おとぎの宿米屋 その2 部屋編

2013年8月 おとぎの宿米屋@須賀川 宿泊 FC2ブログ

その2 部屋編。

おとぎの里・ももたろう。ドアは引き戸ですが、開ける時がやけに重たい。
y544.jpg

開けるとシンプルで狭い踏み込み。
y546.jpg

部屋から撮した踏み込み。半畳分サイズ。尤も靴を脱ぐわけでもないし、コレで十分、て感じ。
y628.jpg

踏み込みに可愛らしい桃太郎の置物がありました。各部屋にちなんだ置物があるのでしょうね
y547.jpg

おとぎの里・ももたろうの部屋。和室12畳半。二人専用。おとぎの里は全室禁煙です。
y551.jpg

入り口と反対側から写した写真。右が入り口で、左は洗面所の引き戸。y553.jpg
さすがに12畳半はベッドを置いても広々としています。改装して2年なのでメチャメチャ綺麗です。

ベッドはとても寝心地の良いもの。夜中に一度も目が覚めませんでした。枕は厚めな感じ。
y554.jpg
置いてある椅子は、飛騨高山の【柏木工】製でした。何故か一つは肘掛け無し。
とても座り心地の良い椅子で、快適でした。

洗面所は少々狭いです。各部屋でタイルの色が違うみたいですね。
y560.jpg

椅子は小ぶりな半月型でした。ゴミ箱はコレ1個。
y569.jpg

男性用化粧品は資生堂The Amenity。
y563.jpg

アメニティは一通り揃っていて、不足なし、って感じです。
y564.jpg
歯ブラシセット2個、ヘヤーブラシ2個、かみそり1個、シャワーキャップ1個、
コットンセット1個、ヘアーゴム1個、シェービングジェル1個。

女性用化粧品は、おとぎの泉・温泉化粧水さらさら、温泉乳液さらさら。
y565.jpg

ドライヤー、泡の薬用ハンドソープ。コップ2個、手ふきタオルは4枚と充実。
sy566.jpg sy567.jpg

洗面台の反対側はトイレ。ウォシュレットで快適。ライトは自動点灯で便利便利。
sy570.jpg sy571.jpg
おとぎの丘と違い、トイレットペーパーホルダーが普通でした。

壁掛けテレビはシャープアクオス32インチ。この部屋では十分ですね。右の木製家具は、
下が冷蔵庫、上がコップ類。象印電気ポット1.4ℓと無料のミネラルウォーター2本。
y591.jpg
テレビはBD、DVDの再生装置付き。ソフトはフロントで借りられるみたいです。

上部にお茶セット。お茶を入れるのが急須じゃなくて、ティーポットのような気が・・・。
y599.jpg

煎茶は茶葉を多めに入れると美味しい! 茶托は布製。
y634.jpg
しかし、茶殻捨てが無いのには困った・・・。普通茶殻捨てがありますよね?

下の扉を開けると冷蔵庫があります。
sy601.jpg sy602.jpg
狭い空間で熱が逃げず、上にある茶碗とか急須とか暖かくなっていたけど、大丈夫なのでしょうか?
冷蔵庫は放熱を良くした方がいいと思うのですが、扉の上部にスリット一本。
そのせいかどうか、冷蔵庫の中は余り冷えていなかったです。

冷蔵庫の中のものは全品無料。太っ腹です。玉手箱はキュウリ。
y603.jpg
福島・桃の恵み果汁100%、さるなしジュース果汁10%、ハートランドビール小瓶330ml
そしてミネラルウォーター。
ぜ~んぶ無料です。でも大浴場に行ったり、写真を撮ったりしていて忙しくて、
ビールが飲めなかった~(泣)。
何年か前は冷蔵庫飲料が無料でしたが、ここ最近はミネラルウォーターだけになっていました。
また冷蔵庫飲料無料が復活したのですね。これは嬉しかった♪

陶器の玉手箱には米屋名物・キュウリ。美味しくてあっという間に食べてしまいます\(^O^)/
y606.jpg

テーブルの上にはお菓子。以前あったクッキーがなくなり、ふやきになっていました。
y593.jpg

あんこ入りの饅頭は美味しいけど甘~いです。ふやきも前面に砂糖が塗ってあるのでやはり甘いです。
y594.jpg

鍵は2つ。米屋さんの良いところですね。キーホルダーもちゃんと桃の形。
y592.jpg

テレビの横に可愛らしいお花がちょこんと。
y631.jpg

こんな但し書きもありました。
y630.jpg

洋服掛けの中に浴衣、タオルなど。
sy608.jpg sy609.jpg

脱衣カゴの中にバスタオル4枚、足ふきタオル1枚、ガーゼタオル2枚。
y611.jpg
バスタオル1人2枚は嬉しいですし、フェイスタオルは高級しっかりガーゼと大満足な内容。

下の引き出しに浴衣1人2枚、たびソックス、陣羽織。浴衣は前回の記録があったのか、適正サイズでした。
y613.jpg
が~ん!大ショック!!
おとぎの丘にあったワッフルパジャマが無~い!!!
米屋さんはパジャマがあると思い込んでいました・・・。
無ければ無いで用意をしたのですけど・・・。これはかなりダメージを受けました・・・^^;
ウェブページにはパジャマって書いてあるのだけどなあ・・・。

大浴場に行く時に便利なカゴはちゃんとありました。
y616.jpg

ベッドサイドに金庫。上のスイッチでライトが全部消せるので便利でした。
y617.jpg

金庫はおとぎの丘と比べると小さいですが、貴重品だけなら十分だと思います。
y618.jpg
おとぎの丘には空気清浄機がありましたが、おとぎの里は無かったです。
部屋は匂いも無かったので、別に空気清浄機は必要なかったですけど、無いと何か淋しい。

部屋から見た、部屋付き露天風呂。
y574.jpg

障子には細かい細工もしてあります。
sy625.jpg sy626.jpg

おとぎの里部屋付き露天風呂。直放流のため石けんシャンプー類は使用できません。
y577.jpg

陶器の風呂桶、直径108cmですが、下に行くほど狭まっていて、身長170cmの私は足が伸ばせませんでした。
うーん、ちょっと淋しい。互い違いに向き合うようなら、2人で入れます。
y581-2.jpg
深さも55cmくらいあり、段はないので半身浴は出来ません。

風呂からの景色。お風呂側半分に屋根が付いているので、少々の雨なら大丈夫そうです。
y579.jpg

温泉表示板。PH8.9の源泉掛け流しですが、源泉温度が51.4℃と高く、どう冷ますかが問題。
y584.jpg

到着時、気温32℃の中、湯口49.8℃、湯温48.2℃の激熱。
y585.jpg
すぐに給湯を止めて冷ましました。夕食後には入れる温度になっていました。

黄色みがかった化粧水のようなトロトロ温泉です。体中に細かい泡がつきます。
肌がすべすべになる温泉で、入っている間中、身体を撫で回しています。
このお湯に浸かるのは、かなり幸せです。

加水しなければ、大鷹の湯に近いです。到着時の状態で、大鷹の湯の0.7倍という感じでしょうか。
とても良い源泉なので、加水で湯温を下げるのは非常にモッタイナイです・・・。

源泉とお水の栓が独立しているので、自分で量を調節出来るのは良かったですね。
しかし、ぬるくなったお湯を熱くするのは簡単ですが、熱いお湯を冷ますのは難しい。

壁全体の写真を取り忘れましたが、上の写真の上部にバスローブ掛けのような突起が2つ。
y589.jpg
露天風呂に入る時バスタオルを掛けるのに便利です。

それの反対側にタオル掛けのような棒がありました。
y588.jpg
なんとおとぎの里にはタオル掛けが無いのです!
仕方が無いので、フェイスタオルはここに、バスタオルは椅子の背もたれに干す羽目に。
椅子に濡れたバスタオルを掛けるのは良くないと思いつつも、
タオル掛けが無いため仕方なく掛けてしまいました・・・・。

タオル掛けの無い部屋に泊まったのは初めてかも・・・・・。かなりマイナスポイントでしたね。

あと、部屋ではWiーFi(無線LAN)が快適に使えました。
電波は弱めでしたが、速度は速く、サクサクとNexus7が使えましたよ。

その3につづく・・・。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

おとぎの宿は夢のまた夢

こんにちは。しばらく忙しくて出遅れました。すいません。
8月に温泉に行く時間がとれない身からすると、あまりに羨ましいです。しかもウチには無理な高級旅館じゃないですか。こちらに泊まるのは間違いなく夢のまた夢。安らぎに溢れたおとぎの国に行けることはないのではないかと、殺伐とした心の私は思うばかりです(笑)
今回の部屋だといろいろと見劣りがする部分もあるのですね。でも部屋に掛け流しのお風呂があるだけで、ウチのような小市民には十二分です。とろとろのお湯を部屋で体験できるのはとっても快適そう。こういう陶器のまるいお風呂なら、やっぱり1人でゆっくり利用したいものです。
そして風呂上がりには胡瓜をアテに、ハートランドをごくっといきたいものです。冷蔵庫内が無料って、やっぱりなんかリッチに感じて嬉しいもんですよね。

遠霞さんへ

遠霞さん、こんばんは。

> こんにちは。しばらく忙しくて出遅れました。すいません。

お忙しいのにコメントありがとうございました。

> 8月に温泉に行く時間がとれない身からすると、あまりに羨ましいです。しかもウチには無理な高級旅館じゃ
ないですか。こちらに泊まるのは間違いなく夢のまた夢。安らぎに溢れたおとぎの国に行けることはないのではないかと、殺伐とした心の私は思うばかりです(笑)

遠霞さんのように数多く行けるわけではないので、大分贅沢をしています(笑)
私はすみれの連泊の方がウラヤマシイですが・・・。

> 今回の部屋だといろいろと見劣りがする部分もあるのですね。でも部屋に掛け流しのお風呂があるだけで、ウチのような小市民には十二分です。とろとろのお湯を部屋で体験できるのはとっても快適そう。こういう陶器のまるいお風呂なら、やっぱり1人でゆっくり利用したいものです。

本館おとぎの丘と比べると見劣りのする部分があるので、
いろいろ文句を並べていますが、確かに部屋に風呂が付いているだけで贅沢ですよね。
しかも源泉掛け流しのトロトロ温泉ですから、文句を言うとバチが当たりそうです・・・。

米屋さんは湯量が(多分)豊富なので、もう少し大きくてもいいかなあ、とは思いますけどね。

> そして風呂上がりには胡瓜をアテに、ハートランドをごくっといきたいものです。冷蔵庫内が無料って、やっぱりなんかリッチに感じて嬉しいもんですよね。

夏はビールに漬け物、最高ですよね(笑)
冷蔵庫無料は本当にリッチに感じます。なんか自分が偉くなったみたい(笑)

冷蔵庫無料はそれなりに経費がかかるのでしょうが、経費以上に効果があると思いますよね。
ものすごくトクをした気になって、宿の印象が数段階上がりますよね(笑)

純粋にお湯を楽しみたいわ~~♡^▽^♡

こんばんはv-221

細かい拘りが細部までありますが、滞在中に必要な物が抜けてるのは困りますネ┐('~`;)┌
泉質の良さが帳消ししてくれればラッキーですが・・・
どうだったんでしょうか~(*^m^)o==3プッ

おっしゃる通り部屋風呂の大きさがケチくさいですねぇv-393
有り余るほどの湯量があるのだから、せめて足を伸ばして入れるくらいは欲しいですv-427
宿の方向性なのでしょうが・・・つくづく大鷹は大したものだと思いますv-344
米屋も素晴らしい源泉の良さを前に出すようにしたらいいのに~
熱交換で源泉を冷ますとかね~
加水したら泡付きを知らないままのお客さんだって多いと思います。
実にもったいないv-395
お客をお湯にハマらせてしまえばもっと集客できるのにね~~

PS:源泉のコックを閉めて温度調節ができるのはいいですね~
   冷めるまで待つ時間が好きv-344

じゅうべいさんへ

じゅうべいさん、こんばんは。

> 滞在中に必要な物が抜けてるのは困りますネ┐('~`;)┌

そうなんです。本当にその通りなんです。
タオル掛けは贅沢品では無くて、必需品だと思うのですが、無いのです・・・。

他の方のブログを見ると、タオル掛けが写っている写真もあったので、
もしかしたら、この部屋に置いておくのを忘れたのかもしれませんが・・・。

> 泉質の良さが帳消ししてくれればラッキーですが・・・
> どうだったんでしょうか~(*^m^)o==3プッ

これはもう十分に帳消ししてくれました\(^O^)/
前回泊まった時より、泡が沢山つきましたし、翌日はもう炭酸泉かと思うほど!
やっぱり加水の量を減らせば減らすほど、トロトロ泡泡温泉になりますね。

> おっしゃる通り部屋風呂の大きさがケチくさいですねぇv-393
> 有り余るほどの湯量があるのだから、せめて足を伸ばして入れるくらいは欲しいですv-427

そうなんですよね・・・。米屋さんは確か湯量が豊富なはずなのですが。

でもまあ、このおとぎの里の風呂桶は、改装前と同じで、手を加えていないと思います。
おとぎの里の改装は、震災後の緊縮財政の中でやったので、風呂桶までは手が回らなかったのでしょうね。

今後改装の予定があれば、一回り大きい風呂桶にしてほしいですね。せめて足が伸ばせる程度に。

> 宿の方向性なのでしょうが・・・つくづく大鷹は大したものだと思いますv-344
> 米屋も素晴らしい源泉の良さを前に出すようにしたらいいのに~
> 熱交換で源泉を冷ますとかね~

大鷹の湯のこだわりが、米屋さんにもほしいです。源泉ではそれほど負けていないですからね。
湯守さんいれば良いと思うのですけど。

> 加水したら泡付きを知らないままのお客さんだって多いと思います。
> 実にもったいないv-395
> お客をお湯にハマらせてしまえばもっと集客できるのにね~~

大浴場は加水で温度を下げているのでほとんど泡が付かないですよね。

泡が付くのを知らないお客さんがいるかもしれませんねえ。
確かにモッタイナイですが、あんまり客がお湯にハマってしまうと、
超人気宿になってしまって私が予約できなくなってしまいます(笑)
源泉五つ星になって、宣伝しないのが理想(笑)

> PS:源泉のコックを閉めて温度調節ができるのはいいですね~
>    冷めるまで待つ時間が好きv-344

別所温泉花屋さんでは温度調節が出来なくて、加水して入ってしまい、とても残念でした。
じゅうべいさんに教わったように、米屋さんはお湯を止めて温度を下げたので、
トロトロ泡泡温泉が楽しめました\(^O^)/
気温が高かったので、冷めるのにエライ時間がかかりましたけど・・・。

米屋は寒い時期が良いかも~

こんばんは~
またまた、おじゃましま~~すv-397
加水のお湯と100%のお湯の差は歴然でしょ?
ここは寒い時期がいいかもですよ~
お湯が冷め過ぎたら足すって感じで浸かれば大鷹と同じくらいの肌になりますよv-344
お湯の話をしているとワクワクしてきますが、スイッチは入りませ~~~ん(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
私は大鷹派ですv-411v-426

じゅうべいさんへ

じゅうべいさん、こんばんは。

> 加水のお湯と100%のお湯の差は歴然でしょ?

もう全然違いますね!。
トロトロ度も違いますが、米屋さんは泡の付き方が全く違いましたよ\(^O^)/

> ここは寒い時期がいいかもですよ~

そうそう、夏はなかなか冷めなかったので、冬の方が温度調節が楽そうですね。

> お湯が冷め過ぎたら足すって感じで浸かれば大鷹と同じくらいの肌になりますよv-344

朝は冷えた湯船に源泉を入れたので、丁度良い温度でした。
本当に源泉は大鷹の湯に負けないですよね。泡の付き方は大鷹の湯に勝っている感じでしたよ。

> お湯の話をしているとワクワクしてきますが、スイッチは入りませ~~~ん(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
> 私は大鷹派ですv-411v-426

お湯にこだわると、大鷹の湯の姿勢が断然勝っていますからねえ。

私はどちらも大好きです\(^O^)/
源泉五つ星で、値段も格安の大鷹の湯も大好きですが、
米屋の宿全体の統一された雰囲気が大好きなのです。
おとぎの世界、とまではいかないですが、非日常な空間をたっぷり味わえて
何か金持ちになった気がします(笑)
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ