野地温泉ホテル宿泊 その4

2010年10月 野地温泉ホテル宿泊 その4 朝食編 FC2ブログ

【野地温泉ホテル】 
〒960-2157 福島市土湯温泉町字野地1 
TEL 0242-64-3031 FAX 0242-64-3034

野地温泉ホテルのホームページは → 【http://www.nojionsen.com/】 

びゅう 地温泉
部屋 / 風呂なし・トイレ付き和室(定員5名)
食事 / 夕・朝食レストランまたは広間(和食)*食事場所は選べません
設備 / サウナ、部屋にバスタオル、浴衣、シャワー付きトイレ
早めのチェックイン / 14:00 (通常15:00)
ゆっくりチェックアウト / 11:00 (通常10:00)
喫茶チケット(コーヒー)をご用意(おとなのみ)
夕食時にお酒またはジュースまたはウーロン茶一本付き

JR+宿泊コース(東京駅発着)@28,000円 (宿泊のみだと@17,900円)


朝食は七時半からでした。朝食も夕食と同じ大広間でした。
席に着くと固形燃料に火をつけてくれます。どーんと並んでいます。量に圧倒されます。
nj126.jpg

↓なめこおろし
nj128.jpg

↓ふき、山菜、きのこの煮びたし
nj129.jpg

↓いかの刺身
nj130.jpg

↓かまぼこと明太子。明太子は辛い。
nj131.jpg

↓茄子と厚揚げの味噌炒め
nj132.jpg

↓銀だらの西京漬け、昆布の佃煮
nj133.jpg

↓野菜サラダ
nj134.jpg

↓温泉卵
nj135.jpg

↓海苔
nj136.jpg

↓しば漬けと梅干
nj137.jpg

↓味噌汁。わかめ、麩、ねぎ
nj139.jpg

↓朴葉(ほおば)味噌
snj141.jpg snj140.jpg

nj143-1.jpg

↓ごはん
nj142.jpg

おいしかったです。しかし、ほとんどしょっぱいものばかりで
普段薄味の私たちには、ちょっときつかったです。ごはんが進むと言えば、進みますが・・・
量は充分です。ほとんどの人はお腹いっぱいになるのでは。

無料コーヒーチケットをいただいたので、ロビーでコーヒーを頂きました。
とてもおいしいコーヒーでした。ただ、椅子の数が少ない!!
団体さんが、バスを待っていて、ほとんど座るところがなかったです。
nj144.jpg

しばらく待っていたら、ようやく席が空いたのでコーヒーを頂きました。
壁にはコーヒー500円と書いてありました。
nj145.jpg

チェックアウトは地温泉特典で11:00なのですが、
送迎バスが10:30なので、11:00までは居られません。

他の部屋はほとんどチェックアウトしてしまったようです。
部屋でのんびりとしていると、廊下で掃除が始まりました。
どたばたしている音も、結構うるさいのですが、部屋の鍵とドアを何回も開けられました。

レイトチェックアウトの連絡が掃除の係に行っていないのですかねえ・・・・
どうも落ち着かなくて、ゆっくり出来ませんでした。

ほぼ満員のバスで10:30に送ってもらいました。

野地温泉ホテルのホームページは【http://www.nojionsen.com/

野地温泉ホテル感想

◎食事はおいしい。
◎温泉は硫黄好きなら最高の泉質。
◎部屋は古びているがきれい。

△部屋の壁は薄い。
△風呂は3時間ごとの交代で忙しい。
△部屋のお茶はおいしくない。
△夕食時にお茶が出ないのは、忘れられた?

どちらかというと、団体さん中心に受け入れているような感じの宿でした。
女将さんの写真があちこちに飾ってあるような、昭和の臭いプンプンの宿です。

大広間で食べるのが苦にならなければ、お湯と食事は満足な宿ですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ