ゆの宿 上越館@うのせ温泉 その3

2012年3月 群馬県水上
ゆの宿 上越館@うのせ温泉 その3 FC2ブログ
風呂編

上越館の貸し切り風呂は一階にあります。
部屋が二階、風呂が一階とわかりやすい構成。
フロント横の階段と別に、風呂に降りていく階段があります。
ちなみにエレベーターはありません。バリアフリーとは、ほど遠い宿です。

廊下も階段も磨き上げられていて気持ち良いです。
3559.jpg
階段を降りた先に風呂の入り口がありました。
貸し切り風呂は2つ。どちらも空いていれば自由に入れます。無料です。
3560.jpg

階段を降りて左に曲がるとフロント方面につながる廊下です。
その途中に風呂上がりの休憩所があります。
3562.jpg

階段下の小さいスペースですが、飲料サービスもありました。
3563.jpg
飲まなかったので内容はわかりませんが、多分お茶でしょう。
上越館へのアンケート用紙も置いてありました。
3564.jpg

川風の湯。札を裏返し「入浴中」にして入ります。
使えるのは15:00~翌日10:00です。
3571.jpg

脱衣所。ちりはおろか、埃一つ無いです。
3572.jpg

たくさん脱衣かごが置いてあります。それも白い内カバー付き。
隅々まで気が配られています。
3573.jpg

写真は反射して見えませんが、上の段には風呂で飲むお酒の案内。
下の段にはフェイスタオル足袋ソックスもう一つはシャワーキャップなのでしょうか?。
3574.jpg
足袋ソックスが風呂に置いてある宿は初めてです。うれしいサービスです。
フェイスタオルも部屋から持ってこなくても良いので、
気軽に貸し切り風呂に来ることが出来ます。いたれりつくせり。
3575.jpg

貸し切り風呂にもそれぞれトイレがついています。
左の黒っぽいドアがトイレ、右の明るい色のドアが風呂場です。
3588.jpg

「川風の湯」湯船。内風呂のみ。風呂の枠は
こちらの方が小さいです。二人でゆったり、という感じでしょうか。
3577.jpg

カランは2つ。ちょいとお湯の出るのに時間がかかりました。
3579.jpg

源泉掛け流し。温泉分析表を見たら源泉は50度くらいあるようです。
今回は温度計を持って行ったので計ってみたら、
湯口で44度、湯船は39度くらいでした。
3580.jpg
ぬる湯好きの私たちにはぴったりの湯温。長時間入れます。
しかし、熱湯好きの人だと文句が出そうです。

温泉表示看板。
3561.jpg

窓からの風景。
3581.jpg

もう一つの風呂、山風の湯。使用時間15:00~翌日10:00で川風の湯と同じです。
3590.jpg

こちらの方が脱衣所も風呂も広めです。
3592.jpg
しかも明るい。すがすがしい気分になれます。
私たちはこちらが気に入って、こちらばかり入っていました。
3593.jpg

この日の宿泊客は私たちのみ。したがって風呂も入り放題、上越館の風呂を満喫しました。
3595.jpg

アメニティも充実。
3596.jpg

体重計はこちらの山風の湯のみに置いてありました。ちょっとレトロタイプ。
3611.jpg

山風の湯湯船。風呂の枠はです。
3598.jpg

カラン2つは同じです。
3599.jpg

窓側から入り口を見たもの。どちらの風呂にも段があり、半身浴できます。
風呂場の隅っこに何故かカエルの置物がありました。
s3606.jpg s-DSC03602-1.jpg

源泉掛け流しのお湯がとうとうと溢れています。
3603.jpg

5,6人は楽に入れそうな大きな湯船。大浴場といってもいいくらいです。
これが貸し切りで入れるので、非常に贅沢ですね。
3604.jpg

シャンプー、リンスの他にリンスインシャンプーという珍しい構成。
クレンジングもありました。
3609.jpg

茶ボディソープと石けん。
3610.jpg

あまぐりさんのブログを読むと、満室の時は風呂の取り合いになって、
特に朝は風呂に入れなかったらしいですが、
この日は何せ客が私たちのみ。上越館の風呂に入り放題の極楽状態でした。

無色透明で特に特徴が無いですが、
ぬる湯好きにはたまらない温泉でした。

貸し切り露天風呂はその4で・・・。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ