ONSEN RYOKAN 山喜 その3 夕食編

2013年10月 板室温泉 ONSEN RYOKAN 山喜に行ってきました。FC2ブログ

山喜さんのホームページは→【http://www.yamaki-onsen.com/index.shtml

その3 夕食編。

夕食は18:00か18:30かを選べます。私達は18:00からお願いしました。
時間になれば1階の食事処「楪」(ゆずりは)に行きます。おおっ!入口からして雰囲気があります。
ya071.jpg

ずずっと奥に行くと、個室食事処が並んでいました。テーブルの個室もあるようでした。
ya_151.jpg  ya_152.jpg

私達は左に曲がってすぐの座敷に案内されました。ここは茶室としても使えるようです。
個室ですが、天井部分は空いているので隣の声は良く聞こえます。
この日はお子様連れがいて、結構にぎやかでした~。
ya072.jpg
座布団がフカフカで気持ちよかったです。BGMはバイオリン。

最初に並んでいるのはこれだけ。後は順次運ばれてきます。
ya074.jpg

ランチョンマットは内容が異なっていました。何か楽しくなりますね。
ya_100.jpg  ya_101.jpg

お品書き付。「神無月のお献立」と書いてあるので、毎月内容が変わるのでしょうかね。
ya092.jpg

お品書きをどけたら、テーブルの真ん中に山喜マークが出現。この宿は至る所にこのマークが出没します。
ya095.jpg

日本酒は【遠霞さん】が注文していた鳳凰美田1合(750円)を頼みました。
ya097.jpg
メニューには甘口と書いてありましたが、結構辛口だったように感じました。
遠霞さんが飲んでいるだけあって、さすがの美味しさでした。
この真ん中に氷が入っているガラス徳利、どこかの宿でも出てきたような・・・。
でも、どこだったのか思い出せません。

相方は梅ジュース。
ya099.jpg

先付けと前菜。お箸が面白~い。なんと両側が使えるのです。
ya076.jpg
料理は一つ一つ丁寧に説明してくれます。女性従業員さんは、たどたどしいけど、一生懸命説明してくれます。

前菜姫りんごクリームチーズ焼、子持ち鮎甘露煮、茸時雨煮、
衣かつぎ、菊蕪、ボークジャーキー、煎り銀杏、いちょう丸十、そば松葉、紅葉麩

ya078.jpg
のっけからすごいビジュアルの料理が置いてあります。「秋っ!」って感じです。
真ん中に船の帆のように立っているのがポークジャーキー。珍しいです。
右の丸い器に載っているのがそば松葉で唯一食べられる松葉です。そばを油で揚げてありました。
衣かつぎはモチモチで物凄く美味しかった~。

姫りんごの真ん中にクリームチーズ焼が入っているというウマウマなもの。組み合わせが驚きですね。
ya_108.jpg  ya_109.jpg
左は子持ち鮎です。どの料理も丁寧に作ってあって、すべて美味しいです。
見ても楽しいし、食べても楽しい前菜でした。

先付柿釜白和え。栗、占地、もち湯葉、酢取り茗荷
ya082.jpg
柿をくり抜いて器代わりに。白和えがごまの香りたっぷりで美味しかったです。栗も茗荷もとても美味しい。

食前酒自家製果実酒。しそ梅酒でした。しその香りが強い酸っぱいお酒でした。
ya084.jpg

先付けと前菜を味わっていると、次が運ばれてきました。

御椀松茸の土瓶蒸。鱧(はも)、海老、粟麩(あわふ)、銀杏、三葉、酢立
ya_105.jpg
うひょ~!秋のお楽しみ、松茸の土瓶蒸しです!松茸の土瓶蒸しは何年ぶりだろう?
ya107.jpg
もう~汁も具もウマウマ!! 松茸が分厚くて食べ応えがありました。銀杏はモチモチ。
土瓶蒸し、身体に染み入りました~。幸せ~。

まだ松茸の土瓶蒸しに手も付けないうちに、またまた次が運ばれてきました。忙しい。

御造り鯛(たい)の昆布締めと季節の鮮魚。あしらいいろいろ
ya_111.jpg

鮪(まぐろ)とブリ。土佐醤油をつけて
ya113.jpg
ツヤツヤのブリ!脂がのっていて絶品もの!口の中で溶けました~。
鮪は柔らかくてネットリしていました。とろける赤身。栃木の山奥なのに、恐るべし山喜さん。

縮みこんにゃく。酢味噌をつけて
ya114.jpg
ちょっと水っぽくて凍みこんにゃくのような感じです。酢味噌が美味しいです。

鯛(たい)の昆布締め
ya115.jpg
写真の写し方が悪くて分かりにくいですが、魚の卵のようなもの(キャビア?)が添えてあります。
酸っぱくて、とても美味しい鯛でした。

焼物秋鮭の味噌バター焼、茸いろいろ、玉葱、インカのめざめ、長葱、いくら
ya_118.jpg
熱々を持ってきてくれました。持ってきた時にバターの香りが漂ってきました。
ya120.jpg
バターが染み渡っていてウマウマです。上の具が沢山あって、中々秋鮭にたどり着けません。
味噌がすごく美味しいのですけど、塩っぱくてご飯が欲しくなりました。

焼き物を持ってきた時に鍋の火をつけてくれました。

和牛と郡司豚のはりはり鍋。水菜、梅干、薬味、煎り酒
ya_087.jpg  ya_088.jpg
鍋にはあらかじめ梅干しが二つ入っていました。薬味はネギともみじおろし。
ya_123.jpg  ya_089.jpg
肉をしゃぶしゃぶのようにして食べます。
ya125.jpg
和牛は結構分厚いのにフワフワの美味しい肉でした。
郡司豚も柔らかくて深みのある味。これは極上の豚肉ですねえ~。
肉の量は少なめですが、私達にはこのくらいで十分。美味しい肉を少し、というのがいいですね。
水菜はシャキシャキで、ハリハリ鍋の名前にふさわしいものでした。

さすがにこの辺でお腹がいっぱいになってきました。

揚物秋刀魚の大葉揚。ししとう、稲穂、梅肉醤油
ya_126.jpg
稲穂も爆発して白くなったものは食べられます。稲穂はポップコーンみたいで、香ばしくて美味です。
ya128.jpg
秋刀魚は揚げたてでサックサク。脂ののった秋刀魚が塩味でウマウマ!!
焼いた秋刀魚より数倍美味しいです。梅肉醤油につけると魚臭さが消えてますます美味しくなります。

前半と打って変わって、ここからは大分時間を置いて配膳されます。

酢物栃木名産干瓢のサラダ。きゅうり、きくらげ、かに、水菜の茎(でしょうか?)
ya_130.jpg
マヨネーズ味です。クセが無く、美味しくてあっという間に食べてしまいました。
ya131.jpg

御食事那須産コシヒカリ、止椀、鯛味噌、自家製おしんこ
ya133.jpg
地元産のコシヒカリは新米でした。ツヤツヤのご飯でさすがに美味しい。
赤出汁はシメジと豆腐とネギ。美味しいですけど、残念なことに味噌汁はぬるかった・・・。

鯛味噌がうまいのなんのって!塩っぱくて、ご飯が進む進む。これは絶品ものですねえ!!
ya136.jpg
この鯛味噌持って帰りたかった!
しかし、お腹が一杯で、ご飯を食べるのが苦しかったです・・・。
この鯛味噌でもっとご飯を食べたかったです。私達の貧弱な胃袋が残念。

ほうじ茶を持ってきてくれました。とても美味しいほうじ茶でした。
ya143.jpg

水菓子本日のデザート。地元の牛乳で作った自家製クリームブリュレ、バニラアイス、梨とブドウ。
ya_145.jpg

クリームブリュレはクリームが濃厚で美味しいです。しかし甘かった~。バニラアイスがサッパリに感じました。
ya146.jpg

は柔らかくて洋梨のような味でした。甘くて美味しいです。ブドウも甘くて美味。
ya147.jpg
デザートも質・量ともに大満足でした。

山喜さんの夕食は、季節感たっぷりの極上食でした。評判通り食事はベラボウに美味しかったです。
材料はそれほど珍しものでは無いですが、組み合わせが面白く、予想外の味が楽しめました。
お品書きを見て、だいたい料理が想像できます。だけども、どれも想像を遙かに上まわる出来。
量も十分で大満足です。というか苦しかったです。

その4 朝食編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~( ´∀`)

べらぼうに美味しいんですね~♪
山の中でもお魚が美味しいお宿とそうでないお宿とありますが
山喜さんは前者で何よりだわあ♪

牛も豚もいただけるハリハリ鍋なんてスバラシイです(*≧m≦*)
お食事に定評あるお宿だけありますね!

何より助かったのが、テーブル席と座敷の席があるという情報。
私達は座敷が苦手なので、、事前にテーブル席をお願いしてみることにします~。
続きのレポも楽しみにしてますです♪(*^-^)

素晴らしいわ~~(*^∇^)ノ。・:*:・゜★,。

「おぬし中々やるのぉ~」
と言ってあげたい料理ですね~v-424
「すみれ」はスイッチは入らなかったのに「山喜」にスイッチオンしちゃってるんだけど・・・・・
旦那以外の人としか行けないわ~~v-393
遠霞さんや鴨ミールさんに憑いていこうかな~(*^m^)o==3プッ

うひひさんへ

うひひさん、こんばんは。

> べらぼうに美味しいんですね~♪
> 山の中でもお魚が美味しいお宿とそうでないお宿とありますが
> 山喜さんは前者で何よりだわあ♪

美味しすぎて、もう大変です(笑)。
どこから仕入れてくるのでしょうか・・・。

> 牛も豚もいただけるハリハリ鍋なんてスバラシイです(*≧m≦*)
> お食事に定評あるお宿だけありますね!

本当に評判通り、というか評判以上に食事が美味しかったです。私達にはどんぴしゃでしたね。

鍋で牛と豚の両方が出てきたのは初めてでした。
やっぱり同じ肉がたんまり出てくるより、種類があった方が楽しいですし、
牛と豚の違いがよく分かりました~(笑)

> 何より助かったのが、テーブル席と座敷の席があるという情報。
> 私達は座敷が苦手なので、、事前にテーブル席をお願いしてみることにします~。

ちらと覗いただけなので、100%確かなわけではないですが、
確かテーブル席があったと思いますよ。宿泊の前に聞いてみてくださいね。
でもまあ、少しでもお役にたてて良かったです。

じゅうべいさん、こちらにもありがとうございます。

じゅうべいさん、こんばんは。

> 「おぬし中々やるのぉ~」
> と言ってあげたい料理ですね~v-424
> 「すみれ」はスイッチは入らなかったのに「山喜」にスイッチオンしちゃってるんだけど・・・・・

おっ!!何とじゅうべいさん、こちらの料理にはスイッチが入ってしまいましたか!
季節感たっぷりですからね~。ウマウマですしね~。
すみれと違って肉責めではないので、全部食べられると思いますよ(笑)

> 旦那以外の人としか行けないわ~~v-393
> 遠霞さんや鴨ミールさんに憑いていこうかな~(*^m^)o==3プッ

付いてくるのはともかく、憑いてくるのは止めてください(笑)
そうだ、ご主人をほったらかして、お子さんたちと行くという手がありますね。
この際ご主人には泣いてもらう、ということで・・・。
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ