ホテリ・アアルト 2015年9月 その1

2015年9月 ホテリアアルトさんに再訪してきました。FC2ブログ

ホテリ・アアルト | HOTELLI aalto 
〒969-2701
福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字大府平1073-153
℡024-123-5100  Fax024-123-5101

ホテリアアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

[プラン名] :EVERY DAY 
[部屋タイプ]:205セミダブルベッド・ツイン、和室付 (禁煙ルーム)
宿のホームページから予約。
@33,000円 (サービス料:込み 入湯税:込み)

今年の3月に宿泊して、余りの快適空間に感動して、
どうしても違う季節に宿泊したくて、
またホテリアアルトさんに行ってしまいました。

今回はシルバーウィークなので、
6月の予約段階で空いていたのが高い部屋のみ。
部屋に風呂もついていないのに、3万円超えは完全に予算オーバーですが、
ここしか空いていないので仕方ない・・・。
アアルトさんはフリードリンクだし、温泉は最高だし、
と、理由をつけて、かなり無理して泊まりました(^^;)

東京駅からやまびこ・つばさに乗ります。
htll9981-1.jpg
シルバーウィークなのに早割30が取れて
東京駅ー郡山駅@5,740円(乗車券、指定券込)

東京駅グランスタ「てとて」さんで弁当を調達。
相方はきのこごはん弁当(1,000円)。
htll9986.jpg

私は人気No.1というおいしい西京焼き弁当(1,000円)。
おかずはどれも美味しいですが、やっぱり西京漬けがとっても美味しかった。
ご飯はなんと山形の「つや姫」。ご飯もウマウマ。
htll0004.jpg

東京駅から1時間くらいで郡山駅に到着。磐越西線に乗り換えます。
htll0011.jpg
乗り換え時間が30分以上あるのですが、速攻で磐越西線に乗った方が良いです。
すぐに乗りかえると座れますが、
2両編成の電車はあっという間に満員になってしまいます。

郡山発13:46→猪苗代着14:20と、30分ちょっとで猪苗代駅に到着。
shtll0014.jpg shtll0015.jpg
郡山駅ー猪苗代駅@670円。スイカ使えます。

予約しておけば猪苗代駅に迎えが来てくれます。
一番手前がアアルト号。他の宿の迎えの車も沢山来ていました。
htll0017.jpg
この日は私達を含めて3組が予約。しかし1組が来ない。
次の上り電車まで待つことになりました。

写真を撮って暇つぶし。磐梯山が綺麗に見えていました。
htll0020.jpg
結局その1組は上り電車にも乗っていなかったので、
2組の客を乗せて宿に向かいました。
どういう事情か分かりませんが、予約時間に来られない時は
電話連絡位してほしいですね。
おかげでチェックインが20分以上遅れることに。

猪苗代駅から20分ほどでホテリアアルトさんに到着。空気が清々しい。
htll0032.jpg

到着時すでに3時を回っていました。
htll0038.jpg

ラウンジに案内されてチェックイン。館内に入ると硫黄の匂いがして、幸せ度全開。
htll0228.jpg

北欧家具の置かれた快適ラウンジ。
htll0405.jpg

ウエルカムドリンクのリンゴジュース。おいし-。
htll0023.jpg
この後すぐに部屋に案内してくれました。

部屋は後回しにして、ざっと館内を書いておきます。

棚の上にあったオーディオが移動していました。
アアルトさん、半年でいろいろ少し変わっていました。
htll0214.jpg
そうそう、お土産棚の横にあった、紅茶が無くなっていました。

中庭は気持ち良さそう。連泊の方でしょうか、ドリンクを楽しんでいました。
htll0213.jpg

宿は禁煙なので、煙草飲みの方はここで煙草を吸っていました。
htll0238.jpg

アアルトさんはオールインクルーシブ(all-inclusive)ですから、
無料でドリンク飲み放題です。気兼ねなく注文できます。
htll0241.jpg

ドリンクメニュー。ワインが変わっていましたね。
htll0216.jpg

日本酒も少し違うような気がします。
htll0217.jpg

ソフトドリンクは変わらないかも。
htll0240.jpg

風呂上がりにラウンジで生ビールを頂きました。
風呂上がりのほてった身体にビール最高\(^O^)/
htll0232.jpg

相方はウーロン茶をもらっていました。
htll0234.jpg

ラウンジで寛いでいると、従業員さんがアルバムを持って来てくれました。
そこにはアアルトさんの改装前の写真がはってありました。
htll0236.jpg
丁度オーナーさんが来ていて、写真の解説をしてくれました。

アアルトさんは元々「伊勢丹」の保養所として建てられたそうです。
その後、上尾市に譲渡され「ばんだい上尾荘」となります。
この写真はその「ばんだい上尾荘」の頃の写真。

1階は車庫と卓球台があったそうです。出入りは2階から。
3階には食堂があったそうで、食堂の写真も載っていました。
改装時に、柱は全部残したそうです。
道理で、部屋の変な位置に柱があるわけです(笑)
離れは管理人室だったそうで、へぇ~、と言う話ばかりでした。

アアルトさんのラウンジにアルバムが置いてありますから、
訪れたらぜひご覧になってください。面白いですよ~。

お風呂もちょっとだけ載せておきます。男性用だけですが。

アアルトさんの浴室は男女別で交代無し。基本24時間入れます。
浴場入り口の隅っこにあった椅子が無くなっていました。
htll0248.jpg

男性用風呂脱衣場。フェイスタオル山積みがウレシイ。
htll0050.jpg

洗面台は変わらず。ドライヤー2つ。
htll0045.jpg

カミソリ、綿棒、ヘヤートニックのみのシンプル構成。
htll0048.jpg
女性用脱衣場も似たようなもので、ヘアーブラシが無かったと、
相方が文句を言っていました。

男性用風呂。表が明るすぎて内湯が写っていませんが・・・・、
htll0182.jpg

安心してください、ちゃんと内湯あります。硫黄臭のする超幸せ温泉。
htll0183.jpg
源泉掛け流しで、温まる上に肌スベスベになります。
ここ、かなり温泉力あります。
前回は内湯は熱めでしたが、今回は適温でした。
今回温度計を持って行くのを忘れたので温度は計っていません。
体感からすると、大体41℃半ばでしょうか。

快適な露天。露天はもっと温度が低く、40℃半ばでしょうか。
htll0186.jpg
涼しい気温の上、ぬる湯なのでいくらでも入っていられます。
今回は風呂好きが多かったみたいで、常に1人、2人といました。
一瞬一人きりになれたので撮った写真。

露天から眺める景色。緑一色で気持ち良いことこの上ない。
htll0188.jpg

カランは入り口隣に2つ、奥にシャワーブース1つ。
htll0193.jpg

シャンプー・リンスは変わっていました。洗顔フォームがあるのがウレシイ。
htll0194.jpg
ヘアシーズンズ・アロマシップス・フローズンムーンシャンプー、リンス。
良いシャンプーなんでしょうね。髪の毛スベスベになります。

フェイスタオルが常に山積みなので、気楽に風呂に入れます。
風呂桶は狭いので混んでいるとちょっと嫌ですが、
大体一つの風呂に一人状態だったので余り気にならず。
何度も入ってしまいました。

その2 部屋編につづく・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

米沢牛 黄木 東京店 2015年8月

2015年8月 米沢牛 黄木 東京店に行ってきました。FC2ブログ

日曜日に有楽町に用事があり、有楽町まで行けば東京駅は近い。
黄木さんで夕食を食べることにしました。

黄木東京店さんのホームページは→【http://www.kongoukaku.com/tokyo.html

東京駅の丸の内と八重洲を結ぶ地下街にあります。
OOKI7222.jpg

ゴールデンウィーク以来の黄木さん。
OOKI7296.jpg

去年食べた「米沢牛づくし」というコースは予約制になっていました。
前日までに予約しないと食べられません。
そこで、普通の「米沢牛ステーキコース」を食べようと、
心に決めて向かったのでした。
OOKI7238.jpg
時の宿すみれ】さんではサーロインステーキしか食べたことが無いので、
一度はランプとかフィレとかを食べてみたくて・・・。

ところが、いざ黄木さんに来てみると、色々な誘惑が・・・(笑)
OOKI7231.jpg

中でも目に付いたのがコレ。米沢牛鍋ぜいたく膳(3,980円税込み)
OOKI7233.jpg

何と牛鍋とステーキの両方が食べられますっ!
しかも「土曜日、日曜日、祝日限定献立」と書いてある・・・。限定に弱い私(^^;)
OOKI7234.jpg
結局コレにしてしまいました。

日本酒も色々置いてあり、きき酒セットなんていうのもあり・・・・、
OOKI7246.jpg

悩みましたが、やっぱりここは高畠ワイナリーでしょう、ということで・・・・、
OOKI7245.jpg

高畠ルオール(赤)グラス730円を頂きました。渋くて美味しい。
OOKI7253.jpg

お酒を飲まない相方はお茶かお水を選べるので、お茶を選択。
OOKI7243.jpg

すぐに冷や汁が運ばれてきます。
高野豆腐に貝柱の出汁が染みていてウマウマなのは相変わらず。
OOKI7240.jpg

米沢牛炙りの握り。たれと梅肉です。小ぶりですがもちろんウマウマ♪
OOKI7255.jpg
しゃりが暖かかった。結構お腹いっぱいになります。

そしてすぐに運ばれてくる米沢牛ステーキ。
ああっ!いつものサーロイン♪レアに焼いてあってジューシー。
OOKI7264.jpg

野菜もボリュームがあり食べ応えあり。
OOKI7270.jpg

このわさびドレッシングが超美味しい。
OOKI7269.jpg

メイン第二弾、牛鍋登場。
OOKI7271.jpg

うほ~、霜降りだあ\(^O^)/
OOKI7274.jpg

生卵が来ます。
OOKI7289.jpg

出来上がり。めちゃめちゃ柔らかくてもう堪らん・・・、幸せ♪
椎茸が肉厚でジューシー。
OOKI7292.jpg

ご飯と味噌汁と漬け物も一緒に来ます。
ご飯はもちろんつや姫。味噌汁はお麩とナメコと豆腐。
OOKI7279.jpg
固めに炊いてあるつや姫はウマウマ。

限定に負けて、結局ランプもフィレも食べられなかったけど、
お肉2種類が食べられて大満足。丼いっぱいのつや姫を食べてお腹も一杯。

すみれ漬けを始め、黄木さんの肉を出口横の冷蔵庫で売っています。
買って帰りたい衝動を抑え、横目で睨みながら帰りました。
OOKI7294.jpg

時の宿すみれさんのパンフレットも何気に置いてあります。
OOKI7297.jpg

時間も早かったので、丸の内のKITTEに移動。
地下一階の【向山製作所】さんに行きました。
OOKI7304.jpg

福島の生キャラメル屋さんですが、プリンも売っています。
OOKI7301.jpg

生キャラメルソースプリン(399円税込み)は買わねば。
OOKI7299.jpg

東京限定のプレミアムプリン(594円税込み)も買ってしまいました。
OOKI7298.jpg

会計の時、ふとショーケースの上を見ると、
あれま、8月31日で閉店という案内が・・・(゜Д゜)
OOKI7302.jpg
ここには中々来られなくて、ようやく来られたと思ったら閉店とは・・・・。
悲しい。

キャラメルソースプリンはアッサリ目。キャラメルソースは物凄く甘い。
OOKI7312.jpg

プレミアムプリンは濃厚でウマウマ。プリンとしてはこちらの方が美味しいですね。
OOKI7321.jpg
でも、もう東京では買えなくなってしまった・・・。
あとは福島か郡山でないと買えないですね。誠に残念です。


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

笛吹川温泉 坐忘 2015年8月 その3 

2015年8月 笛吹川温泉 坐忘に再訪してきました。FC2ブログ

笛吹川温泉 坐忘
〒404-0047  山梨県甲州市塩山三日市場2512
TEL:0553-32-0015
FAX:0553-32-0012

チェックイン14:00  チェックアウト11:00

<プラン>早期割28・四季を先取り。スタンダードプランを早割価格で。
<客室>離れ和室(内風呂/和室12.5畳 朝日)
@22,950円(サービス料、消費税込、入湯税別)

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/top.html

その3 朝食編。

朝食は8:00、8:30、9:00と選べます。私達は8時をお願いしました。
朝食も昨晩と同じ食事処・菖蒲(あやめ)です。時間になれば勝手に行きます。
zab9894.jpg

既にこれだけ用意されていました。
zab9896.jpg
お茶を用意してくれます。急須も置いていってくれるのですが、
お茶っ葉が入っていないので、急須の蓋を開けるとビックリします(笑)

小皿三種類。
zab9900.jpg

朝もお品書きがありました。これは助かります。やっぱり読みにくいけど(^^;)
zab9921.jpg

お漬けもの。野沢菜がウマウマ。昆布も美味しい。
どれも美味しくて平らげてしまいました。
zab9903.jpg

隠元の胡麻よごし
zab9905.jpg

冬瓜と鶏の炊いたん、粉山椒。味が染みていてウマウマ。
zab9911.jpg
「炊いたん」て関西で煮物のことですよね。
料理長さん(ご主人)は関西の人なんでしょうか?

県産トマトのサラダ、三種のドレッシング
ドレッシングは人参、胡麻だれ、山わさび。
zab9914.jpg
トマトが大きくて甘~い。とっても美味しいです。

蕎麦掻きとすくい豆富鍋。火を付けて、煮立ったら食べられます。
zab9899.jpg
出汁が物凄く美味しい。汁を全部飲みたくなります。
蕎麦掻きはお芋の味が強かった。ホクホクしていました。

後からもって来てくれる皿。

季節の焼魚と出巻玉子。玉子の出汁が薄味で美味しいです。
zab9923.jpg

かますの一夜干しアップ。意外とボリュームのあるかますでした。
zab9928.jpg
すんごく美味しいです。

甲州麹みそ汁、茄子と茗荷
zab9935.jpg
赤出汁ですが、しょっぱ過ぎず物凄く美味しい。
茗荷がシャキシャキしていて堪りませ~ん♪

ご飯も炊きたてを持って来てくれます。
zab9937.jpg

季節の炊き込みごはん。鯛飯。
zab9943.jpg
んん???2月の時も鯛飯で、今回も鯛飯。
何だかいつでも鯛飯のような気がします・・・(^^;)
でも絶品鯛飯なので、まあいいっか。

鯛は骨抜きしてあるので、そのまま食べられます。
余りにも美味しいので、全部食べてしまいました。
さすがにお腹いっぱいで苦しい・・・・。完全に食べ過ぎです。
でも、美味しいのでつい食べてしまいます~。

食事が終わっていないのに(食事開始から25分位)
デザートが運ばれて来ます。
私達は食べるのが遅い。何故なら、私が料理の写真を撮っているから。
それで食事が終わっていないのにデザートが運ばれてくる羽目になるのです(^^;)

デザート。果実とベリーヨーグルト。
zab9945.jpg
メロンとグレープフルーツはどちらも美味しい。
ヨーグルトにベリーソースがたっぷりとかかっていて大満足でした。

全体的に味が薄めで、私達好みでした。新料理長さんの味、好きです。

食後はロビーでコーヒーがいただけます。
zab9955.jpg

坐忘さんのペットの鴨は今回はあまり池で泳いでいなくて、
本館から中庭への出口付近に居ることが多かったです(部屋から見えた)。
そして2日目の朝には朝日の部屋まで登ってきてくれました\(^O^)/。
部屋の窓から撮った、とっても仲の良い鴨カップル。癒される(*^o^*)
zab9891.jpg

売店でシャンプーを買って帰りました。
zab9660.jpg

チェックアウトは11時。
「車を玄関まで持って来ましょうか?」と言ってくれたのでお願いしました。
以前よりサービスが良くなっている印象です。

坐忘さんを出発して、桃を買いに笛吹川フルーツ公園方面に向かいます。
桃を買うのはいつもの向山フルーツファームさん
405-0043 山梨市江曽原1034-1
zab9962_20150829092135dc2.jpg
向山フルーツファームさんの紹介ページは
「富士の国やまなし観光ネット」さんにあります。
→【http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/a-17.html

いつも混んでいる向山フルーツファームさんですが、この日もジャン混み。
駐車場は満車で止められなくて、路上駐車です。
到着すると、すぐに試食させてくれます\(^O^)/
zab9967.jpg

まだお盆前だというのに、出てきたのは川中島白桃!
zab9964.jpg
例年なら、お盆過ぎから登場する桃なのに。
今年は暑かった為でしょうか。早すぎます。

ぶどうも試食させてくれます。物凄く甘かった。
zab9966.jpg

例年なら、ここに大量の桃が並ぶのですが、今年は淋しい。
zab9969_2015082909214140b.jpg

この時期からブドウが主役になってしまうとは・・・。
zab9968_20150829092157551.jpg
川中島白桃を買って帰りました。
向山フルーツファームさんの白桃はこれで終わりなので、
九月半ばの黄金桃までぶどうのみの販売になってしまいそうです。
九月に山梨に行けるかどうか分からないので、
黄金桃の配送を予約して帰りました。

笛吹川温泉 坐忘 感想

良いところ。
◎広々大浴場が超魅力的。
◎温泉は肌スベスベ、温まる。湯温はぬるくて私達好み。
◎料理がとっても美味しい。以前よりパワーアップ。
◎大浴場のバスタオル、フェイスタオル完備は素晴らしい。
◎鍵2つ、作務衣は嬉しい。
◎従業員さんが親切丁寧。前よりも、もっと親切になった。
◎全10室、静かで落ち着いた雰囲気。
◎ワイン充実。
◎早割を使うと意外と安く泊まれる。

いまいちなところ。
△階段があちこちにあり気になる。
△Wi-Fiは部屋でも使えるが弱々しい。
△大浴場に鍵付きロッカーが欲しい。

経営が変わったこともあり、内容がよりパワーアップ。
益々素晴らしい宿になっていました。
離れが出来ると、大浴場の混み具合が気になりますが、
ぬる湯と美味しい食事を求めて、再再訪確実の宿です!!

笛吹川温泉坐忘 終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

笛吹川温泉 坐忘 2015年8月 その2 

2015年8月 笛吹川温泉 坐忘に再訪。FC2ブログ

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/top.html

その2 夕食編。

坐忘さんの夕食は18:00、18:30、19:00と選べます。
私達は18:00にしてもらいました。

時間になると部屋まで迎えに来てくれます。
今回は本館に入ってすぐの部屋、菖蒲(あやめ)だったので近かった。
zab9832.jpg

扉を開けると踏み込み。正面は洗面とトイレ。右が主室。
szab9560.jpg szab9828.jpg

元は宿泊用の部屋だったのでしょうか?・・・洗面もトイレもしっかり。
トイレなんてTOTOのネオレストでした。朝日の部屋より新しい(^^;)
szab9751.jpg szab9754.jpg

食事処の主室は10畳。「朝日」と比べれば狭いとは言え、
十分泊まれそう部屋なので、食事処にしてしまうのは
勿体ない気もします。
zab9670.jpg

隣に広縁もあり、空気清浄機がおいてありました。窓の向こうは竹林。
szab9737.jpg szab9738.jpg

坐忘さん、経営が変わって前の料理長さんは退職。
今は宿のご主人が料理長さんだそうです。
メニューも変わっていました。カラフルで派手~。
zab9671.jpg

絵入りで色々書いてあります。ちょっと文字が読みにくい・・・。
zab9676.jpg

署名は「坐忘主人」。
zab9675.jpg

飲み物メニュー表。ワインは全てまるきワイナリーのものになっていました。
zab9697.jpg

白ワイン。
zab9698.jpg

赤ワイン。
zab9700.jpg

ロゼ、スパークリング、にごりワイン。にごりワインというのは珍しいです。
zab9701.jpg

日本酒、ビールなどなど。日本酒は少ないですね。
zab9703.jpg

ソフトドリンク、ノンアルコール。
zab9705.jpg

折角まるきワイナリーさんのワインが揃っているので
注文しないわけにはいかない。
ボトルは飲めないので、グラスワインを注文。
ラフィーユ樽甲州・グラス840円。辛口のスッキリワイン。すごく美味しい♪
zab9687.jpg

相方はももジュース。450円。ネクターっぽい、甘いジュースでした。
zab9693.jpg

食事が始まってすぐに桶に入った鮎を見せに来てくれました。
「今からこれを焼きます」と言って、さっさと持って行ってしまったので、
写真を撮る暇が無かった・・・。残念。

最初から並んでいる座付白胡麻豆富、海老、示地、山葵、旨だし
szab9677.jpg szab9679.jpg

白胡麻豆富アップ。
プリンプリンのすんごく美味しい豆富。出汁が絶品。
zab9681-1.jpg

程なく運ばれてくる料理。
向付本鮪と剣先いか。氷上造り、蓮芋、山葵卸し、正油ぜりい
zab9712.jpg
黒く四角いのが醤油のゼリー。崩して食べます。
面白~い。こんなの初めてです。
山葵も大根おろしと混ぜた、おろし山葵。これも初めて。
マグロは大トロっぽくて、口の中で溶けます。
剣先いかはネットリ、コリコリ。どれもウマウマ。

テンポ良く料理が運ばれてきます。

煮物椀丸吸い。すっぽん豆富。焼もち、絹さや、針葱
zab9719.jpg
玉子豆富の中にすっぽんが入っていました。
出汁が薄めで上品、とっても美味しい。
焼き餅は固めに焼いてあって、小さいけど食べ応えあり。

ここでしばらく時間が開きました。

八寸 蓮の葉盛り
鱈の子落雁、穴子の押寿司、鴨ロース、枇杷玉子、結び湯葉、
大黒しめじ、銀杏、松葉刺し

瑞々しい蓮の葉に載せてあって、見た目がすごく綺麗\(^O^)/
zab9727.jpg

左が穴子の押し寿司。押し寿司なのでご飯ギッチリ。
その隣・白いのがタラコの落雁。
フワフワのかまぼこの中にたらこが入って居る感じ。
下・玉子の黄身を味噌漬けにしたもので、枇杷に見立てているそうです。
味噌の味は余り感じませんでしたが・・・。ネットリしていて美味しいのは確か。
たらこの落雁に乗っているのが焼き湯葉。
zab9731.jpg

角度を変えてもう一枚。
手前・鴨ロース。甘めのタレの味付けです。ウマウマ。
zab9733.jpg

焼物活鮎の塩焼、蓼酢。先ほどまで泳いでいた鮎が塩焼きに。
zab9742.jpg

鮎アップ。
zab9744.jpg
「炭でじっくり焼いてあるので、頭からシッポまで食べられます」と説明あり。
小さい鮎ですけど、すんごく美味しい。頭からバリバリと頂きました。

お好みで蓼酢。相方は使っていました。つけると甘味が出て美味しいそうです。
zab9749.jpg

ここで赤ワインを注文。
ラフィーユ樽甲州ノアール。グラス840円。
zab9757.jpg
酸味があって、物凄く渋くて、とっても美味しいワインでした。

ここもまた次の料理まで時間が開きます。

進肴国産牛、味噌幽庵焼き。伏見唐辛子、諸味みそ
肉には味噌味がついています。お好みで諸味味噌もつけられます。
zab9764.jpg

肉と同時にミニ七輪登場。肉は軽く炙ってあるのですが、
炭火でお好みの焼き加減に出来ます。細かい心遣いですネ。
私はレアのまま頂きましたが、相方はジュージュー焼いていました。
szab9771.jpg szab9774.jpg

牛肉アップ。肉、柔らか~い。ウマウマです。諸味味噌もうまい。
zab9766.jpg
渋い赤ワインがとっても合いました。
肉を食べたら、一気にお腹が一杯になってきました・・・・。

またまた時間が開きます。

預鉢 冬瓜釜に
鰊(ニシン)素麺、茄子、冬瓜、すだち、葉三ツ葉、振りごま、生姜
冬瓜の器にビックリ。夏らしいですね!
zab9780.jpg

「ニシン」と「素麺」。
zab9782.jpg
写真だと分かりにくいですが、ニシンの下に冬瓜。ニシンの向こう側に茄子。
ニシンは柔らかくてホロホロと口の中で溶けます。甘くなくて美味し~い。

素麺がもの凄く細い。どうやったらこんなに細くできるのだろう?
と疑問に思うくらい超極細麺でした。ツルツル美味しい。
zab9791.jpg

食事、止椀。止椀はなめこ赤出し。
zab9795.jpg
赤出汁はそれほどしょっぱくなく、とても美味しいもの。
なめこが沢山入っていました。

ご飯は武川米(むかわまい)。地元山梨のお米です。固めに炊いてありました。
zab9797.jpg
やっぱりここの武川米は無茶苦茶美味しい♪
ご飯はお代わりが出来ます。が、・・・お腹いっぱいでこれ以上入らない(゜Д゜)
お腹がいっぱいでなければ、もっと食べたかったです。

香の物大根、胡瓜浅漬、奈良漬け。これは二人分です。
zab9799.jpg
預鉢が食べ終わってから出てくる食事。おかずが無い・・・(^^;)
ちょっと困ってしまいました。漬け物だけで武川米を食べました。
キュウリはピリ辛、大根も辛い。

食事と一緒に、暖かいほうじ茶も持って来てくれました。
zab9808.jpg

抹茶、甘味(白玉ぜんざい)、お冷やし(きな粉あいす、桃、ぶどう)。
zab9811.jpg
桃はリンゴのように固くて、ポリポリ食べました。
ブドウはデラウエアで、とっても甘い。

お冷やしのきな粉あいす
バニラアイスに黄粉がかかっているので信玄餅アイスのようです。
おいし~\(^O^)/
zab9816.jpg

甘味の白玉ぜんざい。ぜんざいがものすご~く甘いです。ちょびっとで大満足。
zab9817.jpg

2時間ほどかけて夕食終了。どれもこれも美味しかったです。
見せ方も素敵で、大満足の夕食でした。
前の料理長さんの夕食も美味しかったですが、
よりいっそう美味しくなった気がします。

一つだけ不満が・・・・。
前回も書きましたが、食事処にお水やお茶が置いてあれば完璧。
もちろんお願いすれば持って来てくれるのでしょうけど、
食事処に置いてあれば、自分で注ぐので手間が省けるんですが・・・。

部屋に帰ると布団が敷いてありました。
zab9833.jpg
敷き布団が西川のもので、凄く寝心地が良かった\(^O^)/
夜中に一回も目が覚めませんでした。この敷き布団欲しいっ。

その3 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ