時の宿すみれ宿泊その3

2011年7月 時の宿 すみれ 宿泊 その3 夕食編 FC2ブログ

いよいよお待ちかね、夕食です。
すみれの夕食は1階の食事処です。完全個室ではありませんが、十分に個室感覚です。

1809.jpg

下の写真のように廊下側はほぼ開放状態。周りの声は良く聞こえます。
1812.jpg

お品書き付き。メニューを見ると「しゃくし」とか「まくら」とかよく分からない単語が書いてあります。
1810.jpg

酒蔵で選んで、お願いした日本酒、純米吟醸「香梅」グラスで1,050円でした。
1822.jpg

酒蔵には日本酒が沢山あり、私は日本酒に全然詳しくないので適当に選びました。とても美味しかったです。
1808.jpg

↓相方は黒いざくろを注文。650円。
1823.jpg

いよいよ料理が運ばれてきました。
すみれの米沢牛懐石2011夏
<ハラミのローストとボロネーゼのタコス>
パブリカとじゃがいもの冷製スープ・コンソメジュレを添えて

1819.jpg

↓パブリカとじゃがいもの二色の冷製スープ・
すね肉からひいたコンソメジュレを添えて、だそうです。
1820.jpg
生クリーム味に、ジュレが口の中で溶けてコンソメスープの味が広がります。美味。

↓ハラミのローストとボロネーゼのタコス
米沢牛の挽肉で作ったボロネーゼのタコス。お好みでサワークリームをつけて。
1821.jpg
ハラミが柔らかくて口の中で溶けます。
ボロネーゼの味(ミートソースみたいな味)が濃いです。美味。

<トウガラシと三種の胡椒のサラダ仕立>
↓トウガラシと書いてあるので唐辛子かと思っていたら、肉の部位でした(笑)
肩の一部、肩胛骨に近い部分の肉だそうです。
ばらした時の形が、唐辛子に似ている事から「トウガラシ」と言われるそうです。
1824.jpg

トウガラシ・アップ!
1825.jpg
ブラック・グリーン・ピンクの胡椒を使ってあります。
キウイ、カイワレ、茗荷、蓼、タマネギも入っています。
肉とキウイと胡椒が絶妙なバランスです。うまうま。
キウイと肉がこんなに相性が良いとは思いませんでした!

<まくらとあさりの牛スープイタリア風> やけに大きいお皿です(笑)
1827.jpg

↓まくらとあさりの牛スープイタリア風アップ!
1828.jpg
「まくら」は前足のすねの部分だそうです。4~5時間ほど煮込んで、
あさり、ドライトマト、ズッキーニ、オリーブと一緒に煮込んで、
アクアパッツア風のスープに仕立ててあります。

すごく良い香りがします!なんだか不思議な料理です。
もちろん見た事も聞いた事もありません。味がしみていてうまうま!肉もとろとろ。

↓一緒に運ばれてきた、バケットとニンニクをきかせたルイーユ(?)
お好みでスープに溶かして食べてくださいとの事。
1826.jpg

<大とろと外ももタタキ・夏の香りのちらし寿司>
外もも肉のタタキと、肩三角というむな肉を使ったちらし寿司。
お好みで海苔に巻いて食べてくださいとのこと。
1830.jpg

一人一人お皿が違います。全ての料理が全部違うお皿出てくるこだわりです。」
1832.jpg

ちらし寿司アップ!
1831.jpg
肉がまぐろの大トロのようです。うまうま。

<お口直しのグラニテ 桃とロゼワイン> シャーベットですね。冷たくて気持ちよいです。
1835.jpg
桃味が強いです。ぺろりと食べてしまいます。
1836.jpg

<すみれ名物 とも三角のすみれ漬け>
内ももと外ももの間の、とも三角を味噌と酒粕と秘伝のタレに5日間漬けた
すみれ名物です。枝豆もうまうま。
1838.jpg

すみれ漬けアップ!運ばれた時はもっとあったのですが、写真を写すのを忘れて食べてしまいました(笑)
1839.jpg
ものすごく柔らかくて美味しいです。お土産購入決定!

<しゃくしの湯引き 紅花と鰹だしで>
↓「しゃくし」というのは肩から腕の上部にかけての肉だそうです。
赤みが強く、歯ごたえのしっかりした肉ということでした。
軽く湯引きして、下に冬瓜、オクラ、じゅんさいを添えて、上から鰹出汁のジュレをかけてあります。
1840.jpg

↓料理アップ!
1841.jpg
肉は薄く切ってあるので、特に歯ごたえを感じる事はなかったです。
かつお出汁のジュレが冷たくて絶妙の味です。冬瓜に味がしみていてウマウマ!

<すみれの冷汁>
干し椎茸のもどし汁に、凍み豆腐、凍みこんにゃく。置賜(おきたま)地方の郷土料理だそうです。
1843.jpg
これも出汁が効いていてものすごく美味しいです。
山菜のえぐみもなく、凍みこんにゃくは噛めば噛むほどおいしさが増します。
1844.jpg

<サーロインのステーキ>
1846.jpg

ステーキ、アップ!お皿まで熱々。
1847.jpg
メインの肉はステーキとしゃぶしゃぶとすき焼きが選べます。私たちはステーキにしました。
塩胡椒の味付けが濃くて、何もつけずに食べても十分美味しいです!
やわらかくて、ジューシーでうまうま!!肉の量も多くて大満足。というより苦しいです。

↓ステーキに付けるわさび、大根おろし、塩。塩はヒマラヤ、イタリア、モンゴルの三種類です。
1842.jpg

↓ステーキソース
1845.jpg

<肩三角といぶり沢庵のお茶漬け>
小さなおにぎり一つ分のお茶漬け。
それとは別に白いご飯も頼めるそうですが、お腹がいっぱいな私たちはご飯を断りました。
1853.jpg

牛骨と和風出汁のスープ。
1854.jpg
三つ葉とししとうが入っています。いぶり沢庵の甘味が出ていておいしいです。
出汁が効いていて、お腹がいっぱいなのに食べてしまいます。

食事処の夕食はここで終わりです。
食後のコーヒーは出なかったので、部屋で飲もうと思い、食事処を出ました。
するとロビーで呼び止められて、ロビーでデザートとコーヒーのサービスがありました!
ピアノ演奏の中、ゆっくりとロビーで寛ぎました。シェフが自らデザートを運んできてくれました。
1856.jpg

<バナナのアイスクリームとフルーツのゼリー寄せ>
1859.jpg

角度を変えてもう一枚。
1861.jpg

甘党には最高のデザート。お腹がいっぱいなのに、ぺろりと食べてしまううまさ。
コーヒーも大変美味しかったです。
1863.jpg

どれもこれもおいしい料理で、全てに肉が使われているのが特徴です。
肉のおいしさはもちろん、出汁や野菜まで本当に美味しい。
ここに宿泊して食事に文句をつける人はいないのでは?と思わせる料理でした。
量も十分で、お腹いっぱいです。むしろ「当分肉を食べたくない」というほどの内容です(笑)

季節で料理の内容が変わるみたいなので、また季節を変えて来たいです。

その4につづく・・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ