あせび野 木の蔵 2014年 その3

2014年2月 湯ヶ島温泉あせび野に行ってきました。FC2ブログ

その3 夕食編。

ごんたさんのレポ】とメニューが全く同じですけど、一応載せておきます(^^;)

夕食はチェックイン時に18:00か、18:40を選べます。私達は18:00をお願いしました。

あせび野さんの食事は1階の食事処でいただきます。廊下の両側に部屋がずらり。
sASB3386.jpg sASB3385.jpg

ずずっと奥に案内されて、一番奥の12番の部屋に。
sASB3381.jpg sASB3247.jpg

こんな感じの部屋に案内されました。テーブルの下に温風ヒーターがあって、足下も暖かいです。
ASB3248.jpg

扉も上の隙間も透明なアクリルがはめてあるので、ほとんど廊下や隣の音は聞こえません。
とても落ち着きます。
ASB3295.jpg

お品書きつき。かなり詳しく書いてあります。漢字が多くて読みづらい・・・。
ASB3266.jpg

おっ!なんと呼びボタンが設置してありました。特に使わなかったですけど、あると便利ですよね。
ASB3268.jpg

お酒はビール、日本酒、焼酎、ワインと色々あります。
ASB3255.jpg
日本酒は静岡県内の酒蔵さんのお酒がありました。
喜久醉(青島酒造)、初亀(初亀酒造)、磯自慢(磯自慢酒造)。

ビールは生ビール・一番搾りがグラスで735円、瓶ビール・スーパードライ中瓶945円、
瓶ビール・エビス小瓶840円などと、お酒類の値段は高めですね。
まあ、高級宿なんで、あまり問題にならないのかも。

例によって私は日本酒がさっぱり分からないので、
適当に「喜久醉 純米吟醸一合」1,575円を冷酒で頼みました。
ASB3276.jpg
辛口でした。濃厚で芳醇な味で、とても美味しいお酒でした。

お酒を飲まない相方にはほうじ茶。
ASB3277.jpg

唯一テーブルに並べられていた箸付。花山葵浸し。蒸あわび、竹の子、ラディッシュ、飛子(とびこ)。
sASB3252.jpg

沢山入っている飛子がプチプチ。あわびが柔らかくて美味しいです。
あわびも竹の子も鰹出汁で煮てあり、物凄く味が染みています。
ASB3253.jpg

前物。沢山のもの。一つずつ説明してくれました。絵のような前菜で、感動~。
sASB3279.jpg

枡大根、大豆、うすい豆、どんこ椎茸、助子旨煮、梅人参、ハマグリ手毬鮨。
ASB3288.jpg
大根で作った枡が面白~い。右上、ボケちゃっていますが、ハマグリを載せたちっちゃいお寿司です。
ミニチュアの握り鮨みたいで、これまた面白かったです。

車海老奉書巻、キャビア、太刀魚ポテト焼、豚八幡巻竜田揚げ、牡蠣田楽焼九条葱。
ASB3286-1.jpg
右端が太刀魚ポテト焼です。生クリームの入ったマッシュポテトの上に太刀魚が乗っていてウマウマ!
その横の豚竜田揚げは豚ロースが凄く美味しい!
車海老を巻いている白いものはくわい豆腐だそうです。プニプニしてお餅のように伸びました。
一番下は、牡蠣の上に田楽味噌が乗っていて、これがしょっぱくて美味しい。お酒が進む進む~。

吸物。河豚炙り焼、包み餅、白魚、若布、浜防風、蕨、木乃芽。熱々を持ってきてくれます。
sASB3296.jpg sASB3297.jpg

トラフグのあぶり焼きがウマウマ!濃厚な一番出汁が強烈な、悶絶吸い物です。
ASB3299.jpg

なんとこの辺でもうお腹が膨れてきました・・・。

絶妙なタイミングで持ってきてくれた造里。二人分です。
ASB3304.jpg

石鯛(イシダイ)、鮪(マグロ)、ムツ。マグロは本マグロです。地元の朝取りだそうです。
ASB3317-2.jpg
イシダイはコリコリしていて美味しい。本マグロは口の中で溶けてしまいました~。ウマウマ!
ムツはあっさり目ですけど、とても美味しい。
ムツの下にブニョブニョした謎の物体が・・・(写真ではほとんど見えないですが)。
食べてみたら、山葵玉子豆腐でした。辛い~。
醤油が非常に美味しかったです。さすがあせび野さん。

黄色い器を開けると刺身がまだ出てきます。
sASB3310.jpg sASB3311.jpg

小柱、蛸。軽く炙ってある蛸に梅が乗っています。
ASB3312.jpg
しょっぱい蛸は噛み応えがありました。無言でずっと噛んでいました(^^;)
小柱は甘くて、シャキシャキしていました。美味し~。

天城葉付山葵は自分で摺り下ろします。伊豆の宿ではお馴染みですね。
擦り方も教えてくれました。余り辛くなかったです。これが本物?
sASB3303.jpg sASB3302.jpg

造りを食べ終わった丁度のタイミングで焼物が運ばれてきました。熱々の三宝柑の横に何故か苺。
sASB3320.jpg sASB3329.jpg

三宝柑釜柚香焼き。ド迫力!茶碗蒸しのようになっているので、スプーンですくって食べます。
伊勢海老、甘鯛、雲子、生雲丹、一寸豆、山葵、亀甲、唐墨、菜種、ベビーリーフ。
ASB3327.jpg
雲子というのはタラの子供だそうです。子供っていうか白子でした。
上に乗っている生うにを口に入れた瞬間「うお~」って叫んでしまいました。猛烈に美味しい雲丹でした。
中に入っている大量の甘鯛もウマウマ。味が濃くって強烈な一品でした。

ここで完全にお腹が一杯に。もう食事終了しても全然OKでした。
相方はこの時点で胃薬を飲んでいました(^^;)

中皿。焼き物を食べている最中に運ばれてきました。
sASB3335.jpg

黒毛和牛ヒレ肉。帆立貝、トマト、小玉葱、蟹、パン俵揚げ、大根、アンディーブ、
方蓮草、バジル、粒マスタードオリーブオイルソース。
ASB3338.jpg
一番上は、トマトの下に帆立貝のソテー。
その左は、真丈の周りをパンで巻いてあります。真丈は玉子と白身の魚のような・・・。
左下のは、玉葱の上に、コンソメで煮てある蟹。美味です。手が込んでますねえ。
牛肉は柔らかくてウマウマ~。しかし、肉は3切れと多く、この満腹の状態では苦しい・・・。

私もこの時点で胃薬を飲みました。ここからはため息をつきながら食べる羽目に。

お茶は急須ごと持ってきてくれました。お茶好きには嬉しいです。
ASB3342.jpg

揚げ物。穴子かき揚げ。独活、人参、三つ葉、飯蛸の木乃芽揚げ、アスパラ、天露。
sASB3343.jpg sASB3350.jpg

天ぷらはサクサク。穴子はプリプリ。蛸は噛み切れないくらいしっかりとしていました。
ASB3344.jpg
満腹に天ぷらはキツイ・・・。

鍋物。固形燃料で温めます。すぐに沸騰しました。七味唐辛子はお好みで。
sASB3353.jpg sASB3360.jpg

寒鰤(ブリ)酒粕仕立て。蕪、京芋、薄揚、こんにゃく、奴葱。人参も入っていました。
ASB3354.jpg
ブリは物凄く柔らかかった。でも、お腹いっぱいで、ほとんど無言で食べていました。

食事。若布(わかめ)ごはん、香の物、桜海老時雨煮。
ASB3362.jpg

御飯の上に甘く煮た桜エビが乗っています。
桜エビはしょっぱかったけど、柔らかくて、とっても美味しいです。
ASB3368.jpg
赤出汁の味噌汁もとても美味しい。やっぱりしょっぱいのが難点。
「御飯のお代わりはいかがですか?」と聞いてくれましたが、とてもお代わりが出来る状態では無いです。

水物
sASB3372.jpg

メロン、苺アイス、みかんプリン、バナナ、黒豆、アングレーズソース。
ASB3373-1.jpg
写真には写っていませんが、一番下にみかんプリンが敷いてあります。甘~いです。
真ん中のオレンジ色のは、みかんを焼いてあるもの。飴細工の様にパリパリでとても甘かったです。
メロンはトロトロでジューシーでした。苺アイスはハーゲンタッツのような感じ。美味し~。

お茶も持ってきてくれました。ほぼ2時間で終了しました。
ASB3379.jpg

あせび野さんの夕食は、名物料理があるわけでも、変わったものが出てくるわけでもありません。
しかし、どれもこれも手の込んだ、とても美味しい料理です。

実は、あせび野さんに前回宿泊した時、食事の給仕をしてくれた年配女性が、かなりボケボケでした。
頼んだドリンクが来ないのを皮切りに、食事を持ってくると匙を忘れて、それを取りに行くと帰って来ない。
満室で混んでいたせいもありますが、夕食の配膳が遅く、食事が終わるまで、2時間を遙かに超えてました。
何だか評判と違うなあ・・、というのが前回の印象でした。

今回の食事の配膳をしてくれたベテランっぽい年配の女性はキビキビとしていて、
配膳も絶妙のタイミングで、気持ち良く食事が出来ました。今回は大満足でした\(^O^)/
量が多いのだけは困りました。完全に食い過ぎでしたね。

その4 朝食編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

無言でかきこむ?

前菜の美しさは息をのむほどですね。こういう食事を見るためにも、やっぱりあせびーのには行ってみないと、、、と思ったのですが、吸い物の段階でもはやそれなりにお腹がふくらんできた…のですか。驚きです。満腹になってからの天ぷらや鍋は相当厳しい責め苦のような?
無言でかきこむようになるのは、ちょいと苦しいような気がします。でもどれも美味しそうで、やっぱり残したくないようなそんなお料理ですね。しっかり手が込んだお料理、食べたいなぁ…
あと。お酒の値段はかなり高いですね。これだとウチは相当の宿泊料金になってしまうことが推測されるので、やっぱりこちらは高級旅館だなぁとしみじみ感じます。喜久酔があるあたりはいいんですけどねぇーー。

遠霞さんへ

遠霞さん、こんにちは。

> 前菜の美しさは息をのむほどですね。こういう食事を見るためにも、やっぱりあせびーのには行ってみないと、、、と思ったのですが、吸い物の段階でもはやそれなりにお腹がふくらんできた…のですか。驚きです。満腹になってからの天ぷらや鍋は相当厳しい責め苦のような?

食事の美味しい宿は、前菜も気合が入っていることが多いですね。
あせびーのさんも流石でした。

食事の量は、一つ一つは多くないのですけどねえ。
が、積み重なるとかなりお腹いっぱいになってしまいました・・・。
後半は確かに責め苦のようでしたね(笑)

> 無言でかきこむようになるのは、ちょいと苦しいような気がします。でもどれも美味しそうで、やっぱり残したくないようなそんなお料理ですね。しっかり手が込んだお料理、食べたいなぁ…
>
そうなんです。残したくないので無理やり食べてしまいました。
何とか完食しましたけど、後半は余り味わっていなかったような・・・(汗)

> あと。お酒の値段はかなり高いですね。これだとウチは相当の宿泊料金になってしまうことが推測されるので、やっぱりこちらは高級旅館だなぁとしみじみ感じます。喜久酔があるあたりはいいんですけどねぇーー。

ちょっと驚いたくらい高かったです・・・。
遠霞さんはお酒を沢山召し上がるから、相当料金が跳ね上がりそうです。
やはり、喜久酔はご存知ですか。私は知らずに頼みましたが、美味しかったです。

お造りの器

鴨ミールさんこんばんは~( ´∀`)
お造りのお写真が素晴らしくキレイですね♪
一瞬、氷でできてるのかと思ったのですが
ガラスかしら?
種類も多くて、これは日本酒ですねえ。。( ̄m ̄〃)

それにしても、、お肉もに続いて揚げ物も。。!!( ; ロ)゚ ゚
ワタシでも胃腸薬飲むと思います^^;
手の込んだお料理が嬉しいけど苦しい、という感じですね~。
でも食べてみたくなります(*´∀`*)

うひひの日。さんへ

うひひの日。さん、おはようございます。

> お造りのお写真が素晴らしくキレイですね♪
> 一瞬、氷でできてるのかと思ったのですが
> ガラスかしら?

ガラスだったと思います。少なくとも氷では無かったと思いますよ。
あせび野さんは器にも凝っていますよねえ。

> 種類も多くて、これは日本酒ですねえ。。( ̄m ̄〃)

あっ、でもワインも沢山種類がありましたよ!
私はお酒に詳しくないのでお伝えできませんが、
うひひの日。さんが見ると飲みたくなるのがあるかもしれません。

> それにしても、、お肉もに続いて揚げ物も。。!!( ; ロ)゚ ゚
> ワタシでも胃腸薬飲むと思います^^;
> 手の込んだお料理が嬉しいけど苦しい、という感じですね~。
> でも食べてみたくなります(*´∀`*)

どれも少しずつなのですけどね・・・。
肉はともかく、満腹に揚げ物はきつかったです(汗)
残すのも勿体ないし、手をつけないのは、もっと勿体ないし・・・。
宿の食事はお腹と頭の葛藤ですねえ(笑)

ウチも胃薬のみました(^^;

同じメニューの夕食でしたが、鴨ミールさんのレポのほうが写真も多いし
詳しくてわかりやすいですね(^^)
個室の足元のヒーター、私も「わ~、これがあると温かいわ~(^^)」
と感心してたのに、すっかり忘れてました(^^ゞ ←感心した意味なし orz
鴨ミールさんご夫妻も、やっぱりお食事の量は多いと感じてらしたんですね。
ホント、残すのはもったいないし食べてみたい、
食べたら美味しいんだけどお腹が苦しい(^^;
ってジレンマでしたよね・・・

少し食事のボリュームを控えめにしたプランも設けてくださると
より楽にお食事を最後まで楽しめる人が増えるかもしれませんね。
あせび野さん、きめ細やかなサービスのお宿でしたから、
そのうちそんなプランが出てくるコトを期待したいと思います。

ごんたさんへ

ごんたさん、こんばんは。

> 同じメニューの夕食でしたが、鴨ミールさんのレポのほうが写真も多いし
> 詳しくてわかりやすいですね(^^)

いや、ごんたさんのほうが綺麗にまとまっていて見やすいです。
私のはダラダラ書いてあるだけなので・・・(汗)

> 個室の足元のヒーター、私も「わ~、これがあると温かいわ~(^^)」
> と感心してたのに、すっかり忘れてました(^^ゞ ←感心した意味なし orz

ホットカーペットの宿も多いですけど、あれは余り暖かくないですよね。
あせび野さんのヒーターはとっても暖かくて幸せでした。
膝掛けいらずでしたねえ。

> 鴨ミールさんご夫妻も、やっぱりお食事の量は多いと感じてらしたんですね。
> ホント、残すのはもったいないし食べてみたい、
> 食べたら美味しいんだけどお腹が苦しい(^^;
> ってジレンマでしたよね・・・

多かったですねえ・・・(゜Д゜)
夕食の多い宿はジレンマの戦いですっ!!
フードファイターのような胃袋が欲しいです(笑)

> 少し食事のボリュームを控えめにしたプランも設けてくださると
> より楽にお食事を最後まで楽しめる人が増えるかもしれませんね。
> あせび野さん、きめ細やかなサービスのお宿でしたから、
> そのうちそんなプランが出てくるコトを期待したいと思います。

ホントホント、小食プランが欲しいです~!!
どれを減らすって言われても困りますけど、
ちゃんと食べきれる量が良いですよね。

胃薬を飲みながらの夕食、ってやっぱり変ですよねえ・・・。

あせび野さん、小食プラン出してくれないかなあ・・・・。

やっぱり多そう(笑)

鴨ミールさん、こんばんは☆
あせび野の食事は多かった〜という印象でしたが、レポを拝見して確信に変わりました(笑)
連泊してみたいという願望はあるのですが、食事が多いので2日連続での満腹は身体に負担がかかりそう、、、とちょっと考えてしまっています。
メインが選べるとか出来れば嬉しいのですが(^-^)

そういえば、どこで見たか忘れてしまったのですが、料理長さんが代わられたとの情報があったような。。。
料理がかなり変わったのかな?と心配でしたが、私が行った昨年2月の料理と比べてみると、基本的に変わっていないようで安心しました。
でも今回はしょっぱい料理が若干あったようですね。
やっぱり料理長さんが代わられたからでしょうか。

でもお造りは相変わらず新鮮で美味しそうですね♪
少しずつで種類が多いのも良いですね。
私は山葵の葉も茎も全て食べてしまいました(^0^)瑞々しくて美味しかったです。

数日前、実家(同じハマですが)で夕飯を食べた時、喜久酔の純米吟醸を飲みました。
父がいま喜久酔にハマっているのです(笑)
ふくよかで美味しいお酒ですね♪

みみんさんへ

みみんさん、こんばんは。返事が遅くなってスミマセン。

> あせび野の食事は多かった〜という印象でしたが、レポを拝見して確信に変わりました(笑)

やっぱり多いですよね・・・。小食プランがマジで欲しいです。

> 連泊してみたいという願望はあるのですが、食事が多いので2日連続での満腹は身体に負担がかかりそう、、、とちょっと考えてしまっています。
> メインが選べるとか出来れば嬉しいのですが(^-^)

あせび野さんの連泊は私も夢ですが、
夕食の量の多さを考えると、二の足を踏んでしまいますよね(笑)
甘栗さんのレポを読むと、連泊客だけが食べられる昼食があるらしいのですが、
とても昼食が食べられるとは思えません・・・・(^^;)

> そういえば、どこで見たか忘れてしまったのですが、料理長さんが代わられたとの情報があったような。。。
> 料理がかなり変わったのかな?と心配でしたが、私が行った昨年2月の料理と比べてみると、基本的に変わっていないようで安心しました。
> でも今回はしょっぱい料理が若干あったようですね。
> やっぱり料理長さんが代わられたからでしょうか。

へえ~、そうなんですか!
前の料理を覚えていないので、料理長さんが変わったかどうかは分からないのですが(汗)

> でもお造りは相変わらず新鮮で美味しそうですね♪
> 少しずつで種類が多いのも良いですね。

お造りは美味しかったですね。山の中とは言え、伊豆ですから新鮮なんでしょう。
少しずつ沢山というのが一番楽しいですよね。とても好きです。
でも、少しなのに結構お腹が一杯になるのですよね。

> 私は山葵の葉も茎も全て食べてしまいました(^0^)瑞々しくて美味しかったです。

あれま、みみんさんも山葵の葉っぱを食べてしまうのですか~!
じゅうべいさんも葉っぱにハマっていますが、私は全く食べることは考えていませんでした。
私は舌がお子ちゃまなので、葉っぱは食べられないかも。

> 数日前、実家(同じハマですが)で夕飯を食べた時、喜久酔の純米吟醸を飲みました。
> 父がいま喜久酔にハマっているのです(笑)
> ふくよかで美味しいお酒ですね♪

やっぱ、みみんさんのお父様もハマるくらいですから、喜久酔って美味しいのですね。

私は日本酒は全く分からないのですけど、あせび野さんで飲んだ喜久酔が
美味しかった、という感想は間違っていなかったんだ、と安心してしまいました(笑)
でも美味しいお酒って高いのですね・・・。
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ