桔梗屋一宮店

2015年2月 桔梗屋一宮店さんに行ってきました。FC2ブログ

私達は普段、坐忘さんの帰りは中央高速の勝沼インターを利用します。
今回はちょっと遠回りになるのですが、一宮御坂インターを利用しました。

何故なら・・・・、
桔梗屋さんの一宮店に寄りたかったから(^^;)。

以前から気になっていたのですが、
中々行けなかったお店に初訪問です。

桔梗屋一宮店 
〒405-0077  笛吹市一宮町坪井1928
TEL 0553-47-3708 営業時間 9:00-18:00

桔梗屋さんのホームページは→【http://www.kikyouya.co.jp/

一宮店というのは単なる販売店だと思って行ったら、なんと工場でした。
広い敷地で、駐車場も沢山ありました。
zbo5130.jpg

工場の両側にお店がありました。コンビニもあるのです。上の写真がそれ。
zbo5131.jpg

左がアウトレット、右が正規店。
zbo5132.jpg

工場見学なんかも出来るようですね。
朝に来れば信玄餅詰め放題なんかも出来るようです。
ホンマにお菓子のテーマパークや~。
zbo5133.jpg
レストラン・イタリアントマトクラブや、美術館もありますから、
へたすると一日中いられそうです。

まずはアウトレットのほうから。グリーンアウトレット店。
zbo5149.jpg

その名の通り、野菜も売っていますが・・・・、
zbo5141.jpg

山梨県のお米・武川米なんかも売っています。
zbo5139.jpg

お酒も売っています。
zbo5145.jpg

ワインが一升瓶に入って売られているのにはビックリ。
zbo5147.jpg

もちろん信玄餅アイスも売っています\(^O^)/。
zbo5134.jpg
信玄餅クレープも当然あり。

プレミアム信玄餅アイスもありますっ!
zbo5135.jpg

そして、そして、お店の一角にはなんと桔梗信玄ソフトの看板が・・・!
zbo5140.jpg

券売機で390円払って、券を従業員さんに渡すと、
その場で信玄ソフトを作ってくれます。
目の前で出来上がる信玄ソフトに大興奮(笑)
zbo5143.jpg
アイスも美味しいですが、ソフトクリームもまた激ウマ♪
お餅も3個ついているので、しっかり信玄餅パーツ勢揃いです。
この日は少々寒かったのでイマイチでしたが、暑い日は無茶苦茶美味しそうです。

隣の工場アウトレット店にも寄ってみました。
こちらは製品があちこちで山積み状態。
もちろん元祖・信玄餅も山積み。安いですよ。5個入り830円が410円!
zbo5155.jpg

バウムクーヘンもアウトレット価格。
zbo5160.jpg

信玄揚げパンも大量陳列。
zbo5152.jpg

アウトレット価格だっ。
zbo5151-1.jpg

これちょっと面白そうなので買ってみました。見たところ揚げパンですね。
zbo5216.jpg

中にはお餅と黒蜜が入っていましたが・・・、
やっぱり普通の揚げパンでした(笑)。
zbo5218.jpg

アウトレット店には(写真を撮っていませんが)、
これ以外にも沢山商品が山積みになっています。
色々な商品は見ているだけでも楽しいです。

正規店「花菓亭 一宮店」に行ってみると、
こちらは正規品が山積み。もちろん信玄プリンも売っていますし、
zbo5166.jpg

zbo5167.jpg

見たこともない、信玄餅生ロールとか、
zbo5163.jpg

これ美味しそうですよね♪
zbo5164.jpg

キャラメルなんかも売っていて、楽しいのなんのって。
zbo5173.jpg

信玄餅もプレミアムなんていうのがあるのですね。
zbo5176.jpg

普通のとどこが違うのか気になりましたが、
プレミアムは小さい包装がないので買わずに帰ってきました。
zbo5174.jpg

見ているとどれもこれも欲しくなってしまうので、衝動を抑えるのに必死。
桔梗屋一宮店さんは、甘いもの好きにとっては天国の様な店でした(笑)。
いや~、面白かった~。
保冷バッグを持って行って、いろいろ買いたいですね。
ここも再訪必至のお店ですっ(笑)

一宮御坂インターはここからすぐの至近距離。
便利な場所にあるのですね。
スポンサーサイト

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

別邸坐忘 2016年2月 その5 朝食編

2016年2月 笛吹川温泉 別邸 坐忘に宿泊してきました。FC2ブログ

笛吹川温泉 別邸 坐忘
〒404-0047 山梨県甲州市塩山三日市場2512 
[TEL] 0553-32-0015  [FAX] 0553-32-0012 
[チェックイン] 14:00 [チェックアウト] 12:00

<プラン>
別邸オープン記念 【茶料理】と露天風呂付き和洋室を特別価格で。
好評につき3/18まで延長!


◆禁煙◆別邸和洋室【露天風呂付客室/和室12畳+ツインR】 : 2名1室, 3名1室
@32,800円


その5 朝食編。

朝食は8時9時をチェックイン時に選びます。
私達は8時を選んでいたのに、何故か8時半と勘違いして、
8時前まで大浴場に浸かっていました。
8時になってようやく勘違いに気付いて、
8時10分頃食事処「まる喜」に慌てて行きました。
もちろん皆さん揃って食べていて、一番最後の到着でした(汗)。
zbo5085.jpg zbo5087.jpg

入り口を入ると窓際の廊下を奥に案内されて、奥の部屋に。
zbo5070.jpg zbo5013.jpg

後ろには生け花。食後は襖が開いていて、昨日の夜の席が見えました。
zbo5069.jpg zbo5067.jpg
朝食は本館も別邸も全員「まる喜」でとるので、
スケジュールがびっちり。急いで食べなくてはっ。

席に着くとすぐにお茶とおしぼりが運ばれてきます。
その後、サラダが来ました。朝食はお品書き無し。
zbo5014.jpg

ドレッシングは3種類。シーザー、胡麻醤油、タルタルソースです。
zbo5018.jpg
タルタルソースはピクルスの味が濃くて美味しかったです。

一気に運ばれてくる朝食のおかず。
zbo5023.jpg

セリと油揚げの煮物。
zbo5027.jpg

大根、肉もろみそ。大根は薄味でトロトロに柔らかかった。
zbo5029.jpg

鮭、卵焼き。鮭は甘塩。
zbo5037.jpg

味噌汁。ごぼう、ねぎ、厚揚げでした。
zbo5039.jpg

漬け物、海苔2枚。
zbo5044.jpg
昨日の夕食時もそうでしたが、漬け物がとっても美味しい。

選べるドリンクサービス。オレンジ、リンゴ、ブドウ、牛乳のうちから1つ。
私はリンゴジュース、相方はブドウジュースをもらいました。
zbo5050.jpg
ちっちゃいグラス・・・・。寂しい。

土鍋が運ばれてきます。
zbo5051.jpg

この印は・・・・、
zbo5056.jpg

もちろん鯛飯!。坐忘さん名物ですね。
zbo5062.jpg
鯛も武川米もウマウマ♪。お焦げが猛烈に美味しい。
こんな土鍋一杯のご飯は食べられない、と思っていましたが、
完食してしまいました(笑)。

デザートはフルーツ。キウイ、オレンジ、リンゴ、バナナ、メロン。
zbo5066.jpg
キウイは酸っぱかった。どれも美味しいです。
種類が多くて何だか楽しかった~。

朝食は品数が少なめですね。一汁三菜というやつです。
でも鯛飯がたっぷり来るのでお腹は一杯になりました。

朝食後はラウンジでコーヒーが貰えます。
食後にラウンジに行ってみると、満員御礼!・・・(゜Д゜)
椅子はもちろん全部塞がっていて、順番待ちで立って待っている始末。
仕方なく列に並んでいたら、従業員さんが「上でも飲めますよ」
教えてくれたので、さっさとライブラリーに行きました。

ライブラリーはガラガラ。一人だけソファーで読書中なだけで静かなものです。
zbo5074.jpg

ワインは飲めませんが、コーヒーは飲み放題。
zbo5076.jpg
ラウンジだと1杯しかもらえませんが、こちらだとお代わりが出来てお得です♪。

明るいライブラリーでのんびりコーヒーが飲めて大満足です。
この写真に写っている男性は、私達が来る前から居て、
私達が帰る時も一心不乱に本を読んでいました。
zbo5081.jpg

ラウンジの下駄箱横から見た別邸の全景。
zbo5083.jpg

別邸離れはチェックアウトは12時なので、食後もノンビリ。
部屋風呂を堪能。幸せ~♪
14時チェックイン、12時チェックアウトはさすがに長くて満喫できます。

チェックアウトでフロントに行くと、「お車を玄関までお持ちしましょうか?」
と聞かれます。駐車場はそれほど遠くないので、今回はお断りしました。
フロントの椅子に座っていると、従業員さんが次々出てきて、
皆さん「お車をお持ちしましょうか?」と聞いてきます(笑)
合計3回聞かれました。皆さん本当に親切ですね!

会計も終わり、駐車場まで荷物を持ってくれたのですが、
5,6人も従業員さんがぞろぞろとついてきてくれて見送ってくれました。
駐車場を出て、笛吹川の橋を渡るまで見送ってくれました。
気持ちの良い従業員さんばかりでしたね \(^O^)/

坐忘さんをチェックアウトした後、笛吹川フルーツパークの下にある、
いちごランドさんにイチゴ狩りのために行きました。
この駐車場脇の事務所でお金を払います。@1,800円
zbo5105.jpg

私達は予約していったのですが、当日の飛び込みは不可との看板が。
zbo5107.jpg

いちごランドさんは、複数のイチゴ農家さんの集合体。
それぞれが別経営です。だから予約もそれぞれのイチゴ農家さんにします。
zbo5108.jpg

私達が予約したのは、いちかわベリーハウスさん。一番道路側でした。
zbo5114.jpg
この日はかなり気温が低く、寒いイチゴ狩りになりました。

中で受け付け。荷物は置いてイチゴ狩りをします。一応40分食べ放題です。
zbo5116.jpg

広いハウス。中は暖かく、ミツバチが飛んでいます。
イチゴの摘み取り方を教わって、いざイチゴ狩り。
zbo5119.jpg

品種は「おいcベリー」と「あきひめ」。
zbo5125.jpg
「おいcベリー」は甘くて酸っぱさがほとんどなかったです。
「あきひめ」はすっぱみがあり、バランスが良いですね。
50個くらいは食べたでしょうか?。イチゴでお腹いっぱい。
やっぱりイチゴ狩りのイチゴは美味しいです。

笛吹川温泉 別邸 坐忘の感想。

良いところ。
◎広い大浴場。かすかに硫黄臭のするぬる湯が最高。
◎従業員さんがものすごく親切。気配りも凄い。
◎行く度に変化している。ドンドン進化していて再訪が楽しみ。
◎本館ライブラリーはワインの試飲も出来て超素敵空間。
◎食事は美味しい。
◎茶懐石(茶料理)は珍しい内容で新鮮。
◎別邸離れは広くて設備充実。アメニティ充実。
◎別邸離れの部屋付き露天風呂は広くて2人で入れる。
◎隣の部屋の音は全く聞こえず、静寂の滞在。
◎Wi-Fiが通じる。
◎鍵は2つ。
◎大浴場のタオル完備は嬉しい。

いまいちなところ。
△別邸離れは主室で展望ほぼゼロ。圧迫感あり。
△別邸離れの道は砂利なので歩きにくい。音もうるさい。
△別邸離れの部屋付き露天風呂は加温する時沸かし湯を使う。
△食事処はテーブルの後ろを従業員さんが通ってせわしない。
△食事処が距離あり。足の悪い方には気の毒。
△別邸離れでWi-Fiが使えるのに、パスワードの記載が無い。
△別邸離れは表を歩くので、天候不順の時不便そう。

別邸離れは広くて、アメニティの充実ぶりは目を見張るものがあります。
高級旅館らしい上質の雰囲気を味わえました。
しかし、主室から景色が望めないのと、表の音が響くのが欠点。
評価が分かれそうです。
食事は満足ですが、なにせ値段が高いので、コスパは微妙ですね。

次回は本館2階か、本館離れを狙います(再訪する気満々)。

笛吹川温泉 別邸 坐忘 終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

別邸坐忘 2016年2月 その4 夕食編

2016年2月 笛吹川温泉 別邸坐忘に行ってきました。FC2ブログ

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/

その4 夕食編。

別邸離れの夕食は18:30と決められています。
時間になると従業員さんが迎えに来てくれます。
夕食が全部屋同じ時間なので、一斉に表に出て、ぞろぞろ食事処に行く風景は
非常に面白いものでした。

歩いて古民家「懐石まる喜」に行きます。
zbo4941.jpg

中に入ると、まずはカウンターの席の場所に導かれます。
げっ、カウンターだったらどうしよう・・・、緊張するなあ・・・、
と思っていたら、隣の座敷に案内されてホッとしました。
zbo4783.jpg

掘りごたつ形式の座敷でした。一つの仕切りに2組。
足下は床暖房でポカポカ~。
zbo4785.jpg

私達は壁側でした。隣の席のカップルは温和しい方々で、静かに食べられました。
zbo4784.jpg

まずはお茶。ドリンクメニュー表。
zbo4797.jpg zbo4807.jpg
茶料理は最初にお茶が出てくるのですね。

ドリンクメニューはちょっと見難いので、クリックすれば大きくなります。

ビール、ノンアルコール、焼酎、ウイスキーなど。
zbom4787.jpg

日本酒(冷酒)、お燗酒。あっ、獺祭がある・・・。
zbom4806.jpg

白ワイン(まるき葡萄酒)。
zbom4788.jpg

赤ワイン(まるき葡萄酒)。
zbom4805.jpg

ソフトドリンク。
zbom4793-1.jpg

スパークリングワイン、ロゼ、にごりワイン。
zbom4792.jpg

赤ワイン。まるきワインでないワインも揃えてありました。
zbom4795-1.jpg

白ワイン。色々ありますね。サッパリ分かりませんが(^^;)
zbom4794.jpg

シャンパン。ドン ペリニョンがあってビックリ。値段も凄いです・・・。
zbom4796.jpg
お酒は色々揃っていて楽しい。お酒好きなら楽しめそうです。

ボトルワインは飲みきれないのでグラスで貰いました。
いろ グラン甲州(白)グラス700円。相方は桃ジュース200ml 540円。
zbo4811.jpg zbo4813.jpg
とってもスッキリとしたワインで、飲みやすかったです。
桃ジュースはネクターみたいな感じでした。

お品書き。茶料理(茶懐石)です。
zbo4816.jpg
本格的な茶料理は作法にうるさいようですが、
ここでは気軽な茶料理を楽しめるようです。

まずはご主人(料理長)の挨拶がありました。
ひとテーブルごとに挨拶していました。
いかにも「料理長さん」という感じの渋い二枚目のご主人でした。

一汁三菜。飯、汁、向付。
zbo4821.jpg zbo4822.jpg

飯・武川米。一口ご飯。炊きたてのご飯だそうです。
zbo4824.jpg
最初にご飯が出てくるのですね・・・(゜Д゜)。
非常に美味しい武川米。水分の多いベシャベシャな状態なのは
茶懐石の特徴なんでしょうか?・・・。

汁・白味噌仕立て、丁字麩、田芹(たぜり)
zbo4827.jpg
なんかぬるかった・・・。こんなものなのでしょうか?
ご飯に味噌汁と、普通なら最後に出てくる料理が最初に出てくるのですね。
茶料理って面白いです。

向付てっぱい。烏賊、赤蒟蒻、葱、白筍、芥子酢味噌。
zbo4833.jpg
「てっぱい」というのはネギを使った料理のことだそうです。
一番上に柚の皮を揚げたものが乗っていて凄いアクセントになっています。
芥子酢味噌が辛くて美味しかった。てっぱいは思ったより量が多くて食べ応えあり。

煮物椀蛤潮仕立て。管牛蒡、早蕨、木の芽。これは熱々です。
zbo4837.jpg zbo4838.jpg

綺麗~!。しかも滅茶苦茶美味しい。
白身魚の真丈(中にハマグリが入っている)がフワッフワッで感動。
zbo4844.jpg

メニューに載っていない品、第一弾。
お造りひらめ、赤貝、岩たけ、すだち。加減醤油。
zbo4846.jpg
加減醤油というのは薄口と濃い口の醤油を混ぜたもの。

ひらめは折りたたんであるので、高さがあります。
ねっとりとしていて、美味しいひらめでした。岩たけはコリコリ。
zbo4849.jpg
お造りには白ワインがとっても合いました。

このへんで既にお腹が一杯になってきました・・・。

焼物鶉山椒焼き。骨ごと食べられます。
zbo4857.jpg
うずらがちょっとダメ・・・、という人には寒ブリの照り焼きも選べます。

うずらの焼きものなんて初めて食べました。
脂が乗っていて、皮はパリパリで、柔らかい鶏肉といった感じでした。
zbo4855.jpg
出てくる前はちょっとビクビクしていましたが、食べたら美味しかった。

山椒も一緒に出てくるのでお好みで。
zbo4861.jpg
うずらなんて小さくて食べるところがないのでは?、と思っていましたが、
案外食べでがありました。鶏を食べているのと変わらなかったです。

預鉢穴子の白煮。丸蕪菁(まるかぶら)、湯葉、菜の花、梅人参
zbo4866.jpg

味濃いです。丸蕪菁に汁が染み込んでいてしょっぱいです。
穴子はトロトロ、フワフワですんごく美味しい。
zbo4868.jpg

赤ワインを注文。まるきさんのラフィーユ セレクト。グラス800円。
zbo4874.jpg
タンニン多いのか、渋いワインでした。美味し~。

次の肉はお品書きに載っていない品目。
立方体のような器(?)で運ばれてきた甲州牛の味噌幽庵焼き
zbo4877.jpg
表面は焼いてありますが、レアの状態なので七輪で焼きます。
お好みで手前の諸味味噌をつけます。ネギは冷たかった。

噛み切れない肉だったので、ずっと噛んでいました。
肉自体はとてもウマウマの肉でした。
zbo4880.jpg

このミニ七輪でお好きな焼き具合に。
zbo4886.jpg
しかし、運ばれてきたミニ七輪、炭の火力が弱く、全然肉が焼けない(泣)。
しばらく様子を見ていましたが、らちが開かないので、
従業員さんに言って交換して貰いました。
新しい炭は火力があり、あっという間に肉が焼けました。

箸洗いのし梅
zbo4890.jpg zbo4892.jpg
全然肉が焼けないうちに箸休めが運ばれてきました。

箸休めにのし梅?と疑問でしたが、本当にのし梅でした(笑)。面白~い。
汁は昆布茶?。ホントユニークです。
zbo4893.jpg

八寸。鰯、卯の花、蕗の薹・白扇揚げ。
zbo4896.jpg

鰯、卯の花。鰯(いわし)は酢で締めてあります。
zbo4900.jpg
鰯はほとんど生。刺身のようです。さっぱりとしていて美味し~。

蕗の薹・白扇揚げ。衣はホロっと、蕗の薹は苦かったです。
zbo4901.jpg

湯斗(ゆとう)。焦がし候
zbo4909.jpg

お焦げのご飯をつかったお茶漬けみたいなものでした。
zbo4912.jpg

お茶漬けというかお粥というか。焦げが凄く香ばしいです。
zbo4920.jpg
これご飯なんでしょうか?。そばの実か、干し飯みたいな感じです。
茶懐石、ホントに面白いです。
この湯斗、とにかく量が多い。食べている内に水分を吸ってドンドン膨らむ・・・。
相方の湯斗が半分位回ってきました(苦しい)。

香の物赤カブ、沢あん、奈良漬け
zbo4916.jpg
たくあんがとっても美味しい。坐忘さんの漬け物は美味しいです。

この辺で開始から2時間越です。お腹いっぱいです。

お薄茶。抹茶です。
zbo4921.jpg

抹茶と一緒に出てくる練り切り。桜あんでした。
zbo4926.jpg

桜あんの断面図。美味しゅうこざいました。
zbo4930.jpg

これで終わりだと思っていたら、まだデザートがありました。

バニラアイス。きなこがまぶってありました。
zbo4931.jpg
この日出てきたスプーンなどの金属類はみんな打ち出しタイプ。
高級感がありました。

ちょっと信玄餅アイスっぽかったです。もちろんウマウマ。
zbo4934.jpg

まだまだ出てきます・・・。フルーツも来ました(゜Д゜)。
zbo4935.jpg

りんごとイチゴでした。美味しかった~。
zbo4939.jpg

デザートの時の飲みもの(お茶やコーヒー)は無しです。

帆立の貝柱の炊き込みご飯が最後に出るのですが、
夜食用に持ち帰りにするかどうかを聞いてくれます。
お腹いっぱいで苦しいので、もちろん持ち帰りにして貰いました。
食事処を出る時に渡してくれます。
zbo4944.jpg

ずっしりと重たい夜食。部屋に帰って開けてみました。
zbo4945.jpg zbo4946.jpg

お稲荷さんが4つもある!。沢庵と奈良漬けも入っていました。
zbo4947.jpg

茶懐石、最初からご飯が出てきたり、八寸が最後のほうだったりと、
順番が面白く、てっぱいや鶉など普段食べたことのない料理が出てきて、
大満足の夕食でした。
お腹もいっぱいになり、ワインももちろん美味しく、幸せな気分で部屋に帰りました。


これが寝室から見える庭の照明。
zbo4970.jpg

そしてこれが夜の10時過ぎに従業員さんが窓の外に貼ってくれた布の覆い。
zbo4972.jpg

夜の別邸離れ。
zbo4958.jpg

夕食後にまた大浴場に行ってしまいました。
zbo4955.jpg
誰もいない大浴場を独り占め。至福の時でした。

その5 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

別邸坐忘 2016年2月 その3 ライブラリー&大浴場編

2016年2月 笛吹川温泉 別邸 坐忘に泊まってきました。FC2ブログ

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/

その3 ライブラリー&大浴場。

本館ラウンジの横に、上に上がる階段があります。
今迄は通行止めだったので、上に何があるのか分かりませんでしたが、
今回この上にライブラリーが出来たとのことで、早速行ってみました。
zbo4737.jpg
ライブラリーの利用時間は14時から24時、7時から11時迄。

絨毯が敷かれていてフカフカの階段を上っていくと・・・、
zbo4655.jpg

正面に下駄箱スペース。
zbo4660.jpg

大量の下駄箱。左にはトイレ。
zbo4668.jpg zbo4669.jpg

踊り場左を向くと、いかにも宴会場っぽい空間が広がっていました。
zbo4664.jpg

そうなんです、ここは元宴会場。団体客の受け入れを中止したので、
宴会場をライブラリーに変身させたのだそうです。
zbo4665.jpg

中に入ると・・・・、
ドヒャ~、広大な空間が広がっていました。
zbo4672.jpg

手前はテーブルと椅子。その向こうとの間にオサレな本棚。
zbo4674.jpg

いろいろな本が置いてあります。本は自由に読めます。
zbo4689.jpg

本棚の上にビクターのオーディオ。ジャズがかかっていました。
zbo4735.jpg

入って左側にはソファ。奥の隅にテーブル。
zbo4677.jpg

テーブルの上には貸し出し用DVDソフトが数本。
zbo4679.jpg
どうせなら、もう少し本数が多いほうがいいですね。

右のほうには畳の廊下のような空間に、やはり本棚。
zbo4676.jpg

奥まで続く空間。元々廊下だったのでしょうね。
zbo4708.jpg

ここに並んでいる本は買うこともできるようでした。
本は毎月ブックショップ(春光堂さん)が入れ替えをしているそうです。
zbo4713.jpg zbo4712.jpg

角には違うタイプの椅子。下を覗くと池が見えます。下に鴨がいました\(^o^)/。
zbo4714.jpg

窓際には低いテーブルとクッション。
zbo4720.jpg

中央には重厚なソファ。ありとあらゆるタイプの座るものがありました。
zbo4725.jpg

そして、そして・・・、
真中にはフリードリンクコーナー。
zbo4690.jpg
ワインの試飲は14時から24時。
コーヒーサービスは14時から18時半、8時から11時です。

コーヒーも飲み放題。
zbo4692.jpg

まるきワインが「試飲」出来ます。何杯でも「試飲」出来ます\(^o^)/。
zbo4694.jpg

巨峰にごり2014。アルコール度数が低くて、ジュースのようでした。
zbo4697.jpg

特価になっていて、1,458円が1,000円(税込)に。売店で売っていました。
zbo4696.jpg

赤ワインと白ワインもありました~。
zbo4704.jpg

この日あったのは、和ごころルージュ(赤)と和ごころブラン(白)。
zbo4705.jpg

少しいただきましたが、どちらも美味しいワインでした。
zbo4703.jpg zbo4702.jpg

ソファの間にはオサレな加湿器もありました。数か所に空気清浄機もありましたよ。
zbo4728.jpg

奥まった空間にはワイン樽のオブジェなんかもあり、
見ているだけで楽しい小物があちこちにあり、時間を忘れて見てしまいました。
zbo4730.jpg
広い空間にさまざまな椅子やソファ。好きな場所で本を読むもよし、
ワインをガブガブ飲むのもよし、の素晴らしいライブラリ。
ここに一日中居られそうな、超・寛ぎの空間でした。

ここは、急遽造ったので、まだ仮の姿らしいです。
これから、どんどん変えていくとおっしゃっていました。
楽しみですね!



大浴場は基本的には変わっていないので、ざっと書きます。
このロビーにあった無料の飲料器は無くなって、お花が飾ってありました。
男女別の大浴場。到着時は左が男性用、右が女性用でした。
zbo4359.jpg zbo4360.jpg
利用時間は14時から24時、5時半から11時。

男性用のほう。こちらは露天に洞くつ風呂があります。
zbo4364.jpg zbo4366.jpg

ありゃ?ロビーから無くなっていた無料飲料器が脱衣場に設置してありました。
麦茶、玄米茶、ほうじ茶、ゆず茶の温と冷がそれぞれあります。
zbo4367.jpg zbo4368.jpg

脱衣場は変わらず。大量の籠と、タオル山積み。
タオルはバスタオルとフェイスタオルの両方あります。
zbo4371.jpg zbo4374.jpg

こちらには大浴場入口前にもタオルがあります。
zbo4375.jpg

扇風機がオサレなダイソンになっていました!。体重計もオサレタイプに。
zbo4378.jpg zbo4372.jpg

洗面台は変わらず。
zbo4379.jpg

男性用なので化粧品はヘアトニック、ヘアリキッド、アフターシェーブローション。
かみそりや歯ブラシ、綿棒なんかも揃っています。
zbo4380.jpg zbo4390.jpg

大浴場は変わらず広々~。源泉がドバドバ出ています。
私のほかに4人入っている時がありましたが、4人くらいでは全然気になりません。
本当に広大で気持ち良いです。坐忘さんの内風呂大好きです。
zbo4397.jpg
内湯は、湯口近くが42.1℃、一番遠いところで41.7℃と少し熱めでした。

サウナあり。サウナ横に水風呂もあります。水風呂20.3℃。
zbo4402.jpg zbo4405.jpg
サウナは14時から23時です。

カランずらり。
zbo4395.jpg

もちろん露天も広大。奥に洞くつ風呂もあります。
zbo4398.jpg
露天は奥が41.2℃、手前が39.8℃とぬる湯好きの私には最適温度。
誰もいない露天にずっと入っていました\(^o^)/。

翌朝は男女交代。右が男性、左が女性です。
zbo4976.jpg zbo4977.jpg

右の大浴場。こちらもタオル山積み。
zbo5000.jpg

洗面台は同じです。ダイソンの扇風機もありました。
zbo4992.jpg zbo5009.jpg

無料飲料器は洗面台の横に置いてありました。
zbo5002.jpg

左右対称な大浴場。
zbo4986.jpg
朝7時頃測ったら、湯口近くが42.1℃、一番遠いところで41.6℃でした。

カラン沢山。
zbo5008.jpg

あ、そう言えば、シャンプー類が変わっていました。
マーガレット・ジョセフィン・ジャパンのシリーズです。
zbo4989.jpg
シェービングフォームとフェイスソープも同じマーガレット・ジョセフィン。
とってもいいものでした。

こちらは少し小さめの露天。小さめといっても広大ですが。
zbo4979.jpg
露天は奥が40.4℃、手前が39.2℃とこれまた私には最適温度でした。

ほのかに硫黄臭のするアルカリ温泉。大好きなお湯です。
この温泉と大浴場がある限り、坐忘さんに通いたいです~。

その4 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

別邸坐忘 2016年2月 その2 部屋編

2016年2月 笛吹川温泉 別邸坐忘に行ってきました。FC2ブログ

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/

その2 部屋編。

部屋編は物凄~く長いです。スミマセン。
写真が多いので、小さくしました。
小さい写真はクリックすると、少し大きくなります。

坐忘さんのウェブページから拝借した「利休茶」の見取り図。
madori_rikyucha.jpg
上が玄関です。

玄関を入ると、まっすぐに伸びる廊下。廊下はL字型に曲がっています。
右が主室、正面は寝室です。
zbo4445.jpg

光る利休茶看板の下に生け花。手前に室内用スリッパ。
zbo4451.jpg

使い捨てスリッパですが、木の廊下が気持ち良く私達は使いませんでした。
表に出る時に使う草履。
zbo4454.jpg zbo4446.jpg

部屋の全てのスイッチは、切ると緑のラインが光るオサレなもの。
zbo4455.jpg

右側を開けると主室。
zbo4456.jpg zbo4457.jpg

主室は12畳。琉球畳が目につきます。右の隅がカーブしていて面白いです。
zbo4458.jpg

新築で非常に綺麗な部屋ですけど、窓が小さく展望はゼロに近いです。
zbo4460.jpg
12畳ですから広いですし、天井も高いのですが、
照明も明るくないので、籠もった感じのする部屋でした。

2方向の窓ですが、右は通路側なので、開けると表から丸見え・・・(゜Д゜)。
左の窓は隣の部屋の壁しか見えないので、景色は良くないです。
どちらも障子を閉めきりでした。
zbo4508.jpg zbo4511.jpg
隣の部屋との間にはお花が飾ってあってびっくり!

天井は梁むき出しタイプ。
zbo5103.jpg

カーブした隅にはお花。ここ専用にスポットライトがあるのですよ。
zbo4468.jpg zbo4473.jpg

低めの椅子セットあり。ちょっと取って付けた感ありです。
椅子の座面は固かった。景色が見られるわけでも無いので、あまり使用せず。
zbo4483.jpg

入り口方向を見た写真。2つある出入り口はどちらも廊下に出られます。
zbo4476.jpg
部屋でWi-Fiが使えます。しかも別邸離れは部屋ごとにWi-Fiがついています。
もちろん部屋ごとにパスワードが違うので、セキュリティも安全。

でも・・・このWi-Fiのパスワードはどこにも書いていないのです。
ロックがかかっているので使えずに、本館ロビーでタブレットを見ていたら、
フロントの女性従業員さんがパスワードを書いた紙を渡してくれました。
部屋のWi-Fiは速度も速く、使い易かったです。
坐忘さん、Wi-Fiのパスワードを書いた紙を部屋に置いてください~。

掛け軸の前にはブックスタンドあり。本も2冊置いてありました。
zbo4639.jpg

隅に照明スタンドと、湯沸かしポット。
zbo4484.jpg

湯沸かしポットはティファール0.8リットル。
ミネラルウォーターは無料。ポットに入れてお湯を沸かしました。
zbo4486.jpg

テレビはシャープの32インチ。十分な大きさなのですが、
部屋が広いのでテレビは小さく感じました。
zbo4497.jpg

テレビ番組表と天気予報のコピー。テレビ番組表は最近では珍しいですね。
テレビの下にDVDプレーヤーあり。暗くて写真に写っていませんが(^^;)。
zbo4495.jpg zbo4496.jpg
DVDのソフトは本館2階のライブラリーに少しあります。

お茶セット。煎茶はパック入り。美味しいお茶でした。
zbo4499.jpg zbo4502.jpg

バレンタインデーにちなんで特別にチョコのサービス。
zbo4503.jpg
小さいチョコですが美味しかった~。
「あけの金時寒天」もありました。これは売店で売っています。

鍵は2つ。大浴場に行くのに至極便利。
zbo4505.jpg

入り口から奥を見た写真。左手前は押し入れ、左奥がクローゼット。
zbo4514.jpg

押し入れには布団。
zbo4518.jpg

奥のクローゼット。扉を開けると照明が自動で点灯します。
羽織は内側にキルティングの暖かいもの。金庫あり。
zbo4523.jpg

浴衣と部屋着と足袋ソックス。浴衣は女性用Mが置いてありましたが、
相方は身長が高いのでLサイズに交換して貰いました。
zbo4526.jpg

部屋着は男女で色違い。部屋着は嬉しいです~。楽チンです。
zbo4740.jpg zbo4741.jpg

廊下の一番奥は寝室。ドアを開けてすぐの左扉は冷蔵庫。
ベッドの枕元ライトは調光機能付きです。
zbo4531.jpg

上段にグラス、下に冷蔵庫。
zbo4537.jpg

冷蔵庫内は有料。自己申告制。
zbo4542.jpg

アサヒスーパードライ500ml・500円、エビアン ピュア500ml・150円、
コカコーラ190ml・300円、サッポロ ウーロン茶200ml・300円と旅館価格です。
zbo4544.jpg zbo4545.jpg

冷蔵庫の横に机と椅子。
zbo4548.jpg

ベッド側から玄関を見た写真。
zbo4560.jpg

ベッドはセミダブルサイズ。快適に寝られました。
zbo4549.jpg

ベッドの間に見慣れないBOSEの機械が・・・・。
何だか分からないので、案内してくれた従業員さんに聞いたら、
ブルートゥースで繋がるオーディオらしいです。
zbo4553.jpg zbo4554.jpg
最先端ですね。
でも、私はブルートゥースで飛ばせる物を持っていないので使用せず。

寝室にシャープの加湿空気清浄機あり。
zbo4551.jpg

寝室の窓を開けると、部屋付き露天風呂が見えます。
zbo4558.jpg zbo4559.jpg
この窓、夜になると庭の照明がモロに入ってきて、かなり眩しい。
私は気になりませんでしたが、相方が眩しくて寝られない、と言う。
相方は夕食後にフロントに電話して、「照明を切れませんか?」と聞いたら
「照明は落とせない」という返事。「あきらめて寝よう」と言っていたら、
夜の10時にもかかわらず従業員さんがすぐに来てくれて、
窓の外にカーテンを貼ってくれました。これでかなり光量が落ちて、
快適に眠ることが出来ました。夜遅くに即座に対応してくれて感動です。
寒い中の作業ありがとうございました。

眩しくて寝られない、なんていう苦情は初めてだったらしいです・・・(汗)

玄関から延びている廊下はL字に曲がっていて、右が主室、
左は洗面所&露天風呂、正面がトイレです。
zbo4564.jpg

トイレの手前にあるスイッチは床暖房。トイレと洗面所が暖かくなります。
この日の夜や翌朝は寒かったので、床暖房は幸せでした。
zbo4567.jpg

トイレはTOTOウォシュレット。フタが自動開閉。
トイレのドアを開けただけで便蓋が持ち上がる敏感設計でした。
zbo4572.jpg zbo4573.jpg

洗面所は左側にシンク、右に棚と部屋付き露天に通じるドア。
zbo4578.jpg

ダブルシンクで使い易いです。
zbo4580.jpg

コップは金属のオサレなもの。歯ブラシ置きもあり万全。
zbo4581.jpg

棚の扉をあけると三段になっていました。
zbo4582.jpg

カゴの中にドライヤー2つ。
zbo4585.jpg

アメニティ、シャンプー類。
zbo4586.jpg

バスタオル、フェイスタオルはそれぞれ1人2枚、計4枚ずつありました。
大浴場にタオル完備ですから、これは部屋で使う専用。快適です。
zbo4588.jpg

宿泊費が高いだけあってアメニティは豪華。
zbo4590.jpg

固形石けんとボディタオル。コスメデコルテ・AQMWの化粧品セット。
zbo4591.jpg zbo4596.jpg
クレンジングミルク、フェイシャルウォッシュ、リペアローション、
リペアエマルジョン、リペアクリーム。

男性用はポールスチュアートのヘアトニック、ヘアジェル、ローション。
シャンプー類はmila schonのシャンプー、コンディショナー、
バス&シャワージェル、ボディローションのセットが2つ。
zbo4593.jpg zbo4600.jpg

ペリカン石けんの固形石けん、袋の中は男性用と女性用で内容が異なり、
男性用は歯ブラシセット、ヘアブラシ、カミソリ、歯間ブラシでした。
zbo4601.jpg zbo4777.jpg
カミソリは切れ味良く、非常に使い易かったです。

女性用は歯ブラシセット、ヘアブラシ、ヘアバンド、コットン、綿棒、
ヘアゴム、クリップ、歯間ブラシの品揃え。
zbo4780.jpg
リバーシブルの巾着袋は持ち帰りOKです。

洗面所のドアを開けると、シャワールーム。
タオル掛けがこのドアの手前に1つあるだけ。タオル干しはありません。
坐忘さん、どうもタオルを賭けるものが少ないのが欠点ですね。
zbo4603.jpg zbo4604.jpg

シャワールームにはシャワーとカランのみ。備え付けのシャンプーは無いので、
アメニティのものを使うようです。私達は大浴場で身体と頭を洗ったので、
このシャワールームは使いませんでした。
zbo4608.jpg
シャワールームは屋内なので、寒くても大丈夫。

シャワールームの左手のドアを開けると、部屋付き露天風呂。
zbo4614.jpg

露天は陶器の円形タイプ。直径140cmと2人で楽々入れる大きさ。
写真にマウスを乗せると寸法表示します。

到着時44.1℃でしたが、17時頃には39.9℃に低下。
夕方は丁度良かったですが、夜にはかなりぬるくなってしまいました。
気温が低かったので、湯温がドンドン下がっていく~。

源泉掛け流し。つねに源泉が流れています。
しかし源泉温度が低いため、ぬるくなると右の蛇口から水道水を沸かしたお湯を
加える方式。夜は湯温が下がったので沸かし湯を投入。悲しい・・・。
zbo4622.jpg
湯船の中に、白い温泉成分が浮いていて幸せでした。
夏なら源泉100%で入れそうですが、気温が低い時の沸かし湯投入が残念。

景色は山。何かを奉っている祠のようなものがありました。
zbo4623.jpg
とりあえずこのデッキから拝んでおきました(^^;)

高い塀に覆われているので、入浴時の景色は塀の上だけです。
でも露天なので開放感は充分にありました。
zbo4631.jpg
とっても気持ちの良い露天で、何回も入ってしまいました!

その3 ライブラリー&大浴場編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

別邸坐忘 2016年2月 その1

2016年2月 笛吹川温泉 別邸 坐忘に行ってきました。FC2ブログ

坐忘さんには去年2回行って、今回は3回目。
行く度に毎回何かが変わっていて、ドンドン進化しています。

坐忘さんは昨年、経営が「まるき葡萄酒」さんに代わり、
去年秋に、駐車場だったところに別邸離れがオープン。
名前も「坐忘」から「別邸 坐忘」に変わりました。
去年は本館離れに泊まったのですが、今回はその別邸離れに泊まってきました。

笛吹川温泉 別邸 坐忘
〒404-0047 山梨県甲州市塩山三日市場2512 
[TEL] 0553-32-0015  [FAX] 0553-32-0012 
[チェックイン] 14:00 [チェックアウト] 12:00

<プラン>
別邸オープン記念 【茶料理】と露天風呂付き和洋室を特別価格で。
好評につき3/18まで延長!


◆禁煙◆別邸和洋室【露天風呂付客室/和室12畳+ツインR】 : 2名1室, 3名1室
@32,800円


た、高~い・・・・。完全に我が家の予算オーバーです・・・。
でも正規料金は@37,800円なんです(゜Д゜)。
正規料金だと、とても泊まれませんね(^^;)。
ところが、期間限定の別邸オープン記念で5,000円引きのキャンペーンをやっていて、
このチャンスを逃すと一生泊まれそうもないので、思い切って予約してしまいました。

坐忘さんのホームページは→【http://www.fuefukigawaonsen.com/

レストラン鳥居平さんを後にして、1時半頃に着いてしまったので、
しばらく写真を撮って時間を潰していました。
ぶらぶらしながら撮った別邸離れの写真。
zbo4329.jpg

1時50分頃にサッサと勝手知ったる入り口を入ると、
従業員さんが慌てて駆け寄ってきてくれました。
zbo4347.jpg
荷物も持ってくれて丁重な扱い。前から親切な宿でしたが、
ますます親切さに磨きがかかっていました。

案内されて館内に入ると、以前はフロントだったところが大変身。
zbo4753.jpg

まるき葡萄酒さんのワインがずらり。
zbo4754.jpg

こちらはオブジェみたいです。
zbo4759.jpg

売店の位置が移動していました。入り口すぐの左側に。
zbo4756.jpg

ワインはもちろん、お菓子や温泉の素も売っていました。
zbo4760.jpg

黒富士農場】のバウムクーヘンなんかもありました。
zbo4767.jpg

ラウンジに案内されてチェックイン。
zbo4774.jpg

お茶とお菓子。
zbo4334.jpg

お菓子は桜餡のお餅。
zbo4339.jpg

桜の味がしっかりとしているウマウマのお餅でした。
zbo4344.jpg

ウェルカムお茶&お菓子で一息ついた後、部屋に案内してくれました。
ラウンジから表に出て、大浴場棟に。ここに看板とお花が新設。
zbo4414.jpg

長い廊下を歩いて、大浴場ラウンジに。
zbo4411.jpg zbo4410.jpg

大浴場ラウンジは黒い壁が出来て、少し変わっていました。
zbo4351.jpg zbo4354.jpg

この椅子とテーブルは変わりませんが、横の喫煙所が無くなり、
別邸への出口が出来ていました。
zbo4353.jpg
出口を誘導するように湾曲した黒い壁が出来ていて、
これがちょいと圧迫感があります。この壁はいらない気がします・・・。

別邸出口は手動の引き戸。多少重たいのと、滑りが悪いせいで、
閉まりきっていないことが多かったです(^^;)。
zbo4417.jpg

出口脇に、昔の喫煙所に置かれていた煙の吸引器がひっそりと置かれていました。
zbo4418.jpg zbo4419.jpg
脇にベンチあり。

出口を出ると別邸への通路が出現。先には下りの階段。
zbo4420.jpg
敷地に高低があるので仕方が無いのでしょうが、階段の多い宿です(^^;)。

表に出るので、雨用に傘が置かれていました。
zbo4421.jpg

他の別邸離れは、右に曲がってジャリ道を歩いて行きます。
zbo4424.jpg
ジャリは趣がありますが、草履で歩くと非常に歩きにくいです。
小石が草履と足の間に入り込んで痛くなるし・・・。
この通路には敷石か、コンクリートの道が欲しいところですネ。

別邸離れまでは少々距離があるので雨の日や雪の日は嫌かも。
この日は快晴で気温も高かったので、気持ち良かったです。
zbo4426.jpg

左側(川側)には庭園が造られていて、休憩所もありました。
別邸離れは全室禁煙なので、表で喫煙です。灰皿が置いてありました。
zbo4427.jpg

別邸離れ棟に到着。1棟には2部屋。
zbo4428.jpg

今回案内された別邸離れの部屋。
zbo4431.jpg

利休茶(りきゅうちゃ)という部屋でした。
zbo4433.jpg

入り口右側に素敵なランプ。その下の木箱は何だろう?と思ったら、
火災報知器でした。無粋な物は隠してあるのですね。
zbo4440.jpg

別邸離れの奥に、食事処「懐石まる喜」がありました。
zbo4435.jpg
古民家を移築したものらしく、風格があります。

別邸離れの概略図。
zbo4648.jpg
食事処「懐石まる喜」一番奥に建っています。朝は宿泊者全員がここで食べます。
本館離れからだとかなり距離がありますね(^^;)。
一番手間に建てたほうがよかったような気がしますが・・・・。

その2 部屋編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ