ONSEN RYOKAN 山喜 その2 風呂編

2013年10月 板室温泉 ONSEN RYOKAN 山喜に行ってきました。FC2ブログ

その2 山喜 風呂編。

の部屋はビューバス付きです。洗面所への扉を開けたところ。
ya825.jpg

洗面所の幅一杯の巨大な鏡と、風呂場と洗面所を仕切るガラス。ここも華麗です~。
ya828.jpg

ドアは全面ガラス! ビューバスというのは窓付の内風呂です。窓は片方しか開きません。
ya843.jpg

タイルもコップも液体石けん容器も、ぜ~んぶオサレ~。
ya830.jpg

ティッシュと手ふきタオルと温泉炭石けん・お試しサイズが置いてありました。
ya833.jpg

歯ブラシセット、ヘアーブラシ、くし、カミソリ、シャワーキャップ、ヘアーターバン、コットンセット。
ya835.jpg
アメニティはバッチリ。ヘアーターバンなんていうのは初めてでした。

女性用化粧品は松山油脂のリーフ&ボタニクス。フェイスウォーター、エッセンス、クレンジング。
ya838.jpg
高級そうです。

洗面台の下に、足ふきマットとバスローブ。
ya_841.jpg  ya_842.jpg

楓の部屋のビューバス。総ヒノキ風呂です。源泉掛け流しです。贅沢です。
ya846.jpg
PH9.6。入浴中は肌がキチキチしますが、風呂上がりはスベスベになる温泉です。
湯口41.3℃、湯船40.2℃と快適です。湯温が低いので、ずっと入っていられます。幸せ~。

内径で124cm×70cm。深さ55cm。並んでは苦しいですが、互い違いなら二人で入れます。
ya849-1.jpg

縦方向、足は十分伸ばせます。横を向くと体育座りでちょっと苦しい。
ya_064-2.jpg  ya_062.jpg

アルカリ単純温泉。じゃぶじゃぶ出ています。
ya856.jpg
源泉の温度は変えられませんが、湯量は湯口の上のコックをひねると調節できます。
「お湯の音がうるさければ、コックを閉めてください」と説明を受けました。
私たちは全く気にならなかったので、お湯を出しっ放しにしておきました。

シャワー、カラン付き。
ya861.jpg

シャンプー類はやはりリーフ&ボタニクス。使わなかったので感想は無しです。
ya864.jpg
ご丁寧に「シャンプー」とか「リンス」とかの札がかけてあります。
これは分かりやすかったです。本当に細かい気遣いがある宿ですね~。

洗面所の横はトイレです。壁に拡大鏡がついていました。至れり尽くせり。
ya_868.jpg  ya_867.jpg

トイレも木の床でとても綺麗です。もちろんウォシュレット。
ya_875.jpg  ya_873.jpg

バルコニーから見えるビューバス。この窓ははめ込みで開きません。
ya884.jpg

大浴場・・・ではなく湯処に行ってみました。ロビーのフロントの前が湯処入り口。
ya925.jpg

湯処利用時間は15:00~22:00と24:00~10:00。22時~24時の2時間は貸し切りになります。
ya929.jpg
風呂が2つで50分貸し切りですから、2時間で4組です。
全8室で風呂なしの部屋が6室ですから、全員は利用できませんね。
早い者勝ちみたいなので、チェックインと同時に予約しないと取れない可能性があります。

夕方は手前が男性、奥が女性用でした。その奥、突き当りにフィッティングルームがあります。
ya928.jpg
男女の交代があったかどうかは良く覚えていません・・・・。
何せ部屋のお風呂が良すぎて、湯処は一回しか入らなかったのです。

フィッティングルームで色々な種類の枕が選べます。
ya933.jpg
部屋の枕が合わなければ、ここで他の枕を選べます。抱き枕もありました~。
私達は部屋の枕で何の不満も無かったので、そのまま寝てしまいました。

湯処「温」(ぬくもり)。この時間は男性用でした。入って左はトイレ。
ya_963.jpg  ya_965.jpg

お水とポップなコップが置いてありました。
ya968.jpg

部屋の名前が書いてあるクリップ。スリッパや脱衣かごにくっつけて区別するもの。
ya969.jpg
ちょっとしたことですけど、こういう配慮があるととても嬉しくなってしまいます。

脱衣カゴ沢山と、扇風機と体重計。
ya_972.jpg  ya_976.jpg

洗面台2つ。化粧品、アメニティ、ドライヤーあり。
ya_978.jpg  ya_977.jpg

浴場入り口。何故か2つあるドア。
ya981.jpg

シャワー、カランは3つ。ちゃんと仕切り版付き。
ya983.jpg

ポーラのシャンプーシリーズ。やはり親切な日本語の札付き。
ya984.jpg

洗顔は部屋のと同じです。
ya985.jpg

浴室隅にお風呂で読める耐水本がありました。「我が輩は猫である」系の文学系のみ。
ya_989.jpg  s-9990.jpg

「温」内風呂。奥に立ち湯があります。湯温40.8℃とぬる湯好きの私には快適温度です。
ya982.jpg
それほど広くないですが、部屋数も少ないので余り問題は無いのではないでしょうか。

「温」露天。これは3~4人でいっぱいという感じのものでした。2m四方くらいでしょうか。
ya991.jpg
こちらは屋外なのでぬるくて、38.6℃。肩まで浸かっていてものぼせません。

誰もいなかったので、女性用を相方に撮ってもらいました。湯処「陽」(ひだまり)。
ya_960.jpg  ya_939.jpg  

お水やコップは同じですね。
ya_940.jpg  ya_959.jpg

クリップも同じです。
ya958.jpg

脱衣カゴと洗面台。こっちは洗面台が3つあります。
ya_941.jpg  ya_942.jpg

体重計と休憩用の椅子。座り心地のよさそうな椅子ですねえ。
ya957.jpg

シャワー&カランも3つで同じです。
ya944.jpg

湯処「陽」内風呂。それほど広くないようです。中には一段深いところがあって立って入ります。
ya945.jpg

立ち湯の上にひもがぶら下がっていて、それにつかまることも出来ます。
足下は石が敷いてあって、足つぼマッサージのようです。
立つと痛かったのは私も相方も同じでした・・・。どこか体が悪いのでしょうか?
ya951.jpg
立ち湯なんて初めてで面白かったです。

「陽」の露天。大きさは「温」と同じくらいでしょう。
ya946.jpg

こちらには寝いすがあるようです。ほてった身体を休めるのに気持ちよさそうです。
ya948.jpg

一風呂浴びた後、板室温泉神社があるというのでお参りしてきました。

昨年は10月8日に板室温泉神社祭礼というのがあったそうです。
「北西の山腹に位置し、温泉の守護神が奉られている板室温泉神社の祭礼。
境内には杖をついて訪れた湯治客が、療養後には必要なくなった杖を奉納して帰る習わしがあります。」

と、【板室温泉旅館組合公式サイト】にありました。
杖が必要なくなる! 板室温泉の効果恐るべしですね~。

温泉街を抜けて、加登屋旅館本館の先を曲がると温泉神社への道。
ya_038.jpg  ya_037.jpg

途中観音様が祭ってあって、飲泉所がありました。
ya_034.jpg  ya_033.jpg

山の上に温泉神社があります。5分くらいですけど急勾配を登っていきます。
ya_030.jpg  ya_031.jpg
つづら折りを登っていくのですが、途中が直線コースで神社方面に登っていくのを目撃。
猿が私達よりも先にお参りしたかどうかは定かではありません・・・。

そういえば、宿のしおりにも「野生の猿が散歩していますが、絶対にえさを与えないでください。」
って書いてありました。

その3 夕食編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

すっごく魅力的♪

こんばんは。
やはりやはり、部屋についているお風呂は、かなり魅力的ですね♪
ちょうど洗面所の隣に、ガラス越しについているのですね。ウチが泊まった部屋だと、そこにトイレがある感じですが、こちらのお部屋だとトイレが独立していて、お風呂が洗面所にくっつくという構造なのですね。掛け流しの部屋付風呂はとっても魅力的で、ここを選択なさった鴨ミールさんの卓見を羨ましがるばかりです。それでもウチはきっと一番安い部屋なんだろうなぁ…これから先も。
男湯も女湯もそうですが、なぜ入口が2カ所あるのかはホントわかりません。いつか何かを増設したいのか、それとも?? あとお風呂の貸切は申し込み順のようですね。連泊すれば誰よりも早く予約できるので22:00代が予約できますが、あとはとにかく15:00に入って速攻で予約するしかないようです。その点、部屋にお風呂があるとラクですね。でもウチは温泉宿ではかなり早寝なので、22:00でも寝てしまいそうで…(汗)

モザイクタイル

なんとも可愛らしい洗面ですね~( ´∀`)
素敵♪

貸切のお風呂は4組先着ですかあ。
早めのチェックインが必至ですね(・ω・)

大浴場の湯温がぬるめなのも嬉しい情報です♪
熱いよりはぬるめがイイわあ.(´∀`人)
一ヶ所だけ立ち湯って面白いデザイン・・・
ワタシも足が痛むと思います(不健康^^;

遠霞さんへ

遠霞さん、こんばんは。
> やはりやはり、部屋についているお風呂は、かなり魅力的ですね♪

大きさといい、ぬるめの湯温といい、素晴らしい部屋付風呂でした。
何度入ったか分からないくらい入りました。暇があれば入っている感じ。

> ちょうど洗面所の隣に、ガラス越しについているのですね。ウチが泊まった部屋だと、そこにトイレがある感じですが、こちらのお部屋だとトイレが独立していて、お風呂が洗面所にくっつくという構造なのですね。

遠霞さんのレポを拝見すると、そのようですね。
普段トイレの写真なんか撮らない遠霞さんが、思わず撮ってしまったトイレもステキでした。
でもスケスケのトイレより、スケスケの風呂の方が良いですよね(笑)

> それでもウチはきっと一番安い部屋なんだろうなぁ…これから先も。

遠霞さんの温泉宿泊は、私よりも遙かに多くの回数を行っていますからねえ。
毎回高い部屋に泊まるのも、経済的に無理がありますよね・・・。
でも新幹線で行くすみれと比べると、車で行く山喜の方が、交通費との合計では安かったです。

どの宿でも部屋に風呂がついている方が良いに決まっているのですが、
山喜は特に部屋に風呂がついていることが幸せでした。

> 男湯も女湯もそうですが、なぜ入口が2カ所あるのかはホントわかりません。いつか何かを増設したいのか、それとも??

今度山喜に行くことがあったら宿の方に聞いてみたいですね。
別所温泉花屋でも入り口が二つありましたが、あそこは昔が男女別の風呂だったので理解できます。
山喜のは隣り合わせにドアがありますからねえ・・・。不思議です。

> あとお風呂の貸切は申し込み順のようですね。連泊すれば誰よりも早く予約できるので22:00代が予約できますが、あとはとにかく15:00に入って速攻で予約するしかないようです。その点、部屋にお風呂があるとラクですね。でもウチは温泉宿ではかなり早寝なので、22:00でも寝てしまいそうで…(汗)

15:00のチェックインの時にチラと予約表を見たら、もうほとんど埋まっていたような気が・・・。
やっぱり連泊の人が先に申し込んでしまうのですね。

チェックイン時の説明の時に、従業員のお兄さんが
「○○様のお部屋は風呂がついていますから、貸し切りがふさがっていても大丈夫ですよね」と、
暗に「貸し切りを予約するなよ」と言われてしまいました(笑)

まっ、私も大概22:00には寝てしまうので、仮に空いていても入れそうもないので、
予約する気は無かったのですけど(笑)

うひひさんへ

うひひさん、こんばんは。

> なんとも可愛らしい洗面ですね~( ´∀`)
> 素敵♪

何かねえ、どこもステキなのですよ~。部屋も家具も洗面も。
細部までこだわっていて、統一感を出しているのがひしひしと伝わってくる宿でした。

> 貸切のお風呂は4組先着ですかあ。
> 早めのチェックインが必至ですね(・ω・)

遠霞さんのコメントの返事にも書きましたが、チェックインの時にもうほとんど埋まっていたような感じです。
この時は三連休の中日だったので、連泊の人がすかさず予約を入れていたのかもしれません。

山喜さんのプランを見ていたら(どこかの旅行サイトかもしれません)貸し切り風呂付プラン、
なんていうのもありましたから、貸し切りは争奪戦になりそうですね。

> 大浴場の湯温がぬるめなのも嬉しい情報です♪
> 熱いよりはぬるめがイイわあ.(´∀`人)

源泉がぬるいので、どこもぬるくて超快適でした。
私も、うひひさんと同じくぬる湯好きなので、もうホクホクでしたよ \(^O^)/

> 一ヶ所だけ立ち湯って面白いデザイン・・・
> ワタシも足が痛むと思います(不健康^^;

これも宿のご主人のこだわりのようですね。
遠霞さんのレポによると、この立ち湯に腰掛けるのも快適だとか。

やっぱり足つぼで痛くなるのは不健康ですよね(悲)
一分も立っていられなかった気がします・・・。

ん~~~旦那が・・・・・・・(*_*;

3年前に禁煙した私にはド・ストライクなんですが・・・・・・・v-395
好みの湯だし~清潔だし~部屋風呂もあるし~~
くやし~~~~~いv-406
永遠に行けないネ~~┐('~`)┌

じゅうべいさんへ

じゅうべいさん、こんばんは。

> 3年前に禁煙した私にはド・ストライクなんですが・・・・・・・v-395
> 好みの湯だし~清潔だし~部屋風呂もあるし~~
> くやし~~~~~いv-406
> 永遠に行けないネ~~┐('~`)┌

うーん、こればっかりはどうにもお助け出来ません・・・。
ご主人はタバコを止める気はないのでしょうか?

全館禁煙以外はじゅうべいさんにぴったりの宿ですよね。
私は板室温泉が初めてでしたが、柔らかくてとっても良いお湯でした。
ぬる湯だから、水で薄める心配も無かったですし。
本当にじゅうべいさんには行っていただきたいですけどね・・・。
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ