ホテリ・アアルト 2016年3月 その3 夕食編

2016年3月 ホテリアアルト HOTELLI aalto さんに行ってきました。
再訪、3回目です。FC2ブログ

ホテリアアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

その3 夕食編。

夕食はチェックイン時に食事時間を選びます。
17:30、18:00、18:30と選べたので18時をお願いしました。

アアルトさんの食事はダイニングで。
1階のロビー横のダイニング入り口から入ります。
haalt_6493.jpg haalt_6494.jpg

暖炉に薪がくべられていました。
haalt_6405.jpg

席には料理無し。ドリンクメニューはロビーと同じです。
haalt_6374.jpg
足下が寒かったので、相方はブランケットを借りました。

お品書き。
haalt_6376.jpg

食事時のドリンクも無料ですから、まずはスパークリングワインを注文。
相方も「少しだけください」とワガママを言って、ちょっぴりもらっていました。
haalt_6378.jpg
美味しいスパークリングワインでした。

いつもながら面白いプレート。
haalt_6380.jpg

本日のアミューズが運ばれてきました。
haalt_6383.jpg

白河清流豚トロの炙り。菜の花、酢味噌。ゆず風味でした。美味し~。
haalt_6390.jpg

鮟肝のプチテリーヌ。ポン酢ジュレ、大根おろし。鮟肝、濃厚です!
haalt_6395.jpg

聖護院大根と紅芯大根のシュミゼ。三層になっていて、一番上は葉っぱ。
「三層を一緒にすくって食べてください」と言われました。
haalt_6397.jpg
コンソメ・生クリーム味でやさしい味です。ウメー。大根臭さは全然ないです。

海老のプロヴァンサル。トマト風味。
haalt_6399.jpg
ガーリックが効いていてウマウマです。

サーモンフュメのタルトレット。上に載っているのはクリーム。
haalt_6402.jpg
一口で食べられる大きさ。
クリーム味とチーズ味が効いていて物凄く美味しい。

アミューズの小皿の下には味噌が置かれています。
この味噌が抜群に美味しいのです(^^;)
haalt_6407.jpg
味噌をなめながらお酒を飲むと、いくらでも飲める感じ(笑)

白ワインイル・ラ・フォルジュ・シャルドネをもらいました。
haalt_6409.jpg
スッキリとして凄く美味しい白ワイン。

相方が頼んだウーロン茶。氷が多い(゜Д゜)・・・。
haalt_6418.jpg

会津しぜん村で育む下仁田葱のヴルーテ。スープです。
haalt_6413.jpg
葱を摺り下ろして、出汁と一緒にスープ仕立てに。上は葉を擦ったもの。
トロトロですっごく美味しいスープ。口に入れるとスーっとなくなってしまいます。

パンもついています。フワフワのパン。スープにつけて食べるとウマウマ。
haalt_6416.jpg

旬菜・旬魚のサラード、野菜のピュレをつけて。会津の野菜。
haalt_6423.jpg
葉のソース、根菜のソース、塩が添えられています。
葉のソースは苦く、根菜のソースは酸っぱい。塩がベラボウに美味しい。

旬菜・旬魚のサラードアップ。サラードすなわちサラダですね。
haalt_6430.jpg
野菜が沢山あって楽しい~。どれも美味しい~。

上の野菜をどけると、こんな感じです。カニ、サーモン、ホタテのテリーヌ。
まわりはキャベツで巻いてあります。複雑な味です。味が濃くてウマウマ!
haalt_6436.jpg

海老のヴイヤージュ・サフランの香り
ブイヤベースです。ガーリックトースト付き。
haalt_6439.jpg
運ばれた時に海老の良い香りが漂います。

アップ。生クリームが泡になっています。海老ミソのソースがかかっていました。
haalt_6441.jpg
海老の下に、ロールキャベツがあります。中身は白身魚と海老のムース?
どちらも海老の風味が高く、猛烈に美味しい。

赤ワインパタール・ピノ・ノワール・リザーヴォーク・エイジドを注文。
haalt_6448.jpg
これも相方は少しだけ貰っていました。
フリードリンクだとこういうワガママが言えて良いです。
それほど渋くなく、飲みやすい赤ワインでした。

和牛サーロインのロティ、慶徳玉葱をソースにして
haalt_6452.jpg
玉ねぎのソース、白いのはバーニャカウダ-ソース。下には香りづけの杉の板。
上の長いのはラディッシュ。食べられますが、苦かった・・・(^^;)

ラディッシュをどけてアップ。野菜も添えられていて嬉しいかぎり。
haalt_6459.jpg
すんごく美味しい肉~。端のカリカリが絶品。
ずっと噛んでいました。赤ワインが合う合う。

肉を食べたらお腹いっぱいになってしまいました。
もうここでご馳走様でも良いかも・・・という感じでした。

ホタルイカと春菜のちょこっとパスタ。ホタルイカの香りがプンプンします。
haalt_6463.jpg

パスタアップ。蕗の薹が入っていて苦かった。ホタルイカはとっても美味しい。
haalt_6464.jpg
細いパスタで、シコシコしていてい美味しかった。
それほど量が多くなかったので、お腹いっぱいでも食べられました。

食後はコーヒーか紅茶が選べます。
私達はコーヒー。
haalt_6473.jpg haalt_6475.jpg

鏡石いちごのタルト&クリーム・ダンジュ
haalt_6478.jpg

鏡石いちごのタルト。すごく甘くて、すごく美味しい♪。
haalt_6484.jpg

クリーム・ダンジュ。上にかかっているのはフランボワーズソース。
haalt_6488.jpg
フワフワのクリーム・ダンジュ。フランボワーズソースは酸っぱくて美味しい。

タルトの後ろに隠れているコーヒークリーム。渋いチョコのような感じ。
これも滅茶苦茶ウマウマ~。
haalt_6491.jpg

デザートを持ってきた時に明日の朝食時間を決めます。
1時間半ほどで夕食終了。
いつもながら、どれもこれも美味しい夕食で大満足でした。

夜の9時25分頃に部屋のドア箱に届けられた夜食。
haalt_6496.jpg
この演出、分かっていても楽しいし、ドキドキします~。
玉手箱を配られたような気分です(笑)

青菜、白胡麻、しらす入りのおにぎり。漬け物はゴボウ。
haalt_6498.jpg haalt_6499.jpg

やっぱりおにぎりは美味しかった!
酔っ払ってそれまで寝ていたのに、これはしっかりと食べました(^^;)。
haalt_6501.jpg

その4 朝食編につづく・・。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ホテリ・アアルト 2016年3月 その2 館内編

2016年3月 ホテリアアルトさんに再訪。FC2ブログ

その2 館内編

ホテリアアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

アアルトさん、部屋から出ると硫黄の匂いがして、すっごく幸せなんですよ~。
階段を降りて1階に行くと、
haalt_6250.jpg

浴室入り口前に、飲み物が冷えています。
haalt_6367.jpg

もちろんオールインクルーシブ(all-inclusive)なんで無料ですっ。
haalt_6368.jpg
でも、食事時と夜中は下げられてしまうので要注意。

ヨーグルトは速攻でゲットして確保しておきました。
haalt_6204.jpg

コーヒー牛乳も美味しいのでゲット。
haalt_6316.jpg

浴室は男女別、入れ替え無し。
haalt_6264.jpg

男性用脱衣所。フェイスタオル完備。バスタオルは部屋から持って来ます。
haalt_6351.jpg haalt_6347.jpg

洗面台。アメニティ。
haalt_6348.jpg haalt_6349.jpg

男性用浴場。内湯と露天1つずつ。
haalt_6334.jpg

内湯。3人も入れば一杯。段があるので半身浴可能。
haalt_6338.jpg
夕方は42.1℃、翌朝6時は42.0℃でした。ちょっと熱め・・・。

露天風呂。2人で一杯です。実質1人用ですね。
haalt_6322.jpg
露天は夕方42.3℃、翌朝は41.3℃でした。夕方は熱かった・・・(゜Д゜)
湯の花が浮いていて、ほのかに硫黄臭のする温泉です。
温泉の泉質はかなり良く、温まって、肌スベスベになります。
もちろん源泉掛け流し。暇さえあれば入りに来ました。

男性用風呂は誰もいないことが多く、
多い時で私を含めて最高3人でした。

雪は残っていました。でも、それほど寒くなく、露天が気持ち良かったです。
haalt_6343.jpg

カランは入り口脇に2つ。奥にカラン1つ。
haalt_6345.jpg haalt_6341.jpg

シャンプー類。とっても良いシャンプー類です。洗顔フォームが嬉しい。
haalt_6331.jpg

女性用浴室は写真を撮っていません。
伊織さんが4月にアアルトさんに行かれて、
写真を撮っているのでそちらを参考にしてください。
伊織さんのレポは→【http://opyhttu.blog.fc2.com/blog-category-11.html

風呂上がりにラウンジに行くと、
haalt_6369.jpg

この広いラウンジが満員でしたっ!。夕方にラウンジが満員は初めて。
(↓写真は到着時の平和なころのもの)
haalt_6271.jpg
過去に来た時は、せいぜい2、3組ぐらいでしたが、
連休で満室だったせいでしょうか。大盛況です。
椅子が2つ空いていたので座りましたが、隣もすぐに塞がってしまいました。
相方は風呂に入っていましたが、ラウンジに来ても座る場所はありませんでした。

女性用浴室は、チェックイン時から5時位まで、押すな押すなの満員状態が
続いていたそうです。女性用浴室は脱衣場も狭いので大変そう・・・。
相方は5時過ぎまで待って、浴室に入りに行きました。
5時過ぎは逆に誰もいなくて、快適に入れたそうです。

ビールを貰いました。風呂上がりの生ビール最高。
haalt_6357.jpg
アアルトさんはドリンクフリーですが、おつまみはなし。
ラウンジにいる常連さんらしい人々は、おつまみ持参で寛いでいました。

カウンターにドリンクメニューがあります。
ここに載っているドリンクは全て無料。夕食時も同じです。
haalt_6296.jpg

地ビールは有料みたいです。
haalt_6287.jpg

ドリンクメニューは、クリックで大きくなります。

ビール、ワイン。
haalt_A6290.jpg

福島の地酒、果実酒。
haalt_A6291.jpg

ソフトドリンク。
haalt_A6295.jpg

有料メニューもありました。これは前回と変わったところ。
シャンパーニュ、会津若松の地酒。
haalt_A6292.jpg

白ワインボトル。
haalt_A6293.jpg

アアルト黒板。
haalt_6286.jpg haalt_6285.jpg

裏庭にはまだ雪が。アアルトさんは禁煙なので、煙草は表で吸います。
haalt_6284.jpg

オーディオ・真空管アンプが変わらずありました。
haalt_6282.jpg

オーディオの裏側。
haalt_6298.jpg

カウンター横にはお土産の棚。
haalt_6297.jpg

棚にはいろいろと並んでいました。
haalt_6299.jpg

ル・レクチェのジャム、曲がりねぎ味噌。
haalt_6300.jpg

りんごジャム、桃ジャム。
haalt_6301.jpg
ロビー・ラウンジを見るだけでも楽しく、
いつもうろうろしてしまいます~。

その3 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ホテリ・アアルト 2016年3月 その1

2016年3月 ホテリアアルトさんに再訪してきました。3回目です。FC2ブログ

ホテリ・アアルト│HOTELI aalto 
〒969-2701福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字大府平1073-153 
Tel.0241-23-5100   Fax.0241-23-5101

ホテリアアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

<プラン名>ホテリ・アアルト スタンダードプラン(1泊2食付)
<部屋タイプ>208号室デラックスツインルーム
@33,000(税込み)


3月の連休は仕事の予定が入っていたので、
宿の予約は入れていませんでした。

それが、1週間前に急に休めることになり、
折角の連休だからどこかに行こうか、と探し出しましたが、
行きたい宿は、もちろんどこも空いていません。

やっぱりこの連休はどこにも行けない運命なんだなあ、
と、完全にあきらめました。

あきらめた後も、好奇心で一休.comを眺めていたら、
何と、アアルトさんが空いているではありませんか!
間違いかと思って、アアルトさんの予約ページを見ると
確かに208だけ空きがある。
208だと33,000円か・・・・。う~ん、高いなあ・・・・。
部屋に風呂もついていないのに3万円越・・・・(゜Д゜)

迷いましたが、これも何かの御縁だと思って、
思い切って予約してしまいました(^^;)

208はアアルトさんの2階では一番高いけれど、
アアルトさんは連休でも、平日と値段が変わらないのが嬉しいですね。

行きは、東京駅横の大丸地下で弁当を調達。
相方はたいめいけんさんの「洋食やのまかないライス」980円(税込)。
haalt_6050.jpg haalt_6047.jpg

私は矢澤ミートさんの「ハンバーグ弁当」1,680円(税込)。
今回は人が並んでいなかったので、数分で買えました。
haalt_6055.jpg haalt_6058.jpg

さすがに1週間前だと「トクだ値」枠は少なく、
行きだけ10%OFFが取れただけでした。
12時に東京駅発の新幹線に乗り込んで、
haalt_6062.jpg haalt_6063.jpg

早速弁当を広げます。
相方購入・たいめいけんさんの「洋食やのまかないライス」。
haalt_6065.jpg

ミンチカツ、スパゲッティ、スクランブルエッグの大人様ランチ風。
haalt_6078.jpg

ソースも付いていて、ミンチカツが美味しかったようです。卵はフワトロ。
haalt_6104.jpg

テレビ東京の「出没!アド街ック天国」の東京駅の回に、
アンジャッシュの渡部さんがお勧めしていた矢澤ミートさんの「ハンバーグ弁当」。
箱がデカイ。思わず計ってしまいました。24cm×24cmもありました(^^;)
haalt_6079.jpg

ご飯はガーリックライス。
haalt_6085.jpg

ボリュームのあるハンバーグ。プラスチックのナイフとフォーク付き。
haalt_6089.jpg

ハンバーグを割ると、中からジュワーっと肉汁が出てきます。
中は半生っぽい、フワフワの肉。
さすがのウマウマハンバーグでした。
haalt_6101.jpg
値段も高いですけど、それに見合った内容でした。

郡山駅で新幹線を降りて、磐越西線に乗り換え。
この時すぐに乗り換えないと、磐越西線は座れません。
快速だと30分程度で猪苗代駅に到着。
haalt_6115.jpg haalt_6116.jpg
予約しておけば、猪苗代駅に車がお迎えに来てくれます。
この時は私達を含めて3組6人。20分位でアアルトさんに到着。

築40年の山荘リユース宿。
haalt_6255.jpg

二重扉をくぐって中に入ると、硫黄の匂いがして幸せ度全開。
haalt_6256.jpg haalt_6261.jpg

快適ラウンジでチェックイン。
haalt_6281.jpg

ウェルカムドリンクはリンゴジュース。何故かいつもチョビッと(^^;)
haalt_6119.jpg
ウェルカムドリンクを飲み終わるとすぐに部屋に案内してくれました。

エレベーターを降りて左に曲がり、一番手前の部屋。
haalt_6373.jpg haalt_6126.jpg

今回の部屋208
haalt_6127.jpg haalt_6128.jpg

このエレベーターを挟み込んだ部屋です。
haalt_6309.jpg

ドアを開けると・・・、踏み込みの先に細い廊下とチェア。
haalt_6131.jpg

ドアには夜食が届けられる箱。靴置き場には室内用と館内用のスリッパ。
haalt_6133.jpg

踏み込みの右側はトイレ。ウォシュレットで快適。
haalt_6139.jpg haalt_6142.jpg
さすがに高い部屋、トイレが別でした。やっぱりトイレは別が良いです。

入ると正面に椅子。上のランプシェードが印象的。
haalt_6152.jpg

反対側から見た写真。
haalt_6165.jpg

入り口左側・クローゼットとテレビ。右側はミニバー。
haalt_6166.jpg haalt_6168.jpg

ソファ。ソファも座り心地良く快適。
haalt_6149.jpg

窓際に鎮座ましますデザイナーズチェア。
甘栗さんのレポ】によるとヤコブセンのエッグチェアというものらしいです。
haalt_6162.jpg
甘栗さんのレポは少し前のものですが、今読んでも抜群に面白いですね。
甘栗さんが泊まられた時は、椅子の色が赤でしたが、今回は水色でした。
この椅子、堅めなんですけど座っていて全然疲れない。
ずっと座っていました。さすがですね~。

ミニバー。下に冷蔵庫。
haalt_6155.jpg

カプセルマシーン。コーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶。
haalt_6194.jpg haalt_6198.jpg
オールインクルーシブなので、どれも無料です。

「コパン」さんのお菓子と鍵2つ。鍵2つは嬉しいですね。
haalt_6319.jpg haalt_6191.jpg
クッキーがプレーンサブレとコーヒーサブレの2種類。サクサクで美味しい。

冷蔵庫内はもちろん無料。
haalt_6201.jpg haalt_6202.jpg
裏磐梯百年水、ペリエ、アサヒ・ドライプレミアム、
爽健美茶、桃の恵み。

クローゼット。扉を開けると自動点灯の便利もの。
haalt_6181.jpg

作務衣とパジャマと足袋ソックスと金庫。
haalt_6188.jpg

ミニバーの左は洗面所とシャワールーム。
haalt_6229.jpg haalt_6231.jpg

洗面台はシンプルで使い易い。
haalt_6233.jpg

化粧品とアメニティ。ボディタオルまであるのが嬉しい。
haalt_6235.jpg haalt_6238.jpg

タオルウォーマーと予備のバスタオルあり。
haalt_6239.jpg haalt_6242.jpg

シャワールーム。シャンプー類。全く使用せず。
haalt_6241.jpg haalt_6243.jpg

ミニバーの隣は寝室に繋がる廊下。
haalt_6172.jpg

エレベータ部分を挟むように奥に寝室。窓が3つもあります。
haalt_6207.jpg haalt_6208.jpg

ベッドルーム。ぐっすり寝られました。
haalt_6211.jpg

ベッドサイドテーブルにはランプと時計。
haalt_6214.jpg

ベッドルームにもテレビがあるのです。これは便利ですね。
haalt_6219.jpg

テレビと加湿器とティッシュ箱。
haalt_6218.jpg

窓からの景色。左は道路からのアプローチ、右は駐車場。
haalt_6176.jpg haalt_6177.jpg
駐車場側ですが、かなり景色は良かったです。

部屋のどこに居ても、エレベーターの音は全く聞こえませんでした。
防音はしっかりしてあるようですね。

部屋ではWi-Fiがバッチリと繋がり、快適に通信できます。
ベッドルームと居間が別れているので、ベッドで寝ている人が居ても
居間で電気をつけて色々活動できます。

この208は広くて、使い勝手がかなり良くいので、
連泊するならこの部屋がいいなあ、と思いました。
(実際は高くて、連泊なんて出来ないですけど)

その2 館内編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

箱根 湯宿 然 2016年3月 その4 朝食編

2016年3月 箱根湯宿然さんに宿泊。FC2ブログ

箱根 湯宿 然(ぜん)
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1245-96
TEL / 0460-84-2400《午前10:00~午後8:00》 
FAX / 0460-84-2411


湯宿然さんのホームページは→【http://www.hakone-zen.com/

じゃらんで申し込み

プラン名:<開業記念>花の週末プラン
部屋タイプ:森側 洋室ツイン<すみ・やまぶき>
チェックイン:15:00~17:00
チェックアウト:11:00
@25,000円(税込み・サービス料込み)
(現金のみの支払いです)

じゃらんの湯宿然さんのサイトは→【http://www.jalan.net/yad330702/

その4 朝食編

朝起きたら部屋風呂にドボン。部屋に風呂がついていると、
思いついた時に入れるので、本当に幸せです~。

朝食は8:30と9:00と選べました。私達は8:30にしました。
朝食も窓際のブース。左から2番目でした。
zen5833.jpg

窓からの景色。残念ながら曇りで、富士山は見えませんでした。
zen5845.jpg

朝食はすでにこれだけ用意されていました。温かいものは後から来ます。
zen5835.jpg

鍋は固形燃料で温めます。
zen5838.jpg

手前の練り物はワカメ入りのフワフワなもの。奥は何と卵焼きです。
卵焼きが鍋に入っているとはっ!・・・。面白い~。あとは大根とチンゲン菜。
zen5842.jpg
出汁は濃いです。甘い卵焼きでした。

リンゴジュース。少しですけど、あると嬉しい。
zen5870.jpg

所狭しとカゴの中に並べられるおかず各種。
zen5872.jpg

漬け物。キュウリ、大根。酢っぱいです。
zen5873.jpg

卯の花。黒いのは山クラゲでしょうか?
zen5877.jpg

ゴボウと牛しぐれ煮。
zen5883.jpg

昆布と鶏そぼろの煮物。味が濃いのでご飯が進みます。
zen5889.jpg

ジャガイモの揚げ物?。生のまま揚げてある感じでした。
zen5896.jpg

サラダに鯛の昆布締め(?)。カルパッチョ風です。
赤・黄ピーマン、キュウリ、タマネギ、キャベツ、大根。
zen5899.jpg

後から運ばれてくるサワラの西京焼き。
zen5849.jpg

アップ。メチャメチャ美味しい西京漬けでした~。
zen5853.jpg

味噌汁。あさり、ねぎ。
zen5865.jpg

ご飯はお代わり出来ます。柔らかめに炊いてありました。
zen5855.jpg

ほうじ茶。
zen5860.jpg

食後にデザートを持って来てくれます。
zen5906.jpg

ミカンジュレのプリン。甘味少なめのウマウマのプリン!
zen5910.jpg

朝食はお腹いっぱいで大満足。

食後に1階のラウンジに行ってみたら、無料のコーヒーがありました。
zen5913.jpg

コーヒーのアナウンスは無かった様な気が・・・・。知る人ぞ知る?
zen5914.jpg

チェックアウトは11時なので、食後もノンビリ。
皆さんチェックアウトギリギリまでいたので、
チェックアウト時のラウンジは結構混みました。

帰りは御殿場インターから圏央道経由で。
海老名ジャンクションから圏央道に入ったすぐのサービスエリア、
厚木パーキングエリア(外回り)で休憩。
売店に桔梗屋さん関係を発見。本当に最近はどこでもありますね。
zen5927.jpg

信玄餅クレープやアイスも売っていました。
zen5926.jpg

信玄餅アイスのプレミアムが売っていたので初挑戦。
zen5924.jpg

お餅増量と書いてありました。
zen5930.jpg

蓋を開けると全面お餅!
zen5934.jpg

中には黒蜜が入っていてやっぱりウマウマ。堪能しました。
zen5938.jpg

箱根 湯宿 然さん感想。
良いところ。
◎食事が抜群に美味しい。夕食は他では食べられない料理連発。
◎源泉掛け流しの部屋風呂は温まって、肌スベスベ。
◎従業員さんは親切丁寧で好感度大。
◎部屋は広くて綺麗でオサレ。静か。
◎冷蔵庫内無料は嬉しい。
◎作務衣は嬉しい。食事処も作務衣でOK.。
◎ウェルカムドリンクが種類豊富で選べる。スパークリングワインもある。
◎部屋でWi-Fiが快適に使える。

いまいちなところ。
△大浴場は無い。
△エレベーター無し。
△源泉が高温なので加水が残念。

一旦部屋に入ったら、ほとんど部屋から出ないお籠り宿。
部屋と風呂は超快適です。
そして、夕食の美味しさは特筆ものです。
夕食を食べるだけでも泊まる価値あり。
是非再訪したいですね。

箱根湯宿然 終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

箱根 湯宿 然 2016年3月 その3 夕食編

2016年3月 箱根湯宿然さんに宿泊。FC2ブログ

湯宿然さんのホームページは→【http://www.hakone-zen.com/

その3 夕食編。

然さんの夕食は2階の食事処で18:00から。
入り口から食事ブースが少し覗けます(これは到着時の写真)
zen5550.jpg zen5553.jpg
18時過ぎに行ったらすでにほとんどの客が来ていました。
皆さん早いっすね・・・。

床が寄木細工風。箱根だ~。
zen5734.jpg

通路の両側に格子で区切られたブース。
音は聞こえますが、余り気になりませんでした。
通路を挟んで窓側と壁側に別れています。
zen5807.jpg zen5809.jpg
窓側でないと景色は全く見えず、です。私達は夕食も朝食も窓側でした。
ただ、夜はこの時期、表が真っ暗なので何も見えません。
夜はどちら側でも変わらない気がしました。
夏なら景色が見えて気持ち良いのかも。

テーブルには食前酒しか置かれていませんでした。
zen5657.jpg

仕切り壁は唐草文様。窓際の椅子にブランケットが置いてありました。
zen5735.jpg zen5736.jpg

ドリンクメニュー。ドリンクメニューはクリックで大きくなります。

カクテル・ビールなど。
zen-5658.jpg

焼酎・ソフトドリンクなど。
zen-5659.jpg

日本酒。それほど高くないですね。
zen-5660.jpg

ワイン。種類は少ないですけど、グラスも用意されていて嬉しい。
zen-5661.jpg

私が頼んだ仙鳴卿(せんめいきょう) 無濾過純米1合980円。
zen5667.jpg
少し濁りがあり、不思議な香りのするお酒でした。もちろんウマウマ。

相方はほうじ茶をもらいました。熱々の美味しいほうじ茶。お品書きあり。
zen5671.jpg zen5666.jpg

食前酒アセロラ酒。甘酢っぽくてトッテモ美味しい~。
zen5664.jpg

先付
zen5672.jpg

寿司二種。左・炙り鯖。右・雛寿司
3月と言うことでひな祭りにちなんでいるそうです。
zen5680.jpg
炙り鯖のネギと生姜が滅茶苦茶合っています。お酢が効いていてウマウマ。
雛寿司は蕪で巻いてあります。中には、恵方巻のように沢山具が入っていて
色々な味がします。錦糸卵や、海老のそぼろが入っていました。

アスパラ一口汁。アスパラのすり流しです。温かいです。
zen5679.jpg
優しいコンソメ味で、生クリームが効いていて絶品♪

のっけから絶品料理が出てきて、大興奮。

造り旬三種造り盛り合わせ。沼津港の魚。
zen5682.jpg

造りアップ。左から、ヒラメ、金目鯛、サヨリ。サヨリは旬だそうです。
zen5686.jpg
ヒラメはプリプリ、金目鯛は味濃厚、サヨリはねっとりしていました。
右奥の野菜はセルリー。セロリの香りがする、野菜だそうです。
確かにセロリの香りがしました。
白く巻いてあるのは大根。これ一枚なんですよ。
つまむとベロベローってくっついてきて、驚いてしまいました(笑)

台物新緑しゃぶ仕立。鍋です。
zen5695.jpg zen5698.jpg

グリーンピースをペースト状にしたものに出汁とアオサを合わせたもの。
zen5693.jpg
出汁が美味しい~。全部飲みたかった・・・(^^;)

太刀魚、蛸、打ち葱、岡鹿尾菜(おかひじき)、屈(こごみ)、
スティックセニョール

蛸は炙りタコです。太刀魚は生でも食べられるので、さっとくぐらせて。
zen5700.jpg
太刀魚のしゃぶしゃぶなんて初めてです!。太刀魚、プリプリですっ。
炙りタコは歯ごたえがあります。

八寸。運ばれた時に、余りの豪華さに「うわ~っ」と声をあげてしまいました。
タワーのようにそびえ立つグラスが目立ちます。
zen5703.jpg

黒睦(くろむつ)。肝味噌がけ。脂がのっていてウマウマ。
zen5706.jpg

ヒラメの縁側煮凝り
zen5712.jpg
凄くコクがあって、とっても美味しい~。

左・相州サンド、その手前・馬刀貝(まてがい)香味焼、右奥・蛍烏賊
右端・菜花とノビルの白衣、一番手前・白魚梅花和え。
zen5719.jpg
馬刀貝に添えてあるピーマンが辛い。
白衣(しらあえ)は胡麻が効いていて凄く美味しい。

相州牛サンドイッチ、アップ。山ワサビのクリーム添え。
zen5726.jpg
パンを一つずつ潰して層にしてあるそうです。これで一枚だとか。
牛肉のサンドイッチなんて、贅沢で、ユニークですね。
もちろんベラボウに美味しいです。

蛍烏賊。生姜とホワイトソースのクリーム。生姜のおかげでくどくなかったです。
zen5722.jpg

白魚梅花和え。美味し~。
zen5724.jpg

楚蟹水雲浸し(ずわいがに・もずく浸し)。
zen5729.jpg

すわいがに、アップ。カツオ出汁もウマウマで、メチャメチャ美味しい。
zen5730.jpg

他では食べたことのない料理が物凄く楽しい♪
もう感動しっぱなしでした。

揚物春きゃべつつみれ包み。たらの芽煎り米、桜豆腐、合わせ味噌
zen5737.jpg

揚げ物、アップ。
左・桜豆腐、真ん中・煎り米をまとったタラの芽、
右・イワシのつみれを春キャベツで包んだもの。
zen5745.jpg

揚げ物、断面図。桜豆腐はプニンプニンな感触。
豆腐というより葛で固めた感じです。
zen5748.jpg zen5752.jpg
イワシのつみれはイワシの味濃厚。
春キャベツが油を吸っています。油を食べている感じ・・・(^^;)。
タラの芽は、苦いです。米が固くて、ポリポリの感触。

サラダ仕立初鰹たたき、バーニャソース。酢の物代わりだそうです。
zen5754.jpg

アップ。鰹をクレープの皮で巻いてバーニャソースをかけてあります。
zen5759.jpg

クレープ展開図。ニンニクの味が効いています。
鰹の火が通っている所と、バーニャソースがよく合います。
zen5762.jpg

本当に変わった料理が連発です。どれも一工夫してあって素晴らしい~。

強肴A5ランク相州牛の味わい。ミニトマト、クレソン
zen5765.jpg

器が花びらみたいで面白い~。
斜め45度に傾いた器で、料理を入れるところは水平。
zen5766.jpg zen5768.jpg

相州牛アップ。サーロインを赤ワインのソースで仕上げ。
zen5776.jpg
脂身がしつこくなくて、柔らかくて、物凄く美味しいサーロイン。

食事
zen5779.jpg

桜海老御飯。熱々です。炊きあがりはドンピシャ。おいし~。
ご飯の量は多いです。満腹です。
zen5780.jpg

香の物。キュウリが猛烈に辛い(^^;)。
zen5782.jpg

赤出汁。なめこと水菜。これも熱々で持てないほど。
赤出汁はもちろん美味しいのですが、それよりも感動したのはこの器。
上の方に切れ目があるのが分かるでしょうか?(写真のマウスオンで矢印表示)
この切れ目のおかげで、蓋がお椀にくっつかず、すっと取れるのですっ。
感動~!。こんな器、初めて見ました。


デザート林檎と丸十の春皮包み揚げ。アイス、小豆
zen5791.jpg

デザートアップ!。バニラアイスはサラっとしたもの。春巻きは熱々です。
中にリンゴとサツマイモとカスタードクリーム入り。美味しい。
zen5795.jpg

夜食のお稲荷さん。デザートと一緒に持って来てくれました♪
刻んだガリが入っていました。
zen5801.jpg
お腹いっぱいなのに、部屋に帰ったら食べてしまったのは、
言うまでもありません・・・・(^^;)

どの料理も一工夫も二工夫もしてあって、驚きの料理連発でした。
器も素敵で、物凄く食事が楽しめて、大満足の夕食でした。
料理長・川口俊也さん、ごちそうさまでした。

従業員さんも気配り十分で、お茶のお代わりも何回も聞いてくれましたし、
料理も一つ一つ丁寧に説明してくれました。接客も気持ちいいです。

季節を変えて、また食べに来たいです!

その4 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

箱根 湯宿 然 2016年3月 その2 部屋編

2016年3月 箱根 湯宿 然さんに泊まってきました。FC2ブログ

箱根湯宿然さんのホームページは→【http://www.hakone-zen.com/

その2 部屋編。

森側・洋室ツイン「やまぶき」の部屋です。

ドアを開けると左側にベッドルーム。右は洗面所に通じるドア。
入り口脇に衝立があるのですが、これがなかなか素敵なもの。
zen5339.jpg zen5341.jpg

反対側から見るとこんな感じ。左側の白いドアが洗面所に通じるドアです。
zen5354.jpg zen5414.jpg

洋室ツインは広々としていて、快適でした。全く不満はなかったです。
zen5342.jpg

ベッド足下のほうにソファ。大きくて、寝ころがる事も出来るソファでした。
zen5413.jpg

壁側にテーブルと棚。階段状のデザインが何とも素敵。
ダイニチの加湿器もあり。
zen5349.jpg

このテーブルと椅子も快適でした。然さんは部屋でもWi-Fiがバッチリ繋がります。
zen5357.jpg

拡大鏡付きの鏡。
zen5362.jpg

鏡の下にボールペンが置いてありました。
このボールペン、後ろ側がライトという便利グッズ。
zen5829.jpg zen5830.jpg

鍵は1つ。大浴場もないので、鍵は1つでも問題なし。
zen5365.jpg

オーディオと時計とコーヒー。時計は便利ですね。ポイント高いです。
zen5367.jpg
オーディオはi-podもつなげられます。私のi-podもつながりました。
癒やし系のCDも置いてあるので、BGMにかけていていい感じ。
オーディオも案外良いものだなあ、と再認識しました。

イタリア製・illy イリーのコーヒーマシン。エスプレッソ・カプセルが2個。
zen5372.jpg

お茶はティーバッグが4つ。カネカ北川製茶さんの荒茶・味ざんまい。
ティーバッグにしては美味しいお茶でした。
zen5393.jpg

エスプレッソマシンの下は食器と冷蔵庫。
zen5373.jpg zen5382.jpg

然さんは冷蔵庫内無料。嬉しい♪。何だかとっても得した気分です。
zen5377.jpg zen5378.jpg

なっちゃん350g、ザ・プレミアムモルツ350ml、サントリー烏龍茶340g
各2本ずつありました。富士山美水2ℓも無料。
zen5380.jpg
ウェルカムドリンクのスパークリングワインで
酔っ払ってしまった私はプレミアムモルツが飲めず。残念・・・。

カップ類。コーヒーカップもイリーマーク入りでした。
zen5383.jpg zen5388.jpg

ニトリの電気ケトル。一番下にアースノーマットと非常灯。
zen5386.jpg zen5387.jpg

クローゼット。
zen5510.jpg zen5504.jpg

棚の上部には、
パジャマと羽織。予備のフェイスタオル、バスタオル各2枚。
タオル類は洗面所にも各2枚ずつあるので、1人2枚ずつですね。
zen5512.jpg zen5513.jpg

ストールがかかっています。スリッパあり。
zen5518.jpg zen5516.jpg

ストールの使い方が、パウチされて置いてあります。
zen5646.jpg
ストールにこだわりのある宿なんですね(^^;)。
そういえば、食事処にストールをまとって来た女性客が居て、
格好良かった~。意外とイケるものですね。

作務衣&足袋ソックス&金庫。
zen5519.jpg
作務衣の下の格子状のマットが何に使うか分からず、謎でした。

パジャマ&作務衣。パジャマはガウンタイプ。薄いので使いませんでした。
作務衣は食事処にも着ていけるので、ずっと来ていました。楽チン♪
zen5521.jpg zen5526.jpg

ベッドは寝心地良かったです。ベッドサイドのライトが2つあって便利。
枕元にコンセントが2つずつあって、コンセント充実です。
zen5395.jpg
コンセントはこの他にもあって、充電に困りませんでした\(^O^)/

枕2つとクッション2つ。こんなにいりません(^^;)
枕の長いほうは半分ソバガラ入りでした。
zen5397.jpg

クローゼット側からソファ方面を見た写真。窓際の壁にテレビがついています。
zen5399.jpg zen5406.jpg

テレビは東芝の32インチ。角度が自由に変えられるので、すごく見やすかったです。
zen5410.jpg

窓からの景色。森側なので森しか見えません。でもこの日は雨だったので、
富士山側に泊まっても富士山は見えなかったでしょうね。
zen5541.jpg zen5546.jpg
森が見えれば充分です。全く景色に不満無し。

入り口脇のドアを開けると、洗面所からシャワールームに繋がります。
zen5415.jpg zen5416.jpg

洗面所とトイレが一緒のタイプでした。TOTOのウォシュレット。蓋は手動。
zen5427.jpg
出来ればトイレは別のほうが良かったですが、
それほど不自由は感じなかったです。

反対側から見た写真。
zen5428.jpg

フェイスタオル、バスタオルがそれぞれ2枚ずつ。
zen5433.jpg

洗面台は石をくりぬいたようなもの。少し大きめのタオル干しあり。
zen5448.jpg zen5656.jpg

下に脱衣カゴ1個。2つほしいところですが、風呂が1人用なのでこれでOKかな?
zen5499.jpg zen5501.jpg

化粧品。女性用はクラシエのALFIE(アルフィー)。
メイクウォッシュ、ミルキーローション、スキンローション。
zen5441.jpg
男性用はクラシエZIOT(ジオット)のヘアトニック、スキンローション。

アメニティ。
ヘアーゴム×1、コットン&綿棒×1、シャワーキャップ×1、
ヘアーブラシ×2、カミソリ×1、ヘアピン×1、
歯ブラシセット×2、ボディウォッシュタオル×2、
リッチフェイシャルマスク×1と必要なものは揃っていました。
zen5446.jpg

リッチフェイシャルマスクとドライヤー1200W。
zen5650.jpg zen5440.jpg

ボディタオルまであるのは嬉しい♪
zen5820.jpg zen5821.jpg

シャワールーム。大浴場は無いのでここで身体と頭を洗いました。
zen5456.jpg

シャンプー類はファインケメティックスのNa Gode Sheaシリーズ。
zen5458.jpg
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。
業務用のようですけど、すごく良かったです。
相方はこのシャンプーをとっても気に入っていました。

部屋付き風呂のドアを開けると・・・、広い風呂場に部屋付き風呂。
zen5464.jpg
窓は下側にガラスが入っているだけで、上は開放ですから半露天ですね。
蓋が3枚に別れて被せてありました。この蓋が重たい、重たい・・・・(^^;)

風呂の脇にはオットマン付きの椅子。
zen5465.jpg
寝室が見えていますが、木のブラインドを閉めれば見えなくなります。

大きくて、物凄く快適な椅子。
お風呂で温まってここに寝転がると気持ち良かった~。
zen5469.jpg

表の景色はやっぱり森。
zen5471.jpg

ガラスが下にはめ込まれていますが、よく分かりませんよね。
zen5472.jpg zen5473.jpg

風呂に入ると湯気で曇って、ガラスがよくわかります。
zen5654.jpg

窓側から見た写真。右が洗面所、左がシャワールームです。
zen5476.jpg

お風呂は128cm×70cm。深さ55cm。マウスオンでサイズ表示します。

互い違いなら2人で入れるかもしれませんが、まあ、1人用でしょうね。
1人なら広々と入れます。身長170cmの私は足が届かない位でした。
到着時、湯温44.1℃と熱かったので、水で薄めて入りました。
物凄く温まる温泉。肌もスベスベになって、とっても良い泉質でした\(^O^)/
何度も入ってしまいました~。

源泉がジャブジャブ出っぱなし。源泉掛け流しです。
風呂に入る度に湯船から温泉が溢れる贅沢さ。
zen5487.jpg zen5826.jpg
湯口は65.9℃でした。源泉は加水して供給されています。
それほど大きくない湯船なので、水を出すとすぐにぬるくなって、
快適温度に出来ました。翌日の朝は湯温が48.8℃と激熱だったので
やっぱり速攻で薄めて入りました。

洗面所に温泉表示あり。強羅温泉。ナトリウムー塩化物泉。
PHは8.7。源泉温度はなんと90.3℃!。
zen5449.jpg
以前は白濁の温泉のようでしたが、現在は強羅温泉に
変更されています。肌に優しくて、何度も入れる温泉でした。

加温、循環、入用剤なし。源泉温度が高いので加水はあり。
zen5450.jpg

その3 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

箱根 湯宿 然 2016年3月 その1

2016年3月 箱根 湯宿 然さんに行ってきました。FC2ブログ

然さんは【ごんたさん】や【遠霞さん】のレポを見ると食事がとても美味しそう。
お二人の追っかけで行ってみたら、食事の美味しさは期待以上。
大ヒット宿になりました!

ごんたさんのレポは→【http://www.geocities.jp/noppogontaonsen/1onsen/58sengokuhara-zen.html

遠霞さんのレポは→【http://togasumionsen.blog.fc2.com/blog-category-8.html

箱根 湯宿 然(ぜん)
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1245-96
TEL / 0460-84-2400《午前10:00~午後8:00》 
FAX / 0460-84-2411


湯宿然さんのホームページは→【http://www.hakone-zen.com/

然さんは全9室。部屋のタイプが色々とあり、
富士山側と森側、それぞれに<和洋室><洋室ツイン>があります。
森側には<洋室ダブル>もあります。

安い部屋で良いので、森側の洋室ツインを狙ったら
正規料金が@31.320円・・・。ちょっと高いですね。
じゃらんを探したら、安いプランを発見♪
今回はじゃらんで予約しました。

プラン名:<開業記念>花の週末プラン
部屋タイプ:森側 洋室ツイン<すみ・やまぶき>
チェックイン:15:00~17:00
チェックアウト:11:00
@25,000円(税込み・サービス料込み)
(現金のみの支払いです)

じゃらんの湯宿然さんのサイトは→【http://www.jalan.net/yad330702/

東名高速御殿場で降りて、アウトレットに。
zen5277-1.jpg

昼食はアウトレット内の沼津・魚がし鮨に。
私達は11時前に行ったのですんなり入れましたが、
出てくる頃には表に行列が出来ていました↓
zen5305-1.jpg

久しぶりに行ったのですが、もはや寿司は回っていなかった。
タッチパネルで注文して、直接渡してくれるシステムに変わっていました。
zen5303.jpg

もちろん一皿ずつ注文できますが、
このポスターを見て、セットを注文しました。
zen5301.jpg

相方が頼んだ近海握り。軍艦は桜海老とシラスと鯵のたたき。
zen5285.jpg
説明はないので、魚の種類は全く分からず・・・。
桜海老好きの相方は満足だったようです。シャリが小さめ。

私が頼んだ富士山握り。軍艦はウニとイクラ。
zen5292.jpg
マグロやハマチは脂が乗っていて美味しかった~。
デカい穴子がウマウマでした。
やっぱりシャリが小さめで、お腹一杯というほどの量は無かったです。

セットの味噌汁はカニでした♪
zen5283.jpg

アウトレットを出て然さんに行ったのですが、少し早すぎた。
時間があったので、箱根神社にお参りに行きました。
zen5313.jpg
私、実は箱根神社、初めてでした。大きい神社なんですね。
雨なのに、参拝客も大勢居ました。

アウトレットを出る頃に雨が降ってきて、この日はこの後ずっと雨でした。

再び然さんに到着。然さん、場所が分かりにくいです。
道路角に一応案内が出ていますが、小さくて見逃しそうなくらいの看板。
ナビがあったので到着できましたが、無いと無理だったかも・・・。
グーグル・ストリートビューで事前学習をお勧めします(笑)
zen5317.jpg
保養所リノベーションの全9室の宿です。

然さんに到着後、雨の中、道路から(富士山側から)
写真を撮っていたら従業員さんに発見されてしまいました(^^;)
どうぞ、お入りください、と言われて車を駐車場に。

道路から急勾配を上がったところに駐車場があります。
駐車場はちょっと狭いです。車が一杯だと、止めるのに苦労しそうです。
zen5557.jpg

玄関は森側から。アプローチはスッキリ。
zen5560.jpg

玄関はシンプル。
zen5570.jpg

玄関入って正面がフロント。これも超シンプル。
zen5573.jpg
一応フロントのようですが、いつも誰もいないし、
実際のチェックイン、チェックアウト作業はラウンジで行うので、
形だけのフロントという感じでした。

フロントのデスクの上に、じゃらんのプレートが飾ってありました。
zen5635.jpg
売れた宿「第3位」というのは、凄いんだか、たいしたことないんだか
判断がつかないですが、関東・甲信越エリア中ですから、相当凄いのでしょう。

フロントの横にラウンジに通じる通路。
zen5574.jpg

居心地の良さそうなラウンジ。
zen5576.jpg

壁側にはお土産が並んでいます。
zen5579.jpg

ストールを売っていました。め、めずらしいですね・・・。
zen5581.jpg

お菓子や文具が並んでいました。
zen5582.jpg

棒らすく(塩)も売っていました。ウェルカムお菓子で出てきたものかな?・・・。
zen5583.jpg

箱根なので、寄せ木細工も売っていました。やっぱり高価で手が出ず・・・。
zen5600.jpg

サッカーにちなんだものでしょうか?いろいろ不思議なものも置いてありました。
zen5615.jpg

車やインテリアの雑誌と、ラウンジで使いそうなブランケットあり。
zen5617.jpg

テラスには座り心地の良さそうな椅子がありましたが、
生憎の雨で座る気はせず。
晴れていれば富士山が見えて気持ち良いのでしょうね。
zen5626.jpg

テレビでも見た特徴的な椅子もしっかりありました。
zen5627.jpg

入り口脇にはバーカウンターもありました。
zen5622.jpg

沢山お酒が並んでいました。夜はバーになるのでしょうか?
zen5577.jpg

ラウンジに案内されて、ソファに座ってチェックインです。
ウェルカムドリンクが選べます。
zen5917.jpg
コーヒー、紅茶、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、
アップルジュース、ウーロン茶、スパークリングワインと種類豊富。

相方はアップルジュース、私は悩んだ末、スパークリングワインを選択。
zen5319.jpg
ウェルカムドリンクにスパークリングワイン!!
何て素敵な宿なんでしょう♪。ワイン、辛口で美味しかった~!
しかし、スパークリングワインは思ったより量が多くて、
酒に弱い私はすっかり酔っ払ってしまいました(情けない)

ウェルカムお菓子の塩ラスク。固いです。カリカリで美味しかったです。
zen5321.jpg

食事会場は「公平を期す」ということでくじ引きです。
トランプのカードのように扇形に出されるので、適当に選択。
「弥生」「睦月」を引きました。この段階ではどのブースか分からず。
zen5322.jpg

ウェルカムドリンク&お菓子の後、部屋に案内してくれました。
階段を上って3階まで。
zen5638.jpg
然さんはエレベーターがありません。
全て階段移動。地下に行く階段もありましたが、閉鎖中。
地下は、今はやっていない貸し切り風呂があるのでしょうか?

3階で右に曲がり、奥に進んで、右側の部屋でした。
zen5333.jpg

絨毯はフカフカなので、ほとんど足音がしません。
zen5336.jpg

森側・やまぶきの部屋でした。
zen5337.jpg

その2 部屋編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ