別所温泉花屋 その2

2013年7月 別所温泉花屋に泊まってきました。FC2ブログ

<旅館花屋>
〒386-1431
長野県上田市別所温泉169
TEL:0268-38-3131(代表)9:00~19:00受付
FAX:0268-38-7923

花屋さんのホームページは→【http://hanaya.naganoken.jp/

その2 部屋編。

部屋に案内してくれた従業員の若いお姉さんが、
部屋でじっくりと説明をしてくれました。
懇切丁寧、という言葉がぴったりの説明ぶりで、
相当時間がかかりました。
ここまで丁寧に説明を受けたのは初めてかも、
というくらいでしたよ。好感度大。
説明が終わると
浴衣を見繕って持ってきてくれました。
夕食や朝食の時間もこの時に決めます。

離れ61番。ドアを開けると踏み込み。
HY953.jpg

踏み込みの左側の障子を開けると、6畳の次の間。
その右側に主室の10畳があります。
HY955.jpg

次の間にレトロな品々が置いてあります。
金庫あり。
HY958.jpg

隅のタンスを開けると、浴衣とタオルセット。
浴衣は宿の説明が終わってから、置いてくれます。
HY966.jpg

浴衣@一枚、
フェイスタオル、バスタオル@各一枚ずつ、
足袋ソックスあり。
HY968.jpg
作務衣とかパジャマとかはありません。

6畳の次の間から見た、10畳の主室。
その向こうに縁側があります。
合計16畳+αで広々~。
HY969.jpg

10畳の主室。
床の間も別にあるので、広いです。
HY970.jpg
古いですが、
とてもよく手入れされていて
気持ちが良い部屋です。

電話はこだわりのダイヤル式。
HY976.jpg

テレビはシャープ・アクオス20インチ。
BSは映りません、
と宿のパンフレットに載っていました。
HY978.jpg
部屋の割には小さいですが、
あえて小型のものを置いてあるそうです。
出来るだけ文明の利器は
目立たないようにしているみたいですね。

もちろん
「館内はWEB環境になっていません」
の注意書きが
パンフレットに書いてありました。
大正ロマンとWi-Fiは合わないのでしょうね・・・。

夏なので扇風機が置いてありました。
生け花も控えめで綺麗。
HY979.jpg

テーブルの上にお茶菓子。
信濃名物・みすず飴でした。
sHY983.jpg sHY981.jpg
いろいろな味のものがあって楽しい。
初めて食べましたが、美味しかった~。
HY982.jpg
飴と言うよりゼリーでしたね。
花屋の売店で売っていました。
HY984.jpg
どうでもいいことなのですが、
みすず飴の下に敷いてある紙に
花屋ホテルと書いてありました。
そういえば、金庫のキーホルダーにも
「花屋ホテル」の表示。
旅館花屋じゃないの???

気になって調べてみたら、
花屋ホームページに載っていました。
旅館花屋の経営会社の名前が、
(株)花屋ホテルみたいです。
しかも何と、みすず飴の会社は
花屋ホテルの出資会社なのですね。
みすず飴の社長は、
花屋ホテルの二代目社長と書いてありました。
詳しくは花屋さんのホームページを→【http://hanaya.naganoken.jp/topics-bunkazai.htm

館内図あり。とても助かります。
構造を頭に入れてから、大浴場に行きました。
HY985.jpg

ポット1.85リットルは昔ながらの魔法瓶タイプ。
どうしても時間がたつと、ぬるくなってしまいます。
HY988.jpg
朝は交換してくれましたが、
従業員さんが持ってくるのも大変そうです。

お茶セット。煎茶が結構美味しい。
HY987.jpg

残念ながら鍵は一つ。
HY989.jpg
アンケート用紙と別所温泉の外湯入浴券が
二枚ありました。
外湯は入らなかったので、入浴券も使わず。

障子は雪見障子というのでしょうか、
上下してガラスが隠せます。
sHY223.jpg sHY224.jpg

広めの縁側にソファとテーブル。
ソファも豪華で、テーブルは猫足! レトロ~。
HY991.jpg
縁側に通じる障子を開けたら硫黄の臭いがしてきました。
期待感が高まりますね。

縁側の隅に作られている洗面スペースは少々狭い。
HY995.jpg

ドライヤーあり。
ペーパータオルもありました。
カミソリ、シャワーキャップは二つずつ。
sHY996.jpg sHY999.jpg
女性用にコーセーの化粧水と乳液。
男性用はリキッド、トニック、
アフターシェーブローション。

液体石けんとコップ一つ。
洗面スペースの横に冷蔵庫。
sHY001.jpg sHY002.jpg

冷蔵庫には、自己申告制の飲料が入っていました。
空きスペースがあるのでジュースとか入れられます。
HY005.jpg
キリンラガー、アサヒビール、ヱビスビール、生酒神渡・各735円。
ウーロン茶、ミネラルウォーター・各210円でした。ちと高いですね。

縁側の左側は水回り。
左の扉がトイレで、右の扉が部屋のお風呂。
HY012.jpg

どう考えても、
開けたら和式便器がありそうな雰囲気でした。
おばあちゃんの家みたいです。
しかし、ちゃんとウォシュレット付きの最新式トイレ。
HY014.jpg
ちょっと狭くて、
座って扉を閉めると、扉が近かった(笑)
でも、もちろん使い勝手は普通でしたよ。
快適快適。

トイレの鍵もレトロ~。
HY271.jpg

トイレの右側の扉を開けると脱衣場。
大き目の脱衣カゴが2つ。
HY016.jpg

部屋付き風呂入り口の扉を開けたところ。
露天ではなく、開放感のある内風呂です。
sHY019.jpg sHY020.jpg

61番の部屋付き風呂。
壁や風呂のタイルが全部形と色が違う~!
HY022.jpg
無色透明で、硫黄臭のする温泉。
なのにPH8.8というアルカリ性、
不思議なお湯です。
入れば入るほど肌がすべすべになる極上温泉。
飲泉も出来ます。
硫黄臭と相まって、もう最高~。
本当に良いお湯でした。
しかし、熱くて長い時間入っていられなかったのが
残念でした。

一人用サイズですね。
身長約170cmの私が、座って足を延ばしてぴったり、
という大きさです。
HY028-2.jpg
風呂外枠138cm×84cm。
内径118cm×64cm。深さ55cm。
中に段はありません。

源泉口。じゃぶじゃぶ流れています。
自分で湯量の調節が出来ないのが残念。
HY024.jpg
激熱 (゜Д゜)。湯口47.3℃。湯船44.7℃
源泉の温度が高いのと、狭い湯船のためか、
お湯が熱い熱い。保温性も高そうです。
とても入れないので、
ホースとシャワーを使って水を注入。
なんとか入れる温度まで下げて入りました。
夕食前にぬるくしたのに、
夕食後はまた激熱になっていました・・・・。

後日、【じゅうべいさんのブログ】&コメントを見ていたら、
じゅうべいさんは宿にお願いして、
源泉の注入量を少なくしてもらって
熱い風呂を冷ましたそうです。

そうか、そんな方法があったのか~・・・(゜Д゜)

水を入れてせっかくの良い源泉を
薄めてしまった(泣)・・・。残念。
今度花屋に行くことがあって、
お湯が熱ければ、絶対に源泉量を少なくしてもらおう!

シャワーとカラン。
お湯を薄めるためか、
ホース付きの蛇口もあります。
HY039.jpg
洗い場スペースが狭いです。
ほぼ風呂の幅と同じくらいですから、
90cmくらいでしょうか。
頭とか体とか洗うと、
泡や飛沫が風呂に入ってしまいそうです。

シャンプー&リンス、ボディソープ。
2つともくっついていて離れません!
HY034.jpg
使わなかったので、感想なしです。

部屋付き風呂から覗いた庭。
網戸は片側の窓に固定されていて
動きませんでした。
HY036.jpg
ちょろっと見えているのは
お向かいの72番の部屋。
静かな宿で、聞こえるのは
お湯が流れる音と、鳥の鳴き声のみ・・・。

その3につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです<m(__)m>

おはようございますv-222v-410

そして、大変ご無沙汰いたしましたが、やっと、皆さんの後押しもあり、ゆ~っくり再始動ですv-290

お休みのお知らせの時は、コメントありがとうございましたv-435

改めまして、これからもよろしくお願いいたしますv-421

花屋さんv-363
のんも行きたいお宿のベスト30に入っています(30っていうのが細かいですかね)

じゅうべいさんの所で花屋さん談義が盛り上がっていますが、おかげさまで、何番に泊まろうかv-361って、嬉しい悩みとなりましたv-428

鴨ミールさんのレポは、前にもお話したと思いますが、お風呂の正確な大きさまで測っていらっしゃって、細部までのレポ、お役立ち間違いなしですv-426

また、ゆっくりと拝見させていただきますねv-422v-410

のんさんへ

のんさん、こんばんは。

> そして、大変ご無沙汰いたしましたが、やっと、皆さんの後押しもあり、ゆ~っくり再始動ですv-290

おおっ!復活ですね\(^O^)/
のんびりと再開してください。

> 改めまして、これからもよろしくお願いいたしますv-421

こちらこそよろしくお願いします。

> 花屋さんv-363
> のんも行きたいお宿のベスト30に入っています(30っていうのが細かいですかね)

ほ~、のんさんの行きたい宿にしっかり入っていますか。
30の数字が細かいとは全然思いませんよ。むしろ、その30の宿の名前を聞いてみたいですね。

良い宿って沢山あると思うのですが、知らない宿も多いですよね。
今はこうやってネットがあるので、温泉ブロガーさんのレポで良い宿を
教えてもらえるのがとても助かります。
行きたい宿はどんどん増えますよね(笑)

> じゅうべいさんの所で花屋さん談義が盛り上がっていますが、おかげさまで、何番に泊まろうかv-361って、嬉しい悩みとなりましたv-428

ははは・・・(笑)。盛り上がりましたね。
じゅうべいさんをはじめ、kumaonsenさんやみみんさんやニュイさんと
花屋さんファンは多いので、盛り上がる盛り上がる。

私は今回びゅうのツアーで行ったので部屋が選べませんでしたが、
自力で予約するとなると、部屋は悩みますね~。
でも今回じゅうべいさんが泊まった83番はお風呂が広くて良さそうですよね。

> 鴨ミールさんのレポは、前にもお話したと思いますが、お風呂の正確な大きさまで測っていらっしゃって、細部までのレポ、お役立ち間違いなしですv-426
> また、ゆっくりと拝見させていただきますねv-422v-410

温泉にメジャーと温度計を持って行って荷物が重くなり、
何をやっているんだ、と思いながら計っています(笑)

しかし、のんさんにそう言っていただけると、とても嬉しいです。
少しでもお役に立てれば、書いた甲斐があります。
見ていただいただけでも有り難いですしね。感謝です。

のんさんのところにもお邪魔しますね。

部屋風呂は小さめだけど・・・

部屋の使い勝手は良さそうですね~v-426

なんだか私もメジャーを持って行きたくなってきたわ~~(*^m^)o==3プッ
85番はここと同じくらいで一人用でしたが、83番は二人で入れる大きさありましたよ(^_-)-☆
リンスインシャンプがドン臭くて何だか和んじゃいましたが、MYシャンプー、MYリンスを持っていってるので使わなかったですv-392
馬油シリーズは好きなので使います(^_-)-☆

お湯の温度は涼しい時期だったら大丈夫かもしれませんが、夏場は湯量を細めてもらって源泉を楽しんでみてねv-415

No title

やっぱり離れだけあって、部屋が広いですねぇ~
それだけですでにウチには高級感一杯というふうに感じてしまいます。
そして部屋付の内風呂がいい感じですね。タイルの大きさや色柄が異なるあたりや、木造のレトロな感じの浴室に石造りの湯船というバランス。そこに掛け流しで注がれる泉質のよさげなお湯。1人でまったりするには最高じゃないかと思います。激アツのお湯のようですので、私のきっと待ちきれずに水で薄めていると思います(笑) やっぱりお宿についたら早速お風呂に入りたいですからね。

じゅうべいさんへ

じゅうべいさん、こんばんは。

> 部屋の使い勝手は良さそうですね~v-426

そうですね。部屋が縦に並んでいるので、とても使い勝手は良かったです。

> なんだか私もメジャーを持って行きたくなってきたわ~~(*^m^)o==3プッ

わっはっは・・・(笑)
温泉にメジャーを持って行く人は、ほとんどいないでしょうね(笑)
お風呂の寸法を測っても、恐らく大きさは伝わらないなあ、と思いながら書いています。
ま、ブログネタの一つですね ^^;

> 85番はここと同じくらいで一人用でしたが、83番は二人で入れる大きさありましたよ(^_-)-☆

じゅうべいさんのレポを見て、二人入れるお風呂がなんといっても良いなあ、と思いました。
自分で部屋を指定して予約するなら、83番は第一候補ですよね。

> リンスインシャンプがドン臭くて何だか和んじゃいましたが、MYシャンプー、MYリンスを持っていってるので使わなかったですv-392
> 馬油シリーズは好きなので使います(^_-)-☆

そう、持ち上げたら上部で固定されていて、一緒になっていました ^^;
多分、大浴場にあったものと同じだと思うのですが、
大浴場のリンスインシャンプーはあまり良いものではなかったですね。

なるほど、じゅうべいさんはmyシャンプー、myリンスを持って行くのですね。
それなら何の心配もいらないですね。
私は高級・馬油シリーズが宿にあると、小躍りしてしまいますよ。

> お湯の温度は涼しい時期だったら大丈夫かもしれませんが、夏場は湯量を細めてもらって源泉を楽しんでみてねv-415

今度行って、もし熱かったら絶対お願いします。
薄めても良いお湯でしたけどね。

遠霞さんへ

遠霞さん、こんばんは。

> やっぱり離れだけあって、部屋が広いですねぇ~
> それだけですでにウチには高級感一杯というふうに感じてしまいます。

広いですね~。一泊旅行に、二人で使うには広すぎるくらいです。
定員5名の部屋なので、4人くらいで使うのが丁度良いのかもしれませんね。

> そして部屋付の内風呂がいい感じですね。タイルの大きさや色柄が異なるあたりや、木造のレトロな感じの浴室に石造りの湯船というバランス。そこに掛け流しで注がれる泉質のよさげなお湯。1人でまったりするには最高じゃないかと思います。激アツのお湯のようですので、私のきっと待ちきれずに水で薄めていると思います(笑) やっぱりお宿についたら早速お風呂に入りたいですからね。

部屋付き風呂は完全に一人用なのですが、
おっしゃるように雰囲気は抜群で、さすが高級旅館だなあ、と思いましたよ。

しかも、肌がすべすべになって、本当にスゴイ温泉だと思います。
温度が適温なら、ずっと入っていたと思われます。

だけに、水で薄めるのはためらいましたよ・・・・。罪悪感さえ感じたほどでした。

でもそう、早く入りたい!!!
のでガンガン薄めてしまいました(笑)

はじめまして、みみんです。

鴨ミールさん、こんにちは。初めて書き込みいたします。

61番のお部屋、興味津々で拝見いたしました!
鴨ミールさんの丁寧な解説に、まるで自分がお部屋に入っているような感覚でワクワクしました♪
隣のお部屋と玄関が一緒という作りも面白いですね。

大好きなお宿が自分とは違った視点から解説して頂けると、
とても新鮮で楽しいですv-353

主室が10畳とは広いですね。
私が泊まった80番は8畳だったかな?
お風呂のタイルも凝っていて風情がありますね〜。
大きさと温度の解説も素晴らしいです(拍手!)
じゅうべいさんと同じく、私も今度からメジャーと温度計を持参したくなりました^^

お湯がとても熱かったのは大変でしたね。
私が去年行った時は8月お盆過ぎでしたが、お湯が熱い印象はなかったです。
でももし今度熱くても、じゅうべいさんを見習ってお願いしてみようと思います。

何度もお風呂に入るから、浴衣とバスタオルは二枚あれば、、、や、
あと鍵が二つあれば、、、なんて最初はアンケートに書いていましたが、
今はもう大好きだからなんでもOK状態です(笑)

私は一番最初はJTBから予約して『80番』に案内されました。
それから4回行っていますが、ずっと80番です。冒険しろよって感じなんですが^^;
今回こうして『61番』を拝見出来て、とても幸せで興奮しましたv-344

じゅうべいさんが泊まられたお風呂の大きな『83番』も良さそうですし、
二人用では『82』や『26〜27』、『65』と『67』も気になります。
私は次回の訪問は秋頃になりそうですが、どこにしようか迷います〜。
う〜ん、やはり『80』をリクエストしてしまうかも知れません。
でも空いてなかったら、どこの部屋になるのかもまた楽しみですね。
大浴場や食事編などの続きも楽しみにしています。

みみんさんへ。

みみんさん、こんばんは。

> 鴨ミールさん、こんにちは。初めて書き込みいたします。

見ていただいただけで嬉しいのに、コメントまでありがとうございました。

> 61番のお部屋、興味津々で拝見いたしました!
> 隣のお部屋と玄関が一緒という作りも面白いですね。

面白い作りですよね。玄関開けたらびっくりしましたよ(笑)
80番は独立しているから、こんなことは無いですよね。

> 大好きなお宿が自分とは違った視点から解説して頂けると、
> とても新鮮で楽しいですv-353

みみんさんの花屋さんレポをじっくり読ませていただいてから
花屋さんに行きました。
花屋さんは、みみんさんが完璧なレポを書いているので、私、
実はちょっとためらってしまったのですよね・・・。
まあ、部屋が違うので、部屋のレポは一番気合いを入れました(笑)

> 主室が10畳とは広いですね。
> 私が泊まった80番は8畳だったかな?
> お風呂のタイルも凝っていて風情がありますね〜。

帰ってきてから、またみみんさんのレポを見たら
お風呂の様子とか確かに違いましたね。
80番の部屋は、2方向が窓なので明るいですよね。
お風呂も洗い場スペースが広く、やはり明るいですね。
61番の部屋は10畳で広かったですけど、若干暗めでした。

> 大きさと温度の解説も素晴らしいです(拍手!)
> じゅうべいさんと同じく、私も今度からメジャーと温度計を持参したくなりました^^

風呂にも入らずに、118cm・・・なんて計っているのは、客観的に見て変です(笑)
まあ、少しでも大きさの実感が伝わればなあ、と思っていますけど。

> お湯がとても熱かったのは大変でしたね。
> 私が去年行った時は8月お盆過ぎでしたが、お湯が熱い印象はなかったです。
> でももし今度熱くても、じゅうべいさんを見習ってお願いしてみようと思います。

みみんさんのレポを見ても、他の方のレポを見ても
「熱め」とは書かれていますが、「熱い」とは書かれていませんでした(笑)
多少は覚悟していったのですが、熱すぎました・・・(泣)
夏だから温度調節が難しかったのですかねえ・・・。

> 何度もお風呂に入るから、浴衣とバスタオルは二枚あれば、、、や、
> あと鍵が二つあれば、、、なんて最初はアンケートに書いていましたが、
> 今はもう大好きだからなんでもOK状態です(笑)

鍵のことは私もアンケートに書きました。
多分ほとんどの方がアンケートに書いていると思いますが、
一向に変わらないところを見ると、鍵2個は恐らく実現しないでしょうね・・・。

確かに浴衣とバスタオルも二枚ほしいですよね。
これは実現可能なサービスだと思いますけど・・・。

みみんさんのように宿を好きになってしまうと、細かいことはどうでも良くなりますよね。
花屋さんは素晴らしいところが沢山あるので、不満は気にならなくなってしまいそうです。

> 私は一番最初はJTBから予約して『80番』に案内されました。
> それから4回行っていますが、ずっと80番です。冒険しろよって感じなんですが^^;
> 今回こうして『61番』を拝見出来て、とても幸せで興奮しましたv-344

みみんさんは全て80番ですか。相当お気に入りですね!
私は今回が初めてなので、61番でも大満足してしまいました。
花屋さんは全ての部屋が違っているそうなので、違いを楽しむのも良いかもしれませんね。

> じゅうべいさんが泊まられたお風呂の大きな『83番』も良さそうですし、
> 二人用では『82』や『26〜27』、『65』と『67』も気になります。
> 私は次回の訪問は秋頃になりそうですが、どこにしようか迷います〜。
> う〜ん、やはり『80』をリクエストしてしまうかも知れません。
> でも空いてなかったら、どこの部屋になるのかもまた楽しみですね。

83番は部屋の風呂が広い、と聞いただけで次回は83番に泊まってみたくなりましたよ!
みみんさんがこだわる80番も一回泊まってみたいですけどね。
自分で部屋をリクエストするとなると、本当に悩みますよね。嬉しい悩み。
私は今回びゅうのツアーだったので、部屋が選べませんでしたが、
かえってくじ引きみたいで、どこの部屋か分からず楽しみでした。

> 大浴場や食事編などの続きも楽しみにしています。

大浴場や食事は完全にじゅうべいさんとカブるので、
簡易バージョンで書こうと思っています^^;
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ