芽瑠鼓 2017年6月 その2 部屋編

2017年6月 芽瑠鼓@那須に泊まってきました。FC2ブログ

芽瑠鼓さんのホームページは→【http://www.nasuyusainoyado.com/

その2 部屋編

芽瑠鼓さん、部屋は全て2階にあります。
洋室2室、和室5室の計7室。
mrk8009-1.jpg

玄関横の階段を上りきったら、
右に曲がり・・・、
mrk8180.jpg

その先を左に曲がると、
今回の部屋・洋室しゃら。
mrk-8182.jpg mrk-8183.jpg

入口入ると、正面にクローゼット。その右奥は洗面所。
mrk8186.jpg

クローゼット。一番下にあるのは毛布。
mrk8188.jpg
一番上にも棚があり、使い勝手良かったです。
ブラシとリセッシュもありました。

陣羽織。
mrk8191.jpg

カゴの中にバスタオル、フェイスタオル、
足袋ソックス。右に館内着。
mrk8192.jpg

館内着は作務衣タイプ。
胸元にボタンがついているので、
胸元がはだけずに着られます。
mrk8285.jpg
しかし、裾が短い。とくにズボンの裾が短い。
ツンツルテンです(^^;)
この時期はともかく、冬は寒そう。

館内着のサイズ案内。
mrk8195.jpg

左の黒い箱の中には殺虫剤とベープ。
mrk-8197.jpg mrk-8199.jpg

クローゼットの右は洗面所。
mrk8256.jpg

洗面台。年季が入っていますがキレイです。
mrk8260.jpg
しかし、妙に高さが低い・・・。
こんなに低い洗面台は初めてかも。
もう少し高い方が使い易いのですが・・・。

資生堂のフェイスソープと
コイズミの1200Wドライヤー。
mrk8261.jpg

手ふきタオルと歯ブラシセット、
ミキモトのコスメ・トライアルセット。
mrk8263.jpg

洗面所左側はトイレ。温水洗浄便座で快適。
mrk-8267.jpg mrk-8268.jpg

部屋の奥に洋室。想像していたより広かった~。
mrk8203.jpg
二人なら充分のスペースです。全く不満なし。

ベッドは柔らかめ。ぐっすりと眠れました。
mrk8206.jpg

ベッドテーブルに時計あり。これは嬉しい。
mrk8212.jpg
電源コンセントもあって便利です。

下に金庫。鍵をかけるのにコツが必要でした(^^;)
mrk8214.jpg

タオル干しは広くて、幅75cm\(^O^)/
mrk8207.jpg
バスタオルも干せて、使い勝手良し。

机の上に三菱の39インチテレビ。大きいです。
mrk8216.jpg
このテレビ、リモコンで左右に回転します。
そして、DVDも見られる優れもの。

しかし・・・、
夕食の前にテレビをつけたら、
音声はすれど、画像がつきません。
フロントに電話をして、
従業員さんに見に来てもらいました。
が、やっぱり直らず・・・。

「しばらく電源を落としてから、もう一度つけてください」
と言われたので、2~30分してつけたら直っていました。
その後は一度も故障せず・・・。
一体何だったのだろう?
不思議だ・・・。

冷蔵庫は空。
mrk-8217.jpg mrk-8219.jpg

机には冷水、湯沸かしポットはティファール1.2ℓ。
冷水は氷入りで用意されていました。
鏡の前のお皿はアクセサリー入れ。
mrk8223.jpg

ティッシュケースが革製品でオサレ。
mrk8228.jpg

机の引き出しにお皿が入っていました。
mrk8288.jpg
おつまみ用なんでしょうかね?

鍵は1つ。男女別浴室があるので、鍵は2つ欲しかった。
mrk8224.jpg

窓側には椅子。
mrk8240.jpg
一つはロッキングチェア。あまり揺れませんでした(^^;)
どちらも座り心地は良かったです。

テーブルの上にあるのは・・・、
mrk8271.jpg

お茶類とお菓子。
mrk8272.jpg

お菓子は、玉露名人(抹茶入りチョコ)と
那須のラスク屋さんのこげパンだ
mrk8274.jpg
こげパンだはとっても美味しいです~。

緑茶とカフェイン抜きの紅茶のティーバッグ。
mrk8277.jpg
緑茶のティーバッグはそれなりの味でした。
紅茶は美味しい。
カフェインレスの紅茶は珍しいですね。
というか、初めて見ました~。

ベッドの横からバルコニーに出られます。
mrk8243.jpg

小さいバルコニー。床はかなり残念な状態。
mrk8249.jpg

バルコニーからの景色。緑が広がります。
mrk8248.jpg

左下には食事処とテラスが見えました。
mrk8247.jpg

部屋ではWi-Fiがサクサク繋がります。

洋室にはマッサージチェアは無し。
和室だとマッサージチェアがあるようですね。
でもキレイだし、充分な広さがあるので、
快適に過ごすことが出来ました。

その3 風呂編につづく・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

芽瑠鼓 2017年6月 その1 館内編

2017年6月 芽瑠鼓さんに宿泊。FC2ブログ

その1 館内編。

みーしゃさんの追っかけで、
那須の芽瑠鼓さんに泊まってきました。

みーしゃさんのレポは→【http://kadomatsufan.doorblog.jp/archives/49997183.html

みーしゃさんのご主人の次郞さんも
レポを書かれています。
次郞さんのレポは→【http://siraokaya-jiro.blog.so-net.ne.jp/2016-11-14-2

みーしゃさんの追っかけで行った宿ですが、
私が参考にしている他のブロガーさんも
過去に行かれています。

kumaonsenさんのレポは→【http://kumakumaonsen.blog.fc2.com/blog-entry-167.html

ジャスミンさんのレポは→【http://ameblo.jp/fairysugar93/entry-11347196379.html

遠霞さんのレポは→【http://tokasumi-onsen.blog.so-net.ne.jp/2010-12-18

那須高原/那須湯菜の宿 芽瑠鼓[めるこ]
〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本203-86
TEL 0287-76-8011

チェックイン:15:00~
チェックアウト:11:00

<部屋タイプ>洋室(禁煙)お子様の利用不可
<プラン>那須高原の隠れ宿で旬を味わうスタンダードプラン
@16,780円 (税込・サービス料込・入湯税別)

芽瑠鼓さんのホームページは→【http://www.nasuyusainoyado.com/

車で行きました。
東北自動車道で北に向かいます。
佐野サービスエリア下りで休憩。
mrk7959.jpg

レストランでラーメンを食べることに。
mrk7962.jpg

JAF会員だとドリンクバーがサービスに
なるという張り紙を発見。
mrk7976.jpg
私はJAF会員なので、もちろん利用させて頂きました。
こういう告知をしてくれると有り難いです~。

ドリンクバー。ジュース、コーヒーなど。
mrk7973.jpg
スープとアイスはドリンクバーには含まれていません。

青竹手打ち佐野ラーメン(842円)。
mrk7970.jpg
可も無く不可も無く、といった感じ(^^;)。
麺の量は多めで、お腹いっぱい。

那須温泉神社にお参り。
mrk7978.jpg

時間があったので、【南ヶ丘牧場】さんに行ってみました。
mrk7980.jpg
ここは駐車場も入場も無料というのがいいですね。
この日は日曜日だったのでスゴイ人出・・・(゜Д゜)
駐車場も満車で停めるのに苦労しました。

この牧場は、乗馬が出来たり、
乗ロバ(幼児限定)が出来たり、
釣り堀やアーチェリーもあります。
乗馬や「うさんぽ」が大人気でした。

ソフトクリームを売っています\(^O^)/
mrk7981.jpg

券売機で食券を買います。
mrk7983.jpg
この時不思議なことが・・・・。
千円札を入れてボタンを押して、
食券が出てきた後、千円札が戻ってきました。
「??????」
何がどうなったのかわかりませんが、
お金を払っていないことになっているので、
窓口でお金を払いました。
前の人がおつりを取り忘れたか、
機会の故障か・・・・?。
・・・不明です。

プレミアムバニラ(500円)\(^O^)/
mrk7987.jpg
濃厚なソフトで、一口食べた相方が
「チーズ?」とつぶやいたほど。
美味しい~。

南ヶ丘牧場さんには「ペロシキ」という
謎の(笑)食べ物があります。
mrk7989.jpg
ソフトクリームで満足してしまった私は、
ペロシキは食べずじまい。
いったいどんな食べ物なんでしょう?
いつか食べてみたいです。

芽瑠鼓さんは、
南ヶ丘牧場さんから車で数分の近距離。
藤城清治美術館の駐車場の前を曲がり、
砂利道を走って行きます。
mrk8008.jpg
舗装されていない道なので、
道は平らではありません。
高級車だと気を遣いそうですね・・・。
もっとも、道のデコボコは修復されていて、
それほど凹凸は無かったです。

芽瑠鼓さんに到着。宿の前に駐車場あり。
mrk7992.jpg

芽瑠鼓=「めるこ」って読めないですよね(^^;)
mrk7997.jpg

玄関は立派ですけど、経年変化が。
屋根はかなりくたびれていますし、
入り口両側の柱の下側にはキズがあるし・・・(^^;)
mrk8003.jpg
15時迄は入り口は閉まっていて入れません。
10分位前に着いた私達は、表でしばし待ちました。

15時少し前に扉が開き、
中から従業員のお姉さんが迎えに出てきてくれました。

玄関入ると正面にディスプレイ。キレイです。
mrk8028.jpg

玄関の上は吹き抜け。開放感あり。
mrk8031.jpg

左はフロント。
mrk8026.jpg

フロントでチェックイン作業。
mrk8034.jpg
宿のホームページから予約したので、
住所、電話番号は印刷されていました。
確認してサインして終わりです。

フロント前に貸し切り風呂の予約ボードがあります。
mrk8037.jpg

「貸切風呂予約センター」という
ネーミングが微笑ましい(^^;)
mrk8036.jpg
芽瑠鼓さんの風呂は、
18:00~22:30の間だけ貸し切りになります。
1回45分。
それ以外の時間は男女別の浴室。

貸し切りは先着順にとれるので、
良い時間がとりたければ、早めの到着が必須。
私達は一番乗りだったので、どこでも取り放題。
夕食の時間を考慮して、21時からにしました。

宿泊人数が少なければ
2回位とれるかもしれませんが、
この日はほぼ満室のため、
貸し切りは1回きりでした。

右は売店、その奥に個室食事処。
mrk8014.jpg

売店コーナーは小さいけど、
売っているのは粒ぞろい。
mrk8015.jpg

玉露名人、こげパンだ。
mrk8017.jpg
これは部屋菓子です。こげパンだは美味しかったので、
自宅用に買って帰りました。

オリジナル芽瑠鼓箸、
ココファームのぶどうジュース、ぶどう酢、
りんごジュース。
mrk8018.jpg

ロンネフェルト紅茶、栃木の焼酎・とちあかね。
mrk8019.jpg
右側にはうめ酒とゆず酒が売っていました。

奥には個室食事処。
ドアが開いていたので覗いてしまいました。
mrk8025.jpg

フロントには従業員のお姉さん一人しかいません。
よって部屋までの案内はなし。
鍵を渡されて、自力で部屋に行きます。

玄関横の階段を上がって2階に
mrk8131.jpg

2階にずらっと部屋が並びます。
mrk8135.jpg

館内図。洋室2室、和室5室の計7室の宿。
mrk8009.jpg

右側には部屋が並びます。
mrk8139.jpg

廊下の真ん中あたりの左に
こぢんまりとしたラウンジ。
mrk8142.jpg
表のバルコニーで喫煙出来ます。

DVD、本が少し置いてありました。
mrk8143.jpg

女性用に色浴衣があります。無料。自由にとれます。
mrk8149.jpg

色浴衣、帯、アメニティ。
mrk8155.jpg
アメニティはコットン、麺棒、歯ブラシセット、
ヘアーブラシ、カミソリ。
カミソリは部屋にはないので、ここか、
浴場でもらってくる必要があります。

セルフドリンクバー。有料で自己申告制。
mrk8156.jpg
四万温泉の長静館さんと同じシステムですね。

申告用の紙が置いてあります。
mrk8166.jpg
那須地ビール380円、地酒(180ml)460円、
ミニボトルワイン420円、キリン一番絞り280円、
缶酎ハイ、ハイボール180円、
湯けむりサイダー160円、ペットボトル各種150円、
おつまみ各種120円、コーヒー120円、
と良心的価格\(^O^)/。

陽ざしのピルスナー、
湯けむりサイダー、天鷹心、
信濃ワイン、イヅツワインと
他では見られないラインナップ。
mrk8159.jpg
私はどれも飲みませんでしたが、
ビールくらい飲んでおけば良かったかなあ?

コーヒーマシンもあります。
mrk8164.jpg

スナック菓子があるのは珍しい。
有料ですけど、楽しいラインナップでした。
mrk8170.jpg

ゲームもあり、至れり尽くせり。
mrk8172.jpg

その2 部屋編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ホテリアアルト 2017年5月 その6 3日目朝食編

2017年5月 ホテリアアルトさんに連泊。訪問は5回目です。FC2ブログ

ホテリ・アアルト│HOTELI aalto 
裏磐梯の自然に囲まれた源泉かけ流しと高原グルメのホテル
〒969-2701
福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字大府平1073-153
Tel.0241-23-5100 
Fax.0241-23-5101

<部屋>201 @30,000(税込、入湯税込)

ホテリアアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

3日目の朝も7時半を選択。
この日の7時半組は少なかったです。
hare7896.jpg
この朝、何故か7時半を過ぎても食事処が開かず、
しばしラウンジで待機しました。

昨日の夕食と同じ隅っこの席。
hare7852.jpg

連泊の2日目は・・・、
hare7853.jpg

おお~、プレートは昨日とは違いますね~。
hare7854.jpg

暖炉の周りのおばんざい。
hare7899.jpg

おばんざいはいつものラインナップ。
hare03.jpg

全部は食べきれないので、
どれを食べるのかは毎回悩みます。
hare04.jpg

この日は肉じゃが。味が染みていて美味しかった。
hare7864.jpg

プレートが運ばれてきました。
hare7878.jpg

手前左・目玉焼き、
手前右・ポテトのバター焼き、
奥・有機丸大豆de豆富ハンバーグ。
hare7879.jpg
ポテトはバター風味でウマウマ。
目玉焼きはターンオーバー。中はトロ~リ半熟。

サーモンの天火グリル。うま~い。
hare7880.jpg
サーモンは中身が詰まっていて
見た目以上にボリュームがありました。

カブのマリネ。酸っぱくて美味しい~。
hare7885.jpg

青菜のおひたし。ピリ辛がアクセント。
hare7889.jpg

パン・ド・カンパーニュ。サクサクに焼いてあって美味。
hare7891.jpg
カンパーニュはとても美味しかったですけど、
やっぱりフレンチトーストが食べたかった・・・。

連泊してもフレンチトーストにはお目にかかれないとは・・・(泣)
手間のかかるフレンチトーストは、
客数が少ない日でないと、出てこないのかもしれませんね。

ロールキャベツ。甘めの味付け。
hare7894.jpg
外側に焼いたベーコンが巻いてあって美味し~。

連泊して、食べ過ぎ、(私は)飲み過ぎで、
3日目の朝は二人とも食欲が無し。
相方はプレートも残したので、私が食べました。

食後のコーヒー。
hare7903.jpg
何度食べても、アアルトさんの朝食は美味しい。

食事処は改装の際に唯一建て増ししたもの。
hare7909.jpg

美しい造形。
hare7913.jpg

食後は風呂に行きました。
誰もいない風呂を満喫。

アアルトさんのチェックアウトは12時。
送りの車は11時45分頃出ます。
アアルトさんを後にするのは、
とっても名残惜しいです。

20分ほどで磐越西線・猪苗代駅に到着。
車を降りた後、いつもの飴をもらいました♪

普段2両編成の磐越西線は珍しく4両編成。
hare7914.jpg
4両編成だとさすがに座ることが出来ました。

郡山で新幹線に乗り換えて東京駅に。
hare7916.jpg

車内ワゴンの案内を見ると・・・・、
なんととちおとめいちごアイスクリーム
があるではありませんか!
hare7928.jpg

ワゴンが来たので早速購入。やっぱりカチンコチン(^^;)
hare7921.jpg

うま~~い\(^O^)/。いちごがメチャうま。
hare7923.jpg
これはまた食べたいです♪
東北新幹線に乗る楽しみが増えました。

ホテリ・アアルト感想
良いところ
◎食事が抜群に美味しい。連泊でも全く飽きず。
◎接客がすばらしい。不快な思いは全く無し。
◎館内、部屋共々清々しく、快適。
◎温泉が素晴らしい。
◎オールインクルーシブも快適。
◎鍵2つ。
◎Wi-Fiがサクサク繋がる。
◎365日均一料金。GWはお得感あり。

いまいちなところ
△風呂は狭め。
△風呂場のスリッパクリップが、イマイチ使いにくい。

念願のアアルトさん連泊、大堪能しました。
朝から晩までお酒を飲んでばかりの印象(笑)
夢のような3日間でした。
またいつか連泊できるといいなあ・・・。

ホテリ・アアルト 終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ホテリアアルト 2017年5月 その5 2日目夕食編

2017年5月 ホテリアアルトさんに連泊。FC2ブログ

ホテリアアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

その5 2日目夕食編。

2日目の夕食は庭側の一番奥。
hare7722.jpg

セッティング。
hare7724.jpg

お品書き。おお~、昨日と全然違う~。すご~い。
hare7726.jpg

この日はまず白ワイン・シャルドネをもらいました。
相方も白ワインを少しだけもらいました。
白ワインの写真は撮り忘れました(^^;)

前菜。
hare7729.jpg

サーモンフィメのタルトレット
hare7733.jpg
クリーミーでポテトっぽい味。うま~い。

蛤のクルスタッセ・コライユをからめて
hare7734.jpg
蛤がプリプリで美味しい。

しぜん村より届く小蕪のグラマンジェ
hare7739.jpg
下の方は蕪の味が濃い濃い。
イクラが強烈な味です。
 
ホタルイカとうるいの柚子味噌ヴィネグレット
hare7743.jpg
酢漬けでしたが、柑橘系のさわやかな味でした。
とっても美味しい。

稚鮎のマリニエール
hare7747.jpg
稚鮎は酸っぱくて美味しい。

新じゃが芋とスナップエンドウの冷製スープ
hare7750.jpg

冷製スープ。サラッとしたお芋お芋したスープでした。
hare7754.jpg
葱のアクセントが絶妙。

パンはフワフワで猛烈に美味しい。
hare7756.jpg
スープにつけて食べました。
やっぱりスープとパンの相性が抜群。

相方が次に頼んだグレープフルーツジュース
hare7759.jpg

サーモンと鯛のガトー仕立て。おおっ!ごーじゃす♪
hare7761.jpg
ソースは緑がクレソン、白がヨーグルト、赤がトマト、
手前の泡状のものは醤油味ベースのもの。

アップ。多層構造です。
一番下はブリオッシュ、
その上にサーモンと鯛のタルト、
一番上の円盤のような薄い小麦のシート。
hare7767.jpg
小麦のシートはパリパリで面白い。
タルトは複雑な味。濃厚な魚味。
めちゃくちゃ美味しい~。

私が頼んだ赤ワイン・シンコ
hare7776.jpg
今回頼んだ赤ワインの中では一番美味しかった♪

天然真鯛のポアレ・芽甘草をアクセントにして
hare7780.jpg
ソースは緑が芽甘草、茶色がバルサミコ酢。

真鯛アップ。
上に乗っているのは見た目不思議物質でした。
正体はマッシュルーム。飾り包丁してあります。
hare7786.jpg
真鯛はしっかりとした身で、プリプリ感満載。
食べ終わっても鯛の味がずっと口の中に
残っていました。幸せ~。

黒毛和牛テンダーロインのロティー
酵酢と赤ワインのソースをつけて

hare7790.jpg
こしあぶらは天ぷらで出てきました。
天ぷらは珍しいです。

野菜がたっくさん♪。
hare7806.jpg
ホワイトアスパラ、いんげん、(うど?)
南瓜、人参、ミニ玉葱、焼きプチトマト、チーズ、
玉葱、サラダ菜。
こしあぶらの天ぷらが冷めていましたが、サクサクでウマウマ~。

黒毛和牛アップ。
hare7800.jpg
テンダーロイン、すなわちフィレ肉。
脂身が少なくて、物凄く美味しい♪

焼き加減も絶妙\(^O^)/
hare7808.jpg
とっても柔らかくて、味が染み染み。
ずっと噛んでいました。
今迄食べた中で最高級に美味しいフィレ肉でした。

この段階でお腹パンパンです・・・・。
苦しくなってきました。

桜海老とサラダほうれん草の生パスタ
hare7814.jpg
生でも食べられるサラダほうれん草。
とはいえ、少々アクが強かった。

アップ。パスタはモチモチ、濃いめの味でウマウマ。
hare7817.jpg
これ、相方は全部食べられず、
こちらに少し回ってきました(゜Д゜)

アールグレイ香る紅茶のクレーム・ブリュレ
hare7821.jpg
2日目のデザートも一切手抜き無し。
ど迫力のお皿です~。

クレーム・ブリュレ。アクセントにアールグレイ。
hare7824.jpg
刺さっているのはサクサクのメレンゲ。
クリーム・ブリュレは史上最高級に甘~い。
とっても美味しいです。

イチゴと生クリームとアーモンドシュー
hare7825.jpg
アーモンドシューはウマウマ。
アアルトさんはクリームが美味しいのですよね\(^O^)/

今宵もコーヒー。
hare7831.jpg
本日も満腹。ニコニコしながら部屋に帰りました。
連泊でも全然飽きずに食べられました。
この分だと3連泊も可能かも?(笑)

ほぼ満席にもかかわらず、
配膳のペースは絶妙、
ドリンクが空いているとすぐに聞いてくれるし、
お水も何回もつぎ直してくれました。
いつもながら快適に食事が出来ました。

九時過ぎに夜食ボックスに音が・・・。
hare7843.jpg

今日は何かな?
hare7845.jpg

じゃこと菜っ葉のおにぎり。やまごぼうの漬け物。
hare7846.jpg

アップ。なんて美味しいおにぎりなんだ~。
hare7849.jpg
満腹でも食べてしまう、悪魔のおにぎりです~。

その6 3日目朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ホテリアアルト 2017年5月 その4 2日目朝食編

2017年5月 ホテリアアルトさんに連泊。FC2ブログ

ホテリアアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

その4 2日目朝食編。

朝食は、前日の夕食終了時に時間を選びます。
7:30、8:00、8:30、9:00と30分おき。
今回は超早の7時半を選択しました。

7時半に食事処に行ったら、
もう何組か居ました。早っ!
hare7582.jpg

昨日の夕食と同じ席です。
hare7583.jpg

プレートは席に着いた後運ばれてきます。
hare7584-1.jpg

今回のプレート・会津の朝のお福分け。
hare7586-1.jpg
あっ、クロワッサンだ・・・・・。
フレンチトーストでは無かった(泣)。残念。

まずはおばんざいを取りに暖炉の周りに。
朝シャン(朝のシャンパン)とジュース。
hare7587.jpg
牛乳、ウーロン茶もあります。

左側はグラノーラといちごのコンフィチュール。
右はヨーグルトとプリン。
hare7591.jpg

フルーツ。
hare7595.jpg

サラダ。
hare7607.jpg

卵、納豆。
hare7604.jpg

後から追加された漬け物。
hare7640.jpg

地鶏ボール煮。これは初めて。
hare7603.jpg
ボール煮が柔らかくて美味しかった。

会津の味噌汁。具だくさんです。
hare7600.jpg

ご飯のお供。納豆に刻みしょうがとラー油を混ぜると絶品。
hare7597.jpg

ご飯は2種類。こしひかりの白米とお粥。
hare7596.jpg

プレート。
hare7610.jpg

カレイのソテー。上に乗っているのはショウガ。
hare7614.jpg
カレイは柔らかくて、滅茶苦茶美味しい。
ショウガが酸っぱくて、辛くて、よいアクセントに。

ベーコンと野菜のキッシュ。
hare7615.jpg
ベーコンはウマウマ。
キッシュは野菜がたくさん入っています。

レシチン含む健康卵のスクランブル。
hare7617.jpg
とっても美味し卵。
これは意外と量があります。

左・糸よりのマリネ、
中央・ミニトマトとポテトサラダ、右・湯葉。
hare7620.jpg
マリネはすっぱくなく食べやすい。
トマトがすごく美味しい。
湯葉はお馴染みです。一口しかないけど美味。

クロワッサン。
hare7630.jpg
フレンチトーストでなかったのはがっかりでしたが、
クロワッサンはフワフワ・カリカリですんごく美味しい。

朝シャンを頂いて、
hare7637.jpg

ヨーグルトとプリンは外せない。
hare7646.jpg
ヨーグルトは濃密でウマウマ。
いちごのコンフィチュールを乗せたら旨さ倍増。
プリンは猛烈に甘いですけど、猛烈に美味しい。

食後の飲み物はコーヒー、紅茶が選べます。
私達はコーヒー。
hare7647.jpg

朝食はほとんど変化無しですけど、
どれもこれも美味しいので大満足。
お腹も一杯になります。
つい食べ過ぎて、いつも苦しいです(^^;)

中日は一日暇なので諸橋近代美術館に行くことにしました。
チケットはアアルトさんで購入できます。
hare7841.jpg
通常、個人一般950円の観覧料金が
アアルトさんで買うと850円と100円も割引になります。
お得です。

11時頃迄部屋でノンビリしました。

諸橋近代美術館はアアルトさんから歩いて数分。
hare7700.jpg
サルバドール・ダリの常設美術館というのは
アジアで唯一だそうです。
ダリって絵画だけでなく、彫刻も作っていたのですね。

その他、パメーラ・ジューン・クルックの作品も
立体的で面白かった~。

ぶらぶら歩いてアアルトさんに帰ってきて、
hare7690.jpg

部屋に帰ると、
作務衣・部屋着・足袋ソックスやタオルの
新しいものが用意されていました。
hare7708.jpg
冷蔵庫の飲料ももちろん補充されていましたよ。

クッキーも初日とは違うのが1種類用意されていました。
hare7710.jpg
お昼はこのクッキーで済ませました。

アアルトさんのお風呂は、
清掃時間以外は24時間入れるのですが、
この日は3時迄清掃中・・・(泣)

温泉は、沼の畔にある源泉小屋で、
タンクに溜めた温泉を
アアルトさんに送っているそうなのです。

が、なんとポンプが壊れたらしく、
温泉をタンクに溜めることが出来ず、
源泉を直接アアルトさんに送ったみたいです。

高温の源泉を冷ますため、少しずつ湯船に入れたので
3時迄かかってしまった、ということだったようです。

3時に風呂に入れるようになると、連泊組が風呂に殺到。
ちょっと混んでいました(^^;)

風呂上がりはラウンジで生ビール♪
飲んでばかりですね。

とってものんびりとした一日を過ごせました。

その5 2日目夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ