで、ペロリです。

食後はコーヒーか紅茶が選べます。私達はコーヒーをお願いしました。
砂糖と一緒にパルスイートが出てきました。珍しいです。
yk9270.jpg

コーヒー。とっても美味しいコーヒーでした。
yk9287.jpg
2時間程かけて夕食終了。
料理は見た目も美しく、どれも美味しくて、大満足♪
普段余り食べないイタリアンを食べられて楽しかった~。

ただ、酸っぱさとか辛さとかが抑え気味で、少々もの足らない感じ。
もう少しパンチがあっても良かったかなあ、と思いました。
万人向けにしてあるのでしょうね。

イタリアンはとっても美味しかったので、他のコースも食べてみたいですね。
他は和食とイタリアンの融合した創作料理らしいので興味津々です。

レストランは仕切りも無く、隣との間隔も狭いので騒々しいです。
静かに食べたい方には不向きですね。
でも、他の方の料理がのぞけたり、他の方のお酒が見られたりと、
楽しい面もありました。私達には全く不満が無かったです。
あっ、一つだけ・・・・、
テーブルの脚が揃っていなくて、ガタガタするのが気になりました~。

部屋に帰ると布団が敷いてありました。
yk9288.jpg
部屋の風呂に入って早々に寝てしまいました。

その6 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

オーベルジュ湯楽2015年 その4 貸切風呂編

2015年7月 オーベルジュ湯楽@湯河原に行ってきました。FC2ブログ

オーベルジュ湯楽さんのホームページは→【http://www.yurac.jp/

その4 貸し切り風呂編

貸し切り風呂は2つあり、1つだけ無料で入れるプランでした。
もう1つも有料で入れますが、2,100円なのでちょっと高いですね・・・。

少しチェックインが遅れた(といっても3時前ですが)ので、
貸し切り露天は2日目の朝8時しかとれませんでした。
貸し切り時間は40分。

貸し切り露天は一旦表に出て歩いて行きます。
yk0058.jpg
雨の日はちょっと嫌かも。一応傘がおいてありましたが。

入浴中の立て札を表に置いて、表履きに履き替えて行きます。
syk9341.jpg syk9342.jpg

少し歩き、左に折れます。
syk9344.jpg syk9345.jpg

曲がるとすぐに貸し切り露天の建物が見えてきます。
yk9346.jpg

引き戸を開けると何故か洗面台。左に入ると脱衣所。
syk9347.jpg syk9348.jpg

脱衣カゴがあり、ここもフェイスタオル山積みです。有り難いです。
syk9351.jpg syk9352.jpg

椅子が2脚。冷水タンクもあります。
syk9350.jpg syk9354.jpg

そして露天入り口にもフェイスタオル。
syk9355.jpg syk9356.jpg

いろいろ注意書きが貼ってあります。確かに段差がありました。
yk9357.jpg

これは大浴場と同じですね。
yk9359.jpg

外国の方のため用でしょうか。
yk9358.jpg

貸し切り露天。お~、広~い\(^O^)/
yk0200.jpg
20畳ほどらしいです。風呂の20畳というのもピンとこないですが、
とにかく、広いです。5m×5m位でしょうか。
大浴場といってもよい位ですから、この貸し切りは贅沢ですね。
開放感抜群で、超~気持ち良いです。

露天は41.5℃と私達にはちょい熱め。
この温度だとすぐにのぼせてしまい、半身浴をしていました。
それでも汗が吹き出します。温まるわ~。
yk9360.jpg
張り紙にあったように風呂に段差があります。
かなり慎重に歩かないと、蹴躓きそうです。夜は大丈夫かしらん?
深さも深いところは74cm、半身浴も出来ますし、
好みの場所で風呂に浸かれます~。

半分位屋根があるので、雨でも入れそうです。
yk0220.jpg

入り口手前に、半径1.5m位の扇形の浴槽あり。右側は37.0℃。
yk9363.jpg

同じく半径1.5m位の左側は35.4℃と低かったです。
yk9365.jpg

源泉が打たせ湯のように落ちてきます。源泉ですから熱いです。
yk9373.jpg

当然この周りは湯温が高かったです。このドボドボいう音、幸せですよね。
yk9384.jpg

露天の左側に何かある・・・・。
yk9389.jpg

以前はウッドデッキっぽくて休憩所だったのでしょうが、
ボロボロで閉鎖されていました。ちょっと淋しい光景でした。
yk0232.jpg

右手に建物が見えますが、緑の景色を眺めながらの露天は最高でした。
yk0233.jpg

出てきた脱衣場の横に、別の入り口(出口?)が・・・。
yk9393.jpg

入ってみると右手にシャワーブース。奥に椅子。
yk9366.jpg

シャワーブースは1つ。シャンプー類もおいてありました。
yk9368.jpg

脱衣場に脱衣カゴ。左側出口、というか入り口。裏手の入り口でした。
syk9370.jpg syk9371.jpg

この写真の左側がもう一つの入り口でした。元は混浴風呂だったのですかね?
yk0192.jpg



チェックアウトの時、フロントの従業員さんにお願いして、
貸し切りの石風呂を見せて貰いました。

例の2階から降りていき、大浴場の右側が石風呂入り口。
yk0163.jpg
のれんをくぐります。

洗面台はこぢんまりとしていますが、綺麗です。
冷水タンクや化粧品類など、他の風呂と同じです。
yk9496.jpg

貸し切り・石風呂。左上に指が写ってしまっていますがご勘弁を<(_ _)>
yk0243.jpg

内風呂。広くないですけど、貸し切りなので十分かも。
yk9489.jpg

ここは露天もついています。
yk9490.jpg

露天もあまり広くないですが、二人は楽に入れそうです。
yk9491.jpg
ただ、囲いが高くて、景色は全く見えませんでした。

左側には休憩スペース(?)庭(?)もありました。
yk9492.jpg

シャワー・カランは3つもあるので十分ですね。
yk9494.jpg

雨の日なんかは露天よりもこの石風呂の方が良いかもしれません。
フロントの女性従業員さん、お忙しいのに
見学させていただいてありがとうございました。

その5 皆様お待ちかねの夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

オーベルジュ湯楽2015年 その3 大浴場編

2015年7月 オーベルジュ湯楽@湯河原に宿泊してきました。FC2ブログ

オーベルジュ湯楽さんのホームページは→【http://www.yurac.jp/

その3 大浴場編

オーベルジュ湯楽さんの大浴場は大勢の方がレポされているので、
今更の感がありますが、写真撮ってきたので載せておきます。

大浴場古代桧風呂は時間で男女交代。
15:00~23:30と朝は6:00~10:00です。
15:00からは古代桧風呂が男湯でした。

本館と新館の間の階段の途中に貸し切り露天へ通じる出口(手前)と、
桧風呂の入り口(奥)があります。
yk8912.jpg

中に入ると、左側に延びる廊下が。
yk8834.jpg

入り口脇の台の上に冷水とクリップ。
yk8882.jpg

クリップは脱いだサンダルに挟むもの。便利です。
yk8840.jpg

廊下の奥つきあたりに洗面台。その手前左側に脱衣カゴ。
yk8841.jpg

脱衣カゴの一番上の左にフェイスタオル山積み。これは嬉しいです。
yk8905.jpg

使い終わったタオルは、入り口正面のカゴにポイ。
yk8910.jpg

奥の洗面台は2つ。ちょっと狭いです。
yk8843.jpg

化粧品やアメニティが並べてあります。
yk8844.jpg

ドライヤーは壁に備え付けと、ハイパワータイプの2台。
syk8868.jpg syk8884.jpg

化粧品は部屋のと同じポーラ。
syk8886.jpg syk8885.jpg

売店商品ですが、エスティヒッツのうるおい小町もあり、
yk8892.jpg

絹肌小町もありましたし、
yk8893.jpg

馬油のハンド&かかとクリームも置いてありました。冬に役立ちそうです。
yk8898.jpg

もちろん綿棒やコットンのアメニティもバッチリ。
yk8895.jpg

体重計あり。
yk8901.jpg

古代桧風呂。縞々模様が目を引きます。源泉掛け流し。
yk0030.jpg

それほど大きくない浴槽。横に5人並んで入るともう一杯、
という感じの浴槽。中に段がないので半身浴が出来ません。
yk8852.jpg
湯口42.4℃、湯温40.4℃と快適温度に調節されていました。
この温度ですが、肩まで浸っていると、あっという間にのぼせてしまいます。
ものすごく温まる温泉ですねえ。

窓があります。窓の外、左側の塀が私達の泊まった部屋の塀。
窓が開いていたので、部屋まで声が筒抜け・・・(^^;)
yk8853.jpg

シャワー・カランは3個。これは温泉ではありません。
yk8854.jpg

シャンプー類はアロマ・エッセ。やっぱアロマエッセは良いです~。
yk8856.jpg

馬油の炭洗顔フォーム。売店商品ですけど、洗顔フォームがあるのは嬉しい。
yk8857.jpg

緑茶シャンプー類もありました。
yk8859.jpg

浴槽入り口右に隣に行く通路あり。
yk0033.jpg

せ、狭い・・・。
yk0036.jpg

奥に行くと先ほどのものよりだいぶん狭い桧風呂がありました。
yk0037.jpg

大人二人でいっぱいという感じの狭い湯船。
yk8845.jpg
こちらは湯温が高く43.4℃と激熱!しかし、そんな湯船の中に
寝そべって首まで浸かって気持ち良さそうにしている殿方が一人・・・。
す、すごい・・・。
そっと足だけ入れてみましたが、余りの熱さに足だけしか入れず(^^;)

湯守さんと少しお話をしたのですが、大小の浴槽で湯温を変えるそうです。
客の数と、客層によって湯温を変えるそうで、この日はお子様連れも多かったので
大きい方の湯温を低くしたと仰っていました。
温度管理はデジタル湯温計を設置してあり、厳格にやっていました。



2日目の朝6時に、男性風呂になった大浴場に行ってみました。

大浴場は本館2階から行きます。半円の廊下の先、左が大浴場。
yk9142.jpg

階段を降りていきます。
yk9145.jpg

階段を降りると左側が大浴場。右側は貸し切り石風呂です
yk9291.jpg

のれんをくぐると正面に飾り。
yk9296.jpg

右に脱衣場。
yk0167.jpg

脱衣場入り口脇にスリッパのクリップ。
yk9310.jpg

広い脱衣場。真ん中に脱衣カゴ棚。
yk0153.jpg

こちらにもタオル山積みです。
yk9307.jpg

洗面台は3つ。
yk9300.jpg

化粧品類、アメニティは桧風呂と同じです。
yk9302.jpg

ドライヤーはパワーが小さく、
「髪が全然乾かない」と相方が文句を言っていました。
yk9303.jpg

こちらは浴室入り口に冷水が置いてありました。
yk9304.jpg

大浴場の浴槽。すんごく広いです。明るくて、超気持ちの良い風呂でした。
湯温40.0℃と適温に調節されていました。もちろん源泉掛け流し。
yk9319.jpg
大浴場は窓が閉まっていたので、カメラのレンズが曇ってしまい
非常に見づらい写真になっています。スミマセン。

中に段があるので半身浴が出来ます。
こんなにぬるめなのに、半身浴でも汗がダラダラ出てきます。
yk9329.jpg

源泉は3本。上から打たせ湯のように落ちてきます。
yk0188.jpg
しかし高温の源泉ですから、打たせ湯のように浴びてはいけません。
湯守さんの話だと、源泉は約70℃ですから、一旦タンクに溜めて温度を下げ、
パイプを通してさらに温度を下げて供給しているそうです。

シャワー・カランは4つ。
yk9320.jpg

シャンプー類は桧風呂と同じでした。
yk9327.jpg

休憩用の椅子もあり。
yk9334.jpg

朝は私の他に一人しかおらず、しかもその一人はすぐに出て行ってしまったので、
この広い大浴場を独占です。こんな幸せがあって良いのだろうか・・・・。
yk0175.jpg

男女別浴場、欲を言えば、入れる時間がもう少し長いといいですね。
風呂場の管理や、従業員さんの労働時間もあるので難しいのでしょうけど。

その4 貸し切り風呂編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ