湯村温泉・柳屋@甲府 その1

2009年7月FC2ブログ
山梨県の柳屋に泊まってきました。

甲州湯村温泉・柳屋
〒400-0073 山梨県甲府市湯村3-16-2
電話 055-253-2416
Fax  055-253-3416

柳屋さんのホームページは→【http://www.yumurayanagiya.com/

今回はJTBに申し込みました。
エースJTB
露天風呂付客室プラン 2名1室23,200円
往復特急利用・新宿駅発着 @28,600円(運賃込)

和室(10畳+踏込+サンテラス)内風呂付(5名定員)
客室露天風呂の浴槽定員:2名
客室露天風呂からの眺望:中庭


実際は立川から乗ったので、もう少し安くなりました。

立川で蟹チャーハンを食べて、十一時五十五分の特急・甲斐路に乗車。
天候は曇り。一時間ちょっとで甲府に着いてしまいました。

高速道路は朝から20km以上の渋滞だったので、ちょと優越感。

駅前の南口バス停から乗って、十分くらいでしょうか。
湯村温泉入り口につきました。降りたのは私たち夫婦だけ。

小雨が降ってきましたが、傘も差さずに温泉に。湯村温泉街には宿がいっぱいあります。
しかし、スナックや食べ物屋が(つぶれて)閉まっていて、かなり寂しい風景です。
温泉街で湯巡りパスポートを発行していて、温泉に入り放題なのですが、人影がありません。
日曜なのに・・・。甲府からこんなに近いのに・・・。寂しい限りです。

宿の手前に地元の神社があったのでお参り。(これは次の日の写真です)
s-柳屋-122神社2

この看板を目印に左に曲がって、道を進むと
s-柳屋-007看板2

柳屋が見えてきました。
s-柳屋-008壁

駐車場がいっぱいでびっくりしましたが、どうやら宿泊客のではなく、
法事かなんかの団体客だったみたいです。
s-柳屋-009駐車場

かなりのんびりと歩きましたが、それでも二時十分前。
JTBプランだとチェックインが二時なので、ちょっと早いけど宿に行ってしまいました。
s-柳屋-120入り口2
表まで従業員さんが迎えに来てくれて、
フロントで記帳かと思ったら、フロントを素通りしてロビーに案内されました。

これはフロント。
s-柳屋-062フロント2

ロビーで記帳かと思ったら、また違いました。荷物を先に運んでくれて、部屋に案内してくれました。
s-柳屋-058ロビー3

廊下をてくてくと歩いて行きます。
s-柳屋-030廊下1 s-柳屋-031廊下2

途中にお花が飾ってあったり、電灯も風情があったり。
s-柳屋-032廊下花 s-柳屋-033廊下電灯

庭をぐるりと回る形で部屋まで行きます。露天風呂付きの部屋は奥にあります。
s-柳屋-035案内図2

38号室白根という部屋でした。
s-柳屋-028部屋名札1

靴入れ。
s-柳屋-026下駄箱

次の間があって、十畳の部屋です。(写真ではそう見えませんが)広々としています。
s-柳屋-036部屋1
掃除が非常にゆきとどいている部屋です。畳もきれいです。ガラスはピカピカです。

庭側にテラスがあり、テラスの隣が露天風呂です。

部屋に案内してくれた従業員さんがお茶を入れてくれました。鍵は一つ。
s-柳屋-012お茶1
ここで、ようやく記帳です。夕食、朝食の時間を聞いてくれます。
夕食は5時半から30分おき位、朝食は7時から30分おき位に決められます。

私たちは夕食6時半、朝食7時半にお願いしました。
アレルギーや嫌いなものがあるかどうか、も聞いてくれます。

栃餅を頂きました。おいしかったです。
s-柳屋-013とちもち


大きな地図で見る

その2へつづく。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ