上越館2012年末連泊 その5 夕食編(2)

2012年末 うのせ温泉 ゆの宿上越館に連泊してきました。FC2ブログ

その5 夕食編(2日目) 2013年1月1日の夕食になります。

夕食は六時から。同じ個室食事処で。お姉さんの案内で入ります。
7828.jpg
お品書き付。実際の料理は、やはりお品書きとは微妙に違う内容でした。
7845.jpg
最初は女将さんが料理の説明をしてくれました。

この日は水芭蕉、にごり酒一合(¥798)を頂きました。炭酸日本酒です。辛口で美味しいです。
s7841.jpg s7843.jpg
蓋を開ける前は透明ですが、蓋を開けると一気に濁ります。
泡が出てくるので、蓋を少しずつ開けなければならず、
サーブしてくれたお姉さんがつきっきりで、少しずつ蓋を開けてくれました。
えらく時間がかかってしまい、申し訳なかったです。

先付白子入り茶碗蒸し。暖かいのを持って来てくれます。
s7830.jpg
白子、わかめ、絹さや。
7831.jpg
全く臭みのない、とても良い白子です。のっけからウマウマ。薄めの味、濃い目の出汁。
濃い目の出汁が白子に染みています。あっという間に食べてしまいます(笑)

前菜すじ子みぞれ和え、ローストビーフ、野菜のトマト煮、芽キャベツトリュフ和え
7829.jpg

カナッペの上に野菜のトマト煮。ピンぼけ。
7832.jpg
味が濃いです。ラタトゥイユのようです。美味しい。

芽キャベツのトリュフ和え。ガーリック風味でした。ピンぼけ。
7833.jpg
ガーリックが強くて、トリュフの味は分からず。

ローストビーフ
7834.jpg
ものすごく柔らかいビーフ。霜降りなので、口の中でとろけます。ウマウマ。

すじ子みぞれ和え
7835.jpg
塩っぱいです。一口で終わってしまいます。

一品鴨鍋。鴨、ネギ、こんにゃく、豆腐、しめじ、ごぼう。
例によって、すぐに火をつけられてしまうので、急いで食べないといけない。
s7837.jpg s7838.jpg
長芋のすりおろしを煮あがってきたら、上からかけて一煮立ち、と説明を受けました。
でも結局長芋のすりおろしは鍋に入れず、別々に食べました。
7839.jpg
先付をのんびりと食べていたら、ちょっと煮えてしまい、鴨が固くなってしまった。
薄味ですが、出汁がしっかりしています。こんにゃくがシャキシャキで美味しい。
鴨は固くなっても、とても美味しいです。鴨肉も多くて、食べても食べても減りません。
残った汁がモッタイナイです。ご飯を入れておじやにしたいです。

まだ、先付の白子しか食べていないところに、焼き物が運ばれてきます。

焼き物伊勢えび焼き。伊勢えびをオリーブ焼きにしてあります。にんにく、ネギ、百合根。
7847.jpg
身が殻にくっついていて、箸では食べられず、手を使って身を取りました。
7851.jpg
殻から身を取るのに必死で、あまり味が分からず。二人ともほとんど無言で格闘していました。
食べる、というより解体している感じ?

まだ、海老に手を付けていないうちに刺身が来ます。

お造り岩魚刺身。大根、大葉、紅だて、わさび。
7853.jpg
刺身アップ!先ほどまで生きていたのを捌いた、つやつやの岩魚。
7855.jpg
こりこりしています。美味しいです。
しかし量が多い。これでお腹がいっぱいになってきました。

ちょっと時間がたち、いままでの料理を食べたところに運ばれてきます。
新しいおしぼりも持ってきてくれました。

煮物たらこ煮。たらこの昆布巻です。イイダコ、舞茸、いんげん、柚子。
s7856.jpg s7857.jpg
イイダコは後ろに隠れてしまい、写っていませんね。右にボケボケで少しだけ写っています。
7858.jpg
たらこの昆布煮がよく見えないので、角度を変えて。
7859.jpg
イイダコはものすごく柔らかいです。味は濃くて美味しい。
たらこの一粒一粒に味が染みています。濃厚。ごはんが欲しいです。

もう、かなりお腹が膨れてきました。
しばらく時間が空き、次の揚げ物が来ます。お腹の具合を聞いてくれます。
量を減らすかどうか聞かれましたが、欲深く、そのまま持ってきてもらいました。

揚げ物かに入りかぼちゃコロッケ。ソース、塩でいただきます。
7869.jpg

茄子とピーマンの素揚げ
7866.jpg

かぼちゃのコロッケ。熱々、サクサクです。
7867.jpg
ズワイガニ入りです!
7872.jpg
うひょー!うまい。お腹がいっぱいなのに食べてしまいます。
蟹の風味が強烈です。かぼちゃもウマウマ。

酢の物独活の酢味噌
7873.jpg
野菜のピクルス。ブロッコリー、蓮根、茗荷。
7875.jpg
むせるほど酸っぱいです。特にブロッコリーは猛烈に酸っぱいです。
独活はアクがなくてとても美味。茗荷も酸っぱくて強烈。

お食事鯛(タイ)ご飯
s7877.jpg s7878.jpg
鯛(タイ)のほぐし身ご飯です。
7880.jpg
柔らかいご飯です。お腹がいっぱいなのにパクパクと食べてしまいますね。

お吸い物もずく赤出汁椀。三つ葉。
7881.jpg

お新香季節のもの。人参、かぶの葉?。
7882.jpg
野沢菜のように見えましたが、かぶの葉かも。とても美味しい漬け物です。

お食事を食べ終るのに既に一時間半ほどかかっていました。

「番茶です」と言って運ばれてくる美味しいほうじ茶
7889.jpg
デザートを持ってきた時、明日の朝食の時間と、和食か朝食かを聞かれました。
欲張りな私達は和食と洋食を一人ずつ注文しました。

甘味南瓜(カボチャ)のレアチーズケーキ
7883.jpg
レアチーズケーキの上に南瓜(カボチャ)のソースがかかっています。ビスケットにつけて食べます。
7887.jpg
写真がへたくそで、よく分からないかも知れません。
ビスケットというよりパイのようなものでした。
冷たいレアチーズケーキが美味しいです。あまりかぼちゃの味はしませんでした。

食事開始段階で食べるのが非常に忙しいのは相変わらずでした。
しかし出て来る料理は美味しいし、量も十分なので満足度は高いです。
初日とはかなり内容が異なり、とても楽しめました。

部屋に帰るとブレンディコーヒーのサービス。
7891.jpg

二日目の夜食はみかんでした。
7892.jpg
みかんは美味しかったですが、温泉饅頭のほうがよかったかも。
単に甘い物好きなだけですけどね。

その5 朝食編二日目につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お料理、ずいぶん違いますねぇ~
鴨鍋はぜひとも食べてみたいですが、相変わらずお鍋の肉の量は多いのですね(苦笑)鴨責めにうれしい悲鳴をあげてしまいそう(笑)
ローストビーフとか白子入りの茶碗蒸しとか、最初からとってもそそられるお料理が並んでいて、美味しそうです。カニの入ったコロッケなんて、この先食べる機会があるのかわからない逸品です。美味しそう♪
焼き物と刺身も、前日とは異なって、焼き物が海のもの、刺身が川のものに変化しているんですね。考えられたメニューだなぁとしみじみ。上越館の連泊もいいもんですね!

Re: No title

遠霞さん、コメントありがとうございました。

そうなんです、初日と二日目はがらりと料理を変えて来ました。
かなりレパートリーが多いとみました。
すみれの話ではないですが、三連泊したらどうなるのでしょうね?(笑)

肉が多いのは良いのですが、最初から出て来るので、お腹がいっぱいになってしまうのが難点です。
せっかくの美味しい料理を、味わいながら食べたいのに、
腹に詰め込むような形になってしまい、モッタイナイです。

上越館、肉も魚も本当に美味しいので、また行きたくなってしまいます。
お酒が飲めると、もっと楽しめそうなのですよね~。
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ