大鷹の湯2013年2月 その3 施設編

2013年2月 大鷹の湯@那須塩原に泊まってきました。FC2ブログ

大鷹の湯のホームページは→【http://www.ootakanoyu.com/

その3 施設編。

敷地内を探検してきました。なにせ敷地が8,000坪もあるそうです。
ざっと見るだけでも意外と時間がかかりました。

↓グーグルマップを元に作成した適当な地図。
img006-5.jpg
拡大出来ません。スミマセン。適当なので・・・


駐車場から入り口・大鷹門方面を見た写真。
正面は本館の露天風呂部分。左は閉鎖したコテージ群。
8406-3.jpg
駐車場の隅に電車が放置されていました。以前は本館大浴場前にあったはずなのですが・・・。
歓迎の看板が哀愁を誘います・・・。
s8404.jpg s8405.jpg
中は荒れ放題で、ゴミ置き場のようになっていました。もう出番はないのでしょうかね?


本館露天風呂。宿泊客専用です。
8413.jpg
本館露天風呂の使用時間15:00~23:00のみ。翌朝は使えません。鍵を開けて中に入ります。
8414.jpg
中は廊下があって、男女別の露天風呂に通じていました。
s8415.jpg s8417.jpg

男性風呂は誰もいなかったので写真を撮りました。柱に気温計あり。珍しいですね。
s8418.jpg s8420.jpg
宿泊者専用本館露天風呂。広いです。4m×3m位でしょうか。湯温41.9℃。
8424.jpg
ただ、周りを壁で囲まれているので、展望はゼロです。
8429.jpg
上がり湯あり。時計もあり。シャワーとかカランとかはないです。
s8426.jpg s8423.jpg
ここには入浴しなかったので、お湯の感想はなしです。

昼間は女性風呂に人がいたので写真が撮れませんでした。
夕食後に寄ってみたら誰もいなかったので、相方に撮ってもらいました。
8637.jpg
暗くてよく分かりませんが、男性用と同じような感じですかね。
8641.jpg

大鷹門の写真を取りに行った帰りに、いろいろ写真を撮ってきました。

大鷹門側にある客室・泰山荘の入り口。じゅうべいさんのブログによれば、
この前にムックという犬が居るはずなのですが、散歩にでも行っていたのか不在でした。
s8446.jpg s8433.jpg
この泰山荘は和室7.5畳・平日なら2名8,500円、土曜・休前日でも9,500円という激安です。
外観はアパートのようでした・・・。

大浴場のある建物。本館側からの入り口を入ると、くねくねと通路が曲がっています。
s8463.jpg s8466.jpg
大浴場は男女別。入り口横のロッカーは無料です。
s8457.jpg s8459.jpg
血圧計、足つぼマッサージ器がありますが有料。100円だったかな?

男女別大浴場。大浴場は、入れ替えとかはないみたいですね。
使用時間15:00~24:00、朝は5:00~10:00。

男性用大浴場は人のいないのを見計らって写真を撮りました。
s8647.jpg s8648.jpg
脱衣場のロッカーは有料です。ややこしい。脱衣場にこれまた気温計あり。
s8649.jpg s8651.jpg

男性用大浴場の脱衣場。綺麗で広いですが、日帰り客が多いと荷物が溢れて狭くなるそうです。
この日は日帰り入浴をやっていなかったので、広々としていました。(写真は夕食後のもの)
8652.jpg
夕方に行ったときは一人だけ、夕食後に行ったときは誰もいなくて独占状態。意外と少ない。
やはり、別邸鷹山に泊まっている客は部屋の風呂に入るので、こちらには来ないのですかね?

オサレな洗面の手水鉢。
8654.jpg
消毒済みのブラシが置いてありました。男性で使う人は少ないかも。

化粧品、ドライヤーなど。1セットしかなかったような気がします。体重計あり。
s8655.jpg s8653.jpg

男性用大浴場。写真は夜に撮ったもの。湯気がもうもうとしていて、うまく写らず。
8658.jpg
かなり広いです。計っていないですが、7m×2mくらいありそうです。
カラン側に段があります。半身浴出来ます。
湯温40.7℃でした。私にはちょうど良い温度でした。

これがまた強烈な風呂でした。
源泉は同じはずなのですが、部屋の露天風呂よりも濃度が濃く感じました。
ヌルヌル度高いです。もう本当にゼリーのお湯に入っているようです。
入っている間中、身体を撫で回していました。
永遠に入っていたい感じでした。暖まることおびただし。
この大浴場があれば、部屋に風呂が無くてもOKかもしれません。

カランも沢山あります。シャンプー類はもちろん馬油シリーズ。
8659.jpg

女性用大浴場は人がいたので写真は撮れずです。話を聞くと、男性用と同じような感じでした。
8455.jpg

マッサージ器もありますが有料です。反対側に飲料の自動販売機有り。
8452.jpg
このへんの雰囲気は大規模旅館ぽいです。

大浴場棟を出て裏に回ると貸し切りの鷹見の湯に行けます。
鷹見の湯は「高見」に引っかけた名前の通り、高台に作ってあります。

ここでまた例の適当な地図を。
img006-5.jpg


本館の裏では、夕食用にかまどでご飯を炊いていました。
8470.jpg

案内に従って、鷹見の湯に行くコース。階段を登っていきます。
s8469.jpg s8472.jpg

途中で分岐があります。左はワンちゃんと泊まれるコテージですが、今は閉鎖されていました。
s8474.jpg s8476.jpg
お客様の声などを見ると、ここはかなり評判の良かったコテージだったようです。
閉鎖でとても残念と書き込んでありますね・・・。
ペットと一緒に泊まれるところは少ないのに、このお湯ですからねえ。
評判が良かったのは分かります。何とか再開して欲しいですね。

右に曲がると温泉神社がありました。いちおうお参りをしておきました。
s8477.jpg s8479.jpg

温泉神社の前に湧き水でしょうか?翌日の朝、従業員さんがここでポリタンクに水を汲んでいました。。
s8487.jpg s8486.jpg

さらに階段を上っていくと、鷹見の湯です。景色が良さそうです。
s8480.jpg s8481.jpg
ここがややこしくて、朝10時から夜21時の間は有料貸し切り風呂です。
50分1~2名3.000円、3名4,000円、4~5名5,000円というもの。
そして夜21時~24時と朝の5時~9時は宿泊者のみの男女別になります。

めんどくさいので行きませんでしたが、ちょっと後悔しました。
朝、食事をとっていると、かなりな人が鷹見の湯に行っていました。
常連さんは朝食をとっとと済ませて鷹見の湯に行くのですね・・・。

鷹見の湯から見下ろした本館裏手。
8484.jpg
温泉神社を通らずに、ほぼ垂直に降りる道があるのですが、何故か通行止めでした。

本館にも行ってみました。玄関前に干支の蛇と、豪快な花。
s8488.jpg s8489.jpg

売店でいろいろ売っています。アイスもありました。充実していますが、見ている人は少なかったなあ。
s8492.jpg s8503.jpg

冷たい飲料やお酒も売っていました。
s8504.jpg s8505.jpg

お菓子類や馬油シリーズも売っています。
s8502.jpg s8511.jpg

ロビーに椅子がありますが、いつ行っても誰も座っていなかったですね。
8512.jpg
日帰り入浴があれば、ここに人が沢山いるのかもしれません。

フロント横に大鷹の湯・飲泉所がありました。
s8495.jpg s8500.jpg
一日一杯で健康になれる、とフロントの従業員さんが教えてくれました。早速一杯飲泉。
8499.jpg
大鷹の湯は従業員さんが全員親切でした。驚くほどに。
カメラを持って出れば「写真を撮りましょうか?」と言ってくれるし、
ちょっとまごついているとすかさず説明してくれます。

本館の前は工事中。
8516.jpg
本館前に足湯もありましたが、工事中なのか使用不可。
どんどん変化している感じですね。次に行ったら何か変わっていそうです。

その4 夕食編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

w(°0°)w オォー
電車だ~~!!!!!
こんな場所に移動してたんですね(*^m^)o==3プッ
場所まで教えてくださってアリガト♪

そして釜戸に薪が(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
ガスじゃなかったんですね~
横にガスボンベが置いてあったので・・・
大鷹さん、疑ってごめんなさい<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

ところでフロント横の飲泉所・・・・・
何時の間にできたのかしら~
私・・・知らないわぁ~
以前は大浴場の湯口にコップが置いてあったんだけど・・・

鷹見の湯は無料の頃には利用しましたが、別料金を出してまではめんどくさいし、利用しなくなりました。
ウチの旦那は大浴場もめんどくさいようです~┐('~`;)┌
でも冬場は外で体を洗えないので渋々1度だけは行きますけど~

大浴場の写真ですが、冬場これだけ撮れれば上出来ですよ~

>これがまた強烈な風呂でした。
源泉は同じはずなのですが、部屋の露天風呂よりも濃度が濃く感じました。
ヌルヌル度高いです。もう本当にゼリーのお湯に入っているようです。

これの種明かししようかな?
やめとこうかな(*^m^)o==3プッ

ムックはお散歩だったのかな?

次回行かれたら「東雲の間」の南京錠を是非見て下さいね~

Re: No title

じゅうべいさん、こんばんは。コメ早いッスね。

> w(°0°)w オォー
> 電車だ~~!!!!!

じゅうべいさんのブログで学習していったので探していたのです。
あっさり見つかりましたが(笑)。

> そして釜戸に薪が(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
> ガスじゃなかったんですね~
> 横にガスボンベが置いてあったので・・・
> 大鷹さん、疑ってごめんなさい<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

薪で焚いていましたね。横にガスボンベもしっかりありました。
でもガスボンベは何に使うのですかね?

> ところでフロント横の飲泉所・・・・・
> 何時の間にできたのかしら~
> 私・・・知らないわぁ~
> 以前は大浴場の湯口にコップが置いてあったんだけど・・・

じゅうべいさんが知らないのですか(゜Д゜)
それは驚きですね。いつ出来たのでしょうか?

> 鷹見の湯は無料の頃には利用しましたが、別料金を出してまではめんどくさいし、利用しなくなりました。

鷹見の湯は確かにお金を払ってまでは入る気がしませんね~。
でも今度行ったら一回は行ってみようと思います。もちろん無料時間に。

> ウチの旦那は大浴場もめんどくさいようです~┐('~`;)┌
> でも冬場は外で体を洗えないので渋々1度だけは行きますけど~

私もめんどくさいと思いました。同じ建物内ならまだしも、本館まで行きますからね。
冬でなければ部屋の露天で洗ってしまい、大浴場は行かないかもれないです。
でも大浴場のヌルヌル湯も魅力的ですけどね。

> 大浴場の写真ですが、冬場これだけ撮れれば上出来ですよ~

ありがとうございます。そう言って頂くとホッとします。
写真は苦手なので・・・。

> これの種明かししようかな?
> やめとこうかな(*^m^)o==3プッ

これ、むちゃくちゃ気になります!!
種明かしがあるのですか?気になるなあ・・・。

> ムックはお散歩だったのかな?

多分そうです。夕食後に行ったら元気に居ましたから。

> 次回行かれたら「東雲の間」の南京錠を是非見て下さいね~

じゅうべいさん情報で、東雲の間の南京錠を思い出して見に行ったのですが、
もう宿泊客が入った後だったので、なかったのですよ~。
残念な思いです。今度は見なければっ!!!

No title

私が泊まったのは一番安い部屋ですから、この泰山荘というところでしょう。
狭い感じの部屋でしたが、値段を考えると十分でした。それと、あの頃とは大浴場がまったく違うような気がします。完全に作り替えたようですね。とはいえお湯の良さだけは健在のようで、何よりです。ここのお湯は確かに当時も良かったように記憶してます。

遠霞さん

遠霞さん、こんばんは。

> 私が泊まったのは一番安い部屋ですから、この泰山荘というところでしょう。
> 狭い感じの部屋でしたが、値段を考えると十分でした。

泰山荘は和室7.5畳ですから、かなり狭そうですよね。
泰山荘には和洋室11.5畳というのもあるようですけどね。
値段が安いので、仕方がないか、という気がしますが、どんな感じなのでしょうね?

>それと、あの頃とは大浴場がまったく違うような気がします。完全に作り替えたようですね。とはいえお湯
>の良さだけは健在のようで、何よりです。ここのお湯は確かに当時も良かったように記憶してます。

大浴場は新しい感じでしたから、作り替えたのでしょうね。
宿泊客専用の露天風呂も最近作ったみたいですし。

大浴場は広いし、泉質が抜群に良いので、泰山荘でもあまり不満が出ないかもしれません。
何年も前に泊まった遠霞さんが覚えているくらいですから、
当時から泉質が良かったのですね~。

私は、遠霞さんのように沢山の宿に泊まっていないので、
偉そうなことが言えないですが、大鷹の湯の泉質は相当良いほうだと思います。

種明かし(*^m^)o==3プッ

こんばんは~v-411

種明かしって言ったって大した事ではないんですが・・・
アルカリ泉は肌の角質を溶かす性質があり、1度目より2度目の方がヌルツル感が強まり、3度目くらいにその感触がピークになってきます。
ピークは乾燥肌や脂肌によって異なりますが、まったく同じ湯船に浸かっていても肌触りが変わってきますよ~
これが面白くてアルカリ泉にハマりっぱなしなんですv-415
次に行かれた際に、入る順番を変えて実験してみて~v-397

以前の大浴場は食事処の五鷹亭の場所にありました。
今、宿泊者専用の露天風呂がありますが、大浴場に併設された露天だったんですよ。
水回りの改築は相当大変な事だと思います。
宿泊棟から遠くて面倒になってしまいましたが・・・

Re: 種明かし(*^m^)o==3プッ

じゅうべいさん、こんばんは。

> アルカリ泉は肌の角質を溶かす性質があり、1度目より2度目の方がヌルツル感が強まり、3度目くらいにその感触がピークになってきます。
> ピークは乾燥肌や脂肌によって異なりますが、まったく同じ湯船に浸かっていても肌触りが変わってきますよ~
> これが面白くてアルカリ泉にハマりっぱなしなんですv-415
> 次に行かれた際に、入る順番を変えて実験してみて~v-397

なるほどね~。種明かしは、そういう話なのですね。ありがとうございました。
今度行ったら実験してみます!

> 以前の大浴場は食事処の五鷹亭の場所にありました。
> 今、宿泊者専用の露天風呂がありますが、大浴場に併設された露天だったんですよ。
> 水回りの改築は相当大変な事だと思います。
> 宿泊棟から遠くて面倒になってしまいましたが・・・

これもなるほどですね!
露天風呂がポツンとあるのがちょっと不思議だったのですよ。
露天風呂の横に大浴場があったのなら納得です。
本当に水回りの工事は大変なので、すごい大改造ですね。

別邸鷹山から遠いのは、本当に難点ですね・・・。

一つ忘れてました~(・_・;)

こんばんは~v-221

もしかして大浴場の湯で馬油シャンプーとリンスを使った後じゃなかったですか?
馬油シリーズはアルカリ泉の肌触りを倍増させてくれるので、それとピークが重なって奇跡の感覚を体験できたのかもしれませんよ~v-397


じゅうべいさんへ

じゅうべいさん、こんばんは

> もしかして大浴場の湯で馬油シャンプーとリンスを使った後じゃなかったですか?
> 馬油シリーズはアルカリ泉の肌触りを倍増させてくれるので、それとピークが重なって奇跡の感覚を体験できたのかもしれませんよ~v-397

おおっ!確かに使いました!
馬油シリーズはそんな働きがあるのですか(゜Д゜)
いろいろ教えて頂いてありがとうございます!!!

いろいろ複雑な要因で、あのヌルヌル温泉が体験出来たのですね~。
でも、あれ、病み付きになります\(^O^)/
ちょっと麻薬的な感じですよね~

No title

すごいいっぱいの写真でわかりやすいですね。

私も昔、「奥塩原温泉」なら行きました。
喧騒から離れて、自然いっぱい。
お湯も滑らかであったまり方が半端なかったです。

鬼怒川よりは断然塩原ですね。
最近は公衆浴場温泉ばっかり・・・(;_;)

はまりんさんへ

はまりんさん、こめんとありがとうございました。

> すごいいっぱいの写真でわかりやすいですね。

ありがとうございます!そう言っていただけると安心します。
やたら枚数が多くて、長ったらしいレポになってしまっていますからね・・・。

> 私も昔、「奥塩原温泉」なら行きました。
> 喧騒から離れて、自然いっぱい。
> お湯も滑らかであったまり方が半端なかったです。
> 鬼怒川よりは断然塩原ですね。

奥塩原温泉ですか~。うらやましいです。
塩原温泉はお湯がかなり良さそうですよね。
一度も行ったことがないので、一度挑戦したいのですが、
なかなか機会がありません。

> 最近は公衆浴場温泉ばっかり・・・(;_;)

案外、公衆浴場温泉もいいものです。
温泉宿に泊まりに行けないときは、近くの日帰り温泉施設に行って
穴埋めしますが、結構気分がすっきりして帰って来ます(笑)

「なんだ、温泉なら何でもいいんじゃん」と言われれば、
「そうです」としか答えられません(笑)

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ