三水館 その1 部屋編

2016年8月 鹿教湯温泉・三水館さんに泊まってきました。FC2ブログ

鹿教湯 三水館
長野県上田市西内1866-2(信州 鹿教湯温泉)
Tel:0268(44)2731 Fax:0268(44)2733
<チェックイン>14:00 <チェックアウト>10:30

和洋室@19,590円(消費税、入湯税込)
ただし、8月6日~8月21日は夏期料金2,160円が加算されるので、
@21,750円でした。

三水館さんのホームページは→【http://www.sansuikan.info/

三水館さんも【甘栗さんのレポ】を拝見して以来、
長年行きたかった宿です。
三水館さんは遠霞さんも行かれていて、
非常に羨ましかったです。
遠霞さんのレポは→【http://tokasumi-onsen.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304330181-1

ここは箱根の「やまざくら」さんと同じか、
それ以上に予約の取りづらい宿で、
何度か検討したのですが、全く予約が取れず、
ほとんどあきらめていました。

今回、休みが急に決まって、泊まれる宿を探していたら、
何と三水館さんが1部屋だけ空いているではありませんか!
これ幸いとばかりに予約してしまいました。

この1部屋はキャンセルで空いたものだったようです。
(ご主人がチェックアウト時に話してくれました)
そして、もう一組予約申し込みがあったけれど、
私のほうが数分(!)早かったそうで、
そちらはお断りになったとのこと。
今回は温泉の神様が微笑んでくれました\(^O^)/

三水館さんのレポは山のようにあるので、
全く書く必要が無いのですけど、
やっぱり書いてしまいます~(^^;)

念願の三水館さんに出発。車で行きました。
関越自動車道から上信越自動車道に入り、
佐久平PAで昼食。食堂もあるのですけど、
売店の食べ物でいいや、ということで物色。
ssk0011.jpg ssk9966.jpg

わさび豚まんや信州黒毛和牛長いもコロッケが気になります。
ssk9969.jpg ssk9970.jpg

わさび豚まん、買ってしまいました(^^;)。
ssk9977.jpg ssk9996.jpg
皮が薄緑色です。わさびが効いていて、すんごく美味しい。

信州黒毛和牛長いもコロッケ。サクサクで美味しかった。
ssk9980.jpg ssk9987.jpg

ちょっと足りなかったので、野沢菜おやきも買ってしまいました。うめ~。
ssk0001.jpg ssk0003.jpg

相方が買った、安養寺みそおやき。佐久平PA限定だそうです。
ssk9983.jpg ssk9988.jpg

高速道路を東部湯の丸で降りて、
一般道を走ること30分ほどで、三水館さんに到着。
ssk0012.jpg
チェックインは2時。少し前に着いたので、
車の中でしばし時間をつぶしました。

駐車場から見た宿建物。
宿は緑に隠れていてほとんど見えません。
一瞬どこから入るのか分かりませんでした。
ssk0014.jpg

階段を上がっていくと・・・、
ssk0016.jpg ssk0017.jpg

入り口に到着。静かにたたずむ移築した古民家。
ssk0018.jpg
いろんな方のレポで散々見てきた入り口です。
やっと来られたか!、と感激。

横には椅子。ここで煙草が吸えます。
ssk0022.jpg

反対側には薪が積み上がっていました。
ssk0026.jpg

入り口を入ると土間のような空間。右にはフロント。
ssk0031.jpg ssk0029.jpg
フロントでチェックインをした後、ラウンジに案内されました。

フロントの前のラウンジ。ここも散々レポで見た素敵ラウンジ。
ssk0030.jpg ssk0032.jpg

その奥にさらに空間が。隅にストーブがありました。
ssk0105.jpg
しん、と静まり返った空間。吹き抜けの天井の高い空間です。

ラウンジに一瞬座りましたが、すぐに部屋に案内してくれました。
館内の説明をしながら案内してくれます。階段を上って2階に・・・、
ssk0053.jpg

天窓から差し込む光。上り切ったら右に折れて・・・、
ssk0110.jpg ssk0111.jpg

一番手前の部屋でした。和洋室「休石」(やすみいし)。
ssk0112.jpg ssk0114.jpg
ここは甘栗さんも泊まられた部屋ですね。

ドアを開けると広い踏み込み。正面に水屋が見えます。
ssk0118.jpg

左側に靴箱(?)。その上にお花。館内至る所にお花があります。
ssk0122.jpg

館内は履き物無し。よってこの靴箱の中も空です。
脇にタオル干し。タオル干しは主室に大きいものがあります。
ssk0127.jpg ssk0125.jpg

水屋。
ssk0129.jpg

お茶セット、ポット左にお菓子あり。
ssk0133.jpg

紅茶のティーバッグは何故か3つ。2人なのに(^^;)
ssk0140.jpg

お茶は緑茶とほうじ茶の2種類。
ssk0142.jpg ssk0141.jpg
ほうじ茶は美味しかったですが、緑茶はイマイチ。

温泉まんじゅうは2種類。つぶあんとこしあんでした。
美味しい温泉まんじゅうでした。
ssk0149.jpg
前日夜までに注文しておけば、買って帰れます。

冷蔵庫内は有料。スーパードライ、一番絞り、ウーロン茶、
コカコーラ、カナダドライジンジャエールそれぞれ1本ずつ。
ssk0158.jpg ssk0160.jpg

冷蔵庫内飲料は旅館価格。手をつけずです。
ssk0134.jpg

流しにはゴミ入れ。冷水ポットあり。
ssk0156.jpg
流しのゴミ入れは便利ですね。

水屋の左に洗面台。
ssk0190.jpg

洗面台にはドライヤー、手ふきタオル、ティッシュ、
ハンドソープ、麺棒とシンプル。
ssk0193.jpg ssk0198.jpg
不思議だったのは、歯磨き用のコップが無かったこと。
仕方ないので、冷蔵庫上のグラスを使いました。

洗面台の左はクローゼット。
ssk0206.jpg

クローゼット内に浴衣など。下側に金庫あり。
ssk0210.jpg

浴衣、薄手の陣羽織、足袋ソックス、アメニティ各種、タオル。
ssk0211.jpg
フェイスタオル、バスタオル共に2枚ずつ(1人各1枚)、
アメニティはシャワーキャップ×1、ヘアブラシ×2、
カミソリ×1、歯ブラシセット×2

洗面台の前にトイレ。
ssk0199.jpg 

シャワー付きトイレで快適。トイレのスリッパが面白かった(^^;)
ssk0200.jpg ssk0204.jpg
トイレの換気扇の音が大きくて、うるさいので切ってしまいました(^^;)

水屋の右側は寝室。
ssk0167.jpg

ベッドが2つ。快適なベッドでした。
ssk0169.jpg

サイドテーブル。ティッシュとべープあり。
ssk0183.jpg

入り口脇に椅子とテーブル。
ssk0172.jpg

窓枠には椅子のみ。
扉を挟んで椅子がひとつ離れて置かれていました。
ssk0176.jpg

ベッドルームから主室を見た写真。
ssk0187.jpg
主室とベッドルームが離れているので、
主室で過ごしている人が居ても、ぐっすりと寝られます。

主室は10畳。広々です。シンプルでスッキリ。
ssk0253.jpg

窓は2方向。
ssk0222.jpg

奥から入り口を見た写真。入り口脇にタオル干し。
ssk0235.jpg
余分なものは一切置かれていません。ミニマリストの部屋みたいです。

床の間にもお花。
ssk0230.jpg

テレビはシャープの26インチ。
ssk0237.jpg
テレビ台は木製。家具はどれも木製でした。

タオル干しが横幅75cmと大きくて使い易かった\(^O^)/。
ssk0249.jpg

テーブルには何も無し。宿のしおりすらありません。
ssk0262.jpg
座椅子の背もたれが前に倒れるタイプで、
背もたれを持つと、倒れてしまって動かしづらい・・・。

鍵は1つ。これは残念でしたね。
ssk0049.jpg

部屋に案内された後、従業員さんがお茶を入れてくれました。
ssk0045.jpg

ウエルカムお菓子のタルトも持って来てくれます。
ssk0039.jpg

ブルーベリータルト。クリームチーズが載っていてウマウマでした。
ssk0040.jpg
従業員さんは一通り説明をしてくれますが、
説明が終わるとササっと帰ってしまいました。
接客はアッサリで、どちらかというと「ほっとかれ」タイプの宿でした。
私達はほっとかれるほうが気楽なので、
全く気になりませんでした。

その2 大浴場編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

おぉっ!

こんばんは。
そーでしたか、三水館さんに行かれたんですか。
私の過去記事までとりあげていただき、すいません。あのときは次回の予約を入れておいたのですが、祖母が危篤ということでキャンセルしてしまった苦い経験が、、、、その後はなかなか日程があわず、予約に至ってません。
直前とかになって予約しようとしても、かなり困難なお宿ですもんねえ。
鴨ミールさんはキャンセルのお陰で、急遽予約できて良かったと思いますよ。
休石の部屋はちょっとお高めの部屋ですが、やっぱりいいですねぇ。温泉はちょっと弱いかも知れませんが、やっぱり素朴系でありながら拘ったこちらのお食事は、楽しみ。食事編は次々回あたりかも知れませんが、楽しみにしてますよーー♪

遠霞さんへ

遠霞さん、こんばんは~。

> 私の過去記事までとりあげていただき、すいません。

いや~、遠霞さんのレポを拝見した時は、マジで羨ましかったですよ!
すぐにでも行きたかったですが、何せ予約が・・・。

> あのときは次回の予約を入れておいたのですが、祖母が危篤ということでキャンセルしてしまった苦い経験が、、、、

そう、レポの中で次回分の予約を入れた、と書かれていましたが、
その後再訪された形跡が無かったので、どうされたのかな?
と思っていました。そういう事情があったのですね。
それでは仕方ないですよねえ。

> その後はなかなか日程があわず、予約に至ってません。
> 直前とかになって予約しようとしても、かなり困難なお宿ですもんねえ。

ほぼ2ヶ月先まで、平日もびっしりと埋まっている宿ですからねえ・・・。
事実上、キャンセル待ちでないと予約出来ない感じですよね。

> 鴨ミールさんはキャンセルのお陰で、急遽予約できて良かったと思いますよ。

予約が取れた時に、こんな幸運があって良いのだろうか?
と夢を見ているようでした(笑)

> 休石の部屋はちょっとお高めの部屋ですが、やっぱりいいですねぇ。

もう泊まれればどこでも良い、と思っていましたから、
高い休石でも不満無しです。
部屋自体はすごく快適で、気に入ってしまいました。

> 温泉はちょっと弱いかも知れませんが、やっぱり素朴系でありながら拘ったこちらのお食事は、楽しみ。食事編は次々回あたりかも知れませんが、楽しみにしてますよーー♪

そうですね。温泉はそれほど特徴があるわけではなかったですが、
空いていてゆっくりと入れたし、ぬるめだったのでとっても良かったです。
風呂編をちょろっと書いてから、夕食編を書きますね。

なんと!

鴨ミールさん、こんばんは~(・´ω`・)
なんと!三水館さんへ泊まられたのですね~。
しかも休石のお部屋!
もし行くなら休石が良いなあと思っていたのです。
鴨ミールさんレポで読めるなんてウレシイ♪
・・・実はワタシも夏に予約しようとして撃沈してるのです(;^ω^)
ピンポイントでキャンセルが出るなんて・・
温泉の神様がついてますね!
羨まし過ぎる~( ;∀;)

本当に余計な物がなくて美しいお部屋ですねえ(・´ω`・)
タオル掛けが大きいのも良いですー。
お部屋編でもう うっとり。。。
続きを楽しみにしてます(。´∀`)ノ

お〜!山水館さんでしたか!

鴨ミールさん、こんばんは!
山水館さんに泊まられたのですね!
他の方のブログのコメント欄で鴨ミールさんが「レポが沢山ある宿に泊まっていらした」的な事を書いていらっしゃったので、どちらのお宿か気になっていたのでした(^0^)

緑が多い良い時期に行かれましたね♡
写真の緑がとても綺麗です。
幾つものレポを見ていますが、鴨ミールさん視点のレポが楽しみです♪

館内のあちこちに野の花がさりげなく飾られているのが良いですね。
あくまでも、さりげないのがこの宿の魅力なのでしょうね。
実はこの夏前に山水館さん(部屋は「蔵」)を予約したのです^^
でも都合がつかなくて、キャンセルしちゃったのです。
こうして写真を見ると、やっぱり行きたくなりますね(^-^)

うひひのひさんへ

うひひのひさん、おはようございます~。

> なんと!三水館さんへ泊まられたのですね~。

念願の三水館さんについに行けました\(^O^)/

> しかも休石のお部屋!
> もし行くなら休石が良いなあと思っていたのです。

おお~、うひひさんは休石の部屋を狙っていたのですね。
私は泊まれればどの部屋でも良いと思っていました。
結果的に和洋室の休石に泊まれて、非常にラッキーでした。
広くて、使い易くてとっても良い部屋でしたよ~。

> ・・・実はワタシも夏に予約しようとして撃沈してるのです(;^ω^)

ありゃ~、うひひさん撃沈していましたか~。
2ヶ月先まで予約がビッシリ埋まっていますから、
予定が中々合わないですよね。
変更なんて出来ないし・・・。

> ピンポイントでキャンセルが出るなんて・・
> 温泉の神様がついてますね!

一週間前だったんですよ~!
奇跡としかいいようのない予約でした。
超ラッキーでしたね。

> 本当に余計な物がなくて美しいお部屋ですねえ(・´ω`・)

「美しい」という表現がピッタリですよね。
何も無いのですけど、貧乏くさくないのです。
それどころか、清々しくて心が洗われるような部屋なんです。
不思議と言えば不思議でした。

> タオル掛けが大きいのも良いですー。

大きいタオル掛けはメチャクチャ使い易いですよね。
竹林庵みずのさんにも大きいタオル掛けがありましたが、
それに匹敵するタオル掛け。これだけで滞在が楽しくなる価値ありです。

> お部屋編でもう うっとり。。。

人気の宿の理由が分かりますよね。
泊まられた方は皆さんうっとりするのではないでしょうか。

> 続きを楽しみにしてます(。´∀`)ノ

がんばりま~す。

みみんさんへ

みみんさん、おはようございます~。

> 他の方のブログのコメント欄で鴨ミールさんが「レポが沢山ある宿に泊まっていらした」的な事を書いていらっしゃったので、どちらのお宿か気になっていたのでした(^0^)

レポが沢山ある宿の場合、書くのをためらってしまいます・・・。
やっぱり同じような内容になってしまいますし・・・。
と、思いながら、結局書いてしまうのですけれど(^^;)

> 緑が多い良い時期に行かれましたね♡
> 写真の緑がとても綺麗です。

冬に行かれた方のレポを見ると、葉が少なくなっていて、
景色が全然違いますよね。
緑が溢れていて、とっても良かったです。

> 幾つものレポを見ていますが、鴨ミールさん視点のレポが楽しみです♪

三水館さんは館内に沢山置物、食器、タペストリー(?)があるのですけど、
私は美術芸術方面に疎いので、その辺は全然写真も撮っていないですし、
レポも書きません・・・(汗)
みみんさんにはもの足らないレポになりそうです(^^;)

> 館内のあちこちに野の花がさりげなく飾られているのが良いですね。
> あくまでも、さりげないのがこの宿の魅力なのでしょうね。

この館内の野の花は素敵ですよね。
そう、何事もさりげないのです。
その辺が清々しさにつながっているのでしょうね。

> 実はこの夏前に山水館さん(部屋は「蔵」)を予約したのです^^
> でも都合がつかなくて、キャンセルしちゃったのです。

ありゃ、キャンセルになってしまったのですか!
それは痛恨でしたね。
予約を逃すと、次は中々出来ないですよねえ。
しかも、蔵だったのですね!
蔵は本館の裏に建っていて、渡り廊下も素敵でしたよ。
それは、返す返すも残念でしたね。

> こうして写真を見ると、やっぱり行きたくなりますね(^-^)

みみんさんが行かれれば、恐らく魅了されると思われます。
古民家にお花と美術品、もう堪まらないのでは?
いつか行けるといいですねえ。

素敵~♪

こちらにもお邪魔しまーす(たまに早く帰れると嬉しい^^ のっぽさんはまだだし 笑)

三水館、宿好きの間で評判のお宿ですよね~
一度は行ってみたいですが、電車+バスだとアクセスがあまりよろしくないので
早期リタイア後に取っておきます(そんなところばっかり・・・)

緑に隠れるように建っている佇まいから、エントランス、お部屋と
一貫したお宿のセンスが感じられて素敵ですよね。
ミニマリストと鴨ミールさんの文中にもありましたが、
モノを置かずにシンプルな空間で魅せる、というのは
実は難しいコトだと思うので。

お迎え菓子のブルーベリータルトがまた美味しそうです(^o^)
そうそう、長野のお焼き美味しいですよね!
ウチが昨秋戸倉上山田&湯田中に行った時も、長野駅でいろいろ
買い込みましたが、どれも美味しくて、また長野駅に行ったら
買ってこようね、とのっぽさんと話をしています。予定は無いですが・・

ごんたさん、こちらにも。

ごんたさん、こちらにもありがとうございます~。

> こちらにもお邪魔しまーす(たまに早く帰れると嬉しい^^ のっぽさんはまだだし 笑)

あれま、のっぽさんも遅くまで仕事されているのですね・・・。
お疲れ様です。

> 三水館、宿好きの間で評判のお宿ですよね~

宿好きなら一度は耳にする宿ですよね。
レポも文字通り、星の数ほどあります(笑)
数多くの温泉本にも載っていますし。

> 一度は行ってみたいですが、電車+バスだとアクセスがあまりよろしくないので

確かに。上田まで新幹線+バスでしょうかね?
最後のバス、というところが最大のネックですね。
車でないと行きづらいですよね・・・。
車でも遠いけど。

> 早期リタイア後に取っておきます(そんなところばっかり・・・)

時の宿すみれさんも確か早期リタイヤ後ですよね(笑)

> 緑に隠れるように建っている佇まいから、エントランス、お部屋と
> 一貫したお宿のセンスが感じられて素敵ですよね。

これ、ちゃんと設計されているのでしょうね。
古民家を移築した時に、計算したのでしょうね。
本当に隅から隅まで統一されていました。
つくづく感心してしまいましたよ~。

> ミニマリストと鴨ミールさんの文中にもありましたが、
> モノを置かずにシンプルな空間で魅せる、というのは
> 実は難しいコトだと思うので。

でしょうね~。
何も無いと、ただの貧しい部屋になってしまいそうなんです(笑)
それを上品に仕上げてあるのは、相当な実力ですよね!

> お迎え菓子のブルーベリータルトがまた美味しそうです(^o^)

皆さんのレポを拝見して、どれも美味しそうだったので、
かなり期待して行きました!
期待通りでした。のっけから心わしづかみですっ!

> そうそう、長野のお焼き美味しいですよね!

そうなんです。長野に行く楽しみなんです。
高速道路のサービスエリアの商品なので、
それほどたいしたことないのでしょうが、
それでもウマウマでした。

> ウチが昨秋戸倉上山田&湯田中に行った時も、長野駅でいろいろ
> 買い込みましたが、どれも美味しくて、また長野駅に行ったら
> 買ってこようね、とのっぽさんと話をしています。予定は無いですが・・

いいなあ、長野駅。
色々売っていそうですね。
電車は電車で楽しみがありますよね。
長野駅は遠いのがネックですが・・・(^^;)
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ