自在館2013年 その2 貸し切り風呂編

2013年12月 自在館@栃尾又温泉に行ってきました。FC2ブログ

その2 貸し切り風呂編

自在館さんのお風呂は貸し切りが3つあります。露天1つ、内風呂2つです。使用時間はどこも40分
無料ですが、フロントに行って空いているかどうかを確かめて予約しなければいけません。
これが面倒くさいっ!!
長静館さん@四万温泉のように簡素で分かりやすいシステムにしてくれませんかねえ・・・

フロントが夜9時に閉まってしまうから、それ以降の予約は9時までにしなければいけないし、
うかうかしていると、あっという間に予約が埋まってしまい、貸し切りに入れない、
と言う事態に陥る可能性があるので、注意が必要です。
混んでいる時は1日に2回までしかダメです、と言われてしまうし・・・。

まあ、再訪でそれを知っているので、初日はチェックインの時に貸し切りを予約しました。
この日も混んでいるので1日2回までと言われてしまいました。

部屋にある、風呂のタイムテーブル。これとにらめっこして風呂に行きます。
jz754-1.jpg
共同浴場「うえの湯」「したの湯」は時間で男女交代。
貸し切り風呂の「たぬきの湯」「うさぎの湯」は夜10時以降は男女別の浴場になります。
貸し切り内風呂は、混んでいる時、17時から19時まで貸し切りを止めて男女別浴場に。
時間はトテモ覚えられません・・・。

場所もあちこちにありますから、初めて来た客は大変です。
自在館の若旦那が「3回来ないと覚えられません」と客に説明していました(笑)

まずは露天の「うけづの湯」を予約。貸し切り露天「うけづの湯」は地下一階にあります。
地下一階まではエレベーターがあるので、階段の苦手な方も大丈夫です。
sjz815.jpg  sjz816.jpg

予約時間にフロントに行って鍵をもらいます。この時は14:30頃です。
jz817.jpg
本来は貸し切りを出る時に「入浴中」の看板を裏返して「空き」にするのですが、
私達の前の客がそのままにしていっているので、看板が入浴中になっています。
何で札がそのままかというと、前の組の人が時間を間違えて、10分超過して入っていた為、
慌てていたのだと想像します。

ドアを開けると広い脱衣場。綺麗ですが、掃除モップは目に見えない方が良いなあ、と思います。
jz820.jpg

脱衣カゴが3コ。洗面台にはティッシュと液体石けんと綿棒のみ。ドライヤーはありません。
sjz821.jpg  sjz822.jpg

貸し切り露天風呂「うけづの湯」。うけづというのは対岸の山の名前らしいです。
石けんとカランはありますが、シャワーやシャンプー類はないです。
jz825.jpg

広い風呂です。縦は240cmもあります。深さ54cm。横は二段階で奥が少し広くなっています。
jz850-2.jpg

反対側から見た写真。4、5人は入れそうです。2人で入るのは贅沢ですね。
jz838.jpg

もちろん温泉ですが、「うえの湯」「したの湯」とは異なる「栃尾又自在館1号」という自家源泉。
jz831.jpg
湯温は湯口41.9℃。奥が39.1℃、入り口側が39.0℃でした。
源泉温度は25.3℃と低いので加温してあります。pH値 7.5~7.7。飲めるみたいですね。

湯温は低いように思えますが、入っていればすぐに温まります。
途中からは肩まで侵っていられず、半身浴をしていました。

露天風呂からは雪景色が楽しめます。この時は雨が降っていましたが、屋根があるので全然平気です。
sjz844.jpg  sjz845.jpg



16:30に貸し切り内湯「たぬきの湯」を予約。やはりフロントで鍵をもらってきます。
sjz853.jpg  sjz854.jpg

貸し切り内湯はさらに下の地下2階に。階段を降りると正面が洗濯機のある部屋です。
sjz855.jpg  sjz857.jpg

湯治の宿なので洗濯機、乾燥機があります。左に曲がった突き当たりが貸し切り内湯。
sjz858.jpg  sjz859.jpg

左が「たぬきの湯」、右が「うさぎの湯」です。
sjz862.jpg  sjz861.jpg

鍵を開けて中に。「たぬきの湯」脱衣場。
jz863.jpg

夜は男性用浴場になるのでロッカーがあります。鍵のかかるロッカーはないです。体重計あり。
jz865.jpg

洗面台。シンプルです。ドライヤーは2個あります。でもあとはティッシュと綿棒のみです。
jz866.jpg

温泉表示板の他にこのような紙も貼ってあります。ここも露天と同じ「栃尾又自在館1号」源泉。
jz867.jpg

貸し切り内湯「たぬきの湯」。前に来た時にあった、窓際の目隠しはなくなっていました。スッキリ~。
jz872.jpg

夜は大浴場になりますから、とても広い浴槽。源泉掛け流しです。貸し切りは贅沢です!
真ん中の黒い岩は邪魔そうに見えますが、ここを背中に窓を向いて座るとズッコけなくてすみます。
jz876.jpg

横方向は265cmもあります。深さ60cm。湯口は44.5℃、湯温40.2℃でした。快適温度です。
jz878-2.jpg
むちゃむちゃ温まります。

カランは3個。
jz875.jpg

シャンプー類はなんと馬油シリーズ。これは嬉しい。
jz889.jpg

竹炭洗顔フォーム。炭の泥石けんもありました。
sjz884.jpg  sjz885.jpg

内湯なので、表の景色をじっくり見ることが出来ます。
jz897.jpg



次の日に「うさぎの湯」を予約しました。夜10時以降は女性風呂になります。
jz028.jpg

キーホルダーの絵がほのぼのしています。
jz061.jpg

ドアを開けると左がトイレ。右が脱衣場です。
jz030.jpg

タンスの上に可愛らしい人形が飾ってありました。
jz033.jpg

こんな可愛い絵柄のタペストリーもありました。
jz036.jpg

洗面台は「たぬきの湯」と同じです。ドライヤー、体重計あり。
jz031.jpg

うさぎの湯入り口。
jz034.jpg

やはりロッカーがあります。ここも鍵付きロッカーはありません。
jz035.jpg

「うさぎの湯」は「たぬきの湯」より一回り小さいです。それでも十分広い湯船です。
jz047.jpg

一番長いところで224cmもありますから、2人で使うのはとっても贅沢です。深さ53cm。
jz055-4.jpg
湯口42.7℃。浴槽は38.2℃とぬる湯好きの私達には最適温度。
こんな温度でも肩まで浸かっていると、すぐにのぼせてきます。後半は半身浴です。

カランは3個。タイルが明るくて、気分も明るくなります。
jz058.jpg

シャンプー類はたぬきと同じです。
sjz045.jpg  sjz043.jpg

貸し切りはどれも40分。余白の時間を取っていないので、
前の人が時間超過すると、後続の組はどんどん遅れていきます。

貸し切り3つのうち2つは10分遅れで入れました。

たぬきの湯は本来なら17時までの貸し切りでした。10分遅れで入ったので、出たのは17時10分。
17時から男性風呂になるので、17時10分に出たら客が並んでいて
「時間過ぎているのに、いつまで入っているんだよっ!」
と言う顔で睨まれました・・・・。

「悪いのは私達でなくて、前の組の人ですよ」と言える雰囲気でもなく、
逃げるように部屋に帰りました。何だかなあ・・・。

その3 共同浴場編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ふ、複雑・・・・

鴨ミールさんこんばんは( ´∀`)
なんて複雑な貸切システム。。
アホなワタシには全く頭に入ってきません(ノД`)
おまけに途中から男湯・女湯になったりするんですね。。
諦めて「空いてる時間でいいです。。」と言ってしまいそう^^;

それぞれ広々して素敵なお風呂です~(*≧m≦*)
おまけに、、湯温もぬるめでウレシイですね♪
二泊以上でないと全て入るのは難しそうだなあ(´・ω・)

雪景色の温泉は最高ですね♪(*^-^)

うひひの日。さんへ

うひひの日。さん、おはようございます。

> なんて複雑な貸切システム。。
> アホなワタシには全く頭に入ってきません(ノД`)
> おまけに途中から男湯・女湯になったりするんですね。。
> 諦めて「空いてる時間でいいです。。」と言ってしまいそう^^;

いや、まあ、空いている時間に予約するのですけどね(汗)
1日2回まで、と言われてしまうと、夕方にするか、夜の夕食後にするかを
悩んでしまうのです。その時は頭を悩ませます・・・。
いつでも、どこでも良ければ、全く考えずにすみます。

> それぞれ広々して素敵なお風呂です~(*≧m≦*)
> おまけに、、湯温もぬるめでウレシイですね♪

本当にぬる湯好きには堪えられないお風呂です。
広々としていて、もう最高ですっ!!

> 二泊以上でないと全て入るのは難しそうだなあ(´・ω・)

そうなんです。混んでいる時は一泊では全部入るのは難しいです。
前回は「うさぎの湯」に入れませんでした。

> 雪景色の温泉は最高ですね♪(*^-^)

風呂に入る直前は寒いですけどね。
温まってくると、雪景色の中の温泉は最高だなあ、って思いますよね!

計測には脱帽です

すごいです。
全部の貸切風呂の寸法が載ってますね。こういうデータはかつてなかったのでは、と思います。うえ・したの湯が夜間利用できないので、たぬきとうさぎを完全に貸切利用にしきれないが故の、面倒くささだと思いますね。ウチがだいぶ前に行ったときもこんなシステムでしたから、まぁ変更することも難しいのでしょうね。
内湯の貸切はほんとゆったりだからいいですよね。そして露天の貸切も大きな湯船でこれまたゆったりできた記憶があります。40分なんて短いくらいに感じますよね。露天は1時間は欲しくなるような…?

遠霞さんへ

遠霞さん、こんばんは。

> 全部の貸切風呂の寸法が載ってますね。こういうデータはかつてなかったのでは、と思います。

貸し切りは40分しかないのに、寸法を測って、湯温を測定していたら、
あっという間に10分くらい経っていました(笑)。アホですね~。

> うえ・したの湯が夜間利用できないので、たぬきとうさぎを完全に貸切利用にしきれないが故の、面倒くささだと思いますね。ウチがだいぶ前に行ったときもこんなシステムでしたから、まぁ変更することも難しいのでしょうね。

なるほどねえ。そう言う訳なのですか~。
苦肉の策というわけですね。それならこのシステムは変わりようがないですねえ・・・。
結構大きい宿なので、色々と大変なのでしょうね。

> 内湯の貸切はほんとゆったりだからいいですよね。そして露天の貸切も大きな湯船でこれまたゆったりできた記憶があります。40分なんて短いくらいに感じますよね。露天は1時間は欲しくなるような…?

無料でこんな大きな貸し切りはちょっと他ではないですよね。
予約の面倒くささも、貸し切りに入ってしまうとニコニコしてしまい、
もうすっかり忘れていますよ。

仰るように、露天は40分では短いですね。1時間くらいは入っていたいです。
屋根の雪がドカドカ落ちる音を聞いて、冷たい空気の中だと、
いくらでも入っていられる気がします。

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ