ぴのん その2

2009年8月 ぴのん@伊香保 宿泊 その2 FC2ブログ

〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町383
TEL:0279-72-3308 FAX:0279-72-5800

ぴのんのホームページは→【http://www.pinon.co.jp/

ぷらいべーと湯(貸切風呂)付き湯ったりプラン
ツインルーム 11,340 円×2 (2名1部屋、税込、サ込)


せっかくなので、御本家の松本楼に行ってみました。歩いて一分くらいですが、しっかり登り坂道です。
pn254.jpg
松本楼は収容300名、54室 (全室バストイレ付)の大きめな旅館です。

ぴのんで渡されるこのバッグが松本楼の温泉入浴手形代わりです。
pn245.jpg
松本楼でこれを見せると、温泉を案内してくれます。

玄関を入ってすぐに重厚な館内に圧倒されます。
風呂場の脱衣かごにも一つ一つ覆いかかかっています。すみからすみまで老舗の旅館です。

風呂はこの時間は男性が8階、女性が2階でした。
これは時間制で、チェックインから深夜一時まではこの組み合わせで、
早朝5時からチェックアウトまでは男性が2階、女性が8階になります。

さすがに大浴場は写真が撮れませんでした。
内湯、露天風呂共に黄金の湯、白銀の湯があり、8階からの眺めはすばらしいです。

2階の黄金風呂とハーブ湯はどうやら狭かったらしいです。ずいぶんと差がありますね。

黄金の湯を堪能して、帰ってきました。

貸し切り風呂を五時十五分に予約していました。
5時15分にフロントに来てくださいと言われました。

何か不具合があったのか、5時15分にフロントに行っても
鍵を渡してくれなくて、しばらく待たされました。何の説明もない・・・。

風呂は「B1」です。ぴのんはイギリス式なのか、
3階→2階→フロント→1階→地下1階(B1)となっているので、
2階から地下一階に下りるのは、3階分降りることになります。
何度も往復したので、結構疲れます。エレベーターが欲しいところです。

地下のランドリールームの横を通り、
pn274.jpg
一旦表に出て、
pn275.jpg
隣のお風呂棟へ到着。
pn276.jpg

とても新しい風呂棟。本館と風呂棟の間は表に出るので、冬は寒そうですね(笑)
pn277.jpg

風呂の前には待合室がありました。
pn280.jpg

暖炉と椅子。冬は暖炉が焚かれるのですかね?
pn279.jpg

麦茶のサービスがあったので、風呂上がりに頂きました。
pn278.jpg
口コミでは使用済みのコップしか無くて、飲めなかった!
という書き込みがありましたが、ちゃんと使用前のコップがありましたよ。

ぴのんの貸し切り風呂は二つありますが、手前の藤うさぎと言う方を借りました。
pn281.jpg

建てて間も無いのでとてもきれいです。左側が風呂です。
pn282.jpg

シャワー。頭だけでなく、体用のシャワーが付いています。
初めてだったので、楽しんでしまいました。
pn284.jpg

風呂は広いです。二人でゆったり入れます。
pn286.jpg
半分は寝湯なのでしょうか?しかし寝転がると上半分くらい湯面から出てしまいます。
なんか中途半端な感じです。
pn292.jpg
お湯は白銀の湯なので、たいしたことないです。
しかも私たちには温度が高く、長時間入っていられませんでした。

風呂の窓からの景色。
pn288.jpg

男女別の黄金(こがね)の湯。男性風呂のみ写真を撮りました。
pn323.jpg

pn322.jpg

綺麗な脱衣場。
pn316.jpg

洗面台は二つ。
pn317.jpg

黄金の湯ですが、ちょっと狭い。二人入ると一杯って感じです。
pn319.jpg
さすがに黄金の湯、暖まります。

カラン。ちゃんと仕切り付き。馬油シャンプー完備。
pn320.jpg

一階の部屋と部屋の間に本棚があって、たくさん本が置いてあります。
pn294.jpg

その3につづく・・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ