真奈邸 箱根 その2 部屋編

2012年10月中旬、真奈邸 箱根に行ってきました。FC2ブログ

[株式会社マナティー箱根]
〒250-0404 神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下469-1
TEL 0460-86-0810

真奈邸 箱根のホームページは→【http://hakone.club-manatee.co.jp/index.html

デラックスツインルーム @23,625円(税込み)+入湯税@150円
宿のホームページから直接予約。現地でカード払い。

その2 部屋編。

「厳選いい宿」で放送したのはスイートBだったようですが、部屋の広さにばらつきがあるようで、
「狭い」とか「デイベッドがいらない」とか評判が悪かったので、値段の安いデラックスツインを
選んでしまいました。スイートBは露天風呂付ですが、こちらは露天でない風呂付です。

宿のウェブページからお借りした部屋の見取り図。
room03.jpg
真奈邸箱根のウェブページはかなり充実していて、
部屋の間取りも見られるし、部屋の広さも書いてあって便利です。

入ってすぐの所から見た3階「デラックスツイン」強羅
6194.jpg
47平方メートルなのでかなり広いです。広々としていて気持ちが良いです。
ホテルの部屋のようですね。

反対側から入り口方向を見た写真。
6196.jpg
ソファはベッドになると思われます。大きくて座り心地が良いです。
ベッドで寝るのも良し、ソファでごろごろするのも良し、と居心地抜群でした。

部屋は明るくて景色も良いですが、欠点が一つ。窓から見上げると対岸の宿が見えます・・・。
6200.jpg
左が「箱根 時の雫」右が「武蔵野別館」です。
「箱根 時の雫」屋上に露天風呂があるのか、人が動いているのが見える。
ということは向こうからも・・・。
距離はかなりあるので、双眼鏡で覗かない限り実際には見えませんが、気にはなりますね。

下を覗くと川が見えます。川の音がごうごう聞こえます。
左側には真奈邸のテニスコート。無料で借りられるみたいですね。さすが元保養所です。
6266.jpg

机と椅子。コンセントが合計5個もあります。便利です。机は広いです。
6202.jpg
残念なことに部屋に無線LANは届いていません。PCを使うのに最高の机なのですがね。

カインズの湯沸かしポッド0.8リットル。おすだけベープ。読書灯とかわいい三面鏡。
s6203.jpg s6204.jpg
湯沸かしポッドに水は入っていません。読書灯はLEDの明るいもの。上の部分を触るだけで点灯消灯。

机の下にはお茶セットと冷蔵庫。
s6205.jpg s6206.jpg
冷蔵庫の中にはミネラルウォーター・クリスタルガイザーが2本。これは無料です。いいサービスです。
s6208.jpg s6209.jpg

コップと湯飲み。お茶はパック詰めにされていました。まあまあ美味しいです。
s6210.jpg s6211.jpg

机の横はクローゼット。
s6212.jpg s6213.jpg
クローゼットの中に使い捨てスリッパと靴べら、金庫がありました。金庫は小さめ。
s6214.jpg s6215.jpg

テレビはパナソニック32インチ。テーブルの上に宿のしおり、饅頭が置いてありました。
s6225.jpg s6220.jpg
テレビはキャスター付の台に乗っているので動かすことも出来ます。DVDプレーヤーとかは無いです。

饅頭は普通に美味しい。鍵は2つありました。これは良いですね。
s6222.jpg s6224.jpg

ベッドの上に作務衣とタオル。フェイスタオル、バスタオルとも2枚ずつあります。ポイント高いです。
6232.jpg
作務衣は男用はLサイズ、女用はMサイズが用意されていました。ちょっと短かった・・・。
浴衣はありません。浴衣なし、作務衣のみというのは珍しいですね。

ベッドは広いです。横幅123cm×196cm。硬めで寝心地の良いベッドでした。
掛け布団は羽毛でした。快適快適。
枕が2つずつ置いてありましたが、高さ(厚み)が高く、私達の首には合わなかった・・・。

ベッドサイドにナイトスタンドとパナソニックのナノケアEH-SA60がありました。
6229.jpg
かなり女性を意識した宿で、ナノケアは自由に使えます。使い方の説明書もありますが
細かいところまでは書いていないので、ちゃんと働いていたかは不明。

私達は男女で泊まったので1つでも良かったですが、女性二人で泊まったらどうするのだろう?

部屋に関しては不満は全く無し。対岸の宿から見えるのが少し気になるくらい。
広々としていて、とても良い部屋でした。隣の部屋や、廊下の音もほとんど聞こえません。

入り口脇の左側が水回り関係。手前がトイレで、奥が洗面所、風呂です。
s6236.jpg s6237.jpg

トイレはウォシュレット。やや狭い。洗面所は広くて使いやすいです。脱衣籠あり。
s6239.jpg s6241.jpg
アメニティは一通り揃っていました。
6242.jpg
シュシュ、リブレREBRE(先口液)2個
シャワーキャップ1個、コットンセット(綿棒2本、コットン2枚)2個
レザー(シック)、ヘアーブラシ2個、歯ブラシセット2個。ピンクの縁の厚紙に入っているのは、
資生堂THE AMENITY(メーク落とし、洗顔フォーム、化粧水、乳液)のお試しサイズ。
s6244.jpg s6246.jpg
相方が感激していたのはシュシュ。かわいいシュシュだったので、もらって帰っていました。

テスコム ナノイオンドライヤー。手ふきタオルの上にあるのは、バスマット(足ふきマット)。
s6247.jpg s6248.jpg

部屋の風呂は温泉らしいです。単純温泉・源泉48.7℃・PH7.9・加水、加温、塩素消毒有り。
しかし全く塩素臭はしなかったです。
6250.jpg
窓を開ければ、気持ちが良いのですが、なにせ対岸に宿があるので、ブラインドを下ろしたままになります。
6251.jpg
内径で150cm×90cmあるので二人並んで入れる大きさなのですが、窓側に段があり、事実上一人用です。
足を伸ばせて入れるので、一人で入る分には快適です。半身浴も出来るし。
カラン、シャンプー類もあるので大浴場や貸し切り風呂に行かなくてもこの風呂で用が足せます。

角からお湯がちょろちょろと出ています。
6259.jpg
出ているお湯は熱いのですが、なにせちょろちょろ。湯船の温度は37.6度しかありません。
しかも湯船の下の方はもっとぬるくなっています・・・。
いくらぬる湯好きの私達も37.6度は低すぎます。お湯を足すことにしました。
6258.jpg
この銅のカランからお湯が出るのですが、温度調節の最高温度が40度くらいに設定されていて、
カランからのお湯が余り熱くありません。どばどば入れても余り湯船の温度上がらず。
うーん、これは問題です。熱い風呂が好きな人なら我慢出来ないでしょうね。
相方はシャワーのほうのお湯を最高に熱くして給湯したそうです。

ここで疑問。部屋の風呂は温泉です、と宿のページに書いてありましたが、
カランとシャワーは温泉なのか?
説明書も説明もないので分かりません・・・。このへんの説明書きが欲しいところです。

肌はすべすべになって気持ち良いです。が、温かさが持続するお湯ではなかったです。
温泉力としては弱いですかね。
窓を開ければ、外の気持ち良い風が入ってきます。風呂場の気温調節は自由自在。
ブラインドを下ろしたままの入浴なので、せっかくの景色が満喫出来ないのが欠点でした。

部屋の風呂にあるシャンプー類。使わなかったので分かりませんが、高級そうに見えます。
6252.jpg


その3 貸し切り&大浴場編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ